FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

カキノハグサに逢いに・・・

2020/05/23 20:33 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

   昨年は出会っていない 「カキノハグサ」 あの独特の姿の花を求めて
出掛けてきました。 花期の早い産地ですので、見頃は過ぎているかも知れない・・
      と心配しつつ・・・ 本日も相方とふたりでの歩きです。

                    咲いてるかな?

DSC00601_20200524034327e40.jpg  P5230110.jpg
                   カキノハグサ

 わ~、良かった! 後半になってはいましたが、まだこんなに新鮮な子もいます。

 P5230125.jpg P5230127.jpg
                   カキノハグサ

              アッチにも、コッチにも・・・

P5230142.jpg  P5230197.jpg
                 カキノハグサ

      図鑑をめくっていて目に留まったお花の中のひとつです。
     初めて出会ったのは、ちょっと訪問が早すぎた産地でした。

その後案内して頂き、最盛期の見事な咲きっぷりに思わずため息が出て
   しまいました。 夢中で次々と移動し、花に目を奪われました。

P5230136.jpg  P5230161.jpg
                   カキノハグサ

                そんな感動が蘇りました。
    黄色から柿色に、更には濃いオレンジ色に変化していくようです。

  下の方から咲き出すようですね。 濃い色をした下には種子が付いていました。
     表面には筋が入り、球を少し押しつぶしたような形をしています。
       大きさは違うけれど、ヒナノキンチャクを思い出しました。

 何科なんだろう?とページをめくると・・・ヒメハギ科でした。ヒナノキンチャクも
          同じです。 な~んだ、似ているワケだ!

 P5230112.jpg P5230148.jpg
                  カキノハグサ

  名前の由来は、葉っぱが柿の葉に似ている所から来たようですが、
             花の色も柿色になる・・・?

    葉っぱの長いタイプは、ナガバノカキノハグサと呼ばれるようです。
             この子はそう呼んでもいいかな?

DSC00630_202005240356187e3.jpg  P5230150.jpg
     ナガバノカキノハグサ?          種子

   薄紫のコアジサイも咲いて、鼻を近づけると香りが広がりました。
     光を通すと、軸の紫、薄紫の花がより輝くのですが・・・

P5230209.jpg  P5230208.jpg
                   コアジサイ

  ギンリョウソウも場所によっては、だいぶ伸びている子もいましたが、まだ
          目覚めたばかりの子が多かったようです。

DSC00628_20200524035616f2b.jpg  DSC00620_202005240356173d3.jpg
                  ギンリョウソウ

      ほんのりピンク色を帯びた子も、僅かながらいました。

P5230185.jpg  P5230183.jpg
                  ギンリョウソウ

  
          沢山のカキノハグサの出会え、満足での帰宅です。 

        


ゆったりほっこり年の始まり・・・

2020/01/07 11:49 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

   越前岳から御殿場での用事を済ませ、お店が開いているのを確認して
              いた珈琲のお店に立ち寄りました。

 登山口からも近い、勢子辻にある 「凛」 さんです。 (2代前はお蕎麦屋さんでした)
        近いながら、気になりながらも・・・久しぶりの訪問でした。

IMG_20200103_171053.jpg

              入口からのアプローチの素敵なこと・・・

             IMG_20200103_174415.jpg

    ふんだんにお花が飾られ、柔らかな温もりを感じさせてくれます。

IMG_20200103_171145.jpg

                 いいなあ・・・

             IMG_20200103_171140.jpg

      自然素材がいっぱいで、ゆったりとそこに置かれています。

IMG_20200103_174316.jpg

以前のお蕎麦屋さんも良かった・・・と思うのですが、その様子が思い出せない程。
        
             IMG_20200103_174333.jpg

      多く飾られていますが、押しつけがましさもなく・・・
  
IMG_20200103_174403.jpg

           ゆったり楽しませて頂きながら進みます。
   
             IMG_20200103_174124.jpg

       そして、最後の引き戸を開けると・・・  店内です。 

            写真はここまでにしましょうか・・・

IMG_20200103_171106_2020010711240085b.jpg

    空いていたカウンター席に腰を下ろし、何にしようかな?・・・
           コーヒー以外に、お抹茶も頂けます。

コーヒーは10種類近くあったでしょうか?迷っていると好みを聴いて下さいました。
      二人で違うものをお願いし、2種類楽しみました。

    目の前に繰り広げられるひとつひとつの動きも楽しみながら・・・
 
砂糖は持ち帰り、そのままおやつとして頂きました。キュービックのケーキ付きです。

             IMG_20200103_172335.jpg

    店内も素敵に飾られていました。 帰る頃には満足感でいっぱい・・・

                    また来ようね・・・





色々な場所で変形菌!

2019/09/11 01:07 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) [Edit]

            私の周辺にはちょっと怪しい集団の影・・

  しゃがみこんで枯れ木や葉っぱと睨めっこ、時折歓声があがる・・・
或いはひとりフラフラしていて、見つけてはニンマリ! 大急ぎでカメラの準備!

    名前はわからないけれど、出会うと嬉しい。 それは・・・変形菌!

            場所も出会った日にちも違うけれど・・・・・

比較的よく出会う黄色い変形体です。 草や苔の上を覆っているのを見掛けます。
      調べて見ると・・・キフシススホコリに似ているかも?

        DSC03433.jpg
            キフシススホコリ?

  変形体から子実体に変身後の姿です。 シロウツボホコリでしょうか?
         倒木の材の中から顔を出していました。

P9080002.jpg  P9080007.jpg
               シロウツボホコリ

 白いパイプ状のエダナシツノホコリも、出会うことが多い変形菌のひとつです。
                  面白いねえ~・・・

P9080005.jpg  P9080004.jpg
              エダナシツノホコリ

増井真那さんの著書 「世界は変形菌でいっぱいだ」 の最初に出てくる衝撃的な
      赤い色をしたアカモジホコリは何故か記憶に残るものでした。

  そして・・・木の枝に付いた白い菌類を見ていると、隣に何か変なものが・・・
これこそ、気になっていたアカモジホコリらしき変形菌でした。 赤で目立ちそう
  だけど、気づきにくい子です。 まるでホンゴウソウのようです。 

 初めての出会いに嬉しくて、近くで活動している仲間に見て貰おうと持ち歩いて
いる内に乾燥が進んでしまったようで、子実体へと移行しているのか、弱って来て
       いるのか?・・・ 可哀想なことをしました。 ごめんね・・・

元の場所へ急いで返しておきました。 あの後雨が降ったから元気になったかな?

P9080009.jpg  P9080041.jpg
               アカモジホコリ?

  この子たちも時々出会うけれど、似たようなものもあり、同じものかどうか
      わかりません。 少しわかるようになると面白いでしょうね。

         P9080024.jpg
                   ?

    ウツボホコリかな?と思ったら、コウツボホコリもあるらしい・・・
ウツボホコリは高さ6~7㎜まで、コウツボホコリは2~3㎜までとあるが、さてさて
  どの位の大きさがあったのか? 次回はちゃんと確認しておこう・・・

         P9080029.jpg
                 ウツボホコリ?

      う~ん、絵合わせだけではわかりません。 修行が必要です。

         P9080030.jpg
                
これもウツボホコリでしょうか? 目に見えるサイズだから「コ」ではないな、キット!

P9080058.jpg  P9080063.jpg

      これまた艶やかな子です。 まだ未熟な子実体かな?

         P9080067.jpg

                 これは? 難しい・・・

         P9080055.jpg

             この子たちも変形菌でいい?

         P9080046.jpg

          ムラサキホコリの仲間のようですが・・・
           なかなか存在感がある子たちです。

P9080071.jpg  P9080074.jpg

   初めての出会った子たちですが、特徴があっても絵合わせさえできない。
    待てよ、その前に・・・ この子たちって変形菌でいいのかどうか?
              それさえまだわからない・・・

P9080077.jpg  P9080084.jpg

       モコモコっとした変形体はどう変身するのでしょうか?

         P9080086.jpg

        ホソエノヌカホコリにも似ている気がするけれど・・・

         P9080094.jpg

              この子はツノホコリでいいかな?

         P9080125_20190911175110dc0.jpg
               ツノホコリ

P9080092.jpg  P9080091.jpg

           子実体になりかけている子もいたり・・・

         P9060059.jpg

  まだまだアメーバー状態真っ只中! それにしても見事な模様ですね。

         P9010018.jpg

              もっと近づくとこんな感じです。

         P9010025.jpg

         P9010021.jpg

              この子も未熟な子実体かな?
 名前がわからないのは残念だけど、出会うだけで心ときめいてしまう。 
         その内名前も覚えていけたら楽しいだろうな・・・

         P9010036.jpg

 世の中ホントに色々なものが色々な関わりの中で生きているのですね?

          変形菌の現地講座、今から楽しみです。


キジョラン葉裏で冬を迎えたアサギマダラ

2019/01/28 22:37 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

                  1月20日・・・

 先月、キジョランの葉裏で元気に過ごしていたアサギマダラの幼虫。
1ヶ月経った今はどうなっているだろう? ドキドキしながら行ってみると・・・

        良かった~! 大分大きくなっているようです。

この場所に住む子は、運がいい! だって大きなキジョランの元、餌が多いものね。
 別の場所で1匹見られた幼虫は・・3枚・5枚しか無い葉っぱ。 これじゃねえ~
         葉裏を探したのですが、見つかりませんでした。

        餌の多い、いい場所見つけられてればよいのだけど・・・

DSC00478_20190129231927702.jpg  DSC00479_201901292319262f2.jpg

 上から2番目の子が一番大きいようです。 何となく体の色が薄く感じます。

DSC00482_20190129231925d6f.jpg  DSC00481.jpg
 
    うわっ! みんなで食べ尽くしたね!  そろそろ移動しなくっちゃ! 

         DSC00483_2019012923192412a.jpg

                   私は見てしまった! 

    このま~るい穴、先に輪郭を描いて、その後円内を食べて行くことを・・・

             気がつかなかったのは私だけ?? 

             DSC00485_20190129231940484.jpg

       この子達、いつサナギになるのでしょうね?  楽しみです!



今年の初歩き  鬼ケ岳・王岳

2019/01/07 20:50 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

      4日に稜線から眺めた南アルプスの山並みは清々しい景色でした。
         鬼ケ岳はもう目の前。 そこ(No1)からの続きです・・・
           振り返ると富士山がチョット隠れん坊。

            シダの仲間が丸まって寒さに対抗?

DSC09608.jpg  DSC09610_20190107124652f88.jpg
                            シダの仲間

  頂上では先程のお二人が休んでおられました。 すぐにその方たちも下山し、
鬼さんを独り占めです。  頂上から暫く展望を楽しみ、鍵掛峠から先は読めない
            ので、後ろ髪を引かれつつ先を急ぎます。 

   DSC09619_20190107145338c5b.jpg
      富士山と南アルプスの山並み  手前右奥には王岳も?

        DSC09616.jpg
                 鬼ケ岳頂上からの展望

  このツンと立った岩は鬼のツノと呼ばれているそうです。 成る程ね!

        DSC09621_201901071246518c6.jpg
          独特の岩 「鬼のツノ」 この裏から金山方面へ

王岳へ向うのはこの峰の筈、どこに分岐があるのかな?と思っていると、今来た道の
    脇に下り道が付いていました。全然気付かなかった。 ヤレヤレ・・・

DSC09615_20190107145733485.jpg  DSC09626_20190107124650dfc.jpg
     ジゾウカンバ?            ここから王岳へむかいます。

鍵掛峠への下り道には大きな岩やその周辺にロープが張ってあり、危なくは
  ないのですが、ちょっと気をつけて・・・ そこそこ距離もありますねえ。

DSC09635_20190107124941415.jpg  DSC09637_20190107124940f33.jpg
          アセビ          時折つけられたロープ

 途中で昼食中の単独の方を追い越し、やっと鍵掛峠も近くになってきたようです。
王岳が近くになってきました。振り返ると、その分鬼ケ岳から随分下って来たのですね。

       DSC09638.jpg
                     ここにもヤドリギ

 こんな鎖もありちょっと妙義山を思い出しましたが、勿論妙義はこの比では
ありません。 小鳥のさえずり、木にあたる風の音、更にはその上空の風の声?
 一人歩きはこんなお楽しみも待っててくれます。 鈴は閉まっておこう。

DSC09643_20190107151646380.jpg  DSC09640_20190107151735b85.jpg

 少し長く感じた鍵掛峠への道もここまで。 軽く昼食をとり王岳へ向かいます。
         少しアップダウンを繰り返し、鍵掛山へ到着です。

DSC09645_20190107151645edd.jpg  DSC09652_201901071516442a9.jpg
      鍵掛峠              鍵掛山(1589m)

 西湖の見える位置が微妙に変わってきています。 大分西に進んだようです。
   ツルウメモドキの赤い実がよく目立ちます。 青い空に映えますね!

DSC09659_20190107160621594.jpg  DSC09657_201901071516433b0.jpg
      富士山と西湖            ツルウメモドキ

    乾燥したコケが多いのですが、陽に照らされてとても綺麗でした。

DSC09669_201901071606200b3.jpg  DSC09663_2019010716061905f.jpg
                コケやシダの仲間

 今回歩いて感じたのは、道を塞いでいた木が多かったこと。 結構な風の通り
    道なのでしょうか? 倒木の脇に自然に出来た道が多くありました。

DSC09672_20190107160618ea6.jpg  DSC09674_20190107160617d89.jpg
       ブナ?              道を塞ぐ倒木

アレレ? この傷は、もしかしてクマさんでしょうか? それにしても深い傷跡です。
  富士山麓で見かけるものは、もっと浅く3本が上からか下に付いています。

         DSC09681_20190107161104f71.jpg

  もうそろそろかな? と思った頃、ヒョッコリと王岳のピークへ出ました。
         新しい標識も「山梨百名山」と記されていました。

ひと休みしていると、反対側から単独男性が現れました。 根場からよく登られて
     いるようです。 ひとしきりお話して、鍵掛峠へ向われました。

DSC09689_2019010716110356c.jpg  DSC09690_20190107161103fcf.jpg
                 新しい標識と古い標識

     ピークを過ぎると、根場村への標識が立てられていました。
 そのまま進んでみたい気もしますが、下りてからの移動が大変です。
          左手、笹の茂った中を下って行きます。

下部では笹枯れが見られましたが、上部はしっかりとした笹がいっぱいで
                   雨の日は通りたくない!

DSC09696_20190107161101b4c.jpg  DSC09698_20190107161209913.jpg

ドンドン下り、林道近くまで下りると、堰堤に色々な種類の石が転がっていました。
     海由来の?緑っぽい石や、チャートに近いもの、火山岩・礫岩・・・

DSC09707_20190107161208f9c.jpg  DSC09708_20190107161208506.jpg

  ヤシャブシと思われるのですが、実の先に何やら変なものがくっついています。
     こんなの初めて見ました。 これも虫コブの一種かなあ? 面白い!

        DSC09715_20190107161207e20.jpg

   気をつけて見るとナカナカ面白そうな林道です。 粉状になっているのは
    濁沸石でしょうか? 私の手元の石も年数経過で粉状になっています。
丸いのは風化か?それとも枕状溶岩? 気がつくけど、判らないものだらけ・・・

DSC09720.jpg  DSC09719_20190107161206211.jpg
        濁沸石? 

黒いベレー帽を被ったのはコガラでしょうか? 堰堤近くで写すことが出来ました。         

        DSC09724_20190107161339418.jpg
                 コガラ?

     この奥から下ってきました。 右手へ行くと鍵掛峠へ向う道です。

        DSC09725_201901071613385ab.jpg

    歩き終えて今日歩いた道を振り返ります。 おっ、結構歩きましたね。
駐車場まで帰ると、鍵掛峠から反対の十二ケ岳経由で歩かれた方、私の出発後
      鬼ケ岳を歩き、鍵掛山から下ってこられたという2人組・・・

平日にも関わらず、人に会うことは無いだろうと思っていたのですが、静かな山を
         楽しみに歩かれる方、結構いらっしゃるのですね。

   DSC09734_20190107161338590.jpg

今年お初の山歩きもナカナカ楽しいものでした。 今年はどの位山を歩けるでしょうか?

      また、どんなお花に出逢えるでしょうか? とても楽しみです。 



プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム