FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山の側火山

2020/02/04 08:44 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

 富士山にはそのお腹から?噴出した側火山が数多く存在しているようです。
         「富士山の赤ちゃん」・・・というところでしょうか?

     それらの数は70個以上あるのでは? と言われていますが・・・
      ホントのところ一体どの位数えることができるのでしょうね? 
 出来ればそれらをみんな歩いてみたい・・・と思ったりもしますが厳しいかな?
 
 山にはまた少し雪が降ったようで、そんな側火山の一つをスノーシューをつけて
歩いてきました。 こんもりとした頂は葉っぱを落とした広葉樹が広がっています。

 ブナを中心に巨木も多く見られます。 大きな洞を持ったブナの巨木です。

DSC07549_20200205041121c4d.jpg  DSC07546_20200205041121682.jpg

 こちらもブナの木ですが、まだ巨木とはいえない。 でも、面白い樹形です。
富士山麓に多い樹皮に縞模様?が入っているヒコサンヒメシャラも見られます。

DSC07542_20200205041120385.jpg DSC07554_20200205041120f4a.jpg

 わ~、このブナはヤドリギだらけです。 望遠で撮ってみると黄色やオレンジ色の
                  実がついていました。

DSC07570.jpg  DSC07580_202002050412324b1.jpg

                    黄色や・・・・・

         DSC07574_20200205041231e9f.jpg  

                オレンジ色のヤドリギの実・・・

         DSC07576_2020020504163762d.jpg

  中央で長くのびた白っぽいのは鳥さんの落とし物? 如何にも粘っこそうです。
     中には種子も確認できます。 これじゃ木にも引っ掛かりやすい・・・ 
こうして増えるのですね? でも・・・この実を好むというキレンジャクやヒレンジャクには
                  まだ出会ったことがありません。

   DSC07579 - コピー (2)

          わ~、これはシナノキかな? 立派な巨木です!
                 空いた洞が顔に見えてくる・・・

DSC07594_20200205042051e58.jpg  DSC07595_20200205042051a01.jpg

             3本繋がりの木を見上げたり・・・
合体木かな? と近寄ると・・・2本が重なって見えていただけだったり・・・ 
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・・気儘歩きは時間が経つのも忘れてしまう。

DSC07584.jpg DSC07585_20200205042050f24.jpg

            苔に混じってオシャグジデンダ?

         DSC07559_20200205041233d6f.jpg

        隠れんぼうしているのはカラクサシダでしょうか?

         DSC07561_20200205041119214.jpg

   まだまだ名残惜しいところですが、そろそろ帰宅時間のようです。
      富士山へ目をやると、風紋のような波形が見えました。
       シカさんの休憩場も超えて、側火山を後にします。

DSC07610_20200205042049114.jpg  DSC07600_20200207022839549.jpg

         DSC07598_202002070228396be.jpg
                        風紋

    森から出て、沢山の地衣類やコケの仲間にも出会いましたが・・・・・

 P1290059.jpg  P1290064.jpg  P1290055.jpg
                   地衣類の仲間

          名前は・・・わかりません。 写真のみで・・・

P1290096.jpg  P1290092.jpg  P1290077.jpg
                    コケの仲間

           雪もいいけど・・・ 早くホントの春が来ないかなあ~ 



雪少なめの毛無山

2020/01/28 19:44 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

 18日、富士山にもまた雪が追加されました。 越前岳にも降ったようです。
 21日、雪が消えてしまわない内に昨年は登れなかった毛無山へ行こう!

(雪が深くて頂上まで行けないかも知れない・・・) などと期待を胸いっぱい
                 向かいましたが

                「アレ?雪がない」 

    う~ん、どうしよう? 出来るならもう少し雪の中を歩きたいなあ・・・
 膨らんだ思いが一気にしぼんできます。 でもなあ・・・やっぱり登ろう!

 駐車場に着くと、車が4台ほど・・・今から出発される二人組の方を見送り
出発準備です。 用意したスノーシューなど必要無さそうなものを分別します。
            出発は7時40分になってしまいました。

DSC07234_2020012323484541c.jpg  DSC07235_20200123234845d5d.jpg
     カンアオイの仲間             キッコウハグマ

 ヒノキ林を過ぎると、1合目の小さな案内があります。 ジグザグに登り
       はさみ石を越えてまずは不動の滝を目指します。

DSC07237_2020012323484483d.jpg  DSC07239_2020012323484448f.jpg
   一合目                はさみ石

    隣の尾根のこちら側は日当たりがよくないのか、雪が残っています。

DSC07241_202001232348437d0.jpg  DSC07243_20200123235228aaf.jpg
                             ミヤマウズラ

         水音が耳に届きました。 もうすぐ不動の滝です。
    遠くの細い滝の流れに目をやり、まだまだ遠い頂上を見上げひと休み。
  頭上にはヤマグルマが独特の車輪のような葉っぱを広げていました。

DSC07249.jpg  DSC07250_202001232352275a6.jpg
       不動の滝             ヤマグルマ

    アカバナヒメイワカガミの葉っぱも雪の間に見られます。 この寒さを
          超えて、可愛い花を付けてくれる事でしょう。   

DSC07252.jpg  DSC07257.jpg
      アカバナヒメイワカガミ

  毛無山はひたすら登りが続く山です。 ロープも下ろされているので時折
    使わせて頂きます。 ウラジロモミでしょうか・・・倒木がありました。
どうやら大きな岩盤上に育っていたようで、よくぞ今まで頑張っていた・・・

DSC07258_20200129014948e49.jpg  DSC07262.jpg
      急斜面にはロープ         岩盤上の倒木

   レスキューポイント、五合目を越えますが足元が重いなあ・・・

DSC07267_2020012901494681f.jpg  DSC07269_2020012901494695b.jpg
      レスキューポイント           五合目

 七合目は少しだけ平地でホットします。 ヒメシャラやブナなどを暫し楽しみ
                   ながら休憩します。

DSC07277_20200129015032a6d.jpg  DSC07280_202001290153271f9.jpg
     七合目                 ヒメシャラなど

 ヤドリギには黄色い実が付いていました。 実が落っこちてないかな~?・・・

DSC07282_20200129015327499.jpg  DSC07284_202001290153266db.jpg
                  ヤドリギ

  八合目の少し下まで来ると、誰かが下って来られました。 早いなあ・・・
どうやら毛無山の達人? Kさんです。 ナント、昨年11月に3000回達成だとか・・

 凄いなあ・・・ 兎にも角にも 「おめでとうございます!」

       一体どの位まで記録を延ばされるのでしょうね?

            DSC07289_202001290153259eb.jpg
           昨年11月で毛無山3000回達成のKさん

  間もなく八合目展望台に到着です。 いつものように展望を楽しみます。

        DSC07295.jpg
               八合目展望台からの富士山

  少し右に目をやると、長者ケ岳・天子ケ岳方面、奥には山並みが幾重にも
                    続いています。

DSC07297.jpg  DSC07296_2020012902172411e.jpg
    オオカメノキ             長者ケ岳・天子ケ岳方面

  九合目を過ぎると地蔵峠からの道と合わさり、南アルプスのパノラマが見られる
          岩場はすぐそこです。 わ~、凄いなあ・・・

  DSC07306_202001290223096a4.jpg
              南アルプス・八ケ岳方面の展望

上河内辺りから、聖岳・赤石岳・悪沢岳・千枚岳・塩見岳・農鳥岳・中岳・北岳・・・
         真っ白い山並みが続きます。  八ケ岳も・・・

DSC07313_20200129021828de0.jpg
              悪沢・千枚方面?

    DSC07316_202001290218289ac.jpg
                   塩見岳?

         DSC07320.jpg
                      千丈ケ岳・甲斐駒?

    展望を楽しんだあとは頂上へ急ぎます。 雪は30㎝程でしょうか、丁度
                 歩きやすいくらいの積雪です。
   2時間半ほど掛けて到着です。 ご夫婦連れの先客がいらっしゃいました。

DSC07327_20200129021827531.jpg  DSC07330.jpg

      少し先に進み、最高地点の大見岳(1964m)へ向かいます。
一足先に向かわれていた先客のご夫妻、単独の男性が大見岳から引き返しすれ違い
       ました。 山並みの向こうには駿河湾が光っていました。

DSC07333.jpg  DSC07338.jpg
       見えにくいですが駿河湾           ノイバラの実

    いい天気です! 行動中は薄手のダウン・フリースもしまい、まるで街着姿。
 大見岳までやって来ました。 さて、どうしよう? 時間も早い、体力も大丈夫そう・・ 
     そのまま雨ケ岳へ向かい、端足峠経由で周遊することにしました。

DSC07343_20200129032930484.jpg  DSC07344_20200129032930181.jpg

  静かで気持ちのいい尾根歩きです。 富士山をほぼずっと眺めながらの贅沢
歩きです。 足元の雪がキラキラ光っていました。 霧氷が落ちた名残のようです。

DSC07364.jpg  DSC07360.jpg

     高デッキへ登り切る手前の左手が大きく開けていました。
  「わ~・・・」 そこには南アルプスの雄大な景色が広がっていました。
             また歩いてみたい山々です。 

        DSC07374_2020012903375291e.jpg
         赤石岳          悪沢岳  

                  ・・・・・・・ 

        DSC07376.jpg
      農鳥岳      間の岳       北岳

  DSC07383_20200129033751368.jpg
             遠くに南アルプスの峰々

                   ひと登りすると・・・・・

DSC07387_20200129033750561.jpg  DSC07405_2020012903392087d.jpg

  高デッキに到着です。 コーヒーで一息つき、ひとりだけの山を楽しみます。

  DSC07396_20200129033920bde.jpg

        この辺りにはダケカンバの幼木が多く育っています。

  DSC07395_2020012903375069d.jpg

 暫く歩き雨ケ岳に到着しました。 あとはずっと下っていけば、端足峠です。
結構な急坂です。 木々の間からは本栖湖が目に入るようになってきました。
 滑ったり小走りに駆け下りたり、たまには転がったり・・・気をつけながら・・

 DSC07424_20200129033918b64.jpg  DSC07434.jpg

    端足峠(はしだとうげ)は竜ケ岳・本栖湖・根原方面の分岐です。 
そのまま東海自然歩道の案内に従って下りていきます。 ここまでくればひと安心。
 時間は3時をさしていました。 ふもとっぱら駐車場まで2時間掛かるかなあ?

DSC07436_20200129035233c42.jpg  DSC07447.jpg
                 後方は竜ケ岳

  歩かねば帰れません。 時々気になる地衣類やコケに目をやり、富士山を見上げ
           山裾に沿って歩きます。 結構長い・・・

         P1210497.jpg

         富士山側火山の大室山も夕暮れが近いようです。

         P1210498.jpg

          こんな東海自然歩道の案内板をいくつも越えて・・・

P1210518.jpg  P1210534.jpg
                                ナベナ

   ふもとっぱらのキャンプサイトが見えてました。 ふ~・・・ヤレヤレ。

         ここまでくればあとひと息・・・    

              P1210538.jpg

    駐車場につくと、5時2分前でした。 勿論、車は1台残るのみ・・・

            久しぶりに歩いた感いっぱいです。





令和2年初の山歩きは越前岳!

2020/01/05 04:09 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

     令和2年の始まりからだいぶ経ってしまいましたが・・・
              今更ながら・・なのですが・・・

      明けましておめでとうございます。

 不定期で気ままな拙いブログですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

     *************************

 さて、そろそろ活動開始! 今年初めての山歩きは何処にしようかな?
  3日、いつもながらのユックリ出発です。 場所は地元の越前岳です!

    歩行開始は・・・まさかのお昼前です。 (今年もこれじゃ大変だ~!)

本日は、少しルートを変えて途中から初めてのコースを歩くことにしました。
相方は山神社からゆっくり行ける所まで、私は越前岳から黒岳を経由して
                山神社へ下ります。

駐車場はほぼ満車状態です。 下って来られる方、既に靴の泥を落として
         いる方を横目にゆっくりと歩き始めました。

DSC06574.jpg  DSC06571.jpg

    朝は顔を見せてくれた富士山でしたが、お昼の頃になると・・・
        重っ苦しい雲のベールに包まれてしまいました。

        DSC06575.jpg

     適度な湿気を湛えた山では、苔やシダの仲間が元気です。

DSC06587.jpg  P1030320.jpg
     ヒノキゴケ           ケチョウチンゴケ?

 何度か歩いたコースを越え、更に進むと 「ここかな?」 薄い踏み跡があり、
取りあえず登ってみることにしました。 木々から葉は落ちて見通しもよく、誰とも
  会わず、気ままに歩きます。中低木広葉樹やアセビの茂る林です。

P1030306.jpg  P1030317.jpg
     オオカサゴケ?

     足元にはコケの仲間が多く、ちょっと楽しみながら・・・

P1030299.jpg  P1030296.jpg
   ホウオウゴケの仲間など             イクビゴケ

 P1030329.jpg P1030324.jpg

      樹肌はコケ・地衣類・シダの仲間が覆っています。

P1030311.jpg  P1030317.jpg
    ノキシノブのソーラス

  なかなか脳裏に焼きつかないシダやコケですが、何事も少~~しずつ・・・

P1030309.jpg  P1030318.jpg
   地衣類の仲間             コケシノブ?

 Iさんがミヤマシキミとツルシキミの違いを教えてくれた筈なのですが、抜けて
         しまっています。 ちゃんと確認しなくては・・・
   蕾も少し赤色を帯びているもの、白いものが同居しています。

    P1030313.jpg  P1030315.jpg  P1030314.jpg
                 ツルシキミ?

   捻れた感じに伸びているアセビのトンネル、倒木や立ち枯れの木肌には
          カラカラのキノコがいっぱい付いています。

DSC06597_20200106013409b00.jpg  DSC06598_20200106013409960.jpg
          アセビ               カワラタケ

         キノコの仲間も今はこんな子ばかり・・・

        P1030312.jpg
                    ウチワタケ?

   登山道の脇には古いベンチもあり、どうやら道は外れていないようです。

DSC06617.jpg  DSC06592_20200106014308057.jpg
    ヒコサンヒメシャラ              ベンチ

   周辺は段々、ビメシャラ・ホオノキ・ミズナラなどが多くなってきました。
枝がぐにゃぐにゃに曲がったアシタカブナもいつの間にやら増えてきて頂上が
    近い事を知らせてくれます。 踏み跡もしっかりしてきています。

DSC06610_20200106014307967.jpg  DSC06615.jpg
                 愛鷹ブナ

一体どの辺りに出るのだろう? などと思いながら登って行くと、人影が見えました。
          どうやら頂上へ着いたようです。 ヤレヤレ・・・

        DSC06625_2020010601442876b.jpg
                 越前岳 (標高1504m)

 一息ついたあと、裾野方面に向かって下ります。 登山道がえぐれグシャグシャ
   状態になっているので、道が複線になっている場所が多く気になります。

DSC06631_202001060144283de.jpg  DSC06629.jpg
 富士見台と岡田紅葉の案内板     アカバナヒメイワカガミ

   暫く下ると、対岸に鋸岳の勇姿が望めます。 いつ見ても格好いいです!

DSC06634.jpg  DSC06632.jpg
         鋸岳の峰 

   その下は切り立った崖です。 古い地層なので崩れ易いのでしょうか?        

        DSC06638.jpg
               切れ落ちた斜面とアセビ

               今年も歩いてみたい峰です。

        DSC06639.jpg
                前岳・位牌岳方面

     ヒノキ・杉林が多くなって来ると、やがて富士見峠に到着です。
相方は少し前に直下の須津山荘から下って行ったようです。 折角ですので
        黒岳からの景色も楽しみたい・・・と直進します。

        DSC06642.jpg
             富士見峠(黒岳と山神社への分岐)

      ひと登りで自然杉の巨木が並ぶ平坦地へ飛び出しました。 
        近年、裾野市の天然記念物に指定されたようです。

DSC06660_20200106111503e0f.jpg DSC06647_20200106111350134.jpg
                 黒岳自然杉の巨木

                 展望台を通り抜け・・・

        DSC06646_20200106111351d7c.jpg
                 展望台からの景色

 黒岳の頂上へ到着しました。 以前・・富山へ転居された友人や山中湖に住んで
 いらした素敵なご夫妻、観察会の先輩たちと子供のように雪遊びを楽しんだ
             そんな光景が目の前に蘇りました。

DSC06652_2020010611150215c.jpg  DSC06653_20200106111503e32.jpg
                   黒岳頂上

    さあ、先を急がねば・・・ 足早に下っていきます。 小屋も過ぎ・・・

        DSC06662_20200106113533773.jpg
                   須津山荘

  駐車場の少し手前で相方の後ろ姿を見つけました。 ヤレヤレ・・・ 

        DSC06664_202001061135326f3.jpg
                  山神社登山口

  本年も無事初登りを終えました。 今年はどの位の山を登れるでしょうか?


 

富士登山 その2

2019/09/23 03:14 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(4) [Edit]

      富士山頂へ向けての本日(9月3日)の出発は午前2時です。
 準備をし外へ出てみると・・・ うわ~、満天の星空が広がっていました。 
        軽い装備でヘッドランプを照らしながら出発です。

         DSC02997_201909230305406ac.jpg

  真っ暗ですのでメンバーを確認しつつ、ゆっくりと頂上を目指します。
  しかし・・・時間が経つにつれ、段々怪しい雲行きになってきました。
           あれ程いい天気だったのに・・・

           まあとりあえず登るしかありません。

頂上直下まで上ってくると、すぐ上部の岩の上から一度二度と 「うぉ~」 の声が
  あがりました。オレンジ色の太陽がチョッピリ顔を出したり隠れたり・・・

         DSC03005_20190923030539988.jpg

 皆さんこの時を待っていたのですが、スッキリとはいかなかったようで
           残念! まあこれも運! 仕方ないですね。

         DSC03007.jpg

    頂上の小屋でカップラーメンやコーヒーなどで体を暖めたあと
          全員で最高峰の剣ケ峰を目指します。

前方に3776mのピークが、眼下には大きな火口がパックリと口を開けています。

DSC03011_20190923030538e4a.jpg  DSC03010_201909230305388b4.jpg  

  ズルズル滑りやすい最後の登りです。 みなで頑張って登っていきます。
ここを過ぎると、記念写真の為の行列が出来ています。 でも9月に入った今だから
      こんなものなんでしょうね? 最盛期は恐ろしい・・・

DSC03019_2019092303130391a.jpg  DSC03020_2019092303130267f.jpg

  多くの方が最初で最後の富士登山でしょうから、ちゃんと撮っておかないと・・・
         外に打ちつけた木材は今年できたものでしょうか?

         DSC03029_20190924101139c36.jpg

       頂上の浅間大社奥宮前で全員集合し記念撮影です。

         DSC03036_201909241011383<br />48.jpg

       富士宮側の景色も楽しむべく、鳥居まで行ってみました。
                皆さん笑顔いっぱいです!

DSC03040_201909241011384b2.jpg  DSC03052.jpg

        その笑顔の向こうにはこんな景色が広がっていました。

         DSC03043_201909241011375f6.jpg

         DSC03044_201909241012507fd.jpg

  さて、そろそろ下山しなければなりません。 8合目まで戻り朝食を済ませ
                   麓を目指します。

DSC03051_20190924101249960.jpg  DSC03061.jpg

       8合目の小屋をあとに、宝永山方面へ向かいます。
 ユックリ組の7名は距離の長い御殿場ではなく、出発地点の富士宮口へ
              下ることにしました。

DSC03069_201909241012480bd.jpg  DSC03071_20190924101248ad5.jpg

 御殿場ルートでは、8合目小屋はこの日の宿泊で店じまい、7合目わらじ館も
   あと数日で閉めて下山されるとのこと。富士山の夏はあっという間に
                    過ぎていきます。

DSC03075_20190925012635baf.jpg  DSC03074_20190925012634a0c.jpg

 少し遅れている人を待つあいだ、富士山着ぐるみをお借りして・・・パチリ!

DSC03080_20190925012633244.jpg  DSC03091.jpg

 眼下には、二つ塚が大きく仲良く並び、噴火口だったんだなあ~・・・と納得。
       オンタデを始め、小さな草本は紅葉の準備中です。

DSC03101_20190925020627de9.jpg  DSC03095_20190925020626aa2.jpg

  足の痛みもあり大変だったようですが、時折腕の関節を回しながらまた
      歌を口ずさみながら陽気に最後まで歩き通せました。

宝永の火口ではちょっと遠くで雷ゴロゴロ・・・小雨・・・と心配しましたが、
         天気のほうも応援してくれたようです。

DSC03121_20190925021800fa6.jpg  DSC03119_2019092502175963d.jpg

          おつかれさまでした~・・・ (でも、もう1ケ月も前のことでした。)


          ・・・・・今日(25日)から幼馴染み登山に出発です! ・・・・・

富士登山 その1

2019/09/21 23:04 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

昨年は参加できなかった台湾の方たちとの富士登山、今年は9月2~3日で歩いて
 来ました。 コースは富士宮口からプリンスルートで御殿場口八合目へ、そこで
               宿泊し、早朝頂上をめざします。

 まずは、水ケ塚駐車場で24名分の協力金を収め、青い缶バッチを預かります。
  富士山では4つある登山道により、色分けをして道迷いを防ぎます。

          本日は天気も上々、いい登山日和です。

         DSC02834.jpg
              水ケ塚駐車場より山頂方面

水ケ塚9時発のバスで富士宮五合目まで来ました。 少し雲もありますが、愛鷹の
               山並みも雲に浮かんでいるよう・・・

         DSC02838.jpg
                 愛鷹の峰

風雪に耐えた木々の間から濃い紫色をしたシャジンが顔を出しています。
  ここではヒメシャジンとイワシャジンが見られますがどっちだろう?
          コケモモも少し色を付けはじめました。

DSC02842_20190917233618507.jpg  DSC02862_20190917233651ad2.jpg
                           コケモモ

   ムラサキモメンヅルは咲き残り、フジハタザオは実をつけています。
 高い山の植物は大忙しです。 短い夏の間に大急ぎで花を咲かせ、生き物や
        風の力を借りて種子をつけなければなりません。

       ノンビリ屋の私などには、到底真似は出来ません。

DSC02864_20190917233651733.jpg  DSC02855.jpg
    ムラサキモメンヅル           フジハタザオ

       いつの間にかヤハズヒゴタイが咲き始めていました。

 何度も足を運んでいる五合目ですが、花のよく似たタイツリオウギとイワオウギ、
どっちかな~?などと思っていたのに、今回はもう立派なタイをブ~ラブラ。
              やっぱり早いわ~・・・

DSC02857.jpg  DSC02865_20190917233650aa6.jpg
    ヤハズヒゴタイ              タイツリオウギ

 6合目の小屋を過ぎ、まっすぐ宝永山方面へ向かいます。 左上には頂上・・・

         DSC02867.jpg
               6合目小屋を過ぎて・・・

 もう少しで宝永山の火口壁へ出ます。 宝永山赤岩は、日本地質学会で
    定められた 「静岡県の石」 の岩石として登場しています。
   鉱物は河津鉱山の「自然テルル」、化石は「掛川の化石」です。

         DSC02860_201909172340443d3.jpg
             もう少しで宝永山の火口壁

      これが300年余り前に噴火した宝永山のピークです。
 そしてその右側辺りが赤岩です! 獅子の顔のように見えませんか?

         DSC02871_201909202111416ac.jpg
                宝永山と赤岩

   一息ついたら前方の宝永山の尾根の端っこに向けて出発です。
 
  窪地は宝永の第1火口、この下に第2・第3火口が口を開けています。
中央右寄りの赤茶けた高まりは宝永の最後に火口から放出された溶岩の
          「しぶき」 が積もって出来たそうです。

         DSC02874.jpg
                第1火口へ向かう

   この辺りでは今でも大小の火山弾を見ことができます。 (見るだけ・・)
               パン皮状やリボン状のものも・・・

  DSC02881.jpg  DSC02882_20190920214430ec8.jpg  DSC02937_20190917234745cdd.jpg
                火山弾

 昨年は霧の掛かる中、左手の火口上部からの落石の音を2度耳にしました。
        今年は頂上火口での落石の音を初めて聞きました。 

宝永山への登りはズルズル・・と登りにくいです。 前と徐々に間が空いてきます。

DSC02885.jpg  DSC02884_201909172340456a7.jpg

           上部には十二薬師も見えています。

DSC02899.jpg  DSC02894_20190917234230b12.jpg
                            十二薬師(岩脈)

 ふ~っ、やっと尾根にでました。 火口内は風が結構強く帽子が飛ばされないよう
           気を使います。 (準備が不十分でした)

         DSC02900_201909172342290d7.jpg

 ここで昼食をとり、先発のうさぎさんチームに続き、我々かめさんチームが後を
                 追います。 ゆっくりと・・・ 

         DSC02901.jpg

    ここは御殿場口との合流点です。 帰りはここから下る予定です。

         DSC02909_20190917234228e4e.jpg

            今年は天候に恵まれたようですね?

DSC02914_20190917234746df6.jpg  DSC02924_201909230152263e0.jpg
                             これも火山弾

   皆さん明るく陽気です! もう少し英語と向かい合うべきだった・・と
         感じる時です。 でもまあ・・・どうにかなる?

DSC02922.jpg  DSC02929_201909172347440b1.jpg
   コタヌキラン

   7合目までやって来ました。 おっ、7合目の表示も火山弾だ~!

DSC02938_20190917234744394.jpg  DSC02941.jpg

      7合目わらじ館を過ぎ、上部には8合目の小屋も見えています。

DSC02945_20190917234848d01.jpg  DSC02958_20190917234847625.jpg

        宝永山もだいぶ下に見えて来ました。 あと一息・・だね。
              イワツメクサもガンバッテいます。

DSC02973_20190917234846a40.jpg  DSC02965_20190917234847325.jpg
                           イワツメクサ

全員無事に小屋に到着し、一息ついたあと美味しいカレーに舌鼓をうちます。
  香りもよく、ホント美味しかった~。 ナントお代わりしてしまいました。

         DSC02990_20190917235328e4a.jpg

          三日月さまも優しく照らしてくれ・・・ 

         DSC02991_20190917235327ea4.jpg

     眼下には水ケ塚の駐車場や街の明かりが瞬いていました。 
              明日を思い、寝床につきます。 

         DSC02993_20190917235327d91.jpg



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム