市内を歩いてみれば・・・

           26日は広見公園を中心に市内を歩いてみました。
 もうそろそろかな?・・・ 昨年偶然見つけたアマナの様子がずっと気になっていました。
       駆けつけてみると・・・ あっ、咲いています。 そこにも、ここにも・・・
     よかった~! 「1つ、2つ・・・」 数えてみると蕾も含めざっと30個くらい。

  アマナ1  アマナ2
                        ア   マ   ナ

   公園内にはクヌギやコナラ・シラカシなどのドングリの仲間もたくさんありますが、
 大勢の人に拾われたあとにも、まだまだ残っているのですね。 あちらでもこちらでも
          芽生えが見られ、小さな葉っぱを付けています。

  DSC02360_201403310021477c2.jpg  DSC02341.jpg
                コ  ナ  ラ  の  芽  生  え

            公園内の桜もチラホラ咲き始めていました。 
      これがアップされる頃には満開になっているのではないでしょうか?

  DSC02346.jpg  DSC02351.jpg

  公園内に移築された古民家では、色々な催しが行われ、上手に利用されている
      ようです。 この日は、スズタケを使った篭作りに精を出して
    いる方達がいらっしゃいました。 暫く、その手元を見せて頂きました。 

  DSC02350.jpg  DSC02355_201403310021466d7.jpg

     タンポポが咲く広場では、ツグミが遊んでいます。 鳥もそれぞれ・・・
    人が通りかかり、一斉に飛び立った鳥たちですが、1羽だけ残っていました。

  DSC02370.jpg  DSC02399.jpg
                 ツグミ                      モズ

      園内の野の花も賑わって来ました。 優しい黄色は春の色ですね!

  DSC02382.jpg  DSC02376.jpg
     ハルノゲシ                        クロモジ
                     
   ヒメウズもたくさん咲いています。 余り目立たない花ですが、これだけ開いていると
         なかなかいいですね! ヒメウズ観察してしまいました。    
  
  DSC02407.jpg  DSC02378_20140331002926f2c.jpg
                  ヒメウズ                  タチツボスミレ

  DSC02363.jpg  DSC02394.jpg
     ムラサキサギゴケ                     さくら

       公園の西側から目を凝らすと、桜の花が咲いているようです。
     早咲きの桜はエドヒガンで、根尾谷の薄墨桜の子供に当たるそうです。
  以前Mちゃんから教えて頂きましたが、丁度いい時期に見られたのは初めてでした。
       優しい色ですね~。 真っ青の空にきっと映えるでしょうね

  DSC02389.jpg  DSC02385.jpg
                  薄墨桜の子(エドヒガン)

      少し場所を変えて歩くとこんな子たちも姿を見せてくれました。  

  DSC02418_20140401005619c6e.jpg  DSC02429_20140401005618513.jpg
       アケビ                     ヤマネコノメソウ

  

野草は美味しい~

 日射しも心地よい季節となりました。 野山では色々な植物の芽吹きが始まりました。
     そんな中、数種の野草を戴いて、野草パーティーと洒落こみます。
       ラップを掛けたままなので、少し見辛いのですが・・・・・
西洋からし菜とハンペン炒め・フキミソ・ウドの酢味噌和えやキンピラ・クレソンのサラダ・
   セリの胡麻和え・ゼンマイのポン酢・カンゾウのマヨサラ・ゲンゲの三杯酢・・・・・
    がんものサンドウィッチは豆腐屋さんとパン屋さんの協力作品だとか・・・
               と~っても美味しかったです。 

  DSC02200.jpg  DSC02201.jpg

  DSC02202.jpg  DSC02203.jpg

  DSC02205.jpg  DSC02206.jpg

 一番受けたのは・・・・・流しそうめんでした。 菜の花のトッピングも良かったね。

          DSC02208_201403280710174da.jpg

          お腹も満たされ、移動してちょっぴり自然観察も・・・・・

  DSC02214_20140328071016508.jpg  DSC02211_2014032807101619b.jpg
            ニリンソウ                        カイコバイモ

        アズマイチゲもお花を咲かせていました。 葉っぱの名残りかな?
               みどり色の筋はなかなかお洒落です。 

  DSC02221_2014032807164650d.jpg  DSC02220.jpg
                 ア  ズ  マ  イ  チ  ゲ

          アオイスミレもピンと耳を立てたウサギさんのよう・・・
       ニリンソウの隣には、猛毒のトリカブトの葉がもう出ています。
       
  DSC02224.jpg  DSC02219_201403280716482cd.jpg
             アオイスミレ                        トリカブト

       少し目線を上げると・・・・・アブラチャンも満開になっていました。

         DSC02218.jpg
                  アブラチャン

                もうすぐ・・・春本番です!!



  

孫たちと高草山へ

   「 春休みになったらお山へ行こうね 」 とKと約束していたのですが、
       なかなか機会がなく、25日にやっと行く事が出来ました。
 何処にしようか迷いながら、歩行に無理もなく、高草山で春を感じて欲しい・・と
                思ってのことでした。

  DSC02225.jpg  DSC02229.jpg

  ノンビリお弁当を作っていたらヤッパリ遅くなって・・・「笛吹段公園」 でお弁当を
    食べて歩く事にしました。 チビ達は、すっかり公園で遊ぶモードになり、
      石によじ登って遊び始めました。 暖かくて心地よい日です。

  DSC02235.jpg  DSC02228_20140328103437ef7.jpg

  準備も整い、登山開始です。 弟のYはお兄ちゃんのザックを背負ってご機嫌です。
  初めは少し歩き始めたものの、戻ってしまったり・・・まったく進みませんので
                背中に背負って行きます。

  DSC02232.jpg  DSC02238.jpg

      麗らかな春の日差しに、道端のお花もポツポツ咲いて来ています。

  DSC02241.jpg  DSC02240.jpg
   ムラサキカタバミ             オオジシバリ&ヤブタビラコ

   車道を横切りながらお茶畑を登って行くのですが、振返ると駿河湾が眩しい・・・
           とても心地よい景色が広がっています。

  DSC02242.jpg  DSC02250.jpg

   Yを下ろしてひと休み。 少し歩くかな?と思ったのですが、遊んでばかり・・・
                   これじゃ無理だ~
           「ばあば、カメラ貸して」 とKが撮った水仙です。

    DSC02248.jpg   DSC02255.jpg

 スミレも何種類か咲きだしていました。 Kにこの様子を見せてあげたかったのですが、
  タンポポやオオイヌノフグリには反応するものの、キスミレをちらっと見ただけで、
         足元に転がっている笹の棒の方が気に入ったようです。

  DSC02261.jpg  DSC02246.jpg
         キスミレとK                            ノジスミレ

         頂上直下でうっすらと富士山を望む事が出来ました。

  DSC02303.jpg  DSC02266.jpg
     ナツトウダイ                       富士山

  場所によってはもうワラビまで顔を出しています。 今年も何度か食べられるかな?
  
  DSC02299.jpg  DSC02302_2014032810532618c.jpg
               キスミレ                       ワラビ

     頂上まであと少しの所で、「Kが疲れた~」 と言い始めました。(そうだ!
 
 私「 隊長、もう少しで頂上のようですが・・・ 」 と声を掛けると、俄然元気になって
     K 「そうですね、がんばりましょう!」 とグングン登り始めました。
      隊長ごっこは、Kの中でまだ生きていました。 面白いねえ~・・・

  DSC02313.jpg  DSC02270_20140328105201de2.jpg
    サルトリイバラ                   手を合わせて・・・

 カメラを向けるといつも逃げ回るKが、「隊長!頂上で写真を取るのを忘れていました」
          と言う私の声にポーズまでとってくれました。
 帰りは風で目に砂が入ってちょっと大変でしたが、元気で公園まで歩いて来ました。
 さて、温泉に入り帰ります。 じいじが夕方から用事があるのでいつもより早めに
  帰宅です。 山と温泉セットは30年前の子供たち(Kたちのママ)と同じです。
          いつまで付きあってくれるかなあ~?

  DSC02291.jpg  DSC02277.jpg
            エイザンスミレ                     頂上にて


浮島自然公園

  23日、浮島自然公園へ向かいます。 3月も中旬過ぎから段々公園内も黄色い
         お花で賑わい始めました。 ノウルシやヒキノカサです。
        富士山もくっきりとその姿を現してくれました。

  DSC02163.jpg  DSC02162.jpg
     浮島からの   富士山                        愛鷹山

            ヤナギも芽吹き、風に揺れる姿も爽やかです。
      氷河期の生き残り 「ミツガシワ」 の蕾もあがってきています。 
                早く咲いてくれるといいな・・・

  DSC02173.jpg  DSC02165.jpg
    芽吹いたヤナギ                  ミツガシワの蕾

  今日予定されていた方達がいらしたのでIさんが案内をして下さり、後からノンビリ
               くっついて行く事にしました。
  ノウルシがよく咲いて来ています。 皆さん木道から熱心に観察しています。

  DSC02168.jpg  DSC02172.jpg
                園内観察                  ノウルシ観察

        管理棟脇がお気に入りのジョウビタキは今日もやって来ました。
          ヒキノカサも日を追うごとに花の数を増やしています。

  DSC02183.jpg  DSC02167.jpg
      ジョウビタキ                  ヒキノカサ

             色々な苗も少しづつ顔を出しています。 
   私の好きなヒメハッカが芽を出していると言うのですが ・・・ いましたいました!
           そっと葉に触れると ・・・ いい香り~ 

  DSC02169.jpg  DSC02184.jpg
            ヒメハッカ                        観察中

  行く度に覗きこんで確認していたのですが、まだ出ていなかったタコノアシも
       ちゃんと育ち始めていました。 よかったよかった・・・

  DSC02181.jpg  DSC02186.jpg
      コケ盆栽                      タコノアシ

            浮島公園も訪ねて下さる方が増えているようです。



森の中を歩いてみれば・・・

  富士山麓の森の中を歩いてみました。 初めての場所を歩くのは何に出会えるのか
     ワクワクして楽しいものです。 森へ入る前にちょっと寄り道・・・・・

           里山のお花たちも春を迎えておりました。

  DSC02028.jpg  DSC02026.jpg
          ?スミレ                           タチツボスミレ

 ニリンソウもやっと咲き始め、フラサバソウは小さなブルーの花を一面に広げていました。

  DSC02030.jpg  DSC02032.jpg
       ニリンソウ                     フラサバソウ

  ヒトリシズカはどうだろう? いつもの場所を覗いてみると・・・もう少し先だね!
         カンアオイの仲間もあと少し・・・と出番待ちです。

  DSC02035.jpg  DSC02038.jpg
          ヒトリシズカ                      カンアオイの仲間

  ちょっとした斜面では、アマナが咲き始めていました。 カンゾウも美味しそう・・・

  DSC02043.jpg  DSC02045.jpg
     ヤブカンゾウ                    アマナ

 さて、いよいよ森の中へ入ります。 凄いなあ~、至る所に木々が折れて行く道を
        塞いでいます。 でもこの位ならへっちゃら。 

  DSC02051.jpg  DSC02058.jpg
        ヤマルリソウ                        折れたヒノキ

   倒木にはカワラタケがまだ綺麗なまま残っています。 ネコノメソウの仲間もいよいよ
  その季節となったようです。 数本の木々が作業道を覆っていましたが、潜ったり
      乗り越えたり・・・・・ 子供時代を思い出して意気揚々と進みます。

  DSC02065.jpg  DSC02063.jpg
    カワラタケの仲間                   ヨゴレネコノメソウ 

     ここでもカンアオイの仲間が見つかりましたが、花の形が違うようです。
      ミヤコアオイほど縊れてはいませんが、花弁?が波打っています。
           カンアオイの仲間も難しい・・・       

  DSC02101.jpg  DSC02109.jpg
             カンアオイの仲間                  イチリンソウの葉

  登ったり下りたりしながら歩いているとシュンランのドライフラワーが見えました。
 お花も咲き始めています。 所々でシュンランは見かけますが、葉っぱが食べられた
                 ものもありました。

  DSC02096.jpg  DSC02126.jpg
     シュンランのドライフラワー                 シュンラン

      カタクリの葉っぱもたくさんあります。 咲いている子はいないかなあ~?
     アッチコッチと探し歩きますが、蕾の子ばかりです。 少し色づいたこの子が
        今のところ一番かな? あと少しで森の中は賑わいそうです。

  DSC02083.jpg  DSC02088_20140326075125936.jpg
            カタクリの葉                      カタクリ

 さらに探検は続きます。 1株ですが、エビネも見られました。 昨年は咲いたようです。  
  サイハイランも少しだけ・・・ 綿を被ったような子は? ヤブレガサのようです。

  DSC02128.jpg  DSC02091.jpg
    ヤブレガサの芽生え                  エビネの葉

   かなり森の中をウロウロしていました。 もうそろそろお終いにしようと
      思いながらも、あと少し・・・・・と場所を移動しました。 
                すると ・・・  アッ!

この三角の葉っぱは、ミスミソウのようです。 既に花は咲き終わり、花の付いた跡も
      見られました。 よかった~   来シーズンが楽しみです。 

  DSC02115.jpg  DSC02121.jpg
             ミスミソウの花後                   ミスミソウの葉
           
                 自由気ままな探索はいいものですね!

  

久しぶりに諏訪方面へ

       19日、雪や用事で延期になっていた諏訪方面へ出掛けました。
 我家の出発はいつも遅く、天候もイマイチなのでテンションも上がらず、アッチコッチ
   と寄り道しながらですので、諏訪インターを下りたのは昼過ぎの事でした。
 懐かしい地ですので、下り立てば気持ちも盛り上がります。 おまけにいい天気! 

   少しだけスノーシューを楽しめばいいね・・・と今回は相方ペースに合わせます。
         「今日はドライブだねえ~」 とノンビリ車を走らせます。
     北横岳・蓼科山・八ケ岳・・・いい景色です。 蓼科山の麓に着きました。
 
  DSC01968.jpg  DSC01969.jpg
             蓼科山                      途中の景色

   少し霞んでいますが、八ケ岳方面の景色が眩しいです。(いいなあ・・・)

  DSC01982.jpg  DSC01981.jpg
       北横岳                   八ケ岳方面

  ここで少し行動する事にしました。 相方はこの辺でいるから・・・との事なので
5時頃には戻る約束で蓼科山方面へ登って行きます。 2組ほどのグループが下山
          して来ました。 そんな時間なのです。 
   でもとても気持ちがいい空気です。 これならもっと早くに・・・・・

  DSC01989.jpg  DSC01992.jpg
          雪の平原                        サルオガセの仲間

 結構な急斜面もあります。 シリセードの跡も見られます。 帰りが楽しみ・・
カラマツやダケカンバ・コメツガ・モミ類などの木に混じって、広葉樹も少し見られます。
   これはオオカメノキの葉芽と葉痕でしょうか? 可愛い顔が並んでいます。

  DSC02006.jpg  DSC02005.jpg
    シリセードの跡                  オオカメノキの葉痕?

    大分登って来ました。 急斜面を登り終えて振返ると、心地いい景色が
         広がっていました。 所々に標識が建っています。

  DSC02010.jpg  DSC02013.jpg
           振返ると・・・

  少し景色のいい所まで行きたいなあ・・・あと少し・・・と思っていると、
 蓼科山が目の前に立っていました。 霧氷?と思ってカメラのズームを利かせると
それは縞枯れ現象でした。「 また来るね、今度は頂上まで・・・ 」 と挨拶をし、
    そろそろ帰る事にしました。もう4時をまわっていますので・・・

DSC02018.jpg DSC02017.jpg
      蓼科山                   縞枯れ現象

  駆け足・シリセード・ノンビリ景色を眺め・・・・・を繰り返し、来た道を戻ります。
    40分余りで駐車場へ帰って来ました。 約束通り、5時前の帰着です。
        車に積んだスノーシュウは今日は出番無しでした。

  DSC02015.jpg  DSC02021.jpg
             蓼科山                         カラマツの森

               諏訪の温泉を目指して下ります。 
          今日は歩けるとは思っていなかったので満足満足・・・


高草山のお花たち

  17日、久しぶりに高草山へ登る事にしました。 前回と同じ、林叟院(標高48m)
 から登り始めます。 高草山は焼津市にあり、標高500m余りなので、標高差452m。
    相棒は、お花・山登り大好きな フクシアさん クリックです。

 海岸も近く、暖かなのでしょうか? 登り口から春のお花が迎えてくれました。

  DSC01783.jpg  DSC01785.jpg
                 林  叟  院  境  内

  DSC01768_20140321034619ba9.jpg  DSC01766.jpg
           さくら                         ミツマタ

ニリンソウの咲き始めの子がたった1輪ありました。 ここはシコクハタザオの多い所です。
道端に蕾を持った株がたくさん見られました。 前回は満開でしたので、少し早い訪問と
        なったようです。 咲き揃えばきっと可愛いでしょうね!

  DSC01764.jpg  DSC01774.jpg
    たった1輪ニリンソウ                  シコクハタザオ

   黄色いヤマブキも良く咲いています。 春のお花が咲き始めたものの、
          やはりまだ早い・・ あと少し・・・

    DSC01776.jpg    DSC01763.jpg    DSC01773.jpg
      ヤマブキ              ユリワサビ          セントウソウ

        お花を探していると、斜面には沢山並んだお地蔵さま・・・・・
              うん、何だかいい感じ・・・

  DSC01777.jpg  DSC01791.jpg
          斜面に立つお地蔵さま                 キブシ

       白ワビスケでしょうか? 気品のあるとても素敵な椿です。

  DSC01795.jpg  DSC01790.jpg
      オオジシバリ                      ワビスケ?

  余り目立たない小さなキュウリグサ・ハナイバナも早い子たちはもう目覚めた
                  ようです。

    DSC01921.jpg    DSC01847_2014032110473346b.jpg    DSC01796.jpg
     ジロボウエンゴサク        キュウリグサ          ハナイバナ

   タンポポ・オオジシバリ・ハルノゲシ・・・・・春は黄色いお花が多いですね!

    DSC01822.jpg    DSC01854.jpg    DSC01825.jpg
    ジロボウエンゴサク白タイプ?   トウカイタンポポ       ヒサカキ

  茶畑脇を通りながら、時々道路を横切ります。 眼下を見下ろすと、駿河湾が
 開けます。 マツバウンランも咲いて来ました。 苗がいっぱいなのでその内一面に・・・  

  DSC01824_20140321105011ff4.jpg  DSC01831.jpg
          登山道から頂上方面を・・・              マツバウンラン

    DSC01839.jpg    DSC01840.jpg    DSC01892.jpg
      菜の花登山道       手入れされたお花畑     カンアオイの仲間 

 キスミレが斜面いっぱいに広がっていました。 少し痛みかけたものもあるので、
      最盛期は過ぎたようです。 それにしても早いなあ・・・・・
    以前は別の場所で見た記憶があるのですが、今は絶えてしまったかな?        

  DSC01908_20140321105810974.jpg  DSC01864.jpg
                キ   ス   ミ   レ 

                群生してるとホントに可愛い・・・        

  DSC01906.jpg  DSC01870.jpg
                キ   ス   ミ   レ

       それほど多くはないのですが、色々なスミレも咲き始めました。
       本格的な春がもうそこまでやって来てる・・・という感じですね!

    DSC01780_20140321110514b2c.jpg    DSC01843.jpg    DSC01883.jpg
        コスミレ            ノジスミレ            エイザンスミレ
          
    DSC01911.jpg    DSC01903_20140321110145871.jpg    DSC01944.jpg
     ニオイタチツボスミレ        フモトスミレ         タチツボスミレ

白っぽいタチツボスミレも多く見られましたが、よ~く見ると紫色が少し残っています。
 でもオトメスミレもちゃんと花咲いていましたよ。少し花の感じが違う気がします。

  アリドウシ・東部では余り見かけないヤブコウジも赤い実を付けていました。   
    
    DSC01887.jpg    DSC01939.jpg    DSC01940_20140321111127262.jpg
      オトメスミレ           アリドウシ            ツルコウジ

          暖かでとても気持ちがよく、楽しい散策日和でした。
   
             フクシアさん、有難うございました!



久しぶりの兄弟会旅行

  子供が幼い頃は、相方の兄弟やその子供たち、両親と旗を立てた車を連ね、
            アチコチ楽しい遊びに出掛けたものです。
 子供たちから手が離れ、今度は兄弟で北海道・東北・信州・九州・・・と旅は続き
  ましたが、段々年を重ねいつの間にかそんな楽しみから遠ざかっていました。
 そんな時、金婚式を迎える姉たちと久しぶりに出掛けようと言う事になり信州へ!

  まずは、お昼に松本の 「そば処 信濃路」 で 「とうじそば」 を戴きます。
   とうじそば? 早く言ってしまえば・・・ ”お蕎麦のしゃぶしゃぶ” です。

  DSC01558.jpg  DSC01564.jpg
        信濃路                 とうじそば

           少しもやっていますが、雪を被った山並が素敵です。

  DSC01569.jpg  DSC01567_2014032100542150a.jpg
                 常念岳                      鹿島槍方面

  松代大本営跡を訪ねました。 受付時間を少し遅れそうなので電話をすると、
   担当のおじさまが待っていて下さいました。 ありがとうございました。 
 
「ウィキペディア」によると、大本営跡は「太平洋戦争末期、日本(当時の大日本帝国)
の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現在の長野市松代地区)などの
   山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡である。」

  DSC01570_2014032100542079e.jpg  DSC01575.jpg
               松  代  大  本  営  跡

  今夜は、秘湯の湯のひとつで一押しの 「仙仁温泉 岩の湯」 でお世話になります。
      金婚式と言う事で、色々な心配りをして戴いて、皆で感激です! 

  DSC01721.jpg  DSC01590_20140321005606408.jpg

     素敵に盛られたお食事を2時間半ほど掛けてゆっくりと戴きます。

    DSC01589.jpg    DSC01591.jpg    DSC01599_201403210105110f7.jpg

  とても食べられる量ではないのですが、時間を掛けるのでいつの間にか殆ど残さず
 戴いてしまいました。 お祝いの金粉酒・水引飾りに加え、デザートにはお祝いの
         メッセージも・・・・・ 心配りがとても細やかです。

    DSC01601.jpg    DSC01603.jpg    DSC01605.jpg

    DSC01607.jpg    DSC01600_20140321010831aba.jpg    DSC01618.jpg

温泉もとても魅力的です。 30m続く洞窟風呂からは滝のように豊富なお湯が流れ出て
来ます。 奥へ奥へと探検気分で進みます。 ぬるめのお湯なのですが、ミストサウナ
           効果があるのでは?と思う位、気持ちいい・・・

岩肌にはキラキラと何やら鉱物が付いています。 もう1本の洞窟はゆったりと~・・・
  ここは混浴なのですが、湯浴みを着けて入るので何も気にする事はありません。
内湯・露天以外に、やはり2つの湯船を設えた貸切風呂が3つと、家族風呂があります。
空いていれば好きな時間に入れます。 私は洞窟風呂2回、貸切風呂2つに・・・
 (骨折のあと、弱っていた姉の足が翌日は随分良くなっているのに皆でビックリ!)

  DSC01630.jpg  DSC01620.jpg

 ゆとりの空間がいっぱいあるのも素敵です。 静かな音楽が流れ、選ばれた本が詰った
 本棚もアチコチに。 コーヒーやお茶を戴きながらプライベート時間を過ごします。
予約がとり辛く、いつも殆ど満室なのに、余り人に出会わないのもとても不思議です。

  DSC01636.jpg  DSC01632.jpg

   館内には、あちらこちらにお花が生けられ、移動する度にホッとします。
 貸切風呂から上に登ると、散策路が設けられているようですが、残念ながら
        今回歩く事はありませんでした。 次回は是非!!  

    DSC01697.jpg    DSC01624.jpg    DSC01652.jpg

  ロビー横の池では、温泉の中を鯉が泳いでいます。 何とも贅沢な鯉たちです。
  
    DSC01666.jpg    DSC01699_20140321015126abb.jpg    DSC01717.jpg

    朝食は色とりどりの、目にもお腹にも優しい食事を用意してくれました。
                  どれも美味しい~・・・ 

  DSC01685.jpg  DSC01686.jpg

   夢のような時間が流れ、11時に宿を出発しました。(12時チェックアウトです)
        車が見えなくなるまで手を振って送って下さいました。
 温泉も施設もお料理もいいのですが、何より従業員の方達の関わりが抜群です。
            ありがとうございました! 

    小布施と葛飾北斎が描いた「大鳳凰図」の天井を持つ 「岩松院」 
            を訪ねたあと家へ向かいます。

  DSC01737_20140321014817391.jpg  DSC01741_2014032101481709a.jpg
       岩松院                   蛙合戦の池
                    「痩せかえる 負けるな一茶 これにあり」の句碑
   

 

今年も出会えたセツブンソウ


        14日、やっとセツブンソウに逢いに行って来ました。
 外は雨がしとしと・・・・・ 午後になってやっと雨も上がり、出発する事にしました。
      今年はこの地も雪が多く、長らく通行止めになっていました。
                今も周辺には雪が残っています。

  DSC01396.jpg  DSC01408.jpg   
     周辺に残る雪                 セツブンソウ

  群生地へ向かってみると・・・・・ うわ~、いいねえ! 丁度見頃です。 
    ゆ~っくり楽しみます。  いつも見られる色白タイプの子もいます。
                今年は4株顔を出していました。 

  DSC01415.jpg  DSC01430.jpg
      シロバナタイプのセツブンソウ

  雪解けから一気に顔を出したのでしょうか? 場所によっては蕾でグニャグニャと
  曲がって伸びている集団もありました。 一面白く花咲いているのは圧巻です。

  DSC01446.jpg  DSC01434.jpg

    雪の残っている場所へ移動すると・・・ やっと頭をもたげた子たちも・・・
       雪をそっと退けると、そこには雪融けを待つ姿がありました。

  DSC01465.jpg  DSC01456.jpg
                セ  ツ  ブ  ン  ソ  ウ

  少し移動してミスミソウに逢いに行きます。 セツブンソウが丁度いいと言う事は、
           ミスミソウには少し早すぎかも知れませんが・・・・・
   現場への道は、雪が斜面から落ちたようで、足元はちょっと危なっかしい。 
         気をつけながら登って行きます。 咲いているかな~?・・・

  DSC01494.jpg  DSC01520.jpg
                ミ  ス  ミ  ソ  ウ

  「あっ、ありました!」  たくさん見られますが・・・・・ どこをみても蕾ばかり 
    それでも探していると、日当たりのよい場所で、数株開花していました。
 八重のもの、一重のもの、花弁状のものが丸っこいもの、細いもの、大きいもの
         小さいもの・・・・・ 変化があって面白い。


  DSC01517.jpg  DSC01527.jpg

  ピンク色を帯びたものも探したかったのですが、こう蕾ばかりでは気合が入りません。
      相方も待ちくたびれているでしょうから、そろそろ帰ります。

  DSC01500.jpg  DSC01533.jpg

           「みたまの湯」 で温まり、我家へ向かいます。
    露天風呂からの眺めは絶景ですね! 街の明かりもキラキラと輝いています。
            今度はチビ達を連れて来たいものです。

  DSC01550_201403170149502da.jpg  DSC01541_2014031701495102a.jpg
              茅が岳                        ダンコウバイ 



富士山環境展

         3月8日~23日(土) の間、富士山環境展が開かれています。
 孫のK太たちと、寄ってみる事にしました。 ”平成のからくり師”? Mさんの作品も
出ているので、楽しみです。 富士山麓でも増えているシカの現状と、活用の提案。
森と人との関わりや命の循環について考えて貰うきっかけになれば・・・・という趣旨
       の元、アーティストによる作品を通じての提案でしょうか?

  DSC01352.jpg  DSC01353.jpg
            YとK太                   現状案内パネル

  さっそくカメラを取られてしまいました。 「ばあば、ちょっとカメラ貸して・・」
 富士山麓の色々な木々の食害の写真です。 これらはカメラマンのZさんの作品です。
「自然と食のバランス」の作品は、Mさんです。 スプーンとフォークの柄はシカの骨~・・
         お皿のご馳走は・・・・・ホッ! 木のようです。

  DSC01354.jpg  DSC01362.jpg
      K太が写す                   Mさんの作品

   顔の部分は・・・ヤッパリシカさんでした。 これもMさんの作品です。
        近づいてみると・・・やっぱり精巧に出来ています。
 右手の絵画などは、「赤い靴を履いたウサギ」 の作品がとても印象的なTさん。

  DSC01365.jpg  DSC01364.jpg

     おっ、素敵な一輪ざし! これもシカさんの骨です。 でも何だか自然です。
           次の作品は・・・その名も 「ポップコーン怪獣!」  

  DSC01375.jpg  DSC01373_20140314231249fed.jpg
     一輪ざし(骨骨)                 ポップコーン怪獣
                  
  DSC01376.jpg  DSC01371.jpg

   作品の向こうには、富士山も望めます。 ゆったりと芝生広場が広がり、心地いい
              場所に環境プラザは位置しています。

  DSC01369_20140314231250537.jpg  DSC01379.jpg

     シカの食害は、色々な木々に及んでいますが、キハダ・ニシキギ科の仲間の
                    被害も多いです。  

  DSC01381.jpg  DSC01368.jpg

 時間があったので、2階にもお邪魔してみました。 天気のいい日はとっても暖かい・・
   「その壁を触って見て下さい」 と職員さんが言われたので、壁を触ると・・・
    「うおっ!」 熱い位です。 この熱が廻って建物を温めているようです。

  DSC01378.jpg  DSC01383.jpg
     骨のモビール                       2F

             ガラス張りで、とても気持ちがいいです。 
      2階には、富士山世界遺産の構成資産などの写真が展示していました。
  広い部屋もありますので、講演を聞いたり、ワークショップなども出来るのですね。

 3月9日「富士山麓の鹿皮と竹で太鼓作り」 3月15日「南陵の森の草木で春を染める」
 3月22日「ギャラリートーク」&「富士山麓の鹿皮で見にポーチ作り」が行われる
     ようです。 22日のワークショップはまだ間に合いそうですね。 

  DSC01384.jpg  DSC01386.jpg
     100円でコーヒーコーナー                    世界遺産構成資産

      その後、「シカさんいるかな?・・・」 と西臼塚へ向かい
  ますが・・・ 「いないね!」 引き返し、富士山夢ロードの道を行くと・・・
   3ケ所で1頭ずつ。 さらに家へ向かいながら新しい道を下って行くと・・・
  「いるわいるわ!」 いきなり5頭・3頭・4頭、更に1頭づつが2か所で。
 みんなメスシカばかりです。 目についただけでこれだけいるのですから・・・・・
             なかなか深刻ですね。

  DSC01387.jpg  DSC01390.jpg
                                 すぐ右にも2頭


観察会の下見 ”ショウジョウバカマ”

     本日 (13日) は、観察会でショウジョウバカマを訪ねる予定でした。
良い天候の続く中、狙ったように 「この日だけ!」 荒れた天候となってしまいました。
              残念ですが・・・仕方ありません。

            それに先駆け、3人で下見をして来ました。
 近くでは、小さな子どもたちのイベントが行われるらしく、未就学の子らの可愛い
              姿に目を細めて山に分け入ります。
        コースも色々あるようで、先達のIさんの後に続きます。
        里山は緑にあふれ、春の訪れが心地よく感じられました。

  DSC01256.jpg  DSC01255.jpg
        タンポポ                          フキノトウ

      少し山道を楽しみながらショウジョウバカマの場所へ向かいます。
  数年前より少しお花が遅れているのか、何種類か見られたスミレも見当たりません。
    樹木を楽しみながら高台に出ると、富士山がくっきりと見えて来ました。

  DSC01274.jpg  DSC01275.jpg
       クスノキ                        富士山

  さて、いよいよショウジョウバカマですが・・・・・ 少し遠目から目を凝らしますが、
        紫ピンクの色は目に入りません。 早すぎたのかなあ?・・・
それでも近づいて、ロープ越しに中を覗き込むと、ありました! でもまだまだ蕾ばかり・・・
丁寧に見て行くと・・・・・数株咲いていて、あと数日で開花するだろうお花がいくつも
    見つかりました。 暖かい日が続いてくれると、開花も一気に進む筈!

  DSC01289.jpg  DSC01296.jpg
             シ  ョ  ウ  ジ  ョ  ウ  バ  カ  マ

    咲き始めているのは、ロープの外にはみ出した子ばかりなので、目の前で撮る事が
  出来ました。 道端にはみ出しているので、気をつけて・・・踏まないように・・・・・

  DSC01310.jpg  DSC01311.jpg

    これから暫くは、新鮮なショウジョウバカマを楽しむ事が出来そうです。
   数年前に見たような一面のショウジョウバカマにまた出会いたいものです。

  DSC01289.jpg  DSC01292_201403131548077a4.jpg
               シ  ョ  ウ  ジ  ョ  ウ  バ  カ  マ

 タチツボスミレ以外では、ヒナスミレを見る事が出来ました。 ヒナスミレと言えば
  可愛いピンクがトレードマークなのですが、ここでは白っぽいタイプのお花が
  咲いていました。 葉っぱがたくさんありましたので、この後楽しみです。

  DSC01308.jpg  DSC01307.jpg
                   ヒ  ナ  ス  ミ  レ

  春早いセントウソウも小さな白い花を付けていました。 やはりこれも早咲きの子で
 賑わうのはもうしばらく先の事になります。 アリドウシもまだ赤い実を付けていました。
            カクレミノの幼木も多いようです。

  DSC01323.jpg    DSC01278.jpg  
             セントウソウ                      シキミ

         倒木にはカワラタケやヒラタケの仲間のようなキノコも見られました。 
                        
  DSC01331.jpg  DSC01322.jpg
        ?                        イワタカンアオイ?

  山道を辿った後、平沢観音へ向かいました。 100段程の階段を登り、ゆっくりと
   下りて来ます。 道々には、梅や早咲きの桜・ギンヨウアカシアなどが見られ、
            春の足音が大きくなって来ました。       

  DSC01343.jpg  DSC01335.jpg  
            平沢観音                         ウメ

 

春のお花も少しづつ・・・

  9日、浮島からの帰り道・・・ ちょっと寄り道をしてお花の様子を見て来ました。
先日、高知県でトサコバイモに初めて出会えました。 カイコバイモはどうかな~?
    う~ん、残念! 5株ほど見つけましたが、まだ蕾ばかりでした。
             
  DSC00982.jpg  DSC00986_20140312223337a5f.jpg
              カ  イ  コ  バ  イ  モ  の  蕾

   昨年開花したカイコバイモと先日高知県で出会ったトサコバイモが再登場です。
      コバイモには地域の名前を頭に冠したものが色々あるようです。
 まだホソバナコバイモ・トクシマコバイモ・コシノコバイモには出会っていません。
               その内、逢えるといいなあ~・・・・・

  DSC06251.jpg  DSC00733.jpg
   昨年のカイコバイモ                     トサコバイモ

    近くでは殆どまだ蕾なのですが、シュンランも開花を始めていました。

  DSC00998.jpg  DSC00997_20140312223336b7c.jpg
               シ  ュ  ン  ラ  ン

  カタクリはやっと葉っぱが出て来ました。 4月に入れば見られるようになるでしょうか?
       少し移動して、アズマイチゲも覗いてみる事にしましょう。
 う~ん、まだ出ていないなあ・・・ と思ったら、数本蕾を付けた子がいました。
            もうそろそろ開花している事でしょう。

  DSC00984.jpg  DSC01007.jpg
     カタクリの葉                     アズマイチゲ

     足元にはまだ小さなオドリコソウの葉っぱが出ていました。 お花が付くには
                   まだ暫く掛かりそうですね。
  
           DSC01002.jpg
                        オドリコソウ
 

セリバオウレン

          もうそろそろセリバオウレンが咲いているかも知れない・・・・・
        ワクワクしながら旧富士川町へ向かいました。 と・・・ すっ、凄い!
 山の木は、先日の重い雪のせいでしょうか? 道端の低木も、そこそこ大きなヒノキも、
 枝が折れ、道を塞いだり、散策路の道も崩れて通行止めのロープが張られていました。
       でもどうにかお花は見られそうなので木漏れ日の中を進みます。 

  DSC00901.jpg  DSC00909_201403122149509c9.jpg
          荒れた林                        ハナミョウガ

               どうかな~?・・・   
  「 アッ、咲いてる咲いてる! 」 白く広がる様子は、まるで線香花火のようです。

  DSC00921_20140312214857179.jpg  DSC00939.jpg
              セ  リ  バ  オ  ウ  レ  ン (雄花)

      間伸びもせず、殆どが咲き揃い、丁度いい時期に出会えたようです。

  DSC00936_20140312214856435.jpg  DSC00925_20140312214857d65.jpg
                                      雄蕊・雌蕊

  可愛いねえ~、アッチにもコッチにも・・・  移動しながら4ケ所程に群生している
               お花に次々と挨拶して行きます。 
           何だか踏まれてしまいそうな子もいます。 

  DSC01024_201403122200537ac.jpg  DSC01025.jpg

             赤い実が付いたアオキも見られました。
           少し高い所からの景色はなかなかのものでした。

  DSC00949.jpg  DSC00950.jpg
           アオキ                           富士山

   富士山の裾野は広いですね! 雪を被った毛無山の峰々も呼んでいるようです。 

    DSC00954.jpg


              

浮島ケ原自然公園

  温かな陽だまりが心地いい 「浮島公園」 にも春が感じられるようになりました。
                (8日と9日の画像です。)
 田舎から帰ってみると、またまた雪が降ったようで、富士山も愛鷹の峰も朝霧方面も
      山は真っ白に染められていました。 (大分融けましたが・・・)
 浮島で一押しの ”サワトラノオ” もまとまった苗がグングン大きくなっています。
 
  DSC00852.jpg  DSC00873.jpg
          愛鷹の山並                     サワトラノオ

   管理棟前に目を写すと、ついこの間まで枯葉色だったヨシを刈った後には
    軟らかな緑が広がり始めました。 春のお花 ”ノウルシ” です。
園内あちらでもこちらでも目につくようになりました。 木道から覗きこむとお花が
黄色くなってきました。 でもこれらは気の早い子で、この後、一面黄色の絨毯になる筈です。

  DSC00882_20140310110727317.jpg  DSC00881.jpg
                   ノ  ウ  ル シ

         まだ軟らかそうな赤い茎を持ったノウルシも見られます。

  DSC00885.jpg  DSC00871.jpg
                   ノ  ウ  ル  シ

 こちらにも気の早い子がいましたよ。 いつも一番早くに咲く場所だと見に行った
先には、2輪のつやのあるお花が咲いていました。 蕾も持っていますので、これから
            次々と開花が始まりますね。 

  DSC00862.jpg  DSC00869.jpg
                ヒ  キ  ノ  カ  サ

  秋に咲くお花なのに、こんなに早くから葉っぱを出しているのは、ミゾソバかな?
      管理棟脇の水場がお気に入りなのは、 ジョウビタキ君です。
           度々この看板の上で羽根を休めています。
  
  DSC00867.jpg  DSC00979_201403101118205ea.jpg
          ミゾソバ                ジョウビタキ

          ミツガシワはどうかな? お~、葉っぱが出ています。
カメラを持って出直してみると・・・葉っぱの前には蕾の茎もシャキン!と立ちあがっています。
   ヨカッタヨカッタ! まだ出ていないかな~? おっ、葉っぱが・・・

     DSC00975.jpg    DSC00970_20140310111723619.jpg
               ミ  ツ  ガ  シ  ワ

 でも待てよ、葉っぱが3枚になっていないよ。 少し痛んでいる葉もあるけど・・・
   これって、もしかして・・・ ”ミズバショウ?” だと嬉しいんだけど・・・

        DSC00973.jpg
               ミ  ズ  バ  シ  ョ  ウ  ?  ?

    管理棟では今日もクラフトを楽しむグループや、親子の姿がありました。
お父さまと、小学生の女の子二人の作品です。とっても素敵で・・・
                         写真を撮らせて戴きました。
  DSC00961.jpg   DSC00962.jpg   DSC00964_20140310115401425.jpg
              親 子 で の 作 品 で す !

      帰りはいつものように、ちょっと車を止めて自然観察です。 
    春の七草、ホトケノザ・・・の ”コオニタビラコ” も花を咲かせています。
       可愛いキュウリグサも小さなブルーの花が咲き始めました。

  DSC00891_20140310112246cd1.jpg  DSC00889_201403101122461a0.jpg
        コオニタビラコ                 キュウリグサ

          沼川沿いの早咲きの桜は早くも葉っぱが出始めていました。
                 見頃はあと少しですね!

  DSC00896_20140310112245a08.jpg  DSC00900.jpg
          沼  川  沿  い  の  カ  ン  ザ  ク  ラ  ?

 

高知城 & 牧野植物園 (高知市)

         田舎からの帰りは寄り道が常となってしまいました。 
 今回は、私からの要望でお花は少ないけれど、まだ訪ねた事の無い 「牧野植物園」
   に寄って貰います。 その前に相方の希望で、高知城へも足を運びます。
高知城は、小学6年生の修学旅行以来の事でした。 桂浜・龍河洞が記憶にあります。
 お城への途中で見られるセンダンの大木にビックリ! ナント、目通り5m以上! 
       そう言えば、今回はセンダンの実を多く見た気がします。 

  DSC00307.jpg  DSC00314.jpg
          城と追手門                 センダン
 
    立派な石垣ですが、順次修理中のようでした。 大変な作業ですね。
 途中からボランティアの案内の方に説明を受けます。 色々教えて下さいました。
     時間がある時は色々なお話が聞けて、とても有り難いですね。
 
  DSC00350.jpg  DSC00339_20140310003923713.jpg

   *********************************

相方の満足いくまでお城見学をした後は、五台山にある 「牧野植物園」 へ向かいます。
  入口への道を辿りますが、右も左もたくさんの名盤。名前も知らなかった植物、
聞いた事はあるものの初めて目にする木々・・・ 寒さの中でひっそりと花をつけて
  いる植物・・・それらに目をやっていると 入口への道はなかなか遠い。 
今回逢いたかった 「シコクバイカオウレン」 や 「シコクフクジュソウ」 にも出会えました。
牧野植物園のロゴマークは、このバイカオウレンの葉をデザインしたものだそうです。

  DSC00416.jpg  DSC00801.jpg
        シコクバイカオウレン              シコクフクジュソウ

 咲き始めていたのはムサシアブミでしょうか? 園内ではまだツンツンと棒状に出ている
                   だけでしたが。 

  DSC00408.jpg  DSC00430_201403100046214e7.jpg
       ムサシアブミ?               ジョウビタキの♀

 その名もバクチノキ(博打の木)! 樹皮が剥がれるのを、博打に負けて身ぐるみ
    はがれるのに例えられたとか。  面白い木があるものですね。
  実を見たのは初めてです。 葉っぱにはしっかりと蜜腺もありました。
葉っぱからばくち水を作り咳止め薬、樹皮からは黄色の染料が採れるのだそうです。

  DSC00435_20140310004621460.jpg  DSC00490.jpg
        バクチノキ               モクレイシ

    わ~、やっと入口に着きました。 この調子だと帰りはいつになるやら??

    マンサクの仲間やサンシュユなどのお花も見られました。 いよいよ春です!
        まだまだまだ・・・ホントに色々な木々があるものですね。

  DSC00480.jpg  DSC00488_20140310004729b84.jpg
        ニシキマンサク                  サンシュユ

  春は黄色いお花が多いですね。 トサミズキなども大好きな春の花です。

  DSC00510.jpg  DSC00610.jpg
           トサミズキ                  ヒュウガミズキ

    ヤブサンザシ、何かに似てる・・・ そうそう、樹木に着生するヤシャビシャク!
       どちらも地味ですが、とても好感が持てて好きなお花です。

  DSC00487.jpg  DSC00539_20140310005700acc.jpg
      アテツマンサク                    ヤブサンザシ          

  DSC00474.jpg  DSC00533.jpg
             アケボノアセビ               ウチワノキ

  ここでも見られました。 ユキワリイチゲです! せっかくたくさんあるのに
閉じてるお花ばかり・・・ いつごろ咲くか問うてみると、1時頃から3時位が開く事が
    多いとか・・・ どおりで! 田舎で3日とも開花が見られなかった筈!
           午前中と夜しか通過しなかったものなあ・・・

  DSC00526.jpg  DSC00762.jpg
             ユ  キ  ワ  リ  イ  チ  ゲ

  ここで最も逢いたいと思っていたお花に出会えました。 「トサコバイモ」 です。
       ほっそり美人さんでした。 出来るなら今度は自然の中で・・・・・  
       さらに欲を言えばトクシマコバイモにも会いたかったのですが・・・ 
             この子にはその内に逢えるといいなあ・・・

  DSC00733.jpg  DSC00735_201403100108317cd.jpg
               ト  サ  コ  バ  イ  モ

     入った途端眼鏡が曇って見えなくなってしまった熱帯植物園では・・・ 
華やかなランたちの乱舞が始まっていました。 余りに眩しすぎましたが、じっくりと
 楽しみ、また野の花で目を落ち着かせ、4時間近くの植物園散策を終了しました。
  
  DSC00631_20140310032747a29.jpg  DSC00630_201403100327482c6.jpg

  DSC00686.jpg  DSC00641_20140310032747419.jpg

  DSC00682.jpg  DSC00681_201403100329197da.jpg

  DSC00678.jpg  DSC00713.jpg
                                       ヒスイカズラ

  DSC00657_20140310032746491.jpg  DSC00691.jpg

        お花の少ない時期にこれだけ時間がかかるなら・・・

       シーズン中は一体何時間を予定すればいいんだろう?・・・



うだつの町でのイベント

  うだつの町で草月流の花展が行われていると言うので、ちょっと寄ってみました。
毎年、假屋崎省吾さんの生け花展 (←ここをクリック) のあとに開催されて、もう8年に
なるそうです。 田舎へ行った時に時間があれば青春時代を過ごした懐かしいこの地を
                  ふらりと歩くのも楽しみです。

 駐車場から、会場となる 「吉田邸」 へ向かうのですが、日当たりのよい斜面では春の
            野の花が太陽の陽をいっぱい受けていました。
シロバナタンポポとカンサイタンポポが競い合って咲いていましたが・・シロバナに軍配アリ!     

  DSC00149_20140309002556e01.jpg  DSC00150.jpg
        シロバナタンポポ               カンサイタンポポ

 夜空の星を散りばめたようなブルーのオオイヌノフグリですが、その隣では毛深い
              フラサバソウも集団生活中です。

  DSC00168.jpg  DSC00167.jpg
     オオイヌノフグリ                    フラサバソウ

          暖かさにつられてテントウムシも這い出してきました。
       小さな小川が流れ、みどりがいっぱいの長閑な田舎のひとコマです。

  DSC00157.jpg  DSC00146.jpg
           テントウムシ                 小さな流れ

       おっと、思わぬ時間を過ごしてしまいました。 会場へ向かいます。
       竹のトンネルを潜ると・・・・・ 2階にうだつがあがっています。 

  DSC00171_201403090048435ca.jpg  DSC00263.jpg
      竹のトンネル              2階の出っ張りが ”うだつ”

  家の軒先にも竹かごにお花が生けられていました。 和服姿がとても似合う街並みです。
      ゆっくり散策も気持ちが良さそうです。 今日は花展だけで・・・・・

  DSC00265.jpg  DSC00261_20140309004842e06.jpg

  通り沿いからもその雰囲気を楽しむ事が出来ます。 さて、中も見せて頂きましょう。

  DSC00177.jpg  DSC00173.jpg

           ヒノキとユリの花の香りが鼻をくすぐります。 

  DSC00181.jpg  DSC00183.jpg

  「25部屋みんな使って生けています」 と教えてくれた通り、次の間もその次も・・
             色々な作品が待っていてくれました。
        毬と生け花の部屋は、光と影のバランスが素敵でした。

  DSC00199.jpg  DSC00191.jpg

             これも、これも・・・ いいですねえ~・・・ 

  DSC00220.jpg  DSC00223.jpg

  何だか 「茅の輪くぐり」 のような雰囲気です。 他に通路があるのかな?
      ないなあ・・・ 「えいっ」 と輪っかを潜り抜けました。

  DSC00217.jpg  DSC00211.jpg

  DSC00208.jpg  DSC00259_20140309011241afa.jpg

       古く太い大きな梁と現代の生け花が不思議とマッチしています。

  DSC00240_20140309011243ea2.jpg  DSC00247.jpg

  DSC00253.jpg  DSC00230_20140309011244396.jpg

        各部屋の欄間の彫り物がみんな違ってとってもいい感じです。

  DSC00186.jpg  DSC00241.jpg

  DSC00207.jpg  DSC00231.jpg

       ここでは年間を通して色々なイベント催されているようです。
               観光バスも入っていました。

              田舎のお話がもう少し続きます・・・


故郷での春の兆し

      早いもので父と別れてからもう1年が経とうとしています。
 いつも座っている場所に置いてあるメガネ・筆記用具・ハサミ・・・それらを
目にすると、未だにひょっこりと笑顔で迎えてくれる父がいる。 そんな気がします。

 今年は雪が多かったようですが、3月に入り田舎の道端にも春の兆しが見えていました。 
 日本一の清流 「穴吹川」 に注ぐ小さな流れです。 クニャクニャと曲がった変成岩
や青石が綺麗な川です。 冷たい水ですが、昔はこれをせき止めてプールにしていました。
 
  DSC00099_201403052318290be.jpg  DSC00104.jpg
       小さな流れ                    コチョウショウジョウバカマ

  まだ少し早いかな?・・・と思っていたお花もたった1株ですが、咲いていました。
   昨年までは 「シロバナショウジョウバカマ」 と呼ばれていたのですが、今は 
「コチョウショウジョウバカマ」 となったようです。 紫色をした雄しべが気に入っています。
      5月に出掛けた時にもお花が見られたので、花期は長いようです。

  DSC00112_201403052318271a9.jpg  DSC00110.jpg
          コ チ ョ ウ シ ョ ウ ジ ョ ウ バ カ マ

 今回もう1つ楽しみなお花がありました。 西日本で見られる 「ユキワリイチゲ」 です。
  少し紫色を帯びたお花はなかなか可愛いのですが・・・ 「あれ~、咲いていない」
3日間出掛ける度に車を止めて覗いたのですが・・・残念! 皆うつむいたままの姿です。
    
  DSC00136_20140305233508355.jpg  DSC00142_20140305233636114.jpg
            ユ  キ  ワ  リ  イ  チ  ゲ

  いつも通る道沿いでは、チャルメルソウも2種類見られるのですが、今回は1ケ所
だけ車を止めて観察しました。 葉っぱの様子やお花からシコクチャルメルソウのような
            気がしますが、断言できないのが悲しい・・・

  DSC00291.jpg  DSC00292_2014030523363359e.jpg
            シ コ ク チ ャ ル メ ル ソ ウ ?

      湿気の多い地域ですので、シダや苔も多く、ヤマアイも見られます。

  DSC00287.jpg  DSC00286_201403052336331d3.jpg
        ヤマアイ                  閑定の滝(カンジョウノタキ)

    フキノトウ・タチツボスミレを目にすると、 「春が来たんだな~・・・」
                と嬉しくなってしまいます。

  DSC00117_20140305231938c90.jpg  DSC00113_20140305231826bc0.jpg
         フキノトウ               タチツボスミレ

  大急ぎで生家跡へ向かいます。 この時期、お宮さんのイチョウの葉っぱは落ちて
   四方に枝を伸ばした姿が見られます。 シュロや数種の木も着生しています。
  幼い頃に大きな木だ・・・と思っていました。 今見てもやっぱり大きな木です。

  DSC00119_201403052319367ca.jpg  DSC00118_201403052319373f3.jpg
              イ チ ョ ウ の 木

  山間の梅はやっと咲き始めたばかりでした。 昨年も梅ジュースや梅ジャム、
      ちょっと失敗したカリカリ梅の元になった木々たちです。
  
  DSC00126_20140305233511c8a.jpg  DSC00127_201403052335104bc.jpg
                梅   の   花

  あと1月余りで咲き始める 「垂れ桜」 は、父が色々な木と共に植えたものです。
      十数年経ち、なかなか見事な花を付けるようになったようです。

  DSC00123_20140305231935a0d.jpg  DSC00134.jpg
        ロウバイの花と実                 枝垂れ桜

           姉たちからお花だよりが聞かれるのが楽しみです。 





エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる