春の足音が・・・

       本日(20日)は、市内の自然の様子を見て歩きます。
          相方はウォーキングを兼ねてお付き合い。

結構ウロウロしているようでも、まだ歩いたことの無い道が其処此処にあります。
 行き当たりばったりでも、人やお花との思わぬ出逢いがあり、楽しい・・・

「へ~、コンナ所にも道があるんだね、コッチは通り抜けられるのかなあ?」
              と、探検気分いっぱいです。
   
 「わ~、お花咲いてるよ! 何だろう?」作業小屋から人の気配 がしたので
  お邪魔して・・・ 「ちょっとお伺いしてよろしいですか?」 「いいよ」

 黄色い木のお花、遠目に見ると・・・サンシュユ?と思われたのですが、
マンサクでした。 「貴方くらいの年になって知らないのは恥ずかしいよ」と
 お小言を頂いたのが始まりでしたが、最後には色々な情報を頂いたり、
 名刺を頂戴しました。 また季節が変わったら訪ねてみようと思います。

DSC04096_20180222172525410.jpg  DSC04103.jpg

  アカバナマンサクも咲いていました。 種類があるようですが
            園芸種は殆どわかりません。
黄色い方も、自然の中で見るものより花が大きいし、葉っぱが残っています。
      でも、春が来たな~・・・と嬉しくなってしまいました。

        DSC04106_201802221808160a9.jpg

  足元には、フッキソウが蕾を持ち、フクジュソウが気持ちよさそうに
                花を開いていました。

DSC04102_20180222172524dc8.jpg   DSC04097_2018022217252360e.jpg

    アレ?こちらは何だろう? これも園芸種っぽいですね。

          DSC04101_2018022217252622a.jpg

  お礼を述べ、先に進むことにします。 少しずつ春が進んでいるようです。
小さな苗なのに、ペンペン草が花を咲かせ始めています。 何で急いでいる?

DSC04110_20180222180814fac.jpg  DSC04108_20180222180815942.jpg

林を通りかかると、コクランの花後や、蕾を持ったオニシバリも見られます。

DSC04124.jpg  DSC04122_20180222180813307.jpg

             ハハコグサやウラジロチチコグサの苗・・・

DSC04116_201802221823034bf.jpg  DSC04117.jpg

   沢沿いでは、エビゴケや多分ヤブタビラコの苗も育っています。

DSC04131_2018022218230219f.jpg  DSC04125_201802221823016a1.jpg

          黒い土に茶色の土・・・何の境なんだろうね? 
富士山の溶岩流も、沢沿いでは普通に見られます。 水の流れでツルツル
  暖かくなったらこの沢を広く歩いてみよう。 何かに出逢うかも??
     あっ、マムシがいるらしいので、長靴を履いて・・・

DSC04132.jpg  DSC04128.jpg

   さらに進むと、しっかりと3本の葉脈を持っている木がありました。
 この木は・・ニッキだ! 葉っぱを嗅ぐと・・やっぱり、いい香りがします。
         クロモジの蕾もふっくらとしてきたようです。

DSC04134_20180222182404a2b.jpg  DSC04136_201802221824035d6.jpg

キブシの蕾はまだ堅そうですね。 スミレモは・・緑藻の仲間だそうです。

DSC04139_2018022218240204b.jpg  DSC04142_20180222182402af1.jpg

       近くの林にあり、花の時期を見逃したウメガサソウ・・・
  ヤッパリ間違いじゃ無かった。イチヤクソウやシュンランも咲く林です。

DSC04145_20180222182804497.jpg  DSC04152.jpg

   シュンランも多く見かけるのですが・・・しっかりと蕾が付いています。
           今年こそは見に来るね。 

DSC04160_201802221828035f8.jpg  DSC04147.jpg

              ふきのとうは・・・あとひと息ですね。

        DSC04173.jpg
   
       春の息吹が感じられる・・・。そんな、ふわっとした一日でした



明けましておめでとうございます。

           明けましておめでとうございます!

      昨年は、拙いブログをご訪問頂きありがとうございました。

       相変わらずボチボチのブログアップとなりますが、・・・

           本年もどうぞよろしくお願い致します。

  いま、我家の狭~い庭には、赤い実を付けた植物が幾つか見られます。

 でも、これらを植えた記憶はまったくありません。 どうやらみ~んな鳥さんからの

    贈り物のようです。  少し木陰では、ヤブコウジが実を付けていました。

古くはヤマタチバナと呼ばれていたようでヤブコウジ科、別名 「十両」 だそうです。

そして比較的新しく庭の住人?となったカラタチバナ、今年になってまた増えました。

          同じヤブコウジ科で、 「百両」 とも呼ばれます。

DSC01737_20180102232909a4e.jpg  DSC01746_2018010223290719e.jpg
    ヤブコウジ                カラタチバナ

そして庭のアチコチから顔を出し、赤い実をいっぱい付けているのはマンリョウです。

小さな苗もいっぱい見られ、これ以上増えては大変・・と時々抜かれている子です。

     この子もヤブコウジ科で、我家の住人となって一番長い子です。

DSC01743_201801022329088c5.jpg  DSC01740_201801022339531cc.jpg
                    マンリョウ(万両)

お正月にはセンリョウ(千両)を飾りたい・・・と思っていましたら、昨年念願叶い

 この子の存在に気がつきました。 1本ですが、そこそこ成長しています。

    今まで気付かずにいたとは、全く失礼ですね! ごめんなさい。

この子は他の子とは違って、センリョウ科になります。 お花も大分違いますね。

あっ、写真を撮り損ねました。 鳥たちに食べられ寂しい実付きでしたが、仕方ない

  元々は彼らに頂いたものですから・・・ 今年は花材に頂きました。  

                もっと増えてほしいなあ・・・

        住人と同じく・・・何ともめでたい庭のようです。 

        DSC02584.jpg

   長男の嫁、Rちゃんが持ってきてくれたガラスのワンちゃん親子の置物、

そして昨年の暮れに教えて貰って作った(いっぱい手伝って頂きましたが・・)

   竹製の干支も玄関を飾っています。 ビーグル犬がモデルさんです。

DSC02589_20180102234727182.jpg  DSC02588_2018010223294471f.jpg

そして、昨年のコケ盆栽に加え、今年も作りました。 水やりを忘れないように・・・

 新しく、雪を被った富士山、下方は駿河湾(海)にも見える石も飾りました。

                  見えるかな?・・・

             今年も良い年となりますように・・・・・

        DSC02590_20180102232943bee.jpg



精進湖湖畔の遊歩道散策

          (せっかく訪ねて下さったのに、更新がままならず・・ご免なさい 

 大分前のことになりますが・・・ 11月7日、下見を兼ねて富士五湖の一つである
精進湖の自然観察路を歩いてきました。 少し遅めですが、紅葉もまだ大丈夫!

黄色で表示されているのが観察路です。 その一部は歩いたことがありますが、
        本日はそこをグルッと1周してみようと思います。

DSC00142_201711282052030e8.jpg  DSC00145_2017112820520211b.jpg

 午後からの歩きでしたが、黄色や赤に色づいたカエデの仲間・タカノツメ・ミズナラ・
               シデの仲間などが輝いています。

DSC00147_20171128205201cd4.jpg  DSC00149_20171128205200ad2.jpg

     高低差も無いので、誰でも無理なく楽しめそうな森です。
        少し湖畔も望めたり、木々を見上げたり・・・
道の脇には、溶岩の大きな亀裂も見られます。 これは864年の青木ヶ原溶岩
                が残したものです。 

DSC00151_20171128205159487.jpg  DSC00155_20171128205335674.jpg

    落ち葉を掻き分けるかのように、イノシシのヌタバがありました。
    溶岩の上は、色々な種類のコケや地衣類に覆われています。

  DSC00160_201711282053345bb.jpg   DSC00163_20171128205333c5d.jpg   DSC00168_20171128223011acb.jpg

   目に優しい色の紅葉が続きます。 全身ゆ~ったりとしてきます。

DSC00170_20171128223156d08.jpg  DSC00172_20171128223155d9c.jpg

        お花も良いけど・・・紅葉もナカナカですね! 

DSC00180_201711282231549e2.jpg  DSC00181_201711282231546f5.jpg

             湖畔に広がる山並みも歩いてみたいなあ・・・
             カラスザンショウも沢山実を付けていました。

DSC00186_201711282231532c0.jpg  DSC00188_20171128223258d0a.jpg

  赤い実が沢山付いています。 ズミのようです。 そしてこちらは黄色・・
黄色く色づくものは、キミズミと言うようです。 湖畔で結構実を付けていました。

DSC00216_201711290345430da.jpg  DSC00192_201711282232576d6.jpg

途中には所々ベンチや東屋が設置されていて、お弁当を広げるにも良さそうです。

        DSC00195_20171128223256a40.jpg

          柔らかく、優しい感じの黄葉が心地良いです。 

        DSC00196_2017112822325560d.jpg

 溶岩の雪だるまのようなものが見られます。 これは溶岩球と呼んで良いかな?

DSC00205_20171129034359894.jpg  DSC00203_20171129034400f0f.jpg

    青空に映えているのは、ツルウメモドキやサルトリイバラの実です。
                実付きがいいですねえ~・・・

DSC00212_2017112903435661a.jpg  DSC00211_2017112903435842b.jpg

          なかにはこんなに赤く色づいているモミジもあります。
            対岸に見えているのは、甲府へと続く道です。 

DSC00215_20171129035353108.jpg  DSC00208_20171129034357128.jpg

そう多くはないでしょうが、お花も少しは楽しめそうです。 ミヤマウズラ・ムヨウラン
              のドライフラワーが残っていました。

DSC00218_20171129035352545.jpg  DSC00243_20171129035351aeb.jpg

  地学的な見どころも所々で見られます。 時間もないのでそれほどゆっくりは
出来ませんでしたが、もう少し早めに、また季節を変えて楽しんでも良いな・・・と
                  感じながらの散策でした。

        DSC00239_201711290353514cd.jpg

   結局、観察会当日は雨のため中止となりましたが、またいつか・・・

        DSC00270_201711290353509bc.jpg

 林内では葉っぱだけしか確認できなかったソヨゴに、出口付近では可愛い実が
付いていました。 北麓には多いソヨゴですが、富士山南麓では余り見かけません。

DSC00280_2017112917593921a.jpg  DSC00283_20171129175938748.jpg

                     さ~て、~・・・帰ろうか



初冬の信州へ

        10月31日、久しぶりに相方と信州を訪ねてみました。
まずは上高地へ・・・ この時期訪れるのは、初めてです。 紅葉も始まり・・・

   DSC09481_201711092044534f9.jpg

             焼岳にも少し雪が下りています。

DSC09489_20171109204452f6f.jpg  DSC09498_20171109204451048.jpg
       大正池と焼岳

バスを降りた足元にも少し雪が残っていました。 大正池越しに見る穂高連峰は
              初冬の様相を呈していました。    

        DSC09493_20171109204450149.jpg

    ゆったり~っとした景色は気持ちまでもゆったりとさせてくれます。

   DSC09497_2017110920455577b.jpg

      足元には、色々な石が転がっていました。 その中に・・・
 緑っぽい色をした結晶が入っていました。 何だろう? 緑閃石かな?・・
 深く清らかな流れには、上に立つ木々や山が鏡のように映っています。

DSC09511_20171109204556f04.jpg  DSC09501_20171109204449cff.jpg

  今日はホントにいい天気です。 時間も気にせず、気ままな歩きです。

   DSC09515_20171109204552e3c.jpg

  田代池にも久しぶりにぶらっと立ち寄り、また雪を被った穂高に見とれます。
これはマユミでしょうか? オレンジ色の実は、色の少ない中で存在感があります。

DSC09534_20171109205244a4d.jpg  DSC09523_20171109204553e1d.jpg

   フッキソウが点々と見られます。 来年用の蕾を付けているようです。
 田代池の奥には、霞沢岳や六百山など魅力的な山々も連なっています。
 まだ登ったことの無い山のひとつ ・・・ 霞沢岳、歩いてみたいなあ・・・

DSC09544_20171109205241c86.jpg  DSC09540_201711092052427cb.jpg

                   このキク科の植物は? ・・・

DSC09539_20171109205243502.jpg  DSC09546_2017110920524005f.jpg

 ウェストン碑も久しぶりの事です。 大正池周辺を歩くのも暫くぶりですから・・

DSC09573_201711092053355c0.jpg  DSC09578_20171109205333cbd.jpg

  基準の散策時間の倍ほどの時を掛けて、やっと河童橋に到着しました。
       橋の下の梓川の流れも相変わらず澄んでいます。

DSC09591_20171109205332156.jpg  DSC09579_2017110920533337a.jpg

この日は、白馬の少し高台にある 「白馬ハイランドホテル」 でお世話になりました。

      *****************************

    露天風呂からは目の前に白馬三山が迫って来ます。 圧巻の景色でした。
  温泉のすぐ前には池に水が張られ、逆さ白馬を楽しめるようになっています。

        館内や玄関の自然素材を使った飾りもなかなか素敵です。

DSC09619_2017110920581158d.jpg  DSC09614_20171109205810535.jpg

        いよいよ冬を迎えるんだなあ・・・と白い山を眺めました。

        DSC09624_20171109205812e9a.jpg

   さて、11月1日、今日は何処へ行こうか? との相方の言葉に、「雨飾山!」

        DSC09617_20171109214106d77.jpg

 登れるかどうか分からないけれど・・・ まあ、そちらへ向かっていきましょう!

   DSC09627_20171109205831b54.jpg



9月中旬、山で出逢った植物

   県内から脱出し、とある山を少し歩いてきました。 13日のことです。

紫色をしたフジウツギの仲間が沢山咲いていました。調べてみるとこの仲間には
フジウツギ・トウフジウツギ・フサフジウツギ・コフジウツギ・ウラジロフジウツギ
などがあるようです。 コフジウツギと言いながら、高さは1.5m~まれに3mにも
なるそうです。 分布は四国・九州・沖縄です。葉っぱが小型で枝も細いのが
名前の由来だとか・・コフジウツギの中で、星状毛が密生し白く見えるものは、
         ウラジロフジウツギと呼ばれるようです。

トウフジウツギは、中国原産の落葉低木、枝の上部では葉が互生するとのこと。
       と言う事は・・・フジウツギかフサフジウツギのようです。

DSC00861_20170926215757c80.jpg  DSC00933.jpg
                   フサフジウツギ?

  ナント、メハジキもまるで雑草のように、彼方此方で花盛りでした。
可愛いシソ科のお花です。 幼い頃、庭先に咲いていたような気がします。

   DSC00862_20170926215755eea.jpg   DSC00901_201709262157544da.jpg
                     メハジキ

そして、カワミドリも見られました。 私はここも含め2ヶ所でしか目にしていません。

          DSC00907.jpg
                     カワミドリ

コシオガマだと思うのですが、やけに大きいなあ・・オオシオガマっての無いかな?
   ヤッパリ有りません。  大きくても、コシオガマなのです。

DSC00888_201709262158578cb.jpg  DSC00891_20170926215856b4f.jpg
                    コシオガマ

        全体に毛が多く、茎にあるのは腺毛のように見えます。

         DSC00894_20170926220433241.jpg
                 コシオガマ茎の腺毛?

   もう殆ど終わりの状態でしたが、ミヤマモジズリが咲いていてニッコリ
                可愛いランのお花です。

DSC00866_2017092621585960f.jpg  DSC00991_20170926215858a8f.jpg
                   ミヤマモジズリ

何株かありましたが、多くはクモキリソウのようです。 ちょっとジガバチの雰囲気も
                  ありますが・・・

      DSC00877.jpg
                   クモキリソウ?

 トチノキは、公園以外地元では見られません。 少し実が付いていました。
     割ってみると、ゴロンとした栗のような果実が現れました。 

       ノコンギクも咲き始め、ヤッパリ秋だなあ・・・と。

DSC00902_20170926220432c05.jpg  DSC00913_20170926220432b08.jpg
         トチノキ                  ノコンギク

    ヤクシソウ・メナモミ・・・ お花は確実に秋へと進んでいますね!

    DSC00920_20170926220430c7a.jpg   DSC00914_20170926220431f5c.jpg
      ヤクシソウ              メナモミ

       うわ~凄い! 長い穂のようなものは雌花だとか。
ミヤマイラクサは初めての出逢いだと思います。 野草として名前は知って
      いましたが、まだ出逢うことがありませんでした。

いつも見るのは、葉腋にムカゴが付いたムカゴイラクサとただのイラクサです。
このトゲトゲの凄いこと!  間違って触るとチクチク痒い痛みが続きます。

DSC00925_20170926220524030.jpg  DSC00926.jpg
                   ミヤマイラクサ

   もうお花は終わりですが、ナンバンハコベは久しぶりの出逢いでした。 
                 花の形が可愛いです。

ヌルデの葉っぱに沢山の虫こぶが付いていました。 ヌルデノミミフシと言うそうです。
 中には黒い小さなごま粒のようなものがあり、これがヌルデシロアブラムシという
                     昆虫のようです。

DSC00936_20170926220521f1e.jpg  DSC00931_20170926220522bb4.jpg
 ヌルデの虫こぶ (ヌルデノミミフシ)    ナンバンハコベ

          道端ではガマズミが赤い実を付け始めていました。
               クルマバナもいいですねえ~・・・

DSC00938_20170926221053a10.jpg  DSC00937_20170926220520840.jpg
       ガマズミ                  クルマバナ

  明るい斜面で、エンレイソウの葉っぱを見つけました。 アレ?エンジ色を
     していますよ。 こんな所にハナイカリが点々と生きています。

DSC00976.jpg  DSC00971_20170926221051620.jpg
   エンレイソウ(エンジ色の葉)         ハナイカリ

  林道沿では、フジアザミが大きな葉っぱを開き、気持ちよさそうに
              花を咲かせていました。
 
名前の通り富士山に多く、山と共に日本一の大きなアザミなのです。

DSC00941_20170926221052d2a.jpg  DSC00940.jpg
                       フジアザミ

   きっと今年最後に見るフシグロセンノウでしょうね? 傷んではいますが・・・

    何気に撮ってきたハグマですが・・・カシワバハグマでもないし・・・?
図鑑をめくっていると、何だかオヤリハグマに似ています。 分布でもギリギリ?
  余り良い状態では無かったので、雑にちゃんと観察もせずにいたのが
悔やまれます。 オヤリハグマならいいなあ・・・とするなら、勿論お初の子です。

DSC00985_20170926222149c05.jpg  DSC00992_20170926222150685.jpg
  フシグロセンノウ              オヤリハグマ?

   針葉樹も多いですが、所々こんな風に気持ちのいい森の中です。
    見上げると、青空がまぶしい・・・ そんな心地よい時間でした。

DSC00988_20170926222147aa4.jpg  DSC00977_20170926222148e7b.jpg
                 斜面の急な林内

 うわっ、久しぶりにサボンソウに出逢えました。 園芸用に入ったものが
逸出、野生化したようです。 地元の川で出逢い、何だろう?とお気に入りの
一つになった花です。 環境に優しい石けんや洗剤を作られている方と話を
した時に話題となり、シャボンソウ・・と仰っていたので、きっと同じ植物かな?
   と二人で何となく納得。 サポニンが4%含まれているようです。

DSC01020_2017092622214855f.jpg  DSC01015.jpg
                     サボンソウ

   これは石灰岩だと思うのですが、ちょっと引っかかる部分もあり・・・
      今夏見かけた石と共に、石博士に見て貰わなければ・・・

       DSC00948_201709262232158d3.jpg
                     石灰岩?

 ツチグリはよく見かけますが、こちらはフクロツチガキのようです?

DSC00867_201709262232194cc.jpg  DSC00874_201709262232187d5.jpg
     フクロツチガキ              ホウキタケの仲間

     キノコもポツポツ顔を出していますが、なかなか難しい・・・

DSC01004.jpg  DSC00954_2017092622321743e.jpg
      ?                  ?&コスリコギタケ?


     場所が変わると、住んでいるお花も変わり、なかなか面白い・・・

帰りはかなりハードで手強い急斜面に肝を冷やしましたが・・・無事帰還です!




エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる