FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

孫たちと越前岳へ・・・

2018/07/18 22:30 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

    昨年は、9月に富士山8合目まで登ったK太も3年生になりました。
      今年の夏は、「頂上まで行こうね!」 と約束しています。

7月13日、少し山登りの練習をしよう・・・と、愛鷹連峰の「越前岳」へ向いました。
   前日に弟のYとお泊まりをして、相方と4人で少し遅めの出発です。

DSC01433_20180718231950d66.jpg  DSC01434_20180718231949b86.jpg
     十里木から出発            ハルゼミの抜け殻にご満悦のY

    ジイジの双眼鏡を覗いたり、座ったり・・・と、先は長そうです。
     それ以上にゆっくりの相方。 登りはとてもしんどいらしい。

        DSC01437.jpg
                もう? おやつタイムのY

  2人を連れていては、K太も頂上へは難しい・・・ Yにジイジを託し??
              K太と2人で先を急ぎます。
 
    歩きながら、イネ科の葉っぱでキジ笛を鳴らすと、K太も同じように
葉っぱを口に当てます。 思わず 「ブー」 と鳴った音に驚き、嬉しくなり・・大笑い!
    「こうやった方がよく震えるみたい・・・」 と理屈屋が顔を出します。
 葉っぱを替えても音が出ている・・なかなか筋がいいようです。 (バババカ)
 
DSC01446_2018071823194701d.jpg  DSC01442_2018071823194853d.jpg
   オトギリソウの仲間            キジ笛に嵌ったK太

若い男女5人ほどのグループと前後しながら登って行きます。 思ったより快調です。
         キジ笛も鳴ったので、K太の足も軽いようです。

 白い結晶のような変形菌が目に付きました。 「K太、変形菌がいるよ!」
       「あっ、ホントだ!」 しばし観察し、また進みます。

  斜面も緩やかになると頂上も近くなります。 先が明るくなってきました。
       「もうすぐ頂上だよ!」  やったね! ここで昼食です。

DSC01444_20180719224203caa.jpg  DSC01459_20180719224202467.jpg
       変形菌                  越前岳の頂上

  頂上から景色も楽しみます。 あそこの丸く光っているのが県の水泳場、
         それから、ジイジの家は・・・あの辺りかな?

相方に電話をすると、「今、馬の背だよ」 休んでから帰ろうと言ったのだけど、
  Yが 「ジイジ、頑張って!」 と登っているからもう少し登るよ・・・だって!

K太にこのまま下りるか、向こう側の須山の山神社へ下りるか相談したところ、
         山神社に決定。 車を回して貰うことにしました。

        DSC01461_20180719224202d22.jpg
                    駿河湾・・・

    距離は長いけれど、ほぼ下り道なので多分大丈夫でしょう。
 キンレイカが咲き始め、コアジサイの薄紫色がまだ残っています。

DSC01468_201807192242468a6.jpg  DSC01466_201807192242461cd.jpg
    キンレイカ               コアジサイの中を行く

     よく踏まれているコースなので、間違うことはありません。
   暫くは、下ったり緩い斜面を登ったりしながら尾根道を行きます。

DSC01470_201807192242458dc.jpg  DSC01456_20180719224205804.jpg
      少し登ったり・・・             キノコを見たり・・・

 木が大きくなり展望もよくないようですが、岡田紅葉さんのここからの富士山が
 昔の紙幣の図案に採用された旨の案内板がありました。 何故かハシゴあり。

DSC01450_20180719224204c49.jpg  DSC01472.jpg
             富士見台(五十銭紙幣の図案の富士山はここからの撮影)

 ツツジ関係も終え、お花は少ないのですが、ホンのチョッピリ見つけられました。

DSC01477_2018071923415206d.jpg   DSC01478.jpg
  マルバノイチヤクソウ             葉っぱ

    いつ見ても格好いい鋸岳の勇姿です。 惚れ惚れする姿です。
           K太に声を掛けますが・・・反応無し。

        DSC01480_201807192341518d8.jpg
             対岸の鋸岳 (昔は刃渡りをしたそうな・・・)

        DSC01486.jpg
              崖地には立ち入り禁止ロープ

      今年はロウタケの仲間、昨年に比べて出逢いが少ないなあ・・・
           キノコのようでキノコでもない? 何だろう?

DSC01482_20180719234149a0e.jpg  DSC01487_20180719234533def.jpg
      ロウタケの仲間           これは何だろう?

 今度はK太が2つの変形菌を見つけました。 春に変形菌講座に参加してから
               気になる存在の変形菌です。

        DSC01495.jpg
              変形菌の仲間

        これもキットそうだよな・・・ 色々目に付きます。 

今度は笹の真ん中に出ている部分を使って鳴らすと、蚊の鳴くような小さな
 音が出ます。 これもナカナカ面白い。 浮島ではヨシで遊ぶ草笛です。

        P7140059.jpg
              変形菌の子実体かな?

   かなり掘り込みの深い道沿いには林の中に踏み跡が付いています。
  アスレチックのようだとその中に入って下りていくK太。 彼のお母さんの
昔の姿と重なります。 我家の子供たちも平坦な道よりこんな道が好きでした。

黒岳方面への分岐、富士見峠まで帰ってきました。 あとは少し傾斜のある
   下りです。 直下の小屋を過ぎると、少し慎重な歩きになります。

DSC01497_201807192345323e9.jpg  DSC01499_20180719234531ccd.jpg
           まっすぐ行けば黒岳、帰りはコッチだよ~

 まだまだ元気なK太です。 気分のいいときに出る口笛も快調です。
             でも、気をつけながら・・・

        DSC01492_20180719234534331.jpg
              ロープや・・・

 1年で随分逞しくなったものです。 何だか大きく見えるK太の背中です。

        DSC01502_201807192347091b9.jpg
               階段を伝い・・・

  順調に足を進め・・・先が少し明るくなったと思ったら、駐車場がもうすぐでした。

    「ばんざ~い!」 よく頑張ったね。 富士山の歩きはいつにしようか?

        駐車場では、相方とYがニコニコ顔で向かえてくれました。 

                    Yも頑張ったね~。 

        DSC01505.jpg
              神社下の駐車場に到着です。

                 お疲れさまでした~・・・

           

牛ケ峰の一本桜

2018/04/08 22:07 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

数年前に訪ねた牛ケ峰の1本桜は、広い草原の上に立つとても存在感のある
桜の木でした。 残念ながら花の季節では無く、「今度お花を見に来ようね」と
言いながら、そのままになっていました。 (K太家族は訪問したようですが・・)

 通常、4月10日頃に開花するようなのですが、今年は早そう・・・ と言う事で、
 7日に孫たちと出掛けて来ました。 随分上まで車で行けますので、歩くのは
     僅か。 3才になったばかりの孫には最適のお山でした。

   駐車場からすぐの斜面では点々と白い花が見つかりました。 どうやら
       マルバスミレのようです。 こんなに咲いてるのね・・・

P4070008.jpg  P4070006.jpg
                  マルバスミレ

  アカネスミレは殆どが蕾でしたが、シャキッとしたその姿、いいですね。
  赤い花を持つ木は何だろう? と思ったら、「マンサク」 の名札が
             ありました。 園芸種??

P4070016.jpg  P4070010.jpg
    アカネスミレ                 マンサクの仲間

 出発前に用事を終えて駆けつけたチビさんたちのお父さんも合流し、7人で
   歩き始めます。 道端では、ナガバノスミレサイシンも花盛りです。
          末っ子Rの足どりも快調のようです。

P4070022.jpg  P4070018.jpg

  Rはじいじと仲良しです。 肺気腫持ちの相方は登りはちょっと大変そう。
         どうもRの歩きには負けそうな雰囲気です。

P4070030.jpg  P4070038.jpg

今はこの辺りはスミレが賑わい、ニオイタチツボスミレ・ナガバノスミレサイシンの白花・
       ツボスミレ・あとはノジスミレかな? が、たくさん見られました。
       みんなでの歩きなので、写真はいつもより更にいい加減です。

   P4070039.jpg   P4070014.jpg   P4070015.jpg

  わ~、凄い! こんなに花付きのいいクロモジは初めてです。 少し触れると
                   香りが届きます。

P4070046.jpg  P4070047.jpg

      孫たちも棒っきれを片手に遊びながら頂上を目指します。

P4070042.jpg  P4070034.jpg

        Rも兄ちゃんたちと全く一緒、棒っきれも大好きです。

        P4070027.jpg

    「ヤッホー!もうすぐ頂上だよ」 「カモシカさんいないねえ~・・」
         そんな話をしている内に、頂上へ到着です。 

野原の向こうの1本桜が目に入りました。 眼下には静岡市方面がくっきりと・・
 とても展望の良い山です。 1本桜の奥には、山並みが続いています。

P4070049.jpg  P4070059.jpg

                 ちょっとひと休みして・・・

P4070065.jpg  P4070063.jpg

    わ~花咲く1本桜です。 いいねえ~・・・  ちょっと遅かった?

P4070069.jpg  P4070071.jpg

     思わずこ~んな風に寛いでしまう。 そんな景色なのです。
足元にはニオイタチツボスミレが点々と咲いています。 小さなワラビも・・・

P4070082.jpg  P4070079.jpg

  近づいて観察すると・・・まさに今が満開の良いときにやって来たようです。
  山桜ですので、葉っぱも同時に出てきます。 とてもキレイな花弁でした。
    常に風に吹かれてなかなかカメラに治まってくれません。

近くに1本残されたヒノキ?は富士山で見られるような旗型樹形をしていました。
それだけ常に風との戦いなのですね? 何で一本だけ残してる?と娘に聞かれ
ましたが、どうなんだろう? この様子を見せてくれるため??そんなこと無いか・・

       P4070099.jpg

 風も吹き抜け、寒い日でしたが、太陽が出てくるとほ~っとなってしまいます。
          太陽の恵み・・・今更ながらに感じました。

P4070111.jpg  P4070108.jpg

たっぷりと遊んだので、そろそろ帰ることにします。 夕方から相方も用事が
                   待っています。

    後ろ髪を引かれながら、何度か振り返り・・・下って行きました。

        P4070117.jpg

 この山はとてもクロモジが多い山です。 テイショウソウも群生していました。
          また季節をかえて訪ねてみたいものです。

P4070133.jpg  P4070128.jpg

 下った先には、水芭蕉が咲いていました。 群馬県片品村から移植したものの
            ようですが、まだ見頃で良かった・・・

Rもみんなも頑張ったね! 寒くて上着をシェアしながらでしたが良い一日でした。

P4070140.jpg  P4070146.jpg

               さ~てそろそろ帰るとしますか・・・




チビ達は探検大好き!

2016/03/31 17:46 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

   牛ケ峰からの帰り・・・・・チビ達は、2泊3日の我家でのお泊まりです。
 先日来た時は、相方と3人で近くを探検した・・・と自慢げに話していたK太。
              とっても楽しかったようです。 

弟が途中で無くしたおもちゃをじいじは 「見つからないよ・・・」と半ば諦めたものの、
 K太はそれを承知せず、元の道を辿り見つけた時の事を目をキラキラさせながら
     話してくれました。  それ以来探検にハマってしまったようです。

 段ボールの基地に何やら熱心に色付けをして遊んだ後、出掛ける事にしました。

       DSC02506.jpg

    「ばあばも一緒に探検しよう!」 と誘ってくれました。 隊長は勿論K太。
                    副隊長はYです。 

      我家の周辺は山間部なので、どこでも探検場所になります。

  DSC02508.jpg  DSC02515.jpg

   前回の場所を案内すると言うので付いて行きました。 林を抜け道を横切り・・・
     チビ達は大はりきり! 案内を終え、今度は新しい探検場所です。
      少々藪こぎにてこずりながらも、隊長なので弱音を吐きません。 
              副隊長と老隊員はあとへ続きます。

  DSC02518_20160331032421091.jpg  DSC02516.jpg

   出掛けるのが遅かったので、お寺さんの鐘が響いて来ます。 森の中は薄暗く・・・
  それでも元気に声を掛けて藪こぎです。 小さな沢を越え、手入れのされた森へ出ると・・
           目の前には良く見かける景色が広がって・・・・・

                   本日の探検は終了です。

  DSC02513.jpg  DSC02514_20160331032422ca8.jpg

                 次の探検はいつになるかな??




孫たちと高草山へ

2014/03/28 11:26 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

   「 春休みになったらお山へ行こうね 」 とKと約束していたのですが、
       なかなか機会がなく、25日にやっと行く事が出来ました。
 何処にしようか迷いながら、歩行に無理もなく、高草山で春を感じて欲しい・・と
                思ってのことでした。

  DSC02225.jpg  DSC02229.jpg

  ノンビリお弁当を作っていたらヤッパリ遅くなって・・・「笛吹段公園」 でお弁当を
    食べて歩く事にしました。 チビ達は、すっかり公園で遊ぶモードになり、
      石によじ登って遊び始めました。 暖かくて心地よい日です。

  DSC02235.jpg  DSC02228_20140328103437ef7.jpg

  準備も整い、登山開始です。 弟のYはお兄ちゃんのザックを背負ってご機嫌です。
  初めは少し歩き始めたものの、戻ってしまったり・・・まったく進みませんので
                背中に背負って行きます。

  DSC02232.jpg  DSC02238.jpg

      麗らかな春の日差しに、道端のお花もポツポツ咲いて来ています。

  DSC02241.jpg  DSC02240.jpg
   ムラサキカタバミ             オオジシバリ&ヤブタビラコ

   車道を横切りながらお茶畑を登って行くのですが、振返ると駿河湾が眩しい・・・
           とても心地よい景色が広がっています。

  DSC02242.jpg  DSC02250.jpg

   Yを下ろしてひと休み。 少し歩くかな?と思ったのですが、遊んでばかり・・・
                   これじゃ無理だ~
           「ばあば、カメラ貸して」 とKが撮った水仙です。

    DSC02248.jpg   DSC02255.jpg

 スミレも何種類か咲きだしていました。 Kにこの様子を見せてあげたかったのですが、
  タンポポやオオイヌノフグリには反応するものの、キスミレをちらっと見ただけで、
         足元に転がっている笹の棒の方が気に入ったようです。

  DSC02261.jpg  DSC02246.jpg
         キスミレとK                            ノジスミレ

         頂上直下でうっすらと富士山を望む事が出来ました。

  DSC02303.jpg  DSC02266.jpg
     ナツトウダイ                       富士山

  場所によってはもうワラビまで顔を出しています。 今年も何度か食べられるかな?
  
  DSC02299.jpg  DSC02302_2014032810532618c.jpg
               キスミレ                       ワラビ

     頂上まであと少しの所で、「Kが疲れた~」 と言い始めました。(そうだ!
 
 私「 隊長、もう少しで頂上のようですが・・・ 」 と声を掛けると、俄然元気になって
     K 「そうですね、がんばりましょう!」 とグングン登り始めました。
      隊長ごっこは、Kの中でまだ生きていました。 面白いねえ~・・・

  DSC02313.jpg  DSC02270_20140328105201de2.jpg
    サルトリイバラ                   手を合わせて・・・

 カメラを向けるといつも逃げ回るKが、「隊長!頂上で写真を取るのを忘れていました」
          と言う私の声にポーズまでとってくれました。
 帰りは風で目に砂が入ってちょっと大変でしたが、元気で公園まで歩いて来ました。
 さて、温泉に入り帰ります。 じいじが夕方から用事があるのでいつもより早めに
  帰宅です。 山と温泉セットは30年前の子供たち(Kたちのママ)と同じです。
          いつまで付きあってくれるかなあ~?

  DSC02291.jpg  DSC02277.jpg
            エイザンスミレ                     頂上にて



クラフト&K太とちょっぴり富士山五合目

2013/10/04 15:20 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

 先月28日、小学校の子供たちと父兄参加の学校上げてのお祭り?がありました。
その一角で、クラフトが行われ、大勢の人がそれぞれ個性的な作品を作り上げました。
               どの顔にも笑顔がはじけています。
            (素敵な作品がいっぱいでしたが、写真に撮っていません。 残念!)

    DSC07564.jpg    DSC07565.jpg    DSC07567.jpg
          色  々  な  作  品  が  で  き  ま  す

           DSC07568.jpg       DSC07569.jpg
           若いお父さんの作品         仲良し3人組の作品

       *******************************

 ちょっと遅くなってしまいましたが、 「午後から富士山へ行こう」 と約束して
   いたので、お昼を済ませ5合目へ来ました。 外気温は8度です。

樹林帯を歩いていると下から法螺貝の音が聞こえて来ます。 やがて白装束を纏った
   修験者の方が現れました。 おや、見覚えのある方もいますよ。
 昨日海岸を出発し、村山で1泊した後、この村山道を歩いて来られたようです。 
       私もお花の時期に歩きたいと思っているコースです。  

    DSC07575.jpg    DSC07576.jpg    DSC07581.jpg
              修  験  者  の  方  が  た

        今日は六合目の小屋で宿泊し、翌日に富士山頂に立ちます。
 我々もその後に続く事にしました。 相方や仕事で来られないパパさん以外のK太
家族にMさんも一緒です。 最初は何だかよそよそしかったK太もすっかりMさんの
 魅力に嵌ってしまいました。 「隊長、今度はどちらへ行けばいいですか?」と
   Mさんが聞くと、すっかりその気になったK太は「次は右へ行きます」
と指示を出します。 石に付いたチズゴケも何やら自分なりの説明をしています。
             Yは、ママの背中でご機嫌です。

    DSC07588.jpg    DSC07589.jpg    DSC07590.jpg
      Mさんと・・         解説中のK太          Yは楽チン

  元気よく二人の若者が追い越して行きました。 問うと・・・ナント今朝、鈴川の
  海岸を5時に出発し、今夜は六合目に宿泊するのだとか・・・・・ 凄いねえ~。

 途中、宝永の頭が見えました。 「K太、今度おむすび持ってあのお山へ行こうね」
   聞いていたのかいないのか? 小屋前ではママが手を振っています。
                あと一息だよ! 

    DSC07591.jpg    DSC07593.jpg    DSC07596.jpg
  早朝5時に海岸を出発のツワモノ     宝永山       Yは六合目の小屋へ

 ひと休みをした後、五合目の駐車場へ戻ります。 しっかりとMさんと手を繋いで・・。
        駐車場まで来ると、夕日が落ち始めていました。 
         この時間帯、色の変化がとても面白いです。

     車に乗ろうとすると、「K太がここで~、Mさんはこっち、ばあばはそっち」

       Mさんの隣に座ったK太はご機嫌でずっとしゃべりっぱなし・・・ 
    
    DSC07598.jpg    DSC07600.jpg    DSC07610.jpg
     Mさんと仲良し         頂上方面           夕日を前に          

       すっかり遅くなってしまいましたが・・・とても楽しい1日でした。

                ばあば、破れたり・・・・・



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム