FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

ま・まさか・・・セリバオウレンが咲いていた!

2020/01/09 21:21 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   今シーズンは穏やかな日が続き、冬である事を忘れてしまいそうです。
そんな中まだまだだけど、もしかしたら慌てん坊さんが蕾くらい出しているかも
 知れない・・・と期待も薄く寄り道してみると・・・ えっ、もう開花してる? 

 勿論、陽当たりのいい場所だけなのですが・・・我が目を疑ってしまいました。
            今日って・・・まだ1月9日なのです。

DSC06677.jpg  DSC06679_20200109210637716.jpg
                   セリバオウレン

   雄しべだけの子もいれば、雄しべ・雌しべの両方を合わせ持つ子も・・・

DSC06683.jpg  DSC06680_202001092106379be.jpg
                   セリバオウレン

     陽をいっぱい浴びた生まれたばかりのお花はとても初々しい・・・

DSC06687.jpg  DSC06686_202001092109269f6.jpg
                   セリバオウレン

        花柄は花に似合わず・・・ふとっちょさんです。

P1090368.jpg  P1090363.jpg
                   セリバオウレン

開花していたのはまだホンの10株程で、蕾が上がっていないものや、やっと蕾を
       つけたものがポツポツ・・・今後咲き揃うのが楽しみです。  

P1090375.jpg  P1090373.jpg
                   セリバオウレン

   いくら早いと言ってもさすがミスミソウまでは・・・やっぱりねえ。
          でも葉っぱは顔を出していましたよ。
 
   別の場所に移動してみると・・・まだ葉っぱが全然出ていません。
 でも、目の端に白いものが入ってきました。 見直すと・・・咲いてる!
     こちらはたった4株ほどでしたが・・・それにしても・・・

DSC06739.jpg  DSC06736_202001092115042eb.jpg
                    ミスミソウ

           こんな陽気じゃお花も騙されてしまう。 

DSC06741_20200109211503286.jpg  P1090431.jpg
                    ミスミソウ

  お花に出会ったのは、勿論嬉しいことだけど・・・ちょっと複雑な想いも・・・

          咲き揃ったお花たちに出会いたいものです。 



身近な自然

2019/12/04 23:15 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

       前に行ったり、戻ったり・・・の話になってしまいますが・・・

   2週間余り前の様子です。 月に一度の活動日、ここでもそろそろセンブリが
            咲いているのでは?と歩いてきました。
え~、こんな所に?と思うのですが、毎年ちゃんと花を咲かせてくれるのです。 

ただし・・・身長が私と同じ、チビチャンなのです。 小さい子はホンの2~3㎝、
               大きくても10㎝ほどでしょうか?・・・

DSC05872.jpg  PB130306.jpg
                    センブリ

         良かった・・・ 今年もちゃんと花を咲かせてくれました。
            その株も少しづつですが増えているようです。
 
PB130318.jpg  PB130316.jpg
                    センブリ

 そしてもう一つビックリ! クモランの花を咲き終えたものや、生まれたての
         ようなカヤランまで・・・こんな所にも居たんだね。

N先生にその旨お伝えすると 「ふ~ん、〇〇市も空気が綺麗になったんだなあ・・」
 とのお返事。 見つけたことに喜んでいた自分がちょっと恥ずかしくなりました。
       そして、そんな言葉を伺い、とても嬉しくなりました。

PB130312.jpg  PB130310.jpg
     カヤランの赤ちゃん           クモラン

       アリノトウグサも紅葉が始まり、なかなか美しい・・・

        PB130313.jpg
                  アリノトウグサ

 ムクノキの実はまだ青々としていました。 でも、よ~く探していると・・・ あった!
         黒く熟している実がポツポツ目に付きました。

 木の枝を見つけて手繰り寄せます。 うまくいった・・・ う~ん、甘くねっとりとした
懐かしい味です。 幼き日、名前も知らず舌だけが覚えていた味が甦ってきました。
       姉に話をすると・・・ 「うん、お宮さんの近くにあったよねえ」 

DSC05875_2019113001115556d.jpg  PB130321.jpg
                    ムクノキ

まだ時間もたっぷりあります。 あそこならまだお花が見られるかもしれない・・
          少し移動してお花に逢いに行きました。

        昨年、花後のドライを数個見つけていた場所に入ると・・・
アッチにもコッチにもクロヤツシロランのドライフラワーが顔を出していました。

PB130327.jpg PB130330.jpg
                  クロヤツシロラン

   ヤマラッキョウが丁度いい感じで咲き誇っていました。 沢山だねえ~・・

PB130353.jpg  DSC05885_201912060153584a8.jpg
                  ヤマラッキョウ

  リュウノウギクもまだまだ元気そうです。 シャキッとした白さが際立ちます。

PB130357.jpg  PB130355_20191206020307895.jpg
      リュウノウギク               シラヤマギク

 アズマヤマアザミもまだ開花中! オケラは、殆どがドライへと移行中です。

  PB130361.jpg DSC05889_20191206020907470.jpg
     アズマヤマアザミ               オケラ

          秋のお花が思いの他、残っていてくれました。

  PB130354.jpg  PB130360.jpg
     ワレモコウ              ツリガネニンジン

       この子たちが花の役目を終えたころ・・・ここも完全な店じまい。
 そして、虫や蝶の飛び交う頃にまた暖かい陽の光がここに差し込むことでしょう。

DSC05891.jpg  DSC05898_20191206020906c7b.jpg
    アキノキリンソウ              リンドウ

              ヤクシソウが最後を飾ってくれます。

PB130341.jpg  PB130350.jpg
      ヤクシソウ                タムラソウのドライ

   ここではノダケの白花も、普通種の子の隣で仲良く並んで咲いていました。
            今じゃ・・・色の感じはわかりませんね。

PB130349.jpg  PB130323.jpg
      ノダケ                アキノタムラソウ

 ここでもセンブリを期待してきたのですが・・・ 残念! 蕾時に確認した大きな株は
     殆ど無くなっていて、小さな子たちばかりでした。 ガッカリです。

PB130333.jpg  PB130339.jpg
                     センブリ 

         フユノハナワラビはまだこれから一仕事かな??       

        DSC05878_201911300111550f3.jpg
                フユノハナワラビ

      ちょっと違う場所でしたが、こんなキノコにも出会いました。
             どうやらオニフスベの老菌のようです。

        PB130297.jpg
               オニフスベの老菌?


                 これで今年のお花の見納めかな?




富士山麓の秋

2019/11/07 01:50 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

           10月30日、我が家近くからの富士山です。      

        DSC05631.jpg
               雪を被った富士山

富士山周辺を時計回りに・・・朝霧方面からの富士山です。 大沢崩れの傷が深い!

        DSC05636.jpg
               朝霧方面からの富士山               

  お花は殆ど終わってしまっています。 元気なのは・・・こんな子たちです。
    お花のブーケをかやとの中に点々と見つける事が出来ました。

DSC05646_201911050141431a2.jpg  PA300419.jpg
                リンドウ 

       シャキッとした花の作り・濃い青紫色が凛として素敵です。

PA300420.jpg  PA300418.jpg
                  リンドウ

  香りの強いナギナタコウジュは、最後を飾るようにやっと咲き始めて来ました。
         かと思うと・・・秋の七草「オミナエシ」が残っていたり・・・

 PA300347.jpg DSC05648_20191105014612a2a.jpg
      ナギナタコウジュ              オミナエシ

        そうそう、ヤマラッキョウもノンビリ屋さんでしたね。

 葉の淵にある鋸歯が4対なので、ヒメウワバミソウでしょうか?(鋸歯は5対以下) 
         ウワバミソウは鋸歯が6~11対あるそうです。 
          秋になり、茎にはムカゴが付いています。

つい先日、仲間からウワバミソウのムカゴ付きを頂き、塩昆布であえて頂きました。
   岩手の休暇村で初めて食べて以来の事でした。野の味を堪能しました。

PA300400.jpg  PA300352.jpg
    ヤマラッキョウ                ヒメウワバミソウ

        秋の姿のセンボンヤリが綿毛を抱いて並んでいました。

        DSC05638_20191105014144f14.jpg
               センボンヤリ

                ちょっと近づいてみます。

        PA300353.jpg
               センボンヤリ

   重さに耐えきれぬように倒れかかっているのはツチアケビです。
            実になると、その色が目立ちますね。

PA300376.jpg  PA300416.jpg
        ツチアケビ         サワヒヨドリ

  キノコですが・・・わかりません。  テンニンソウの虫コブとのツーショットは
                     ちょっと面白い!

PA300359.jpg  PA300366.jpg
    ホウライタケ科?

PA300361.jpg  PA300393_20191108000339f7b.jpg
     タヌキノチャブクロ?         トリカブトの仲間

  小さな虫や極々小さな陸生の巻き貝など・・・色々な子が住んでいます。

PA300371.jpg  PA300365.jpg

       そして、ちょっと変わった時期に咲くタチキランソウです。

PA300380.jpg  PA300384.jpg
                 タチキランソウ

 別の日、別の場所では、たった2株ですが、ピンク色をした子も咲いていました。
       春のお花なのですが・・・季節度外視?の子たちでした。

    春・秋見られるなんて・・・お得感いっぱいのタチキランソウです。

        PB050156_20191108020645abc.jpg
                ピンク色のタチキランソウ

        PB050158_201911080206451b3.jpg
                ピンク色のタチキランソウ



  

アキザキヤツシロランとクロヤツシロラン

2019/10/11 14:35 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

    気になってはいても、なかなか行く機会もなく過ぎていました。
でも、今行かないと今年は見られない! ということで、ちょっと寄り道です。

スギ林に足を踏み入れると・・・アキザキヤツシロランは丁度良かったようで
   すぐに目に入ってきました。 それも狭い範囲にまとまって! 

DSC05286.jpg  PA100387.jpg
                アキザキヤツシロラン

       写真によって色合いが違うのは、カメラの違いによります。
 アキザキヤツシロランは少し緑色を帯びて見えます。 小さな子ですが、それでも
花期になると杉の上に顔を出してくれることも多いので、比較的目にとまりやすい。

PA100397.jpg  DSC05285_2019101212260584f.jpg
                アキザキヤツシロラン

 ここでは2ケ所でまとまって花をつけていました。 また、スギの葉をソッとどけると
            可愛い蕾をつけてるのが確認できました。

PA080334.jpg  PA080351.jpg
                アキザキヤツシロラン

 初冬に林立するガラを見つけた時は、クロヤツシロランだけだと思っていました。
 昨年、むしろアキザキヤツシロランが多いくらいだと聞き、半信半疑でしたが・・・

PA080355.jpg  PA080346.jpg
                アキザキヤツシロラン

 目の前に出てくるのは、アキザキヤツシロランばかりです。 クロヤツシロランは
       どうしたかな~? と少しスギの葉をどけてみると・・・・・
  
  居ました! 中にはこんな風に根っこ?イモ?部分のものが出ている子も。
           決して乱暴に扱ったわけではありませんよ。

 PA100411_20191012133315574.jpg PA100419.jpg
   アキザキヤツシロラン           クロヤツシロラン 

 時間も限られていたのでじっくり探した訳ではないのですが、クロヤツシロランは
 もう咲き終わったものばかりでした。 それもその営みはスギの葉っぱの下で  
 行われているようで、葉っぱをどけないとなかなか確認ができませんでした。       

        PA100417.jpg
                 クロヤツシロラン

  中には咲き終わってすぐの子も居たのですが、今年はクロさんは見逃して
                     しまいました。

同じ頃に咲くものとばかり思っていましたが、アキザキ・・の方が早かったのですね!

PA100418.jpg  PA080353.jpg
                 クロヤツシロラン

       花後のガラがグンと伸びた時に、また訪ねてみましょう。

         今年、どれだけの子が花をつけたのかなあ?・・・




森に住む苔むした一本の木には・・・

2019/09/08 23:10 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

  夕暮れ時の森の中、そろそろ帰らなければ・・・と思いつつもちょっと気になり
     進みます。 足が止まったその先には、マルバダケブキ・オタカラコウが
                黄色い花をつけていました。

        DSC03542.jpg
                  マルバダケブキ

DSC03504_20190910212336b38.jpg  DSC03510.jpg
       マルバダケブキ              オタカラコウ

  少し目線を上げると、色々な木や草を身にまとった1本の木が立っていました。
 一体どの位の種類の草本・木本・シダ・コケの仲間がここに住んでいるのだろう?

          宿主さんは ・・・ やっぱり、イタヤカエデ?

DSC03530_20190910212550368.jpg  DSC03512.jpg
     上部の幹                  苔むした樹木

   カニコウモリが花を付けていたり・・・コウモリソウも住んでいたり・・・

DSC03513_20190910213343f04.jpg  DSC03521_20190910212406be4.jpg
     カニコウモリ                コウモリソウ

      それにしてもこれ以上は無理!と言うほどの着生ぶりです。

            DSC03517.jpg
           コケ・着生した色々な子たち

     ダイモンジソウも何カ所かで咲いているようです。

        DSC03514.jpg
              ダイモンジソウ

        特徴的な葉っぱに見えるのですが・・・これは何なんでしょう?

        DSC03519.jpg
               何だろう?・・・

  ミヤマノキシノブも葉裏にソーラスをつけて、ノビノビと育っていますね。

        DSC03520_2019091021240779b.jpg
               ミヤマノキシノブ

ツルアジサイも仲間入り、ヤシャビシャクも咲いたようで、実が1・2・3・4・5・6

DSC03523_2019091021414218c.jpg  DSC03524_2019091021414193a.jpg
     ツルアジサイ             ヤシャビシャク 

    シダの仲間も2種類ほど・・・残念ながら名前はわかりません。
                 とても綺麗なシダでした。

            DSC03527_20190910214141604.jpg
                  シダ2種

       小さな小さなマツノハマンネングサも見えています。
  アオダモ?と思いましたが、どうやら紅葉の素敵なナナカマドのようです。

DSC03529_20190910214141c23.jpg  DSC03533.jpg
      マツノハマンネングサ        ナナカマド?

     一番ビックリしたのはこんな子が住んでいたことです。 
 車輪のような葉っぱを付けたクルマユリです。 葉上に伸びた先には
           しっかりと種が出来始めていました。

            DSC03522.jpg
                 ナント! クルマユリ10株ほど・・・

  クルマユリの着生なんて初めてのこと! この辺りがまだ草本が優勢だった頃の
    名残でしょうか? 森の中のクルマユリ ・・・しっくり来ないけれど 
                 こう言う事もあるんだね! 

      樹上にオレンジ色の花が咲く姿、早く見てみたいものです。

      まだ他にも誰かいるかなあ~? 次回はじっくり観察を!


  

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム