お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

色々なスミレたち  その2

2018/04/25 12:52 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 とても品のあるスミレです。 地域によっては沢山見られると言うのですが、
     住まい近くではなかなか見ることのできないスミレです。
          ですから出逢いはここ数年のことです。

P4100244.jpg  P4100017.jpg
                    マキノスミレ

      スッと立った葉っぱと、潔い色合いの花が大好きです。

P4100223.jpg  P4100020.jpg
                    マキノスミレ

  こちらはノジスミレでしょうか? 身近にあるスミレほど頭をかしげてしまう。
            しっかりと名前を覚えたいものです。

DSC06219.jpg  DSC06225.jpg
                   ノジスミレ?

              写真で確認しても、アレレ?  

DSC06234.jpg  DSC06233_2018042518335014e.jpg
                    ?

            こちらはコスミレかな?と思うのですが・・・

                  このやたら長い距は・・・

DSC06304.jpg  DSC06353_20180425183612653.jpg
                    コスミレ?

何だかアカフタチツボスミレを越えて、葉っぱが赤黒っぽくなっている子もいました。
  
DSC06367_2018042518463199a.jpg  DSC06241.jpg
                 アカフタチツボスミレ?

   イブキスミレも素敵ですが、今年は少ししか出逢えませんでした。

DSC06384_201804251846293d7.jpg  DSC06380.jpg
                     イブキスミレ

そして、憧れのゲンジスミレです。 とっても綺麗な子との出逢いがありました。
             もう・・・ウットリです。 

DSC06397_201804251846286f5.jpg  DSC06401.jpg
                     ゲンジスミレ

 こぢんまりとした葉っぱと優しい色合いの花、芯の黄色がチャームポイントです。

DSC06398.jpg  DSC06404_20180425184648e06.jpg
                     ゲンジスミレ

    そして、コンナ子との出逢いもありました。 フイリシハイスミレです。
      とっても素敵なたたずまいで、森の中に住んでいました。

DSC07419.jpg  DSC07422_20180425185542e1d.jpg
                    フイリシハイスミレ

       ちょっと虫に食べられた?花びらも、何だか可愛い・・・

DSC07412.jpg  DSC07374_20180425185541dff.jpg
                    フイリシハイスミレ


                 スミレの季節も・・・残すところあと僅か!




色々なスミレたち  その1

2018/04/25 09:17 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   スミレの季節、そろそろ終盤ですね! 下書きに入ったまま・・・
         今頃になって日の目を見るスミレたちです。

 早咲きのアオイスミレには今年は思いの外、多くの子たちに出逢えました。
 少し登った山では、お花の色が少し濃いブルーのエゾアオイスミレに
               逢うことが出来ます。

DSC06315.jpg  DSC06316.jpg
                アオイスミレ

   ちょっと場所が変わって・・・ここでもエゾアオイスミレとこんにちは!

DSC06554.jpg  DSC06553_20180413044710ec2.jpg
                 エゾアオイスミレ

      アカネスミレも花色が濃く、シャキッと感がいいですね。
        ここでは開花したばかりの子に出逢いました。

P4120402.jpg  DSC06996_20180413224904956.jpg
                アカネスミレ

      アケボノスミレも花の色合いが素敵で、大好きなスミレです。
多く見られる場所は、まだやっと5~6株が咲き始めただけ。 少し里へ下がると・・

P4120370.jpg  P4120413.jpg
               アケボノスミレ

     別の場所では葉っぱを広げた子たちが伸びやかに育っていました。
               色が出ない。

P4120415.jpg  P4120412.jpg
                アケボノスミレ

                   2人仲良く・・・

P4120428.jpg  P4120417.jpg
                アケボノスミレ

                  3姉妹もいました。

P4120427.jpg  P4120436.jpg
                 アケボノスミレ

 エイザンスミレも場所によっては、とても良い色をしている子たちもいます。

P4050019.jpg  P4050024.jpg
                 エイザンスミレ

   上手く写してあげられませんが、とても美人さん達が多く住む空間でした。

        P4050026.jpg
                 エイザンスミレ

マルバスミレも随分前に咲いた子たちです。 何カ所かで楽しませて頂きました。

P4050037.jpg  P4050036.jpg
                 マルバスミレ

  こちらのキスミレは富士山麓に住む子たちです。 草原で点々と・・・

DSC06932.jpg  DSC06936_20180425122923e97.jpg
                  キスミレ

 美人さん同士のエイザンスミレ・ヒナスミレの交雑は、オクタマスミレだそうです。
   もっともっと綺麗な子たちでしたが、夕方でもあり、私の腕ではその魅力
        を発揮できません。 オクタマスミレに申し訳ない・・

DSC06961_2018042512292272a.jpg  DSC06958.jpg
    オクタマスミレ              ヒナスミレ

           そのままの色合いをお伝えしたい・・・ 

        DSC06967.jpg
                  オクタマスミレ

 こちらで咲くツボスミレはとても品があります。 花色は薄紫を帯びて、葉っぱも
         スッキリと・・・ ミヤマスミレへの移行型でしょうか?
            そう標高も高くない場所なのですが・・・

DSC06985_20180425123013a1a.jpg  DSC06984_201804251230145c2.jpg
                     ツボスミレ

ヒカゲスミレはマルバスミレと見間違えてしまうことも多く、ちょっと丁寧に観察。
    葉っぱが少し黒くなりかけています。 タカオスミレ化してる?

DSC06831_20180425124119801.jpg  DSC06832_20180425124118ae4.jpg
                   ヒカゲスミレ

      富士山麓では斑入りヒナスミレの方を多く見かけます。

      どちらにしろ・・・とても綺麗なスミレのひとつですね!

DSC06977.jpg  P4050058.jpg
                   ヒナスミレ

あとは、サクラスミレ・チシオスミレ・コミヤマスミレ・ミヤマスミレ等に逢えるかな~?




クゲヌマランとキンランその後・・・

2018/04/24 01:24 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

11日に蕾だったクゲヌマランですが、あれから10日も経ってしまいました。
       今はどうなっているかな? と、出掛けてみました。
小さく蕾を付けていない子も多かったのですが、たくさん花開いていました。

P4210011.jpg  P4210019.jpg
                 クゲヌマラン

     大きな株では40㎝程にもなり、伸びやかに育っています。

DSC07525_20180425030735789.jpg  P4210024.jpg
                クゲヌマラン

  愛らしい花ですが、近寄ってみると・・・ ウワッ!今にも噛みつかれてしまい
          そうな雰囲気です。 ギザギザの歯が痛そう・・
        クゲヌマランには、ギンランのような距はありません。

  同じ所のキンランは、当然のごとく既に花は終ってしまっていました。

P4210014.jpg  P4210018.jpg
                クゲヌマラン

  それならば近くの林に住むキンラン・ギンランはどうなっているだろう?
よく目に付く場所では持ち去りも多く少なくなっていますが、隠れん坊の上手な子は
            しっかりとお花を付け始めていました。

P4210070.jpg  P4210068.jpg
                 キンラン

     一本の花数も多く、みんなが開くとなかなか豪華そう・・・

P4210085.jpg  P4210072.jpg
                   キンラン

  そして、この森で一番豪華な花束は・・・ 昨年は12株、その内1株を除き
    花が付いていました。 今年は、数え間違いで無ければ16株!
         咲き揃った頃また出掛けてみましょう。
 
        P4210076.jpg
                   キンラン

   同じ森の中にはギンランも育っています。 今年はまだ7株ほどしか確認
     していないのですが、モットいるはず。 ギンラン探しはまた今度!

  P4210093.jpg   P4210098.jpg   P4210101_20180425032559539.jpg
                   ギンラン

  ハナイカダにも花が見られるようになってきました。 花一つ咲いたのが
          雌花のようで、この後、黒い実が付きます。

P4210042.jpg  P4210044.jpg
         (雄花)        ハナイカダ          (雌花)

ヤマツツジのオレンジ色の花が咲いてきました。 森の中ではよく目立ちます。

P4210038.jpg  P4210083.jpg
       ヤマツツジ            マムシグサの仲間

  周辺の環境が変わってしまったので心配していたツチアケビですが、段々
少なくなりつつも、今年も花を付けてくれそうです。 一昨年の半分位でしょうか?

P4210053.jpg  P4210054.jpg
               ツチアケビの赤ちゃん

        ツチアケビの芽だしは、まるでヤッコソウのようです。
          これからの成長が楽しみな子たちです。 

        P4210051.jpg
               ツチアケビの赤ちゃん






寄り道・・・

2018/04/23 12:28 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  キバナハナネコノメを愛でた後・・・ まだ時間もあるので寄り道観察です!
アレ?何だろ・・・ ちょっとヒメウツギとは雰囲気が違います。 車から降りて
みると・・・アオダモでした。 野球のバットの木。 なかなか見応えのある花です。

DSC07440.jpg  DSC07441_20180423120059bff.jpg
                     アオダモ

       ヒメウツギも道沿いで白い花をいっぱい咲かせていました。

DSC07442_201804231200589d8.jpg  DSC07446_201804231209441f0.jpg
      ヒメウツギ

  んっ、これは何?と思ったら、ガクウツギかコガクウツギのようです。

        DSC07524_20180423120446e6d.jpg
                ガクウツギ?

      ヤマイワカガミも今が一番の見頃のようです。
道沿いに白いお花がいっぱいです。 ヒカゲツツジはもう終っていました。

DSC07494.jpg  DSC07504.jpg
              ヤマイワカガミ

            とっても新鮮な子たちです。

DSC07510_20180423120448c1c.jpg  DSC07520.jpg
                  ヤマイワカガミ

              エイザンスミレも元気よく咲いています。
             
DSC07448.jpg  DSC07452_2018042312020790c.jpg
                    エイザンスミレ

 ここではもう終っていたキバナハナネコノメでしたが、ミヤマハコベと
               仲良く住んでいるようです。

P4200104.jpg  P4200113.jpg
  マルバコンロンソウ             ミヤマハコベ&キバナハナネコノメ

            このマンネングサの仲間の名前は? 

P4200117.jpg  P4200114.jpg

    遠くにワサビの花がたくさん咲いていました。 望遠で・・・

        DSC07487_201804231215089b6.jpg

   山の道端で時々見かけるのですが・・・ハタザオの仲間のようです。

DSC07493_20180423121507076.jpg  DSC07514_201804231215068e0.jpg

     外観はスルガテンナンショウですが、中を覗いてみると・・・
ヤッパリ違うわ~、この子は誰でしょう? 名前の分からない子がいっぱいです!

        DSC07522.jpg
        

キバナハナネコノメに間に合った!

2018/04/23 11:55 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(1) [Edit]

 今年はキバナハナネコノメに逢えないかも知れない・・・と思っていたら、
 「キバナハナネコノメが咲いてるよ~」 と誘惑の電話が掛かってきた。
それから数日・・・もう遅いかな?と思いつつも、やっぱり足が向いてしまった。

    少し遅いようでしたが、まだまだ見られる子も結構残っています。
谷間を心地よい風が流れて行きます。 周りの若葉もとても気持ちいい・・・

P4200006.jpg  P4200058.jpg

 ワチガイソウとは相性がいいのでしょうか? そこここで一緒に育っています。

P4200008.jpg  P4200028.jpg

           水辺が似合うキバナハナネコノメです。

P4200049.jpg  P4200073.jpg

 黄色い葯を付けた子と、それより少しオレンジ色を帯びた葯を持っている
               子もいるようです。

        P4200069.jpg

        DSC07479_20180422015447e65.jpg

そして、少しクリーム色を帯びていますが、多分キバナハナネコノメの白花だと
                    思います。

  P4200012_2018042201560891e.jpg

      その両方が並んでいる姿も目にすることができました。

              P4200015_201804220156077c6.jpg

        そしてこちらはイワネコノメソウだと思います。 

P4200002.jpg  P4200059.jpg

   葉っぱは対生で、黄色い葯を持っているのはイワボタンのようです。

P4200100.jpg  P4200091.jpg

そして、赤い葯を持ち、萼裂片が直立しているのはヨゴレネコノメでいいので
  しょうか? 普段よく目にするのとはちょっと雰囲気が違いますが・・・

雄しべは4-8個となっていました。 4個の雄しべの子には初めての出逢いです。

P4200097_201804220239315cb.jpg  P4200096.jpg

 キバナハナネコノメには少し遅かったものの、新鮮なシロカネソウが住んで
   いることに気付きました。 ヤマエンゴサクも元気です。

P4200025.jpg  P4200087.jpg

それから、こんな子も・・・ ヤシャビシャクのようですが、倒木ですのでいつまで
      お花を咲かせられるのか・・・ちょっと心配です。

DSC07477.jpg  P4200106.jpg

   谷間の心地いい空気も、充分味わったのでそろそろ帰ることにします。

             ちょっと寄り道をしつつ・・・ 
  



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム