5月の宝永火口

     16日、西臼塚の下見を終えると周囲はガスに包まれていました。
時間も既に3時、今から宝永火口へ向かうのはどうかと思いつつも、5合目目指し
  上って行きます。 4合目近くまで来ると、ナント青空が見えて来ました。

うんうん、これなら大丈夫! 6合目への道は、まだ閉鎖されていますので駐車場脇
  から樹林帯を通り往復します。 それにしてもかなりの強風が背中を押します。

       DSC_0398.jpg
                     コタヌキラン

         標高2400mの五合目にも緑が芽生え始めています。
    コケモモはもう蕾を付けていました。 今年は雪解けが早いようです。

       DSC_0425.jpg
                      コケモモ

       根元の曲がったダケカンバの樹皮が良く目立ちます。
    遊歩道の角を曲がると、ウソのペアが驚いて飛びだしました。
今日はカメラを忘れてしまったので、携帯ではとても鳥までは写せません。 
    
       DSC_0410.jpg
                      ダケカンバ

 カラマツはやっと新芽を伸ばし始めた所です。 海岸からだと15℃ほどの気温差が
        ありますから・・・ 樹林帯に入ると風は余り感じられません。

       DSC_0417.jpg
                        カラマツ

        まだまだ見所も無いので、意外と早くに樹林帯を抜けました。
   やはり強風はまだ続いています。 今日はここまでです。 ひとり森の中へ
      戻ります。 当日はこの景色を子供たちに見て貰いたいものです。

       DSC_0422.jpg
                       宝永山を望む 

   *******************************

  そして当日・・・・・ 前日の雨が嘘のように晴れ上がり、風も殆どありません。 
絶好のハイキング日和です。 富士山頂上はひと登りで行けそうな程近くに感じます。
  
       DSC06907_20160527172046de5.jpg
                 5合目からの富士山頂

  そして眼下には駿河湾や伊豆半島、そして愛鷹の峰々も望む事が出来ます。
 富士山から眺めると、何だか別の山のような気もしますが、やっぱりカッコいい!

       DSC06908_20160527172045e7a.jpg
                  5合目から愛鷹の峰々

      下見時は雲で白かった空ですが、今日は抜けるような青空です。
樹林からフッと抜けだすと目の前にはド~~~ンと宝永山!この変化が楽しい!

  DSC06914.jpg  DSC06915.jpg
   下見時と同じ場所                 急坂を登り第1火口へ

  宝永山の雄姿を眺めたあとは、第1火口を目指します。 火口の底でお昼です。

宝永が噴火した際に下部からもたらされた深成岩には沢山のカンラン石が含まれて
 います。裸眼でも飴色のカンラン石(8月の誕生石ペリドット)が良く見えます。
   Rちゃんが見つけたのは、溶岩が抱えて来た捕獲岩です。 すご~い!

この宝石を探しながら急斜面を登って行きます。 結構子供たちは見つけるんですね!
でも、残念ながらこれは持ち帰ることが出来ません。サヨナラをし、写真で記憶です。

  DSC06928.jpg  DSC06916.jpg
     ペリドットを多く含む富士山の古い石(捕獲岩)           頑張れ~・・

  やっと第1火口へ到着です。 子供たちもお腹がペコペコのようです。
火口の縁から十二薬師、そして宝永山へと続く峰がゆったりと広がっています。

DSC06925.jpg
              第1火口から十二薬師(岩脈)と手前の噴石丘

              DSC06918.jpg
                         宝永山

  お昼を食べて元気になった子供たち、宝永とお別れの記念撮影のあと、
樹林帯を抜けて帰ります。 これから2泊のキャンプ生活が始まるのだとか・・・
        天気も良さそうで、良かったね! お疲れさまでした。

         DSC06930_20160527173211dd5.jpg
                       元気な5年生



富士山麓の樹海を行く

     2日は富士山北麓の樹海から三湖台方面を中学生と歩きました。
自宅を出る頃は雨の中でしたが・・・・・朝霧高原を抜けると、雨も止みヤレヤレです。
早目に着いたので、さっそく周辺の散策開始です。 この所キノコも多く見られるように
                   なって来ました。 

  DSC01682.jpg  DSC01702.jpg
                チシオハツ?                ヤマイグチの仲間

   イタチタケの大家族がいました。 これでは見られないのですが、傘の周囲に
              広がるフリフリがとても可愛いキノコです。

  DSC01690.jpg  DSC01743_20150704024605262.jpg
    ヒノキオチバタケ                   イタチタケ

  下見時にはそれ程目立たなかったツルアリドウシが、1週間経った今はアチラ
    コチラで見られます。 少し暗い森の中で白いお花はよく目立ちます。

 お花は2つづつ出ていますが、赤い実は一つしか出来ません。 子房がひとつ
 なのだそうです。 でもその実をよくみると・・・・・お花が二つ付いていた証拠が
 見つかります。 小さなくぼみが2つ見えるのです。 お~、初めて気付きました。

  DSC01725_201507040246061f8.jpg  DSC01687.jpg
                      ツ  ル  ア  リ  ド  ウ  シ

            数は多くないのですが、貴重なお花も見かけられます。

  DSC01730_20150704024605357.jpg  ヒトツボクロ
      クモキリソウ                     ヒトツボクロ

     南麓では殆ど出逢わないヒトツバカエデを沢山見る事が出来ました。
 足元に目を落とすと・・・カエデの翼果が落ちています。 二つが合わさっているのを
  越えてナント交差していています。二つの翼果の角度もカエデを区別できる手段
  なのですがこれは一目瞭然!  勿論葉っぱで違いはわかるのですが・・・

   DSC01759_20150704024603fe7.jpg  ヒトツバカエデ
                    ヒ ト ツ バ カ エ デ

 森の中は、中低木の広葉樹と共に、ヒメコマツ・コメツガ・ヒノキなどが多いようです。
        あと・・・イラモミかハリモミのマツボックリも目につきました。
  森の中の探し物・・・山のエビフライは、ヒメコマツのマツボックリの食痕です。

  ウメガサソウ  DSC00060_20150704091116da8.jpg
     ウメガサソウ                      山のエビフライ

  とても気持ちの良い森なのですが、この辺りは殆ど歩いた事がありませんでした。
   色々なコースもあるようです。 今度は相方を誘って歩いてみようと思います。
         途中には案内板もあり、迷う事も(多分)なさそうです。

  DSC00071_20150704091113505.jpg  DSC00070_2015070409111422a.jpg
                       樹 海 と 案 内 板

   ツガも多いので・・・少し弱った木には、ツガサルノコシカケが付いています。
   864年に流れた長尾山の溶岩流上に位置しますので、溶岩と木の根っこが
 絡み合っているように見えます。 湿度も保たれているようで森は苔むしています。

  DSC00065_20150704091114fe4.jpg  DSC00064_2015070409111573d.jpg
   ツガサルノコシカケ                 苔むした溶岩

                        お花もちょっぴり・・・

  オウレン&イワセントウソイワ  DSC00112_201507040940017d0.jpg
          オウレン&イワセントウソウ                コフタバラン

     樹海は苔やシダの宝庫です。 残念ながら殆どわかりませんが・・・・・
Y先生に教えて頂き、興味だけは育ちつつあります。 中でも今回気に入ったのが・・・
  「エゾチョウチンゴケ」 です。 ツンツンと伸びたのは無精芽らしいのですが。
            二つともなかなか美人さんに見えました!

  クジャクゴケ?  エゾチョウチンゴケ
      クジャクゴケ?                   エゾチョウチンゴケ

     針葉樹から中低木の広葉樹に変わると、まもなく氷穴に着きます。
  その出入口には、「親から貰った大切な命です。・・・」 の看板があります。

DSC00097_20150704094841701.jpg  DSC00100_20150704094841e6e.jpg
         針葉樹から広葉樹の森へ              樹海ならではの案内

  少し急がないと三湖台まではまだ遠い! 観察は最小限で、ひたすら歩きます。
 明るい登り道、周囲の雰囲気も全く違って来ました。 ウリカエデ・フタリシズカ・・・・

  ヤマガシュウ  ウリカエデ
     ヤマガシュウ                     ウリカエデ

                    キヌタソウの香りも体験し・・・・・

  キヌタソウ  ヤマオダマキ
               キヌタソウ                    ヤマオダマキ

         頑張って頑張って・・・・・ ガスの掛かる三湖台に到着です。

       天気が良ければ、展望抜群なのですが・・・・・ ここで昼食です。

  DSC01790_201507040948401b0.jpg  三湖台
    あとひと頑張り・・・                 ガスの中の三湖台

       昼食後は、ただひたすら・・・下りでバスまでの20分ほどの歩きです。

          DSC01802.jpg
                   元気いっぱいの帰り道

      ここで子供たちとはお別れです。 みな熱心で可愛い子たちでした。

 お疲れさまでした~  いい天気が続くといいねえ・・・ (ここで1泊研修のようです。)


  
  

自然遊び色々&浮島自然公園

           16日、前日から嵐のような風が吹き荒れていました。
      子供たちと自然野外遊びや、クラフトなどを楽しむ予定でしたが・・・・・
      風は相変わらず強いので室内遊びを中心に行なう事になりました。

  DSC09609.jpg  DSC09612_20140218021720a01.jpg
        準備も整い・・・                    木のおもちゃ

  色々な遊びで楽しみます。 他にもストラップ作りに熱中している子もいますし、
   アオキの実を剥いて弾みボールにしたり、どんぐりころころ・・・で遊んだり。

  DSC09611.jpg  DSC09613_20140218021719ffe.jpg
        シュロバッタ                 ビュンビュンゴマ&ヨシ笛

  ちょっとひと息ついた所で、N先生の 「外で遊ぶぞ~」 の声に子供たちは風の中
 元気よく飛び出しました。 ハンモックやらロープ・ボール・・・他にどんな仕掛けが
  あったのでしょう? 遊び名人のN先生達ですから、何だか楽しそう~。 
         中に残っていたので、詳しい様子はわかりませんが・・・・・
   室内ではそれぞれにお気に入りの作品たちを手にし、お楽しみは終了です。  

  DSC09617_20140218021818c76.jpg  DSC09615.jpg
          終了時写真                   自然クラフト

    ***********************************

        近くまで来たので、浮島自然公園へ足を伸ばしてみました。
   朝よりは少し風も収まって来ましたが、富士山には雪煙が舞っています。
先日歩いた毛無山もさらに雪が増したようで、スノーシューの跡もすっかり消えて
               しまった事でしょう。

  DSC09632.jpg  DSC09618.jpg
        雪煙のあがる富士山                   毛無山方面

  愛鷹の峰も雪が多く積もっています。 今年はあの山並を歩き通してみたい・・・
          園内のヨシも殆ど片づけられていました。 

  DSC09626.jpg  DSC09625.jpg
         木道                    愛鷹の峰

  ここはバイパス1号線脇で、バンバン車が通っているのですが、それを余り感じさせ
         ない、ゆったりとした気分になれる空間です。 

  DSC09622.jpg  DSC09623_201402180218170b3.jpg
        管理棟前                   タコノアシ

  ヨシが刈られた跡には、貴重なサワトラノオやヒキノカサ・ノウルシなどが次々と
 顔を出して来ました。 目と閉じると一面黄色に染まったヒキノカサやノウルシの様子
      が浮かんできます。  あと少し・・・あと少し・・の事です!

  DSC09636.jpg  DSC09633.jpg
       ノウルシ                 サワトラノオ

          早くお花たちに逢いたいねえ~・・・ 

  DSC09630.jpg  DSC09627_20140218024427e3d.jpg
           野鳥たち                     ヒキノカサ


 

小学生と自然観察

    先月26日、小学生と里山を観察しながら遠足?を楽しんで来ました。
    幸せな事に、この地には、すぐ裏山に豊かな自然が残っています。
 うっそうと茂った草をかき分け、元気に進んで行きます。 油断をしていると
      ズルッ・・・と滑ったりしながらも逞しい1年生と2年生です。

    P1000844_convert_20130702225633.jpg    P1000845_convert_20130703030702.jpg    P1000851_convert_20130703031201.jpg
       集合し・・・            森 の 中 を 進 み ま す

          途中で色々教わったり、気になるものを見つけながら・・・・・
 多くは植林の森ですが、広葉樹も目につき、野鳥や小さな虫などなかなか豊かな
                         森です。

    P1000840_convert_20130703030534.jpg    P1000848_convert_20130703030957.jpg    P1000858_convert_20130703032035.jpg
      シオデの実          観察しながら・・      オオバギボウシ

    陸生の巻貝を見つけたり、脱皮途中のツートンカラー(上は白で脱皮前、
 下は黒脱皮後)のダンゴ虫を発見したり、蟻にとても興味がある子がちょっと特別な 
蟻を見つけたようで、「おれも初めて見た」 と言いながら興奮気味に説明してくれた
      その顔は、とても誇らしげで、ホントいい顔をしていました。 

    P1000864_convert_20130703032335.jpg    P1000861_convert_20130703032209.jpg    P1000853_convert_20130703031330.jpg
   キセルガイの仲間        アリ少年の手と蟻       ニカワタケの仲間

         キノコ追っかけ少年も2人いて、次々と見つけて行きます。
    10種類位は見つけたんじゃないでしょうか? ヤブレガサやオカトラノオも
                   咲いていました。

    P1000886.jpg    P1000891.jpg    P1000879_convert_20130703035339.jpg
      テングタケの仲間       アラゲキクラゲ         ヤブレガサ

         そうか、もうコクランが咲く季節に入っていたのですね。
  今年は初めて目にしました。 ハナイカダの実も熟し、帰りに食べてみると・・・
         う~ん、苦甘い!  余りお勧めではありませんネ。 

    P1000878_convert_20130703033318.jpg    P1000854_convert_20130703031557.jpg    P1000892.jpg
       オカトラノオ           コクラン           ハナイカダ 

    最後にみんなで記念撮影した後、子供たちは元気よく駆けだしていきました。           

    P1000884_convert_20130703035733.jpg    P1000873_convert_20130703032850.jpg    P1000877_convert_20130703033127.jpg
        キブシ            みんなで           池と滑り台 
         
   とても元気で、色々な事に興味を示す子供らとの時間はとても楽しかった・・・

                     またいつか・・・


    

保育園児と岩本山に遊ぶ

 1日、天気予報では雨の予定でしたが、起きてみるとしっかりと太陽が顔を出しています。
富士山は前日の雪で白さを増しています。 気温も上がり、外遊びには打ってつけの日です。

 保育園年少さん親子と岩本山で遊びました。 公園内ではモミジバフウの実がいっぱい
    転がっています。 この実を使って目玉を付け、リボンで結びブローチを作りました。
           見上げると木にはまだたくさんの実がなっています。

 小さなアラカシのドングリも可愛いです。 子供たちは小さいながらも発見名人です。
 ジャノヒゲの青い実・陸生の貝殻・ヒノキの実・アオキの実・木に着生するノキシノブ・・・
     木以外、一見何もないように見える公園の中で色々な物を見つけました。
 自然ゲームをしたり、散策したり・・・・・予定の時間はあっという間に過ぎて行きました。 
 
    DSC07992_01.jpg    DSC07988_01.jpg    DSC07993_01.jpg

         下見時にはこんなノンビリした光景が見られました。
   梅の開花は遅れていて、梅まつりの終わったこれからも暫く楽しめそうです。
  その後は桜のお花です。 季節もよくなり、公園は多くの人で賑わいそうです。

    DSC07968_01.jpg    DSC07971_01.jpg    DSC07986_01.jpg
     ジョウビタキ       ハクセキレイ       木登りネコ

               また出掛ける事にしましょう・・・・・ 

    DSC07976_01.jpg    DSC07978_01.jpg    DSC07982_01.jpg
               梅 と 富 士 山

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる