ちょっと変わった子たち

以前はムヨウイチヤクソウと呼ばれていた植物に出逢うことが多くなって来ました。
      今は、ヒトツバイチヤクソウと呼ばれているようです。
   葉っぱが無かったり、貧弱な葉が2~3枚足元に付いています。

でも、これってちょっとヘン! よ~く見ると、花のすぐ脇に葉が付いています。
      これどうなってるのだろう? 面白いなあ・・・

DSC01128_20170918002216c89.jpg  DSC01124_20170918002216f84.jpg
              葉っぱが上に付いたヒトツバイチヤクソウ

   別な場所でも、斜面点々とヒトツバイチヤクソウが花を終えていました。
普段見るのは、真っ赤な茎をしていますが、中間型・白っぽい子もいます。

DSC00972_20170919053400b87.jpg  DSC00969_20170919053359b5c.jpg
                  ヒトツバイチヤクソウ

  ベニバナイチヤクソウに少し似ていますが、それ程群生することも無く、
        何本かずつ、ポツポツと咲いている感じです。

DSC00967_20170919053358f45.jpg  DSC00960_20170919053357369.jpg
                白っぽいヒトツバイチヤウソウ

 今はちょっとした空き地に、ツルボのピンク色が林立している姿を目にする事が
   多い季節です。 でもそんな中にも居ましたよ。 白花のツルボです。

田舎でも一面に咲いていた記憶があります。 それを何本も集めて指に絡め、
 虫かごを編んだのを思い出しました。 どうやって編んだかよく覚えては
          いないのですが・・・ 懐かし思い出です

               白い子は清楚で良いですね!

          DSC09340.jpg
                    ツルボ(白花)

       普通のツルボはこんな風に、ピンク~薄紫色を帯びています。

DSC09081_2017092017413546d.jpg  DSC09083_20170920174134f31.jpg
                       ツルボ

        Yさんは、野菜やお花を育てるのがとても上手です。
もう10年近くも前に、種から育てて皆に分けてくれたニッコウキスゲが今年も
我家の庭で花を咲かせました。 毎年 「山の花の始まりだよ~」とでも
       言うように、ごく早い時期に花を付けてくれるのです。

 今年は白瓜を沢山頂きました。 その中に・・・こんな子が居たのです。
 大きい白瓜を切ってみると・・・ 畑にあっただろう小さな枝が瓜の中に
入っていたのです。 花から瓜が出来る時に取り込まれたと推測できますが、
        う~ん、どうなってるのやら?? です。

DSC09343_201709200136223b9.jpg  DSC09345.jpg
                   シロウリ

 決してやらせではありません。 相方に面白がってみせ、写真を撮っていると
   「枝が付いてるのも撮った方がいいよ」と 一緒に楽しんでくれました。

  その後は・・・勿論美味しく頂きましたよ。 漬け物が美味しかった~。

        DSC09344_20170920013621b30.jpg
                 不思議なシロウリ

        渓谷沿いの林を歩いていると、 「あっ、キノコだ!」
これはもしや?・・と、少し引っ張ってみると・・やっぱり!「冬虫夏草」 です。
枯れ葉に隠れるように、茎の先に綺麗な緑色をしたカメムシが付いていました。

DSC09781_2017092001444341d.jpg  DSC09782_201709200144424fe.jpg

 初めて出逢うとビックリしてしまいます。 でも、ここではそう珍しくもなく・・・

        DSC09783_201709200144419f6.jpg

1ヶ月前の観察会でも、種類が違いましたが、カメムシタケが見つかりました。
前年もこの辺りで初めて出逢ったのです。 他の冬虫夏草にも逢ってみたい。

DSC09533_201709200151125de.jpg  DSC09535_20170920015110924.jpg
                 カメムシタケの仲間

    こちらは羽まで見えました。 冬虫夏草は2本立っていましたよ。

DSC09537_20170920015109df9.jpg  DSC09534_2017092001511160a.jpg

 こちらは、菌に取り囲まれた蝉のようです。 昨年、この森では数個体が
    見つかりました。 どうも住みやすい場所があるようですね。

  DSC01827.jpg   DSC01828_20170920020936ee7.jpg

   綺麗なお花も良いけど、こういう不思議なもの、ビックリするものに出逢うと

    ドキドキ、ワクワクしますね。 今度はどんな子に出逢えるでしょうか?


草原を歩く

     この草原を歩いたのは、もう10年近くも前だったでしょうか?
気のいいメンバーの中へ、まだちょっと緊張感もある新入りとして参加しました。

 ぽっかりと開いた空間へ立ち、ちょっと不思議な感覚を覚えたものです。

 今回は、地元の観察会仲間と共に久しぶりに訪ねることになりました。

 DSC09641_20170920001814d4e.jpg  DSC01026.jpg
      フタバハギ(ナンテンハギ)            ヒトツバイチヤクソウ

       森の中ではミヤマウズラがポツポツ見られます。

DSC01030_20170919054700e99.jpg  DSC01031_20170919054659ee0.jpg
                   ミヤマウズラ

    お喋りや観察に忙しく・・・ゆっくりと目的地へ向かいます。

DSC01034_20170919054659332.jpg  DSC01044_201709190547594fd.jpg
      ゲンノショウコ              ウツギ

   下見時には見られなかったキノコも少しですが、顔を出していました。

  DSC01036.jpg  DSC01041_20170919054800609.jpg
                   キノコ2種

      富士山にはとても多いハナイカリが、ここでも見られました。

DSC01043_201709190547586a0.jpg  DSC01037_2017091905480093d.jpg
         ハナイカリ              ツリフネソウ

   大きなシオガマギクは、丁度良い具合に咲いて迎えてくれました。
              存在感のある姿です。

DSC01059.jpg  DSC01047.jpg
                 シオガマギク

  ノイバラよりチョッピリ豪華目の実は、フジイバラか何かでしょうか? 
  観察不足です。 草に絡まっているジイソブも見つけてくれました。
         大勢の目があるといいですね! 

DSC01050.jpg  DSC01048.jpg
        ノイバラ?                ジイソブ

 下見時には気づかなかったコシオガマも咲き始めのとても綺麗な子でした。

DSC01056_20170919055740a30.jpg  DSC01058.jpg
                 コシオガマ

 ナギナタコウジュにもうっすらと紫色が見えてきました。 季節が進んでいますね!
  
DSC01095.jpg  DSC01074_201709190557392d3.jpg
     ナギナタコウジュ                    草原を行く

お昼を終え、何かしてるな? と思っていたら、お下げ髪の女の子が現れました。
丁度良い場所にタチフウロが咲き、目の部分だけヒメジョオンを頂いたようです。
        芸術家に拍手です! 遊び心があっていいですね。

  ブレブレですが・・・たった一つ見つけたトモエシオガマです。(多分・・)
      
DSC01069_2017091906061278c.jpg  DSC01078_20170919061045464.jpg
     可愛い女の子?             トモエシオガマ

      ウメバチソウも咲き始めました。 清楚な感じがいいですね。

DSC01099_2017091906104240b.jpg  DSC01097_201709190610432b3.jpg
                  ウメバチソウ

草原といえばマツムシソウですが、咲き残りがポツポツと見つかりました。

DSC01102_20170919061042776.jpg  DSC01103_201709190615400eb.jpg
                   マツムシソウ

 舌状花の小さめなのは、ヤマノコギリソウのようです。 昨年教えて頂き・・・
     覚えてて良かった~。 最近特に怪しい頭の中ですから 

      大盤振る舞いの・・メドハギです。 (賑やかでした~)

DSC01118_201709190617216d9.jpg  DSC01113_20170919061720395.jpg
    ヤマノコギリソウ                  メドハギ 

        メドハギに負けずに多く目にしたサワヒヨドリです。            

DSC01120_20170919061719edc.jpg  DSC09683_20170920001812219.jpg 
        ノコンギク                 サワヒヨドリ  

                 黄色いお花の子たちや・・・        

DSC09707_20170920002142669.jpg  DSC09690_20170920001811b92.jpg
     オトギリソウ               オミナエシ

           これら草原を飾る子たちにも出逢い・・・

DSC09702_20170920001810273.jpg  DSC09763_20170920002141f98.jpg
       ツリガネニンジン             コウリンカ

         夏から秋へとバトンタッチしつつある草原です。
    前日の肌寒い日から一転して、暑さを感じる程の1日でした。

DSC09820_20170920002140336.jpg  DSC09764_201709200021419c2.jpg
    イヌゴマ                 タカトウダイ

           帰りは、道ばた観察をしながら帰りました。
   キツリフネの中に、ツリフネソウ! なかなか良い感じです。 

DSC01129.jpg  DSC01137_2017092000301726e.jpg
     キツリフネ&ツリフネソウ                ミゾソバ

               和やかで・・・楽しい観察会でした。

        DSC09807_201709200030168b0.jpg
                      クサボタン

                 お疲れさまでした~~~


富士山麓のお花たち  その1

 富士山麓車道脇には、枯れ笹に絡まるように沢山のジイソブの姿が見られます。

  今年は彼方此方で数は圧倒的に少ないバアソブとの出逢いがありました。
       それより1ヶ月前後遅れて、いまジイソブの花盛りです。

DSC01268_201709172238003e9.jpg  DSC01270_2017091722375914a.jpg
                   ジイソブ

         バアソブに比べ、少しお花が大型ですね! 
       このタイプのお花は愛嬌があっていい感じです。

        DSC01271_20170917223758d82.jpg
                   ジイソブ

 久しぶりに訪ねてみると・・・ イヌショウマが丁度見頃になっていました。

DSC01284_20170917223757557.jpg  DSC01275_20170917223757395.jpg
                  イヌショウマ  

 イヌショウマの隣には、サラシナショウマがあと少しで開花しそうです。
同じ頃咲く、と思っていたのですが、僅かにイヌショウマが早いのですね! 

葉っぱも違い、花柄があるのがサラシナショウマ、花柄無しはイヌショウマです。           

DSC01280_2017091722390569c.jpg  DSC01278_2017091722390450a.jpg
     サラシナショウマ                タイアザミ

 クモ毛があって、総苞片は曲がらないのは、アズマヤマアザミのようですが、
          アザミの仲間も地域性もあり、難しい・・・

       イヌトウバナも一面に広がると、なかなか綺麗ですね。

DSC01312.jpg  DSC01276.jpg
  アズマヤマアザミ               イヌトウバナ

    ナガバノウナギツカミなどが咲き始めると、やっぱり秋ですね!
 フシグロセンノウもそろそろ店じまいのようですが、まだまだ綺麗どころ。

   DSC01286_20170917223902deb.jpg   DSC01293_20170917224745641.jpg  DSC01294_201709172247435d8.jpg
  ナガバノウナギツカミ        フシグロセンノウ          モミジガサ

   真っ赤な実のトチバニンジンは薄暗い森の中ではよく目立ちます。
中に、黒い目玉風なのが付いていて、これはソウシシヨウニンジンと言うのだそうです。

DSC01305.jpg  DSC01291_20170917224746c5e.jpg
       トチバニンジン                ソウシシヨウニンジン

キバナアキギリも良く咲いていました。 それにしても面白い形をしているなあ・・

DSC01316.jpg  DSC01317_20170917224914510.jpg
                    キバナアキギリ

  なかなか愛らしいマネキグサです。 ここでは余りにも陽が入らないためか、
  葉っぱは沢山あるものの、開花しているのは思ったより少ない感じです。

DSC01298_20170917224918e0f.jpg  DSC01302_20170917224917112.jpg
                      マネキグサ

            いつまでもこの姿、見続けたいものです。

       DSC01306_20170917224916682.jpg
                      マネキグサ

     あっ、今見えたのは・・・ピンク色をしたツリフネソウです。 
     下りてみると、ヤッパリね! なかなか可愛いお花です。          

DSC01319.jpg  DSC01321_20170917235542b9b.jpg
                   ピンク色をしたツリフネソウ

   普通のツリフネソウと並んで咲いています。 何処が違うのだろう?
葉柄が有るのと無いの? いや、両方有るなあ・・・ 葉柄の付いている場所に
      よるものかも知れないし・・・ 今度じっくり確かめてみよう。

DSC01326_20170917235542d82.jpg  DSC01328_2017091723554099c.jpg
   普通のツリフネソウ&ピンクのツリフネソウ

  そしてこちらは・・・ 剣山の麓で8月に出逢ったハガクレツリフネです。
このネーミング、最高だと思います。 どんな人が名前を付けたのだろう?
      葉っぱの下に隠れるように花が咲いています。

DSC00494_201709172359088af.jpg  DSC00493_20170917235907255.jpg
                 ハガクレツリフネ(8月、剣山の麓)



富士山の花  移り変わり その4

  さらに少し時間が経ちました。 少し枯れた感はあるものの、草紅葉っぽく
                     なってきました。

DSC01215_2017091721071390b.jpg  DSC01214_201709172107141c3.jpg
                  紅葉ずる

            車道の脇にはお花畑の斜面が広がっています。
     シロヨメナかな?と思われるお花や、ヤマハハコ中心のお花畑も・・・
      写真には撮り損ねましたが、ハナイカリ一面のお花畑も・・・

DSC01217_201709172107125ea.jpg  DSC01219_20170917210711e8d.jpg
                広葉樹下のお花畑

        DSC01226_201709172108070ec.jpg

               アザミも良く咲いてきました。

        DSC01228_2017091721080575c.jpg
                   車道脇のお花畑
  
        DSC01228_2017091721080575c.jpg
                  ちょっと覗くと・・・お花畑

   少し標高を下げると、針葉樹下にはメタカラコウが行儀良く並んでいました。

DSC01233.jpg  DSC01230_20170917210803f19.jpg
                      メタカラコウ

     森の中は気持ちが良いですね! 苔むした木々も目に付きます。
      うわ~、しっとりと良い感じの樹です。 近づいてみると・・・
    着生したミヤマダイモンジソウのお花盛りでした。 すご~い、綺麗です!

  DSC01241_201709172109125c7.jpg  DSC01245.jpg
                    苔むしたイタヤカエデ

              フワフワのコケの上で気持ちよさそう・・・

   DSC01243_20170917211506c1c.jpg   DSC01242_20170917210910ed4.jpg   DSC01248_20170917211506573.jpg
                   ミヤマダイモンジソウ

        テンニンソウの群生は何処でも見かける景色です。

DSC01239_201709172109127af.jpg  DSC01235_2017091721091389a.jpg
        テンニンソウ               マムシグサの仲間

  こちらはヤマハッカのようです。 もうこんなに季節が進んでいるのですね?

DSC01253_20170917213426735.jpg  DSC01254.jpg
                         ヤマハッカ

 最後に・・・楽しみにしていたイボタヒョウタンボクには、余り実が付いていない。
          久しぶりにいい子に逢いたかったのになあ・・・

        DSC01263_20170917213424c7a.jpg
                    イボタヒョウタンボクの実


富士山、宝永山火口縁へ

        9月11日、富士山の登山規制が解除となりました。

 午後から、観察会で富士宮五合目へ向かいます。 水が塚に集合すると・・・

       DSC00060_201709171739532b3.jpg
               水ケ塚からの富士山

まずは五合目に向かいます。 解除初日と言う事で、上の駐車場は満車に
     近い状態です。 それでも朝よりは減ったとの事でした。

駐車場東のブル置き場から、樹林帯を通り、宝永火口壁を登り、6合目の小屋
                 経由で戻ってきます。

キオンやミヤマアキノキリンソウの花が咲き、ヒゴタイの仲間も開花中。

   DSC00063_2017091717395298b.jpg   DSC00067_20170917173951be0.jpg   DSC00068_20170917173951c09.jpg
    キオン           ミヤマアキノキリンソウ         樹林帯を行く 

                   う~ん・・・?   

        DSC00075_20170917173949a59.jpg

                   う~ん・・・?

        DSC00077_20170917174052441.jpg

サルオガセなど地衣類も多い所です。チズゴケ・マキバエイランタイ・ヤグラゴケ。

DSC00080_20170917174051b43.jpg  DSC00079_20170917174051d51.jpg
       チズゴケ                   マキバエイランタイ

 ミヤマフタバランもまとまって生えていました。 ちょっと遅かった・・・
    マイヅルソウはマーブル状の模様が付いていました。
     この後、艶のある真っ赤な実に変わっていきます。              

DSC00086_20170917174049252.jpg  DSC00081_20170917174050184.jpg
    ミヤマフタバラン             マイヅルソウ

   少し雨も落ちてきたかな?と心配しましたが、樹林帯を抜ける頃には、
        こんな風に大パノラマを目にすることが出来ました。

       この景色には・・・いつ出会っても新鮮な喜びを感じます。
  
              あとひと登り・・・ 頑張れ~・・・

DSC00091_20170917174500150.jpg  DSC00096_20170917174459488.jpg

    上の第1火口と下の第2火口を結ぶ緩やかな曲線は美しい・・・
最後にしぶきが上がって出来たという小さな茶色い高まりは中央に見られます。

            草紅葉も始まりつつあるようです。

        DSC00097_2017091717445961e.jpg

  「まだ~?」 と言っていた急さかも、よいしょよいしょ・・と越えていき、
    第1火口への分岐へ着きました。 ここまで来ればもう安心。

        DSC00100_20170917174458943.jpg

       緩やかな斜面を6合目の小屋へ向かって進みます。

   崩れた斜面から2m以上もある根っこが何本も伸びていました。
気候的にも、土壌的にも非常に厳しい中で育つ植物たち。 長い根を伸ばし、
体を支え、土砂を崩されながらも少ない栄養や水分をその根から吸収します。

             凄いなあ・・ と改めて気づかされます。 

   タイツリオウギに少し遅れてイワオウギも種子を付けていました。
         急がないとすぐに寒い冬がやって来ます。

DSC00111_20170917174907710.jpg  DSC00102_20170917174906cb6.jpg
                                イワオウギ

   ベニバナイチヤクソウも種子になっています。 イワツメクサは・・・大丈夫?

DSC00110_20170917174905492.jpg  DSC00119_20170917174904d42.jpg
    ベニバナイチヤクソウ                イワツメクサ

    ムラサキモメンヅルの種子の状態を見るのは初めてです。

        DSC00115_201709171749045e0.jpg
                ムラサキモメンヅルの種子

                     コケも元気です!

DSC00125_20170917175017438.jpg  DSC00122_20170917175018ef3.jpg
    コケの仲間                頂上方面の草紅葉

         やはりこの時期めだつのは、トリカブトの仲間です。

DSC00135_201709171750162bb.jpg  DSC00141_2017091717501596d.jpg
                  ヤマトリカブト?

         中には白い鼻筋の通った美人さんもいるのですね!

DSC00146_20170917175413a61.jpg  DSC00146_2017091717541265b.jpg
              鼻筋の通った?・・ヤマトリカブト?

       駐車場で少し観察をし、そろそろ終了の時間です。

DSC00145_20170917175411e3f.jpg  DSC00143_20170917175410393.jpg
          秋の空                クルマユリの種子


                お疲れさまでした~・・・


        
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる