お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

桜まつり

        31日は、市立博物館主催の 「さくらまつり」 が行われた。
  例年だと「さくらまつり」と銘うちながら、桜の花を見る事は殆どなかった。
でも今年は違う! 満開は過ぎてしまったが、ハラハラと散る花びらを受けながらの
まつりは何だか嬉しくなってくる。 この日はIさんと、宝石採りコーナーのお手伝い。
       始まる前から、小学生二人がまだかまだか・・・と待っていた。
    
    DSC07013_01.jpg    DSC07015_01.jpg    DSC07016_01.jpg
      宝石採り          小動物との触れ合い       ポニーも・・・

 隣では、サファリパークのモルモット・ウサギ・ポニー・ハムスターなどに触れて遊ぶ
コーナー、こどもの国の「かざぐるま」コーナーが、緑いっぱいのちょっと小高い広場に
  設えられた。 博物館内は無料で開放され、紙漉き・型染め・焼きものの絵付け・
      お抹茶・やきそばやコロッケなどの軽食コーナーなどで賑わった。

    DSC07027_01_20130401030217.jpg    DSC07024_01.jpg    DSC07021_01.jpg
   サファリパーク・こどもの国     お抹茶・バザー       紙漉きコーナー 

見下ろすと、移築された兜作りの古民家からはお琴の音色が流れ、何だかいい気分! 
         斜面を掛け下り、ちょっと中を覗いてみると・・・・・
            今度、ゆっくり聞いてみたいな・・・

    DSC07025_01.jpg    DSC07028_01.jpg    DSC07019_01.jpg
      型染め          古民家でのコンサート      移築された古民家
        
 途中の雨もあり、少し早目に終わったので、公園内を少し歩いてみましょう。 


| イベント | 2013-03-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今が見頃の浮島自然公園

   やっとヒキノカサが開花した今月9日に訪ねて以来の、 「浮島自然公園です。」

 うわ~、いい感じになってきました。 管理棟脇に咲くミツガシワは今が丁度見頃!
ナンテ可愛いお花でしょう! 長野方面に行けば、普通に群生が見られるのですが、
    ここに咲いていると言う事が、素晴らしいです。 よくもこんな温暖な地に!
氷河期の生き残りと言われているミツガシワも、この地の気候に合うように少しづつ
   変わって来たのでしょうね?  そんな風に考えると・・・ より愛おしい。 

    DSC06894_01.jpg    DSC06899_01_20130331030113.jpg    DSC06895_01.jpg
              ミ     ツ     ガ     シ      ワ

  今日は、所属の会のY会長が書かれた富士ニュースの記事を見て訪ねられた方が
   多く、中にはその記事に赤線を入れてお持ちになり、管理棟へ置いて行って
 下さった方もいました。 ここにいると、地元の古い話を聞かせて下さる方もいます。
ミツガシワの話をしていたら、「昔見た事あるよ」 とか 「ミズバショウも昔見たよ」
              と以前話して下さった方もいました。

    DSC06910_01_20130331032351.jpg    DSC06928_01.jpg    DSC06971_01.jpg
            ヒ  キ  ノ  カ  サ             ノウルシ

       いま公園内は一面黄色く染まり、春の中で一番の見頃だと思います。
 黄色く染めているのはノウルシとヒキノカサです。 早く咲いた場所のノウルシは早や
  種子をつけています。 ヒキノカサの照りのある小さなお花も可愛いです! 
       ノウルシの仲間のトウダイグサも小さいながら増えて来ました。
ちょっと目には同じように見えるのですが、よく観察すると違いが分かって来ます。 
一番見分けられるのは種子がついてから・・・・・ ノウルシはトゲトゲ状になりますが
                 トウダイグサは滑らかです。

    DSC06986_01_20130331174229.jpg    DSC06926_01_20130331032352.jpg    DSC06931_01.jpg
        ノウルシ           トウダイグサ         ツボスミレ

  木道を歩いていると、スゲの仲間が目につくようになりました。 トゲトゲした感じは
  オニナルコスゲ、アゼスゲも見えます。 オニナルコスゲ・ノウルシ・ヒキノカサは
 レッドデータの植物です。 管理棟の窓越しに、今見られる植物や生き物の案内が
  ありますし、説明チラシもありますので、案内人がいない日も自分で楽しめます。

    DSC06954_01_20130331202345.jpg    DSC06953_01.jpg    DSC06936_01.jpg
         オニナルコスゲ         アゼスゲ       見頃の植物案内

シロバナサクラタデ・ミゾソバの苗以外にも、ゴキヅル・ヒメハッカ・ナヨナヨワスレナグサ
・ミソハギなども伸び始めています。 サワトラノオも苗がいっぱい増えているようです。
 調査している杭やヨシの枝がいっぱいあると言う事は・・・それだけ多いと言う事です!     
                  嬉しい事です!   

    DSC06983_01.jpg    DSC06952_01.jpg    DSC06961_01_20130331202344.jpg
       サワトラノオ           ゴキヅル         ヒメハッカ

  園内をご案内しながら色々話していると、別に見えられたお二人が遠い親戚同士
  だとわかったり、共通の知り合いの名前が出たり、俳句のご指導を受けたり・・・・・
         いい感じの流れに、心もホッコリして来ました。 
   
    3時までの当番を終えて、外から眺めると南東側のノウルシが賑やかでした。 
     少し東へ走り、ノウルシ&ヒキノカサ畑を確認し、自宅へ向かいます。 

              浮島は今がお勧めです!    

    

| 植物 | 2013-03-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

待ち時間でのお花探し

  数年使った携帯は、もうボロボロ・・・・・ 丁度いいのがあるとの事で、思い切って
替える事にした。 信頼のおける店と店員さんなので、携帯を預け、設定をして貰った。
  それを待つ間・・・・・近くにはゆったり歩ける場所があるので・・・   

    DSC06785_01_20130330013646.jpg    DSC06802_01.jpg    DSC06791_01.jpg
        スミレ           ヒメスミレ?         カナビキソウ

   いつも春一番に訪ねているその場所でも、色々なお花が咲き始めていました。
     ウラシマソウも多く、釣り糸状のものが絡まっている姿もあります。
          ヒトリシズカは既に開花が進んでおりました。

    DSC06803_01.jpg    DSC06816_01_20130330013820.jpg    DSC06833_01_20130330014307.jpg
       アケビ           ウラシマソウ         ヒトリシズカ 

  一面カテンソウ畑やタチツボスミレの団体さんを横目に、緩やかな斜面を歩くと・・
      まだまだですが、ニリンソウも段々お花の数が増えて来ています。 

    DSC06839_01_20130330014307.jpg    DSC06840_01.jpg    DSC06862_01_20130330014305.jpg
      カテンソウ                ニ  リ  ン  ソ  ウ

  コンロンソウの仲間やセリ科の仲間の名前がわかりません。 今年はちゃんと
    調べなきゃね。 カンアオイの仲間も・・・ やっぱり難しい。 

    DSC06846_01.jpg    DSC06824_01.jpg    DSC06821_01.jpg
    コンロンソウの仲間?              う~~ん・・・ 

          シャガやイカリソウも早い子はお目覚めのようです。
               こっちはランヨウアオイかな?       

    DSC06875_01.jpg    DSC06805_01.jpg    DSC06807_01.jpg
      シャガ                 ラ ン ヨ ウ ア オ イ ?

    ピンク系やクリーム系のお花をつけたオドリコソウも良く咲いて来ました。
 散歩中のおじさんとちょっと立ち話。 斜面にはヒガンバナの葉っぱがいっぱいなの
ですが、 「子供の頃この葉っぱの上をよく滑ったよ。 花の頃は一面オレンジ色に
染まるよ」 とか、「オドリコソウの花の蜜をよく吸ったなあ・・・」 とか懐かしい 話を
    聞かせてくれました。  私 「ホント、ここはいい所ですねえ~」 

    DSC06885_01.jpg    DSC06873_01.jpg    DSC06888_01.jpg
       オドリコソウ            ヤマブキ          フラサバソウ

          あっ、約束の時間を1時間もオーバーしてしまいました。 

  お店に着くと、ちゃんと仕上がっていました。 アプリを入れたいので少し教えて
      貰い・・・代金は?  ポイント使ったら無料になったそうな。 
     手続き分だけ来月引き落としだとか。 ヨカッタヨカッタ・・・

               でもちゃんと使えるかな~?

| 植物 | 2013-03-29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

野外でランチ

       久しぶりに孫のK太たちとお弁当を持って外へ飛び出した。
 私「どこにしようか?」  娘「まだ行った事無いけど梶原山公園もあるけど・・・」
         と言う事で、急遽 「梶原山公園」 へ向かった。
     近くの一本松公園は、K太のお気に入り。 こっちはどうだろうネ?
    駐車場に車を置いて歩く事10分弱・・・・・ えっ、もう頂上です!

ご機嫌のK太は珍しく 「ばあば、写真撮って!」と言う。 いつも逃げ回っているのに・・

    DSC06710_01.jpg    DSC06715_01.jpg    DSC06738_01.jpg
     二色の枝垂れ桃          頂上            垂れ桜

 まあ、お昼を食べに来ただけだから・・・・・ と言いつつも、周辺の景色の良い事!
垂れ桜に、桜、ナンジャモンジャの木まである。 「今度は下から登ろうね」 などと
 話しながら、散策。 ナミアゲハだろうか、この陽気につられて飛び交っていた。

    DSC06740_01.jpg    DSC06742_01.jpg    DSC06744_01.jpg
      海岸            ナンジャモンジャ      バックは竜爪山 

  途中にはたくさんのスミレとフモトスミレとはちょっと違う感じ、ヒメミヤマスミレ?
         かなと思うが、葉の裏が紫色なので当てはまらない。 
    昨年別の場所でも見ているのだが・・・  やっぱりスミレも難しい。 
 
       日当たりのいい斜面では、もうマツバウンランが咲き始めていた。    

    DSC06750_01.jpg    DSC06705_01_20130329014715.jpg    DSC06755_01_20130329015142.jpg
      スミレ            ヒメミヤマスミレ?       マツバウンラン

        気持ちのいい陽射しと爽やかな風に、K太やYもノビノビ!

          ママさんも気持ちのリフレッシュが出来たかな?

          DSC06759_01_20130329015142.jpg          DSC06733_01_20130329014843.jpg
           スルガテンナンショウ          サルトリイバラ

       ホンの短い時間でしたが、K太はハイテンションでニッコニコ! 

 

| 孫と一緒に | 2013-03-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

可愛いヒナスミレ

      富士宮の山間部に相方の用事があったので、一緒に出掛けて来た。
   用事が終わるまで、周辺の散策が始まった。 自然いっぱいの場所である。
 まずは、何気に出ているサイハイランの葉っぱ。 結構多くアチラコチラで見かけた。
    アブラチャンも丁度満開! 庭内を歩きながら・・・その内、林の中へ!

    DSC06642_01.jpg    DSC06640_01.jpg    DSC06648_01.jpg     
      サイハイラン        アブラチャン            ウバユリ

 多かったのは、ウバユリ。 ドライフラワーの横から艶のある新葉が顔を出していた。
蔓を伸ばしながら上へ成長しているのは、多分ツルカノコソウでしょう。 これも一面に。
          ヤマネコノメソウもやっと咲き始めています。

    DSC06643_01_20130328010433.jpg    DSC06645_01.jpg    DSC06664_01.jpg 
      ヤマネコノメソウ        ツルカノコソウ      カントウミヤマカタバミ 

  何より嬉しかったのは、沢山のヒナスミレに出会った事。 周りより一段低くなった
  針葉樹の斜面には独特の優しい色の花をつけたヒナスミレが待っていてくれました。
   中には少し濃い色をしたものや、ある一角では、斑入りのものまで・・・ 
 結構群生するタイプのスミレとは言え、何と可愛い事・・・ アッチにも、コッチにも。
その間を埋めるように、カントウミヤマカタバミも群生。 花期には少し早目でしたが・・・

    DSC06658_01_20130328013022.jpg    DSC06670_01.jpg    DSC06676_01.jpg
            ヒ  ナ  ス  ミ  レ             フイリヒナスミレ

   さらにガサガサ歩いて行くと、タチツボスミレも。 まだ蕾ばかりですが、花は白く
     見え、距には紫が残っているので、シロバナタチツボスミレのようです。
       あと数日経てば、この林ももっと賑わうのではないでしょうか?

    DSC06697_01.jpg    DSC06681_01.jpg    DSC06698_01_20130328013228.jpg
      タチツボスミレ     シロバナタチツボスミレ(多分)    マルバスミレ

        さて、用事も終わり帰りますが、ちょっと寄り道してみると・・・・・
    マルバスミレやアカネスミレもやっと咲き始め、アオイスミレも咲いています。

    P1000441_01.jpg    P1000451_01.jpg    P1000443_01.jpg
      アカネスミレ          アオイスミレ          オニシバリ

   車へ戻ると、さっきまで座っていた運転席には相方が! 「ハンドル握らすと
      いつ家に帰れるかわからない・・・」 のが理由だそうです。
 反論は出来ません。 でも今日はたっぷり楽しめたので・・・・・ もういいよ~ 

 

| 植物 | 2013-03-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

市内の巡視&春探し

          市内山間部を春探しも兼ねて、巡視活動へ・・・
 この季節になると、どこのお宅の庭も花盛り、道端に咲く野の花も増えて来て、
とても気持ちよく歩く事が出来ます。 天気も上々・・・・・  では行って来ま~す!

 アブラチャンやクロモジもお花を咲かせ始め、フジザクラ(マメザクラ)も下向きに
   花をつけています。 ホントに一気に春が来た! と言う感じですね! 

    DSC06464_01.jpg    DSC06468_01.jpg    DSC06463_01.jpg
        クロモジ           フジザクラ         ホオジロ(オス)? 

 あの清水次郎長さんが開墾に入ったと言うこの地では、富士市指定天然記念物の
「白髭神社のヒイラギ」が迎えてくれます。 いい感じに枝を広げ、とても綺麗な樹形
です。 ヒイラギは幼い頃、節分の日にイワシの頭と一緒に入口に刺していたような
記憶がボンヤリとあります。 葉っぱは普通トゲトゲなのですが、この木の葉に棘は
  ありません。 でも探してみると・・・・・ありました! (わかりにくいかな?)

調べてみると・・・樹齢40年頃から、徐々に棘の小さな葉に変わり、2~300年を越えた
頃から、丸い葉になるのだそうです。 「人は年をとると丸くなる」 と言われる語源は
     このヒイラギの木から来たようです。 (まあ人それぞれですが・・・)

    DSC06556_01.jpg    DSC06558_01_20130325141127.jpg    DSC06564_01.jpg
    しらひげ神社とヒイラギ     窪みに若い葉      桜にヒイラギナンテン

  ”ミツバツツジの里” とされる地区ですが、ここにも沢山植えられていました。
 中にはこんなに花を咲かせたものもいます。 早咲きの桜は終わり、垂れ桜などが、
                 次の準備を始めていました。 

    DSC06551_01.jpg    DSC06552_01.jpg    DSC06567_01_20130325142851.jpg
      ミツバツツジ          ハナズオウ           桜 

 歩いたコースでも色々なお花が目を楽しませてくれます。 ハクモクレンはそろそろ
   終わりのようですが、シモクレン・シデコブシ・・・ うわ~、可愛いツバキ!     
    名前が知りたくなり調べたのですが、タロウカジャでいいのでしょうか?
   花色が濃いと書かれたものもありますが、色は薄めでとても優しい感じです。

    DSC06576_01.jpg    DSC06579_01.jpg    DSC06574_01_20130325143532.jpg
    タロウカジャ?         シデコブシ           ハクモクレン

 道端の野の花も色々出て来ました。 ツクシ・キュウリグサ・ハハコグサ・ノゲシ・
   カタバミ・ハルジョオン・ヒメオドリコソウ・ホトケノザ・オオイヌノフグリ・・・
     この所増えて来ているマツバウンランの苗も大きく育っています。

    DSC06611_01.jpg    DSC06589_01.jpg    DSC06616_01.jpg
        ヒメスミレ          トキワハゼ         ムラサキケマン

          あとは、ゆっくり車で移動しながら止めては歩き・・・・・
  車中から見つけましたよ!  (アレ、アマナでは?) 下りてゆっくり見ますと 
       白っぽい葉っぱがたくさんあります。 その中に蕾が一つ!
    畑の畔のようですから、昔はこの辺にもいっぱいあったのでしょうね?
   気になるので、すぐ近くの家を訪ねて作業中のお父さんに聞いてみました。
「アマナ?聞いた事ねえよ。おれも高山植物とか好きだけど・・・」「この葉ならアッチ
   にもあるよ」 「また見せて貰いに来ますね」 とお礼を述べ帰って来ました。

    DSC06633_01_20130325150957.jpg    DSC06632_01.jpg    DSC06624_01.jpg
             ア マ ナ の 葉 と 蕾         ユリワサビ      

 さすが自然豊かな山間部です。 1つ地元の道に入ると、ニリンソウやユリワサビが
何気に道端に見られます。 市内でアマナを見る事は少ないのですが、お花の時期に
       ゆっくりと歩けばもっと見つけられるかも知れません。

         今日一番の、嬉しいアマナとの出会いでした。            


   

| 未分類 | 2013-03-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

我家の庭にも春がやってきた!

  いつもホッタラカシにしている我家の小さな庭にも、(風邪でダウンしている間に)
           いつの間にやら・・・・・春がやって来ていました! 

   ユキヤナギは花芽を増やし、白く可愛い小花を一面につけています。
自慢の桜の木ですが、台風が来る度に ( 倒れないかなあ・・・ ) と
 心配ばかりしていました。 お花が終わったら切ろう・・・と話していたのですが、
それでは木が弱ってしまうから・・・・・と寒い内にバッサバッサと枝を落とし・・・・・
とても寂しい姿となっていました。 それでも少ない枝から綺麗な花弁が見えました!
  祖父の記念の木であるオトメツバキも今年はなかなかの花付きです。 

    DSC06377_01.jpg    DSC06383_01.jpg    DSC06375_01.jpg
       ユキヤナギ            桜            オトメツバキ

   レンギョウも日々黄色が濃くなっています。 小さな可愛い木はユスラウメ。
 サクランボより小さめの艶のある実が付き、私の幼い頃の美味しいおやつでした。
今年は誰の口に入るかな? ナギイカダは我家ではクリスマスのリースにも使ったり
 しますが、よ~く見ると・・・ハナイカダと同じように、葉の上にお花が付くのです。

    DSC06396_01_20130324002146.jpg    DSC06380_01_20130324002147.jpg    DSC06361_01_20130324002710.jpg
       レンギョウ            ユスラウメ           ナギイカダ 

     クリスマスローズは、昨年 ミニキャロットさん  (←クリック) から 
「どんなのが咲くか分からないよ」 と頂いたのですが、何種類か咲いてくれ、我家の
        元々いた子たちと一緒に庭を賑わせてくれています。

    DSC06457_01.jpg    DSC06351_01.jpg    DSC05890_01.jpg
      頂   い   た   ク  リ  ス  マ  ス  ロ  ー  ズ 

  数種ある水仙ですが、その多くは ”スダチ” が縁で同郷が分かったと言う近くに
住む方から頂いたもので、相性がいいのか?まともに世話もしてくれない我家で
              随分増えた気がします。    

    DSC05893_01.jpg    DSC06390_01.jpg    DSC06358_01.jpg
                水   仙   の   仲   間

  ヒゴスミレも頂いたものが、ドンドン広がりあちらこちらで白い花をつけて
います。 春は勿論、時には秋にも咲いたりします。 ミヤコワスレも好きなお花です。

    DSC06362_01_20130324002709.jpg    DSC06333_01_20130324002146.jpg    DSC06379_01.jpg
        ミヤコワスレ         ヒゴスミレ           ムスカリ

      玄関への入口のコーナーもいつの間にか宿根のお花が顔を出します。
  少し寂しい時には、何か植えて賑わうように・・・ 今年は黄色いマーガレット・
           フウリンオダマキなどに参加して貰いました。
             日本のシュンランでは無いのですが・・・・・   

    DSC06334_01.jpg    DSC06371_01.jpg    DSC06335_01.jpg
         プリムラ          ??シュンラン     
             

   この季節、何処を歩いても庭先にお花が咲き揃い、とても楽しく散策出来ます。            
        また、思わぬ出会いもあり、なかなか楽しいものです。 

      それにしても我家の庭は、頂きものばかりで出来た庭ですネ! 


| 植物 | 2013-03-24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

花の季節はもうそこまで・・・ (春探し3)

  出たついでにあの花はどうだろう? など欲張りな気持ちが出てしまい、相方と
            ドライブを兼ねてお花探しをして来ました。

    一昨年見つけたアズマイチゲですが、ナント嬉しい事に満開でした。
ニリンソウより早くに咲くのですね。丁度いい状態で、花弁をいっぱい広げていました。
      その傍らで、やっとニリンソウの花をつけた子が見つかりました。

    DSC06207_01.jpg    DSC06217_01.jpg    DSC06218_01.jpg
            ア ズ マ イ チ ゲ               ニリンソウ

       タチツボスミレがいつの間にか勢力を伸ばして来ていました。
   この時期見られるのは、アオイスミレです。 レンゲの花を見ると一気に
           (春がきたなあ~・・・) と感じます。

    DSC06315_01_20130320125812.jpg    DSC06312_01_20130320125812.jpg    DSC06316_01.jpg
      タチツボスミレ         アオイスミレ          レンゲ

     ヤマルリソウの可愛いお花も少しづつ見られるようになって来ました。
     一面にブルーやピンクの花を咲かせた姿を今年も見てみたいものです。
”医者いらず” とか ”地獄の釜の蓋” などと呼ばれるキランソウですが、いい色を
           しています。 父が大好きだったお花です。
          ここではトウダイグサと一緒に咲いていました。 

この辺りでウグイスカグラを見たのは初めてです。 やはり咲き始めの綺麗な子でした。
  タンポポも今咲いているのは、純国産? トウカイタンポポを良く目にします。

    DSC06310_01.jpg    DSC06319_01.jpg    DSC06324_01.jpg
     ヤマルリソウ      キランソウとトウダイグサ      ウグイスカグラ

         次はどんなお花に出会えるのか、とても楽しみです! 

                     (予約投稿)

| 植物 | 2013-03-21 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

大急ぎで春がやって来た (春探し2)

   あのカタクリが咲き出したということは、カイコバイモはもう遅いかも? 
ちょっと不安を抱きながら、出掛けてみました。 でもでも・・・丁度いい具合に咲いて
     くれています。 昨年は無かったトラロープが張られていました。
この頃は、余りにも酷い踏み跡がありましたので (自分も入らせて貰っていたの
     ですが・・・) ちょっと心を痛めていました。  よかった~・・・ 

    DSC06241_01.jpg    DSC06243_01.jpg    DSC06242_01.jpg
                 カ   イ   コ   バ   イ   モ

 遠くに咲く子たちは見られなくなりましたが、ロープの近くやはみ出して踏みそうに
 なる所にも花を咲かせていました。 良く見ると、誰が付けたか横には棒が立てて
いました。 其の印の無い子もいましたので、きっとその後に咲いて来たのでしょう!
               20株位は確認出来ました。

  民家の庭で育てているオキナグサもまだホンの数株が開花しただけですが、小さい
    苗ながら、蕾をいっぱいつけていました。 フワッフワの所がいいですね!

    DSC06236_01.jpg    DSC06231_01.jpg    DSC06233_01.jpg
      立入禁止トラロープ             オ キ ナ グ サ

   シュンランも今が丁度見頃となったようで、林内でたくさんの子たちに会う事が
   出来ました。 1株1株それぞれ顔つきが変わっていて、見飽きない子たちです。

    DSC06263_01_20130320122937.jpg    DSC06274_01.jpg    DSC06282_01_20130320122936.jpg
                シ   ュ   ン   ラ   ン


              本格的な春はもうそこにやって来ています。

               花の追っかけで忙しくなりそうです! 

                        (予約投稿)
    

| 植物 | 2013-03-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

カタクリが咲き始めました。 (春探し1)

  この所、暖かい日が続いています。 桜の開花も1週間ほど早いとのニュースに、
  (もしかしたら、そろそろカタクリが・・・) と用事のついでに寄ってみました。
 ここは、地元の中学生や守る会の方によって、世話をされ、株数も多くなった気が
します。 最盛期になると、その中学生がチラシを作ってくれたり、説明もなされます。

   (さあ、どうだろう?) クヌギ林を覗き込むと・・・  「咲いてる!」 
        まだまだ咲き始めですが、思ったより開花が進んでいます。

    DSC06174_01_20130320115250.jpg    DSC06178_01_20130320115249.jpg    DSC06184_01.jpg
                カ    タ    ク    リ

   蕾もどんどん上がって来ていますので、こんな陽気が続けば、今週末頃から
   見頃になるかもわかりません。 富士山をバックに、蕾がたくさん見えます。
  開花する頃はいい写真が撮れるかも? まあ、腕次第なのですが・・・ 

           それにしてもカタクリには、青空がよく似合いますね!

    DSC06191_01.jpg    DSC06183_01.jpg    DSC06200_01.jpg
            カ   タ   ク   リ             エンレイソウ

   比較的近くで見られるエンレイソウも軟らかそうな葉っぱにちゃんと花を
      咲かせ始めていました。 ニリンソウはもう少し先のようです。

| 植物 | 2013-03-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

K太の山登り日記  No.1

 孫のK太はもうすぐ3歳3ケ月になります。 山好きなじい・ばあは何時連れ出そうか?
            何処を歩こうか・・・ずっと考えていました。
 4月からは幼稚園が始まります。 K太ママも3歳1ケ月直後から山歩きを始めました。

 K太の家から近い竜爪山・ママが小さい頃歩いた金時山・浜石岳・パノラマ台?・・・
16日、丁度こちらへ来ると言うので、精進湖畔のパノラマ台へ行く事に決めました。
(パパさんは用事があり)K太・弟のYはママの背で・じい・ばあの5人で歩き始めます。

    DSC06062_01_20130317190723.jpg    DSC06063_01_20130317190723.jpg    DSC06065_01.jpg
      登山道入口         登山開始          山道を歩くK 

 石ころや棒を拾って歩くのはいつもの事です。 この日もいつもより大きな木の枝を
見つけ、それを杖に登って行きます。 割と歩きやすい山道ですが、所々狭い場所も
あり、気をつけながら・・・葉っぱの落ちた木々は見通しも良く、見上げると真っ青な
                    空です。  

    DSC06089_01.jpg    DSC06082_01.jpg    DSC06080_01.jpg
     背中でご機嫌のY      小さな足で歩きます       青空いっぱい

出発はとても遅く、お昼近くになってしまいました。 少しおやつを入れてお腹を紛らわし
  1時間ほど歩いて、パノラマ平で少し遅い昼食をとりました。 小さく握ったお結びを
「おいしいねえ」 と言いながら2個半ほど食べました。 ピクニック大好きなK太です。
        時々、ベランダでお結びを食べては喜んでいるようです。

 さあ、出発です! でも枯葉いっぱいの山道に、「おちばのプールだ」 と遊びの方が
  勝ってしまい、なかなか進めません。 ガサガサと落葉を蹴散らしながら歩きます。
落葉をかき集めてじいじに掛けています。 (次はママだ・・・)思わず顔がほころびます。

    DSC06083_01.jpg    DSC06091_01_20130317202713.jpg    DSC06104_01.jpg
       お昼です          落葉が楽しい      何やら企んでいます 

 落葉の他にも、栗のイガ・ブナの殻斗や実・松ぼっくりなどがいっぱい落ちています。
         蛾の仲間でしょうか? 生き物も動き出していました。  

    DSC06090_01.jpg    DSC06095_01.jpg    DSC06164_01.jpg
      ブナの殻と実         蛾の仲間?       本日の拾いもの   

 三方分山への分岐を過ぎるとパノラマ台はもうすぐ。 疲れたのか 「じいじ抱っこ」
と言いますが、「お山は自分で歩かなきゃいけないよ」 と言うと納得し、石の上で
   「ちょっとお休みしゅる」と休憩をとりながら、自分の足で歩いて登ります。
      雪の残っている道では雪玉をじいじにぶつけては喜んでいます。
      2時間ほど掛かり、もうすぐ目的地に到着です。 頑張ったね!

正面には富士山、右手には本栖湖や竜ケ岳、目を移すと樹海・三つ峠・釈迦ケ岳・・・
    この時間になると、南アルプス方面は、ボンヤリとしか見えません

    DSC06110_01.jpg    DSC06113_01.jpg    DSC06121_01_20130317213655.jpg
     頂上手前で・・・        雪遊び         パノラマ台

 「みんなであまおうカルピスで乾杯しよう!」 と言うと照れてひとり先に飲み始め
  ました。 「ホラ、湖が見えるよ」 と言うと 「みてあ~げない」 とK太語炸裂。

    DSC06130_01.jpg    DSC06137_01.jpg    DSC06154_01.jpg
     皆で乾杯        パノラマ台からの展望      パノラマ平でひと休み

        時々休憩をとりながら、下りは1時間ほどで無事下山です。
     Yは背中でたっぷり睡眠をとり、ご機嫌です。 (K太良く頑張ったね)
   少しドキドキしながら 「K太、また山登りする?」 と聞くと 「うん!」 

           DSC06152_01.jpg       DSC06161_01.jpg
           背中で楽チンY            バンザ~イ!       
   
           その後は展望風呂で汗を流し、家へ向かいます。

 さ~て、次はどこの山に登ろうか?  車中、隣には爆睡中のK太の姿がありました。 

        

| 孫と一緒に | 2013-03-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

田舎で出会った野の花

  自分の中で時間が止まったような1週間の内に、一気に春が進んだ感じがします。
  田舎からの帰り道、道端に車を止めて野の花の様子を少しだけ感じて来ました。
まだ早いかな?・・・と思っていたシロバナショウジョウバカマですが、既にアチラコチラ
      で咲き始めていました。 紫色をした葯がとても可愛い子です。

    DSC06030_01_20130317160945.jpg    DSC06033_01_20130317160946.jpg    DSC06029_01.jpg
           シ ロ バ ナ シ ョ ウ ジ ョ ウ バ カ マ

 もう一種、東では出会う事のないお花です。 ミツバのような葉っぱで、裏は紫色を
 帯びているユキワリイチゲ。 一面葉っぱで埋まるのですが、お花の数はそれ程多く
               つかないようです。

    DSC06006_01.jpg    DSC06034_01.jpg    DSC06036_01.jpg
   ユキワリイチゲ(紫系)   ユキワリイチゲ(ピンク系)

    タチツボスミレに続いて、アオイスミレも特徴的な花弁を見せています。
 カキドオシもまだまだ小さく芽吹いたばかり。 ぐぐっと茎が伸びてくるのは本格的な
                春を感じてからの事です。    

    DSC05965_01.jpg    DSC06037_01.jpg    DSC05976_01.jpg
      タチツボスミレ         アオイスミレ         カキドウシ

  道端のいわゆる雑草と一纏めにされる仲間も、ちゃんとその時期には毎年顔を
                   見せてくれます。 

    DSC05997_01_20130317160609.jpg    DSC05937_01.jpg    DSC06017_01_20130317160759.jpg
      ムラサキケマン       ヤマネコノメソウ        クサノオウ

   ヒメウズ・カテンソウ・キュウリグサ・・・ いずれもやっとまだ顔を出したばかり。

    DSC05968_01.jpg    DSC05939_01.jpg    DSC06014_01_20130317163915.jpg
        ヒメウズ          カテンソウ          キュウリグサ

     日々暖かくなり・・・ 花いっぱいの春が訪れるのはもう少しですね!


    

| 植物 | 2013-03-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

父が植えた樹木の花

 主が不在となった田舎で1泊し、父が10数年以上前から植えた木々を見に生家跡を
   歩いて来た。 今年も、大きくなった 「垂れ桜のお花見をしよう」 と話していた。
まだ花の付かない桜は寒々とした感じで、風に揺れていた。  (まだだな・・・) と
        近づいてみると、蕾の先がピンク色に色づき始めていた。
     ヒュウガミズキは今が満開で、優しい黄色を枝いっぱいに付けている。  

    DSC05957_01_20130317012820.jpg    DSC05958_01.jpg    DSC05941_01.jpg
       垂れ桜           蕾も膨らみ・・         ヒュウガミズキ

 大きく伸びた蝋梅には咲き残りの花が残り、レンギョウやウンナンオウバイ?の
花も少しづつ開き始めた。 桜が満開になる頃には、石垣からこれらの黄色い絨毯が
               大きく広がる事だろう。  

    DSC05943_01.jpg    DSC05970_01.jpg    DSC05952_01.jpg
      蝋梅         ウンナンオウバイ?          レンギョウ

     華やかな赤系統のお花も春を感じ、次々と咲き始めているようだ。
 大きな花をつけた椿は、私が持ち込んだもの。 「綺麗じゃのう・・・」 と目を細めて
       いた姿が懐かしい。 サザンカたちも今が一番賑やかそうだ。
 フワフワの毛で覆われたシデコブシもその姿を現して来た。 1週間後が見頃かな?    

    DSC05959_01.jpg    DSC05963_01.jpg    DSC05950_01.jpg
        ボケ           椿の仲間          シデコブシ

  オトメツバキは、祖父が植えたもので、父が採り木をし増やしたものが我家でも
次々と花を咲かせている。 完熟バナナの香りのするカラタネオガタマは、蕾をつけて
                5月のその時を待っている。
    
    DSC05983_01.jpg    DSC05972_01.jpg    DSC05962_01.jpg
       サザンカ          オトメツバキ      カラタネオガタマ

 マユミも新芽を伸ばして来た。 ホウノキなどは私の友人から頂き、父と一緒に植えて、
    開花を楽しみにしていたが、残念ながらまだ花を見る事は出来なかった。
                 きっと、今年辺りは?・・・

 数種の梅は、毎年父が梅干を作ってくれたもの。 梅ジュース・梅ジャム・梅味噌・・・
           毎年送って貰っては、色々な味を楽しんだ。
    その花は今が一番の見頃となっていた。 特に緑系の花の美しさは格別!  

    DSC05974_01_20130317014654.jpg    DSC05966_01.jpg    DSC05978_01.jpg
        マユミ              梅              梅

            果物の仲間は、サル・シカなどにより、壊滅状態。

木々の足元では、タチツボスミレ・オオイヌノフグリ・ホトケノザなどが賑わっています。

             ここに来れば・・・父の存在が感じられます。


 

| 植物 | 2013-03-15 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

セリバオウレンが見頃です!

  今頃の季節、セツブンソウ・ミスミソウ・・・と来ると、セリバオウレンも気になる。
      相方とウォーキングも兼ねて、お花の様子を見に行って来ました。
  そろそろ見頃の筈です! どうかな?  「そうそう、もう少し先だよな~・・・」

          「アッ、咲いてた!」   丁度いい頃でした。

    DSC05794_01_20130304010128.jpg    DSC05779_01_20130304010128.jpg    DSC05778_01.jpg

    DSC05816_01_20130304010331.jpg    DSC05801_01.jpg    DSC05799_01.jpg

 登山道脇で、針葉樹の木漏れ日を浴びながら、10cm程の茎を伸ばした花火のような
   姿がありました。 でもまだまだ蕾も多く、今月行われるウィークデー観察会にも
          ギリギリ間に合うかな? とちょっと一息・・・・・ 
          株数も少しづつ増えているような気もします。

    DSC05813_01_20130304010331.jpg    DSC05780_01.jpg    DSC05807_01_20130304011942.jpg
    
         
         お花だよりが聞こえ始めると・・・何だかワクワクして来ます。


| 植物 | 2013-03-04 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

早春の花を求めて・・・その3

  セツブンソウがそろそろ終わりかな? という頃になると、今度はミスミソウが
 見頃になって来ます。 丁度その頃、チョウジザクラもポツポツ花をつけ始めます。
         でも今年はチョウジザクラの蕾はまだ堅そうです。 
    ミスミソウには少し早いかな?・・・と思いながらも寄ってみると・・・・・ 
少しづつですが、ちゃんと咲き始めていました。 茎は毛深いのですが、可愛いお花!
 白い花弁状のガクの枚数も様々です。 中にはピンクを帯びるものもあるのですが、
            今回は見つける事が出来ませんでした。

    DSC05645_01.jpg    DSC05669_01_20130303034127.jpg    DSC05648_01.jpg

    DSC05653_01.jpg    DSC05660_01.jpg    DSC05652_01.jpg

           楽しそうに語らっているようなお花もいます。
    でも、まだまだこんな風な蕾をつけたものや、それさえ見られない小さな
         子たちでした。 見頃はもう少し先ですね!

           DSC05666_01.jpg         DSC05670_01.jpg

                 咲いててくれて有難う! 


    

| 植物 | 2013-03-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

早春の花を求めて・・・その2

  いつも見せて頂いているセツブンソウです。 ご自宅の裏山(畑)が産地です。
    ドキドキしながら行ってみると・・・・・ 「うわ~、すごい!!」
                今が最盛期のようです! 
        一面、小さな白い妖精たちに思わず頬が緩みました。 

    DSC05721_01.jpg    DSC05705_01_20130303030335.jpg    DSC05687_01.jpg

         どの子たちもまだ生まれたばかりの新鮮な子たちです。
       花弁状に見えるガク片も葉っぱも茎もシャキ~ンとしています。
      退化したという花弁(棒状)の先は最初は緑っぽく見えています。 
                やがてオレンジっぽく・・・?
      3姉妹・2人姉妹・一人っ子・・・・・ ガク片も4枚・5枚・6枚・・・・・

    DSC05672_01.jpg    DSC05706_01_20130303030334.jpg    DSC05700_01_20130303030838.jpg

    岩を背にする子・道端にはみ出し踏まれそうな子・・・色々です。
今年もあの色白なセツブンソウに会えました。 開花2株、蕾1株、全部で3株でした。

  この上部のセツブンソウはまだ蕾が多く、まだ暫く見頃は続くようです。

    DSC05692_01.jpg    DSC05677_01.jpg    DSC05680_01_20130303030110.jpg

    セツブンソウに会えると、春のお花の季節がグッと近づいた感じがします。

      今年はどんなお花に出会えるでしょうか?  とても楽しみです。


                   (その3へ)


| 植物 | 2013-03-03 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

早春の花を求めて・・・ その1

       3月に入り、やっとセツブンソウに会いに行く事が出来ました。
  Mさんと二人で、2ケ所を掛け持ちして楽しんで来ようと言う欲張りな計画です。
   春の嵐があるかも知れないとか、天候が崩れそうだ・・・という不安もあり、
    少し早目の出発でした。 1時間40分位かかり、やっと到着です。

      「遅いかな? どうだろう?・・・」 不安ながら行ってみると・・・・・
   最盛期は過ぎていましたが、まだまだ見頃のフクジュソウの近くにはポツポツと
      セツブンソウが咲き残っていました。  「ふ~っ、良かった」 

    DSC05612_01.jpg    DSC05610_01.jpg    DSC05601_01.jpg
      セツブンソウ            フクジュソウとセツブンソウ

    フクジュソウは、太陽の陽を浴びながら今を盛りに咲き誇っています。
  「アッ、ユリノキだ!どこだろう?」 見上げていたMさんが、「あの木よ!」
まだまだいっぱい実をつけた大きなユリノキがありました。葉っぱが昔着ていた「袢纏」
に似ているので「ハンテンボク」また、花の形から「チューリップツリー」とも呼ばれます。
              ミツマタの蕾も目につきます。

    DSC05605_01.jpg    DSC05597_01_20130303020359.jpg    DSC05584_01.jpg
             フ ク ジ ュ ソ ウ            ユリノキ

  この辺りの昔の宿場町の様子が大好きなので、周辺もゆっくりと歩いてみました。
       昔の旅人がその辺りの門からヒョッコリ顔を出しそうな・・・・・?

 水場の近くや、畑の中からも、セツブンソウやフクジュソウが顔を出しています。
作業中のおじさんから、今年は雪が多かったからセツブンソウも遅れているとの話を
    伺いました。 場所によっては、丁度いい所、まだ蕾の所もありました。

    DSC05631_01.jpg    DSC05616_01_20130303023403.jpg    DSC05624_01.jpg
    昔の面影を残す・・        水場          セツブンソウ     
  
            天候の崩れない内に・・・・・次へ向かいます。


| 植物 | 2013-03-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山麓でスノーシュー

 またまた時間が経ってしまいましたが、先日仲間とスノーシューを楽しんで来ました。
 長野方面の場所チェックをしていたのですが、富士山麓にもたっぷりと雪が降り、
  今は通行止めとなっている富士宮口のスカイラインを景色を楽しみながら・・・ 
      「ぎゅっぎゅっ!」 新しい粉雪風の足元が心地いい! 

歩き始めてまもなく、道の真中に小さな2つの膨らみとかまくら風の雪洞が見えました。
「何でこんな風になったんだろう?」 (膨らみは吹き寄せられた樹の枝などに雪が
        降り積もったのか、それとも何か中には動物がいる?)  
(じゃあ、かまくら風は? 寝てる間に雪が降り積もり、やがて抜け出した?)
   謎は謎のまま帰って来ましたが、ホントの所どうなんでしょうね?

    P1000306_01.jpg    P1000316_01.jpg    P1000312_01.jpg
    旧料金所          かまくら風           連なった膨らみ

余り歩いて通る事の無い道ですが、雪に埋もれた木々を楽しみながら緩やかな斜面を
ゆっくり登って行きます。 ウツギと名の付く種類も3種。 ドライで区別がつきます。

    P1000326_01.jpg    P1000347_01_20130302220436.jpg    P1000353_01.jpg
      ノリウツギ        ニシキウツギ          ウツギ

  ウラジロモミなど、針葉樹に混じって、林縁ではフジザクラ・マユミ・ミズキ・カエデ
    の仲間などが目につきます。 木々にまとわりついたサルナシは昨年秋に
          キウイのような甘酸っぱい味を楽しみました。 

    P1000359_01.jpg    P1000373_01.jpg    P1000332_01.jpg
      マユミ           フジザクラ         オオイタヤメイゲツ

  この日も2ケ所でシカに出会いました。 冬の間の餌探しは大変な事でしょう。
ウラジロモミ・キハダ・マユミ・ウツギの仲間・・・みんなシカに食べられていましたが
ナント、棘がいっぱいのタラ・フジイバラ?・ヤナギの仲間まで食料となっていました。

    P1000391_01.jpg    P1000399_01.jpg    P1000411_01.jpg
       タラの木         フジイバラ         ヤナギの仲間 

  1時間余りノンビリ歩いて、富士山を目の前に・・・の予定でしたが、残念ながら
      山は雲の中でひっそりと息をひそめていました。 残念!
 
       ここから引き返す事にしました。 西臼塚へ移動して、Kさんに
        美味しい 「煮込みラーメン」 をふるまって戴きました。

               「ふ~っ、 美味しいね~」 

         P1000417_01.jpg         P1000424_01.jpg

        こんなお楽しみ・・・いいねえ~。  またよろしくお願いします!

   
    

| 富士山&周辺の山歩き | 2013-03-01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |