お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ランの季節がやって来ました。 その1

 春が遅かった今年も、いつの間にかランの開花の声が聞こえる季節となりました。
   ちょっとウッカリしていましたら、もう一番良い時期は過ぎていたようです。

  でも・・・せっかくですので、まだギリギリ楽しめる子の登場です。 

DSC09731_20170613105120baf.jpg  DSC09733_2017061310511999b.jpg
                 サイハイラン

用事の帰りに立ち寄ったものですから、夕日が森の中へ長く光を伸ばして
       いました。 ちょっと元気がないサイハイランです。

DSC09736_201706131051189d4.jpg  DSC09747_20170613105117c9d.jpg
                 サイハイラン
  
            光が透ける花弁がなかなか良い感じです。

DSC09744_20170613105116d4f.jpg  DSC09742_201706131052470a7.jpg
                 サイハイラン

  ムヨウランの仲間も彼方此方に出てはいるのですが、しっかりとお花を見せて
        くれる子はいませんでした。 この子も今ひとつ・・・

DSC09751_201706131052444b6.jpg  DSC09707_20170613105246dea.jpg
               ムヨウランの仲間

      一番開いていたのはこの子です。 これで精一杯かな??

DSC09703_20170613105245530.jpg  DSC09711_20170613105243785.jpg
               ムヨウランの仲間

  クモキリソウも咲き始めたようです。 タイムアップで、これ以上は探せません。

DSC09757_20170613105652f3b.jpg  DSC09759_20170613105651dca.jpg
                クモキリソウ

     大分前の写真になってしまいますが、今年もエビネに出会えました。
もう終っている・・・と思ったのですが、良い状態の子を見つけ、それならば・・・と
              エビネのはしごをしてしまいました。 

DSC00022_20170613110051c8d.jpg  DSC09952_20170613110052e73.jpg

 確かここにもあった筈ですが・・・見当たりません。 場所を再確認しましたが
やはり間違いないようです。 30株ほどあったエビネは葉っぱ1枚残すことなく
          消えてしまいました。 ガッカリです。  

DSC09966_20170613110049b3f.jpg  DSC09965_201706131100518a9.jpg

      でも、新しく見かけたところもあり、気持ちを切り替えます。
       場所によってすこしづつお花の色も違って、いいですね!

DSC09991_20170613110117958.jpg  DSC00026_201706131101161a5.jpg

             優しい色合いのエビネは可愛いですね。

      DSC09992_201706131100483d5.jpg

          スズムシソウも時々新しい産地が見つかります。

            DSC09618_201706132023431f8.jpg

             ラン科植物はやっぱり魅力的ですね。 


PageTop

ヨウラクランが見頃になりました。

      いつも見る場所のヨウラクランが咲き始めたようです。 
    
今年出逢ったヨウラクランのその後の様子はどうなっているでしょうか?
   天気も良さそうですし・・・相方を誘って様子を見てきました。 

わ~、咲いています。 小さい小さい花なので、開花しているかどうか分かりづらい
      のですが、ルーペで見るとしっかりと開花しているようです。

DSC00127_201705290407566ca.jpg  DSC00140_20170529040755017.jpg

    少し薄い色の子がいたり、濃いめの色の子がいたりで面白い!

DSC00142_201705290407553c3.jpg  DSC00141_20170529040754fe9.jpg

 写している時には気付かなかったのですが、もう種子を持ち始めた子もいます。
       緑色をした子もいるとのことですが、そう簡単には・・・・・

DSC00128_20170529040753f4f.jpg  DSC00150_20170529041037cb5.jpg

  と思っていましたら・・・・・ あっ! ホントにいた! もうビックリです。 

DSC00130_201705290410377eb.jpg  DSC00131_2017052904103602e.jpg

           この周辺ではポツポツ見ることが出来ました。

DSC00166_201705290410341e6.jpg  DSC00157_20170529041035cab.jpg

  別の場所でも同じように咲き始めていました。 伸びやかに育った子や・・・
        コケや地衣類の中でノ~ンビリしている子も・・・

DSC00177_20170529042158e43.jpg  DSC00184_20170529042157556.jpg

            この子は特に明るく、いい色をしています。

DSC00188_20170529042403b16.jpg  DSC00191_20170529042156987.jpg

 垂れ下がって咲く子が多い中、ここでは上向きに開いている子も多かった。

DSC00196_20170529042155d69.jpg  DSC00194.jpg

      大満足の後、ノンビリと相方のお供でウォーキングです。

         ここでは、クモランもポチポチ潜んでおりました。

DSC00242_20170529042401604.jpg  DSC00254_20170529042400764.jpg




  

PageTop

富士山麓に咲く花  その3

         やっと 「富士山麓咲く花 その3」 に入りました。
 20日以降に写したものが主です。 バタバタしている内に時は過ぎますが・・・
            時間は待ってくれません。 

  友人たちと歩くために少し森の中の様子を見てきました。 もうそろそろ・・・

DSC09620.jpg  DSC09639_20170526085359f3c.jpg
       イタヤカエデ                  フタリシズカ

  林内所々顔を出すナベワリですが、低地では群生していますが、この辺りでの
         群生は見られず、数本が近くにいるだけです。

DSC09643_20170526085359bbf.jpg  DSC09626_20170526085358aeb.jpg
 ツクバネソウ                      ナベワリ

 ヤマシャクヤクも殆どがまだ蕾ですが、やっと咲き始めたところに出会いました。
          この分なら2日位経つと見頃になってきそうです。

DSC09647_20170526085442d26.jpg  DSC09645_20170526085357e16.jpg
                      ヤマシャクヤク

  巨木を見上げるように咲く子や、窪みの日だまりで花を広げる子・・・
                    色々です。

DSC09695_20170526085441e12.jpg  DSC09652_20170526085442e3e.jpg
                   ヤマシャクヤク

  せっかく清楚な花を広げているのに、たちまち色々な虫がやって来ます。

        DSC09704_2017052609005777a.jpg
                   ヤマシャクヤク

     ツルシロカネソウは早くから晩夏まで頑張って咲いてくれます。
ルイヨウボタンの群生地はいつの間にかバイケイソウの林となっていました。

DSC09654_201705260854403cf.jpg  DSC09670_2017052608543942f.jpg
        ツルシロカネソウ                ルイヨウボタン

  モリイチゴも真っ白な花を咲かせています。 真っ赤に熟れたイチゴの香りと
                味を早く楽しみたいものです。

DSC09684_20170526090100b70.jpg  DSC09689_20170526090101723.jpg
    メギ                  シロバナノヘビイチゴ(モリイチゴ)

       ヤマサギソウですが、今年はピンク色の子が出遅れています。

DSC09687_20170526090202f17.jpg  DSC09690_20170526090059641.jpg
         ミズナラ                   ヤマサギソウ

        ヤマトグサの林立する姿です。 ヤマトグサも本番ですネ!

        DSC09707_20170526090202387.jpg
            ヤマトグサ

  少し前の写真ですが、トウカイスミレも苔むした溶岩の上にチョコンと
          座っていました。 何とも可愛い姿です。

DSC08317_20170526120354a1a.jpg  DSC08316_20170526120355c42.jpg
                    トウカイスミレ

                 あっちでもこっちでも場所取りです。

DSC08306.jpg  DSC08358_20170526120353239.jpg
                    トウカイスミレ

   ミヤマスミレも同じようにコケの上で気持ちよさそう、に花を咲かせていました。

DSC08366_201705261209479e3.jpg  DSC08395_201705261209485e3.jpg
                    ミヤマスミレ

              濃い紫色のお花は存在感がありますね。

DSC08391_201705261209498a6.jpg  DSC08390_20170526120946365.jpg
                    ミヤマスミレ

 それにしてもトウカイスミレとミヤマスミレの葉っぱはこんなに似ているのですね?
  こちらがトウカイで・・・んっ、時間が経ったらどちらか自信がなくなってきました。
   少しふっくら感が違うかな?・・・ 来シーズンはもっと丁寧に見てみよう・・・

       DSC08318_20170526121128328.jpg

             DSC08320_20170526121127f3d.jpg

    この日は太陽の恵みもあり、フデリンドウが沢山花を咲かせていました。
             曇り空なら、恐らく気づかなかったはず・・・

DSC08425_20170526120355c51.jpg  DSC08301.jpg
                     フデリンソウ

 富士山麓には1000m余りから2000m以上まで、この黄色いお花が見られます。
   何かな?と葉っぱを見ると、三つ葉の下に小さな葉っぱが見られます。
    羽状複葉になっています。 でも低地のそれとはちょっと違います。

この仲間にはツルキジムシロ・エチゴキジムシロなどがあります。 図鑑で調べると
エチゴキジムシロに近いようですが、確信が持てません。この辺りに生育しているの
                     でしょうか?

DSC08464_201705261211253e6.jpg  DSC08463_20170526121126cea.jpg
       エチゴキジムシロ?                 アミガサタケ

               ミヤマカタバミもコケの上の住人でした。

DSC08375_20170526125131fdf.jpg  DSC08402_20170526125131fdf.jpg
                        ミヤマカタバミ



PageTop

ムヨウランが咲き始めました

昨年、いつもと違う場所で見つけたムヨウランのドライフラワーですが、もうそろそろ
        咲いているかも? と、そっと森の中を覗き込みました。

  相変わらずのドライフラワーのお出迎えでした。 う~ん、いつ咲くんだろう?

DSC09528_2017052609305170d.jpg  DSC09556_201705260924169d9.jpg

もしかしてムヨウランじゃ無いかも? などと思いつつ、心あたりの場所を探して
 いると・・・あっ、あった! でも蕾です。 ひょろりとした茎がその辺でいくつか
         見られました。 次の機会かな? 

   DSC09557_20170526092415bb4.jpg   DSC09536_20170526092419e3e.jpg   DSC09541_20170526093945611.jpg

 ちょっとガッカリしながら引き返す途中・・・お~、咲いているでは有りませんか!
      目線が変わると見えてくるものなのですね。 

DSC09562_20170526094745ba3.jpg  DSC09580_20170526092601d81.jpg

  写真で見るといっぱい開いているように見えますが、実際はこれ程開花して
     いるわけではありません。 所でこれは何ムヨウランでしょうか?

DSC09575_201705260926020b4.jpg  DSC09570_201705260926034ff.jpg

   その辺を探すと、点々と見つかりました。 少し目が慣れてきたようです。
                   5月19日のことでした。

        DSC09565_201705260950571a2.jpg

   近くの森のムヨウランはどうかな? ちょっと出掛けて見ました。
       ドライフラワーの近くにありましたが、まだ蕾です。

     DSC09909_2017052611410317f.jpg

 ここはどうだろう? すこしずつ移動して確認しましたが、全てまだ蕾です。
      残念! また時間を置いて訪ねてみることにします。

ちょっと気がかりなことがありました。 蕾の少し下から、何かに囓られた跡が
   何カ所かで見つかりました。 アブラムシの被害もあります。

          DSC09927_201705261141021ef.jpg

         良いお花を咲かせてくれるといいのですが・・・・・ 

PageTop

今年のツチアケビの様子は?

     昨年は、とても大株のツチアケビとの出会いがありました。
前年、別用である森に入った時、同行のKさんが 「これ、ツチアケビ?」 と
真っ黒になった沢山のドライフラワーに気づき、今回はどれ位咲くのだろうと

         心待ちにしていた所・・・・・こんな風になりました。

      その前はわかりませんが、2年続きの大豊作だったようです。
同じ所には出てこないと言う話も聞きますし、今年はどうなるか心配でした。

 恐る恐る出掛けてみると・・・大株は無くなっていましたが、残っていて、ホッ!
       60株・40株ほどあったところは、それぞれ4株ずつ・・・

DSC00036_201705251244459d9.jpg  DSC00038_2017052512444322c.jpg
                    ツチアケビ

   昨年数本だったところは、7~8本出てて、少し増えたようです。

DSC00042_20170525124442e23.jpg  DSC00040_201705251244420d4.jpg

あっ、ここには無かった! 新しい場所に十本余りが見つかりました。良かった~

          DSC00045_20170525124440704.jpg

  上の部分の全体の姿です。 小さいものは見えにくいのですが・・・

DSC00046_20170525124520100.jpg  DSC00047_201705251245191b5.jpg

 同じエリアですが、少し離れたところでも3ヶ所ほどに残っていてヤレヤレ・・・

       DSC00049_201705251245178c3.jpg

大きなものでは、30㎝ほどに伸びていましたが、小さいものもありましたので
     もう少しだけ増えるかも知れません。 それに期待しましょう!

       DSC00051_201705251245169df.jpg

         近くには、こんなキノコが数個顔を出していました。
ツチアケビはナラタケ属に寄生するとのことですが、関係あるのでしょうか?
    調べてみると、ムジナタケに似ているような気がしますが・・・

       DSC00048_20170525124518df6.jpg
                     ムジナタケ?

   とにもかくにも、残っていてくれてホッとしました。 今後も成長過程を
                 観察していきます。


PageTop