FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

エンシュウムヨウラン&ウスキムヨウラン?

2019/06/14 01:20 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 少し前の写真になってしまいましたが、ムヨウランのお花を何カ所かで確認
                    出来ました。 

  5月後半中部で見られたムヨウランは、エンシュウムヨウランのようです。

P5270139.jpg  P5270142.jpg

      急ぎ足で訪ねた先には結構多くの花が見られました。

DSC06916_2019061421524060a.jpg  DSC06921.jpg

     天気も良かったので、しっかりお花が咲いている子もいました。
         周辺も、もう少しじっくり探したかったのですが・・・

P5270135.jpg  P5270144.jpg

今年は住まいのすぐ近くでも見られることがわかりました。 カメラも持たず、
     花も終りに近かったので、来シーズンのお楽しみとなります。

  と思っていたら・・・写真が出てきました。 撮していたんだね~・・・ 
   個体数は多くありませんが、開花の確認が容易に出来そうです。
         この子もエンシュウムヨウランだと思います。

DSC06994.jpg  DSC06993.jpg

   そして、そうそうここでも見られました。 でもよく見ると蕾の感じもチョット
 違っていて、唇弁には赤紫色が見えています。  コレってウスキムヨウラン?

P6080018.jpg  P6080022.jpg

       キットそうだよね! 思わぬ出逢いは嬉しいものです。 

P6080027.jpg  P6080029.jpg

  まだ見ぬムヨウランの仲間にも、またいつの日か逢ってみたいものです。

 P6080034_20190614222419264.jpg P6080035.jpg
 

キョウチクトウ科の花

2019/06/13 02:21 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   この所、嬉しい忙しさに紛れ、ブログからもスッカリ遠ざかっていました。
   折角訪ねて下さった方にも、更新無しの日々が続き、失礼致しました。
またボチボチ綴って行こうと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。 

        昨年出逢ったクサナギオゴケ、今年はどうでしょうね?
 なかなか時間がとれませんが、この機会を逃せば出逢うことが出来ません。
      今年分の調査のついでにちょっと覗いてきました。

少し早めかな?と思ったのですが、咲き始めでとても新鮮な子たちに会うことが
                     出来ました。

      エンジ色の濃い子や、中央にエンジ色が残る子・・・

クサナギオゴケ1 クサナギオゴケ3
                  クサナギオゴケ

           それから少し薄めのエンジ色をした子・・・

       クサナギオゴケ10
                  クサナギオゴケ

      白い花を付けた子もいます。 色は連続しているようですね!

           クサナギオオケ2
                  クサナギオゴケ

    余りにも新鮮で可愛いので、ついついカメラを向けてしまいます。

クサナギオゴケ4  クサナギオゴケ5
                  クサナギオゴケ

    茎は細く、伸びている上に花を沢山付けるので、重さで弓なりです。

クサナギオゴケ8  クサナギオゴケ9
                   クサナギオゴケ

   エンジ色もシックでいいけれど・・・ヤッパリ白い子に軍配が上がります。

クサナギオゴケ7  クサナギオゴケ6
                  クサナギオゴケ

   そして、嬉しい事に今年は他の場所でも仲間が見つけてくれました。
よく歩いている場所ですが、時期がズレると見られないし、1人の目では限りが
          ありますね。 仲間に感謝です! 
      
 この日見られたのはこんな子でした。 場所によって葉っぱの感じも違いますね。

  それにしてもクサナギオゴケって変な名前ですね。 どこから来たんだろう?
    探していたら・・・「そよ風にふかれて」さんのページにありました!

 それよると、クサナギは発見地である愛知県熱田神宮の「草薙の剣」に由来。
 オゴケは袋果が麻糸を積みためる容器の苧小笥(おごけ)に似ていることから
   とありました。 う~ん、容器の「おごけ」も知らないし、悩ましい・・・

コトバンクによると・・・績麻(うみお)(紡いだ麻糸)を入れる麻笥(おけ)の意で、古くは、
  ヒノキの薄板を曲げてサクラ、カバの皮でとじ、底板をつけた桶(わげおけ)

      古い道具や仏具から付いた名前など・・・難しいですね。 

P6100080.jpg P6100081.jpg
                  クサナギオゴケ

    フナバラソウも咲いていると伺っていたのでとても楽しみな日でした。

 今まで出逢ったのは、県外でした。 それが県内でも咲いていることに小躍り
    するほど嬉しかったです。 あの辺りかな~?・・・ 心が逸ります。 

     予想より少しズレはありましたが・・・ わ~、ホントにここに居たんだね!

P6100093.jpg  P6100095.jpg
                  フナバラソウ

            この子も長~く伸びて・・・弓なりです。

        P6100097.jpg
                  フナバラソウ

      葉っぱだけの子や、早くも大きな種を抱えた子もいましたよ。
           
            P6100047.jpg
                  フナバラソウ

  木に絡まっているのはテイカカズラです。 記録用に撮っただけなので・・・
            まともな写真はありません。 

            P6100070_2019061301330723e.jpg
                  テイカカズラ

    それからスズサイコです。 この子も細い茎の先に花を付けています。
               立ち姿がナカナカ素敵な子です。

P6100059.jpg P6100060.jpg
                    スズサイコ

       雨の中でしたが、ちゃんと咲いていてくれました。
     少し歩けそうになったらまた訪ねてみたいと思います。

P6100054_20190613013306747.jpg P6100055_20190613013305c7c.jpg
                    スズサイコ

       さて、次はどんなキョウチクトウ科の仲間に出逢えるでしょうか?
  




私にとっては珍しいお花

2019/05/20 07:00 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

 地元で葉っぱを確認し、その後の蕾を確かめ、ウン多分間違いない!
と思っていたオウギカズラです。 ただ、思うように動けず、このままではお花が
   終ってしまう。    遅い時間ですが、頑張って出掛けて来ました。

          ちょっとドキドキしながら近づいてみると・・・・・

わ~良かった、間に合いました。 枯れている子も多い中、咲き誇っている子も
 いました。 個体数は少ないですが、ここに居てくれるだけで嬉しい・・・

        DSC06398_201905200112075af.jpg
               オウギカズラ

                葉っぱに特徴も有り・・・
 
        P5170013.jpg
               オウギカズラ

              顔つきもなかなかユニーク・・・

P5170015.jpg  P5170016.jpg
               オウギカズラ

          来シーズンはもう少し増えてくれると嬉しいな・・・

        P5170017.jpg
               オウギカズラ

         **********************

 そして、昨年その存在を知り、中部地区まで探しに行きましたが、開花していな
          ければ出逢うには難しく、寂しく帰ってきました。

  地元でアリノトウグサを観察していると、黄色い小さな花が目に留まりました。

         これって、もしかしてコキンバイザサ?

        わ~い、やっと出逢えました。 それも地元で!
 周辺を探すとアチラにもコチラにも・・・ こんなに沢山住んでいたんだね?
       黄色い6弁の花をいっぱいに広げて咲いています。
 
DSC06408_2019052006452590b.jpg  P5190057.jpg

       細い葉っぱの間から顔を出す黄色いお花が可愛い・・・

P5190048.jpg  P5190046.jpg

           蕾も花も葉っぱも・・・み~んな毛深いんだね!

 DSC06441.jpg P5190059.jpg

        顔を見せてくれた沢山のコキンバイザサに拍手です!

 P5190062.jpg P5190057_2019052006482238a.jpg





富士山で見られるグランドキャニオン?

2019/05/17 23:31 ジャンル: Category:岩石・鉱物・砂金・地学
TB(0) | CM(0) [Edit]

         7日、午後から富士山須走口へ向いました。
 久しぶりにグランドキャニオンと呼ばれている景観を見に出掛けます。

10年以上も前に、小富士からグランドキャニオンまで下ったことが思い
  出されます。 数年前にも、この地層を見上げた記憶があります。

でもでも・・・昨年3月の大崩落で、小富士からの下山道も、グランドキャニオンの谷へ
     下りることも不可能になったようです。 残念・・・ 

    仕方ない・・・下りるのは諦め、その谷に沿って歩くことにしました。

        P5070301.jpg

勿論、谷底から見上げる方が迫力がありますが、横からでもナカナカの景観です。
   ただ、上部からの崩れで地層が見えにくくなっている場所もあり残念!
       縦に白いものが見えますが・・・雪になってきました。

P5070314.jpg  P5070321.jpg

 これはいつの時代の溶岩で、どのようにしてこの中に閉じ込められて
   いたのでしょうか? そんな推理が紐解ければ楽しいでしょうね?

      大小の溶岩が地層の間から顔を出していました

P5070322.jpg  P5070328.jpg

    この辺りでは宝永の噴出物が5~6mほど堆積しているそうです。
 最初に白い噴出物が出たそうなので、探してみました。 白い層が見える
     所がありましたが、これがホントにそうなんだろうか? 

P5070364.jpg  P5070366.jpg

   富士山麓ではワチガイソウが多く見られます。 ここでも何カ所かで
      確認できました。 ただ雨に打たれてちょっと可哀想・・・

P5070396.jpg  P5070392.jpg

           カテンソウやマムシグサの仲間もいます。

P5070403.jpg  P5070401.jpg

    富士山に多いミヤマスミレです。 タチツボスミレもポツポツと・・

P5070311.jpg  P5070312.jpg

     所々の倒木では、樹皮が剥がれていました。 その原因は・・・

DSC05575_201905190259045e9.jpg  DSC05576_20190519030308282.jpg

  この子達の仲間の仕業だったようです。 しっかりと残る歯形が証拠です!

        DSC05581.jpg

      出来れば小富士まで歩きたい・・・と五合目を目指しますが・・・

        DSC05560_20190519030308dcc.jpg

   駐車場まで来ると、もう真っ白! ノーマルタイヤでは帰れなくなります。
   諦めて慎重にハンドルを握り家へ向います。 小富士はまた後日・・・

        DSC05562_20190519032919efa.jpg
        
     今年は4月後半に、また5月に入ってからも2度雪が降りました。 

 山のお花たちもソロソロかな? イヤまだかな?と、悩ましい春でしょうね?    



孫たちと遊ぶ  その2

2019/05/12 12:17 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

         孫たちとの時間はあっと言う間に過ぎて行きます。
 5日の朝、来られなかった孫から電話がありました。 「元気になったよ!」
        とのこと。 じゃあみんなで少し遊べるね! 
 前日に収穫して来たゼンマイやワラビを下処理し、イタドリは孫のMちゃんが
          ジャムを作ります。 皮をむいてトントン・・・

        DSC05206_20190514122317cb4.jpg

  みんなでお蕎麦昼食を終えた後、麻機遊水池で遊ぶことにしました。

野鳥観察地に登った後、園内に入ります。 写真は撮りませんでしたが、
   日溜まりで岩穴からノンビリ顔を出すヘビさんがいました。 
           すぐ近くには脱皮した皮まで・・・
  きっとこの子のだよね?と思われるほど、新鮮、シットリとしています。

次々と見つけ・・結局3匹のヘビさんとの出逢いでした。アオダイショウかな?

DSC05222_20190514122317a8e.jpg  DSC05223.jpg

  ユウゲショウ・シロツメクサ・ヘビイチゴ・スイバ・・・草花がいっぱいです!

             ウの仲間もおすまし顔です。

DSC05225_201905141223150d0.jpg  DSC05227_20190514122315035.jpg

 草花遊びや追いかけっこをしながら遊べなかった分の時間を取り戻しています。

DSC05230.jpg  DSC05245_20190514122810245.jpg

チガヤが一面に広がっていました。 私は懐かしく若めのチガヤを口にしました。
 子どもの頃、若いチガヤはホンノリ甘く感じガムのように咬んだ覚えが
   あります。 ただ・・・ちょっと遅すぎた。 うえっとなる感覚でした。

           孫たちはそれを丸めて遊んでいます。

DSC05241.jpg  DSC05242_2019051412280884d.jpg

   広い野原は気持ちいいですね。 自由に遊ぶ姿に幸せを感じます。

   親たちも日頃の子育てを暫し忘れて、ノ~ンビリしているようです。

DSC05253_2019051412280855c.jpg  DSC05252.jpg

  草むらに入った次男はお兄ちゃんらしく、妹を抱っこして草むらから脱出!

        DSC05254_20190514122855d1a.jpg

     セイタカアワダチソウを引き抜いてやり投げに精を出します。

        DSC05257_201905141228545ec.jpg

   豊富なシロツメクサを使って冠つくりです。 Mちゃんは自分で作り
小さなRには私が作ります。 周りではシロツメクサを摘んでくれる応援隊も。
    Rもユウゲショウやヘビイチゴのはなを付けて・・・と手渡します。

DSC05260_20190514122854f24.jpg  DSC05262.jpg

   グルッと1周した後、K太たちの家へ向かい、またまたひと遊び・・・

DSC05268_2019051412331694d.jpg  P5050094.jpg

    充分遊んで満足したのか、涙は見られませんでした。 良かったね・・・ 

        DSC05271_20190514123315cf4.jpg

         次は夏休みだね! 長野でまた一緒に遊ぶ予定です。


エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム