FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

K太、山登り  その3

2013/09/05 00:39 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

             8月18日、三つ峠での観察会が行われました。
 そうだ! K太達も誘おう。 時間は少し遅くなりそうなので、後から追っかけます。
結局登り始めたのは・・・お昼近くになってしまいました。駐車場でお昼は冴えない
          ので、途中まで歩いたあとで、食べる事にしました。
  「ばあば、塩コンブのお結びある?」 「あるよ~」 K太は塩コンブが大好きです。

    DSC03302.jpg    DSC03303.jpg    DSC03324.jpg
      さあ出発です        リュックを背負って       まもなくお昼です

 昼食を終え、お花を見ながら登って行きます。 暫く行くと張り切っていたK太は眠く
 なってしまったのか「もう歩けない・・」の声。 「すぐそこが広くなって休めるよ」 
と言っても納得せず休憩。 私はお花の様子を見に少し登ると、Yさんが頂上から帰る
              みんなを待っていました。
     「お~い!」 Kを呼び寄せて、休んでいると仲間が下って来ました。

    DSC03322.jpg    DSC03325_20130905004847a1e.jpg    DSC03335.jpg
      アサギマダラ           レイジンソウ         カイフウロ 

        虫大好き少年がアサギマダラを捕まえて得意そうです。
   その手つきも慣れたもの。 勿論、その後ちゃんと逃がしてあげましたよ。
          虫が苦手なK太を弟子にして欲しいなあ・・・    

    DSC03342.jpg    DSC03346.jpg    DSC03343.jpg
      オクモミジハグマ     アサギマダラと少年        集合写真 

 みんなとお別れした後、もうすっかり目が覚めてしまったK太は張り切っています。
上まで行く気合は充分ですが、何しろ時間がありません。 今日見せてあげたかった
  レンゲショウマをしっかりと目に焼き付け? 少し登った後は、引き返します。

    DSC03338_20130905005414fb2.jpg    DSC03351.jpg    DSC03387.jpg
       シュロソウ           Yと一緒に           木登り?

     天候のせいか、ちょっと傷みのあるレンゲショウマが多かったようです。
       もう少しゆっくり見たかったけれど・・・・・会えて良かった!
登りでは途中から背負い子の中で眠ってしまったYでしたが、帰りはママの背中で
              元気いっぱいです。 

    DSC03406.jpg    DSC03392.jpg    DSC03415.jpg
       レンゲショウマ        カイタカラコウ        ママの背中で

    頑張って駐車場まで下って来ました。 さて、この後は恒例の温泉です。
               「紅富士の湯」にしようかな?

    DSC03420.jpg    DSC03425.jpg    DSC03436.jpg
         ソバナ           クサボタン         楽しかったね!

            今度は早目に出発し、頂上まで行ってみようね。

          初めての途中敗退でした。 まあこんな事もあるよね! 
   


チビ(孫)とのお出掛け

2012/01/30 00:18 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

   天気もいいので、少し歩こう・・・・・と、孫を連れ出し、岩本山公園を散策します。
芝生の広場は開放的で気持ちいい・・・  久しぶりの岩本山公園です。 もう少しすると、
「梅まつり」 で賑わいます。 更には、桜・アジサイ・・・と富士山をバックになかなか絵になる
人気のスポットです。 今は、数年前に植栽されたソシンロウバやマンゲツロウバイが見頃
  でした。 まだ木も小さく、数も少ないのですが、これからまだ増えて行くようです。

    DSC06369_01.jpg    DSC06373_01.jpg    DSC06362_01.jpg
      マンゲツロウバイ          ソシンロウバイ            アンズ

  ホンの少し膨らんだ梅の蕾もありますが、まだまだ開花までには時間が掛かりそうです。
   「梅まつり」 に間に合うかなあ? 木に登ったり、脚立で梅の木の剪定を行っていました。
              「梅まつり」 の準備は進んでいるようですが・・・・・
 
  生後2ケ月近くになったYも声掛けに反応し、時々笑顔を見せてくれるようになりました。
   順調に成長しているようで、ヤレヤレです。 この日はK太と一緒に日光浴です。            

    DSC06361_01.jpg    DSC06387_01.jpg    DSC06366_01.jpg
        K太の弟のY            モミジバフウ            梅の剪定

            アジサイの葉痕も4段5段に見える顔がなかなか面白い!
展望台からは、駿河湾や富士山・愛鷹山・新東名の橋・・360度の展望を楽しむ事が出来ます。
           近くの茶畑からの富士山の眺めも素晴らしい。 

    DSC06380_01.jpg    DSC06355_01.jpg    DSC06356_01.jpg
        アジサイの葉痕           富士山              愛鷹の峰

  2月11日から色々なイベントが行われるようですが、18日の梅のライトアップと竹灯篭の
                   展示を見てみたいなあ・・・・・

             気温は低いながらも太陽の暖かさを感じた1日でした。

 

番外編 「隣のチビとの山歩き」

2010/09/09 00:05 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

    我家の隣家の二人のチビ達も今や高校生と中学生! 歳をとる筈だ~・・・
(単なる隣家なのだが、我家のチビ達はこの子らの祖母にとても可愛がって戴いた。
 まるで自分の孫を慈しむように・・・その後、自分の孫に会う事なく逝ってしまわれた。)

彼女らはなかなか根性のあるチビ達で、幼い頃から良く遊んで貰ったり、山へも連れだした。
     奇石博物館の石の観察会・西臼塚・金時山・越前岳・富士山・・・・・
 
   DSCF0046_01.jpg    DSCF0047_01.jpg    観察会
      1年生のSちゃん         Sちゃん              石の観察会
 
  もう9年位前になるだろうか? 小学2年生のSちゃんと、富山へ引っ越された花の師匠
          Kさんの3人で富士宮口から富士山頂を目指した。
    5合目で少し体慣らしをしていると三角の陰が見えた。 これって影富士?
         (残念ながら写真は一部しか残っていない・・・

           6時頃だったか、いよいよ山頂に向けて出発した。
         「ゆっくりゆっくり歩こうね」 と声を掛けながら・・・

    DSCN1219_01.jpg    DSCN1194_01.jpg    DSCF0006_01.jpg>
         5合目直下          5合目周辺            5合目周辺 

  時折休憩をとりながら、少しづつ頂上へ近づきます。 二人とも初めての富士山行き
     なのでちょっと心配しましたが、全くへっちゃらの様子にホッとします。 
   振り向くと随分登って来ました。 青空と雲がとても澄んで心も晴ればれです。  

    DSCF0054_01.jpg    DSCF0023_01.jpg    ヒコウキグモ_01
      フジハタザオ            元気に登ります         ヒコーキグモ

          あとひと登りで頂上です。 全員無事山頂に着きました。
   この後、お鉢周り・・・とも思ったのですが、下りの事も考え、これは諦めました。
    帰りは遠回りになりますが、登山者も少ない御殿場口から下りはじめました。
途中からは砂走りがとても気持ちいい・・・ 須走口のように石も転がっていないので
        安心して駆け下ります。 SちゃんもKさんも勿論私も大はしゃぎ!
        Sちゃんの足首はすっかり砂の中。 それでもお構いなしです。


    DSCF0029_01.jpg    そこは頂上_01    DSCF0065_01.jpg
         8~9合目          あとひと登り         宝永火口へ

  途中から宝永山方面へ向かいます。 案内が小さいのでガスがかかっていると見落とす
           可能性があります。 でも今日は大丈夫!
 
           目の前に赤い宝永山がくっきりと見えていますから・・

           宝永の尾根から樹林帯を通って駐車場に向かいます。
     4時頃でしょうか・・・ 駐車場に到着です。 3人で喜びあいました。 
 Sちゃんはまだまだ元気なので 「Sちゃん、もう1度登ってくれば?」と言うと 「イヤだ」
    と笑っています。 まだ新しかったSちゃんの靴はボロボロになっていました。

            ず~っといい笑顔、ホントに頑張ったね!

         DSCF0069_01_01.jpg
                花師匠Kさんと頑張り屋のSちゃん


 *おっと、妹のYちゃんが登場していません。 金時山は彼女らと相方と4人で歩きました。
           西臼塚は、彼女たちのお母さんも一緒でした。
           探したのですが・・・写真が見つかりません。 
                  (Yちゃん、ごめんね!)

 

昔々の?チビたちの山歩き・・・その8/8

2009/03/30 19:13 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(4) [Edit]

        長男は中学生になり、段々山行きに抵抗をするようになりました。

                 山を下りたら温泉ね~

   という甘い誘いにも乗ってこなくなり始めました。   う~ん、まずいぞ・・・・・  汗;;

     大菩薩峠へは今よりもだいぶ下から登っていたような記憶があります。 (多分・・・)

    大菩薩峠4    大菩薩峠6    大菩薩峠1


          みんな大きくなるにつれ、表情が固くなってしまいました。
           昔見せてくれた屈託のない表情が懐かしいなあ・・・・・

    大菩薩峠7       大菩薩峠3      大菩薩峠5
    


              ********************


            チビたちも大きくなりました。  もう中2・6年・4年生です。

      相方の会社の友達と 「白馬岳」へ行く事になりました。みんなで10名位です。
       小屋の前で早朝空を見上げると人工衛星?が見えました。 いよいよ出発です!

     白馬岳2     白馬岳3     白馬岳10

           白馬岳9          白馬岳8

       やっと頂上直下の小屋に着きました。 頂上まで登ろうかな?

      いや、まだ相方と友達一人が登って来ない。 1時間半待ってもまだ来ない。
何かあったのだろうか? と今来た道を下って行った。 でもまだ見えない。 段々不安になる・・・
    小1時間も下ったろうか・・・・・ 下の方から二人が呑気そうに登ってくるのが見えた。

   ヤレヤレ・・・・・   途中で暖かく気持ちがいいので寝ていたとの事。   まったくねえ・・・

          翌日もいい天気は続いた。  やっと頂上へ立てる!!

      と喜んだのもつかの間 sn   尾根まで出ると立っていられない程の強風。 
            ロープに捕まってやっと体を支えていた。
  
   そうなのです、山頂目前にして撤退したのでした。orz   昨日の事件さえなければ・・・・・


   子供達はこれを最後に・・・  「山へ行こう!」  と誘うと  「行ってくればいいよ!」 と

          断わられてばかり・・・・・     あ~あ、 「ざ・ん・ね・ん!」 kao06

               暫くは山歩きも休止に入りました。 

(チビたちの山歩き完結!またいつの日か自分の子供達を連れて登ってくれる日が来るのかなあ・・・)ニコニコ。 横向き


昔々の?チビたちの山歩き・・・7/8

2009/03/27 19:03 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

         末っ子もやっと小学生に仲間入り。 5年・3年・1年生になりました! ニコニコ。 横向き
     
      我家から近い 愛鷹連峰の 「越前岳」 ここへは2回?登っている。
           今も私一人で何度も登っているお気に入りの山並みだ。

   お花も楽しめるし、富士山・南アルプスの眺めもいい。駿河湾も眩しく目に入ってくる。

       半日もあれば充分に楽しんでこられる。 雪の越前岳も素晴らしい!

            越前岳1         越前岳2
              カンパ~イ!             今、切り株はありません

                  ******************


          みんな大好きになった 「瑞牆山」 (みずがきやま)に登った時は
     6年・4年・2年生になっていました。 ここは花崗岩の岩山です。
                岩場の好きな子供達は相変わらず大張り切りでした。


    みずがき山5    コピー ~ みずがき山4    みずがき山1
        瑞牆山         末っ子も鍛えられています          昼食

              コピー ~ みずがき山2         みずがき山3
                          お昼寝してから下ろうね!

                         (8/8へ続く)



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム