久しぶりの積雪です!

    2月2日、朝目が覚めると一面の銀世界が広がっていました。
わ~凄い!何年ぶりの積雪でしょう? 子供たちが幼い頃は、年に1~2度は
        雪が積もり庭や近くの広場で遊んだものです。

DSC03485_20180208013759880.jpg  DSC03490.jpg

   雪はホンの2~3㎝で、お昼過ぎには大方溶けてしまいましたが・・・

        DSC03486_20180208013758623.jpg

       「そうだ! 今日は金曜日、チビたち遊びに来ないかなあ~」
        と言う事で、夜に迎えに行き翌日は雪遊びとなりました。

 午前中に観察会が行われ、午後からはそのまま残って遊ばせて頂きます。
集合時間が迫っているというのに、チビたちは駐車場の雪で遊び始めました。

                 「お~い、行くよ~」

DSC03497_201802080137573e2.jpg  DSC03499.jpg

 この時期、おまけに標高1000m弱の地にはお花は見られません。 
      それでも地衣類・コケ・シダ・冬芽の観察が出来ます。
     コブシの花芽や葉芽は温かなお布団に包まれています。

DSC03502.jpg  DSC03504.jpg

1年生の男の子は地衣類に興味を持ったようで、色々なところで探しています。
     チビたちは雪に興奮し、まるで子犬のようなはしゃぎようです。

DSC03505.jpg  DSC03506_20180208015129b70.jpg

        観察会を終えた後は、ソリ遊びをすることにしました。
 Yはソリを片手に何度も登っては滑り、また登っています。 お兄ちゃんのKは
           少し滑った後・・・もういいようです。

DSC03508.jpg  DSC03509.jpg

広場では豆まきの催しがありました。 並んでまめを受け取るのですが、Kは
   まったく興味が無いようで、誘っても 「いや、いい」 というばかり。
   Y・相方と3人で豆まき用のマメを頂き、まもなく鬼の登場です。

        DSC03516_20180208183658b4b.jpg
 
 Yは嬉しそうに豆まきをし、終ってからも鬼さんの前から暫く離れません。

DSC03524.jpg  DSC03525.jpg

 さ~て、外の雪で遊ぼうか・・・と帰ります。  がっ、それからが長い・・・
     雪の斜面をよじ登ったり滑ったり・・・楽しそうです。   

        DSC03530.jpg

    踏み跡の無い新雪へ入り、寝っ転がったり、足跡を付けたり・・・
     それはそれは楽しそう・・・ コンナ雪余り見かけないものね!

DSC03536.jpg  DSC03534_20180208183800d13.jpg

                 雪の上で大の字になり・・・・・

        DSC03543.jpg

             起きた後には・・・ こんな雪形がありました。

DSC03537.jpg  DSC03544.jpg

     出口近くの階段も二人で転がり・・・ もう止めようもありません。

DSC03546_20180208184437ad0.jpg  DSC03547_20180208184436b29.jpg

    さあ帰ろう・・・と言ってから、とても長い時間園内に滞在しました。

少し車を走らせ、雪遊びをします。 いつのまにか雪合戦が始まり一汗掻きます。

DSC03549.jpg  DSC03548.jpg

   富士山も何だかにこにこ顔? 冬芽や葉痕も見られます。

DSC03555_20180208184535b66.jpg  DSC03553_20180208184434241.jpg

Kが 「かまくらを作ろう」 と言い出し、皆で雪を集め1時間以上かけて小さな
             かまくらが出来上がりました。 

雪山を作り、中の雪を掻き出すのはなかなか大変。 傘や手足を使い交代で
             穴掘りをした結果、やっと・・・

DSC03558.jpg  DSC03562_20180208184533470.jpg

  ちょっと小さすぎたようですが、どうにか入ることが出来ました??

        DSC03563_20180208184532947.jpg

          さ~て、そろそろ帰ろうよ。 


年末年始の孫たち

        年末年始は、子供・孫たちで大賑わいの我家です。
写真も撮れない状況ですが、カメラを確認すると少しだけ記録が残っていました。
お正月・5月の連休は我家に、8月は四国の実家で過ごすのが定番になっています。

           全員集合で13名、楽しいけれど大変だ~・・・

              今年の夏はどうなるかなあ?・・・

      昨年末は、孫たちとチリメンの布でお手玉を作ることにしました。
熱中しているのは3年生のMです。 なかなか器用で一昨年はマフラーを上手に
作っていました。そして従兄弟のYの分もチクチクと針を動かし作ってくれました。

DSC02445_20180116105842536.jpg  DSC02451_20180116105841c3e.jpg

    2年生のKとIは、とても仲良し。 こんな光景を良く目にするのです。

                    DSC02504.jpg 

           1週間後、KとYが2泊3日でやって来ました。
 七草摘みのお付き合い、そしてチョッピリ砂金掘りにでも出掛けましょう。

   河原で煮込みラーメンで腹ごしらえをして、基地作りをし遊びます。

DSC02626_2018011610330315f.jpg  DSC02625_201801161058393f1.jpg

              
        DSC02628.jpg

   先日の誕生日にお父さんから貰ったというスケボーに嵌っているKです。
           隙を見つけては嬉しそうに乗っています。

        DSC02634.jpg

 もう時間が無くなっちゃうよ!  移動して、孫たちは初砂金掘りに挑みます。
   パンニング姿を撮るはずが・・・もうすっかり忘れてしまっていました。
  3回ほどパンニングをして、本日は終了です。 今度はモットゆったりね!

           成果は?・・・・・   Kは3粒、Yは1粒でした。 

           DSC02635 (2)

 翌日の7日は浮島公園で、羽子板作りと七草がゆの試食が行われました。
 自作の羽子板で、当日仲良くなったお友達と飽きず羽根突きをして
                  遊んでいました。

            まずは七草摘みとそのお勉強。

洋風・塩味2種の七草がゆ・小豆がゆとヤブツル小豆がゆ・副菜数種・
         デザートを味わって観察会の終了です。 
   本日は120名の参加者で、6つの鍋はあっという間に空っぽです。

DSC02643_2018011611085036f.jpg  DSC02644_20180116110849fbd.jpg

             終了後も二人は駆け回って遊んでおりました。

        DSC02651_201801161108490e9.jpg

    この日もカワセミがたっぷりとその美しい姿を見せてくれました。
 
        DSC02657.jpg

                          また遊ぼうね!

       

石の観察会に参加してきました!

 以前からK・Yと約束していた奇石博物館の石の観察会に参加してきました。
午前中は石のパネル作り、午後からは石花先生を迎え、ロックバランシングを
                    楽しみます。

     富士宮市の富士川沿いにある逢来橋たもとでの活動です。
         3才から70代までの老若男女が集いました。

        DSC00755_20170611060810e49.jpg

        K副館長が、午後の石花先生の紹介をして下さいました。

        DSC00756_20170611060809a84.jpg

   さて、いよいよ川原へ移動して活動開始です。 ブルーシートを広げ・・・
まず最初に、出来るだけま~るい石を全員で探します。 あっちへこっちへ・・・

    (丸いんだけど厚みがない・・これも駄目・・・この位かな?・・・) 

    皆で集めると・・・う~ん、なかなか良いのが見つかっています。         

DSC00757_2017061106124403a.jpg  DSC00761_20170611060807f99.jpg

   「今度はなるべく薄い石を拾って来て下さい」 の声に皆下を向きながら
   石探しです。 これは結構見つかります。 集合の合図に皆集まります。

 皆で品評会です。 丸い石はHさん、平べったい石はKが一番でした。 拍手~・・

   ここで、丸い石・平べったい石は、同じような仲間の石が多いことに
気づかせてくれます。 遊びながら、楽しみながら・・・仲間の石を探していました。

        DSC00760_20170611060808287.jpg

次に、石の出来方をパネルを使って解説してくれます。 小さい子にはちょっと
難しいかも知れませんが、なるべくわかりやすいように工夫されています。

透明の長い容器を使って、地層の出来方を説明してくれます。 一度目の嵐が
起きると(大小混ぜた礫・砂を入れると) 大→小へ分級して堆積していきます。
2度・3度と子供達が砂利を透明容器に入れると何層もの堆積層が出来ました。
                堆積岩です。

DSC00771_20170611060908734.jpg  DSC00770_20170611061133fdb.jpg

次に、紙粘土と色つきの小さな丸い粘土を置き、上から子供達がそれに乗り
      体重を掛けます。 地層では圧力が掛かる状態です。
色つきの層が出来ました。変成岩が出来ました。 薄く剥がれる石です。

 この後、石ころパネル作りに貼る石を探しに散らばります。 お気に入りの石・
また、外見の違った石を10個見つけます。 立派な石ころパネル台を用意して
    くれていました。 作業中の写真を撮っていなかった・・・ 

DSC00775_20170611060907e3e.jpg  DSC00778.jpg

      6月初めとはいえ、太陽がぎらぎら・・・かなり暑さが応えます。
日陰に移動し、お昼を済ませた後は、いよいおロックバランシングの時間です。
           一つは長細い石を選び、積んでみます。

3点で止めると言うのが基本のようで、カメラの三脚を使って説明して下さいました。
  その3点をなるべく近い所に持ってくると、かっこいいものができるそうです。

DSC00785_20170611060906110.jpg  DSC00797_20170611065240c14.jpg

     重心をとりながら、真っ直ぐに積むのは比較的出来そうです。
 「風になびく少女像」 を作ってみました。 後ろに写っているのは、
    2年生の少年ですが・・・

DSC00804_20170611065237758.jpg  DSC00801_20170611065238ce6.jpg

           あっちでも、こっちでも石積みがされていきます。

     こだわりのロックバランシングを終え、まったりしているHさんです。

DSC00812.jpg  DSC00811_2017061106543069b.jpg

          急遽、午後から参加された少女も石に戯れています。
                 背景の青空も良いですね!

DSC00813_20170611065429489.jpg  DSC00825_20170611065428da2.jpg

ここではロックバランシングならぬ、人間バランシングを楽しんでいる子もいます。

         DSC00829_20170611065426901.jpg

 色々な作品が出来ました。 この林立は・・・ 賽の河原を彷彿させます。

DSC00825_20170611065428da2.jpg  DSC00826.jpg

  折角積んだのが写真に撮る前に崩れてしまいました。 先生曰く、
「それだけバランスが難しい作品だからですよ」と。 褒め上手ですね!

DSC00832.jpg  DSC00836_20170611070316d7f.jpg

    みんなそれぞれに夢中です。 相変わらず空からはギラギラと太陽が
       降り注いでいます。 水分補給をしながらの作業?です。

  うわ~、良いバランスの作品が出来ました。 これは、Iさんのものかな?
皆さん、黙々と石と対峙しています。こんな事をしていると、嫌なことも忘れて
             しまいます。 無・・・ですね!

   DSC00841_20170611070610400.jpg   DSC00839_20170611070315e6d.jpg   DSC00844_20170611070314ebb.jpg

 最後に、先生の作品を見せて頂きました。 お~っ、凄い! ビックリです。 
川風に当たりながら、(強いとすぐに崩れてしまいますが)夢中で石を積んだ ”無”
            の時は、とても充実した時間でした。

   川原での楽しみがまた一つ加わりました。  楽しかった~・・・・・

  体調の優れなかった相方は、太陽に負けてしまっていましたが・・・・・

そうそう、作った作品は全て崩して行くのが鉄則だそうです。 落下して傷つく
               可能性もありますしね・・・・・

DSC00834_20170611070609308.jpg  DSC00833_2017061107031358b.jpg

これも撮り忘れ、K・Iの石ころパネルです。 自分でフィールドネームをつけるの
ですが、Kは、ジバニャンシリーズで。 裏には、ひとつひとつKさんが確認して
    下さった正式名を書きました。  オレ(K)の宝物かな?

        DSC00851_201706110706084b1.jpg

 とっても充実した、楽しい観察会でした。(おまけに・・・参加費無しです)
             ありがとうございました~。

        DSC00853_201706110706078d0.jpg


孫たちと白糸の滝

  孫たちも春休みに入り、1年生のKと年中のYがお泊まりに来ました。
お彼岸ですから、皆で賑やかにお墓参りです。 末っ子のRもお兄ちゃんと
                手を合わせます。  

 このお寺さんで初めて目にして以来、大好きになったリキュウバイも咲き始めて
いました。その後「花と緑の百科展」時に購入し、庭の一角を飾っていますが、
      山間部の我が家ではまだ芽吹きも浅いといったところです。

DSC00065_201703242304474f7.jpg  DSC00068_201703242304468c4.jpg
        孫たち                 リキュウバイ

       その後、新しくなった白糸の滝へ行くことにしました。
 結構な水量の流れです。 展望台からの富士山も少しもやが掛かって
           いましたが、なかなかの眺めでした。

DSC00071_20170324230445d3b.jpg  DSC00072_20170324230444ad7.jpg
 白糸の滝展望台              展望台からの滝

          DSC00075_201703242304427cf.jpg
               白糸の滝と富士山

 DSC00085_20170324230903fdf.jpg

         暫く皆でしぶきを受けながら滝を楽しみました。

DSC00090_20170324230902ea3.jpg  DSC00119_20170324230901cbe.jpg

  少し足を伸ばして、壁に咲くヤマルリソウや、白いモミジイチゴの花を
 楽しみました。 壁際には湿気が多いようで色々なシダやコケが付いている
        ので、Kと探検よろしく二人観察を始めました。

DSC00105_20170324230859621.jpg  DSC00096_20170324230900040.jpg
    モミジイチゴ              ヤマルリソウ

 探検を終え、先発隊?を追いかけます。 すると、ニワトコ・フキノトウが
  目に入りました。 これ天ぷらで食べられるよ・・・と話すと、すぐに 
             今夜の一品が決まりました。 

DSC00103_20170324231033396.jpg  DSC00104_201703242310327ea.jpg
        ニワトコ               フキノトウ

   若草色の朔を持った綺麗なコケやホトトギスの苗も顔を出しています

DSC00107_201703242310318f7.jpg  DSC00109_20170324231638465.jpg
     ホトトギス              コケの仲間

      一番特徴のあるメヤブソテツもこの辺りでは多く見られました。

       DSC00076_20170324231454c17.jpg
                   メヤブソテツ

「ばあば、雪の結晶みたいだよ」 と言うKの方を見ると、オニノゲシのロゼット
           でした。 「ほんとだ!綺麗だね・・・」 

       DSC00114_20170324231031d77.jpg
              オニノゲシのロゼット

 アレチマツヨイグサのロゼットも沢山見られます。 その時期になると黄色い花で
         埋もれそうなほどの数のロゼットでいっぱいでした。

       DSC00116_20170324231030b8b.jpg
              アレチマツヨイグサ

  3泊4日のお泊まりも瞬く間に過ぎて、ホッとしたような・・・寂しいような・・・

               また二人の生活に戻りました。

孫Rと麻機遊水地を歩く

   11月29日は、2歳になったばかりの孫のRとじいじ・ばあばでお留守番です。

    少し前まではお母さんべったり・・・  とても怖くて預かれませんでした。
でも、最近では様子が変わって来ました。 (んっ、これなら大丈夫かも知れないぞ・・)

    この日は天気もよく、お母さんが留守の間相方と3人で過ごします。
事前にRに 「今日はじいじ・ばあばとお留守番しててね」 と言う言葉に 「イヤ!」と
言っていたらしいのですが・・・・・ すんなりと、お母さんにバイバイし、私の車に乗り
          込みました。 凄い凄い! とても大きな成長です。

          今日は、近くの麻機遊水地を歩く事にしました。
  さっそく、「アッチへ行くと案山子があるよ~」と教えて頂き、歩き始めます。
太陽の暖かさが心地よく、絶好の散歩日和です。 Rは先に立ってドンドン歩き
                      始めます。

  DSC00753.jpg  DSC00749_20161202000127329.jpg

 「Rちゃん」 と声を掛けると、いい顔をしてくれるのはいいのですが、目をつむった
            のが彼女にとってはいいお顔のようです。

 「オレンジのちょうちょ!」 あっ、ホントだ! 白い蝶や黄色い蝶・小さなバッタ・・・・・
   目の先をアオサギが飛んで行きました。 暫く蝶と遊び、また歩きます。

  DSC00760_201612020001266e2.jpg  DSC00752_20161202000125e7d.jpg

  「かかし、無いね~・・・」 と歩いて行くと、もうすぐ遊歩道を抜けると言う所で、
      案山子の姿が見えました。 ぐるっとまわって、近くへ行きます。

20体程でしょうか・・・案山子が立てられていました。ジバニャン・ピカチュウもいます。

  DSC00762_20161202000124767.jpg  DSC00768_201612020013469cc.jpg

                  しばし・・・案山子見物です。

          DSC00763_20161202001347045.jpg

          Rが落ちた葉っぱを見ています。 「きれいだねえ~」
          見上げると、ナンキンハゼが紅葉を始めていました。

テントウムシが顔を出しました。 手にとってRに渡そうとすると、手を引っ込めます。

 「今度はじいじの番」と相方に渡し、「次はばあばの番」さらに「次はRの番」と言うと、
  何となく勢いで腕を出しました。 袖口に乗せてやると、ちょっとビックリ大慌て!
    「今度はじいじの番」 と早目に移動し、それを何回か繰り返しました。

    さて、少し疲れたのでひと休み・・・ 麦茶とおやつタイムです。

  DSC00776_20161202001344e55.jpg  DSC00775_20161202001345211.jpg

     途中でジュズダマがあったので、少し摘みます。 「Rも摘んで・・・」
  と言うと、小さな手でひとつひとつ摘んで行きます。 ちょっと枝を曲げてあげます。
      彼女の目線からすると、散策路も、まるでジャングルの中のよう・・・・・

  相方が「R,持ってあげようか?」と言っても、数珠玉の入った袋を離しません。
               大きな袋なので、ズルズル・・・・・。

おっ、歩きながらRの鼻歌が聞こえて来ました。 天気もよく、自分で数珠玉も摘み
     いい気分だったようです。 鼻歌が出るのは、大人も一緒ですね!

  DSC00784_20161202001424e85.jpg  DSC00777_20161202001343292.jpg

          頑張って結構歩きました。 ちょっと茂みの所も・・・・・

  ルンルン気分で袋を振りながら歩いていたら・・・・・やっちゃった! ジュズダマが
        飛び出してしまいました。 3人でまた拾い集めます。

              DSC00785_2016120200142316c.jpg

  最後に、水辺で水鳥を見る事にしました。 先客のおじさまが、カメラを三脚に
      つけたまま、本を読んでいました。 これなら近づいても大丈夫。

        水辺では、タコノアシが赤い色を終えて茶色になっていました。

     お母さんの用事も終わったようで、待ち合わせの駐車場へ向かいます。

  DSC00786_2016120200142269b.jpg  DSC00787_20161202001422f9f.jpg

      元の道に戻り・・・・・向こうの方からRのお母さんの姿が現れました。

ちょっと走り、転んでしまいましたが、泣きもせず一人で起き上がって歩きだしました。

            いつの間にか成長しているんだねえ~・・・




エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる