草原のお花に出逢った!

       気になりつつも、なかなか出掛けられなかった草原です。
  天気はイマイチですが・・・ 久しぶりにムラサキセンブリに出逢いました。
     まだやっと咲き始めたばかりのようで、蕾の子が多いようです。

DSC00024_201710072159544c4.jpg  DSC00023_201710072159552b4.jpg
                    ムラサキセンブリ

  やさしい色合いの紫色が魅力的です。 ただ、周辺の草に負けそうです。

DSC09956_20171007220201aae.jpg  DSC09957_20171007220057c0d.jpg
                    ムラサキセンブリ

  今年は出逢えなかったなあ・・・と思っていたヒナノキンチャクですが、ナントまだ
咲き残っているのにはビックリ! もう最終の子たちですが・・・可愛いねえ~

        DSC09994_20171007215957722.jpg
                     ヒナノキンチャク

        DSC00006_20171007215956e4e.jpg
                     ヒナノキンチャク

  リュウノウギクも咲き始めたようです。 このシャキッとした白い花弁が
    素敵です。 近くの林で見られるのはあと少ししてからかな?

ヤクシソウも咲き始め・・・・・あれれ? 木の葉の切れ込みは、ハナヤクシソウで
                   いいのでしょうか?

DSC00022_20171007220100492.jpg  DSC00003_201710072201018c6.jpg
         リュウノウギク              ハナヤクシソウ?

    ナギナタコウジュも咲き始めたようです。 少し指でこすって香りを
              嗅ぐと・・・少しだけなら良い香り?

DSC09942_20171007220058274.jpg  DSC00025_20171007220059499.jpg
    ナギナタコウジュ                 ?

    大きなハバヤマボクチにビックリ! 目玉おやじだよ・・・

DSC09941_201710072205547e6.jpg  DSC09948_20171007220553ecc.jpg
                   ハバヤマボクチ

     ノコンギクも彼方此方で賑わって、秋の深まりを感じます。

DSC09949_20171007220552879.jpg  DSC09945_201710072205511d2.jpg
     フクシマシャジン                ノコンギク

 水玉いっぱい付けたチカラシバ、ブルッとしたら水滴が飛んできそうです。

 子供の頃、まずはこれを結び、準備完了で鬼ごっこをした事を思い出します。
引っかかって転んでも、すぐに起き上がり遊び回った・・そんな光景が懐かしい。

DSC09939_201710072205505f1.jpg  DSC09943_20171007222048479.jpg
          チカラシバ                オミナエシ

  今年はアチラコチラで縁のあるコシオガマです。 ここにも居たんだね。

DSC09951_20171007221702fe1.jpg  DSC09965_2017100722170198c.jpg
   ヤマラッキョウ               コシオガマ

  とっくに終っているはずのキセワタも一部ですが、顔を見せてくれました。
        出逢いたかっただけに、嬉しい事でした。

DSC09976_2017100722170068c.jpg  DSC09954_20171007221659145.jpg
           キセワタ                アキノキリンソウ

 アオツヅラフジ・・・と思ったのですが、いつも見るのとは少し違って見え・・
ツヅラフジの葉っぱの変異は大きいようですがう~ん、分からなくなったぞ 

        ヒゴタイ・トウヒレンの仲間も・・・お手上げです。

DSC09963_20171007222047cb9.jpg  DSC09983_20171007222046bdd.jpg
   アオツヅラフジ?              セイタカトウヒレン??

          ノンビリ草原のお花を楽しんだ後・・・帰ります。

        DSC00028_201710072220467f9.jpg

アキザキヤツシロランとクロヤツシロラン

        そうだ! 早く逢いに行かないと、お花が終ってしまうよ~・・・
       虫除けスプレーを片手に、本日は2ヶ所を訪ねることにします。

まずは巡視活動で見つけた杉林のクロヤツシロランです。 花が終ると、「こんなに
 咲いてたの?」と思うくらいの、ドライフラワーが林立するのですが、花の時期は
 探すのに大変です。 スギの葉っぱを優しく取り除けながらの作業ですが・・・

出てきたのは、白い袋状のキノコ、それからやはり、ヒダのある小さな白いキノコ。
   蝉の抜け殻の一部、時折ミミズがニョロニョロ・・・ あと、ヤスデかな?

DSC09817_2017093023283238f.jpg  DSC09819_20170930232831798.jpg

     やっと咲いていた子が見つかりました。 その後探すもなかなか・・・
        時折、もうお花が終ってしまったものが見られます。
          訪ねたのが少し遅かったのかも知れません。

        DSC09816_201709302328300e5.jpg
                    クロヤツシロラン

やっと次の子が見つかりました。 もう少し丁寧に探せば見つかるはずですが・・
               場所を変えることにしました。

        DSC09820_20170930232829b26.jpg
                    クロヤツシロラン

しっかりと虫除けスプレーをし、首にはタオルを巻き、準備完了で竹林に入ります。
        今までよりも草が茂り、探すにちょっと大変です。

くっつき虫の洗礼を受けながら(というか、そんな所へ入り込むものですから・・・)

  アキザキヤツシロランとクロヤツシロランが住む場所へ到着しました。

DSC09829_20171001213116c62.jpg  DSC09825.jpg
                    アキザキヤツシロラン

 さて、探し始めます。 メガネを外ししゃがんで、地面に目を近づけると・・
   見えてきました。 アキザキヤツシロランです。 こんな所にも・・・

DSC09830_201710012131143e6.jpg  DSC09832_20171001213114450.jpg
                    アキザキヤツシロラン

      少しずつ移動しながら探すと、結構見つかりました。
      蕾も少しありますが、今が丁度良い頃のようです。

DSC09839_20171001213113589.jpg  DSC09851_20171001213237673.jpg
                    アキザキヤツシロラン

   中には、お花を終えて花弁が溶けたようになっているものもあります。

DSC09844_20171001213236dc1.jpg  DSC09842_20171001213235cbb.jpg
                    お花が終えたもの

        こんなに豪華に花が付いているものもありました。

 でも、写真が撮りづらく、また、虫除けスプレーを振りまいたにも関わらず
         さらに襲撃してくる蚊もいてたまりません。

DSC09874_20171001213234a15.jpg  DSC09875_20171001213234344.jpg
                    アキザキヤツシロラン

    比較的撮りやすい個体にカメラが向きます。(同じものです)
  光が入りにくくなると、とたんに林内は暗くなり、どうしようもありません。

DSC09876_20171001213722b34.jpg  DSC09877_20171001213721321.jpg
                     アキザキヤツシロラン

     フラッシュをたいてもブレブレで・・・ もう諦めることにしました。

        DSC09859_20171001213718a4e.jpg
                     アキザキヤツシロラン

    ここでもクロヤツシロランらしきものが終っていたのを見ましたが・・・
           よかった~、まだ見頃のも子いました。

        DSC09886_20171001213719dbd.jpg
                      クロヤツシロラン

       もっと良い天気の、早い時間に訪ねないと根気が続きません。

    林から出たら・・・くっつき虫退治です。 これからはくっつき虫がますます
                  元気になりますね。 


身近で見られたお花たち

       そう足を伸ばさなくともこんなお花に出逢えるんだね!
  今までは余り訪ねることも無く、今年から時々出掛けている場所です。

  9月9日、ふら~りと出掛けて見ると・・・ まずは沢山のツルボとご対面。
            わ~、綺麗だねえ・・・ 

DSC09835_2017092811292026a.jpg  DSC09838_2017092811291980a.jpg
                     ツルボ

   自然がいっぱい残る山道です。 ツル植物も木を覆い元気です。
 秋のお花も沢山見られます。 ヤマハッカが元気よく伸びています。

DSC09851_201709281129185ff.jpg  DSC09865_20170928112917c7d.jpg
                     ヤマハッカ

   タムラソウはアザミに似ていますが・・・葉っぱにトゲトゲがありません。
      外来種のマルバルコウがこんな所でも見られました。

DSC09907_20170928114015e9e.jpg  DSC09842_20170928113015f20.jpg
    アキノタムラソウ                マルバルコウ

サワヒヨドリ・オミナエシ・ハギもいくつか種類があるようですが・・野山は秋ですね!

DSC09858_20170928113013943.jpg  DSC09941_20170928123106d86.jpg
    サワヒヨドリ               オミナエシ&ハギの仲間

          花火のようなアキカラマツも花を咲かせています。

        DSC09867_2017092811301151a.jpg
                   アキカラマツ

こんな木もあったのですね? 別の場所で出逢って以来の久しぶりの子です。
  薄いピンク色の花が可愛く、場所によっては白花も見つかりました。

DSC09872_201709281134159c7.jpg  DSC09871_2017092811341491e.jpg
                   コガンピ

       木なのですが、高さは低く、可愛い姿です。

DSC09903_20170928113413ae1.jpg  DSC09874_20170928113412400.jpg
  (白花)                    コガンピ

       シラヤマギクも所々で立ち上がり、存在感があります。 
       ワレモコウは何と言っても秋の野を飾るお花です。

DSC09887_20170928113411fc9.jpg  DSC09885_20170928113513898.jpg
      シラヤマギク               ワレモコウ

       これから花を咲かせたり、実が付いたりする子もいます。
コシオガマ・・・今頃はきっと彼方此方で花を咲かせているのではないでしょうか?

   DSC09878_201709281135126fd.jpg   DSC09880_20170928113512bb3.jpg   DSC09882_20170928113511fc2.jpg
    タカトウダイ       タンキリマメ       コシオガマ

        ヒキヨモギがここに住んでいたのにはビックリです!
  私は県外数カ所で出逢っていますが、県内では初めての出逢いです。

        嬉しいなあ・・・ 何だか心引かれるお花です。

DSC09926_20170928113908692.jpg  DSC09889_20170928113510cc2.jpg
                  ヒキヨモギ

            鳥のくちばしのようにも見えます。

DSC09931_201709281139076da.jpg  DSC09929_20170928113906a42.jpg
                  ヒキヨモギ

          マメ科のお花も元気いっぱいのようです。

DSC09900_20170928113904037.jpg  DSC09899_201709281139052d7.jpg
     ネコハギ 

            オミナエシの黄色はよく目につきます。 
色々なお花に嬉しく、夢中になっている内にいつの間にか時間が過ぎて行きます。              

DSC09902_20170928114017a42.jpg  DSC09905_20170928114017cef.jpg
     ハギの仲間             オミナエシ

わ~、私の好きなモリアザミもいるようです。 残念ながらお花はもう少し先の
          ようですが、楽しみに待つことにします。

DSC09920_20170928115517c41.jpg  DSC09916_201709281140152fa.jpg
                   モリアザミ

       オケラも何故か心引かれるお花です。 何でだろう?
 ピンク色をしたオオフタバムグラは、帰化種ながら何故か山間部で見られる
                   事も多いのです。

DSC09906_20170928115516861.jpg  DSC09925_2017092811551575b.jpg
        オケラ                オオフタバムグラ

   うわ~、気持ちいい・・・  顔を上げ、周囲を見回すといつの間にか陽が
        傾いていました。 もっと早く来ればよかったな・・・

    DSC09936_20170928115514ba3.jpg

           タカトウダイもゆったりと風になびいています。

            DSC09949_201709281155140c2.jpg
                  タカトウダイ

              これはサワヒヨドリの白花でしょうか?

    DSC09950_20170928115538820.jpg
                  サワヒヨドリ

  最後にノカンゾウがいっぱい花を咲かせ、最後の楽しみをくれました。

            DSC09978_20170928115537de0.jpg
                    ノカンゾウ


             さて、そろそろ帰らなきゃ・・・ 

  

今年の山の恵みは??

   もうすっかり秋ですね! 残暑を飛び越えて、いきなり秋に突入!

     この所、山に向かうと、秋の恵みが目に付くようになりました。
 今年は豊作かな? たわわに実ったサルナシやヤマブドウを見つけました。

  ブドウの仲間で、葉っぱの裏に毛が無いのは、このサンカクヅルです。
数年前に見かけ、富士山麓にあるのを知りました。 それ程美味しくは無いの
        ですが、自然の味の酸っぱさを感じます。

DSC09187_201709230952487b3.jpg  DSC09186_201709230952494f4.jpg
                     サンカクヅル

     手前に見える細長い葉っぱは、ヤマノイモの葉っぱのようです。

          DSC09184_2017092309525081c.jpg
                    サンカクヅル

     里でも見られ、一番多く目にするのは、このエビヅルです。
 熟すのも早いようですね。 まだ青いものもありますが、もう食べられ
      そうです。 少し摘まんでみると・・・もう一息かな?

DSC09466_201709261155504ff.jpg  DSC09464_201709261155491ee.jpg
                     エビヅル

               この酸っぱさも自然の味ですね!

DSC09468_201709261155489e7.jpg  DSC09470_20170926115547213.jpg
                      エビヅル

  葉っぱは多く見かけますが、実が付いたものに出逢うのはなかなか難しい。
    付いたとしても、まばらな感じの子が多いのはヤマブドウです。

 そんな中、こんなにたわわに実ったヤマブドウもありました。 凄い凄い~
           まるで植栽された商品のブドウのようです。
       熟した頃来たいねえ~・・・などと話していたのですが・・・

DSC09658_20170923093840f05.jpg  DSC09659_20170923093840faf.jpg
                      ヤマブドウ

    まだまだ熟していない筈の頃、寄ってみると・・・アレレ???
 まだ青いはずのブドウが、全く見つかりません。 おかしいなあ・・・
こんな時期に持ち帰ってもどうしようも無いはずなのに・・・ ガッカリです。

        それにしても凄いでしょ?  粒も大きく揃っていました。

          DSC09660_201709230938394bd.jpg
                       ヤマブドウ

       サルナシも今年は沢山実が付いているようです。
 こんなたわわに実っている姿を所々で見ていますので、少しは食することが
   出来そうです。 横に切るとキウイそっくりで、何回見ても感動です。

DSC09176_20170926120140af4.jpg  DSC09177_20170926120139d89.jpg
                    サルナシ

  ホラ、こんなに付いています。 それも目線ですのでチビの私でも充分
  手が届きます。 あと1週間から10日くらいで食べ頃になるでしょうか?

        柔らかく美味しくなるのはもう少し先かなあ?・・・

DSC09181_20170926120137b8f.jpg  DSC09179_20170926120138392.jpg
                    サルナシ

   サルナシをもう少し細長くしたような実を付けるのは、ミヤママタタビです。
今年はまだ確認をしていません。 これもサルナシと同様とても美味しい山からの
   贈り物です。 はい!動物からお裾分けして貰う気持ちで頂きます。

        秋は木の実探しも・・・ 楽しみな季節となってきました。 




富士山麓のお花たち  その1

 富士山麓車道脇には、枯れ笹に絡まるように沢山のジイソブの姿が見られます。

  今年は彼方此方で数は圧倒的に少ないバアソブとの出逢いがありました。
       それより1ヶ月前後遅れて、いまジイソブの花盛りです。

DSC01268_201709172238003e9.jpg  DSC01270_2017091722375914a.jpg
                   ジイソブ

         バアソブに比べ、少しお花が大型ですね! 
       このタイプのお花は愛嬌があっていい感じです。

        DSC01271_20170917223758d82.jpg
                   ジイソブ

 久しぶりに訪ねてみると・・・ イヌショウマが丁度見頃になっていました。

DSC01284_20170917223757557.jpg  DSC01275_20170917223757395.jpg
                  イヌショウマ  

 イヌショウマの隣には、サラシナショウマがあと少しで開花しそうです。
同じ頃咲く、と思っていたのですが、僅かにイヌショウマが早いのですね! 

葉っぱも違い、花柄があるのがサラシナショウマ、花柄無しはイヌショウマです。           

DSC01280_2017091722390569c.jpg  DSC01278_2017091722390450a.jpg
     サラシナショウマ                タイアザミ

 クモ毛があって、総苞片は曲がらないのは、アズマヤマアザミのようですが、
          アザミの仲間も地域性もあり、難しい・・・

       イヌトウバナも一面に広がると、なかなか綺麗ですね。

DSC01312.jpg  DSC01276.jpg
  アズマヤマアザミ               イヌトウバナ

    ナガバノウナギツカミなどが咲き始めると、やっぱり秋ですね!
 フシグロセンノウもそろそろ店じまいのようですが、まだまだ綺麗どころ。

   DSC01286_20170917223902deb.jpg   DSC01293_20170917224745641.jpg  DSC01294_201709172247435d8.jpg
  ナガバノウナギツカミ        フシグロセンノウ          モミジガサ

   真っ赤な実のトチバニンジンは薄暗い森の中ではよく目立ちます。
中に、黒い目玉風なのが付いていて、これはソウシシヨウニンジンと言うのだそうです。

DSC01305.jpg  DSC01291_20170917224746c5e.jpg
       トチバニンジン                ソウシシヨウニンジン

キバナアキギリも良く咲いていました。 それにしても面白い形をしているなあ・・

DSC01316.jpg  DSC01317_20170917224914510.jpg
                    キバナアキギリ

  なかなか愛らしいマネキグサです。 ここでは余りにも陽が入らないためか、
  葉っぱは沢山あるものの、開花しているのは思ったより少ない感じです。

DSC01298_20170917224918e0f.jpg  DSC01302_20170917224917112.jpg
                      マネキグサ

            いつまでもこの姿、見続けたいものです。

       DSC01306_20170917224916682.jpg
                      マネキグサ

     あっ、今見えたのは・・・ピンク色をしたツリフネソウです。 
     下りてみると、ヤッパリね! なかなか可愛いお花です。          

DSC01319.jpg  DSC01321_20170917235542b9b.jpg
                   ピンク色をしたツリフネソウ

   普通のツリフネソウと並んで咲いています。 何処が違うのだろう?
葉柄が有るのと無いの? いや、両方有るなあ・・・ 葉柄の付いている場所に
      よるものかも知れないし・・・ 今度じっくり確かめてみよう。

DSC01326_20170917235542d82.jpg  DSC01328_2017091723554099c.jpg
   普通のツリフネソウ&ピンクのツリフネソウ

  そしてこちらは・・・ 剣山の麓で8月に出逢ったハガクレツリフネです。
このネーミング、最高だと思います。 どんな人が名前を付けたのだろう?
      葉っぱの下に隠れるように花が咲いています。

DSC00494_201709172359088af.jpg  DSC00493_20170917235907255.jpg
                 ハガクレツリフネ(8月、剣山の麓)



エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる