富士山麓周辺で出会ったお花 その1

            朝霧方面に用事があり、相方と出発です!
  自分で運転するので、「あっ、ちょっと待ってて!」 と度々寄り道が続きます。
一昨年ホンの2~3輪見つけた帰化種ですが・・・ちょっとお気に入りのヤワゲフウロに挨拶。
         「うわ~、凄い!  随分増えたのね・・・・・」

  DSC05961.jpg  DSC05963.jpg
            ヤ   ワ   ゲ   フ   ウ   ロ

    近くの神社の境内でも、色々な野草が目につきます。 自然が豊かです。  

  DSC06002.jpg  DSC05975.jpg
    マルバスミレ             スルガテンナンショウ&ニリンソウ

  ニリンソウを中心に、カントウミヤマカタバミやエンレイソウ、セントウソウ・
            ネコノメソウの仲間などが楽しめます。

  DSC05974.jpg  DSC05971.jpg
             エンレイソウ                      ニリンソウ

  マルバスミレ・エイザンスミレ・ナガバノスミレサイシン・・・・・ちょっとした場所の
   違いで、終わってしまっていたり、また再会したり・・・と季節が行ったり来たりの
                 野山でのお花の楽しみ方です。
     
  DSC06007.jpg  DSC06011.jpg
      チゴユリ                   ナガバノスミレサイシン

 もう少し山へ車を走らせると、フッキソウ・ニリンソウ・エンレイソウ・ヤマエンゴサクも
                  咲いていました。

  DSC06035.jpg  DSC06037.jpg
              フッキソウ                     ヤマエンゴサク

           さらには、ミヤマキケマンやらツクバネソウも・・・・・

  DSC06042.jpg  DSC06053.jpg
     ミヤマキケマン                   ツクバネソウ

            呆れられない内に、用事を済ませる事にします。

      殆ど歩かないで色々なお花が見られるこの季節・・・いいものですね!


鎮守の森を訪ねて

          仲間5人で伊豆方面の鎮守の森を訪ねました。
       まずは、熱海へ向かいます。 着いた所は来宮神社でした。 
   
  DSC05784.jpg  DSC05796.jpg
               来宮神社                     マルバウツギ

     神社裏へ回ると大きな楠の木がどっしりとこの地を守っていました。
 その肌にはたくさんの筋が入り、その年月の長い流れに、今なお力強い生命力を
       感じました。 全国で2番目の巨木だそうです。
 昭和8年に国の天然記念物として指定を受けていると言う日本最樹齢の大楠です。

  H12年5月の時点で  樹齢:2千年以上  周囲:23.9m  高さ:26m以上

  DSC05786.jpg  DSC05792.jpg
              日  本  最  樹  齢  の  大  楠

     暫し大楠に力を戴いたあと、美味しいシイタケうどんでお腹を満たし、
              次の地へ向かいます。 さて・・・・・

ここへ着いて階段を登った後、目の前に広がる景色に私はすっかり嵌ってしまいました。
 華やかさも、特別人の目を引く建物も無く、広い境内と右手に小さな建物、前には古い
  階段が見えるだけなのですが、心地よい空間にストンと下りたような感じでした。

    ここの本殿には、右に八幡宮、左に来宮が祭られているのだそうです。

  DSC05802.jpg  DSC05800.jpg
            八  幡  宮  来  宮  神  社

  静かな森の奥には、リュウビンタイと呼ばれる大きなシダの仲間が葉を広げています。
          熱帯のジャングルにあるような大きなシダです。

     DSC05813.jpg   DSC05825.jpg
        リ  ュ  ウ  ビ  ン  タ  イ  と  葉  の  裏

  ここのホウチャクソウは花付きがよく、2~3個下がっている姿が多く見られます。
            サンショウソウに似た植物は何でしょう?

  DSC05810.jpg  DSC05832.jpg
          ホウチャクソウ                           ?

         古い石段も神社奥の鬱蒼とした森も何もかも心地よいのです。
                         
  DSC05808.jpg  DSC05828.jpg

           ゆったりと散策した後、城ケ崎へ向かいました。
   大きなヤマモモや石喰いモチの木 を観察した後、遊歩道を進みます。

  DSC05841.jpg  DSC05839.jpg
              ヤ マ モ モ                   カラタネオガタマ

  DSC05842.jpg  DSC05844_20140430121731455.jpg
     ソテツの実                   蓮 着 寺

      シロバナハンショウヅルやタツナミソウの仲間が見られます。      

  DSC05887.jpg  DSC05866.jpg
       シロバナハンショウヅル                    タツナミソウの仲間

  DSC05878.jpg  DSC05893.jpg
    ハマボッス                   マルバシャリンバイ

  2月とはやはり様子が違いますね。 イワタイゲキが岩の上でよく咲いていました。
  浮島に咲くノウルシの仲間です。 実も付いていましたが、ノウルシと同じように
             表面にはトゲトゲが見られました。       

  DSC05867.jpg  DSC05862.jpg
             イ   ワ   タ   イ   ゲ   キ

       マルバアキグミは、葉と花が奥ゆかしくなかなか素敵です。

  DSC05912.jpg  DSC05895.jpg
   イワタイゲキと海                    マルバアキグミ

   溶岩の岩の上で、お花を楽しみながらゆったりと春の海を楽しみました。
         こんな時間はホントいいものですね。 

  DSC05932.jpg  DSC05950.jpg
            仲良く並んで・・・                   フウトウカズラ


富士山周辺で山歩き

        富士山周辺の山を、お花を楽しみながら歩いて来ました。
    里では終わってしまったミツバツツジもこの辺りではまだ見られます。
        それに混じって、アシタカツツジも咲き始めていました。
 
  DSC05456.jpg  DSC05461.jpg
          アシタカツツジ                     ミツバツツジ

          日射しもありますので、カタバミもよく咲いています。
  フジザクラ(マメザクラ)も花付きがよく、空の青と雲を従え、咲き誇っていました。

  DSC05454.jpg  DSC05466.jpg
    カントウミヤマカタバミ                  フジザクラ

  キクザキイチゲも良く咲いて来ました。 ユキザサはまだまだ・・・これからですね。       

  DSC05519.jpg  DSC05471.jpg
            キクザキイチゲ                     ユキザサ

      この周辺では、早くにはナガバノスミレサイシンが多く見られます。
 里ではとっくに終わってしまっていますが、少し標高があがるここでは今が見頃です。
       スッキリとした雰囲気のシコクスミレも咲き始めました。 

  DSC05495.jpg  DSC05500.jpg
    ナガバノスミレサイシン                     シコクスミレ

  そしてこれらが一緒に咲く所では・・・少し葉っぱの長い、花はシコクスミレ似の
            ナガバノシコクスミレが咲くようです。
     葉っぱを見ると、シコクスミレを少し伸ばしたような感じがします。

  DSC05623.jpg  DSC05571.jpg
             ナ ガ バ ノ シ コ ク ス ミ レ と 葉

  お馴染のタチツボスミレも咲いていました。 エイザンスミレはとてもいい色の
               美人さんが多く見られます。

  DSC05553.jpg  DSC05549.jpg
     タチツボスミレ                   エイザンスミレ

  スミレの中が白く抜けて無く、むしろ濃い色をしたのはミョウジンスミレだそうです。
 フモトスミレはこの辺で多く見られます。 白い斑の入ったタイプも多く見られますが、
              まだ咲き始めたばかりのようです。

  DSC05662_20140427014541e65.jpg  DSC05654.jpg
            ミョウジンスミレ                    フモトスミレ

         フモトスミレと共に多く見られるのがトウカイスミレです。
          葉っぱの鋸歯が特徴的で、ちょっと葉が薄く感じます。

  DSC05560.jpg  DSC05534.jpg
  トウカイスミレ&キクザキイチゲ                 トウカイスミレ

       フデリンドウも見られましたが、まだちょっと早かったのか?・・・
               みんな蕾のままでした。
 
            ミヤマシキミもお花が咲き始めたようです。 

  DSC05600_20140427015156e67.jpg  DSC05664.jpg
              フデリンドウ                      ミヤマシキミ
  
         ノンビリ山道を歩きながら、春を楽しんだ一日でした。


  

富士山麓のお花たち

   昨年訪ねて、もうそろそろかな?・・・と思いつつもそのままになっていました。
            出掛けたついでにちょっと寄ってみると・・・・・

 いい感じではありませんか!   エイザンスミレやヒナスミレは終わっていた
            ようですが、今はアケボノスミレの最盛期でした。
 私の腕では、あの優しいピンクが捉えられませんが、目でしっかりと確認しました。
          ほんっと、とっても優しい顔つきをしています。

  DSC05707.jpg  DSC05722_20140425091934a55.jpg
               ア  ケ  ボ  ノ  ス  ミ  レ

       白い色をしたマルバスミレも丁度いい時期だったようです。

  DSC05740_20140425092933939.jpg  DSC05744.jpg
                マ  ル  バ  ス  ミ  レ

 アカネスミレの濃い紫は、グッと目を引くスミレです。 少し薄い色のものもありました。

  DSC05690.jpg  DSC05679.jpg
                ア  カ  ネ  ス  ミ  レ

  定番のタチツボスミレもこの周辺のお花は色が濃く、美人さんが多いようです。

  DSC05675.jpg  DSC05677.jpg
               タ  チ  ツ  ボ  ス  ミ  レ 

    ツボスミレのようですが、お花が白ではなくピンク色をしています。
   
  DSC05734.jpg  DSC05731.jpg
               ツ  ボ  ス  ミ  レ  ?

  今年は初のチゴユリですが。 中には3つに枝別れをして沢山の花を付けている子も
     いました。 私はひとつ可愛く咲いているのが好みなのですが・・・・・
 
  DSC05757.jpg  DSC05683.jpg
                チ   ゴ   ユ   リ

       イカリソウの花は、どうすればこんな形になるのでしょうね?
         どういう目的でこういう形をしているのでしょう? 
           とにもかくにも・・・可愛いお花です。 

  DSC05694.jpg  DSC05693.jpg
               イ   カ   リ   ソ   ウ

                ホウチャクソウも咲き始めました。

  DSC05737_20140425100301af8.jpg  DSC05749.jpg
    ホウチャクソウ                  ナツトウダイ  

         次々とお花が目覚め、面会に行くのがなかなか・・・大変です 


   

カラスノエンドウのアルビノ??

  余り足を運ぶ事の無い地でも・・・たま~に歩くと発見があるものですね!  
ムラサキサギゴケの広がる草原を歩いていたら・・・ あっ、白い子み~っけ!」
   サギゴケが白い花を咲かせていました。 「おっ、ここにも・・・」 結構ありますね!

  DSC05413.jpg  DSC05412.jpg
              サギゴケ                   サギゴケとアメリカフウロ

 「えっ、あの白い花は何かな?」 近寄って見ると・・・ 「カラスノエンドウだ~!」 

        アルビノでいいのでしょうか?  「うわっ、やった~」

  DSC05418.jpg  DSC05415.jpg
                  カラスノエンドウ(白花)

          すぐ隣には普通のカラスノエンドウも咲いています。
               カスマグサも見られますよ。

  DSC05419.jpg  DSC05421.jpg
           カラスノエンドウ(赤と白)                 カスマグサ

    ケキツネノボタン、少し時期が遅かったけどたくさん咲いていました。
         マメグンバイナズナも可愛い実を付けていました。

  DSC05381.jpg  DSC05390.jpg
      ケキツネノボタン                  マメグンバイナズナ

    ニシキギも見られ・・・・・ 少し季節を変えて訪ねても面白い場所です。      

  DSC05385_20140423023225a93.jpg  DSC05387.jpg
            ニシキギ                         ?


                   こういう寄り道もいいねえ~・・・


  

ウィークデー観察会

 22日、観察会当日は雨が心配されましたが・・・どうにか出掛けられそうです。
             11名で伊豆方面へ向かいました。
    駐車場から出発します。 ミヤマキケマンがだいぶ咲いて来ました。

  DSC05304.jpg  DSC05309.jpg
        ここから登ります                       ミヤマキケマン

           相変わらずニオイタチツボスミレが元気です。
     オオバヤシャブシが雌花・雄花をつけています。 じっくりと観察します。 

  DSC05310.jpg  DSC05312.jpg
    ニオイタチツボスミレ                     オオバヤシャブシ

  メギやスノキの蕾も膨らんで来ています。 メギのトゲトゲが痛そうです。 

  DSC05314.jpg  DSC05322.jpg
              メ  ギ                         スノキ

   小さな小さなコケリンドウを見つけてくれました。 コケリンドウは芝生がお気に入り
      なのでしょうか? 今まで見られたのは芝生の上が多かった気がします。

  DSC05326.jpg  DSC05335.jpg
     コケリンドウ                       観察地へ

   今年初めて出会ったシハイスミレ、今日も綺麗な姿を見せてくれました。
        フモトスミレとのツーショットもなかなか素敵です!

  DSC05318.jpg  DSC05351.jpg
            シハイスミレ                     シハイスミレ&フモトスミレ

カンアオイの仲間も難しいのですが、図鑑と睨めっこしていると、どうやらアマギカンアオイ
     かそれを母種とするタマノカンアオイに似ているようですが・・・・・

  DSC05336.jpg  DSC05337.jpg
                アマギカンアオイの仲間

  ヒメスミレは濃い紫の花を見せてくれます。 フイリフモトスミレも見られました。

  DSC05374.jpg  DSC05357.jpg
              ヒメスミレ                     フイリフモトスミレ

     少し雨も降り始めたので下見時と少しコースを変える事にしました。
         お花も少し変わったものが見られるかな? 
 見上げると白いコブシが咲いていました。 密集した白いお花はヤマナシでしょうか?

  DSC05359.jpg  DSC05362.jpg
      ナルコユリ                      ヤマナシの花?

       おっ、この葉は・・・・・ テイショウソウかも知れないなあ?

  DSC05340.jpg  DSC05366.jpg
             テイショウソウ?                    ナツトウダイ

      まだまだ探索したい所ですが、また少し雨も落ちて来ました。
        少し早目ですが・・・そろそろ終了時間のようです。


伊豆方面の山歩き

           観察会の下見に、伊豆方面へやって来ました。
  薄いピンクのマメザクラ(フジザクラ)が満開です。 新緑の淡い緑とのコントラストが
   素晴らしいのですが、その様子をカメラで捉えるのはなかなか難しいようです。

  DSC04999.jpg  DSC05000.jpg

マメザクラと同様多いのは、アセビです。こちらの山へ登るにはアセビ・マメザクラトンネル
 を潜って行く事になります。 少しピンクを帯びたものもあり、提灯姿が可愛いです。

   マメザクラもビッシリとお花が付いているので
            とても可愛く、小さい花ながら存在感があります。

  DSC05017.jpg  DSC05018.jpg
                     ア   セ   ビ

  足元では、ナガバノスミレサイシンはじめ、タチツボスミレ・ニオイタチツボスミレが
   たくさん見られます。 カントウミヤマカタバミもササ藪の間に広がっています。

  DSC05040.jpg  DSC05045.jpg
        カントウミヤマカタバミ                    ナガバノスミレサイシン

       タチツボスミレ以上に多く咲いていたニオイタチツボスミレです。
          香りを嗅いだのですが、私の鼻にはな~んにも香って来ません。

  DSC05229.jpg  DSC05105.jpg
    ニオイタチツボスミレ                タチツボスミレ&ニオイタチツボスミレ

    トウカイスミレ・マルバスミレもホンの少しでしたが、確認されました。
   昨年初めて出会ったゲンジスミレはまだ蕾。これもホンの少しですが・・・                 

  DSC05144.jpg  DSC05137.jpg
           トウカイスミレ                     マルバスミレ

   小さいながらもスッキリと存在感のあるフモトスミレやエイザンスミレも・・・

  DSC05127.jpg  DSC05143.jpg
     フモトスミレ                    エイザンスミレ

   そして、一番嬉しい出会いは・・・・・恐らく・・・シハイスミレらしき子でした。
 昨年出会ったマキノスミレによく似ていて、何となく花弁に縁取りのようなものが感じ
               られるとても上品な子です。
            葉っぱの裏もしっかりと色づいています。

  DSC05218.jpg  DSC05219.jpg
                シ  ハ  イ  ス  ミ  レ

                ヤマルリソウにナツトウダイ・・・・・

  DSC05117.jpg  DSC05207.jpg
     ヤマルリソウ                    ナツトウダイ

   ツツジの仲間はまだまだこれからのようです。 僅かにスノキでしょうか、
     咲き始めている姿が目につきました。 ミツバツツジはまだなのでしょうか?

  DSC05214.jpg  DSC05212.jpg
           ヤシャブシ&アセビ                       スノキ?

   タニギキョウも隙間を見つけて陣地を広げています。 小さいものの花を広げ
           れば、ちゃんとキキョウの仲間なのですね!
   マムシグサの仲間は難しいのですが、アオマムシグサでいいのでしょうか?
         小さく綺麗な若草色をしたマムシグサの仲間です。

  DSC05118.jpg  DSC05104.jpg
      タニギキョウ                   アオマムシグサ?

          目を上げると、ホントに気持ちのいい風景です。
    みんな花付きがいいので山のものとは思えない位豪華なマメザクラたちです。
      風をいっぱい受ける木々たちは、なかなか厳しい枝ぶりをしています。

  DSC05091.jpg  DSC05079.jpg
              マ  メ  ザ  ク  ラ  の  咲  く  森

    林道の仲間も葉っぱを出していましたが、何リンドウになるのでしょうか?
   案内人のSさんによると、ハルリンドウもフデリンドウも咲くそうなのですが・・・

  DSC05092.jpg  DSC05119.jpg
    リンドウの仲間                    ヤシャブシ

  トビ?がゆったり飛んでいたのでカメラを向けました。 その時は気が付かなかったの
   ですが、スーパー袋のようなものを抱えて飛んでいました。 いったい何だろう?

  DSC05039.jpg  DSC05031.jpg
         何を持ってる??                     階段を登ります

      このマメザクラ、22日の観察会当日までもってくれるといいなあ~・・・

  DSC05189.jpg  DSC05185.jpg
      ミヤマキケマン                  マメザクラ今が見頃です

               できれば富士山も一緒に楽しみたいものです。



山中湖のお月さまと日の出

  お友達から、この日この辺りでお月さまが富士山に掛かる朝のパール富士が
    見られるよ、と聞いていたので、早く目が覚めたので出掛けてみました。
     「あれっ、予定より1時間近く早く富士山に入ってしまいそうです。」
 慌てて見えそうな所へ急ぎます。 でも・・・色々障害物があっていい場所へ辿り
   つけません。 仕方ない・・・・・適当な場所でシャッターを切ります。

  DSC04968.jpg  DSC04969.jpg

   少し行ったり来たりしながら上手く富士山に乗っからないか探しますが・・・・・
            左の方に見えたり・・・・・

  DSC04970.jpg  DSC04975.jpg

  今度は反対側へ向かうと、随分沈みましたが、富士山の右側下方に出たり・・・
     でも 富士山とお月さまの追っかけはなかなか面白いものでした。

            DSC04984.jpg

   そうこうしている内に、振り向けば・・・・・太陽が神々しく昇って行きます。
          湖の向こうに見える太陽を静かに眺めました。

  DSC04990.jpg

            ゆったりと、時が静かに流れていきます。

            DSC04994.jpg

 おっと! そうゆっくりもしていられません。 今日は観察会の下見があるのです。
            少し急いで自宅へ向かいます。

 (後日、そんな話をしたところ・・・私の日にちの勘違いが判明しました。

            どおりで・・・場所も時間もずれている筈です。

              またやってしまったようです・・・・・ 



森の中、入ってみれば・・・

           雑木林の中にも春のお花が見られるようになりました。
  いつも歩いている場所からふっと行き先を変えてみると、思わぬ光景に出会う
              事があるものです。 何だか嬉しいね! 

  DSC04843.jpg  DSC04844.jpg
     カシワバハグマ(ドライ)              カシワバハグマ

  うわ~、ホトトギスもたくさんですね。 みんなお花を付ければ豪華な事でしょうね!
          林の定番、シュンランもポツポツ咲いています。

  DSC04860.jpg  DSC04862.jpg
               ホトトギス                    シュンラン

                 黄色いお花はよく目立ちます。

  DSC04882.jpg  DSC04874.jpg
     ホウチャクソウ                    ヘビイチゴ

    小さな苗が多いのですが、葉っぱの真中に花を付けるハナイカダ、シオデも
        伸び始めました。 どちらも美味しい野草なのです!

  DSC04881.jpg  DSC04872.jpg
               ハナイカダ                   シオデ

 お花は既に終わってしまっていましたが・・・・・ ナガバノスミレサイシンだらけです。
  こんな光景がアッチにもコッチにも・・・ みんな咲いたら凄い事になるでしょう!

  DSC04931.jpg  DSC04910.jpg
            ナ  ガ  バ  ノ  ス  ミ  レ  サ  イ  シ  ン

   タチツボスミレも負けじと面積を広げています。 山間部のタチツボスミレは
            色の濃い子が多いような気がします。

  DSC04917.jpg  DSC04933.jpg
             タチツボスミレ                   ヨゴレネコノメソウ

       道脇にはアカネスミレが・・・ こんな所にも咲くのですね。

  DSC04943.jpg  DSC04942.jpg
     アズマイチゲ                      アカネスミレ

 持ち去られが多かったキンランなのでちょっと心配していましたが、豪華な集団は周りの
  木々や枯れ草に隠れて難を逃れています。 よかった~・・・ 今年も咲きそうです。
      1株に20個近くのお花を付ける豪華版です! それも8株・・・

          DSC04946.jpg
                      キンラン

           5月の連休には黄色いお花が見られるでしょうか?


山梨の山を歩いたら・・・

     お隣、山梨県の山を歩いて来ました。 どんなお花が見られるかな?・・・
     何処かで咲いているかもわかりませんが、県内ではまだ見た事のない
             ジュウニヒトエはまだ蕾でした。

  DSC04435.jpg  DSC04434.jpg
            ジュウニヒトエ                       ヒトリシズカ

            ヤマエンゴサク、今年はお初です。
            優しい色と、花の形が可愛いです。

  DSC04450.jpg  DSC04474.jpg
    ヨゴレネコノメソウ                 ヤマエンゴサク

    蕾が多い中で、唯一咲いていたアズマイチゲです。 中央が少しブルーを
               帯びて、なかなかいいですね!

  DSC04608.jpg  DSC04500_201404201113214fc.jpg
               アズマイチゲ                   ミヤマエンレイソウ

       岩の上でゆったりと育っているのはその名もクモノスシダ。
           一度見たら忘れられないシダの仲間です。
    ウスバサイシンはとても新鮮で、シャキッとした子が多かったです。

  DSC04722.jpg  DSC04478.jpg
      クモノスシダ                  ウスバサイシン

      花付きのいいヒメニラ。 こんな子に出会ったのは初めてです。
        1本に最高5個の花が付いているのです。 

  DSC04609.jpg  DSC04627.jpg
              ヒメニラ                         ハコネシダ

   イブキスミレは昨年初めて出会いました。 咲き残りを少し見て感動しましたが、
            今回は、咲き始めの新鮮な子に出会えました。
    そしてそして・・・・・ 毛深いエゾアオイスミレには初めての出会いでした。
       この子もとっても新鮮な子でした。 ウットリです・・・  

  DSC04429.jpg  DSC04714.jpg
      イブキスミレ                    エゾアオイスミレ

   木一面に付いているのはヒトクチタケ? 艶があって、可愛いキノコです。
            シュンランもポツポツ咲いていました。
  
  DSC04770.jpg  DSC04747.jpg
             ヒトクチタケ                       シュンラン

  
     お隣の県へお邪魔したお陰で、初めての子に出会えニコニコです・・・



早朝散策

         14日、早く目覚めたので、少し歩いてみる事にしました。
    まだ薄暗さは残りますが、きゅっと締まった空気は気持ちがいいものです。
      さほど寒くもありません。 東の空が少し赤く染まり始めます。

   林内からは賑やかなガビチョウ?の声や、優しいウグイスの声も届きます。
      時折りキジの鳴き声もあり、自然の中にいるのを感じます。

DSC04367.jpg  DSC04371.jpg
           ホオジロ♂                     マツバウンラン

 シャガやマツバウンランも咲き始めました。 この辺りが丁度桜前線のようで、
ミツバツツジと競い合うように咲き誇っていました。 その奥には富士山も・・・

  DSC04358.jpg  DSC04379.jpg
        シャガ                  ミツバツツジ・サクラ・富士山

  斜面には紫色のスミレの仲間が何種類か育っています。 葉っぱが少し違うよう
    だけど翼があるし、どちらもスミレかな? それにしても多い事・・・・・

  DSC04382.jpg  DSC04389.jpg
               ?スミレ                        スミレ

   ツボスミレやオトメスミレも見られます。 仲間は同じ斜面で増えています。
          この斜面は白いスミレ達の住処のようです。

  DSC04373.jpg  DSC04394.jpg
      ツボスミレ                    オトメスミレ

  ムラサキサギゴケかな?と思いましたが、花柄に毛があるのでヤマサギゴケで
  いいのでしょうか?  ツマヨウジに使われるクロモジも花を付けています。
      少し枝を手折ると・・・・・ う~ん、いい香りです。 

  DSC04396.jpg  DSC04398.jpg
             ヤマサギゴケ?                   クロモジ

   さらに散策を続けていると・・・・・カンアオイの葉っぱや、エビネの葉っぱも
        見つかりました。 蕾を持っているので少し咲きそうです。 

  DSC04408.jpg  DSC04409.jpg
   カンアオイの仲間                     エビネ

               ナント花付きのいいオニシバリ! 

  DSC04418.jpg  DSC04406.jpg
             オニシバリ                     カシワバハグマ

   気が付けば3時間近くも歩いていました。 そろそろ帰って朝食の支度を
                  しなければ・・・・・

  DSC04411.jpg  DSC04420.jpg  
     ツクバネソウ               ヒメオドリコソウ&菜の花&富士山

               気持ちのいい朝を あ・り・が・と・う・!


総会と浮島ケ原自然公園

 記録がすっかり遅れていますが・・・4月に入り所属の観察会の総会が行われました。
             今年で30周年になる記念の年です。
 50名ほどの参加者があり、総会のあとN先生の講話、公園内の自然観察会と続きます。

  DSC04236.jpg  DSC04237.jpg

 N先生の講話はいつも楽しみにしているのですが、今回はちゃんと伺う事が出来ず、
                とても残念です。 
 今回は「雑草の生き残り戦術」について、興味深いお話をして下さったようです。

          DSC04239.jpg

     自然観察に出掛けた後、女性陣でチョッピリ野草料理の準備です。
       ドクダミやスペシャル野草茶も用意され、皆で乾杯です。
 
  DSC04255.jpg  DSC04259.jpg
       野草茶                   野草料理&デザート

     今日の予定が終了した後、ひとり園内をゆっくり散策して来ました。
5日前にTさんと散策したのですが、ヒキノカサが随分目立って来ていてビックリしました。
            ドンドン園内の様子も変わっています。
   ミツガシワも思ったよりたくさんの花が綺麗に咲き、公園を飾ってくています。
             ドンドン増えて行って欲しいです。

  DSC04263.jpg  DSC04265.jpg
                ミ   ツ   ガ   シ   ワ

            スゲの仲間も顔を出し始めたようです。
          サワトラノオの調査地も定期的に調査がされています。

  DSC04292.jpg  DSC04335.jpg
        カサスゲ                   T大学の調査地

  いつも気になっていた公園の外から観察します。 ヒキノカサやノウルシが園外の
           溝沿いにはみ出し、可愛く咲いていました。 
  公園南東方向がノウルシで賑わっています。 見て貰う機会の少ない子たちです。

  DSC04318.jpg  DSC04314.jpg
            公  園  外  か  ら  の  風  景

  たしかツボスミレがあった筈・・・ 探しているとやっと2輪の花を見つけました。
       これから段々目につくようになるでしょうね。
  私の好きなヒメハッカも葉っぱがいっぱい出て来ました。 少し触るといい香り~・・・ 
       木道下を覗き込むと、そこにも沢山出ているではないですか!

   DSC04344.jpg    DSC04325.jpg    DSC04313.jpg
       ツボスミレ           ヒメハッカ          オヘビイチゴ 
 

      変化して行く公園・・・次はどんな様子になっているか楽しみです。 

   

野草採集とお花散策

  10日、食べられる野草を採集しながら、Mさんと二人行く先も決めず出掛けます。
出会った所で、食べる分を戴いて来ます。 この日は、ワラビ・イタドリ・セリ・クコの新芽・
          フキ・カキドウシ・ノビルなどが手に入りました。

     せっかくのお花の時期ですので、何箇所かでお花も楽しむ事にします。
    いつもは3月に終わっている筈のアカシヤがまだ咲いているのにビックリ!
     水辺の近くでは、キセキレイもスイーッと気持ちよく飛び交っています。
  
  DSC04194.jpg  DSC04192.jpg
             アカシヤの仲間                     キセキレイ

          ランヨウアオイも沢山の花を付けていました。
   シロバナハンショウヅルは、まだまだ蕾が多いのですが、咲き始めました。 
   みんなが咲き揃えば、きっと見事でしょうね。 何箇所かで見られるので
        また通り掛かった時に覗いて来ようと思います。

  DSC04203.jpg  DSC04207.jpg
    ランヨウアオイ                 シロバナハンショウヅル

   畑近くの広場では、タンポポ畑が広がっていました。 丁度見頃のようです。
  別の広場には、ケキツネノボタンが咲いていて、今は黄色の面積が広い野原です。

  DSC04195.jpg  DSC04196.jpg
              トウカイタンポポ                  ケキツネノボタン

      チョッピリ似た者同士の、ムラサキケマンとジロボウエンゴサクです。
    ジロボウエンゴサクは、畑の中にも道端にもずず~っと、広がっていました。
      風に揺れると、写真には困りますが・・・とても可愛いです。 
                
  DSC04214.jpg  DSC04217.jpg
     ムラサキケマン                    ジロボウエンゴサク

             オドリコソウも大分咲いて来ました。
          ニリンソウ畑も長く歩きながら楽しむ事が出来ます。
ここで・・・会員のTさんご夫妻とお友達にばったり!! ビックリしたり喜んだり・・・ 
  イチリンソウも咲いて来たとのお話を伺いました。 今頃はもっと目立つでしょうか・・ 

  DSC04209.jpg  DSC04212.jpg
             オドリコソウ                       ニリンソウ

   セントウソウやキュウリグサなども小さいながらちゃんと主張をしています。
                 可愛いですね!

  DSC04235.jpg  DSC04230.jpg
     セントウソウ                     キュウリグサ

   またまた移動して・・・・・ 「オドリコソウがここでも咲くみたい・・」 などと
        話していたら、帰化種のツタバウンランが見つかりました。
      市内で見るのは2回目でした。 小さな花が、なかなか可愛いのです。

  DSC04232.jpg  DSC04234.jpg
           ツタバウンラン                       ヤマブキ

    野草も手に入ったし、目も楽しめたし・・・・・ そろそろ帰宅の時間です。

             Mさん、ありがとうございました! 



  

浮島ケ原自然公園

               7日・・・もう10日も経ってしまいましたが・・・  
    台湾から帰国されていたTさんと、浮島自然公園&岩本山公園を散策しました。
                  ”富士山と花” を楽しみつつ・・・
    まずは浮島公園です。 ノウルシも最盛期を迎え、黄色い絨毯が見事です。
              その仲間のトウダイグサも顔を出しています。

  DSC04021_201404172143207ea.jpg  DSC04019.jpg
            ノウルシと愛鷹の峰                  トウダイグサ

       ノウルシとヒキノカサが競い合うように咲く様に、心が温もります。

  DSC04015.jpg  DSC04024.jpg
      オドリコソウ                  広がるノウルシ 

  貴重種のサワトラノオも蕾を持って来ました。 ヒキノカサも仲良く咲いています。
        タコノアシも小さいながら少しづつ伸びて来ています。                  

  DSC04049.jpg  DSC04014.jpg
       サワトラノオとヒキノカサ                      タコノアシ
                
  DSC04027.jpg  DSC04034.jpg
                      ヒ   キ   ノ   カ   サ

              富士山の白と黄色いお花がとてもいい感じです。

  DSC04042.jpg  DSC04036.jpg
                    富士山・ノウルシ・ヒキノカサ

         菜の花畑やチューリップを従えた富士山も素敵ですね。

  DSC04061.jpg  DSC04063.jpg
    菜の花と富士山                チューリップと富士山

   もうすぐ「ドクターイエロー」が来るよ! という情報に待っていると・・・・・
 「あっ、来た来た・・・」 シャッターを押したのですが、ピントが全く合っていません
          でした。残念!  でも見られただけで良しとします。
          黄色い新幹線確認出来るでしょうか?

  DSC04067.jpg  DSC04069.jpg
       チューリップ&ドクターイエロー&富士山        岩本山茶畑と富士山

 茶畑の広がる岩本山へ移動します。 ここは、季節毎に蝋梅・梅・桜・アジサイなどの
       花を楽しむ事が出来るこんもりした山です。
    麓の実相寺からゆっくり木々の間を楽しみながら登る事も出来、
      市民やアチコチから集まったカメラマンで賑わいます。

        レストランも一新され、新しく始まったようです。
    今は桜の季節。 富士山とのツーショットがなかなか素敵です。 

  DSC04082.jpg  DSC04081.jpg
    桜と愛鷹の峰                   桜と富士山

  この時期、ミツバツツジがよく咲いていました。 白花もあるのでしょうか?

  DSC04104.jpg  DSC04145.jpg
             ミツバツツジ白                    ミツバツツジ

  自然豊かな地ですので、ちょっと気を付ければ野の花も楽しむ事が出来るのです。
         お馴染のタチツボスミレやその仲間たちも・・・・・

  DSC04135.jpg  DSC04106.jpg
   ニオイタチツボスミレ                  オトメスミレ

  優しい色をしたイカリソウも咲き始めていました。 ヒトリシズカも沢山出ています。

  DSC04126.jpg  DSC04115.jpg
               イカリソウ                     ヒトリシズカ

  今年はアチラコチラでナベワリの群生地に出会いましたが、ここでも数えきれない
    程のナベワリ集団です!! さらにこの辺りでよく見かけるウラシマソウ。

  DSC04111.jpg  DSC04120.jpg
      ナベワリ                      ウラシマソウ

        気を付けてよ~く探すとまだまだ色々なものに出会えそうです。


春も進んで・・・4月6日のこと。

  カタクリのお花が終わり、いつの間にやら春本番といったように野の花の開花が
   進んでいます。 嬉しいのですが、スローペースの私には気ぜわしい・・・ 
            お気に入りの場所を少し歩いて来ました。

  DSC03910.jpg DSC03921.jpg
                ナベワリ                  マルバコンロンソウ

      ヒトリシズカも低い場所では、もうそろそろお終いのようでした。
      カテンソウが集団で、小さな花火のような花を咲かせています。
                
  DSC03884.jpg DSC03893.jpg
     ヒトリシズカ                    カテンソウ

  DSC03912.jpg  DSC03943.jpg
                イカリソウ                  ヤマルリソウ

       少し前までホンの数輪しか花を付けていなかったニリンソウもズンズン
              花弁(状のもの)を広げ始めました。

  DSC03958.jpg  DSC03916.jpg
  スルガテンナンショウ                   ニリンソウ

      道端の舗装道路沿いでは、お行儀よくスミレが整列しています。                

  DSC03932.jpg  DSC03959_201404160129522b6.jpg
                 スミレ                    ナツトウダイ  
  
  DSC03926.jpg  DSC03971.jpg
     ランヨウアオイ                  カンアオイの仲間

            山道沿いに車を止めて歩いてもなかなか面白い。 
 5月になると黄色い花を咲かせるジャケツイバラには昨年の、実がまだ残っていました。
  
  DSC03999.jpg  DSC03989.jpg
            ジャケツイバラの実                    ヤマブキ

 キランソウかと思ったら、タチキランソウでした。 おまけにちゃんと立ちあがってる
   ではありませんか!  こんな様子の子は初めてでした。 ヤッタネ!

  DSC03992.jpg  DSC03997.jpg
              立ち上がった・・・タチキランソウ

           その近くには、1株ずつのスミレの仲間がいました。
       う~ん、誰だろう? コスミレとオカスミレでいいのでしょうか?

  DSC04000.jpg  DSC04003_20140416015027898.jpg
                 コスミレ                    オカスミレ

              クサノオウも顔を出して来ました。
         暖かい日が続くと、ドンドン咲き進んでくるのでしょうね?
   まだ真っ白に雪を被った富士山 ・・・ 今年の富士山はとても素敵です! 

  DSC04010.jpg  DSC04012.jpg
     クサノオウ                    4月6日の富士山



                   

市内の沢を歩いてみれば・・・

  4月4日、相方のウォーキングに連れ出され、進まぬ気持ちで出掛けたのですが・・・
  途中から沢に下りて沢探索です。 出てしまえば、意気揚々と元気いっぱい!!
    ひとつ目的がありましたので、少し丁寧に目を凝らしながら進みます。 
             相方は歩きやすい林をドンドン進みます。
         僅かにタチツボスミレ・セントウソウが目に入ります。 
アマナも見られるようですが、花も蕾もありません。 花が付かないのが多いのかな~  

  DSC03437.jpg  DSC03438.jpg
           タチツボスミレ                       アマナの葉

  なかなか目的のものが見つかりませんが・・・ 目の前に現れた景色にビックリ!
       まるで樋を掛けたようなまっすぐな溶岩が沢を作っています。
        子供の握りこぶし大の石を含んだ堆積層も見られます。

  DSC03453.jpg  DSC03451.jpg

      沢に下りなければ見られない景色でした。 ここを下って行きます。
 両側に水を湛えた細い岩を通過する事になります。 沢を回避して行く事も出来そう
     ですが・・・ 「よし、行ってみよう」  まるで 「蟻の戸渡り」 です。

  DSC03457.jpg  DSC03463.jpg

  岩肌には、イワタバコも見られます。 ドライフラワーがあるので咲いた所も
      あるようです。 今までで見た標高の一番低い場所でした。

  DSC03471_20140409224608c87.jpg  DSC03441.jpg
      イワタバコ                    キブシ

 斜面にはシュンランが一株花時を迎えていました。 ユリワサビやニリンソウも少し
  見られます。 う~ん、探し物のお花は見られませんでした。  ザ~ンネン!

  DSC03485.jpg  DSC03498.jpg
                シュンラン                    ユリワサビ

  次はもう少し山際を歩く事にします。 それにしても初めての場所はワクワクして
  来ます。 「まだマムシの動きの少ない内に、歩いてみたい・・」 と思いながら
   沢を後にしました。 沢から上がると目の前にはこんなに素敵な富士山!

  DSC03497.jpg  DSC03516.jpg
     ウラシマソウ                    富士山

   相方とは離れ離れ。 重い腰を上げての歩きでしたが・・・・・良かったね~ 

オオミスミソウに逢いに・・・その2

             宿でたっぷり睡眠をとり、2日目に突入しました。
 お昼過ぎまで時間があります。 余り早くてもお花が目覚めていないだろうし・・・と
                    話しながらも、気が急きます。

 まだ会ってないお花は何かなあ?・・・ 逢いたいと思っていたコシノコバイモ・キバナノ
 アマナ・ナガハシスミレ・オクチョウジザクラ、それから前日写真を撮らなかったナニワズ・・・
                支度もそこそこに目はお花を追います。

    あっ、コシノコバイモです! 角ばった感じですが、いい顔をしています。

  DSC03059_2014040721305768e.jpg  DSC03068.jpg
                コ  シ  ノ  コ  バ  イ  モ

        まっ赤な目を引くキノコが数個。 小さいのによく目立ちます。

  DSC03063_20140407213058b9d.jpg  DSC03080.jpg
  シロキツネノサカズキモドキ?               オクチョウジザクラ

       「うわ~、凄いなあ・・・」 思わず声が出てしまいます。
  カタクリと一緒に色々なお花が見られます。 夢中になってシャッターを押します。
  出来栄えはともかく、自分の満足いくまで写真を撮った後は、お花の園でゆったりと
                  楽しみます。

  DSC03098.jpg  DSC03076.jpg
            カタクリ&オオミスミソウ                     ヒメアオキ

            右を見ても左を見ても前も後もお花ばかり。
     このままずっとここに居たい気分です。 そう言えば5年前もそうでした。 

  DSC03157.jpg  DSC03116.jpg
      ナニワズ                    カタクリ&ナガハシスミレ

   色々なお花が隣り合って咲いているので、「○○と○○」 に拘って写します。
            色々な組み合わせが見られました。

  DSC03164_201404072134089ae.jpg   DSC03175.jpg
              カタクリ&キクザキイチゲ                カタクリ&キバナノアマナ

               ほんとに可愛いね~・・・・・

  DSC03187.jpg  DSC03148_201404072154386b8.jpg
   カタクリ&ミチノクエンゴサク                    オオミスミソウ

      いくら眺めても飽きる事はありません。 花園を大いに楽しみます。

  DSC03280.jpg  DSC03273.jpg
         カ  タ  ク  リ  の  咲  く  丘          オオミスミソウ

  DSC03229.jpg  DSC03264.jpg
   カタクリ&トキワイカリソウ            カタクリ&オオミスミソウ&色違いミチノクエンゴサク

  そんな時間が永遠に続く事もなく、そろそろ帰宅を考えなければならない時間が
        近づいて来ました。 「さあ、そろそろ行くよ~」
  の声に促され、まだ名残惜しそうにお花を眺めながら、最後からついて行きます。

  DSC03315_20140407222625da6.jpg  DSC03351_20140407222624f9a.jpg
              カタクリ&オオミスミソウ                  コシノカンアオイ

  DSC03332.jpg  DSC03353.jpg
    カタクリ&オオミスミソウ                   トキワイカリソウ 

         山から下りたあとは、弥彦神社へお参りを・・・・・
     お土産屋さんで、Mさんお勧めの 「カレー豆」 を購入しました。
     行きは長野道、帰りは谷川岳近くを通り、夕方無事帰着しました。

  DSC03376.jpg  DSC03391.jpg
              弥彦神社                      高速沿線の風景


       ご一緒戴いた皆さまに感謝感謝です。 ありがとうございました! 


オオミスミソウに逢いに・・・その1

 「また行きたいなあ・・・」 と思っていたオオミスミソウの咲く山へ行って来ました。
   以前、お昼を食べるのも忘れ、山の中を放浪して以来5年振りの事でした。 
    当初3&4日を予定していたのですが、天気が崩れるので1日前倒し。
       それが功を奏し、素晴らしい山のお花を堪能出来ました。
内陸部の妙高辺りでは、まだ雪も残っていますが、日本海に出ると・・・そこは  

  DSC02701_20140404235010e3b.jpg  DSC02719.jpg
              妙高山                       オオミスミソウ

  白・ピンク・薄紫・紫・ブルー・・・色とりどりのお花をたっぷりと愛でながら
                    登って行きます。

  DSC02738.jpg  DSC02740.jpg

             朝6時に(太平洋を)出発し、お昼には日本海!
            仲間5人で「可愛いねえ、綺麗だねえ・・・」 が 
                 ついつい出てしまいます。

  DSC02743.jpg  DSC02747_2014040423505406c.jpg

              まるで宝石を散りばめたようです。 

    DSC02745_20140404235055131.jpg    DSC02750_20140404235054460.jpg    DSC02764.jpg

         少し登って行くと今度は カタクリ カタクリ カタクリ ・・・・・

  DSC02796.jpg   DSC02835.jpg
                カ   タ   ク   リ

     圧倒的にオオミスミソウとカタクリの世界ですが、他にも色々見られます。
       日本海側に咲くスミレサイシンは白花の子もいました。

  DSC02802.jpg  DSC02806.jpg
            スミレサイシン                  スミレサイシン(白花)

     キクザキイチゲは白とブルー、今回は白花が多かったようです。
           お花があると足が軽く、疲れません。

  DSC02805_20140406040723ea9.jpg  DSC02819.jpg
   キクザキイチゲ(白)               キクザキイチゲ(ブルー)

       ヤマネコノメソウもエンレイソウもとても新鮮な子たちです。

  DSC02827_201404070057434a4.jpg  DSC02858.jpg
            ヤマネコノメソウ                    エンレイソウ

    オオバクロモジやアラゲヒョウタンボクは我家の近くでは見られません。
               黄色いお花も可愛いですね!

  DSC02860.jpg  DSC02873_20140407005741292.jpg
     オオバクロモジ                  アラゲヒョウタンボク

      ショウジョウバカマも咲き始めた子が多くとても綺麗です。
  「葉っぱの先から根を下ろして増えて行く」と話には聞いていたのですが、
        ここで初めてその様子を目にする事が出来ました。

  DSC02905.jpg  DSC02908.jpg
    ショウジョウバカマ           ショウジョウバカマの増え方み~っけ!

    キクバオウレンは少し花期を過ぎていましたが、待っていてくれました。
 色々なお花に気を取られている内に、角田山に到着しました。 やった~ 

  DSC02853.jpg  DSC02917.jpg
              キクバオウレン                   角田山頂

  ひと休みした後は、灯台コースを帰ります。 日本海へダイブしそうな迫力ある
   コースです。 ケキブシはまだ蕾、優しいマンサクが数本迎えてくれました。
         逢いたいと思っていたコシノカンアオイにも再会です!

  DSC02926.jpg  DSC02934.jpg
    マルバマンサク                コシノコバイモ コシノカンアオイ

   帰りもやはりカタクリ街道が迎えてくれます。 気持ちのいい登山道です。
  そんな中に白花・・・と言うにはちょっと厳しい、白っぽいカタクリがありました。

  DSC02949.jpg  DSC02991.jpg
             カタクリロード                   白花?(少し・・)

  いよいよゴツゴツした岩場を下って行く事になります。 大展望はとても心地よく
           立ち止まっては海を見下ろし、また歩きます。
 
  DSC02886.jpg  DSC03003.jpg
  チャルメルソウの仲間                     灯台コース

   ヤブツバキ?ユキツバキも多くなり、厚い葉が陽の光を受けています。
    葉の落ちた木はカシワのようです。 これも斜面一面に広がっていました。

  DSC03028.jpg  DSC03032.jpg
               夕日さす海                ヤブツバキ? ユキツバキ

   灯台が眼下に見下ろせるようになると、1日目の行程はもうすぐ終わり・・・・・
     海は穏やかで、日本海のイメージは感じられない午後でした。

  DSC03041.jpg  DSC03049_20140407020255d2d.jpg
                   灯台                    判官舟かくし

              最後に海岸に下り立ち、今日の宿へ向かいます。
  

  

丸火自然公園

        毎月1日は丸火自然公園で観察会が行われています。
  先月までは、シダやコケが主役でしたが、公園内にも春のお花が見られるように
      なって来ました。 今の主役は何と言ってもシュンランです!
         林内では沢山のシュンランに逢う事が出来ました。

  DSC02618.jpg  DSC02605.jpg
               シ   ュ   ン   ラ   ン

  子供たちもメモ帳を持って熱心に参加してくれます。 子供らにかかわるN先生・
  Y先生の姿はいつも温かく微笑ましいです。 「誰かお腹の痛い人いない?」と
           ゲンノショウコのお話をして下さいます。 

  DSC02595.jpg  DSC02594.jpg
     オニシバリ                       観察風景

   林内にはヤマザクラの仲間のフジザクラ(マメザクラ)が咲いて来ました。
     華やかさはありませんが、下向きに咲く優しい花が可愛いです。
 ツクバネソウも蕾を持って来ました。 葉っぱは殆ど4枚ですが中には5枚・6枚・
8枚のものまであります。 クルマバツクバネソウ? いやいや、やはりツクバネソウ!

  DSC02610.jpg  DSC02621.jpg
             マメザクラ                     ツクバネソウ

        空へ向かって伸びる木々。 青空がとても気持ちいいです。
     枝ぶりがそっくりなので同じ木かと思いましたら・・別の子たちでした。

  DSC02622.jpg  DSC02630_20140404021905bd5.jpg
   ムヨウランのドライフラワー            ? とフジキ、奥にはメタセコイア

 林内で一番賑わっていたのはカントウミヤマカタバミです。 丁度いい時期のようです。
                   
  DSC02635.jpg  DSC02597.jpg
          カントウミヤマカタバミ                   アリジゴク

       ゼンマイやナガバノスミレサイシンも見られるようになりました。
            グングン春が進んでいるのを感じます。

  DSC02638.jpg  DSC02643.jpg
       ゼンマイ                    ナガバノスミレサイシン

  トリカブトの葉っぱが見られるようになりましたが、ここではレイジンソウの葉も
                  顔を出して来ました。

  DSC02652.jpg  DSC02650.jpg
           クリイロチャワンタケ?                  レイジンソウ

   そろそろ観察会も終了です。 駐車場へ向かっていると、「イカルがいるよ」
目をその方向に向けると、2匹のイカル。 逆光でしたが、口先の黄色が確認できました。

  DSC02658.jpg  DSC02661.jpg
          イカル                    観察会を終えて

          心地よい日射しの元、ゆったりとした観察会でした。  


エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる