お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山の 「クマさん」 に出逢った!

2018/06/27 22:11 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(6) [Edit]

         野生のクマさんには、丹沢で一度出逢っています。
登山道から見下ろすと10m程先でしょうか、小さな谷を右から左に横切っていました。
  まるで小躍りするように・・・ 見ているだけで、あっと言う間の出来事でした。

私は見てはいないけれど、森の中をウロウロすることが多い私を、キット熊さんの方は
      見ているんだろうな・・・とは、よく思うことです。

   ******************************

   お花の開花状況を知る為に、林道を一人車を走らせていました。
もう少しだな・・・と、カーブを曲がったその先に、いきなり黒いものが見えました。
          10mは離れていなかったと思うのですが・・・

  「んっ、クマの人形が踊ってる?」 と、呑気な考えが浮かびました。
    チャウチャウ、本物のクマさんだよ! 双方慌てました。 
  カメラ・カメラ・・・と思っている内に、右手の林の中に入っていきました。

シカさんもそうですが、すぐに奥の方には行かないのですね? 黒い物体が暫く
    留まっていました。 ゆっくり車を進め、途中でシャッターを切りました。
どっちへ向いていたかも分りませんでした。 その後、奥の方へ消えていきました。

DSC00760_20180628165834309.jpg

 ちょっと分りづらい写真ですが、真ん中の白っぽい木の横に、左向きの顔が
  見えるのですが・・・ 何となく、耳・目の辺り・鼻が・・・見えませんかね?
         もうこれがいっぱいでした。 

DSC00761_201806281658332c5.jpg

常々、「富士山のクマさん」 に会いたい。 出来るなら危険の無いよう車の中
  などから・・  そして、いい感じの写真も撮りたい・・・と思っていました。

最初に見たとき、黒いものが広がっている感じに見えたので、もしかすると
             2頭いたのかも知れません。 
      カメラ・・・と思っている内に、確認できずじまいでした。

           半分クリア、半分残念・・・という所でしょうか?

     わ~、あの辺り・・・ これから一人で歩けるかなあ・・・・・ 



富士山麓の森を楽しむ

2018/06/10 11:37 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(2) [Edit]

高校の同級生仲間(ご夫妻も含め)という8名の方々と、新緑の富士山麓を歩く
機会がありました。 年に1~2回集い、旧交を温められていらっしゃるようです。 
  そんな交流がずっと続いているという事だけで、皆さんの雰囲気が
                分るというものです。

    私も殆どの方が初対面でしたが、すぐに馴染んでしまいました。
                 9名でいざ出発です。

木々に絡んでいるハンショウヅルを見つけました。 長く住んでいるようで、上の方
 まで長く伸びています。 コッチの木にも・・・ まだ蕾が多いので暫く楽しめそう。

DSC08906.jpg  DSC08910.jpg
                   ハンショウヅル

  木に付いた泡ぶくも見つけました。 この時期よく見かける泡吹き虫です。
  中には蝉に似た幼虫が入っています。 この泡で乾燥と天敵から身を
      守りつつ成長するようです。 この木はフジザクラです。

        DSC08911_20180607125905807.jpg
              フジザクラと泡吹き虫

 ミツバウツギも丁度見頃です。 名前の通り、3枚セットの葉っぱを持っています。

        DSC08913_2018060712590582b.jpg
                 ミツバウツギ

    これはタンナサワフタギでしょうか? ちゃんと確認していませんが・・・
             今頃は開花しているでしょうね?

        DSC08915_2018060712590422b.jpg
                  タンナサワフタギ?

                 ツクバネウツギも満開で・・・

        DSC08916.jpg
                 ツクバネウツギ

 カマツカも花をいっぱい咲かせていました。 この時期、木の白い花が多いです。
 低地では終了したエゴノキがここではまだ蕾です。 そろそろ咲いているかな?

DSC08919_20180607130003800.jpg  DSC08917_20180607130003ed2.jpg
   ミズヒキ                    カマツカ

           この季節、オトシブミをよく目にします。
    オトシブミとは・・・ 命名者はなかなかのロマンチストですね!

DSC08937_20180608002854a14.jpg  DSC08943_20180608002854d53.jpg
       フタリシズカ                 サルナシにオトシブミ

      ケヤキの巨木に驚いたり・・・ 皆さんで記念写真を撮ったり・・・
             ほ~んわりとした時間です。

DSCN2403.jpg  DSC08921_201806111118442ec.jpg
             ケヤキの巨木(左はNさまから借用)

コブコブの木も見つけてくれました。 コブが余りにも印象的で何の木だっけ?
        こんな方達と過ごした富士山麓の森です。

DSC08932_20180608002857cf4.jpg  DSC08930_20180611112258058.jpg
  コブコブの木?                仲良しメンバー

              足元で何かを見つけて覗き込んだり・・・

  DSCN2415.jpg
               下を見たり・・(Nさまから借用)

                2種類の合体した木に驚いたり・・・

            DSCN2420.jpg
                 見上げたり・・(Nさまから借用)

こちらの多分イタヤカエデだと思うのですが・・・2本に分かれている内の
半分はもう完全に枯れています。 片方はまだまだ元気で、葉っぱを
       いっぱい広げています。 生命力って凄いですね!

   DSC08936_2018060800285525b.jpg   DSC08935_20180608002856097.jpg
               イタヤカエデ?半分枯れ・・

  私はここでしか見たことの無いピンク色をしたムラサキサギゴケです。
   何度見ても 「可愛い~ネ!」 と、声を掛けてしまいます。 
              同じ場所で、普通種の子もいます。

P6010077.jpg   P6010079.jpg   P6010062.jpg
 ムラサキサギゴケ    前者のピンク色   シロバナヘビイチゴ 

               散策したり、ブナの木を楽しんだり・・・       

DSC08949_201806111118423ac.jpg  DSC08941_20180611114931794.jpg
 お馴染みブナの木  

   野草は多くありませんが、ヤマウツボが咲き残っていたり、アオホウズキを
    確認したり・・それもちょっと大株です。  久しぶりの出逢いです。     

DSC08951_201806111149309f9.jpg  P6020107.jpg
      咲き残りのヤマウツボ               アオホウズキ

           クルマムグラはこの時期一番多く見られます。 

   P6020092.jpg   P6020094.jpg   P6020106.jpg
   ギンリョウソウ         ヤマハタザオ         クルマムグラ

おっ、白い花! 近づくと、ちょっとヘン! よく見ると・・・花弁が5枚あります。
              ちょっと変わり者の子、好きです!

P6020088.jpg  P6020086.jpg
             クワガタソウの花と果実

   ハルゼミの抜け殻もありました。 気をつけると結構見つかります。
 オトシブミも種類によるのでしょうか、或いはその中でも性格があるので
しょうか、完成度は色々です。この子は几帳面! 私には出来ぬ芸当です。

   P6020102.jpg   P6020093.jpg   P6020104.jpg
  ハルゼミ         ヤマボウシ        オトシブミ

楽しかった時間もあっと言う間に過ぎ、お別れとなりました。 サンショウバラの
開花はもう少し先のようです。 ちょっと標高を下げると少し咲いていますが・・

                    帰宅途中・・・

車を止めて写真を撮っていたら再会しました。 皆で見られてよかった~・・・
       サンショウバラを観察後、ホントに さようなら。

DSC08959_20180611115444be3.jpg  DSC08958_20180611115443483.jpg
                   サンショウバラ

      お疲れさまでした。 そして、ありがとうございました! 




富士山麓森の中

2018/04/17 10:53 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

  久しぶりに相方と富士山麓の森を少し場所を変えながら歩いてきました。
   山間部とは言え、我家の周りも過ごしやすい季節となってきました。

   標高が1000mやそれを越えると、やはりまだ浅い春のようですね。
 車から降りると、思わずゾクッとします。 上着を1枚羽織って出発です。

お気に入りの場所なのですが、以前に比べるとちょっと寂しい。それでも足元には
ブルー系のヤマエンゴサク・赤っぽいジロボウエンゴサクがすぐ近くで育っています。
  
DSC07082_2018041813361887c.jpg  DSC07105.jpg
                ヤマエンゴサク

花柄の付け根にギザギザの苞葉があるのがヤマエンゴサク、切れ込みの無い
          1枚苞葉がジロボウエンゴサクです。 
 この辺りで見られるのはこれにムラサキケマンが加わり仲間は3種です。

        DSC07084.jpg
                ジロボウエンゴサク

溶岩の流れた沢を通りかかると、その隙間や、苔むした間から色々な植物が
  育っていました。 イワタバコや棒状のものはナルコユリか何か?
       その足元では、ヤマトグサも顔を出していました。
        
DSC07142.jpg  DSC07136_2018041819174031d.jpg
    イワタバコ                 ヤマトグサ

  こちらはツルネコノメのようです。 葉っぱは互生、小さいながら黄色い
    葯がなかなか可愛い。 ミヤマエンレイソウも咲き始めました。

DSC07140.jpg  DSC07145.jpg
            ツルネコノメ               ミヤマエンレイソウ

   ツルシロカネソウも元気がいい。 この子は結構遅い時期まで目を
                   楽しませてくれます。

        DSC07143.jpg
               ツルシロカネソウ

標高が高くなると、タチツボスミレも紫色が濃くなり、美人さんが多いようです。
   この葉っぱ、ちょっと長めのようですが、ナガバノシコクスミレでは?
 少し下ではナガバノスミレサイシン似でしたが、ここではどちらかというと
            シコクスミレ似の子が多いようです。

DSC07087.jpg  DSC07091.jpg
  タチツボスミレ              ナガバノシコクスミレ

       こちらはシコクスミレとナガバノスミレサイシン。

P4160333.jpg  P4160288.jpg
           シコクスミレ             ナガバノスミレサイシン

          この子もナガバノスミレサイシン・・・

        DSC07153_2018041819190937e.jpg

    そして、昨年であったナガバノシコクスミレの小群生地です。
   花色はナガバ似で、花の形はシコクスミレの面影があります。

DSC07062.jpg  DSC07069_20180418203534c0f.jpg
                ナガバノシコクスミレ

        どの子をモデルさんにしようか迷ってしまいます。

DSC07066.jpg  DSC07070_20180418203532392.jpg
                ナガバノシコクスミレ

      エイザンスミレは比較的白っぽいタイプが多いようです。
    葉っぱは多いけれど、まだ花を付けていない子も多そうです。 

P4160320.jpg  P4160368.jpg
                 エイザンスミレ

  この優しい色のスミレは、ヒナスミレです。 アケボノスミレ?と間違いそう
      そうですが、ここにはアケボノさんは住んでいませんでした。

P4160285.jpg  P4160277.jpg
                   ヒナスミレ

   コガネネコノメを中心に、色々なお花が仲良しで育っていました。
セントウソウ・・・そして、苔むした倒木の上にはワチガイソウがい~~っぱい!
   もう蕾を持っている子もいましたので、もう少ししたら・・・

P4160322.jpg  P4160341.jpg

                  ヤマエンゴサクに・・   

P4160360.jpg  P4160324.jpg

                  セントウソウ・・・

        DSC07096_20180418134008bec.jpg

          ヨゴレネコノメはそろそろお終いのようです。

        DSC07114_20180418134008ae2.jpg

曇っている日はなかなか花咲いてくれない子です。 この日も余り芳しくなかった
     のですが、まあこの位咲いてくれればヨシとしましょう!

  蕾んでいるときは足元にいっぱいあってもなかなか気付かない・・・
一旦花開くと、クリーム色のお花が何とも可愛いので気に入っています。
             トウゴクサバノオです。

P4160306.jpg  P4160316.jpg

        DSC07155_2018041822592548c.jpg
                   キジ

        DSC07183_2018041822592460f.jpg
                  ヤマガラ

           巨木は・・・いいですね! 

          DSC07190_201804182259239a2.jpg


          午後からのゆったり2~3時間の散策でした。







春は沢が楽しい・・・

2018/04/13 02:01 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(2) [Edit]

       4月の活動は、気になっていた沢へ入ることにしました。
  溶岩の流れた跡が残る沢はなかなか魅力的な景観を作っています。
   かつて子供たちが幼なかった頃、探検をした懐かしい沢です。

マムシがいるらしいとのことで、長靴に軍手を付けて一人歩き始めます。
自然の多く残るこの周辺では、シュンランも結構残っていて、花を咲かせています。
         小さな花のセントウソウもまだ残っていました。

DSC06659.jpg  DSC06667.jpg
        シュンラン               セントウソウ

    富士山麓ではナガバノスミレサイシンの群生が普通に見られます。
本日は、溶岩の上で咲いていた子で、とびっきり長い葉っぱを持っていました。
     湿気の多いところでは、イワタバコも点々と続いています。

DSC06680_201804140044472cc.jpg  DSC06664_20180414004446430.jpg
 ナガバノスミレサイシン            イワタバコ           

  唇弁にも筋が無く真っ白な白花ナガバノスミレサイシンにも出逢えました。
      これはヨゴレネコノメ?の幼い子でしょうか・・・

DSC06668_2018041400444606e.jpg  DSC06682_20180414004617786.jpg
   ヨゴレネコノメソウ            白花ナガバノスミレサイシン

「えっ、この艶のある葉はヤマイワカガミの葉っぱ?」 とちょっと興奮しましたが
   残念~、ヤツデの幼苗でした。 こんな風に鋸歯があるとはビックリ!

DSC06690_20180414004616947.jpg  DSC06676_201804140046145e2.jpg
  キジノオシダ?             ヤツデの葉

  沢には溶岩が流れていますが、周辺の壁には大きな礫を含んだ地層が
                       見られます。

        DSC06670.jpg

          何カ所かでニリンソウの小さな塊も見られました。
                これはエイザンスミレかな? 

DSC06693.jpg  DSC06707.jpg
             ニリンソウ           エイザンスミレ

 水が溜まっている場所もあり、岩をよじ登ったり脇の林へ逃げ込んだり
       いつの間にか山ズボンも白く汚れていました。

ヒナスミレの葉っぱもありますが、この辺りではもう花は終っているようです。
標高1000m辺りからしか確認していないシロカネソウがこんな低地にも!

DSC06694_20180414005047397.jpg  DSC06701.jpg
     ヒナスミレ                シロカネソウ

 こんな泥が溜まっている所を歩きますので慎重に・・・ この足跡はだ~れ?

DSC06692_20180414005045055.jpg  DSC06704.jpg

          クロモジやタチツボスミレも咲いています。

DSC06715_2018041400561488e.jpg  DSC06734_201804140056128aa.jpg
     クロモジ               タチツボスミレ

   わ~、こんな所にランヨウアオイが住んでいました。 富士宮市では
      多く見られますが、市内では私は初めての出逢いでした。

DSC06740.jpg  DSC06743.jpg
                  ランヨウアオイ

          この樋の溶岩は、下流部でも見られます。
杉林の中ではトンボソウもたくさん見られます。この子達みんな咲くのでしょうか?

DSC06727.jpg  DSC06745_20180414010233c57.jpg
                               トンボソウ

   探検気分の歩きにウキウキです。 キレイな地層も見られますし・・・
 たった1株のアマナは種子を付けていました。 次回は花を楽しみたい。

DSC06705.jpg  DSC06646.jpg
                           アマナ

          富士山もヒョッコリ顔を見せてくれましたよ。

        DSC06713_201804140056138dc.jpg

  小さな林の中では、ウメガサソウやイチヤクソウなども咲くようです。
        お花の季節、忘れないように・・・ 

DSC06651_20180414011103ce2.jpg  DSC06653.jpg
   イチヤクソウ              ウメガサソウ&オノマンネングサ?

ツルネコノメソウはランナーを出し 、ツルニチニチソウはアチコチに逃げ出しています。

DSC06689.jpg  DSC06658_201804140111011bf.jpg
       ツルネコノメソウ             ツルニチニチソウ


        春の沢歩きも面白い! 今度はどの辺りを歩こうか?




春の足音が・・・

2018/02/22 02:21 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

       本日(20日)は、市内の自然の様子を見て歩きます。
          相方はウォーキングを兼ねてお付き合い。

結構ウロウロしているようでも、まだ歩いたことの無い道が其処此処にあります。
 行き当たりばったりでも、人やお花との思わぬ出逢いがあり、楽しい・・・

「へ~、コンナ所にも道があるんだね、コッチは通り抜けられるのかなあ?」
              と、探検気分いっぱいです。
   
 「わ~、お花咲いてるよ! 何だろう?」作業小屋から人の気配 がしたので
  お邪魔して・・・ 「ちょっとお伺いしてよろしいですか?」 「いいよ」

 黄色い木のお花、遠目に見ると・・・サンシュユ?と思われたのですが、
マンサクでした。 「貴方くらいの年になって知らないのは恥ずかしいよ」と
 お小言を頂いたのが始まりでしたが、最後には色々な情報を頂いたり、
 名刺を頂戴しました。 また季節が変わったら訪ねてみようと思います。

DSC04096_20180222172525410.jpg  DSC04103.jpg

  アカバナマンサクも咲いていました。 種類があるようですが
            園芸種は殆どわかりません。
黄色い方も、自然の中で見るものより花が大きいし、葉っぱが残っています。
      でも、春が来たな~・・・と嬉しくなってしまいました。

        DSC04106_201802221808160a9.jpg

  足元には、フッキソウが蕾を持ち、フクジュソウが気持ちよさそうに
                花を開いていました。

DSC04102_20180222172524dc8.jpg   DSC04097_2018022217252360e.jpg

    アレ?こちらは何だろう? これも園芸種っぽいですね。

          DSC04101_2018022217252622a.jpg

  お礼を述べ、先に進むことにします。 少しずつ春が進んでいるようです。
小さな苗なのに、ペンペン草が花を咲かせ始めています。 何で急いでいる?

DSC04110_20180222180814fac.jpg  DSC04108_20180222180815942.jpg

林を通りかかると、コクランの花後や、蕾を持ったオニシバリも見られます。

DSC04124.jpg  DSC04122_20180222180813307.jpg

             ハハコグサやウラジロチチコグサの苗・・・

DSC04116_201802221823034bf.jpg  DSC04117.jpg

   沢沿いでは、エビゴケや多分ヤブタビラコの苗も育っています。

DSC04131_2018022218230219f.jpg  DSC04125_201802221823016a1.jpg

          黒い土に茶色の土・・・何の境なんだろうね? 
富士山の溶岩流も、沢沿いでは普通に見られます。 水の流れでツルツル
  暖かくなったらこの沢を広く歩いてみよう。 何かに出逢うかも??
     あっ、マムシがいるらしいので、長靴を履いて・・・

DSC04132.jpg  DSC04128.jpg

   さらに進むと、しっかりと3本の葉脈を持っている木がありました。
 この木は・・ニッキだ! 葉っぱを嗅ぐと・・やっぱり、いい香りがします。
         クロモジの蕾もふっくらとしてきたようです。

DSC04134_20180222182404a2b.jpg  DSC04136_201802221824035d6.jpg

キブシの蕾はまだ堅そうですね。 スミレモは・・緑藻の仲間だそうです。

DSC04139_2018022218240204b.jpg  DSC04142_20180222182402af1.jpg

       近くの林にあり、花の時期を見逃したウメガサソウ・・・
  ヤッパリ間違いじゃ無かった。イチヤクソウやシュンランも咲く林です。

DSC04145_20180222182804497.jpg  DSC04152.jpg

   シュンランも多く見かけるのですが・・・しっかりと蕾が付いています。
           今年こそは見に来るね。 

DSC04160_201802221828035f8.jpg  DSC04147.jpg

              ふきのとうは・・・あとひと息ですね。

        DSC04173.jpg
   
       春の息吹が感じられる・・・。そんな、ふわっとした一日でした




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム