芝川のお花たちその後・・・

     25日の調査の帰り、Mさんとちょっと寄り道をしてお花を楽しみました。
 気になっていたのはシロバナハンショウヅルです。 ふっくら膨らんだお花が可愛い
      のですが、時には草刈り後で、ちょっと寂しい時もありますが・・・・・
        ウ~ン残念! やっと蕾が膨らみ始めたばかりでした。


    DSC00840_01.jpg    DSC00850_01.jpg    DSC00854_01_20120430110943.jpg
       シ ロ バ ナ ハ ン シ ョ ウ ヅ ル         オドリコソウ

   今年何度か歩いている場所なのですが、ランヨウアオイ・ナベワリなどが開花して
           来ました。 ニリンソウやイチリンソウも賑わっています。
          マルバスミレやヒトリシズカは、今年の役目を終えていました。 

    DSC00866_01.jpg    DSC00878_01.jpg    DSC00875_01.jpg
      カテンソウ           ランヨウアオイ           ナベワリ

          イカリソウも優しいピンク色の顔を見せてくれます。
       人家の石垣では、ホタルカズラのブルーの星が輝いていました。

    DSC00867_01.jpg    DSC00885_01.jpg    DSC00860_01.jpg
      イカリソウ           ホタルカズラ           ニリンソウ

            駆け足観察に満足し、家路へ急ぎます・・・・・

                春真っ只中の芝川でした!


富士山麓のお花たち

  富士山麓1000mから少し場所を移動しました。 標高が200mほど下がるでしょうか?
 この辺りもお花が出始めていました。 今年初めてのキスミレにも 「コンニチハ!」
         ほんとは山歩きをしたかったのですが・・・ 
 いつものように出遅れてしまいそんな時間はありません。  お花だけを楽しみます。
  アケボノスミレはどれも咲きはじめたり、蕾ばかりです。 でも個体数は多いので
 まだ暫く楽しめそう・・・ チゴユリですが、いつも見るより立派なものが見えます。
以前はもっと立派で、図鑑で見るホウチャクチゴユリに似ていると思ったのですが、今は
               普通サイズのものが多いようです。

    DSC01036_01.jpg    DSC01037_01.jpg    DSC01042_01.jpg
      キスミレ           アケボノスミレ            チゴユリ

アケボノスミレ・タチツボスミレが多く見られますが、他に白いスミレが斜面にいっぱいです。
 フモトスミレかヒメミヤマスミレと思われるのですが、ちゃんと見分ける事が出来ません。
図鑑で調べてみると、花の形・側弁に毛が密生・葉の様子などから横倉型ヒメミヤマスミレと
推測されますが、葉の裏は紫色を帯びています。 そういうものもあるそうなのですが・・・・・
          やはりスミレは難しい・・・   教えて頂けると嬉しいです。

    DSC01055_01.jpg    DSC01059_01.jpg    DSC01051_01.jpg
            ヒ  メ  ミ  ヤ  マ  ス  ミ  レ  ?

         その帰り、陽も落ち始めてからまた白いスミレに会いました。
    葉っぱの鋸歯が少し弱いこと、花柄が先程のものより赤味がかっていました。
             これはフモトスミレでしょうか?
いつも見るフモトスミレは斑入りのものばかりです。 もっとよ~く観察する必要を感じます。

          DSC01074_01.jpg        DSC01073_01.jpg
          フ  モ  ト  ス  ミ  レ   か  な  ?  ・ ・ ・   

    

ヨシが伸びた浮島ケ原自然公園

         総会が行われてから丁度2週間後の浮島へ出掛けた。
ノウルシとヒキノカサが満開だった当時に比べると、ヨシが急激の伸び、ノウルシはその中に
埋まっていた。 連休に入っていたが、まだ動き始めていないのか、遠出をしているのか、
               人出はさほどではなかった。
 
      その中に、東海道を歩かれている女性一人歩きの方に出会った。
既に1度歩かれているようだが、景色が見えなかったので再度歩かれているとの事で木道を
        一緒に散策した。 本日は、吉原駅から三島まで歩かれると言う。

    DSC01090_01.jpg    DSC01084_01.jpg    DSC01095_01.jpg
    ヨシが伸びた公園          タコノアシ            ヒキノカサ

 浮島の看板娘 「サワトラノオ」 も存在を大きくしてきました。 開花はもう少し待たれ
ますが、5月中旬から後半に掛けて見頃になるのではないでしょうか? 名前の面白い
    ナヨナヨワスレナグサもまだホンの少しですが、花をつけ始めています。
      今はまだナヨナヨせずに、小さな茎をしゃんと伸ばしています。
 私の好きなヒメハッカもお花はまだですが、ちゃんと育っていてくれて嬉しいです。

    DSC01111_01.jpg    DSC01109_01.jpg    DSC01117_01.jpg
      サワトラノオ         ナヨナヨワスレナグサ      種子をつけたノウルシ

   ヌマトラノオ・ミズオトギリ・ハンゲショウ・ミゾソバ・クサレダマ・ミソハギ・タコノアシ
                なども開花に向けて伸びて来ています。

 駐車場脇の空き地では、草刈りが行われていますが、子供たちとの自然遊び用に、
              最小限の草刈りに留めています。
公園を楽しむ親子連れやザリガニのいる水辺を覗き込んでいる子供たちの姿が微笑ましい。

    DSC01083_01.jpg    DSC01088_01.jpg    DSC01091_01_20120430091547.jpg
      草刈り中          自然の中で・・・         ザリガニどこだ?

           そんな姿を・・・雪を被った富士山がそっと見守っていました。
                   
                    DSC01118_01.jpg

  3.4.5.6日は10時~15時、管理人がいます。 浮島でノンビリされては如何でしょうか?

           

富士山麓1000mにも春がやって来た!

  もうそろそろ春も山登りをしたかな?・・・と標高1000m程の富士山麓を歩いて来た。
ちょっとした場所の違いにより、ニリンソウが咲き始めていたり、まだロゼット状だったり・・
             それでも色々なお花が咲き始めていました。
一番賑やかだったのは、「トウゴクサバノオ」です。 クリーム色の小さな花ですが、
       一面に広がると(私的には)、なかなか見応えがあります。 

    DSC01004_01.jpg    DSC00955_01.jpg    DSC00932_01.jpg
     トウゴクサバノオ       ミヤマエンレイソウ       ヤマエンゴサク

いつもと違う林にも入ってみます。 フデリンドウやミツバコンロンソウが顔を出していました。
  ビックリしたのは・・・ヤマウツボの多さです。 小群落には出会いますが・・・・・
     狭い範囲に林立していました。 1つ2つ・・・ 数えてみるとナント77個!
      凄いですねえ~、これだけで、とても幸せな気持ちになりました。

    DSC00922_01.jpg    DSC00947_01.jpg    DSC00961_01.jpg
      フデリンドウ           ヤマウツボ        ミツバコンロンソウ

  春早く咲くネコノメソウの仲間も健在です。 コガネネコノメは黄色くて良く目立ちます。
  これは富士山麓ではたくさん見られます。 ヨゴレネコノメとムカゴネコノメも・・・

    DSC00915_01.jpg    DSC00910_01.jpg    DSC00938_01.jpg
     コガネネコノメソウ        ヨゴレネコノメ         ムカゴネコノメ

 エイザンスミレ・ナガバノスミレサイシンも咲いています。 ヒナスミレはやっと咲き始めた
        ばかりです。 この先、次々と咲いて来る準備をしていました。

    DSC00918_01.jpg    DSC00930_01.jpg    DSC01012_01.jpg
    エイザンスミレ        ナガバノスミレサイシン         ヒナスミレ

     シコクスミレも多いです。 シャキッとした形のいい葉っぱが大好きです。
     シコク・・・と名の付くのも気に入っている要素として大きいようです。
 春早くから、晩夏まで長く楽しめるシロカネソウも、花の大きさ・花びら状の形に変化が
           あり、見比べてみるとなかなか面白い・・・・・ 

    DSC00976_01_20120429011338.jpg    DSC00966_01_20120429012455.jpg    DSC00985_01.jpg
      シコクスミレ          シロカネソウ         バイケイソウの咲く林

       この先、私達の目を楽しませてくれる花が次々と咲いて来ます。
 
                目が離せない楽しみな林です。


    

地元を歩いてみれば・・・・・ その1 大淵公園

   今年度から周辺の自然をもっと知る必要が出来、気になる場所を少し歩いて来た。
山間部にある最終処分場の埋め立て後、今はグランドとして、また公園として利用されている。
   先日、K太を連れて遊びに行った相方から 「なかなかいい公園になっているよ」
とは聞いていた。 一番手前のグランドでは、区民体育祭も行われて承知していたのだが、
              その奥へ足を踏み入れた事は無かった。
 遊具で遊ぶ子供たち、お結びをほおばりながら話をしている親子連れを見るとこちらまで
       喜びが伝染してくる。   日曜日とあって、とても賑わっていた。

    DSC00530_01.jpg    DSC00526_01.jpg    DSC00512_01.jpg
      ムラサキサギゴケ      ケキツネノボタン         キランソウ

 公園内は、町内会長さんが退任される時記念に植えられると言う 「ミツバツツジ」 が
たくさん咲いている。 中には風で倒れてしまいながらも花を咲かせているものもあった。
そんな中をゆったりと歩いた。 小鳥の声・子供たちの歓声・頬を伝う風の心地よい事・・・
        子供たちと少し話をし、隣の空いているグランドへ向かった。
 「うわ~凄い!」 タンポポ・ムラサキサギゴケで埋まるグランド。 傍らでリフティングを
   している小学4年生。 「86・87・・・あっダメだ!」  (イヤイヤ凄い凄いよ~!)
  周囲を歩いて行くと、斜面にはたくさんのスミレがアチラコチラで群生している。 

    DSC00525_01.jpg    DSC00524_01_20120427015124.jpg    DSC00522_01_20120427015125.jpg
        スミレ           スミレ咲く斜面        リフティングをする少年 

 場所を移動すると、スミレの種類も違ってくる。 ヒメスミレ・ノジスミレと思われるものも
 咲いているが、合っているかなあ? 白いオトメスミレ・毛の多いアカネスミレもいました。        

    DSC00565_01.jpg    DSC00603_01_20120427030115.jpg    DSC00539_01.jpg
       ヒメスミレ?        タチツボスミレ           オトメスミレ

 こんな近くでたっぷりのスミレを見られるなんて・・・ 遊具ばかりでなく、こんな自然にも
    接して欲しいなあ。 スミレ類が終わってもまだまだ野の花は楽しめそうです。
ハルシオン・ハハコグサ・シロツメクサ・マツバウンラン・ヘビイチゴ・メマツヨイグサ・・・
  たくさんの苗が育っています。 子供たちが摘んで遊んでも大丈夫な位たっぷりの・・・

    DSC00553_01.jpg    DSC00564_01.jpg    DSC00580_01_20120427102121.jpg
    アカフタチツボスミレ         ノジスミレ?          アカネスミレ

     その後、小雨が落ち始めた遊び広場には子供たちの姿は見えなくなっていました。
       この日はとても素敵な散策コースを見つけ、心の中はウキウキでした。
          今度は孫たちを連れてこの公園を楽しみたいものです。
   
    DSC00591_01.jpg    DSC00572_01.jpg    DSC00575_01.jpg
     ジロボウエンゴサク        花咲くグランド      富士山バックにサッカー 

雲の間から顔を覗かせた富士山がサッカーの試合を温かく見守っているような一日でした。
    

雨の中の高尾山

 小雨の中、Mさんの友人Iさんに案内して頂き高尾山を歩いた。 久しぶりの訪問だ。
         時間短縮の為、ケーブルカーを利用しての観察が始まった。 
       両側は眩しいばかりの新緑だ。 珍しく7人での楽しい歩き・・・・・
高尾はキジョランが多く、アチコチで見かける。 「葉っぱはパンチで穴を開けたみたいよ」
と言う言葉を聞いてすぐ・・・・・ 「あっ、ホントだ!」 アサギマダラの幼虫はこれを食べて
  育つんだね。 (富士山麓ではその代わりに、イケマを食草としているようです。)

   DSC00610_01.jpg    DSC00621_01_20120424010409.jpg    DSC00669_01.jpg
     ケーブル乗り場         ケーブル内より・・・      キジョランの葉

 良く目についたのが、イヌブナの芽出し。 ブナとイヌブナがすぐ近くで見られ、比較
しながら観察した。 葉っぱが広がったばかりの柔らかな緑色はこれまた軟らかな毛に
覆われている。 地面にはイヌブナの苗がビッシリ!  とても可愛い姿だ。


    DSC00622_01.jpg    DSC00667_01.jpg    DSC00634_01.jpg
            イ   ヌ   ブ   ナ           芽だしと小さな苗 

今はタチツボスミレ・ナガバノスミレサイシンが多く、咲き残りのヒナスミレも少し見られた。
  ミヤマシキミもなかなか端正な姿をしている。 初対面のお花もありましたよ! 
    花がフリル状になっているお洒落なカンアオイはタマノカンアオイだそうです。
 ツクバキンモンソウもお初です。 葉っぱの裏はどうかな? と手をやると・・・花が1輪 
     連なって咲いてる所を見たかったなあ~・・・・・ でもお楽しみはまたの機会に。

    DSC00652_01.jpg    DSC00672_01_20120424020507.jpg    DSC00653_01.jpg
        ミヤマシキミ        タマノカンアオイ       ツクバキンモンソウ

 傘をさして観察する姿もなかなかいい感じ。 頂上付近のヤマザクラは今が丁度見頃
       のようです。 ウグイスカグラも咲いていました。

    DSC00660_01.jpg    DSC00694_01_20120424034516.jpg    DSC00696_01_20120424034515.jpg
       つり橋を渡って・・       ヤマザクラ          ウグイスカグラ

 ふっと目に飛び込んできたのは、ちょっと変わった葉っぱ! えっ、これってもしかして?
         オクタマスミレ? 蕾は無いか探しますが見つかりません。 
             図鑑によると咲かないものも多いそうです。 
別の写真を探していて良く似たものを見つけました。数年前に南アルプスで写したものです。
 同じかな? とすると・・・エイザンスミレ・ヒナスミレの交雑型ですから美人さんの筈です! 

    DSC00703_01_20120424034513.jpg    南アルプス 129_01    DSC00715_01.jpg
      オ ク タ マ ス ミ レ (?)  (南アルプス)      カンヒザクラ

    再度ケーブルカーに乗車して、観察を終えました。 ありがとうございました!

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・

 で、帰る筈だったのですが・・・ タカオスミレを見に行くと言うので勇んで出掛けました。
  いましたいました! あそこにもここにも・・・ 葉っぱを見ればすぐにわかります。
   でもそんな中にもちょっと変わりものがおりまして、葉っぱが緑色です。 

    DSC00750_01.jpg    DSC00766_01.jpg    DSC00772_01.jpg
            タ カ オ ス ミ レ             葉っぱが緑タイプ

  マルバスミレもたくさん咲いていました。 その中の一角にピンク色をしたものが
    見つかりましたが・・・・・カメラでは上手くピンクを撮る事が出来ません。
白い花の花柄は白っぽい緑ですが、ピンクを帯びたものの花柄の色は赤っぽい感じです。
               おもしろいね~・・・・・

      ミミガタテンナンショウもあちらこちらで咲いていました。
ニリンソウ・ヤマネコノメ・ヨゴレネコノメ・エイザンスミレ・ツルカノコソウ・シュンラン・
        カントウミヤマカタバミ・ミヤマハコベ・セントウソウ・・・・・
             色々なお花に出会う事が出来ました。

    DSC00791_01.jpg    DSC00763_01.jpg    DSC00803_01.jpg
     ピンクのマルバスミレ     ミミガタテンナンショウ      ヤマエンゴサク

     Iさん・皆さんお世話になりました。 また高尾の色々なコースを歩きたいです。

春のお花探し

               相方と温泉グッズを片手に出掛けた。
(私) ・・・ その前にお花探し、何処がいいかなあ~   そうそう、あの辺り・・・・・
(相方)・・・少し歩くかなあ~、 そうだ、桜もいいなあ・・・

     微妙にというか、完全に・・・・・行き先は、ずれています。 でも結果は・・・ 

     やって来ました! おっ、咲いてる咲いてる・・・・・ 

                  カタクリは気持ち良さそうに花開いていました。

    DSC00282_01.jpg    DSC00298_01_20120420042406.jpg    DSC00323_01.jpg
    ナガバノスミレサイシン             カ  タ  ク  リ

  カイコバイモも何箇所かで確認出来ました。 細長い葉っぱ・笹の葉のような葉っぱも
       見られます。 あと数年すれば、また私達の目を楽しませてくれます。

    DSC00291_01.jpg    DSC00305_01.jpg    DSC00303_01_20120420042405.jpg
                カ  イ  コ  バ  イ  モ

 キクザキイチゲもたくさん咲いていました。 花びら状のものがあっさり一重のもの、
八重咲きで、少し豪華なものも入り混じっていました。 エンレイソウもスタイルがいいです!

    DSC00318_01_20120420043349.jpg    DSC00334_01.jpg    DSC00333_01.jpg
        キ  ク  ザ  キ  イ  チ  ゲ         エンレイソウ

    え~っ、もうヤマシャクヤクが蕾をつけています。  フライングじゃないの?
 と思いましたが、どれも立派な蕾を抱えていました。 早くにお花が見られそうです。
    タチキランソウのぴょんと上がったお耳?が可愛いです。 今年も会えたね!・・・

    DSC00312_01_20120420042403.jpg    DSC00346_01.jpg    DSC00344_01.jpg
      ヤマシャクヤク蕾        ハシリドコロ         タチキランソウ

 エイザンスミレ、何だかいい色です。 上部は赤味がかって素敵です、唇弁は白く色が
抜けて、とっても美人さん! 葉っぱもちょっと変わっているけど・・・やっぱりエイザンだね。
           久しぶりのツルカノコソウのお花に出会いました。

    DSC00373_01.jpg    DSC00375_01.jpg    DSC00383_01.jpg
      エイザンスミレ       エイザンの葉っぱ         ツルカノコソウ

     少し歩いて来た相方が 「お~い、行くぞ~」  私は満足顔で戻りました。

     垂れ桜を少し見学し、花散策の為時間不足なので、温泉グッズはお役ご免!


我家の春・・・桜

   町の桜が終わる頃、我家の庭に年に1度だけ華やいだ季節がやってくる。
 大好きだった祖母の記念樹(桜)を30数年前に植えたものが、今では2本に分かれ大きく
  育っている。 濃くもなく薄くもない、いい塩梅の色で、雪洞のような咲き方をする。
         それが満開となり、散り始めた。 (現在葉桜に近くなって・・)

    DSC09982_01.jpg    DSC09992_01.jpg    DSC09995_01.jpg
     中央下に富士山が・・   祖父の記念樹オトメツバキ     近づいて・・・

     ヤブツバキ・レンギョウ・ユキヤナギも綺麗です。 アップを怠っている間に
 これも散り始めました。 それに代わり、いい色のモッコウバラの蕾が膨らんで来ました。

    DSC00014_01.jpg    DSC00003_01.jpg    DSC09778_01.jpg
       ヤブツバキ         ユキヤナギ          レンギョウ

  昨年頂いた星のようなホタルカズラも我家の庭に馴染んだようで、咲き始めました。
蔓の姿はイマイチですが、お花の色や形は大好きです。 増えてくれるといいなあ・・・・・
   昨年は花芽が傷んで咲かなかったクマガイソウも今年は2株咲いています。
               よかったよかった・・・・・ 

    今年お庭を拝見させて頂いたYさんから頂いたお花も可愛く咲いて来ましたよ。

    DSC00416_01.jpg    DSC00422_01.jpg    DSC09999_01.jpg
       ホタルカズラ           クマガイソウ           ?

   黄色いオドリコソウも随分増えて来ました。 斑入りの葉っぱが可愛いです。    

    DSC00417_01.jpg    DSC00004_01_20120416112124.jpg    DSC00423_01.jpg
      オドリコソウの仲間     ペチコート水仙の仲間?     スノーフレーク

 これもYさんから頂いたクリスマスローズです。 初代のクリスマスローズは、こぼれ種で
             だいぶ増えています。嬉しいですねえ~。
 シラユキゲシも増え、ヒゴスミレはあっちこっちから顔を出し、我家の主となりそうです。 

    DSC00002_01.jpg    DSC09774_01.jpg    DSC00011_01.jpg
      クリスマスローズ        シラユキゲシ         ヒゴスミレ         
     
          ( 大変、早くアップしないとみんな散ってしまう・・・  )

ご近所さんを散歩 その2

 今度は頑張って少し足を延ばしてみます。 ここでも色々なお花との出会いがありました。
エンレイソウも今年はよく咲いています。 この時期のマムシグサの仲間は、ウラシマソウか
             スルガテンナンショウを多く目にします。
  イチリンソウはまだ蕾をもたげていますが、ニリンソウがやっと咲き始めました。 

    DSC00164_01.jpg    DSC00178_01.jpg    DSC00162_01.jpg
    エンレイソウ         スルガテンナンショウ        ニリンソウ

         場所により、ヤブレガサやモミジガサの群生が見られます。
    ヤブレガサの名前を初めて知った時、成程~・・・と納得した覚えがあります。
 この林では、ネコノメソウが多分4種咲くのですが、コガネネコノメがやっと咲き始めて
             いました。 でも色が薄い・・・・・

    DSC00157_01.jpg    DSC00181_01.jpg    DSC00185_01.jpg
     ヤブレガサ          モミジガサ       コガネネコノメ

 ビックリするのは、ナベワリの多さです。 ビャクブ科に属し、名前の由来は 「お鍋が
割れるほど苦い」 と言う事らしいのですが、それを試す勇気はありませんし、ましてや毒
   だと言うので、味の程はわかりません。 それが一面に生えているのです。
  何とも変わったお花で下向きに咲いています。 ちょっと顔をあげて貰いました。 

    DSC00196_01.jpg    DSC00212_01_20120420090245.jpg    DSC00190_01.jpg
           ナ  ベ  ワ  リ                トウゴクサバノオ

 初めてここを訪ねた時は、もっとお花が賑やかでナガバノスミレサイシンの多さにビックリ
    しました。 でも今はいい時に出会わないのか、以前の豪華さはありません。
          当時の写真が見つかりましたので、登場です! 

    ナガバノスミレサイシン    ナガバノスミレサイシン1    カントウミヤマカタバミ
       ナ ガ バ ノ ス ミ レ サ イ シ ン       カントウミヤマカタバミ

           思い出を後に・・・当てもなく歩いてみました。
 舗装していない道に、小鳥が水を飲みにやって来ています。 そっと気配を隠しましたが、
      残念! すぐに気付かれて次々と飛んで行ってしまいました。
       別の離れた別の場所では、こんな様子を見せてくれました。

    DSC00221_01.jpg    DSC00238_01.jpg    DSC00240_01_20120420100943.jpg
          ?誰?                  エ   ナ   ガ

     初めての道はワクワクします。 どこへ続くのか考えるだけで楽しくなります。
時折り藪の中に入ったり・・・子供の頃の探検ごっこが私の中ではまだ生きているようです。

    DSC00261_01.jpg    DSC00246_01.jpg    DSC00252_01_20120420155635.jpg
        クロモジ           ボケ           ミツバツツジ 

                 お楽しみ時間が終了です・・・・・


ご近所さんを散歩 その1

   自然豊かな住まいの周辺は、しっかりと自然が残っていて、緑がいっぱいだ!
     そんな中、少しブラブラ歩いてみると、色々なお花が目に入って来た。
 今はどこへ行ってもヤマブキの黄色が眩しい。 ニリンソウもやっと咲き始めた。

    DSC00263_01.jpg    DSC00276_01_20120420052555.jpg    DSC00264_01.jpg
       ヤマブキ           ニリンソウ           ユリワサビ

 毒草のムラサキケマンも多いが、少し優しい感じのジロボウエンゴサクも風に揺れて
             可愛いね!  セントウソウの控えめな白にも拍手!

    DSC00265_01.jpg    DSC00270_01.jpg    DSC00266_01.jpg
      ムラサキケマン        ジロボウエンゴサク      セントウソウ

 マルバコンロンソウも今年はよく目にする。 シャガが、ここに来て一気に咲き始めたようだ。
     細かい模様がとても素敵なシャガです! あれ?こんな所にヒトリシズカ。
        昨年までは気がつきませんでした。 訪ねる度に新鮮な所です。

    昨年見つけたイチリンソウの葉っぱ、ここではまだ咲く力はないのかなあ?
     来年のお楽しみです。 エビネは元気かな? よかった~・・・・・
             近くではサイハイランも咲きそうです。 

    DSC00273_01.jpg    DSC00271_01.jpg    DSC00272_01.jpg
     マルバコンロンソウ        シャガ          ヒトリシズカ

           お花の季節にそっと訪ねてみる事にしましょう・・・・・ 


初めての奥多摩訪問!

  私はイワウチワを自然の中で見た事が無かった。 ずっと管理下にある植物園で
          可愛いな~・・・とウットリしていたお花だ。

今回、健脚の フクシアさん  ← にご案内戴き、自然界の中で嬉しい初対面となった。
 が! 天気がイマイチ、 でもでも・・・・・ 夕方から雨・雷も? と言う中での出発。

話の途中、フクシアさんから 「カメラが・・」 と言う話が出た時、 「ギクッ、ガックリ」 
 即座に思い出したカメラの行方! そうだ!気合を入れて充電したまま・・・・・だった。
「よかったらカメラ使って・・・」 との有り難いお言葉。 でも、ヨシ今日は携帯で撮るぞ~! 

 イワウチワの頃なので、まだ他の花は期待していなかったのだが、ナンノナンノ・・・
            次々と可愛い子たちが現れてくれました。
 帰化種ながら・・・美人さんのツタバウンラン、可愛い色のヒナスミレの豪華な事!
   ナガバノスミレサイシンは地元で見るものより葉っぱが丸い感じがします。

    NEC_0563_01.jpg    NEC_0568_01.jpg    NEC_0571_01.jpg
      ツタバウンラン        ヒナスミレ       ナガバノスミレサイシン

  「あっ、マキノスミレだ!」 という声。 目の前には品よく佇む紫色の花がありました。
 図鑑で見て、(会いたい!) と思っていたスミレです。 もちろん初めての出会いでした。
   ミヤマキケマン・マルバスミレ・エイザンスミレの密度の濃い斜面があり、
          暫く見とれてしまいました。 いいね~・・・・・

    NEC_0616_01.jpg    NEC_0573_01.jpg    NEC_0628_01.jpg
      マキノスミレ1        マキノスミレ2        マルバスミレ

  水辺にはハナネコノメやコチャルメルソウが咲いています。 雨が降り出しました。
               (予定より早いよ~) 雷も遠くでゴロゴロ・・・
     
    NEC_0629_01.jpg    NEC_0632_01.jpg    NEC_0574_01.jpg
       エイザンスミレ         ハナネコノメ        センボンヤリ

      いよいよ、イヨイヨです!  「もうすぐだよ・・・、この辺りから・・・」
 ありました! 可愛いフリルをまとったイワウチワです。 白に近いもの、ピンクの濃いめ
のものが目の前に並んでいます。 あっちへウロウロこっちへウロウロしながら充分楽しみ
                 ました。 やっぱり可愛いね~ 

    NEC_0593_01.jpg    NEC_0606_01.jpg    NEC_0588_01.jpg
                  イ   ワ   ウ   チ   ワ

黄色いヒカゲツツジも咲いていました。 こちらはまだまだこれからのようで、蕾も多く暫く
      楽しめそうです。 雨もそれ程ひどくならず、時折り聞こえるゴロゴロ・・・・・
低山ながら、木々を通して下の方に雲海?が見えています。 なかなかいい風景です。

    NEC_0611_01.jpg    NEC_0640_01.jpg    NEC_0641_01.jpg
        ヒカゲツツジ              周囲を見渡すと・・・

  お花探しに時間をとり、雨・雷もまだ元気ですので、今日の所はこの辺で・・・・・
   移動の為バス待ちをしていると、雨の止んだ空にはすぐ近くから大きな虹が
      掛かっていました。 こんなお楽しみもあの雨のお陰です。 

     「もう充分だね・・・」 と話しながら歩いていても目はキョロキョロ・・・・・
 見つけましたよ、ネコノメソウの仲間。ニッコウさんですか? それともヨゴレネコノメ?
      いいや、もう考えないようにしようっと!  い~い1日でした。

    NEC_0653_01.jpg    NEC_0655_01.jpg    NEC_0660_01.jpg
      薄く二重の虹         ネコノメソウの仲間 

           早朝出発し、帰りの空には星が瞬いていました。
 
    フクシアさん、とっても素敵な場所をご案内戴き、ありがとうございました!

              (あっ、出掛ける所がまた増えた・・・・)・       

    

観察会の総会と浮島自然公園

      昨年に引き続き、浮島ケ原自然公園で観察会の総会が行われた。
     生憎の雨模様の空だが、開始の9時前には席もいっぱいになった。
議題に従い進められたが、パワーポイントによる観察会とウィークデー観察会の報告に
  引き続き、楽しみにしていたN先生による 「岩本山の植物」 の講話が行われた。
  植物分布も、地質的にも富士川以東では特異な場所である・・・と言う話は少し
伺っていたが、実際に調べられた内容と、以前の姿を良くご存じのお話には説得力があった。
今は梅・桜など富士山とのビュースポットとしての顔の裏にそんな姿があったのですね!

    DSC00071_01.jpg    DSC00072_01.jpg    DSC00074_01_20120416123711.jpg
     会長の挨拶            観察会報告           N先生の講話

   総会の後は、公園内の観察会が行われ、流れ解散と言う形になりました。
少し見ない内に、随分とノウルシも広がっていました。 良く見ると小さなヒキノカサも
   艶のある黄色い花を咲かせています。 ヤナギも葉っぱの緑が目立ちます。

    DSC00073_01.jpg    DSC00107_01.jpg    DSC00116_01.jpg
    ノウルシ広がる公園       ノウルシとヤナギ         ノウルシ群落

              公園内は、ヒキノカサ&ノウルシの真盛り!

    DSC00100_01_20120416124219.jpg    DSC00113_01_20120416124350.jpg    DSC00117_01.jpg
     ヒキノカサ群落         ヒキノカサ           ノウルシ

 小雨に濡れた木道を散策します。 アゼスゲや絶滅危惧種のオニナルコスゲもよく
               目につくようになりました。

    DSC00096_01.jpg    DSC00095_01_20120416124221.jpg     DSC00093_01.jpg
       観察風景           オニナルコスゲ         アゼスゲ

 ミツガシワも少しづつ咲いています。 管理棟前のものはダメになったのかな?・・・と
  心配していたのですが、無事だったのね・・・・・  可愛いお花をつけていました。
        全国的にも珍しいサワトラノオも10cm程に茎を伸ばしています。
            タコノアシ・ヌマトラノオも・・・順番待ちです。

    DSC00078_01.jpg    DSC00101_01_20120416124218.jpg    DSC00080_01.jpg
      ミツガシワ           サワトラノオ           タコノアシ

               トウダイグサ・タガラシも登場しました。

    DSC00084_01_20120416124011.jpg    DSC00081_01.jpg    DSC00111_01.jpg
      トウダイグサ          タガラシ     オドリコソウ&ヒメオドリコソウ

            この先、日々公園内の花は変化して行きます。

                    楽しみですネ! 


       

芝川方面の散策

        12日は、ウィークデー観察会で芝川方面の春を楽しみます。
 集合して見ると、参加者は20名! うわ~多いなあ・・・・・ 今日は日射しもやわらかだ。

  西山本門寺への長い階段を歩き始めます。 下見時には蕾だった桜も今は満開!
道脇にはタンポポ・ジロボウエンゴサク・キランソウ・ミミナグサ・ハナイバナ・ウラシマソウ・・
色々なお花が顔を出しています。 シダ・コケに詳しいY先生もご一緒なので、観察の幅が
  広がります。 あっちで立ち止り、こっちでルーペを覗き・・・なかなか進みません。

    DSC09785_01.jpg    DSC09818_01.jpg    DSC09804_01.jpg
    桜満開・・・        ジロボウエンゴサク       ウマノアシガタ

  イロハモミジのお花も咲き始めました。 白いマルバスミレも脇道を覗くとアチコチに
咲いています。 「あっ、このスミレ3枚しか花弁が無い!」 いつも熱心なSさんの声に皆で
駆け寄ります。 「あ~っ、ホントだ!」 その周りにも同じようなものが見られます。
(奇形かな~・・・) 写真をバシャバシャ撮った後で、もう1度良く見てみると・・・
   「そうか~」   側弁の裏に残りの花弁がぴったりとくっついていました。
 前日の雨のせいでしょうか? 残念ながら新種発見とはならず終い。 ハハハ・・・

    DSC09833_01.jpg    DSC09824_01.jpg    DSC09815_01.jpg
     イロハモミジ          マルバスミレ         タチツボスミレ

        マムシグサの仲間、スルガテンナンショウも咲いて来ました。
             カエルさんも元気に動き出しています。
 
    DSC09871_01.jpg    DSC09795_01.jpg    DSC09868_01.jpg
       スルガテンナンショウ

 エイザンスミレは今年初のお目見えです。 マルバコンロンソウも結構咲いていますねえ。
      田舎道をノ~ンビリ、富士山バックに散策は気持ちがいい・・・・・

    DSC09875_01.jpg    DSC09883_01.jpg    DSC09865_01.jpg
       エイザンスミレ       マルバコンロンソウ       ゆったりと・・・

 この辺りではニリンソウが真盛りでした。 白く群生するニリンソウ、花弁風のものを
             数えてみると・・・・・5枚~9枚。 
   少し大きな花のイチリンソウもよく咲いて来ました。 裏から見ると・・・・・
     ニリンソウと同じように、薄いピンク色をしています。 可愛いね!      

    DSC09890_01.jpg    DSC09910_01.jpg    DSC09925_01.jpg
       ニリンソウ         イチリンソウ          イチリンソウ

     アマナが少ない・・・でも良く見ているとアチラコチラで花開いていました。
 黄色いトウカイタンポポをいっぱい楽しんだ1日でしたが、西に多いシロバナタンポポも。

    DSC09913_01.jpg    DSC09930_01.jpg    DSC09938_01.jpg
       アマナ          シロバナタンポポ         富士山も・・・

              気持ちのい~い1日でした。   



K太と遊ぶ

     K太とちょっとした遊具や、彼の住むアパートの裏庭で遊ぶ時間があった。
  最近、滑り台をカニさん歩きで登り、滑り下りる芸?が出来るようになったようで
      初めてその姿を目にした。 登り切るとナント得意げな顔!
最初は慎重で、必死だったK太も少し慣れてくるとちょっぴり余裕が出て来たようだ。

    DSC09740_01.jpg    DSC09741_01.jpg    DSC09737_01.jpg

  サッカーボールも大好きです。 数年後には、パパさんの後を追ってサッカーを始める
         のかな? タンポポも今はトウカイタンポポが多いようです。
 綿毛飛ばしをやってみたら、K太も嵌ってしまったようで、しきりにフウフウしています。
  終わってしまうと・・・ 「あるかな~?」 と呟きながら周りをキョロキョロ・・・・・

           DSC09759_01.jpg        DSC09767_01.jpg
            キック~               フウフウ・・・

         アパート裏の空地では色々なお花が咲き始めました。
    シロツメクサ・キュウリグサの絨毯です。 紫色はヒメスミレでしょうか? 
        カラスノエンドウ・カスマグサなどもよく咲いて来ました。

    DSC09751_01.jpg    DSC09755_01.jpg    DSC09752_01.jpg
      マツバウンラン          キュウリグサ       ヒメスミレ? 

           行き帰りでは、色々なお花に出会う事も出来ました。 
        イズセンリョウのお花の時期に出会ったのは初めての事です。
   桜のピンク・新芽から出る柔らかな薄みどり・・・・・  まさに ”山笑う” ですね。

              いい季節になって来ました。  

    DSC09723_01_20120412192141.jpg    DSC09713_01_20120412192143.jpg    DSC09714_01_20120412192142.jpg
     イズセンリョウ            アケビ          新緑の季節・・・


たんぼの植物

      田んぼ周辺の植物を覗いてみると・・・良く似たものが見られました。
  別々に見るとそっくりな気がするのですが、比べてみると・・・うん、ヤッパリ違うね!

    DSC09663_01.jpg    DSC09685_01.jpg    DSC09692_01.jpg
      キツネノボタン        タガラシ         キツネノボタン・タガラシ

   シーズンが過ぎるといつもどっちがどっちだか分からなくなるのが次の二つです。
「ノミノフスマ」 と 「ノミノツヅリ」。 「ノミ」 は小さい事から付いたようですが、今の子供達
にはわかりません。 フスマは夜具(布団)、ツヅリは粗末な着物という意味だそうです。
    (ノミが布団に入ったり、着物を着ている姿を想像すると可笑しくなります)

田んぼの中には、ノミノフスマがいっぱいでした。 その近くの道端を歩いていると、今度は
ノミノツヅリばかり・・・・・・ ノミノツヅリの方が、フスマより少し乾燥気味な場所が好きなの
  でしょうか? ノミノツヅリをルーペで見ると、雄しべの葯がピンク色に見えます。
      初めてそれを見つけた時は、嬉しくなって小躍りしました。 
       でも今日見たのはうっすらピンク・・・ ちょっぴり残念!

           DSC09702_01.jpg       DSC09697_01.jpg
             ノミノフスマ                ノミノツヅリ
          (ナデシコ科ハコベ属)       (ナデシコ科ノミノツヅリ属)

 この田んぼでは、ムラサキサギゴケがたくさん咲いていました。 アレレ?良く見ると
   花の中央の斑紋?の色が濃いのがあります。 近くでは、白いサギゴケも
              品のある顔で立っていました。

    DSC09661_01.jpg    DSC09666_01.jpg    DSC09680_01.jpg
           ム ラ サ キ サ ギ ゴ ケ             サギゴケ

          田んぼの定番、コオニタビラコもロゼットをいっぱい広げ、
              早い子は黄色いお花をつけています。
       在来のカワジシャでしょうか? それとも帰化種のオオカワジシャ?
お花が咲くとわかるのですが・・・ マツバニンジンも小さな小さな花が咲き始めていました。

    DSC09664_01.jpg    DSC09687_01.jpg    DSC09668_01.jpg
 コオニタビラコ(七草で言うホトケノザ)  カワジシャの仲間     マツバニンジン

  脇の道端では、逞しくアスファルトの間から、アリアケスミレやヒメスミレが陽を
                 いっぱい受けていました。
住まいの周辺では余り目にする事のないアリアケスミレですが、川を越えた市内では
こんなに沢山咲いているのですね? 今は田んぼの役目をしていない風景がありました・・・

           DSC09658_01.jpg        DSC09703_01.jpg
             アリアケスミレ            ヒメスミレ


富士山と・・・・・

  富士山も春になって降った重い雪が山を覆い、真っ白な姿を見せてくれています。
          3月から4月初めに写した富士山の姿を並べたら・・・・・

    IMG_0517_01.jpg    DSC09024_01.jpg    DSC09595_01_20120409000032.jpg
     すぐ近くの梅林から      吉原のモクレン通りから   川縁の桜と一緒

   富士山とカタクリ・・・なかなか贅沢な組み合わせです。 その傍らでは、クロモジも
  蕾をつけていました。 この時期駐車場に開放して下さってる敷地には大きな灯篭?も。

    DSC09558_01_20120408235853.jpg    DSC09555_01.jpg    DSC09524_01.jpg
   カタクリと一緒・・・    クロモジの目覚めももうすぐ

   お茶畑についている扇風機様のプロペラ・・・・・ 初めて見た時 「コレ何だ?」 
       「霜除け用」 と知った時、これで効果あるの?と思いましたが・・・ 
             今では・・・お茶処ならではの風景です。

      本殿は無く、神社裏の階段を登り切ると、こんな光景が広がっていました。

       水ケ塚からの展望も圧巻です! 双子山も右手に仲良く並んでいます。
   
    DSC09594_01_20120408235851.jpg    DSC08920_01.jpg    DSC09100_01.jpg
    プロペラと富士山       ご神体の富士山       富士山と双子山(1500m)

 ぐぐっと標高が下がって、ノウルシやヒキノカサが見頃となった浮島ケ原自然公園からも
                 富士山はくっきり。 

    孫のK太と共に海辺の公園を訪ねました。 強風に弟のYと私は車中に避難。
         ひと遊びして帰って来たK太の鼻からは2本の透明な線が・・・ 

        昔はこんな子がいっぱい居たのですが、今では絶滅危惧種???

    DSC09026_01.jpg    DSC09326_01.jpg    DSC09330_01.jpg
  浮島ケ原自然公園より         田 子 の 浦 み な と 公 園 に て

           富士山の見える風景・・・・・やっぱりいいなあ・・・ 
    

ハナネコノメは咲いているかな?

        近くで見られるハナネコノメは咲いているだろうか?
 ずっと気になりながら、まだ確認できずにいた。 午後から出掛ける機会があったので
反対方向だが、出掛けて見た。 その近くのニリンソウはまだ小さな葉っぱを広げたばかり。
これじゃ、まだかなあ?・・・ 昨年確認した場所を探していると、ようやく小さな株を1つ
見つけた。これだけ?・・・よ~く探して見ると、ポツポツは見つかるが、少ないなあ・・・
 小さな葉っぱも確認されたので、標高のあるこの地はまだこれから咲く子もいるようだ。

    DSC09571_01.jpg    DSC09568_01.jpg    DSC09579_01.jpg
           ハ ナ ネ コ ノ メ            コチャルメルソウ

         ネコノメソウノ仲間・エンレイソウも途中で見られた植物です。

    DSC09562_01.jpg    DSC09587_01.jpg    DSC09588_01.jpg
         ネ コ ノ メ ソ ウ の 仲 間           エンレイソウ

 中学の生徒さんやカタクリトラストの方達が守っておられるカタクリもそろそろ終盤です。
        随分増えて見応えのある林になっているのは嬉しい事です。
      ここでは富士山とカタクリを1枚の写真に写し込む事が出来ます。
   今年はチョッピリ賑やかなカタクリと富士山の景色を楽しむ事が出来ました。

    DSC09553_01.jpg    DSC09525_01.jpg    DSC09546_01.jpg
     富士山とカタクリ              増 え た カ タ ク リ

             春のお花が本格的になって来ましたね! 

                   忙しくなってきます。


    

芝川の春

     桜の花もアチコチで咲き始め、ピンクの並木に目を細めます。
遅かった春も駆け足でやって来ているようです。 1週間後に予定されている芝川の
  平日観察会の下見に出掛けました。 いつものメンバー4人での歩きです。

西山本門寺の参道から登り始めです。 桜の花はチラチラと咲き始めた所、当日は満開の
  桜並木が迎えてくれる事でしょう。 入口には、下馬札について案内板がありました。 

    DSC09344_01.jpg    DSC09345_01.jpg    DSC09373_01.jpg
       案内板           階段が続く参道          杉の大木

 参道脇には野の草がいっぱい出ているので、なかなか進みません。 良く似た仲間同士
も元気に育っています。 どこが違うかなあ? まずは・・断然在来のミミナグサに軍配
が上がります。 ちょっと品がある気がします。 でもここのオランダミミナグサはいつも
    見かけるものより、在来に似ている気もします。気のせいかなあ??・・・
  自然が残るこの地に、在来のイヌノフグリが無いか探しますが・・・見つかりません。 

DSC09351_01_20120406114139.jpgDSC09352_01.jpg DSC09358_01.jpgDSC09359_01.jpg
  ミミナグサ    オランダミミナグサ        タチイヌノフグリ  オオイヌノフグリ
 
 小さなキュウリグサとハナイバナも咲いていました。 ヤマルリソウを小さくしたような花
    ですがキュウリグサには、花の中央に黄色い輪っかが見えるのが特徴です。
黄色いタンポポがいっぱい花をつけていますが、今の時期、これらはみんなトウカイタンポポ
     です。 水の豊富なこの地、田んぼの畦はタンポポの花盛りでした。

    DSC09362_01.jpg    DSC09360_01_20120406114318.jpg    DSC09409_01.jpg
     ハナイバナ           ヒメウズ          トウカイタンポポ

 いくつかの坊や坊の跡を横目に階段歩きを終え、平坦な道になると、立派な西山本門寺
  の本堂に到着です。 イチョウA・イチョウB、2本のイチョウが迎えてくれます。
  コウヨウザン・メタセコイヤ・ヒノキ・スギの実をクラフト用に拾わせて戴きました。
 先日の嵐で、「大きな枝も折れたんですよ」 と掃除をされていた方が仰っていました。

    DSC09384_01.jpg    DSC09394_01.jpg    DSC09403_01.jpg
         本堂           信長の首塚         本堂と桜

   この辺りで今見られるスミレは、タチツボスミレ・マルバスミレ・アオイスミレです。
             カントウミヤマカタバミも今が見頃です。

    DSC09397_01.jpg    DSC09376_01.jpg    DSC09411_01.jpg
       マルバスミレ       タチツボスミレ     カントウミヤマカタバミ

      蕾だったニリンソウもあちらこちらで白いお花をいっぱい広げ始めました。
    ニリンソウはよく見ると、花弁状のものが4枚・5枚・7枚・・・色々あって面白い!
          窮屈そうに2輪が一緒に咲いてしまったものもありました。 

    DSC09422_01.jpg    DSC09429_01.jpg    DSC09436_01.jpg
     マルバコンロンソウ       ニリンソウ        変わりニリンソウ

    ある筈なのに、なかなか見られなかったアマナにやっと会う事が出来ました。
         それもかなりの数!  大喜びしたのは言うまでもありません。
     葉っぱはよく見るアマナですが、何故だか花が咲くのが少ないような気がします。
       その傍らでは、イチリンソウが咲き始めていました。 1週間後には・・・ 

    DSC09459_01.jpg    DSC09465_01.jpg    DSC09462_01.jpg
       アマナ           アマナ           イチリンソウ

  ただ残念な事に・・・一部のアマナやイチリンソウの上には切り取った木々がどっさりと
被せられていました。 この当時はまだ土の中で春を待っていた訳ですから地主さんも気が
   つかなかったのでしょう。  ノンビリ歩きでしたが、散策を終えたのは4時前でした。  

            1週間後の観察会が楽しみになって来ました。 


はたご池とその寄り道

      富士宮から蓬莱橋を渡り、そのまま直進すると由比へと続いている。
  何度かここを通り過ぎながら、途中で見かける 「はたご池」 の案内のある地図が
  いつも気になっていた。午後から時間が出来たので、ちょっと歩いてみる事にした。
    いつもの癖で、車を止めてはキョロキョロと周辺の観察をしながら・・・・・
      道沿いの斜面では、タチツボスミレ・ヤマルリソウが賑やかだ。
       沢沿いでは、ヤマタバコがシワシワの葉っぱを伸ばして来た。

    DSC09230_01.jpg    DSC09235_01.jpg    DSC09220_01.jpg
       ヤマルリソウ         カテンソウ         ヤブタバコ

    荒沢不動尊のすぐ下の道沿いに駐車スペースがあり、ここに車を置いて階段を登る。
   不動の滝の流れを過ぎると、杉林の登山道を登って行くが、下草は殆ど見られない。
   20分余り登ると一旦車道に出た。 暫く車道を歩き、再び山道を巻くように登って行くと
       はたご池に到着した。 (車道に出なくていい道を知ったのは帰りでのこと)
       我家の近くの丸火公園にある「富士見ケ池」と同じ位の大きさだろうか?
   目の前には大きく富士山が広がり、桜の花を愛でながらお弁当を開くにはいい場所だ。
              ぐるっと一周し、帰る事にした。

    DSC09247_01.jpg    DSC09249_01.jpg    DSC09244_01.jpg
       案内板         はたご池           富士山

陽のあたる斜面では、もうキジムシロが手足?を広げ、その先に黄色いお花をつけていた。
          ジロボウエンゴサクやヒメウズもこの時期賑やかだ。

    DSC09255_01.jpg    DSC09278_01.jpg    DSC09274_01.jpg
      キジムシロ        ジロボウエンゴサク      スルガテンナンショウ

 山のブロッコリーとも呼ばれるニワトコも蕾をつけていた。 キブシもアチコチで
黄色いカンザシを垂らしている。 コレは何かな?・・・調べてみると、どうやらヤマコウバシ
  のようだ。 花期に出会ったのは初めての事です。 何故だか印象に残る名前です。 

    DSC09262_01.jpg    DSC09237_01.jpg    DSC09265_01.jpg
      ニワトコ            キブシ          ヤマコウバシ

         ヒトリシズカの成長ぶりを見たいと、ちょっと寄り道です。
       あっ、咲いていました。 1つ目に付くとそっちにもこっちにも・・・・・
まだ出始めで新鮮です。 ヒトリシズカなのに、先が4つにも別れている変わり者もいます。
                 会えてよかったよかった・・・・・ 

    DSC09282_01.jpg    DSC09298_01.jpg    DSC09292_01_20120406002346.jpg
     アカフタチツボスミレ            ヒ ト リ シ ズ カ


温泉好きのK太

 (だいぶ時間が経ってしまったが) 3月のある日、K太を伴って 「中の湯温泉」へ出掛けて来た。
お正月を挟み、2ケ月程一緒に暮らしたものの、じい・ばあと3人で1泊できる
    だろうか? とちょっぴり不安を抱えての信州行きだった。

 2歳3ケ月のチビながら、ちゃんと話し自分が納得すれば大丈夫だろう・・・と何度か
「パパもママもいなくて、じい・ばあとK太の3人で温泉でお泊まりだよ、大丈夫かな?」
    と言うと 「大丈夫、おんしぇん(温泉)に行く」 と言う心強い返事。

 当日迎えに行くと、ニコニコと待っていてくれた。 眠りのお供のぬいぐるみを2つ、
   オムツに着替え、我家からはK太お気に入りの 「はじめてのおつかい」
「うさこちゃんのてんと」 の本を2冊、なかなかの荷物である。 「行ってきま~しゅ!」          
                    と元気に出発!

    DSC08339_01.jpg    DSC08312_01.jpg    DSC08293_01.jpg
      途中の景色       雪の中の 「中の湯温泉」     玄関にて

  疲れも知らず、ご機嫌の内に中の湯に到着した。 この時はまだ雪も多くスノータイヤは
   履いてるものの、四駆ではないので心配・・・と言う事で途中まで迎えに来て戴いた。
     ゆったりとした後は、K太と温泉に・・・・・  嬉しそうに温泉でも大活躍だ。 

            DSC08305_01.jpg      NEC_0530_01.jpg

         さて、そろそろ・・・・・ 問題の時間がやって来た。
 「本読もうか?」 と声を掛けると・・・ (本を読む=寝なければいけない=いやだ)
      ぬいぐるみを両脇に抱え部屋の壁にピッタリ! うつむいている。
      大丈夫・・・と言った手前、(帰る・ママ・パパ・・・は言えない)
      そこで彼から出た言葉は・・・・・ 「おしょと(お外)行く!」 
  じいがロビーへ連れて行き、ひと遊びして帰って来た。その後、また壁にピタリ。
   暫くして自分の中で納得したのか、やっと布団の中に入って来た。 ヤレヤレ・・・ 

    DSC08316_01.jpg    DSC08325_01.jpg    DSC08351_01.jpg
     卜伝の湯 内部       卜伝の湯入口       ザゼンソウの里

           翌朝は、快適な目覚めでまたまた活躍を始めた。
     帰りに、ずっと気になっていた「卜伝の湯」 に入れて貰う事にした。
    少し熱めの洞窟風呂だ。 それ程広くはないが、貸切なのでいいねえ~。
 少し雪遊びを楽しみ、フクジュソウはどうだろう? と諏訪の有賀峠方面へ向かうが・・・
              まだまだ雪深い峠でした。

        さ~て、パパ・ママの待っているK太の家へ向けて出発です。

  ************************************

 「中の湯温泉」 昔は上高地へ向かう道の対岸に見えていました。 学生時代の山帰り、
   (大人になったらあそこへ入りに来よう・・・) とずっと思っていました。
  そのまま時は過ぎ、安房トンネル工事の影響による水蒸気爆発により閉鎖。
         その後、現在地へ移転されたとか・・・ とても残念です!

 
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる