田舎の山野草(田舎生活その3)

              昔は目にも入らなかった野草たち・・・・・

少し興味が出てから、フト山際を眺めると色々な植物が岩肌にくっつき、息づいているのが目に入る。
      思わぬものを見つけると、「こんな所に居たんだ・・・」と嬉しくなる。

    車を走らせながらも色々なお花が目に入り・・・
               「危ないからちゃんと運転しろよ・・」 と父の声。

    田舎では狭い道路の拡張工事が進んでいる。 この間、交通規制の真っ最中。
 それも凄い! 10分通行し、50分の通行止め。 通行量の少ないこの地域ではの時間規制?
 通行止めの最中も退屈はしない。 車を降りてホンの少し歩くだけでもウワバミソウ・ヤマトキホコリ・
         サンショウソウ・イワタバコ・ミツバ・ミヤマキケマン・ヤマブキ・・・・・

     シロバナショウジョウバカマ     サンショウソウ     ヤマトキホコリ
     花は終わり、群生します  葉っぱがサンショウに似てます     これでも開花中

               *******************

 この国道沿い(こんなに狭くても)には 「四国一の清流 穴吹川」の流れがあります。
   夏には 「筏下り」 のイベントが行われるのですが、その出発地点へ下りてみると、
       シランのお花盛りでした。昨年の花柄も一緒に並んでいます。

  この上流には昔ダムがあり、小3の時その近くに遠足で出掛け、一面のシランの花にビックリ!
 とても印象的でした。その後、ダムは濁流に飲み込まれ、あのシランはどうなっただろう?と
     ずっと気になっていました。きっとその一部がここに住み着いたんだよね・・・・・

    シラン    シラン    カワツツジ
      シラン開花          花柄はクラフト用に・・       優しい色です

   川沿いにはず~っと、優しい色のカワツツジが咲き、ミヤコグサの黄色も鮮やかです。
       急がなければいけないのに、結構長い道草になってしまいました。

     ミヤコグサ     アキグミ     穴吹川
        黄色も新鮮!         花も葉もスッキリ        シラン咲く川辺

        シダの仲間も素敵です! トウバナの仲間も一緒です!
  川から上がってくると、こんなお花も綺麗に咲いていました。あと・・この実は何だっけ?・・・・・

    シダの仲間     ?    ? 
        綺麗なシダ            イブキシモツケ            ? 


            いい景色・綺麗な石・美味しい空気も自慢の田舎です! 
  

    山並み    川とフジ    石

                      ヨカッタヨカッタ・・・・・     

        

案山子の大集合・・・(田舎生活その2)

                     剣山へ向かう途中のこと・・・・・

               アレアレッ! ナンダ~? えぇ

                        凄いなあ・・・・・

     木屋平の奥、国道脇の民家前にはたくさんの案山子が色々な表情で佇んでいました。

    コピー ~ DSC06338    コピー ~ DSC06337    コピー ~ DSC06336


 草むしりのおばあちゃんはみんなのお気に入りになりました。 ベンチで座っている人の脇で
          屈んでいるのは案山子ではありません。
                  部屋の中にも外にもまだまだいますヨ~。

    コピー ~ DSC06350    コピー ~ DSC06344    コピー ~ DSC06346


       所変って、祖谷(いや)地区の 「なごろ」 でも作業中の案山子さんがい~っぱい!
    こちらの方が本家かな? 表情豊かな焼物も案山子の販売員の前に並んでいました!

    コピー ~ DSC06518    コピー ~ DSC06527    コピー ~ DSC06525


                   縁側で日向ぼっこも気持ちいいね。
   作業風景も見事なもので、大いに楽しませて戴きました。 これなら過疎化も解消かな?

    コピー ~ DSC06521    コピー ~ DSC06530    コピー ~ DSC06517

                       いいねえ~

   

剣山に登る(田舎生活その1)

24日父・姉夫婦・相方の5人で西日本で2番目に高い山 (と言っても標高1955m) で百名山の1つ
「剣山」(つるぎさん)へ行って来た。 昨年も一昨年も夏に登っているが、この時期は初めて・・・
     一番最初に登ったのは、高校生の時だから・・・・・思い出せない位、昔のこと? jumee☆whyR

お花も少しは咲いているだろうか?と期待しながらクネクネの山道を走ること1時間半、見越に到着。
           リフトに乗り、西島から大剣神社コースを登り始める。

    三嶺方面    日輪    大剣神社
  いい天気・・・眺めもいいなあ      空には虹の輪       石灰岩の大岩を背に・・・

 この日はいい天気で、少し歩くと汗ばむほどだ。 83歳になる父が登れるかどうか心配だったが、
      なんなくクリア。 遠くまで見渡せる景色を楽しみながら登って行った。
       大剣神社から90m下ると、名水百選「剣山御神水」 が待ってくれる。

    穴吹川    剣山御神水    案内板
   石灰岩の間に次郎笈     病気を治す若返りの水・・・       案内板 

            父も、また相方にとっても久しぶりの頂上に感慨一入・・・・・

    相方と姉    父と義兄    大岩の下に剣が・・・?
      暫くはみんな・・・     思い思いに景色のご馳走    周りはミヤマクマザサ   

            山はまだ春浅く、お花もやっと目覚め始めた所でした。
 マムシグサ・ヤマエンゴサク・シロバナネコノメソウ・イワボタンはお花を付け、シコクブシ・トゲ
       アザミ・キンロウバイ・ギンロウバイなどは葉っぱを広げ始めていました。


    シロバナネコノメソウ    イワボタン    トゲアザミ
      赤い葯が魅力・・        こちらは黄色・・・     小さな頃から凄いトゲ

 木々の若葉の色がとても初々しく、枝の先が紅色の木もちょっとした紅葉を思わせるほどの風景。
            相方と二人、帰りは小走りで見越まで駆け下りた。

    
   コピー ~ DSC06309    白骨林    リフトに乗って・・・
     穴吹川の深い谷       剣山には多い風景         ヤレヤレ・・・

        こんなにいい天気だった翌日は・・・・・ 頂上付近では霧氷。
さらに翌日は積雪だったとか・・・ そうそう、26日は見越を越えて祖谷経由で帰宅する時に
             雪が舞っていました。 ブルブルッ・・・・・

春の山菜と庭の花その後

 春になり、色々な野草が我家の家計を潤してくれましたが、いよいよ「正統派山菜?」の登場です。
この所の暖かい日差しで、ワラビもゼンマイも伸びてきました。イタドリも摘んで皮をむき、塩漬けに
なっています。ワラビは卵とじに、ゼンマイは重曹で灰汁抜きをし、爪楊枝で縦に割いて何度も水換え
    をした後、酢醤油や辛子マヨネーズで食べます。油揚げと煮てもナカナカいけます。
ゼンマイは干して、揉んで・・・と手間が掛かるので敬遠していましたが、父から教えてもらった
                    この方法なら簡単です。

    ゼンマイ    イタドリ    ワラビ
      綿を取って・・・      塩漬けでもシャキシャキです     卵とじが定番です

        庭に目をやると・・・・・ 楽しませてくれた自慢の桜も散り始めました。
    あちこちフラフラしている間にも庭のお花たちは次々とバトンタッチをしています。
            待ちに待ったモッコウバラもやっと咲き始めました。 

     オドリコソウ(園芸種)     ワスレナグサ     モッコウバラ
    ツルで延びています      優しいブルーです         咲き始めました

                クマガイソウも独特の姿で花開いています。 


    クマガイソウ    ミヤコワスレ    コピー ~ DSC06076
      今年はまだ1輪です       紫も素敵です       鉢からこぼれそうです


  今から相方と1週間の田舎暮らしに出発です。ウドやタラの芽なども待ってくれているようです。
              休日割引を利用し、高速代は2700円! ピース


沼久保の春 その2

      ゆっくりお花を楽しんでいる間にも時間は流れていきます。そろそろ昼食かな?

  お昼を食べようと川原へ移動したら・・・・・先日工事中だった河川公園が完成していました。
   駐車場も設置されているので、来年は大きな「ギンヨウアカシヤ」見学もラクチンです。 グー!

   川原では準絶滅危惧種のカワヂシャと外来のオオカワヂシャが並んで咲いています。
 オオカワヂシャの花はブルーの色が濃く、華やかです。カワヂシャは地味ですが、虫たちの人気者!

    ピカピカの公園看板    カワジシャと訪問者    オオカワジシャ
      入口の看板      テントウムシとアリさんが訪問   優勢なオオカワジシャ

         今回の目玉は・・・・・初めて出会った「オオバウマノスズクサ」です!
 葉っぱはよく見るのですが、独特のお花はまだ見たことがありませんでした。それもアチコチに
   咲いていて、蕾もいっぱい付いています。 jumee☆surprise11  この立派なスミレは・・・・・何でしょう?
   帰って図鑑を見て「アツバスミレ?かなあ・・・」とも思いましたが、わかりません。
                     大きくてとっても綺麗でした。

      オオバウマノスズクサ      オオウマノスズクサ      アツバスミレかも?
      葉っぱと一緒          2つ仲良く         大きく豪華なスミレでした

              たくさんのお花に出会えてよかったね~

沼久保の春 その1

               17日は沼久保周辺を11名で散策しました。
いつも春一番に訪れている、沼久保(富士宮市)は自然豊かな場所で、ゆったりと時間が流れます。
           身延線の駅から1段下がった地にその集落があります。

          竹林の切れた斜面ではたくさんのお花が迎えてくれました。
イチリンソウ・ニリンソウ・ジロボウエンゴサク・タチツボスミレ・ケマルバスミレ・セントウソウ・
         オドリコソウ・イカリソウ・ナベワリ・ランヨウアオイ・カテンソウ・・・・・
               アズマイチゲは咲き終わったようです。
       ナガバノスミレサイシンも花が終わり、大きな葉っぱを付けていました。

     イカリソウとニリンソウ     ナベワリ     ランヨウアオイ
      素敵なツーショット          ナベワリ             ちょっと失礼・・・

 ”舐めると舌が割れるほど・・・” という意から名付いたナベワリもこんな群生には初めて出会い
     ました。ランヨウアオイの葉も斑入りのものと緑一色のものが点々とあります。
カテンソウは花枝の伸びた雄花が先端に付き、下の葉っぱの付け根には雌花が咲くようです。
背をまっすぐ伸ばしてヤブニンジンの柄を真似ている?虫もいます。 ちょっと無理があるなあ・・・・・
          (写真の上でクリックすると大きな画像が見られます)

    カテンソウ雄花    カテンソウ雌花    ヤブニンジンと?
   はじけて花粉が飛びます      雌花はひっそりと?・・      いい姿勢です 

            歩いて少し移動すると、新しい花がお出迎えです。
 シロバナハンショウヅルが木の枝に絡まり、下がっています。 緑がかったクリーム色の花が
チャーミングです。 その下ではペラペラヨメナが顔を出しています。 ウマノアシガタも今年初! 

      シロバナハンショウヅル      ペラペラヨメナ     ウマノアシガタ
        華やかです      この辺りではまだ少ない・・      艶がいいねえ~

 在来のオドリコソウもこの辺りでは多く育っています。 お花の根元を吸ってみると・・・ほんのり
        甘く感じます。 ヒメウズは・・・お花と種が同居していました。
オオイヌノフグリ・タチイヌノフグリに混じって、フラサバソウも小さな花を咲かせていました。

    オドリコソウ    ヒメウズ    フラサバソウ

                    そろそろお昼です・・・・・       (その2へ)

みどりの百花展

           12日、このところずっといい天気が続いています。
     そんな中、市内で毎年2回行われている 「みどりの百花展」 がありました。
       いつものように、我が会からも出展です。 朝8時から・・・・・早いなあ。
      でもちゃんとその時間に足を運んでおられる方も結構いらっしゃいます。

  午前・午後の無料ミニバラの配布・苗木販売・押し花コーナー・・・・・他にも色々あるようです。
 会からは自然の素材を使ったクラフト・タケニグサ笛・バッタ作り・ストラップ作り・紙トンボなど盛りだ
 くさんです。せっせと素材を吟味しながら作品を仕上げている横では、楽しそうに笛で合奏をして盛り
         上がっています。 その傍らでは頭を捻りながら、バッタ作り。 
 テーブルに編み糸を張って木の実を通しながら小学生がマイストラップを仕上げています。

       それを伝えている側も、今日はみんな子供です! にっこり
   

    バッタ作り    タケニグサ笛    クラフト1
     なかなか難しいぞ・・・    タケニグサ笛の達人・・・        夢中です!

       素敵なストラップも出来上がっていたのに、写真を撮っていませんでした。 焦る3
        一生懸命夢中になって・・・・・こんな素敵な作品が出来上がりました。
「嵌りそうでしょう?」 と声を掛けると、 「いや~楽しいですね、小学生以来ですよ!」 と
             その若いお父さんはニッコリされていました。

 子供たちは、出来た作品を 「これ・・・」 と言って見せに来てくれます。みんないい顔です!

  いっぱいの人で賑っていましたが、写真を写した時はだいぶ人が少なくなってからでした。sn

         用事があるので、私は少し早めにあがらせて貰いました。

                   みなさま、お疲れさまでした~


    クラフト2    作品1    公園内
     大人も子供も・・・         素敵ですねえ~    苗も少ししか残っていません       

    

やっと会えたね、「キバナノアマナ」

  天気のいい森の中は、とても気持ちがいいものです。富士山2合目辺りも少しづつ春の訪れが
                 感じられるようになりました。  
      
             そんな森の中では色々なものが見つかります。
     鹿の角・シカの骨やらタヌキの骨・昔の生活用品の名残のものまで・・・・・

    シカの骨    タヌキの頭部    右からの文字です
         シカ             タヌキとのこと        古い缶ビール等など・・・

           いきなりドキッとしたものをアップした後は目の保養です。
  先日見つけられなかった 「キバナノアマナ」 のいい状態のものを案内して頂きました。
    「たしかこの辺の筈・・・」 と話された目の先には、可愛いお花が付いていました。

                     可愛いねえ~・・・・・

        代わる代わる写真に収め、周りを見回すと葉っぱは結構見つかります。 
          でもお花をつけているのはそれ以外に見つかりません。 jumee☆whyR
      ヤマエンゴサク・ユリワサビ・コガネネコノメも枯葉の間から顔を出しています。

    キバナノアマナ    キバナノアマナ    ユリワサビ
      やっと会えたネ!          わ~い・・・     最後に来る苦味がワサビっぽい?

         ******************************

     去年からはこの時期目が痒くなった・・・・・ 
              昨日から鼻がグシュグシュ・・・くしゃみが続く・・・

        とうとう花粉症の仲間入り? そんな筈は無いと思いながらも・・・・・ 
  (まあこれだけ原因の真っ只中に飛び込んでいれば仕方ないかも・・・ でも単なる風邪?)

            少し麓の野原もお花が賑やかになってきました。
 ここもお気に入りの場所のひとつ。 イチリンソウ・ニリンソウ・フデリンドウ?・マルバスミレ・
      ジロボウエンゴサク・もう少しするとキンランの黄色いお花も見られます。
 
    ニリンソウ    イチリンソウ    クサノオウ
     ニリンソウも群生        イチリンソウも・・・        毒草ですが・・・  

 数年前に一面に広がっていたマルバスミレも少し環境が変わったのか、随分減ってしまいました。
エイザンスミレは咲き始めで、新鮮です。ナツトウダイをよく見るとナカナカ見事な造形です。
色も違っていたり、楔状の物が5つのものもあったり、この場所で3タイプの物が見つかりました。
    カントウミヤマカタバミ・シャガ・ヤマブキなど・・・なかなか豪華な花園です。

    マルバスミレ    エイザンスミレ    ナツトウダイ
       マルバスミレ          エイザンスミレ          ナツトウダイ

 

我家の桜も満開!

               「もう咲くかな?もう咲くかな?・・・・・」

   と気を揉ませながらも足踏みをしていた祖母の記念樹の桜がやっと満開になった。 笑い。
         青空に映える、少し濃い目のピンクがなかなか可愛い!
   ここ2~3年、私がバタバタしていてご近所さんとのお花見を行っていない。
               今年こそは・・・やっぱり無理かな~ sn

    桜1    桜2    桜3
     ミツバツツジと一緒         富士山と一緒            訪問者 

                   狭い庭にも春がやってきています。
    
    スイセン    スイセン2    DSC05393.jpg
    お隣さんとスイセン          スイセン2

 随分前に1鉢戴いたヒゴスミレ。 アチコチ飛んで今では色々な所で白いお花を咲かせている。
         年に2度お花を見せてくれることもあり、とってもお徳気分!

    ヒゴスミレ    DSC05385.jpg    チューリップと桜

 昨年初めて葉っぱを見つけた「カタクリ」 時々気をつけて確認していたつもりだったのに・・・・・
    気がつけば、8cm程の小さな茎についた花は既に盛りを過ぎていた。
             いい時に見てあげられなくてごめんね。 
 戴いた彼女の田舎に咲くカタクリには葉っぱに斑がないようだ。畑の畦に何気に咲いているという。

      カタクリ      セリバヒエンソウ      ユキモチソウ

        セリバヒエンソウもユキモチソウも庭を素敵に飾ってくれています。

                まるで 「雪見大福」 だね?

西臼塚にも春の足音・・・

                    早いものでもう4月8日。

   石談義の中、登場した 「石造じいさん兄弟?」、石は硬くとも頭は柔らかくないとこういう発想
は生まれません。 写真では判りにくいがナント味のある顔・・・・・ホントに石だ!とビックリマークが
                     中央に鎮座しておりました。 
     新しい案内モニュメントもこんな自由な発想から生まれるのでしょうか?

    石部兄弟    石部    新モニュメント看板?
     深く刻まれた皺・・・        メガネ交換          アンモナイトがお出迎え

     園内の芝生の中では 「コケリンドウ」が、陽の光をいっぱい浴びていました。

       ********************************

              さて、午後は西臼塚経由で帰ります。
  標高500m余の篠坂も桜が満開になってきました。 富士山をバックになかなかいい眺めです。

    コケリンドウ    花街道1    花街道2
  スケール・・・無言、汗幅4cm位です  右手は「富士山桜の園」      さらに進みます


 西臼塚の散策路に入ります。 今日は 「シカの食害その後」 を確認しながら「キバナノアマナ」
を探します。まだ緑は少し寂しいですが、ユリワサビ・コガネネコノメ・ヤマエンゴサクなどが枯山を
賑わせてくれます。 

    入口です    ユリワサビ    10秒の壁
  クマ出没注意看板から・・・      ユリワサビ       タイマー10秒の壁は厚かった・・

 2時間余り探しますが、それらしき葉っぱが見つかるもののキバナノアマナは見つかりません。
粘っては見たものの・・・・・泣  ヤマシャクヤクの新芽が伸び始めていました。 今年も会えるね!
          やはりこの辺りもモミ・キハダ・マユミなどの食害がありました。

            少し下って、天照教・大ケヤキの森付近の散策です。
 ここではアマナの葉っぱを見ているのですが、開花時期には出会った事がありません。
     トウゴクサバノオ・ユリワサビ・セントウソウが賑やかな広場に出ました。
アズマイチゲ・ナガバノスミレサイシン・ヒメニラ・ツクバネソウ(蕾)・ツルシロカネソウも咲き始めて
います。

     アズマイチゲ     コガネネコノメ     セントウソウ
    天照教には群生地あり      コガネネコノメ         セントウソウ

    フイリヒナスミレ?    ナガバノスミレサイシン    ヤマエンゴサク1
     側弁に毛あり・・・         真っ盛りです     ヤマエンゴサク(ブルー系)

    ヤマエンゴサク2    ヒメニラ    ツルシロカネソウ
   ヤマエンゴサク(ピンク系)       ヒメニラ        早くもツルシロカネソウ

    
        少し早めの春のお花の登場で、山歩きも楽しくなってきます。
             次回はどんなお花に出会えるでしょう・・・・・


   

市内を散策

              「ついで歩き?」は相方も私も大好きな事。
 3日、出掛けたついでに、4月から本格的オープンになった 「浮島自然公園」 を散策してきた。
公園に着くと、柳の柔らかい緑とノウルシの黄色が優しく迎えてくれた。広場へ腰を下ろし、心地よい
空気の中で、お結びをほおばった。  「う~ん、美味しい~、それに何て気持ちのいい日だこと・・・」
     親子連れが木道デッキに座り、それぞれに楽しんでいる様子がまた微笑ましい。

    今はこの湿原はノウルシとヒキノカサの黄色に染まっている。 時々アオサギが羽を
    羽ばたかせたり、カモがノ~ンビリ泳いでいる姿も気持ちをゆったりさせてくれる。

    浮島自然公園1    ヤナギ    ヒキノカサ
    富士山もよく見えます         ヤナギ           テリのあるヒキノカサ

 一角に広がるヒキノカサの絨毯も見事で、ノウルシも見頃の今(少し過ぎたかも?)は華やかだ。
南東方向の公園外から見られる群落が一番賑やかになっていた。 所々単独で出ている子も
     いるので、これらもやがて繋がり、さらに大きな群落に成長していくのかな?

    ノウルシ1    ノウルシ2    案内板
        ノウルシ            ノウルシ群落            案内板   

      ゆっくり全コースを楽しんでから、須津奥の 「大棚の滝」 を目指した。
 3年前にイチリンソウが咲いているのを見たのだが、その後整備された為に昨年から見られなく
     なった。もしかして今年は・・・・・と思ったのだが、やっぱりダメだった。 残念!

今はヤマルリソウのブルーがとても綺麗。 ヤマアイ・タニギキョウも咲き始め、付属体の先が
      鍵状に曲がったスルガテンナンショウもこれから開花するようだ。
     ヒトリシズカ・ムラサキケマン・コクサギ・キランソウも顔を出している。
   
      タニギキョウ     スルガテンナンショウ     ムラサキケマン
       タニギキョウ       スルガテンナンショウ      ムラサキケマン

      ヤマアイ      ウラシマソウ      大棚の滝
        ヤマアイ          ウラシマソウ           大棚の滝

                    春になったねえ・・・・・


友達と桜見物

  我家の桜は数日来の寒さで開花も足止めをくっている。 早く満開にならないかなあ・・・・・
昨年訪れた神代桜が見事だったので、今年は仲間と4人で出掛けてきた。天気はイマイチなので
                    ちょっと心配しながら・・・・・ 無言、汗

 お昼前に近くまで来ると車の列が続いている。 別方向からがいいかとUターンするがどちらも
同じ・・・あらためて休日だったと認識する。 仕方なく少しづつ前に寄せながら、空きを待った。
     偶然声を掛けて頂いた親切な方の敷地に停めさせて戴き、大助かり! 笑い。

             現地へ向かうと、 お花も人も い~~~っぱい!

     神代桜     滝桜の子桜     コピー ~ DSC05534
       山高神代桜               滝桜の子桜            

    樹齢2000年とも言われるエドヒガンの古木は痛々しいがやはり風格を感じる。
1922年に桜として初めて国指定の天然記念物となったとの事。 この古木を守るには大変な
                    ご苦労があるだろう。

 他にも「滝桜の子桜」「小春日桜」「臥竜桜の子桜」「薄墨桜の子桜」「久保桜の子桜」
「身延の枝垂れ桜の子桜」「神代桜の子桜」などが伸びやかに育っていた。
子桜といってもとても立派な木々たちである。 青空なら遠く甲斐駒などを控え、さらに華を増す
事だろう。 見学を終えて、車まで戻りながら数年ぶりに「トウダイグサ」に出会った。
   神社の境内では「ヒナスミレ」が優しい色で迎えてくれたのも嬉しかった。
  駐車させて頂いた方にお礼を述べて、神山の「わに塚の桜」へ向かった。
  
     遠景1    遠景2    トウダイグサ
       スイセンと桜         うっすらと甲斐駒・・・        トウダイグサ


         「わに塚の桜」にも人が溢れていた。 露天も出ている。
下方の臨時駐車場に停めさせて戴き、」ずんずんずん近づくとやっぱり大きいなあ・・・・・
  1本凛と立っているのも潔い。 方向を変えては楽しんできた。
そろそろ帰ろうか・・・と話したとき、ポツポツと顔に当たるものがあった。いよいよ降ってきたか・・・。
それからは賑やかに自宅へ向かってまっしぐら。 4時半過ぎには帰り着き、主婦に変身~。


    ヒナスミレ    わに塚の桜    わに塚の桜足元?
        ヒナスミレ         1本桜もいいですねえ       可愛い足元です

   

高峰温泉そして天狗温泉

  1年間お世話になった宿からの荷物搬出・引渡しをした後は、2日間宿無し・・・・・さてどうしよう?
     2000mの「高峰温泉」と浅間山登山口にある「天狗温泉」でお世話になる事にした。
         高峰温泉はこの時期、第3駐車場まで雪上車で送迎してくれる。

    雪上車    コピー ~ DSC05168    温泉
 

 スノーシュー・クロカン・スキー・湯治・・・・・色々な目的でやってきている人で館内はほぼ満員。
各種イベントも用意されていて、温泉に浸かった後、カメラ教室・星座観望会に参加した。
            外に出て、空を見上げると満天の星! 星
    3台の天体望遠鏡に次々と色々な星座を入れてくれながら、説明を受けた。

 月・土星・スバル・シリウス・おとめ座・カシオペア座の中に見られるETの目?・・・・・せっかくの
説明も衰えている頭にはなかなか残らない。無言、汗  月のクレーターがくっきりと目に飛び込んできた。
今年の土星は傾きがなく、輪は1本の線に見える。 カシオペア座に見えるETの姿は説明を受けると
それらしく見えてきた。 冷えた体で館内に入ると五平餅のサービスがあり、暖炉で炙ってフキミソを
                 つけていただく。  美味しい~・・・・・

         朝、窓越しに餌台に目をやると、色々な訪問者・・・・・
 リスの愛らしい動き、ちょっと太目のホシガラス・シジュウカラ・コガラ・ゴジュウカラ・カワラヒワ・
アカゲラ・・・・・                う~ん、可愛い~!

     コピー ~ DSC05241     アカゲラ     コピー ~ DSC05221
     シジュウカラとリス         アカゲラ           シメ?とカワラヒワ

 2日目・・・高峰高原へ向かうチェリーパークラインから4kmほど入ると、天狗温泉に到着する。
鉄分で赤く染まった「日本一赤い温泉」だそうだ。美人の女将さんに迎えられ、静かな宿を味わう。
翌日は相方と浅間山登山口から散策しはじめ、第1の鳥居→不動の滝→第2鳥居まで行ってきた。
       滝の氷の造形はなかなかのもの。  帰りはまたまた雪の中・・・

     天狗温泉    コピー ~ DSC05336    不動の滝
        天狗温泉             カラマツ林            不動の滝

                う~ん、長野・・・・・去りがたいなあ

国上山から弥彦山へ

   28日、簡単な朝食の後は、いよいよ「国上山・弥彦山、お花の山旅」 のはじまりです!
 道の駅へ車を置いて、まずは朝日山展望台を目指しました。 あまり早く出掛けてもお花はまだ
    睡眠中です。 ノンビリと木漏れ日を浴びながら遊歩道を歩いていきました。

              山への入口は、「酒呑童子神社」です。 
小さな沢では、蛙さんが1日の始まりを伝えるかのようにしきりに鳴いていましたが、姿は見せてくれ
ません。ショウジョウバカマ・初めて出会う 「コシノチャルメルソウ」 ・カタクリなどが目を楽しませて
くれます。 山道から一旦車道へ出ると、ハイキング目的のバスが2台ほど止まっていました。
   やはり人気の山のようです。 まもなく、登山口のある真言宗のお寺 「国上寺」 です。

     国上山案内図     良寛さんの像     酒呑童子神社
   道の駅で購入できる地図と同じ   ここは良寛さんの街です     酒呑童子神社

     すぐ上は朝日山展望台、目の前には深い谷に真っ赤な橋が掛かっていました。
         やっぱり橋を渡って来よう・・・  橋から日本海が望めました。

     コシノチャルメルソウ     千眼堂吊橋     日本海を望む
    コシノチャルメルソウ       千眼堂吊橋            日本海だよ~・・・

 いよいよ登山口から出発です。通りのお店から美味しそうなおでんの香りがしたので声を掛けまし
   た。でも準備中のようで返事が返ってきません。 残念!  さあ、がんばろうっと・・・・・
       やがて312mの国上山頂上です。 先を急ぐので写真だけの休憩です。

    登山口    DSC04924.jpg    オオバクロモジ
         登山口             国上山頂上         オオバクロモジ
           
  次のピークにはカタクリが広がっていましたが、まだ目覚めてはいないようです。 
  先客の方が、「ギフチョウがいますよ」と教えて下さいました。 有難い事です!
 まだ体温があがらないのか、カタクリの隣で蹲っていました。 写真を写すにはチャンスです!
     昨年はあっという間に飛んで行ってしまい写真が撮れなかったのですが・・・・・

 歩く道々、カタクリ・マルバマンサク・ミチノクエンゴサク・キクザキイチリンソウ・ナガハシスミレ・・・・・
                色々なお花が出迎えてくれました。 

    ギフチョウ    エンレイソウ    コシノカンアオイ
     ギフチョウとカタクリ        エンレイソウ         コシノカンアオイ

    カタクリ    オオミスミソウ    オオミスミソウ
        カタクリ            オオミスミソウ         オオミスミソウ

 剣ケ峰~黒竜城跡~猿ケ馬場~雨乞山~能登見平~弥彦山~妻戸尾根~八枚沢登山口。
     その後、林道歩きをして諏訪大明神を経由し、「道の駅国上」へやっと到着です。

途中、道を見つけられず余分な歩きをしたり、終いには直登して道を見つけたり、地図を紛失した 
  り・・・・・多々トラブルはありましたが、今回もやっぱり素敵な山の花旅になりました。
        また、素敵なご夫婦との出会いもあり、楽しさも膨らみました。

    弥彦山     ミチノクエンゴサク     アラゲヒョウタンボク 
     弥彦山         ミチノクエンゴサク       アラゲヒョウタンボク

    雪の中のカタクリ    ネコノメソウ    コピー ~ DSC05146
   雪に閉じ込められたカタクリ     ネコノメソウ             標識


長い林道歩きをして・・・・・まだ見つけられていなかった「アラゲヒョウタンボク」にも「こんにちは~!」
    昨日に引き続き 「手まりの湯」 でホッと一息 ・・・・・  「さ~て帰ろう~」

      と外へ出ると、本格的な大雪です。 またまた妙高辺りが心配。 えぇ
  ただひたすら、長野へ向かいました。 嬉しかったのは本日から始まった高速1000円也!

              さあ、明日は大掃除と荷物作りだ~!


雪の残る樋曾山

                  今回で長野詣でも最終回です。
 相方は38年間よく働いてくれました。そして今年3月定年退職を迎えました。(お疲れさまでした!)
最後の3年間は諏訪・長野勤務で、山好きな私は美味しい所だけを戴きに出掛けたような気がしま
す。 jumee☆shy1  シカシ、今回は引越しが控えています。!     でも・・・・・   やっぱり・・・・・

行くならこの日(27日)しかありません。午前中相方に付き合って買物をした後、新潟に向かって車を
       走らせました。 昨年のお花三昧の弥彦山・樋曾山に思いを馳せながら・・・・・

 妙高近辺はチェーン規制がされ、たくさんの積雪です。昨年もホンの少し雪はありましたが、これ程
           ではありませんでした。 「大丈夫かなあ?・・・・・」

    妙高PA    コピー ~ DSC04716    弥彦山
        妙高PA       平原綾香さんコンサートツアー用      弥彦山

 長野から200キロ、2時間半ほど掛かりました。 この時間じゃなあ・・・と思いながらも樋曾山へ
向かい、1年ぶりにお花との対面をしてきました。 午前中ならきっと豪華な様子が目に出来たと思い
ますが、既に4時前・・・・・ それでもカタクリ・オオミスミソウ・キクザキイチリンソウなどがタップリ~。
        天気のいい昼間なら、この倍以上の賑わいだった事でしょう。 泣き顔

   オウレン    ヤマネコノメソウ    オオミスミソウ
        オウレン          ヤマネコノメソウ          オオミスミソウ

   カタクリとコシノコバイモ    スミレサイシン    お花畑
   カタクリとコシノコバイモ       スミレサイシン         晴れていれば・・・

                 木々も色々なお花をつけていました。

    ナニワズ    オクチョウジザクラ    ヒメアオキ
        ナニワズ          オクチョウジザクラ          ヒメアオキ

 雪解け道でグチャグチャの登山道です。 今回スパッツ無しなのでパンツは跳ね返りで泥だらけ・・・
   30分ほどお花を楽しみ、 「明日早ければまた来るね~」 と挨拶をして、「手まりの湯」
        へ向かいました。 ここは 「道の駅 国上」の奥にあります。

      5時を過ぎていたので、貸しタオルつきで300円(通常でも500円です)安いっ! 
露天風呂・サウナつきで、脱衣所の掃除・サウナのタオル換えなどもこまめに行っているようで、清潔
感がありました。 露天での会話によると、「ここは黒字なんだってよ。夜には湯を毎日落として掃除を
           しているよ」 との事。 とても気持ちのいいお湯でした。

           明日は国上山と弥彦山だ~・・・・・  むにゃむにゃ・・・ 

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる