お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

ラン科の植物たち

2018/07/08 22:46 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 今年はまだキバナノショウキランに出逢っていません。  キヨスミウツボも
     気になるところです。 今年はどんな具合なのでしょうね?

  気になるところに入ってみますが・・・う~ん、見られませんねえ 
   ちょっと違った場所を歩くと・・・やっと小さな株が見つかりました。

DSC09825_20180709225241a03.jpg  DSC09826_20180709225240b93.jpg

      小さな株ばかりです。 今日はもう無理かな?出直そうか・・・
  ここ数年、沢山見られた場所へ出掛けるも・・・ 気配すらありませんでした。
   菌類に頼る植物はなかなか気まぐれ・・・ (に見えるだけですが・・・)

      あっ、苔むした中に4株。 これから咲いてくる子たちのようです。
 見つけた! と思っても、数日後に出掛けると全くいなくなってしまうことも度々。

DSC09831_20180709225239b4a.jpg  DSC09900_201807092252373d0.jpg

           上の右側の子を角度を変えて写してみます。

DSC09901_20180709225341bcd.jpg  DSC09880_20180709225238684.jpg

     こちらには2株。 次回まで元気でいてくれると嬉しいのですが・・・ 

DSC09906_201807092253405a2.jpg  DSC09905_201807092253406d9.jpg

 そしてこちらはキヨスミウツボです。 土の中から白っぽい顔を覗かせるので
                  よく目に付きます。

DSC09801_20180709225338049.jpg  DSC09804_2018070922533960c.jpg

  でも、キバナノショウキランよりもっと短い時間で見られなくなることが
    多いです。 

DSC09858_20180709230013341.jpg  DSC09835_20180709230013a1b.jpg

                        あちらで・・・

        DSC09868_20180709230012b9d.jpg

                        こちらで・・・
              きっと今がこのお花の最盛期なのでしょう。

        DSC09869_201807092300116e0.jpg

 そんな子を探しながら時々見上げていると・・・いました! フガクスズムシです。

DSC09884_20180709230312df8.jpg  DSC09920_2018070923031022a.jpg

          少し遠いのですが、沢山のお花が見られました。

DSC09922_201807092303360ab.jpg  DSC09913_201807092303092fe.jpg

          そして、目線で見られる子にもちょっとご挨拶です。

DSC09915_201807092303086ba.jpg  DSC09932_20180709230336355.jpg

        場所は違いますが、こんな子も居るのですね?
お花に出逢ったのは、初めてです。 擬宝珠の葉っぱに似たギボウシラン。

DSC09715_20180709231408781.jpg  DSC09710_20180709231407d86.jpg

       花数の多い子は、30個以上も蕾を付けていました。
    森の中でひっそりと仲間を増やしながら育っていって欲しいものです。

                がんばれ~! 

DSC09745_201807092316048f4.jpg  P7030033.jpg

                でも・・・ユニークな形をしたランですね!

P6300002.jpg  P6300005.jpg

 ノギランもスッキリとしたお花を付けています。 結構お気に入りの子なのです。

P6300020.jpg  P6300019.jpg


              やっと梅雨明け・・・ !活動の季節です。
 



「富士山麓 森の中」 ちょっと角度を変えて・・・

2018/07/04 23:05 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  富士山麓と言っても、360度・・・ 今回はいつもと違う北側富士山麓です。
    深い森の中をゆっくりとお花探しをしながら進んで行きます。

キビタキです。南麓で今年は何度も目にしましたが、カメラで捉えたのは初めて。

DSC00553_20180705102754f65.jpg  DSC00557_20180705102754dfc.jpg
  ヤマアジサイ            キビタキ

  足元には、クジャクシダが色づき、クモキリソウもポツポツと咲いています。

DSC00567_20180705102752c30.jpg  DSC00559_20180705102753fab.jpg
       クジャクシダ                クモキリソウ

 サワギクは咲いていますが、アオフタバランのお花が見られるのはもう少し先。

DSC00566_201807051028428e2.jpg  DSC00575_201807051027520f4.jpg
   サワギク                 アオフタバラン

久しぶりのルイヨウショウマの花後の姿です。 昨年は南麓で花の時期の出逢い
 でした。 今年も花を見たく出掛けたのですが、環境の変化か、見られません。

DSC00579_20180705102840176.jpg  DSC00577_20180705102841387.jpg
    ルイヨウショウマ                 イチヤクソウ

ツバメオモトも自分の出足が遅くて、出逢うのは長く伸びた柄に付く若い実ばかり・・
    シロバナノヘビイチゴ、別名モリイチゴが色よく色づいていました。

摘まんで口に入れると・・・お~いしい! その手を嗅ぐととってもいい香りです。

DSC00582_20180705102838dd5.jpg  DSC00586_201807051028399c1.jpg
  ツバメオモト                シロバナノヘビイチゴ

              サルナシもお花の真っ盛り・・・

DSC00595.jpg  DSC00585_20180705105358466.jpg
    サルナシ                  アカショウマ

     芽生えたばかりのシャクジョウソウが首をもたげていました。
    少し離れたところにも・・・ こちらは頭が出てきたばかりです。

DSC00597_20180705105358e82.jpg  DSC00604_20180705105357d50.jpg
     ヤマハタザオ              シャクジョウソウ   

なかなかいい時期に出逢うのは難しい。 ミヤマフタバン→タカネフタバラン?
           には早すぎて、ヒメムヨウランには遅すぎです。

DSC00623_20180705105356ee7.jpg  DSC00645_2018070510594524d.jpg
       ミヤマフタバラン                ヒメムヨウラン
       タカネフタバラン? 

 あっ、こちらも同じです! サカネランは最盛期を過ぎ、ヒトツバイチヤクソウの
           開花は・・・もう少し掛かりそうですね。

DSC00613_20180705105515091.jpg  DSC00642_201807051055149fd.jpg
     サカネラン                ヒトツバイチヤクソウ

 蕾が多い中、幾つかのジンヨウイチヤクソウは、しっかりと花の姿を見せて
       くれました。 ギンリョウソウもまだまだ新鮮な子たちです。

DSC00649_20180705105513697.jpg  DSC00647_20180705105513ee6.jpg
         ジンヨウイチヤクソウ             ギンリョウソウ  

  葉っぱの模様が特徴的なヒメミヤマウズラとミヤマウズラが同じエリアに
          住んでいました。 花も凜として可愛い・・

        DSC00673_20180705105946a4f.jpg
                  ヒメミヤマウズラ

本来は、ヒメミヤマウズラより少し高度の低いところで見られるミヤマウズラです。

        DSC00669_20180705105945fa2.jpg
                   ミヤマウズラ

 絶滅危惧種のエゾスズランの3人兄姉です。 お花の頃に見たいなあ~・・
      ミヤマタニタデもその頃にはお花が見られるでしょうか?

DSC00643_2018070510594892f.jpg  DSC00670_20180705110022be9.jpg
   エゾスズラン                 ミヤマタニタデ

   トチバニンジンの大安売り? 花は地味ですが、赤い実が付く頃は・・
           これだけいると、目立ちそうですね!

        DSC00678_201807051100211e6.jpg
                   トチバニンジン

 森の散策を終え、道端を歩いているとヤマオダマキが顔を出してくれました。
    ゆったりとした富士山の森歩き ・・・ 富士山は広いですね。

        DSC00681_201807051100210c8.jpg

           小さな野ウサギが前方を走り去っていきました。


富士山麓森の中  その2

2018/06/28 17:04 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

トンボソウは、どの位伸びているだろうか? 出掛けるついでにちょっと寄り道です。
 針葉樹の中はそれ程面白くはないけれど、思わぬものに出逢うこともある。

   もうそろそろ終わりのようですが。クモキリソウが咲いていました。
   この葉っぱは何でしょう? タチガシワのようにも見えますが・・・

DSC00689_2018062822182928c.jpg  DSC00691_20180628221828f94.jpg
          クモキリソウ            タチガシワかな?

    ヤブレガサも蕾を持っていました。 あと少しでお花が咲きそうです。
 森に入ると、このカシワバハグマが結構目に付きます。 花後のドライフラワーが
       可愛いです。 う~ん、まだ蕾が上がっていませんね。

DSC00693_2018062822182727e.jpg  DSC00717.jpg
      ヤブレガサ                 カシワバハグマ

 ちょっと変わった葉っぱは、タテヤマギクのようです。 葉っぱに変異が多い子で、
 とても細かく切れている子に以前逢っています。 このタイプもちょっと変わり者。
    静岡県・環境省とも準絶滅危惧種(NT)ですが、結構目にします。

DSC00722.jpg  DSC00723_201806282219411ad.jpg
                   タテヤマギク

      ちょっと湿気た所では・・・いました! イワタバコです。
毛の無いタイプで、付け根には蕾を付けていました。 もう少し掛かりますね。

DSC00729_20180628221940aec.jpg  DSC00727_201806282219401a1.jpg
                 イワタバコ

  所々で顔を出してくれるエビネです。 すこ~し咲いたようですね。

DSC00730_201806282219397ba.jpg  DSC00731_201806282219380f5.jpg
          エビネ                 ツクバネソウ 

 ここにも居ましたか? ナベワリです。 この辺りで見たのは初めてです。
低地では群生し、少し高度のあるところでは何故かポツポツ数の少ない子。 

         カンアオイの仲間もホント難しい・・・        

DSC00735_201806282224303b5.jpg  DSC00756_20180628222431daf.jpg
     ナベワリ                カンアオイの仲間

     で、探しに入ったトンボソウですが、ちょっと傷んでいますねえ。
           お花が見られるか・・・ちょっと心配!

DSC00750_20180628222619afe.jpg  DSC00748_201806282224291b1.jpg
        トンボソウ                トチバニンジン

   多分、ナツノハナワラビだと思うのですが、ここで逢えるとは嬉しい・・・

DSC00755_2018062822261809f.jpg  DSC00753_20180628222618aec.jpg
   ナツノハナワラビ                ?何だっけ・・

 この葉っぱはシロカネソウだと思うのですが、葉の縁に少し丸みがあります。

        DSC00741.jpg
                  シロカネソウ?

            これはマルバスミレでいいでしょうか? 
 わからない子がいっぱいで・・・お花の季節に確認しなければいけない子ばかり。
        オオバノトンボソウもいい茎が上がっていましたね~。

        DSC00757_20180628222617db4.jpg
                   マルバスミレ?

  でも思った以上の種類の子たちに出逢え、ニッコリで林を後にします。 

           DSC00743.jpg
                 この季節、よく見る光景



富士山麓森の中 その1

2018/06/24 07:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

    梅雨の合間、ちょっとだけ富士山麓の森を訪ねてみました。
 お花はどの位進んでいるでしょうか? 期待に胸を膨らませ・・・

  先日、まだ蕾ばかりだったサワルリソウも大分開花が進んできましたよ。
少し陽の入るこの空間は居心地がいいと見え、小さな苗も育ち、増えそうです。

DSC00384_20180624194451f90.jpg  DSC00386_20180624194451a4c.jpg
                サワルリソウ

         優しいピンク色のお花もいいけれど・・・

DSC00397_201806241944502ce.jpg  DSC00398_20180624194449e96.jpg

             真っ白に咲くお花も凜として素敵です。

P6220006.jpg  P6220005.jpg

   花の入口がとても小さい・・・ どんな虫が訪問するのでしょう?
少し触れただけでポトンと花が落ちてしまいます。 開いてみると花弁の内側に
雄しべがくっついているようです。 本体には雌しべ部分が残されていました。 

P6220011.jpg  P6220013.jpg

 フガクスズムシソウも咲き始めています。 まだまだ蕾も多いのですが・・
 地面で育っていたフガクスズムシを、どなたかが近くの倒木に移植して
   下さっていました。 それがいま立派に花を咲かせていました。

DSC00400_2018062500045308b.jpg  DSC00399_20180625000454fa6.jpg
              フガクスズムシソウ

     少し見上げると、上の方にもコケに守られるように花が見えます。 

  DSC00402_20180625224957244.jpg  DSC00407_201806250004534c0.jpg
                    フガクスズムシソウ

     えっ、もう咲いてるの? 小さなハコネランが目に入りました。
 緑の地面に溶け込んではいますが、花が開くと何故か目に留まります。

P6220021.jpg  DSC00410_20180625001108f86.jpg
                     ハコネラン

 そして、昨年出逢い 「憧れのクモイジガバチ?」 とぬか喜びしたジガバチソウ・・
今年もちゃんと咲いていました。 まだ早いかな?と思っていましたら、そろそろ終盤、
              既に花を終えている子もいました。

    樹木のコケの中に潜んでいるものですから、勘違いしますよね?
ここでは通常のエンジ色のジガバチソウ・アオジガバチの両方が住んでいます。
        いつか逢いたい・・・ クモイジガバチです。 

DSC00426_20180625001106961.jpg  DSC00425_20180625001107806.jpg
                ジガバチソウ

          地面にもこんなに花を付けた子が点々と・・・

DSC00420_20180625001106eb5.jpg  DSC00421.jpg

              面白い形をしたランのお花です。 
            オオバノトンボソウも蕾をつけています。

   DSC00430_201806250017015b1.jpg   DSC00436_201806250017013f2.jpg   DSC00458.jpg
              ジガバチソウ            オオバノトンボソウ

 道端ではエゾスズランが伸びてきていました。 刈られなければいいけれど・・・

         DSC00441_20180625002416f0b.jpg
                    エゾスズラン

  ここ4~5年、毎年見事な群生を見せてくれるツチアケビです。 少しずつ
減ってはいますが、環境の変化もどうにかクリア、今年もその姿を見せてくれました。

DSC00452_20180625001959e49.jpg  DSC00449.jpg
                      ツチアケビ

     来シーズンもまた出逢えると嬉しいです。 頑張れ~・・・ 

DSC00454_20180625001958ce9.jpg  DSC00456_2018062500195779f.jpg
                      ツチアケビ




道端に咲くキレンゲショウマ

2018/06/23 07:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

  昨年初めて知った道端に咲くキレンゲショウマ、もしかすると咲いてるかも?
出掛けたついでに遠回りしてみると・・・まだ少し早めですが、咲き始めていました。
      ここはどうやら園芸屋さんの畑の縁に咲く花のようです。

DSC00367_20180624072026206.jpg  DSC00368_20180624072025136.jpg

 箱根湿性花園で購入した我家のキレンゲショウマは、小さな蕾がやっと
       顔を出したばかりです。 ちゃんと咲いてくれるかな?

DSC00370_20180624072023a7d.jpg  DSC00369_20180624072024ca4.jpg

       厚い質感のお花です。 また剣山で見てみたいけれど・・・

DSC00371_20180624072023f7f.jpg  DSC00372_201806240721027d2.jpg

    レンゲショウマもソウですが、この丸っこい蕾もまた可愛いですね!

DSC00375_20180624072102466.jpg  DSC00377_2018062407210150e.jpg

  そして、我家の庭先に見慣れぬ葉っぱが顔を出してきました。 何だろう?
       誰かに戴いた記憶も無いし・・・勝手に出てきたのかな?
               でも存在感のある葉っぱです。

  そんなことがあってから暫くすると花が咲いてきました。 わ~可愛い 
      それは図鑑でしか見たことの無い 「ワタナベソウ」 の花でした。

  それで思い出しました。 昨年、「岳人の森」 で、花が終っていたこの苗を
                  購入したことを・・・・・
      今は終ってしまいましたが、こんなお花を見せてくれました。

DSC00379_201806240737127c0.jpg  DSC00380_20180624073712f59.jpg

         この3枚は同じものです。 たったひと株の子ですから・・・

                増えてくれるといいなあ・・・

        DSC00381.jpg

 「ワタナベソウ」とそっくりさんの、野山で見られる 「ヤワタソウ」 もそろそろ
               咲いていることでしょう。

            都合が付けば、出掛けて見たいと思っています。




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム