浮島ケ原でヨシの片づけ

       21日に浮島ケ原自然公園で、ヨシの片づけが行われました。 
   刈り取ったヨシを木道に運び出し、その後駐車場脇まで移動します。
メールやブログで呼びかけて頂いたお陰で、30名余りの方がボランティアで参加して
    下さいました。 人の力は大きいですね! あれだけあったヨシがみるみる
       内に木道脇に山のように積み上げられました。 凄~い! 

  DSC_0933.jpg  DSC_0935.jpg

   子供たちも大人の中に入って大活躍です。 リヤカーを皆で押して運びます。
            シートを使って運び出す人たちも・・・・・

  DSC_0936.jpg  DSC09776_2013122801143962e.jpg

         皆で2時間ほど汗を流し、予定していた片づけは終えました。
  数人でチマチマやっていたらいつ終わりが見える事やら・・・ 人海戦術ならでは・・です。

  DSC09774.jpg  DSC09777.jpg
        仕事を終えて・・・             愛鷹の峰にも雪が

  管理棟でひと休みしていると、Sさんが 「ヤマモモの木に蓑虫がいるよ」 と
   言うので行ってみました。 ホントだ! それも沢山くっついています。
  昔はたくさん見かけたのですが、この所余り出会う事はありませんでした。
  その上、その木には 「モズの早贄」も見られました。 それも3つも! 
   以前から見たいと思いつつもなかなかその機会はありませんでした。
 もう大興奮です! 聞くと近くの有刺鉄線にもいっぱいかかっているらしい・・・ 

  DSC09780.jpg  DSC09784_20131228011437653.jpg
     トンボのはやにえ           ミノムシ

  DSC09788.jpg  DSC09802.jpg
        中央にバッタの早にえ          カマキリの卵

  作業中にR君がカヤネズミの巣を見つけました。 ヨシを刈っていたHさんもいくつか
           収穫。 今度はその姿を見てみたいものです。
      乗りのいいMさん達は、一足先のサンタさんを楽しんでいました。

        DSC09807_2013122802351973f.jpg     DSC09814.jpg
           カヤネズミの巣              サンタさん&トナカイ?

             そしてSさんはこんな素敵な正月飾りを・・・・・

               来年はいい年になりますように・・・

          DSC09809.jpg

                  お疲れさまでした~ 
  



孫たちと雪遊び&温泉

              孫のK太も冬休みに入りました。
 「雪遊びに行こうか? もし雪が無くても温泉に入れるよ」 と言うと 「やった~!」
  少し大掃除の手を休め、今年は訪ねていない南アルプス方面へ向かいました。
通行止めもある為、口坂本経由で山間部をクネクネと走り、大日峠近くまで来ると雪が
 積もっていました。 ウトウトし始めたK太の目がすっかり覚めてしまいました。 
             雪遊びをする為にスキー場を目指します。
         到着して準備をし、車から出ると二人は大はりきり! 

  DSC09840.jpg  DSC09842.jpg

  DSC09847.jpg  DSC09844_2013122710445764d.jpg

 初めて訪ねましたが、素晴らしい展望です。 富士山・南アルプスの山々が望めます。
着いてすぐにスッキリと見えていた富士山も遊び始める頃には雲が掛かってしまいました。
  後で調べてみると、まだ開業はしていなくて明日28日からの営業となるようです。
標高1400mの地は近くの山歩きも兼ねてまた行ってみたいお気に入りの場所となりました。

DSC09850.jpg
       右に富士山、中央左に南アルプス、左側がスキー場とソリゲレンデ

DSC09867.jpg
               右に南アルプス、中央下に井川湖

  DSC09846.jpg  DSC09864.jpg
              南アルプス             眼下に井川湖

     DSC09854_2013122710454098f.jpg    DSC09852.jpg
         弟のY                 K太&ママ

  少しソリ遊びをしたあと、K太は悪戯顔で雪玉を作っています。 投げつける姿を想像
          するのでしょうか・・・笑顔がこぼれています。
  その後は、「雪だるま作るんだ~」 と小さな手で一所懸命雪を固めています。
   口を付ける為に力を入れ過ぎてせっかくの雪だるまが壊れてしまいました。
    またやり直しですが、楽しそうに作り直し・・・ やっと完成です! 
                頑張ったね~。  この得意顔!

  DSC09877_20131227111235805.jpg  DSC09884.jpg
    悪戯顔で何やら・・・         一人でこんな雪だるまを作りました 

           Yも濡れた手袋を外して素手で雪と遊んでいます。
 「さあ帰ろう」 とYを車に乗せようとすると激しく抵抗します。 まだ遊びたいようです。   

  DSC09885.jpg  DSC09879_201312271112364da.jpg
      Yも雪が好きなようです             ひつじさんもいました

  温泉に入る為に、スキー場を後にしました。 井川湖へ下り、山道を走って南アルプスの
           玄関、「赤石温泉 白樺荘」 へ向かいます。
 ここは昔の古い無料時代以来、何度も訪ねています。 ぬるっとしたいいお湯です。
  露天風呂からは茶臼岳が見えます。 今年も登れなかった・・・ 来年こそは!!

  DSC09891.jpg  DSC09909.jpg

  みんな温泉大好きです! 露天風呂からの眺めも素敵です。 先客のお二人が
   出た後は貸切です! 誰も居なければ写真OKとの事で二人の様子を・・・

        DSC09898_201312271613523b1.jpg   DSC09918_20131227162143bb1.jpg
  
 ここでも大喜びで、一向にあがる気配がありません。 ノ~ンビリ楽しみます。
              いい気持ちだねえ~・・・
5時前までゆっくり楽しみ、家へ向かいます。 途中の水場にツララが張っていたのを
   行く時に見つけていました。 車を止めて貰い、採って来ますが・・・・・
     道に戻る直前に落としてしまい、小さくなってしまいましたが・・・
               嬉しそうに手にしました。

  DSC09901.jpg  DSC09930.jpg

   少し遅くなってしまって家へ戻ると、仕事帰りのパパさんが迎えてくれました。
 「パパにお土産・・」 と大事に持ち帰った雪だるまの袋には水の中に棒と葉っぱが
    浮かんでいました。残念~。 でも写真があるからね!  

       「また遊ぼうね!」 の電話に、ワクワクするじいばあなのです。 
  

クリスマスリース作り

      15日、浮島自然公園でクリスマスリース作りが行われました。
 開始予定の9時にはたくさんの人達で溢れています。 セッティングしたテーブルは
                あっと言う間に埋まりました。
 greenさんが手際よく作り方のポイントを説明した後、さっそく色々な木の実を使って 
               作品作りが始まりました。

  DSC00063_20131216014318278.jpg  DSC00064_201312160143173eb.jpg

   所狭し・・・と皆で集めた材料が並べられています。 向こうの壁にも
こちらの壁際にも・・・ それぞれお気に入りの材料を探して黙々と?賑やかに?
                 飾りつけます。

  DSC00066.jpg  DSC00069.jpg

         大分進みました。 もう完成された方もいらっしゃいます。
リースだけではありません。 マツボックリ台・木の台・大きな貝の台・麻布台・・・・・
          それらを使って上手に飾り付けて行きます。

  DSC00075_201312160144524bc.jpg  DSC00072.jpg

           次々と素敵な作品が出来あがって行きます。
緑もヒイラギ・ウラジロモミ・ナギイカダ・・・ 材料も海のものから山のものまで・・・

  DSC00074.jpg  DSC00073.jpg

  ポカポカと暖かい外では富士山に見守られながら、熱心に取り組んでいます。
            ゆったりと流れる時間が心地よい・・・
     大きな貝を土台に 「すご~い!」   大作です!

  DSC00076.jpg  DSC00071_20131216014315b30.jpg

      それぞれに上手に、個性的な作品が次々と完成して行きます。
        たまたま公園を訪れた人も参加して作品作りです。

  DSC00078.jpg  DSC00079.jpg

           これも・・・あれも・・・  いいですね~

  DSC00080_20131216015252875.jpg  DSC00081_20131216015252130.jpg

        「お正月用に飾る」 と教えてくれた方がいました。
    羨ましい程のセンスの持ち主です。ナント、隠しトトロもいましたよ! 

  DSC00086.jpg  DSC00087_20131216015404801.jpg

     貝殻を上手に使って、「潮騒のメモリー」 では無いけれど・・・ 
      何だか胸がキュンとなるような夏の想いを感じる作品も・・・
               みんな凄いねえ~・・・      

  DSC00091_20131216015405d84.jpg  DSC00088.jpg

  次々と出来あがった作品を持ち帰られたあと、開始3時間後の12時に残った人で
                記念撮影です。

       K先生作の 「どんぐりころころ」 今日も人気でした。
          竹馬も楽しみ、そろそろ終了の時間です。

  DSC00090.jpg  DSC00085_201312160154061e5.jpg

                これで玄関が賑わいますね!



富士山とお月さま

          この季節の夕暮れの富士山はなかなか素敵です。
    富士山に掛かるお月さまが見たくて、再度 「田貫湖畔」 に立ちました。
                 でも・・・・・ 残念!

  風に煽られたのか (そんな馬鹿な・・ ) お月さまは富士山の上に
               フ~ワリと浮かんでいました。

  DSC00033.jpg  DSC00046_201312160113282c1.jpg

             頂上からは大分外れていますね~。
  展望デッキの脇では、小鳥たちが賑やかにさえずり、やがて寝床へご帰還です。 
  
  DSC00036.jpg  DSC00048_2013121601132591d.jpg

      暫くすると・・・ 陽が沈み、富士山が少し赤くなって来ました。

  DSC00051_2013121601132471e.jpg  DSC00059_20131216011348fd4.jpg

     赤い色も裾野から段々消えて行き、全体はモノクロの世界になりました。

           DSC00060_20131216011348041.jpg

  もう少しま~るくなったらまた来てみよう・・・ でも、どの場所がいいのかなあ?・・・
  

竜ケ岳

  ウィークデー観察会で本栖湖湖畔の竜ケ岳(1485m)を訪ねました。
 帰りに寄りたい所もあり、直接登山道入口で待ち合わせます。 がっ! 寄り道が
高じて遅れてしまいました。 先に登って貰う事にし、「違うコースだよ」 との
        話でしたが、勘違いをし通常の道を進みました。

  DSC09888_20131213001341809.jpg  DSC09886.jpg
            ガマズミ                 ミヤマシキミ

 ウラジロモミ・ヒノキなどの針葉樹を抜けると、木々の間から富士山が顔を出しました。
まもなく本栖湖が見下ろせる展望台です。 真面目に歩いているのに 「おかしいなあ?」
なかなか追いつきません。 下って行くペアの方に尋ねると、グループには逢わなかった
        との事なので、やはりコースが違っていたようです。
Yさんから電話があり、決定的となりました。 このまま進んで上で合流する事にしました。

  DSC09892.jpg   DSC09895.jpg
  シモバシラの登山道            本栖湖を見下ろす

            富士山もすっきりと姿を見せてくれます。
 周辺の山並も青空に映えています。 時折り足を止めて、景色を眺めまた進みます。             

  DSC09898.jpg   DSC09903.jpg
          富士山            鬼ケ岳・十二ケ岳方面

   赤いアセビの蕾が目立ちます。 石仏の立っている東屋に到着しました。
 ここからはササ藪と小さな灌木の世界です。 タンナサワフタギ・アブラチャン・
              ナツツバキ辺りでしょうか?

  DSC09921.jpg  DSC09912.jpg
    アセビ               東屋・石仏・頂上

       つづら折りに登って行くと、グングン高度が上がって行きます。
 陽の当たった道は霜が解けてビシャついています。 気をつけながら、景色も
 楽しんで進むと、湖脇からの道に合流しました。 ここへ登って来る筈です。
半分を越えた辺りを登っていると言う話でしたので、迎えに下る事にしました。
      観察しながらですので、ゆっくり登って来ていると思います。
ここはブナやミズナラなどの大木も多いお気に入りのコースですので、いつも下りで
                 使っている道です。 

  DSC09923.jpg   DSC09938.jpg
             富士山                    ブナ林

  富士山から左にカメラを流すと、富士五湖の周辺を取り巻く御坂山塊の山並が
   続いています。 まだ歩いていない部分もあるので、歩き通したいなあ・・・・・

  DSC09937_2013121322554109c.jpg

  落ち葉の積もった道を下りて行きます。 暫く進むと下から声が聞こえて来ました。
   今日はいつもより少ない人数ですが、懐かしいお顔も拝見しホッとしました。
コケやシダに詳しいY先生から教わりながら観察をしますが、なかなか覚えられない・・

  DSC09948_2013121322553797e.jpg  DSC09949.jpg
      シシガシラ                 ホコリタケの仲間

  先程の分岐まで登ると頂上はもう少しです。 なだらかな斜面を進むと・・・
到着で~す! 残念ながら南アルプスは雲の中ですが、前衛の笊ケ岳の山並は
   歓迎してくれました。 風をよけながら昼食を済ませ、下ります。

  DSC09958.jpg  DSC09961.jpg
  雨ケ岳を眺めながら・・・(Y先生は一足先に帰宅されたので6名)   7段シモバシラ

  西湖の向こうには三つ峠が見えています。 右手には来月 「シモバシラの花?」 
   を予定している三湖台方面も・・・     ノイバラは赤い実が目立ちます。 

DSC09960_201312132300522d4.jpg  DSC09966_20131213230050205.jpg

     東屋まで下りて来ました。 ぬかるんだ登山道はここまでです。 
        少しゆっくり休憩してから駐車場を目指します。 
      それにしても、今日はとても気持ちの良い登山日和です・・・

  DSC09968_20131213230050f37.jpg  DSC09969.jpg
   東屋でひと休み            お月さまも見えます

        無事、下山しました。 帰り道もちょっと寄り道をして・・・

                遅くならない内に帰宅です。

      有難うございました。  それから・・・遅れてごめんなさい。 


  

木の実拾い

  1~2ケ月前にSさんから 「これ何だろうね」 と浮島で見せて頂いたのが香椿
(チャンチン) でした。 初めて見る実で、羽状複葉らしい、とは聞いてもまったく
   解りませんでした。 Sさんが本から見つけて名前が初めてわかりました。
そして先日、その実が弾けてまるで 「お花そのもの」 の姿に驚き、一目惚れです。
  「もう落ちていると思うよ」 との話に、木の実拾いがすぐに決まりました。 

  DSC09762.jpg  DSC09879.jpg
          中央にチャンチンの実             まるでお花!

 名前から察するように、日本の木ではありません。 一説には江戸時代に中国から
  入って来たのだとか。 新芽から暫くは、葉っぱが赤くてとても綺麗だそうです。
おまけに食べられるのだそうです!!  ますます好きになって行きます。 
 結構な大木に成長し、周辺には苗がたくさん出ています。 新芽や6月に咲く白い花は
    香りもするのだとか・・・・・ 色々な季節に訪ねてみたいものです。

  DSC09760.jpg  DSC09756_2013120902340160d.jpg

     この子に出会えただけで満足なのに・・・・・周辺の紅葉の素敵な事!
      こんな中に佇んでいるだけで、気持ちがゆったりしてきます。

  DSC09755.jpg  DSC09759.jpg

       ツタも紅葉し、しっかりと捕まった吸盤?のナント可愛い事・・・

  DSC09753.jpg   DSC09795_201312090249310f6.jpg

     その周辺も探索してみると、色々な木がある事に気づきました。
   ドングリの仲間は勿論、ユリノキ・ナンキンハゼ・モミジバフウ・・・・・
   「んっ、あれは何だ?」 蔓植物です。 緑色の実が見えています。
 わからないので写真だけ撮りました。 その後、Mさんが実を拾ってきました。
     割って香りを嗅ぐと何だか南のフルーツの香りがしました。
調べてみるとヒメイタビっぽい気がするのですが、オオイタビの可能性もあります。            
             ちゃんと確認しに行かなければ・・・・・

  DSC09766.jpg  DSC09790_201312090246543f2.jpg
             ヒメイタビ?             ユリノキ

     足元には赤い実をつけたハナミョウガやマンリョウがありました。

  DSC09768.jpg  DSC09771.jpg
          ハナミョウガ              マンリョウ

   花粉をいっぱいつけたアザミは元気よく、いくつか花を咲かせていました。
 こんな所にアケボノソウの花も咲くようです。 季節を変えて歩けば気持ち良く・・・
          思わぬものに出会えるような気がします。  

  DSC09781.jpg  DSC09769_20131209022721dbe.jpg
      アザミの仲間                 白実のマンリョウ

              温かな心地よい、そして収穫の多い1日でした。 

  

  

茅が岳を歩く

  3日、少し明るくなり始めた頃出発し、いつも眺めながらも、まだ登った事のない
「茅ケ岳」 を目指しました。 本栖湖手前まで来ると、北岳・間の岳・農鳥岳はピンクに
   染まっていました。 精進湖周辺の木々は霧氷に包まれています。
              気温はー3度が表示されていました。

  DSC09546.jpg  DSC09547.jpg
    霧氷と湖面                  精進湖

  日本100名山でお馴染の、深田久弥さんの終焉の地として知られている山が
 ここ茅ケ岳です。 駐車場に車を止め、落葉樹の気持ちの良い緩やかな斜面を
                 登って行きます。
 
  DSC09554.jpg  DSC09587.jpg

    薄茶色の林の中で、ムラサキシキブがとても鮮やかで暖かい感じがします。
            ニシキギも赤い実を付けていました。

  DSC09558.jpg  DSC09563.jpg
             ニシキギ               ムラサキシキブ

  広葉樹の多い林の中、この季節は葉っぱも落ちて明るいです。 所々、枯木が
 横たわっているのもなかなか味があります。 西臼塚にある 「キリンの木」 の
ミニサイズのものもありました。 西臼はブナの木ですが、ここのものはミズナラです。
そんな林を辿り「女岩」 を通過します。 今は崩落の危険があり、立ち寄る事は
        出来ないので、上部からカメラを向けてみました。

  DSC09600_20131205015358421.jpg  DSC09581_20131205015208829.jpg
   キリンの木風のミズナラ                女岩

  岩が目立ち始めると、斜面が少し急になります。 さらに登って行くと・・・・・
        尾根に出ました。 頂上まではあと一息です。
金峰山・瑞牆山が青空の下にすっきりと姿を現しました。 振返ると逆光で富士山が
                  輝いています。
     
  DSC09610_20131205015357333.jpg  DSC09613.jpg
              金峰山                   瑞牆山 

          イワカガミの葉っぱも丸まって冬を越えるようです。
昭和46年3月、この山で倒れ仲間の 「この辺りはイワカガミが咲いて綺麗です」 の
言葉に喜び 「そうですか」 と頷いたのが最後だったと公園の石碑に記されていました。
         きっとこの辺りで終末を迎えられたのでしょうね?

  DSC09621.jpg  DSC09614_201312060930545d5.jpg
      イワカガミ                   富士山

  ほどなく頂上に着きました。 山梨百名山の標柱が2つ並んで迎えてくれました。
周囲の展望は素敵です。 八ケ岳の左手には北アルプス、さらに鳳凰三山・南アルプス
           が連なっています。 いい天気で良かった・・・
   山頂には先客が2名、さらにお二人が登って来たので金ケ岳へ向かいます。

  DSC09628.jpg  DSC09635_20131206093052f6a.jpg
               八ケ岳                茅ケ岳山頂

  DSC09629_20131206113855a5a.jpg
                  南アルプス・八ケ岳方面

  DSC09631.jpg
           瑞牆山・金峰山・富士山方面 (小さいですが、2枚で360度の展望)

  一旦鞍部に下りた後登り始めると、岩門をくぐります。 岩肌にはツララが見えます。
 途中の大岩へ登ると・・・眺めは絶景です。 紅葉の季節なら最高の場所でしょうね?

  DSC09644_20131206113853679.jpg  DSC09654.jpg
        岩門                    大展望

       観音峠への分岐、小ピークを過ぎると金ケ岳に到着です。
 コーヒーを飲んでいるとお兄さん二人組が登って来ました。 二人でビールで乾杯!
これもまた山での楽しみの一つなんでしょうね。 背負子にザックを結わえた男性も
  到着しました。 蚕の餌のクワを運んでいたものを手直しして使っておられるのだ
   そうです。 カメラ・写真の話を伺いしばらく休み、一足先に下ります。

    DSC09657.jpg    DSC09663.jpg    DSC09666.jpg
       観音峠分岐          金ケ岳頂上      鳳凰三山&南ア

     茅ケ岳まで戻って来ました。 さて、どこから下りようか?・・・・・
    同じ道も癪なので、千本桜方面へ下ります。 とてもミズナラの多い林です。
 まもなく分岐が現れました。 う~ん・・・ 先の事を考え、近道の公園方面へ足を
                   進めます。
          
  DSC09669.jpg  DSC09680.jpg
        茅ケ岳の後方に富士山             千本桜方面へ

  防火帯でしょうか、登山道脇は開けています。 右手は広葉樹、左手はヒノキ林です。
 とても歩きやすい道です。 ついつい小走りになってしまいます。 石や木に付いた
コケや地衣類を楽しみながらグングン下りて行くと、いつの間にか駐車場近くまで下りて
    来ました。 まだ時間も早いので深田久弥さんの公園へ向かいました。

  DSC09689.jpg  DSC09706.jpg
    下山道(防火帯)               深田記念公園

      さらにそこから少し歩き、気になっていた饅頭峠へ向かいました。
熊注意の表示があり、人も通らないので熊鈴を付けて進みます。 峠には案内板があり
  ました。 近くを少し歩きましたが饅頭石に出会う事無く、崖歩きを少しして
      林道まで戻りました。 さあ、そろそろ家に帰らなければ・・・

  DSC09709.jpg  DSC09712.jpg
                案内板               饅頭石案内板

        駐車場近くの木にはツルウメモドキが満開で見事です。
やっと茅ケ岳を登る事が出来ました。 観音峠方面も気になるので、次回は・・・

  DSC09726.jpg  DSC09731.jpg
    ツルウメモドキ                夕暮れの富士山

        
                   久しぶりの山歩きでした。



残りものには福がある??

                 砂金掘りに行って来ました。  
       降り注ぐ太陽の元、川原はまったく冬を感じさせません。

 川原へ下りようとすると、赤い実がいっぱい付いています。 クコみたいだけど・・・・・
        こんなに実付きのいいものを見たのは初めてです。。
つまんで口に入れてみると・・・・・ 甘くて、少~し苦みが残って、きっとホウズキを
 食べるとこんな感じじゃないかな? 生はそれ程美味しいものではありませんね。
     ホンの少しですが収穫したので、焼酎漬けにしてみるかな?

  DSC09737.jpg  DSC09738.jpg
               ク   コ   の   実

     デ、肝心の砂金は・・・・・ ホンの少しづつ採れていたのですが・・・・・
    ご一緒したKさんの午前中の成果を覗かせて戴くと・・・ お~っ、凄い。 
               砂鉄の中にもまだ隠れているようです。

  DSC09734_20131205002334ab0.jpg  DSC09732.jpg
    ここを掘ると・・・             こんなにありました。(Kさん)

  お昼を食べて、どこを掘るかな? 上の方の砂を退けるのも大変だし、掘った後を
     少し丁寧にかき集めてパンニングすると、うんうん、入って来ます。

   Kさんは午前中の成果に満足したらしく、ゆとりの中、どんな所がいいのか
   探索中です。 「ここ掘るとまだ出ると思うよ」 と声を掛けてくれたので、
 刷毛やへら、先の尖った道具を使い、砂利を集め水辺へ移動し、パンニングすると・・

   「お~、デカ!!」 一瞬、(ビンに入るかな?・・・)  ハハハ・・・

ちゃんと確認出来るのも数粒入っています。 いつものようにパンニング皿の手前に
寄せた要らない砂を水で流し傾けた時、黄色いものが落ちるのを左目が捉えていました。
  (まさかね?)パンニング皿を確認すると・・・ 「無い、ない、ナイ・・・」 
 
 「んっ、間違いだった? まさか落ちるわけがない、そんなに大きく無かったんだ・・」
            と自分に言い聞かせながらも、  でもなあ・・・ 
     Kさんにそんな話をしながら、とりあえず道具を使い水中を覗くと・・・

         「あった!」  指で摘みあげて、対面です!  

  DSC09749_201312050024086c6.jpg  DSC09745.jpg
  
 てっきり流れてしまったと思ったのですが、流石 「金」 落ちた所に留まっていました。

                あ~、良かった!

  さらに掘っていると師匠の 「 水を流し込んでスポイトで吸うと完璧だよ 」 の声。
         そうでしたそうでした。 その手があったのですね。

           残りも戴いて来ましたよ。 良かった~。
 
          師匠・Kさん、ありがとうございました! 
     

 
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる