お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

丸火自然公園

 標高500m余りに位置する富士市北部の丸火公園にも春がやって来ました!
    毎月10日に行われる  ”季節の花便り観察会” 第1回目です。

   講師はN先生とY先生で、短い距離をゆったりと観察して歩きます。
まず最初に、この公園の成り立ちと、公園として残ったいきさつを伺いました。

20名ほどの参加者で、先生のお話に耳を傾けたり、お花を見つけたり・・・
          いま公園内は、フジザクラが見頃です。 

DSC04559.jpg  DSC04561.jpg
   N先生のお話に聞き入ります           ウグイスガグラ

     シュンランも丁度良い時期のようで、あちらこちらで見られます。

DSC04564.jpg  DSC04558.jpg
                       シュンラン

     ここではヒノキや杉に加え、アスナロも所々で見られます。
昔、小学何年生だったか・・・先生が「明日はヒノキになろう」 というあすなろ物語の
      話をして下さったことを、この木を見る度に思い出します。

DSC04566_201704190631326fe.jpg  DSC04565.jpg
                   アスナロ

            アケビやキランソウも元気な季節です。

DSC04578_2017041906312909e.jpg  DSC04579_2017041906315510b.jpg
      アケビ                 キランソウ

  アリアケスミレも丁度いい咲き具合でした。 余りに白っぽい子でしたので
                 最初は何だか??でした。

DSC04572.jpg  DSC04567.jpg
                 アリアケスミレ

    ミツマタもこれ以上は大きくなれないよ・・・と言う位に膨らんで。

DSC04576.jpg  DSC04580_2017041907062562d.jpg
     ベンケイソウ                ミツマタ

      ヤドリギの花を見たことがないなあ・・・と思っていましたら・・・
          あれっ、これがお花のようです。 

       DSC04581_20170419070624996.jpg
                 ヤドリギ

       キブシも今が花盛りです。 雌雄異株と言うことで・・・

       DSC04587.jpg
                   キブシ(雌花・雄花)

 タチツボスミレに混じって、距に紫色が残るオトメスミレも咲いています。
     とても綺麗なオトメスミレ、この周辺では結構見られます。

DSC04584.jpg  DSC04585_201704190712594e8.jpg
                  オトメスミレ

       DSC04589.jpg
                     マメザクラ

         楽しかった観察会を終え、仲間とちょっと残業?です。
          ナガバノスミレサイシンもここでは多く見られます。

DSC04597.jpg  DSC04603.jpg
                 ナガバノスミレサイシン

              エンレイソウやクロモジを楽しみ・・・・・

DSC04591.jpg  DSC04607_201704190708175c4.jpg
       エンレイソウ                  クロモジ

   そろそろ残業も終わりです。 公園内には所々に炭焼き跡が見られます。
  コナラやクヌギなどを利用した、昔の人の活動の跡が今も残されています。

       DSC04599.jpg
                  炭焼き跡



| 植物・風景 | 2017-04-19 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

浮島公園も黄色いお花たちが見頃です!

 8日、浮島ケ原自然公園へ行ってきました。 雨の中ですのでちょっと人が
                   少ない・・・ 

 2週間の内に、管理棟前のノウルシが随分賑わっていて、目を見張りました。

DSC04368_20170410092839097.jpg  DSC04370_20170410092838ccd.jpg

     園内のお花はどういう風に進んでいるか、ちょっとまわってみました。
         柔らかな柳の葉っぱと、新鮮な花穂が印象的です。

DSC04374.jpg  DSC04373_20170410092838cf2.jpg

  丘の部分では、イタドリが伸びてきました。 オドリコソウも咲いています。

       DSC04375_20170410092836413.jpg

  先日行ったときには、ミツガシワが全く見えず心配したのですが・・・・・
         1ヶ所目に蕾を持っているのを見つけ、ホッ! 
 「Sさん、ミツガシワ咲いたよ!」 と声をかけると、「あ~、向こうも咲いてるよ!」
            と返事が返ってきました。 あ~良かった~・・・

DSC04381.jpg  DSC04380_201704100929454f6.jpg

2週間前には、影も形も見えなかった気がしたのですが、見落としていたのですね。
   数株の子は咲き始め、数えてみると22~23株蕾を付けていました。
     まだこれから出てくる子もいると思います。 楽しみです。 

DSC04382_20170410092943ecf.jpg  DSC04388_2017041009294223a.jpg

  秋に咲くミゾソバは、早くから葉っぱを出しています。 それもぐっしゃり!

       DSC04391_201704100929411b2.jpg
                  ミゾソバ

柳もここでは数種生息しているのですが、まだちゃんと種名を確認していません。

DSC04403_2017041021553594b.jpg  DSC04427.jpg

 キンポウゲ科のヒキノカサも随分増えてきました。 小さくてそれ程目立たない
存在なのですが、ノウルシを埋めるような感じで、照りのある花を咲かせている
                   姿は可愛いです。

   同じキンポウゲの仲間のキツネのボタンもこれから増えてきます。

DSC04423_20170410224142c97.jpg  DSC04414.jpg
  キツネノボタン                ヒキノカサ

  先月のサワトラノオ調査以降に目覚めた子も順調に成長しているようです。
       ナヨナヨワスレナグサも、グングン苗が増えてきました。

DSC04398_201704102155387df.jpg  DSC04393_201704102155377f8.jpg
     サワトラノオ              ナヨナヨワスレナグサ

  スゲの仲間も賑わい始めましたよ。 オニナルコスゲは氷河期の生き残り?
               これも絶滅危惧種です。

大好きなヒメハッカ! まだ出てないなあ・・・と行く度に確認してはガッカリ
        でしたが、とうとう芽出しが確認されました。
ちょっと気をつけて葉っぱを優しく触ると・・・あ~、いい香り  ホ~ッ・・

   DSC04406_20170410215536823.jpg   DSC04416_20170411123526b2e.jpg   DSC04421_20170411123526a2a.jpg
     オニナルコスゲ          アゼスゲ         ヒメハッカ・ヌマトラノオ

  公園南側には、国道バイパスが走っています。 その脇の側道へ出てみました。
    細い水路はオオアカウキクサ?が一面に広がって道と間違えそうです。 

DSC04434_20170411123637032.jpg  DSC04431.jpg
    南面道路               オオアカウキクサの仲間

    東寄りに、ノウルシの大きな群落があります。 ここはいいですね!

       DSC04429_20170411123523c79.jpg
          南面道路より・・・一番賑やかです!

園内に戻ると、遠くに白いものが動いていました。 餌を食んでるようですが
                何を食べてるのかなあ?・・・

       DSC04439.jpg
            小雨の中、散歩中の・・・

    多く見かけるのはアオサギですが、この子はオオサギでしょうか?

       DSC04437.jpg
            オオサギでしょうか?

  園内北西側は、植物が少ないのですが、高まりにはノウルシが咲いています。

DSC04446_20170411123635a79.jpg  DSC04450_20170411125016980.jpg
 植物が無く、ちょっと寂しい高まりにもノウルシ    キクラゲの仲間

     ツボスミレも少し場所が移動していますが、咲き始めました。
         雨に濡れたエノキも芽生えもなかなかです。

DSC04458_20170411125015c2a.jpg  DSC04456_20170411125014c1a.jpg
  ツボスミレ            エノキの芽生え

許可を得て移植してくれたヒメハッカやサワトラノオも順調です。 良い条件の
         場所で、ドンドン増えてくれると嬉しいです。

DSC04465.jpg  DSC04466.jpg
      ヒメハッカ                  サワトラノオ

公園には常連さんが結構いらっしゃいます。 本日も、今春から中学生になった
Sちゃんとお友達が訪ねて来られました。 この子たちの成長には驚かされます。
         羽織袴の卒業式の写真を見せてくれました。

その分、自分が年を重ねたということですね~! 嬉しいような・・複雑な気分!

帰りに・・・トウダイグサはどうなってるだろう? ちょっと車を止めて・・・

DSC04478_2017041112511187c.jpg  DSC04473.jpg
レンゲ&キツネノボタン            トウダイグサ

       良かった良かった・・・ 道端には春の息吹が満載です。

DSC04474_20170411125113ff3.jpg  DSC04476.jpg
      キツネノボタン             コメツブウマゴヤシ


| 植物・風景 | 2017-04-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョウジザクラが見頃でした!

 雪が降ったので、もしかするとミスミソウの雪景色が見えるかも知れない

 今日は(今日も)自由にさせてくれそうなので、お隣の県へ向かいました。 
          セツブンソウはさすがもう無理だろう。
         と、思いつつもちょっと寄らせて頂きました。

ヤッパリ・・・ 既に実になり、小さな来年以降の葉っぱが広がっていました。

DSC00575_20170328215738031.jpg  DSC00577_20170328215739bea.jpg

  あとは気の向くまま、ちょっと止まって貰ってはその辺を覗き込みます。
        道端に葉っぱが食べられたシュンランやフキノトウ・・・

DSC00564_2017032821573694b.jpg  DSC00561_20170328215737fff.jpg

               カタクリもあと少し時間がいります。

       DSC00565_20170328215735e15.jpg

            おっ、トリカブトの葉っぱも顔を出してきました。

       DSC00566_20170328215842e5e.jpg

    ちょっと地味ではありますが、チョウジザクラが沢山咲いていました。
ミスミソウが咲く頃にやっと目覚め、数輪を見るのみでしたので、花盛りは初めて!

DSC00570_20170328215841007.jpg  DSC00572_2017032821584084e.jpg

         この時期、ミツマタの花が綺麗ですねえ~ 

       DSC00578_20170328215839726.jpg

 「いま、クリスマスローズが咲いてるよ」 と教えて頂き、民家のお庭に寄らせて
    頂きました。 ナント・・・キクザキイチゲの大輪が咲いていました。
                     福寿草も・・・・・

   DSC00581_20170328215838641.jpg   DSC00583_20170328220530ef2.jpg   DSC00584_20170328220530984.jpg

   ミスミソウの産地への道は通行止めです。 仕方がないので引き返し、
            気になっていた林道を歩くことにしました。

ダンコウバイが花盛りです。 アブラチャン・クロモジも僅かに咲き始めています。

       DSC00625_20170328223253d36.jpg

   何か下がっている・・・と眺めると、独特な赤い花が目に入りました。
                ツノハシバミのようです。       

DSC00637_20170328220528179.jpg  DSC00604_20170328220529dc3.jpg

                   キブシもあと一息です。

DSC00597_20170328220527ad8.jpg  DSC00644_20170328221536269.jpg

      こちらはクモノスシダです。 ぐっしゃりと固まっていました。
  まだソーラスを確認したことがなかったので裏を見てみると・・・へ~っ!
でも、その先は既に次へのランナー?になり、繋がっているのでちょっと見難い。

DSC00618.jpgDSC00622.jpg

       DSC00623_20170328221534208.jpg 

  シジュウカラの仲間やコゲラなど、沢山の小鳥たちが木から木へと飛び
                   交っていました。      

       DSC00611_20170328221532d72.jpg
                  

       DSC00643_2017032822153382c.jpg

    で、雪の状態はどうかというと、朝霧はこんな風景が広がっていましたよ!

DSC00556_20170328225122e90.jpg

       DSC00554_20170328225121b5c.jpg
                     富士山
  
       DSC00557_20170328225120657.jpg
                     大室山

       DSC00559.jpg
                   毛無山・雨ケ岳方面



| 植物・風景 | 2017-03-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観察会の下見

       仲間4人で春のお花を求めての下見に出掛けました。
まずはカタクリを見学してから・・・と、中学生とボランティアの方たちが
管理している場所に寄ったのですが・・・・・ 蕾さえまだ少ないくらいです。

       DSC00125_20170325114421618.jpg
                カタクリ蕾

          今月は、柚野方面を散策する予定です。
  富士山の展望の良い高徳寺さんの境内から入らせて頂きます。
                 ↑ HPによると、

「 当山、興徳寺は鎌倉時代、正応二年(1289)三月、白蓮阿闍梨日興の開基に
由来し、700年以上の歴史を持ちます。」 とあり、歴史のあるお寺さんのようです。
一言ご挨拶を・・・と思いましたが、本堂では法事?が行われているようで、読経の
              声が聞こえてきました。

      境内の野の花も少しづつ春が進み始めたようです。

  DSC00137_201703251143450ae.jpg  DSC00140_2017032511434534e.jpg  DSC00146_2017032511434441a.jpg
   ジロボウエンゴサク           ホトケノザ        カキドオシ          

 本堂の改修も終えられたようで、彫刻の色鮮やかな姿が目を引きます。

DSC00144_201703251143425ee.jpg  DSC00143_20170325114343262.jpg

ここから桜を通しての富士山が見事で、カメラマンも多く見られるのですが、
       今年はサクラの見頃はまだまだのようです。

垂れのウメがよく咲き、菜の花が春らしい雰囲気を醸し出しています。
     黄色い葉状のロウソクゴケも沢山見られます。

DSC00130_2017032511494324f.jpg  DSC00141_20170325114944548.jpg

      オオイヌノフグリ・キュウリグサ・ナズナも咲いてきました。

DSC00145.jpg  DSC00147_20170325114946968.jpg
        キュウリグサ                 ナズナ

  これらはコスミレだと思うのですが・・・今ひとつ断言できません。

DSC00152_20170326223813a54.jpg  DSC00154_20170326223812e2d.jpg
                    コスミレ?

    途中からヒノキ林を抜けるのですが、ここはシダの宝庫でした。
リョウメンシダが多いものの、特徴的なハカタシダやアマクサシダも多いです。

DSC00161_2017032702305246e.jpg  DSC00192_20170327023051f6c.jpg
     リョウメンシダ              アマクサシダ

DSC00232_2017032702323747b.jpg  DSC00180_20170327023052b04.jpg
      イノデの仲間                 トウゲシバの仲間

 切れた斜面からは、丸い礫が多く見られます。 堆積したものが隆起した様子が
                          わかります。

DSC00229_20170327023049c33.jpg  DSC00216_20170327023236c13.jpg

  林の中の主、シュンランもよく咲いてきました。 コクランもお花はまだですが、
                  林の定番のランです。
 
DSC00186_20170327023234d48.jpg  DSC00188.jpg
      シュンラン                  コクラン

    アレッ、これはカニコウモリ?・・・ こんな低地に? 違うかなあ?・・・

       DSC00215_20170327024030feb.jpg
               カニコウモリ??

  本日は、タチツボスミレとジロボウエンゴサクが一番賑やかでした。

DSC00237_2017032702402962e.jpg  DSC00238_20170327024028fbf.jpg
      タチツボスミレ                 ジロボウエンゴサク

 林を抜け、里山歩きになると・・・・・ 道ばたでアオイスミレが耳をピント立てて
いるような姿を見せてくれました。 カテンソウも花開き、小さく弾けていました。

DSC00245_20170327024027a61.jpg  DSC00240_2017032702402656b.jpg
    アオイスミレ                 カテンソウ 

           黄色いお花も咲きそろい・・・・・春になりましたね!              

   DSC00241_20170327024537c1c.jpg  DSC00256_20170327024536fcd.jpg  DSC00264_20170327024535acd.jpg
  トウカイタンポポ       ノゲシ          ウマノアシガタ

            ウメの下にはフキノトウがいっぱいです。 

DSC00253_20170327024534032.jpg  DSC00269_20170327024533586.jpg
       ウメとフキノトウ            ハルジオン

         まだ観察できる時間もあるようですし、移動します。

DSC00339_20170327025037082.jpg  DSC00343_2017032702503626c.jpg
     ウラシマソウ                ヒメウズ

今年のお花の遅れはここでも否めませんが・・・少しずつ咲き始めて来ました。

DSC00272_2017032702493188f.jpg  DSC00294.jpg
       ニリンソウ              オドリコソウ

DSC00320_20170327025035067.jpg  DSC00335.jpg
     アマナ                 ペラペラヨメナ 

         ニリンソウもポツポツと花を咲き始めて来ました。 

   DSC00341_20170327024928584.jpg   DSC00267_20170327214149cb2.jpg   DSC00323_20170327213738159.jpg
    ナツトウダイ           キランソウ          ニリンソウ

            ランヨウアオイの柔らかな葉っぱが、とても新鮮です!

       DSC00329_20170327213739625.jpg
                      ランヨウアオイ




           



| 植物・風景 | 2017-03-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの日帰り奈良田温泉

 奈良田温泉に古民家カフェが一昨年オープンしたというので出掛けました。
         我が家からは2時間位の距離でしょうか・・・
 
     本日は運転手なので途中駐停車は思いのままです。 
 気になると車から降りて確認し、カメラに収め、眺め、先へ向かいます。

DSC09935_201703052316588ac.jpg  DSC09936_20170305231658b93.jpg

    山間部で湿気の多い場所では、シダやコケが沢山見られます。

       DSC09942_20170305231657819.jpg

  この切れ込みの多い葉っぱはジンジソウ? 花がないとお手上げです。

       DSC09947_20170305231656689.jpg

足下に落ちている石も面白そうです。 先を急ぐのでじっくり観察はできません
       が、小さな空隙に沸石のようなものが見られます。
     たたいてみると新鮮な何かが出てくるかもわかりません。

       DSC09954_20170305231823c7b.jpg

   空気の良い場所では地衣類も多く、色々な種類が付いています。

DSC09966_201703052318214d1.jpg  DSC09973_20170305231819176.jpg

  岩壁には、イワユキノシタでしょうか? 沢山の葉っぱが見られます。
      お花の季節には見事な壁になることでしょうね。 

       DSC09949_20170305231655e7c.jpg

     そんなこんなで1時を過ぎてから目的地に到着です。
車を止めて坂道を上っていきます。 日帰り温泉施設のすぐ上が目的地です。
  建物は富士吉田市から移築されたそうで、ゆったりと落ち着きます。

DSC09976_20170305231818995.jpg  DSC09980_20170306124047df3.jpg

入って左が店内です。 右手には地元周辺も含めたポスターが展示されて
   いました。 なかなか興味のあるポスター類で、暫く楽しみました。

DSC09979_20170306124048087.jpg  DSC09977_20170306124049569.jpg

 2014年南アルプスユネスコエコパークが認定され、その移行地域として
     活動されているようです。早川町の力強さを感じます。

調べてみると、ユネスコエコパークは、核心地域・緩衝地域・移行地域の
        3つで構成されていることがわかりました。

移行地域 : 自然環境と調和した農業や歴史、文化を生かしたエコツーリズム
         などが行なわれている地域。

 ここで少し遅めの昼食に。 鹿肉のトマト煮、白鳳味噌のキノコと鶏肉の
  生パスタ・コーヒー・エゴマ入りチーズケーキを美味しく頂きました。

       DSC09983_20170306124206705.jpg
      
           そのすぐ上には白籏史朗記念館があります。

DSC09991_201703061242047d7.jpg  DSC09990_201703061242054f3.jpg

久しぶりの奈良田温泉につかります。 ぬるっとしてて、とても良いお湯です。
      時間をかけてゆっくりとその湯を楽しみました。

まだ散策できる時間もあります。 少し戻った吊り橋を渡り対岸へ行きました。
    奈良田七不思議の塩の池を見たり、河原へ降りてみました。

DSC00002_20170306124203449.jpg  DSC00004_201703061242025dd.jpg

  河原で目立つのは虎石風の変成岩が多いようです。 水が透き通った
                    早川の流れです。

       DSC00012_20170306233606bad.jpg

              また場所を変えて観察を続け・・・・・

DSC00025_20170306124511892.jpg  DSC00026_20170306124510210.jpg

DSC00028_20170306124510b27.jpg  DSC00031_20170306124509eba.jpg

DSC00034_20170306125934013.jpg  DSC00036_20170306125933d5c.jpg

最後に糸魚川静岡構造線が近くで見られる「新倉露頭」のある河原へ降りました。
ここは長野県大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)とともに、国の天然
         記念物にも指定されている貴重な場所です。

過去2度ほど訪ねたことがある場所です。 川の左岸に見られ、左手に古い
 四万十帯瀬戸川層群の黒色粘板岩、右手に新生代新第三紀中新世の
凝灰岩類からなり、左の古い地層が右側の新しい地層の上にのし上がって
             いる逆断層だとのこと。

DSC00053_20170306125935b56.jpg  DSC00054_201703061259340b6.jpg

             河床には大きな青石も転がっていました。

       DSC00040_201703061259361e1.jpg

さて、本日見たい所はほぼ見られました。 満足の内に我が家へ向かいます。

「いつになったら家に着くのやら・・」 と言う隣からの声も聞こえてはいますが
     いったん家を出れば、それは本人にもわからない事なのです。 



| 植物・風景 | 2017-03-05 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT