FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

荒船山をノンビリと・・・

2019/12/18 11:43 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

        ブログもすっかり・・・静かな眠りの中にいました。 

「おい、下仁田ネギを買いに行くぞ!」 という相方の一言で、12日観察会下見を
         終えた直後、群馬へ向けて準備、出発しました。

      目的を果し、少しは歩く時間もあるのでさてどこにしよう?
裏妙義もとても気になるのですが、今回は準備不足もあり諦め、ユニークな山姿が
     気になっていた荒船山なら昼前の今からでも間にあいそうです。

        DSC06237.jpg
              「道のえき 妙義」 からの妙義山

 昨年、初めて登った妙義山はとても魅力的な山でした。 荒々しくゴツゴツと
した岩山は、人の行く手を拒んでいるような感じさえする山ではありますが・・・
       長い鎖を何度も超えた記憶が浮かんできます。

DSC06240.jpg  DSC06246_20191218111429b52.jpg
             少し移動しながらの岩峰

           それにしても・・・ナントいう岩峰でしょうか。
 中之嶽神社の駐車場からもう一度妙義の山並みを目に焼き付けます。
      十月桜が沢山の花びらを付けて咲いていました。

DSC06257.jpg  DSC06251_20191218111428c31.jpg
            中之嶽神社周辺からの山並み

           日本一の大きな大黒天さまもニコニコ顔です。

        DSC06259.jpg
               日本一の大黒天

  独特の山容を誇る荒船山が遠くに見えています。今からここへ向かいます。

        DSC06266_20191218111511bd3.jpg
             駐車場から見える荒船山

相沢登山口から・・・とも思いましたが、その後の行程も考え、内山峠から入ります。
   山襞を縫うように巻きながら繋がる登山道はとても歩きやすいです。
        時間はもう11時半! お昼は車中で済ませました。

  葉っぱの落ちたこの季節、木々の間からは景色を楽しむことができます。

DSC06269_20191218111511bb6.jpg  DSC06272.jpg
        内山峠からの登山道

  道沿いに時折顔を出す地層もなかなか面白い。 大小の黒い礫が不規則に
                       入っています。

        DSC06277.jpg
                 角礫入りの地層

   陽だまりのゆったり歩きです。・・・ 出発時、駐車場には車が4台ありました。

歩き始めて間もなく1組目のご夫妻とすれちがいます。 次に2人の方、続いて単独者、
     結局 「1杯水」 ですれ違った男性2人で、山にはもう誰もいない?

        DSC06289.jpg
             冬枯れの木々の中からの眺め

ここも堆積して出来た地層のようです。 水の滴るような窪みには氷が張っています。

DSC06297.jpg DSC06298.jpg
                鋏岩修験道場跡?

肌が剥がれやすいのはケヤキでしょうか? 4~5本に枝分かれしていましたが
        なかなか立派な木がスッと伸びあがっていました。

      雪を被った北アルプスの山並みも目を楽しませてくれます。

DSC06302.jpg  DSC06306.jpg
                北アルプスの山並み

   砂泥互層のはっきりとした地層は、大きく「く」の字に曲がっていました。
           かなり大きな力がはたらいたようですね。 

DSC06307.jpg  PC130120.jpg
             「く」の字に大きく曲がった地層

                  これもまた面白い・・・

         DSC06310.jpg
         風化で砕けた頁岩の中に泥の層が・・・

少し急ぎながらも景色を楽しみ、よそみもし・・いつもながらの歩きスタイルです。
         ここから少しのあいだ、急登?となります。

DSC06317.jpg  DSC06315_20191218112434a56.jpg
                1杯水

    登りきると、なだらかでゆったりとした笹と低木の林が広がっていました。 
         懐かしいマツダランプの案内板がここにもありました。

        更に進み、開けた場所からの景色。 眼下は・・・・・大絶壁!

DSC06322.jpg  DSC06325.jpg

 少し靄が掛かっているものの、遠くの山並みまでよくみえる一日でした。

        DSC06329_20191218113316724.jpg

                浅間山も近くに見えています。

        DSC06330_20191218113316ed7.jpg
                   浅間山

 トモ岩展望台からの眺めも素晴らしい。 暫くここで休憩しつつ山を楽しみます。
ただ、展望台の先は真っ直ぐに切れ落ちています。 ちょっと岸には近寄れません。

DSC06333.jpg  DSC06334.jpg
                  トモ岩展望台

                 い~い眺めです!

DSC06336.jpg  DSC06343.jpg

        さて、これから15~20分ほど、船の甲板歩き・・・です。
  それにしても面白い形のこの山、どうやってこんな形になったのでしょうね?

DSC06366_20191218114052a5d.jpg  DSC06355_201912181140521d4.jpg

   甲板の端までやって来ました。 目の前には、船首部分の経塚山が小さく
聳えています。 相方は下山予定の荒船不動からユックリ登って来ているようです。

   経塚山まで上ってきました。 さて、このあとは? 地図と相談です。
このまま先へ下って巻き道で星尾峠へ出ることにしました。 下り始めると・・・
なかなかの急傾斜、尾根が細い、落ち葉が滑りそう・・・慎重に降りていきます。

DSC06370_20191218114052bce.jpg  DSC06372.jpg
      経塚山              並んだ柱状節理の石

  コナラ林の中には、柱状節理で出来たと思われる5~6角の棒状の石が
         ゴロゴロしています。 変化に飛んだ山は面白い・・・

        DSC06374_20191218114050230.jpg

    落ち葉の中からフデリンドウの葉っぱが顔を出していました。 
                 落葉の中をガサガサ!

DSC06389_201912181141532c2.jpg  DSC06386.jpg

  地図上で荒れ気味とはあったものの、途中3ケ所ほどで崩れていてちょっと慎重に
             通過していきます。 ひとりで良かった・・・

落ち葉で道はちょっとわかりづらいものの、ゆったり見回している内に見えてきます。

DSC06402_20191218114152c02.jpg  DSC06397_20191218114152045.jpg

       コースタイムを少しオーバーして星尾峠へ到着です。  
  途中から下ったという相方を追いかけて荒船不動尊を目指します。        

DSC06403_201912182208361f6.jpg  DSC06408_20191218220835a77.jpg

             帰りにリンゴも買いたいし・・・ 急ごう!

         DSC06403_201912182208361f6.jpg

   と言いつつも・・・ 葉っぱに掛かった霜の結晶が余りにも綺麗なので・・・
               立ち止まってしまいます。

PC130128.jpg  PC130125.jpg

         そうそう、途中で見つけた結晶もとても綺麗でした。

             まるで晶洞に出来た輝沸石みたい・・・

PC130114.jpg  PC130113.jpg


      気ままなチョッピリ山歩きも無事終了です。 また来年??かな・・・



幼馴染み登山  その3

2019/10/16 01:16 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

         9月28日・・・・・本日はひたすら下山します。

登山継続を促し、わさび小屋中心に過ごし待ってくれていたSさんと合流し、
    昨年と同じ山野草の宿 「野の花山荘」 で旧交を温めます。

  朝食後なるべく早くに出発します。 空は今にも泣き出しそうな気配です。

        DSC04813_20191017013423a94.jpg
             双六小屋 

身支度を整え、テント場横を通り帰ります。 咲き残っている花も何だか
  寒々しい感じがします。 こうなっては来訪する虫もいないよね?               

DSC04817_201910170134236c1.jpg  DSC04828.jpg
        テント場脇を通って・・        タカネヤハズハハコ

         今回も多くのハイマツの中をくぐりぬけました。 
   Sちゃんが 「山ズボンにヤニが付いたね」 と言っていましたが・・・
チョウセンゴヨウ・ハイマツなど五葉のマツは白っぽいヤニがベタベタします。
     ハイマツのちょっと変わった食痕のエビフライも多かった!

DSC04834.jpg  DSC04832.jpg
     ハイマツの中を              花の頃はお花畑?

 先を急いでいると、休んでいた男性が 「ライチョウ見られましたか?」 と声を
  掛けてくれました。 少し手前で見られたとのことで、二人で引き返します。

 先程、大慌てでカメラ片手に引き返していった男性の行動の訳がわかりました。

        DSC04846_20191017014248add.jpg
          少し冬支度を始めたライチョウ

  足やお腹部分が白くなり始め、冬支度も順調に進んでいるようです。

        DSC04850.jpg
           雷鳥は4羽いましたが・・・

    弓折分岐で地図を確認すると、弓折岳はすぐ近くのようです。
          それなら・・・ついでに行ってみようか?  

DSC04871_201910170142463e7.jpg  DSC04869_20191017014247ca3.jpg
  弓折分岐から鏡平山荘を望む         タカネコウゾリナ

  帰りにもやっぱり綺麗な石が気になります。 まるで絵のようです。

DSC04880.jpg  P9280136.jpg
              ピクチャーストーン

  そこかな? もう少し先?・・・と足を運んでいる内に弓折岳に到着です。
       中央の尾根は、先程辿ってきた双六岳へ続く道です。

   DSC04902.jpg  DSC04905.jpg
            弓折岳とその周辺

         こういう・・・山のユッタリ感はいいですねえ~・・・

 DSC04904_20191017020146995.jpg 

 ネバリノギランでいいのかな? こんなに綺麗な紅葉を見せてくれるのですね?            

        DSC04912.jpg
                ネバリノギラン

   そして、鏡池に到着です。 残念ながら槍や穂高は見えませんが、
水面は静かで、周辺の木々がくっきりと映り名前の通り 「鏡」 のようです。

        DSC04923_20191017015402d7c.jpg
                    鏡池

         周辺もチョッピリ黄色く色づき初めています。

        DSC04924_2019101701540203b.jpg
                    鏡池

      だいぶ下ってきて・・・ 焼岳も大きく見えてきました。
 沢で休憩しますが、大きな石の中に薄いサーモンピンク色をした鉱物が
     見えます。 これは灰長石でしょうか? なかなか美しい・・・

DSC04938_201910170154005e6.jpg  DSC04932.jpg
   大きな長石を含む             焼岳

DSC04950_201910170307569b9.jpg  DSC04941_20191017015400e39.jpg
     サワヒヨドリ               ガマズミ

 道はよく手が入っているようです。 石の組み合わせがとても歩きやすい。

DSC04949_201910170307558e7.jpg  DSC04947_20191017030756bd4.jpg
       ゴマナ               歩きやすく組まれた石

   ミソガワソウが咲き残り、ミズゴケの仲間は赤く色づいています。

P9280153_20191017204330be4.jpg  P9280161.jpg
     ミソガワソウ               ミズゴケの仲間

 わさび平小屋に到着しました。 Sさんは新穂高ロープウェイで待ってくれて
          いるようです。 さあ、あとひと頑張りです!  

P9280149_20191017204329e1b.jpg  P9280154_201910172043289bf.jpg
       ?イチゴ               わさび平小屋

     行きには目に止まらなかった看板ですが、読んでみると・・・

「橋が傾いている為、通行された際の事故について一切の責任を負いかねます」
             こんな看板OKなのかなあ?・・・

        P9280156.jpg
                  こんな看板・・・あり?

          無事合流し、Sさんの元気な様子にホッ!
  昨年もお世話になった 「野の花山荘」 さんに宿をとって下さいました。

広い敷地に多くの木々や山野草が豊かです。 そんな中に2つの露天風呂が
   あります。 館内の内湯に入ったあと露天の立ち湯に浸かります。

        P9280165_20191017204459664.jpg
             広い敷地に露天風呂2つ

                   い~いお湯だねえ~・・・

        P9280177.jpg
                   立湯

    館内にはこんなに温かい絵と詩が飾られ、心がほっこりします。
どなたか地元の方によるものかな・・・と思っていたのですが、ナント女将さんが
             書かれたと伺い、ビックリです!

  作品にお人柄が表れるのですね。 少しお話しさせて頂き、女将さんファンに
なりました。 「ここの自然が書かせてくれたのです」 と言う言葉が印象に残りました。

  仲むつましい絵を眺めている内に今はなき、両親のことが思われました。
      そんな話を伝える内に、また熱いものがこみ上げてきました。

P9280182.jpg  P9280184.jpg
         女将さんの手による温もりある作品

   夕食も、園内の木の葉や実も取り込んだ盛り付けが素敵でした。
味も勿論美味しいです。 インターンシップで中国からいらしてるTさんも可愛い。

    P9280187.jpg  P9280198.jpg  P9280191.jpg
                美味しい料理

対面でゆっくり時間を掛けて頂きます。お腹いっぱいで、お肉は残してしまった・・

    P9280196.jpg  P9280189.jpg  P9280201.jpg
                美味しい料理 

         暖炉の前でデザートを頂き、会話が弾みます。 

        P9280180.jpg
          デザートを頂いたあと寛ぐ仲間

   素敵な明かりも多く、館内入ってすぐのカツラの木も見事です。

P9280202.jpg P9280181.jpg
      館内のあかり                カツラの木

       翌日は果物などを購入し、来た時と同じく名古屋で解散です。

          今年の幼馴染み登山もこれで終わりです。

  毎年歳を重ねていきます。 無理をしないで、皆で楽しめる山を探しながら
なるべく長く 「年1回の幼馴染み登山」 を続けて行きたいな・・・と思っています。

           二人とも、色々とありがとうございました!!





幼馴染み登山  その2ー2

2019/10/13 11:57 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

   三俣山荘をあとに、三俣蓮華直下の分岐までの登りに入ります。
   思ったより随分下ったようで、登り返しもなかなかのものでした。    

       この周辺はチョッピリ紅葉も進んでいるようです。

DSC04747_20191013114624f05.jpg  DSC04738.jpg

   三俣蓮華直下の分岐を今度は真っ直ぐ進みます。 巻き道コースで
双六小屋まで戻ろうと思います。 山裾から行きに歩いた道を見上げつつ
           逆に辿るのも変化があって面白い!

  ちょっとした木々の下には、ショウジョウバカマの苗がいっぱいです。

DSC04756_201910131146246d8.jpg  DSC04768_20191013115052493.jpg

         歩いても歩いてもなかなか遠い双六小屋です。 

DSC04776_20191013115052db9.jpg  DSC04773_20191013115051f32.jpg

     枯れ沢の岩場を登って行くと、真っ赤に熟れたイチゴが・・・
  美味しそうなので一粒つまんでみると・・・ 余り美味しくなかった・・・
              クマイチゴでしょうか?

DSC04782_201910131150502ce.jpg  DSC04786_201910131150505c0.jpg

          この辺りは、結構紅葉が進んでいるようです。
         チングルマもドライになり、風になびいています。

DSC04798_20191013115227f1e.jpg  DSC04799_20191013115226ffb.jpg

 ホシガラスも食事中のようですね。 途中で二人の山小屋の方に出会いました。
   その直後に目にしたのが、こんな落し物でした。 これは、キット熊さん?

DSC04803_20191013115226103.jpg  DSC04804.jpg

         やっと双六小屋が見えてきました。 ホッ・・・

        DSC04806_20191013115225363.jpg

         夕食時に聞いた話によると、巻き道で熊さんに逢ったとか・・・

  時間を聞くと4時過ぎらしい・・・ってことは、私たちはその直後に通過してハズです。

  山小屋の方たちが双眼鏡を覗いていたわけがわかりました。  ちょっと!残念

         ***************************

        
            途中で出会った石や植物などはこんな子たちでした。
  写真に撮ってはいませんが、鷲羽岳の石は色々なものがありとても興味深い。

   DSC04682_20191013195742ef0.jpg  P9270100.jpg  P9270102.jpg

    実を潰すとメンタームの香りの清涼感があるシラタマノキです。

P9270072.jpg  P9270071.jpg
        シダの仲間             シラタマノキ

イワツメクサは遅くまで頑張って咲いています。 富士山でも最後まで残っている
           のはイワツメクサだったように思います。 

P9270079.jpg  P9270073.jpg
       イワツメクサ              アオノツガザクラ

                 小さな木の仲間や・・・

 P9270077.jpg P9270078.jpg
     ジムカデ             イワヒゲ

      これはウラジロキンバイかな? 最後の1花・・・
    黒い実をつけているのは、ガンコウランでしょうか?

P9270081.jpg  P9270092.jpg
     ウラジロキンバイ           ガンコウラン

  トウヤクリンドウは、好きなお花のひとつです。 陽を通すと”透ける感”が
           いいです。 この写真はイマイチですが・・・

 P9270105.jpg P9270082.jpg
                トウヤクリンドウ

 このアブラナ科のお花は何でしょう? ちゃんと確認していませんでした。
         葉っぱとは、どうやら他人のようですね。

P9270118.jpg  P9270124.jpg
        ?                         クロクモソウ

   赤い実を付けたナナカマドの仲間。 今頃はきっと紅葉も見頃になって
                   いることでしょうね?

        P9270127.jpg
                     ナナカマドの仲間

  夕方外に出ると、ガスが掛かってきました。 明日はやっぱり雨かな?・・・
   
            山、最後の夜が更けていきます・・・




幼馴染み登山  その2ー1

2019/10/12 23:03 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

  2日目、本日が今回登山のハイライトです! 朝食はお弁当にしていただき、
足元も完璧? 右足は針金入りです。(絞めすぎで、今も痛みが残っていますが)

        DSC04537.jpg

       温かいお湯も頂き、足元がちょっと不安ながら出発です!
    途中で山の端から昇るご来光も拝み、ちょっと厳かな気持ちです。

DSC04539_20191013104758fe6.jpg  DSC04567_20191013104757d61.jpg

     今日も一日素晴しい天気が約束されたような青空です。 

        DSC04574_201910131047565a8.jpg

双六岳に向かっててグングン高度を上げていきます。 もうそろそろ? と
       思ったのですが、登り切ると広い草原でした。 
        その先に目指す双六岳が待っています。

        DSC04580_20191013104756def.jpg

       ゆったりとした登山道を進むと・・・やがて到着です。
ここで朝食をとることにしました。 お弁当はお昼用に・・・S さんから頂いたパン・
         持参した食料・コーヒーでお腹は満足満足。

   二人とも、後ろに大きく聳える笠ケ岳が気になって仕方ありません。
                ホント、かっこいいわ~・・・

DSC04588.jpg  DSC04589_20191013105233b16.jpg

             ピークに立つと、どこも360°の大展望です。

   DSC04593.jpg

                  こちらは薬師岳・・・

        DSC04597_20191013105232155.jpg

            そして、黒部五郎岳と教えて頂きました。

 双方共に懐の大きな魅力たっぷりのお山のようです。 コッチも登りたいねえ~

        DSC04598.jpg

          手前の山の奥に見えるのが鷲羽岳でしょうか? 

 途中、アチコチでハイマツのエビフライ?が溜まっていました。 ホシガラスや
ライチョウのお食事場所でしょうか? ホシガラスはイッパイ居ましたが、ライチョウ
      にはお目に掛かっていません。 こう天気が良すぎてはね~・・・

DSC04599_20191013110220aff.jpg  DSC04606.jpg

    ウサギギクが最後の頑張りを見せてくれました。 ありがとう・・・
気持ちのいい尾根歩きです。 景色がいいので度々立ち止まっては目を向けます。

DSC04619.jpg  DSC04614.jpg

     やがて三俣蓮華岳に到着しました。 残るは鷲羽岳・・・

         DSC04622.jpg

   DSC04637_20191013110529c36.jpg

             ホントに・・・ 見事なまでの景色です。
       ミヤマダイコンソウの葉っぱが赤く色づき、秋を実感します。

DSC04635_2019101311101141c.jpg  DSC04639_2019101311052890a.jpg

           ここから下って巻き道分岐から左折します。 
      向かう方向には鷲羽岳・水晶岳がド~ンとひかえています。

DSC04640_201910131105277dd.jpg  DSC04643.jpg

 巻き道分岐まで来ました。 この後、赤い屋根の三俣山荘まで高度を下げます。

DSC04645.jpg  DSC04651.jpg

本来はここに宿泊をお願いしてくれていたのですが、翌日の下り坂天気が心配で、
        予約の取り消しをお願いしに立ち寄りました。
とても気持ちよく応対して下さり、ホットして鷲羽岳へ向かうことが出来ました。

   双六小屋・三俣山荘さんとも素晴しいスタッフさんたちに感心しました。
   今度また訪ねてきたい・・・ おまけに何故か美人さんが多かったです。

 DSC04666_20191013111343d56.jpg  DSC04652.jpg

私が大いに気に入ったのがこの景色です。 槍の手前の尾根は硫黄尾根なんだ
そうです。 そしてこの麓には学生時代の大きな思い出のある湯俣温泉に繋がって
           いるようで・・・ 見入る景色も一入でした。 

        DSC04671.jpg

さて、これから鷲羽岳の登りが始まります。 ゴツゴツとした岩山ですが、こんな山が
    大好きな私です。 最初はわりと緩やかで、段々傾斜が増しそうです。

DSC04689_20191013111543e55.jpg  DSC04680_20191013111543440.jpg

  眼下には紅葉を始めた草たちが、あたたかな空気を感じさせてくれます。

DSC04695_20191013111542bca.jpg  DSC04690.jpg

    岩場の傾斜も急になり、頂上の近いのを感じます。 あと一息だね。

        DSC04698.jpg

   少し雲が出てきましたが、相変わらず見事な景色をみせてくれます。

   DSC04703_201910131116449d8.jpg

                     コチラの方も・・・

   DSC04704_201910131116448e2.jpg

   碧い水を湛えた鷲羽池が見えています。 ちょっと寄り道したいけれど・・・
     今日は双六小屋まで帰らねばなりません。 残念ながらパスです。

        DSC04709.jpg

              少しカメラを引いてみると・・・ 絶景です!

        DSC04711.jpg

          そうこうしている内に、鷲羽岳に到着です。
   ここでお昼にすればいいね・・と話していた通り、到着は丁度お昼。

DSC04712.jpg  DSC04720.jpg

                     ピークで・・・

            DSC04722_20191013113315a47.jpg

      そして、お気に入りの山をバックに珍しく記念撮影です。

        DSC04717.jpg

      お昼をいただきながら、ついつい周辺の景色に目がいきます。

   DSC04719.jpg

                 申し分のない登山日和でした。

   DSC04728.jpg

          いつまでも景色を楽しんでいる訳には行きません。
                そろそろ帰ることにしましょう。

        DSC04730.jpg

        少し下った場所から先程までいたピークを見上げます。
               そしてこれから帰る下り道を・・・

DSC04734_201910131146263f0.jpg  DSC04731.jpg

        長くなってしまったので、ここで一区切り ・・・ 2-2へ続きます。




今年も・・・幼馴染み登山  その1

2019/10/12 01:11 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

 今年で、小学生時代の仲間との 「おさな馴染み登山」 も8 回目を迎えました。
奈良県・兵庫県・静岡県から出発、名古屋で落ち合い、目的地へ向かいます。

 今回も・・・丹波から愛車を運転し、駆けつけてくれたSさんが計画してくれました。

   そして今年も箕面のデリチュースの濃厚チーズケーキを贅沢に3等分!!
     美味しく頂きました~。 おまけに新商品の「瑠璃浪漫」まで。 
       包みを開けるとバターのいい香りが漂ってきました。

  日程は諸処の都合により、温泉のお楽しみも含め9月25日~29日です。
新穂高温泉から入り、わさび平小屋から小池新道を経由し、双六岳・三俣蓮華岳・
          出来れば鷲羽岳に・・・というものでした。

         26日、朝6時に新穂高温泉を出発です!

DSC04328_20191008232115d22.jpg  DSC04316_20191008232114212.jpg
    まずは林道歩き               オオウバユリ?

 1年振りの3人歩きです。 お喋りをしながら心地よい林道歩きが続きます。
この時期になるとお花も少ないので遅れることは無いだろう・・と思っていた
のですが、「あっ、このコケ綺麗、赤い実何だろう?」 とついつい遅れがちに!

途中、厳しい登りの笠新道を分けます。 この笠ケ岳はいつか登ってみたい。

DSC04331_20191008232114738.jpg  DSC04354_20191008232113304.jpg
     アキノキリンソウ            笠ケ岳への分岐

    わさび平小屋までは足慣らしにもってこいの平坦な林道です。

         DSC04357_20191008232113249.jpg
                気持ちのいい林道歩き

  花は咲き残りが少し残るのみですが、ガマズミ・ゴゼンタチバナ・ツリバナ・
      ハリブキ・ナナカマドなどの赤い実が目を楽しませてくれます。

DSC04363_20191009015343ef5.jpg  DSC04368_20191009015342ff6.jpg
    ユキザサの仲間               ソバナ

       アザミの仲間も場所が変わるとまったくわかりません。

DSC04370_20191009015342006.jpg  DSC04366_201910090153413b8.jpg
    エゾシオガマ            アザミの仲間

        ウワミズザクラにミヤマシグレでいいのかな? 

DSC04375_20191009015340fe2.jpg  P9260007.jpg
    ウワミズザクラ                ミヤマシグレ

        こんな調子ですのでこの先どうなることやら??

P9260017.jpg  P9260028.jpg
   クロバナヒキオコシ               ヒロハツリバナ

 出始めからずっとゴマナが咲き、まるで道案内をしてくれているようです。

 P9260024.jpg P9260039.jpg
          ゴマナ                ツルリンドウ

 足を止めるのは、咲き残りの花や実だけではなく、シダやコケの仲間も・・・

 DSC04321.jpg DSC04337_20191011225829dcb.jpg
      カメヒキオコシ            アスヒカズラ

     程なく 「わさび平小屋」 に到着。 一息ついて先を急ぎます。
      小池新道に入るといよいよ本格的な山歩きの始まりです。

DSC04386_20191012005951ce7.jpg  DSC04377_2019101200595113d.jpg

    水場にもなっている秩父沢を渡り、山も段々迫ってきました。
    チボ岩を過ぎる頃、Sさんの体調が心配になってきました。
    前夜の寝不足もあり・・・いつもとはちょっと違うようです。

少し休み、様子をみた後、「自分はわさび平小屋まで降りるから二人で行くように・・」
   との事でした。 「いいよ、観光に切り替えよう」 などと、暫く話した後、
     後ろ髪をひかれつつも、二人で山歩きを続けるべく出発しました。 
                下りなら大丈夫だろうと・・・

DSC04393_201910120059503bc.jpg  DSC04400.jpg
                              チボ岩

  「大丈夫かな~」 などと話しながら、イタドリケ原・シシウドケ原を過ぎます。
   本日は鏡平山荘を越え、双六小屋までの予定ですので頑張らねば・・・

DSC04407_201910120059492f1.jpg  P9260046.jpg
                            マンネンスギ

 もうそろそろかな? と 「あと5分」 の表示を目にしたのですが、鏡平には
                  なかなか着きません。 

        DSC04413_2019101201015582e.jpg

そして・・・木道沿いの木々を抜けると、目の前にはこんな光景が待っていてくれました。
   槍ケ岳・大喰岳・中岳がまるで絵のようです。 水面に映る槍も素晴らしい。

        DSC04440_201910121634409ef.jpg

雄々しい槍ケ岳に雲のドーナツが掛かるかな? とちょっと期待したのですが・・残念!
   半分丸で消えてしまいました。 暫く休憩しながら雲の動きを楽しみます。

   後から登って来た人から 「うわ~っ」 という感嘆の声があがります。

        DSC04444_20191012163439678.jpg

              その右側には穂高の山並みも・・・
       幾ら眺めていても飽きません。 でも、先は長いよ~・・・ 
          心の中でヨシッ! と声をかけて出発です。
         (Sさんや相方に見せてあげたかったなあ・・・)

        DSC04449_20191012163439183.jpg

 木道を少し進むとすぐに鏡平山荘に出ました。 ここからも絶景の山並みです。

        DSC04463.jpg
                鏡平山荘

        さて最後の登り、弓折分岐を目指して登っていきます。

  DSC04468.jpg
                鏡平山荘をあとに・・・

  リンドウは殆ど枯れてしまっていましたが、僅かに色を残している子もいました。

DSC04471.jpg  DSC04485.jpg
      ゴゼンタチバナ          オヤマリンドウ

               アカモノも赤い実をつけています。

P9260055.jpg  P9260038.jpg
      アカモノ              コメツガ

                      ここにも赤い実が・・・

DSC04512.jpg  P9260041.jpg
        ナナカマド             オオヒョウタンボク

   弓折分岐を終えると後は軽いアップダウンで双六まで続くはずです。
途中、酸化した鉄分が模様のようにみえる地層が! ピクチャーストーンだ!

DSC04490.jpg  DSC04500_201910121954242c5.jpg
        もうすぐ弓折分岐            ピクチャーストーン?

ホシガラスにも会いながら歩く内に、前面に大きな山がド~~ンと見えて来ました。
                 これが鷲羽岳のようです。

DSC04513.jpg  DSC04519.jpg
       夏はお花畑?             鷲羽岳

 どうにか双六小屋に到着です。 受付を済ませているとSさんからのメッセージを
     伝えて下さいました。 元気にわさび平小屋に着いていると。 

        DSC04527.jpg
                  双六小屋

  靴をしまおうとして気がつきました。 わっ、靴底が剥がれ掛かっています。 
宿の方に針金とペンチをお借りし、あとは持参している幅広ゴムで対応です。
       
                  大丈夫かなあ~・・・

幅広ゴム: 黒4㎝幅ゴム×60㎝&黒4㎝幅マジックテープ×10㎝を用意。(1本分)
       ① ゴムの端にマジックテープの片側を縫いつける
       ② ゴムを裏返し、別の端に残りのマジックテープを縫いつけるだけです。
       ③ 靴の上から足首でクロスするようにとめて使用します。

 *  長く歩くと底の部分が傷んでくるので休憩時に底に当たる位置を変えれば
    結構使えます。娘の器械体操時、足首保護のために作っていたものを応用。
             ザックに2本入れておくと安心です。


        

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム