お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山を歩きながら・・・

     ブラブラ一人歩きの山行はなかなか不思議な時間を持っている。
 腰に手を当てたり、あるいはザックの下に手を入れて一歩一歩進んで行く。
木々を眺め、小鳥の声に耳をそばだてながら・・・自然の中に包まれているのに、何故だか
                ふっと人を想う事が多い。

腕を組んで歩いていると・・・2度ほど山をご一緒させて戴いた方を思い出しながら歩いて
いる自分がいた。 その人は大きな体を少し前屈みに折り、腕を組んでゆったりと歩いていた。
   言葉も多くは無く、だまって淡々と歩いている後姿が時折私の中に蘇って来る。

  その背中から・・・、ちょっとした言葉の端から・・・山に対する深い思いを感じた。
自分はどうなんだろう? 薄っぺらな自分、山に対峙する思いの甘さに自分をたしなめる。
         言葉なく教えを請うていたその人は今はもういない。

   真白な時間も流れて行く。 大好きだった祖母と過ごした時間が流れたりもする。

   単に山が好きばかりではなく、そんな時間を求めて山へ向かうのかも知れない。

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・


  昨日は、万華鏡やラビリングボックスの修理をしながらゆったりと時間を過ごした。

    DSCN7932_01.jpg    IMG_0066_01.jpg    IMG_0060_01.jpg
      山と雲の間の夕日        ラビリングボックス          万華鏡

   
 

| ふと思う事 | 2011-01-06 | comments:8 | TOP↑

| PAGE-SELECT |