お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

石の観察会に参加してきました!

 以前からK・Yと約束していた奇石博物館の石の観察会に参加してきました。
午前中は石のパネル作り、午後からは石花先生を迎え、ロックバランシングを
                    楽しみます。

     富士宮市の富士川沿いにある逢来橋たもとでの活動です。
         3才から70代までの老若男女が集いました。

        DSC00755_20170611060810e49.jpg

        K副館長が、午後の石花先生の紹介をして下さいました。

        DSC00756_20170611060809a84.jpg

   さて、いよいよ川原へ移動して活動開始です。 ブルーシートを広げ・・・
まず最初に、出来るだけま~るい石を全員で探します。 あっちへこっちへ・・・

    (丸いんだけど厚みがない・・これも駄目・・・この位かな?・・・) 

    皆で集めると・・・う~ん、なかなか良いのが見つかっています。         

DSC00757_2017061106124403a.jpg  DSC00761_20170611060807f99.jpg

   「今度はなるべく薄い石を拾って来て下さい」 の声に皆下を向きながら
   石探しです。 これは結構見つかります。 集合の合図に皆集まります。

 皆で品評会です。 丸い石はHさん、平べったい石はKが一番でした。 拍手~・・

   ここで、丸い石・平べったい石は、同じような仲間の石が多いことに
気づかせてくれます。 遊びながら、楽しみながら・・・仲間の石を探していました。

        DSC00760_20170611060808287.jpg

次に、石の出来方をパネルを使って解説してくれます。 小さい子にはちょっと
難しいかも知れませんが、なるべくわかりやすいように工夫されています。

透明の長い容器を使って、地層の出来方を説明してくれます。 一度目の嵐が
起きると(大小混ぜた礫・砂を入れると) 大→小へ分級して堆積していきます。
2度・3度と子供達が砂利を透明容器に入れると何層もの堆積層が出来ました。
                堆積岩です。

DSC00771_20170611060908734.jpg  DSC00770_20170611061133fdb.jpg

次に、紙粘土と色つきの小さな丸い粘土を置き、上から子供達がそれに乗り
      体重を掛けます。 地層では圧力が掛かる状態です。
色つきの層が出来ました。変成岩が出来ました。 薄く剥がれる石です。

 この後、石ころパネル作りに貼る石を探しに散らばります。 お気に入りの石・
また、外見の違った石を10個見つけます。 立派な石ころパネル台を用意して
    くれていました。 作業中の写真を撮っていなかった・・・ 

DSC00775_20170611060907e3e.jpg  DSC00778.jpg

      6月初めとはいえ、太陽がぎらぎら・・・かなり暑さが応えます。
日陰に移動し、お昼を済ませた後は、いよいおロックバランシングの時間です。
           一つは長細い石を選び、積んでみます。

3点で止めると言うのが基本のようで、カメラの三脚を使って説明して下さいました。
  その3点をなるべく近い所に持ってくると、かっこいいものができるそうです。

DSC00785_20170611060906110.jpg  DSC00797_20170611065240c14.jpg

     重心をとりながら、真っ直ぐに積むのは比較的出来そうです。
 「風になびく少女像」 を作ってみました。 後ろに写っているのは、
    2年生の少年ですが・・・

DSC00804_20170611065237758.jpg  DSC00801_20170611065238ce6.jpg

           あっちでも、こっちでも石積みがされていきます。

     こだわりのロックバランシングを終え、まったりしているHさんです。

DSC00812.jpg  DSC00811_2017061106543069b.jpg

          急遽、午後から参加された少女も石に戯れています。
                 背景の青空も良いですね!

DSC00813_20170611065429489.jpg  DSC00825_20170611065428da2.jpg

ここではロックバランシングならぬ、人間バランシングを楽しんでいる子もいます。

         DSC00829_20170611065426901.jpg

 色々な作品が出来ました。 この林立は・・・ 賽の河原を彷彿させます。

DSC00825_20170611065428da2.jpg  DSC00826.jpg

  折角積んだのが写真に撮る前に崩れてしまいました。 先生曰く、
「それだけバランスが難しい作品だからですよ」と。 褒め上手ですね!

DSC00832.jpg  DSC00836_20170611070316d7f.jpg

    みんなそれぞれに夢中です。 相変わらず空からはギラギラと太陽が
       降り注いでいます。 水分補給をしながらの作業?です。

  うわ~、良いバランスの作品が出来ました。 これは、Iさんのものかな?
皆さん、黙々と石と対峙しています。こんな事をしていると、嫌なことも忘れて
             しまいます。 無・・・ですね!

   DSC00841_20170611070610400.jpg   DSC00839_20170611070315e6d.jpg   DSC00844_20170611070314ebb.jpg

 最後に、先生の作品を見せて頂きました。 お~っ、凄い! ビックリです。 
川風に当たりながら、(強いとすぐに崩れてしまいますが)夢中で石を積んだ ”無”
            の時は、とても充実した時間でした。

   川原での楽しみがまた一つ加わりました。  楽しかった~・・・・・

  体調の優れなかった相方は、太陽に負けてしまっていましたが・・・・・

そうそう、作った作品は全て崩して行くのが鉄則だそうです。 落下して傷つく
               可能性もありますしね・・・・・

DSC00834_20170611070609308.jpg  DSC00833_2017061107031358b.jpg

これも撮り忘れ、K・Iの石ころパネルです。 自分でフィールドネームをつけるの
ですが、Kは、ジバニャンシリーズで。 裏には、ひとつひとつKさんが確認して
    下さった正式名を書きました。  オレ(K)の宝物かな?

        DSC00851_201706110706084b1.jpg

 とっても充実した、楽しい観察会でした。(おまけに・・・参加費無しです)
             ありがとうございました~。

        DSC00853_201706110706078d0.jpg


PageTop

孫たちと白糸の滝

  孫たちも春休みに入り、1年生のKと年中のYがお泊まりに来ました。
お彼岸ですから、皆で賑やかにお墓参りです。 末っ子のRもお兄ちゃんと
                手を合わせます。  

 このお寺さんで初めて目にして以来、大好きになったリキュウバイも咲き始めて
いました。その後「花と緑の百科展」時に購入し、庭の一角を飾っていますが、
      山間部の我が家ではまだ芽吹きも浅いといったところです。

DSC00065_201703242304474f7.jpg  DSC00068_201703242304468c4.jpg
        孫たち                 リキュウバイ

       その後、新しくなった白糸の滝へ行くことにしました。
 結構な水量の流れです。 展望台からの富士山も少しもやが掛かって
           いましたが、なかなかの眺めでした。

DSC00071_20170324230445d3b.jpg  DSC00072_20170324230444ad7.jpg
 白糸の滝展望台              展望台からの滝

          DSC00075_201703242304427cf.jpg
               白糸の滝と富士山

 DSC00085_20170324230903fdf.jpg

         暫く皆でしぶきを受けながら滝を楽しみました。

DSC00090_20170324230902ea3.jpg  DSC00119_20170324230901cbe.jpg

  少し足を伸ばして、壁に咲くヤマルリソウや、白いモミジイチゴの花を
 楽しみました。 壁際には湿気が多いようで色々なシダやコケが付いている
        ので、Kと探検よろしく二人観察を始めました。

DSC00105_20170324230859621.jpg  DSC00096_20170324230900040.jpg
    モミジイチゴ              ヤマルリソウ

 探検を終え、先発隊?を追いかけます。 すると、ニワトコ・フキノトウが
  目に入りました。 これ天ぷらで食べられるよ・・・と話すと、すぐに 
             今夜の一品が決まりました。 

DSC00103_20170324231033396.jpg  DSC00104_201703242310327ea.jpg
        ニワトコ               フキノトウ

   若草色の朔を持った綺麗なコケやホトトギスの苗も顔を出しています

DSC00107_201703242310318f7.jpg  DSC00109_20170324231638465.jpg
     ホトトギス              コケの仲間

      一番特徴のあるメヤブソテツもこの辺りでは多く見られました。

       DSC00076_20170324231454c17.jpg
                   メヤブソテツ

「ばあば、雪の結晶みたいだよ」 と言うKの方を見ると、オニノゲシのロゼット
           でした。 「ほんとだ!綺麗だね・・・」 

       DSC00114_20170324231031d77.jpg
              オニノゲシのロゼット

 アレチマツヨイグサのロゼットも沢山見られます。 その時期になると黄色い花で
         埋もれそうなほどの数のロゼットでいっぱいでした。

       DSC00116_20170324231030b8b.jpg
              アレチマツヨイグサ

  3泊4日のお泊まりも瞬く間に過ぎて、ホッとしたような・・・寂しいような・・・

               また二人の生活に戻りました。

PageTop

孫Rと麻機遊水地を歩く

   11月29日は、2歳になったばかりの孫のRとじいじ・ばあばでお留守番です。

    少し前まではお母さんべったり・・・  とても怖くて預かれませんでした。
でも、最近では様子が変わって来ました。 (んっ、これなら大丈夫かも知れないぞ・・)

    この日は天気もよく、お母さんが留守の間相方と3人で過ごします。
事前にRに 「今日はじいじ・ばあばとお留守番しててね」 と言う言葉に 「イヤ!」と
言っていたらしいのですが・・・・・ すんなりと、お母さんにバイバイし、私の車に乗り
          込みました。 凄い凄い! とても大きな成長です。

          今日は、近くの麻機遊水地を歩く事にしました。
  さっそく、「アッチへ行くと案山子があるよ~」と教えて頂き、歩き始めます。
太陽の暖かさが心地よく、絶好の散歩日和です。 Rは先に立ってドンドン歩き
                      始めます。

  DSC00753.jpg  DSC00749_20161202000127329.jpg

 「Rちゃん」 と声を掛けると、いい顔をしてくれるのはいいのですが、目をつむった
            のが彼女にとってはいいお顔のようです。

 「オレンジのちょうちょ!」 あっ、ホントだ! 白い蝶や黄色い蝶・小さなバッタ・・・・・
   目の先をアオサギが飛んで行きました。 暫く蝶と遊び、また歩きます。

  DSC00760_201612020001266e2.jpg  DSC00752_20161202000125e7d.jpg

  「かかし、無いね~・・・」 と歩いて行くと、もうすぐ遊歩道を抜けると言う所で、
      案山子の姿が見えました。 ぐるっとまわって、近くへ行きます。

20体程でしょうか・・・案山子が立てられていました。ジバニャン・ピカチュウもいます。

  DSC00762_20161202000124767.jpg  DSC00768_201612020013469cc.jpg

                  しばし・・・案山子見物です。

          DSC00763_20161202001347045.jpg

          Rが落ちた葉っぱを見ています。 「きれいだねえ~」
          見上げると、ナンキンハゼが紅葉を始めていました。

テントウムシが顔を出しました。 手にとってRに渡そうとすると、手を引っ込めます。

 「今度はじいじの番」と相方に渡し、「次はばあばの番」さらに「次はRの番」と言うと、
  何となく勢いで腕を出しました。 袖口に乗せてやると、ちょっとビックリ大慌て!
    「今度はじいじの番」 と早目に移動し、それを何回か繰り返しました。

    さて、少し疲れたのでひと休み・・・ 麦茶とおやつタイムです。

  DSC00776_20161202001344e55.jpg  DSC00775_20161202001345211.jpg

     途中でジュズダマがあったので、少し摘みます。 「Rも摘んで・・・」
  と言うと、小さな手でひとつひとつ摘んで行きます。 ちょっと枝を曲げてあげます。
      彼女の目線からすると、散策路も、まるでジャングルの中のよう・・・・・

  相方が「R,持ってあげようか?」と言っても、数珠玉の入った袋を離しません。
               大きな袋なので、ズルズル・・・・・。

おっ、歩きながらRの鼻歌が聞こえて来ました。 天気もよく、自分で数珠玉も摘み
     いい気分だったようです。 鼻歌が出るのは、大人も一緒ですね!

  DSC00784_20161202001424e85.jpg  DSC00777_20161202001343292.jpg

          頑張って結構歩きました。 ちょっと茂みの所も・・・・・

  ルンルン気分で袋を振りながら歩いていたら・・・・・やっちゃった! ジュズダマが
        飛び出してしまいました。 3人でまた拾い集めます。

              DSC00785_2016120200142316c.jpg

  最後に、水辺で水鳥を見る事にしました。 先客のおじさまが、カメラを三脚に
      つけたまま、本を読んでいました。 これなら近づいても大丈夫。

        水辺では、タコノアシが赤い色を終えて茶色になっていました。

     お母さんの用事も終わったようで、待ち合わせの駐車場へ向かいます。

  DSC00786_2016120200142269b.jpg  DSC00787_20161202001422f9f.jpg

      元の道に戻り・・・・・向こうの方からRのお母さんの姿が現れました。

ちょっと走り、転んでしまいましたが、泣きもせず一人で起き上がって歩きだしました。

            いつの間にか成長しているんだねえ~・・・




PageTop

かぐやひめミュージアムと孫たち

        市立博物館の改修が終え、本年新しくスタートしました。
 まだ新しくなって出掛けた事がありませんでしたので、孫たちと行ってみました。

        入館料は・・・・・無料となりました。 嬉しい事です。

   最近お喋りが上手になったRはじいじのお膝が大好きで、絵本を持ちちょこんと
      座ると、じいじの顔はデレデレです。 あと2ケ月で2歳になります。

         2階のエントランス?部分の竹灯りがとても素敵です。 
              さすが、かぐや姫ミュージアムです!

  DSC08822_20160815052036367.jpg  DSC08823_2016081505203614a.jpg

  DSC08839_20160815233547957.jpg  DSC08838_201608152335485f5.jpg

  以前から展示にあった縄文時代の生活風景・富士山の山噴出物・石器などは
                  少し手を加え残っていました。

館内へは、正面入口からだけではなく、隣接する広見公園から直接2階の館内へ入られる
                   ように改装されています。

  DSC08825_20160815052034815.jpg  DSC08824_201608150520358e2.jpg 

                 映像や声で楽しむ事も出来ます。 

  DSC08831_20160815232856482.jpg  DSC08826_20160815052034690.jpg

  宿場町の時代の展示も以前からあったものですが、YとRは 「こんにちは~!」 
           と、しきりに人形に声を掛けていました。 

         DSC08827.jpg

                 勿論、新しい展示もありますよ!

         DSC08828_201608152328587ab.jpg

         DSC08829_201608152328576b5.jpg

    富士山の古道の地図でしょうか? チビ達と一緒ではゆっくりと見る事は
           出来ないので、今回は軽くまわってみました。

         DSC08830_20160815232857865.jpg

 富士市は紙の町です。 また、かぐや姫公園もあり、地元ではお祭りも行われます。
 全国に残るかぐや姫伝説にちなんだ町が集まってかぐや姫サミットも行われていた
               ようですが、今もあるのかな?

    ここでは、最後はかぐや姫は富士山へかえるという風になっています。
       和紙で作られた、かぐや姫物語も素敵に展示されていました。

  DSC08835_20160815232955e47.jpg  DSC08836.jpg

          DSC08837_20160815233549182.jpg

  これも新しい展示です。 富士山の富士宮口からの登山道の頂上にある鳥居は
        富士市岩淵から12年に一度、申年に奉納されるようです。

     今年が申年であり、本年8月7日に新しい鳥居が設置されました。
     今年2日に登った時には、古いものは取り外されていたとのこと・・・
         (今年中に新しい鳥居をくぐって来ます。多分・・・)

外された鳥居が、後日この博物館に展示されるような記事を読んだ気がします。

              DSC08834_20160815232956929.jpg

     さてさて・・・・・見学はここまで!  チビ達と須津川方面へ向かいます。

    橋の上からウラジロ飛ばしをしようと山道を走っていると・・・・・シカです!
逃げようともせず、ずっと同じ位置にいます。 「おっ、角がある」 これは袋角というそうです。
           これから時間が経って立派な角になるのですね? 

        DSC08843_20160815232955c33.jpg

        DSC08845_20160815232954dc9.jpg

  林の中ではセミの声が賑やかです。 草むらでセミがバタバタしていたので
      捕まえてみました。 恐る恐る手を出し・・・・・ほら、大丈夫!

            DSC08847_20160815232954453.jpg

     弟のYも・・・・・ちょっと怖がって手が出ません。 でもここならへっちゃら!
         勇気を出して掴もうとしたら・・・・・逃げられてしまいました。

            DSC08851_20160816000750b82.jpg

    いっぱいウラジロがある筈なのに、欲しい時はなかなか見つかりません。
少しのウラジロ・他のシダ・笹の葉・アカメガシワ・・・・・色々なものを橋から飛ばしました。

     それぞれに面白い飛び方をして長い時間空中を舞う姿はなかなか面白い。

                       また遊ぼうね!


PageTop

チビ達丸火で遊ぶ

   4日、Yの熱も下がったようで、いつものわんぱく顔のYがやって来ました。

 何処へ行こうかな~・・・・・ 「アリジゴクをしたい」 との事で、皆で丸火公園へ
 向かいます。 アスレチックもいつの間にか復活し、チビ達は大好きな場所です。

  DSC06160.jpg  DSC06161_201605111642447c9.jpg

  それぞれに遊び始めました。 「ばあば、しゅごい?」 「うん、凄い凄い!」
          Yもすっかり一人前に遊べるようになりました。

  DSC06162.jpg  DSC06159.jpg

      「目の届く所にいるんだよ~」 と声を掛けますが、次へ次へ・・・と
                    行きたいようです。

  DSC06164_20160511164243df7.jpg  DSC06166_2016051116433398c.jpg

  あっ、オトコヨウゾメも咲き始めたんだ・・・。 コバノガマズミも花を咲かせています。 

  DSC06167.jpg  DSC06170.jpg
    オトコヨウゾメ                     コバノガマズミ

 アスレチックをしながら、「いい匂いがするよ」 と、クロモジの葉っぱを嗅がせます。
  その葉を口に当て音を出すと、皆それぞれに、「どれ?どれ?」と葉っぱ探し。

    意外にも、4人全員音を出す事が出来ました。 これにはビックリ! 
  まだまだ若葉で軟らかく、音が出やすかったようです。 みな得意顔です。
               アレ、Mの写真がありません・・・・・ ごめん。

    DSC06179_2016051116473797c.jpg    DSC06174_20160511164332867.jpg    DSC06181.jpg

  お正月・5月・8月に顔を合わせる従兄どうし。 その日が来るのをとても楽しみに

             しているようです。 次は・・・夏かな?

  DSC06188.jpg  DSC06184.jpg

         ツリバナやベニサラサドウダンも森を賑わせ始めました。       

  DSC06187_20160511165359cfc.jpg  DSC06190_201605111647352c6.jpg
      ツリバナ                 ベニサラサドウダン

      園内の富士見ケ池周辺には、丸火溶岩の見所が何箇所かあります。
  溶岩樹形や溶岩トンネルを覗く事にしました。 頭に気を付けて小さくなるんだよ~
       と声をかけましたが、Iがコッツンコ! 痛かったねえ・・・

  ここは縦型の溶岩樹形です。 かなり大きな穴が開いていて、夏には特に
                 外気温との差が感じられます。

  DSC06196.jpg  DSC06194_20160511165359d1e.jpg

                     また遊びに行こうね!
  


PageTop