お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

環境フェア

  本日30日、富士市環境フェアが新富士駅近くの 「富士山メッセ」 を 会場に
行われました。 県・市・企業・環境に関するNPO・各種団体・・・で毎年賑わって
  います。 我々も自然クラフト・紙トンボ・紙ビュンビュンゴマ・笛・バッタ作り
 などで参加して来ました。 エコクラブの子供たちの壁新聞や活動発表も始まり
  浮島でも活躍しているR君達の、ユーモアを交えるゆとりの発表に拍手! 
エコクラブ代表のgreenさんから、応援して下さっているライオンズクラブさんたちに
           感謝状を贈りお礼の気持ちを伝えます。

  DSC09374.jpg  DSC09381.jpg
     感謝状を・・・                    R君達の発表

  DSC09385_20131130223833b1e.jpg  DSC09364.jpg
           子供たちの発表                    エコクラブの紹介

       壁際には子供たちが工夫して作った壁新聞がズラッと並んでいます。
       タマネギ・コブナグサ・ドングリなどで染めた草木染めもいい色です。

  DSC09366_2013113022423009e.jpg  DSC09363.jpg
       壁新聞                   子供たちの草木染め

  子供たちも集まり、開始の10時を待ち切れずビュンビュンゴマや紙トンボなどが
始まりました。 クラフト用の準備もOKです。 時間を区切り、補充したり整理をして
1時間づつ4回に分けて行います。 リースは家族で1個、残りの方は色々な台を
使って、一人1作品完成させます。 それぞれの個性で、素敵な作品が次々と誕生
  します。 結構常連さんも多く、見覚えのあるお顔の方もいらっしゃいます。

  DSC09361.jpg  DSC09362.jpg
         材料&自然遊びコーナー                 観察の会の紹介

      個性的な作品も多く、刺激を受けます。 (なるほど~・・・)

  DSC09387.jpg  DSC09392.jpg
      可愛いね!                  素敵なリースです

   指編みで作るミニリース・・・5歳の幼稚園児が小さな手で上手に編んで完成
            させました。 すごいね~・・・ 

  DSC09377_201311302302202bb.jpg DSC09422_20131130230602c15.jpg
         次はどうしようかな?・・             毛糸で指編みリース作り

              紹介しきれませんが、どれも力作ぞろい!

   
  DSC09426.jpg  DSC09424.jpg
   こんな使い方もあるのね~                凄い凄い!!

  DSC09427.jpg  DSC09415_20131130230623aa7.jpg
      優しそうね!                          出展ブース1

   お昼を終えて、少しだけ見て来ました。 施設内外にたくさんの出展ブースが
     あり、とても見きれません。 室内だけ駆け足で巡って来ました。 

  DSC09406_20131130230624af2.jpg  DSC09417.jpg
     出展ブース2                     出展ブース3

        たくさんの方が見えられ、それぞれに楽しんで帰られたようです。

  DSC09401.jpg  DSC09367_20131130231601548.jpg
              出展ブース4                    出展ブース5

                   お疲れさまでした~~~ 


| イベント | 2013-11-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

丸火公園

     富士山ビューポイントを後に、近くの丸火自然公園へ向かいます。
 紅葉には少し遅い感じはありましたが、カエデの燃えるような赤・黄はまだまだ
               見応えがありました。

  DSC09262.jpg  DSC09255.jpg

   DSC09268.jpg  DSC09271.jpg

  DSC09269_20131129121103c23.jpg  DSC09307_20131129121534e20.jpg

      アザミなどのお花が少し残るのみで、実が中心の山道です。

   DSC09266_201311291212039fe.jpg  DSC09275.jpg
       ノブドウ                       ガマズミかな?

            ヤマホロシの赤い実がよく目立ちます。 
   市内では見る事の少ないハナミョウガが針葉樹の下に沢山見られました。
  余り歩いた事のないコースですが、何かしら新しい発見があるものですね。

  DSC09274.jpg  DSC09286.jpg
       ヤマホロシ                            ハナミョウガ

 林の散策コースを歩いていると、カエデ類の小さな苗がちゃんと紅葉していました。
      一人前だね! 溶岩のゴツゴツした岩も苔むしています。
 スッポンタケやニガクリタケでしょうか? キノコもまだ少し残っているようです。

  DSC09309_201311291220047d9.jpg  DSC09302_201311291220046ab.jpg
      カエデの苗                      ニガクリタケ?

  点々とランの仲間のドライフラワーが残っています。 ここにはムヨウランが咲く
ので、それかな?と思っていましたが、その場所へ行ってみると、少し様子が違う
     ようです。 粉の綿ぼこりのような種子がまだ残っていました。
    ヤツシロランの仲間でしょうか? 来シーズンの宿題が出来ました。

    DSC09317_20131129224728425.jpg    DSC09316.jpg

   こちらがムヨウランの仲間です。 花茎まで堅く黒い色をしています。

    DSC09324.jpg    DSC09328.jpg

         イチヤクソウ・フユノハナワラビなども見られました。

    DSC09334.jpg    DSC09342.jpg

            広場の紅葉もなかなか見事でしたよ。

  DSC09322_20131129224727f01.jpg  DSC09337.jpg

            秋も深まり・・・・・ 雪の便りも聞こえ始めました。

       丸火自然公園が白い雪に覆われるのもそう遠くないかも知れませんね。


| 植物・風景 | 2013-11-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山ビューポイント

 「少し歩こう・・・」 と車を走らせていると、「写真を撮る方はここから一方通行で・・・」
      の案内板が目につきました。 以前から気になっていたのですが・・・ 
                 「 よし、行ってみよう  」

うん、とても気持ちの良い景色が広がっていました。 大淵らしい茶畑と富士山です。
   後で教えて頂いたのですが、すぐ近くで人工物の入らない場所があり、
                  そこが撮影ポイントだとか・・・ 

     地元の農家の方に迷惑を掛けないように呼びかけ看板や駐車場まで用意
                   してくれていました。 
      地主さんと富士山&カメラを愛する人たちの善意によるものでしょうね。
  
  DSC09252.jpg  DSC09236.jpg

   すぐ近くにはクヌギ・栗・コナラなどの手入れされた広葉樹の林が広がり、
とても心休まります。 茶畑の脇では、ハハコグサ・チチコグサなどが陽の光を
                 浴びていました。

  DSC09234_20131129114359d50.jpg  DSC09245.jpg
      ヤブコウジ                   ハハコグサ

  DSC09253.jpg  DSC09248.jpg
                フユイチゴ                   ハキダメギク

       その光景を暫し楽しみ、近くの丸火自然公園へ向かいます。
          丸火の様子は次にアップするとして・・・・・

 丸火で紅葉を愛でた後、夕暮れの富士山を見に先程のビューポイントに移動します。 
  夕日が沈み段々富士山に色が付き始めました。 もう少し・・・と思いましたが、
        それまで。 徐々に元の色に変わり始めました。
       夕日の沈む空は、さらに赤くなりより輝き始めます。 

   DSC09346.jpg  DSC09349_201311291714041c9.jpg

           富士山から左手の三保半島までパノラマスイングです。

   DSC09348_201311291733341ef.jpg

        家の近くまで帰った時はすっかり日も落ちていました。

               DSC09351.jpg
                    近くのお寺さんの鐘つき堂

                 今日の歩きは少し短かったかな?

| 植物・風景 | 2013-11-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

浮島自然公園

                23日、浮島自然公園へ行って来ました。
       この所、いい天気が続き富士山もご機嫌でその姿を見せてくれています。
              勿論、愛鷹の峰々も・・・・・

  DSC00070.jpg  DSC00089.jpg

  紅葉も山から里へと下りて来ました。 浮島のナンキンハゼもなかなかいい色に
 なりました。 1週間前はまだ青く丸い玉だったトベラは粘りのある赤い実が見えて
      来ました。 収穫したツルウメモドキも段々乾燥しています。
     管理棟の中にも色んな人が集めてくれた木の実がいっぱいです。
来月15日には、これらを使ってここでリース作りが行われます。誰でも無料で楽しめます。

  DSC00087.jpg  DSC00080.jpg

      この季節は雪を被った南アルプスの山々も見られるようになります。
    今年はとうとう行く事無く過ぎてしまいました。 来年行けるかなあ?・・・ 

  DSC00108.jpg  DSC00113_201311290107413e3.jpg

  ヘクソカズラの実も段々色づいて来ました。 もう少しいい色になったらクラフトの
                  材料に戴きましょう。

  大豆や小豆の原種のツルマメやヤブツルアズキも木道で耳を済ませていると
パチンパチンと弾ける音が聞こえて来ます。 これら蔓植物は今年はヨシを抑えるように
                元気いっぱいでした。 

  DSC00091_20131129113048b51.jpg  DSC00103_201311290107427c0.jpg

   ぐる~っとパノラマで撮ってみました。 愛鷹・富士山・・・見えるでしょうか?

  DSC00115.jpg

  枯れた草の間から紫の実が見えています。 ムラサキシキブの色がとても鮮やかです。
木道にはみ出している枯草をヨイショっと持ち上げると・・・青々とした貴重種のヒメハッカが
顔を出しました。 葉っぱを擦ってみると・・・・・ 香りはまだまだ健在です。 ほ~っ・・・

  DSC00123_201311290114077d7.jpg   DSC00119_20131129011408242.jpg

          お弁当を持って孫のK太たちもやって来ました。
  富士山6合目でご一緒して以来、大好きなgreenさんに出会え、照れながらも
        ハイテンションなK太です。 良かったね!

室内では、中学生のお姉さんが静かに黙々と作品作り。 とても素敵な出来栄えです。
    弟さん達は、Sさんの指導の元丸い木の板を使ってコマ作り。
      クルクルと良くまわっていました。 良かったね!

  DSC00130.jpg  DSC00128.jpg

               心もほっこり・・・温かな1日でした。    
 

| 浮島自然公園 | 2013-11-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山麓森の中

  久しぶりの富士山麓森の中です。 20日、シカ柵設置のため森へ入ります。
向かう途中にも、2頭のシカが 「ピュ~イ」 と鳴いて森の奥へ入って行きました。
    木の葉の落ちた森の中では、シカの白いお尻がよく目立ちます。
       遊歩道の斜面には、シモバシラが土を持ちあげています。

  DSC00026.jpg  DSC00028.jpg

  見上げると青い空の中に木の実が見えました。 多分 「キハダだな・・」 
「あれ? あの赤い実は何だろう?」 (カマツカにしては木が大き過ぎるし・・・)
    などと、いつものように留まっていると皆から遅れていきます。
      (いけないいけない・・・  ) 小走りで追いかけます。


  DSC00030.jpg  DSC00032.jpg
        キハダ                     ?

  設置場所へ到着し、さっそく作業が始まりました。 以前、南アルプスでホンの少し
  だけ携わった事がありますが、全く初めてのようなものです。 皆の動きを見ながら
      出来そうな事をやっていきます。 地元の学生さんも大活躍!
  ポールを立てるには、溶岩地でもあるのでなかなか大変です。 一生懸命作業をして 
       くれたので、筋肉痛になるのでは? とちょっぴり心配・・・

  DSC00044.jpg  DSC00050_20131122234117151.jpg

           1ケ所は完成し、今後の植生の回復が待たれます。
       時間も押して来たので、続きは次回に実施する事になりました。
    この時間になるとグングン冷えて来ます。 ほ~っと見上げると・・・・・
 葉っぱを落としたヤマブドウの実がいっぱい! (いいなあ~・・・) でも遠いよ!

  DSC00055_20131122234117019.jpg  DSC00041_20131122234119352.jpg

        車へ戻って来ると、富士山は赤くなり始めていました。
    夕方がホントに早くなりました。 何だか損したみたいな気分です。 

  DSC00058_2013112223411617d.jpg  DSC00061_20131122234132b16.jpg

    家へ向かっていると車の前を立派な角を持ったシカが横切って行きました。
       適当にシャッターを押したのですが・・・ ブレブレでした。  

     冬枯れの森の中は見通しがいいものの・・・ヤッパリ寂しいなあ~  

  

| 植物・風景 | 2013-11-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

田貫湖からの富士山

     18日は満月でした。 夕方、田貫湖湖畔へ行くと三脚を立てたカメラマンさんが
  一列に並んでいます。 手持ちのデジカメでその隙間から富士山を撮らせて貰いました。
         そろそろ夕日が沈みます。 富士山も段々赤くなって来ました。

  DSC09978.jpg  DSC09983.jpg

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  DSC09988.jpg  DSC09994.jpg

      裾野から徐々に赤味が薄れてきます。 頂上部が赤く残るのみ・・・・・
           それもなくなり、無機質な感じの富士山になりました。 

  DSC09992.jpg  DSC09996.jpg

       日が沈むとぐっと気温もおちてきます。 今日は満月・・・・・
  少し暗い所で星を眺めよう・・・・・と移動していたら、山が迫りお月さまが昇る
    のに全く気が付きませんでした。 富士山のどの辺りから昇るのかな?・・・
 元の場所に戻ると・・・・・ あちゃ~! お月さまは既に左の腰辺りから出たようで
        高く昇り、 「遅かったね~」 と笑っているようでした。

  DSC00004.jpg  DSC00014.jpg

     でも湖畔に映る富士山と目の前の富士山、
                 映り込むお月さまは幻想的で素敵でしたよ。 

               またこの景色、楽しみに参りましょう。 

| 植物・風景 | 2013-11-22 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの浮島自然公園

     ホントに久しぶりに浮島公園へ出掛けました。 16日・17日の事でした。
 富士山はくっきりと、空気も澄んでいました。 写真を・・・と思いながらウロウロ
  している内に、すっかり雲に覆われて、僅かに頭が見えるのみ ・・・  残念!
          木道を覆う草も枯れて薄寒く感じるようになりました。
  
  DSC09941.jpg  DSC09950.jpg
           木道も冬支度                    雪を被った富士山

           枯れ草の中に僅かにミゾソバが色を添えています。
               シロバナノサクラタデも少しだけ・・・

  DSC09948.jpg  DSC09967_201311210028293d1.jpg
        ミゾソバ                 シロバナノサクラタデ

   管理棟前を過ぎ、橋の手前両側にはタコノアシが名前の由来を教えてくれます。 

  DSC09972.jpg  DSC09952.jpg
              タ コ ノ ア シ                 アキノゲシ

  富士山は相変わらず半分隠れていますが、愛鷹の峰々はすっきりとその姿を
                   見せてくれました。

  DSC09951.jpg  DSC09964.jpg
      愛鷹の峰                  管理棟からの富士山

  公園周辺を歩くとツルウメモドキ・ナンキンハゼ・シャリンバイ・ノイバラの実が
付き、水辺ではヨメナのスッキリとした紫色の大きな花が1ケ月経った今も花を咲かせて
    いました。 アレチハナガサも今の時期目にすると新鮮で綺麗ですね!

  DSC09956.jpg  DSC09953.jpg
               ヨ  メ  ナ                   アレチハナガサ

   最後は、仲良し日向ぼっこ中?のバッタです。 名前は・・・わかりません。

            DSC09968.jpg
                         ?




| 植物・風景 | 2013-11-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

田舎の秋

                   (話が前後してしまいましたが・・・・・)

   11日~13日、田舎の家で母、姉兄たちと夏以来の時間を過ごしました。
 殆ど家を出なかったのですが、少しの時間柚子の収穫に行き、帰りはブラブラ
              景色を楽しみながら帰りました。  
         徳島の田舎もやっと紅葉が始まったようです。 

    DSC09577.jpg    DSC09581.jpg    DSC09600.jpg
         柚子              マユミ            ヤクシソウ

  清流、穴吹川の周辺も少し紅葉が始まっています。
         きっと今頃は、もっと鮮やかになっているのでは?
             フユイチゴの少し苦めの甘酸っぱい味も今の季節ならでは。

  DSC09590.jpg  DSC09602.jpg
               穴吹川の流れ                   フユイチゴ

          川岸では、ノグルミが実をたくさんつけています。

  DSC09595.jpg  DSC09605.jpg
     穴吹川の流れ                    ノグルミ

 何と言っても道端を一番賑やかにしてくれているのは、黄色いお花のシマカンギク。
         お花の寂しい季節に、一人頑張ってくれています。

  DSC09583.jpg  DSC09588.jpg
               シマカンギク?                  シロヨメナ?

        そんなお花たちにも別れを告げ、田舎を後にしました。

  

| 植物・風景 | 2013-11-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

その他、四国で出逢ったものたち

             お花探しの途中で出逢った子たちも色々です。
 やはり地域限定のモモイロカンアオイはもう少しで開花するようで、そっと覗いてみると
         花芽を持っていました。 見たかったなあ~・・・ 残念!

  DSC09746.jpg  DSC09747.jpg
          モ  モ  イ  ロ  カ  ン  ア  オ  イ (海部町のみ)

    湿気のある林内には、ナギナタタケに似たものやキクラゲの仲間も見られ、
             千両も赤い実を付けていました。

  DSC09740_2013111903363255d.jpg  DSC09734.jpg
       センリョウ                    キノコの仲間

        気持ちの良さそうな海辺です。 少し海岸に下りてみました。
     アゼトウナ・ツワブキなどが咲き、ハマボウは葉っぱが紅葉していました。

  DSC09756.jpg  DSC09769.jpg
               ハ マ ア ザ ミ                 アゼトウナ

    砂浜で貝の溜り場を見つけました。 波打ち際に平行にそれが見られます。
        海辺の景色はさて置き、貝拾いに暫し夢中になりました。
     お昼時の事です。 呆れた相方に促され、渋々海岸を後にします。
         後の予定があるので仕方ありません・・・ 
  
  DSC09764.jpg  DSC09776.jpg
      ハイビスカス                  貝の溜り場

     20番札所の鶴林寺は山のほぼ頂きにあります。 う~寒い!
名前にあるように、本殿前両側には鶴の姿がありました。 掘りものも素晴らしいです。
  街道沿いにはお遍路姿をした 「かかし」 もあり、ホッとさせてくれます。

  DSC09917.jpg  DSC09782.jpg
           鶴 林 寺                     お遍路姿のかかし

  鶴林寺からの帰り、山越え中に白い菊の仲間を見つけ車を止めて貰います。
ナカガワノギク風ではありますが、葉っぱも川原のものより少し広く、雰囲気が
 ちょっと違うようです。 香りも少しありますが、花はヤッパリ大きい・・・
                ナンデショネ? 

  DSC09940_201311191051380a2.jpg  DSC09937.jpg  
             ナカガワノギクから少し変化??

          
        まるまる1日楽しんで・・・・・ この後は静岡へ向けて帰ります。

             たくさんの初めてのお花との出会いでした。

                    ア・リ・ガ・ト!



| 植物 | 2013-11-19 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ナカガワノギク

      逢いたかったお花に出会え、ルンルン気分で次に向かいます。
 八十八か所巡りをする相方に途中で車から下ろして貰い河原へ下りて行きます。
適当に川沿いを歩けば見られるだろう・・・と下りたのですが、シカ柵がぐるっと
張り巡らされているので、一旦よじ登って車道に出ました。 適当な所からまた
        下りて行きます。 うん、今度は大丈夫! 

 お~、咲いていました! これが 「ナカガワノギクかあ・・・」 (大きな花!) これが
 私の第一印象でした。 リュウノウギクと少し似ていますが、葉っぱが違っているし、
   香りが余りしません。 花弁の数が多く、数えてみると20~25枚位あります。

  DSC09792.jpg  DSC09813_20131118220242c6a.jpg

 お花も終盤になるとピンク色を帯びてくるとネット検索に出ていましたが、現役でも
こんな元気な子に出会えました。葉っぱは流線型でこれは渓流型の特徴だそうです。 
    リュウノウギクとは共通の祖先を持つようです。 似ている筈だ・・・ 

  DSC09805.jpg  DSC09796.jpg

      川が増水して水を被るような所の岩にしっかりと根を下ろしています。
    ワジキギクと言う (シマカンギク+ナカガワノギク) お花もあるようですが、
           残念ながら短い時間では出逢えずじまいでした。

  DSC09794.jpg   DSC09855.jpg
 
 場所が変わればお花の様子も違うのですね。 ノコンギクそのものもあれば、近いけど
   違うんじゃないかな~? 思えるものまであり・・・ 難しいなあ~

    DSC09833.jpg   DSC09836.jpg
          ノコンギク風?

 ツリガネニンジン風なのは、ホソバシャジンのようです。 何故か川原にクチナシの
   木が何本も・・・・・ どこかの家から逃げ出して来たのでしょうか?

  DSC09807.jpg  DSC09849.jpg
    ナガバシャジン                     クチナシ

   アキノキリソウ風なのは、アオヤギバナだそうです。 ネットで調べなければ
 私には絶対わからないお花でした。 地域限定のお花は難しい~。 

  DSC09824.jpg  DSC09819_201311182210061c5.jpg
          アオヤギバナとリンドウ                 アオヤギバナ

   今頃? こんな所に? こんなに沢山? ウメバチソウがいっぱいです!
      まだ蕾も多く・・・・・ 不思議いっぱいの川沿いでした。

  DSC09877.jpg  DSC09861.jpg
              ウ   メ   バ   チ   ソ   ウ

     1時間余りを楽しませてくれたのは、こんな素敵な流れの川沿いです。
もっとゆっくりノンビリ出来れば最高でしたが・・・贅沢を言えば限りがありません。

  DSC09830.jpg  DSC09888.jpg
              那賀川の流れ                 地層

       ほぼ満足のいく散策でしたので、連絡を取り合い、一緒に 

          「20番札所 宝珠院 鶴林寺」 へ向かいます。


 

| 植物 | 2013-11-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤッコソウとツチトリモチ

         ☆☆ ヤッコソウ&ツチトリモチ・・・・・ ☆☆
 
 数年前から存在は知っていたが、なかなか出会う機会がなく過ごして来た。
   今回田舎へ出掛けた帰りに、念願果たし逢う事が出来ました。

前日にNHKの朝ドラ ”ウェルかめ” の舞台となった徳島県美波町まで移動します。
    夏には海ガメの産卵地として有名な大浜海岸前で宿泊しました。

  DSC09612.jpg  DSC09617.jpg
              大浜海岸の朝日                  

     DSC09614.jpg

    この花を見る為には高知県との境まで・・・・・さらに南下します。

まずはヤッコソウに逢いに行きました。 図鑑では何度も見ていたので気持ちが逸ります。
  当地がヤッコソウの北限だそうで、高知県・九州・沖縄が生息地のようです。
      迷った末、後の行程を考え、手軽に行ける産地に決めました。

 「いましたいました!」 気をつけてみるとアッチでポコポコ、コッチでポコポコ・・
ホント、ユニークな子たちです。 鱗片状の葉の中には蜜をいっぱい蓄えています。
舐めてみると・・・ 「甘~~い!」   アリさんも2匹来ています。

  DSC09664.jpg  DSC09627.jpg
 大きな画面でアリが確認可               蜜がた~っぷり

  DSC09635.jpg  DSC09650_20131117023341e1f.jpg
          帽子を脱ぎすて・・・                     仲良く・・・

 まだ出て来たばかりの子もいます。 みんなで集まり、阿波踊りでも始まりそうな
雰囲気です。 シイの木に寄生するようで、小学生がシイの実拾いに来て見つけたと
      案内板にありました。 見るほどに面白い形をしています。
   今年は開花が少し遅れているようで、新鮮な子たちに出会えました。
地元の毎日散歩している方によると、 「今年は少ないねえ。 この辺りにもたくさん
           出るんだけど・・・」 との事でした。

  DSC09648.jpg  DSC09645.jpg

  たっぷりと楽しんだ後は、少し移動して 「ツチトリモチ」 に逢いに行きます。
富士山では、ミヤマツチトリモチに2回出会いました。 ミヤマ・・は地味な色をしていま
すが、こちらはかなり派手な赤色をしていました。 ヤッコソウと同じ寄生植物です。
  宿主はハイノキの仲間との事で、ここではミミズバイの根に寄生するようです。
  
  DSC09696.jpg  DSC09717.jpg
         3個見えます

  粒々がまるでヤマモモのようです。 チョッピリ顔を出したものから黒くなったもの
      まで見られましたが、こちらも比較的いい状態だったようです。
 この子たちが一番の美人さんでした。 手前と向こう側、両方から写してみました。
    男の子は見つかっていないと言う何とも??な子たちなのです。 

  DSC09716.jpg  DSC09708.jpg

         根茎から出ている様子も確認する事が出来ました。
               やっと会えて良かった。 

  DSC09718.jpg  DSC09727.jpg

         後の用事も控えているので、ゆっくり出来ません。

  またまた移動して、私は川原に咲く花を探しに行き、相方は八十八か所詣りです。

  

| 植物 | 2013-11-16 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

お手軽紅葉狩り

 11月8日、相方と 「ウォーキングを兼ねて何処か温泉に入って来よう・・・」 と
                 出発したのだったが・・・

 途中の林道からの紅葉に魅せられ、どっぷりとその景色の中に留まってしまった。
上空では青空の元、気持ち良さそうに 「ふ~わり」 と風に舞っている人たちもいた。

    DSC09272_20131115170816455.jpg    DSC09290.jpg    DSC09302.jpg

           富士山もいよいよ冬のモードになって来ました。

     DSC09297.jpg

 ヤマブドウ・エビズルはわりと身近に見られますが、サンカクヅルに出会ったのは
 初めてです。 Y先生から丸火にもあるとの情報を頂きましたので、気をつけて
    探してみよう!    最終便のリンドウも林道脇で開花中。

  DSC09305.jpg  DSC09307.jpg
               サンカクヅル                    リンドウ

  トンネルを抜けると・・・・・今度は南アルプスの白峰三山が迎えてくれました。
            カラマツ林も渋く紅葉しています。

  DSC09339.jpg  DSC09317_20131115231926592.jpg
                                  白峰三山

                   そして全山紅葉 

  DSC09360.jpg  DSC09339.jpg

  DSC09398.jpg  DSC09379.jpg

  DSC09421.jpg  DSC09434.jpg

            いくら見上げても飽きる事はありません。

                   いいねえ~・・・ 
  
  DSC09366.jpg  DSC09493.jpg

   メグスリノキは独特の色合いをしています。 葉っぱは毛が多い・・・ 

  DSC09474.jpg  DSC09406.jpg
              メグスリノキ                    小さな流れ                  

  DSC09508.jpg  DSC09511.jpg
       ミズキ                     陽差す紅葉

  DSC09513.jpg  DSC09467.jpg

   そして、おまけはこのツメレンゲ。 毎年状態が悪くなりつつも・・・ガンバレ!

  DSC09520.jpg  DSC09528.jpg
                 ツ   メ   レ   ン   ゲ

                山の紅葉もそろそろ終盤でしょうか?

               (今日の雨で富士山は五合目まで真っ白です)  

| 植物・風景 | 2013-11-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

三つ峠 (高畑~本社ケ丸~北口登山道) の秋

        5日、フクシアさんと三つ峠周辺の紅葉を楽しんで来ました。
 高畑~本社ケ丸~清八山~大幡山~茶臼山~御巣鷹山~北口登山道~高畑と
           ぐる~っと1周して元の駐車場に戻ります。 
 フクシアさんは、何度も歩いた道です。 申し訳ないと思いながらも 「いいよ~」
      と言う言葉に甘えて、私にとって初のコースを歩いて来ました。
      本社ケ丸も北口登山道も歩いてみたいと思っていた場所です。

本社ケ丸

  いつになく早起きをして、満天の星空を見上げながら自宅を出発しました。
コースタイム8時間弱ですが、私達の寄り道歩きでは時間が掛かってしまうのは
             目に見えていますので・・・・・ 

 DSC00333.jpg  DSC00349.jpg
               コウヤボウキ                  リュウノウギク

  咲き残りのお花を楽しみながら急斜面を登って行くと、段々葉っぱの色づきが
良くなって来ました。 足元には山のエビフライ(リスなどが松ぼっくりの種子を食べた跡)
      も転がっています。 1つ見つけると・・・そこにも、ここにも!

 DSC00343.jpg  DSC00362.jpg
      センブリ                    山のエビフライ

 ブナ・ミズナラ・ハウチワカエデ・コハウチワカエデ・オオモミジ・イタヤカエデ・・・・・
  色々な木々や赤や黄色・薄茶色の葉っぱで森の中は、とても明るく華やかです。

 DSC00380_201311090256360b2.jpg  DSC00410_20131109133437bcb.jpg

   周囲ぐるっと紅葉の林に 「アッチもいいよ、コッチも・・」 とカメラを向けます。
          近くの木々越しに見える対岸も紅葉しています。

 DSC00425.jpg  DSC00412.jpg

    お花が無くてもスローな二人です。 やがてカラカサ石に到着しました。
          から傘を閉じた感じの大きな石が立っていました。

    DSC00429.jpg   DSC00439.jpg
              カラカサ石               御巣鷹山

    御巣鷹山の肩から少し霞んでいますが、光る富士が顔を出しています。
    標高が上がるにつれ、葉を落とした冬の様相を呈した風景になります。
          少し残る紅葉がより鮮やかに目に映ります。 

 DSC00455.jpg  DSC00461.jpg
    落葉多い尾根                  富士山遠望

 本社ケ丸からはぐるっと山並を楽しむ事が出来ます。 南アルプスから甲武信方面・・・
               双眼鏡で五畳岩が確認できました。
        枯葉色の中に青々とした葉っぱが残っているのはツクバネです。

 DSC00469.jpg  DSC00465_20131110221236814.jpg
            本社ケ丸頂上                    ツクバネ

    DSC00502.jpg
                本 社 ケ 丸 か ら の 風 景

            色の付き始めたカラマツ林もいいものですね。

 DSC00539.jpg  DSC00503.jpg
     カラマツ林                     富士山遠望 

    カンバの仲間ですが何かわかりません。 枝先には少し実が付いていました。
    帰宅して調べると、ジゾウカンバのようです。 この辺りにもあるのですね。
   少しのアップダウンを繰り返し大幡山・茶臼山を越えると、三つ峠御巣鷹山です。
     北尾根登山道入口で昼食をとり、後は滝見学をしながら下ります。 

    DSC00565_20131110221440d04.jpg    DSC00547.jpg    DSC00570.jpg
       ジゾウカンバ          大幡山          マユミ&ツルウメモドキ 

  大谷崩れに引き続きニホンカモシカにも逢いました。 滝が見られるようになると
 また紅葉の見られる標高まで下ったようです。 何度も止まっては写真を撮ったり
           眺めたり・・・・・ 飽きる事がありません。          

 DSC00613.jpg  DSC00632.jpg
            ニホンカモシカ                白竜の滝

     DSC00635.jpg   DSC00658.jpg
             七福の滝

    DSC00681.jpg    DSC00704.jpg    DSC00714.jpg

  滝から離れ、これまた心地よい林に入ります。 巨木クラスの木が多いのに目を
見張ります。 これは何だろう? そっちは? カツラ・ケヤキ・サワグルミ・オニグルミ
 もあります。 この林だけゆっくり訪ねるのもいいね・・・と話しながら下ります。
          紅葉の山歩きもそろそろ終わりに近づきました。

 DSC00729.jpg  DSC00736.jpg
              カツラ                        エノキ
  
          三つ峠のコースが少しづつ私の中で繋がって来ました。
 
        また季節を変えて、コースを変えて歩いてみたいものです。 

    フクシアさん、ありがとうございました。 とっても楽しい山でした!! 

  
  

| 山歩き・歩き | 2013-11-09 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

西沢渓谷の紅葉

先月31日に相方と、3日にはバスハイクで山梨県西沢渓谷を歩いてきました。
     住まいから近いにもかかわらず、まだ訪ねた事のない地でした。

31日は、抜けるような青空の元、期待を持たせてくれる途中の景色を楽しみながら
 進みます。 駐車場に車を止め歩き始めると下に見えてくる水の流れの綺麗な事!
 紅葉した大きなトチの木やカエデの仲間、小鳥のさえずり、風のざわめき・・・・・
              ホントに気持ちのいい渓谷です。

  DSC09803.jpg  DSC09789.jpg
               まだまだ入口                  ムラサキシキブ

  平日は人出も少なかったのですが、休日はたくさんの人で賑わっていました。
 天気予報も芳しくなく、天候の崩れを心配したのですが大丈夫な様子に・・・ 
           紅葉もいい感じに進んでいます。 いいねえ~・・・

 DSC00279.jpg  DSC00275.jpg

            ゆらゆら揺れる橋からの眺めも素晴らしい。 

         右を見ても・・・左を見ても・・・ 紅葉の真っ只中です。 

  DSC00280.jpg  DSC09837.jpg
             二股吊り橋より

  森の中を・・・ 沢沿いを進みます。 観光地感覚でいたのですが、ちょっとした
      ハイキングですね! 足元はしっかり整えた方がいいようです。
   見上げると・・・大きな花崗岩の1枚岩の上も紅葉のグラデーションが素敵です。

  DSC09934.jpg  DSC00289.jpg

 次々と出てくる滝もそれぞれに魅力的で、マイナスイオンを体いっぱい浴びながらの
 散策はとても気持ちがいいものです。 淵やなめられた柔かい曲線を描く石たちも
           青く透き通った水をより美しく見せています。

 DSC09865.jpg DSC00299.jpg
         大久保の滝                七つ釜五段の滝

  DSC09899.jpg  DSC09967_201311071938209ec.jpg
       人面洞                   母胎淵

  五段の滝を過ぎると急坂が待っています。 休日は反対周りの人とのすれ違いが
なかなか大変です。 前方は渋滞していました。 更に登り登り ・・・不動滝を過ぎて
          階段を登って行くと・・・西沢渓谷終点へ到着です。
  31日はこんなにゆったりしていたのですが、1日には移動困難なほどの人出が
          待っていました。 た~いへんです! 

  DSC00045_201311071938203b2.jpg  DSC00075.jpg
            西沢渓谷終点               旧森林軌道からの五段の滝

 帰りは軌道を歩くので道幅も広く、ゆったりと景色を楽しみながら歩きます。
シャクナゲ群生地も何箇所かあり、その頃もいいでしょうね。 沢沿いにはイワタバコ
の葉もビッシリと付いています。 トリカブト・アザミの仲間・クサノオウバノギク?・・・
色々なドライフラワーがついていたので、それぞれのお花の時期はまた別の楽しみを
                 見つけられそうです。

  DSC00081.jpg  DSC00091.jpg
      シャクナゲ橋                      紅葉

           この辺りの山々もまだ登った事がありません。
          来シーズンはこの周辺の山を歩きたいものです。 
   
     DSC00100_20131107202207d85.jpg

      心配した雨にも遭わず、無事バスハイクを終える事が出来ました。

            
 

| 植物・風景 | 2013-11-06 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |