富士山麓のお花たち

              5月半ば過ぎに、富士山麓を歩いて来ました。
 季節を追うごとに花の移ろいが感じられます。 木々は新緑に覆われ小鳥のさえずりを
            耳にしながらの歩きはとても気持ちのいいものです。

  DSC08870.jpg  DSC08855.jpg
            ク ワ ガ タ ソ ウ                 ラショウモンカズラ

      この辺りで見られるスミレは、タチツボスミレとツボスミレ位になりました。

  DSC08876_201405301359337ce.jpg  DSC08881.jpg
      ツボスミレ                  マムシグサの仲間

       僅かですが、ミヤマキケマンも黄色い花を咲かせています。 
               キジカクシはまるでアスパラです。

  DSC08863_20140530135836175.jpg  DSC08856.jpg
            ミ ヤ マ キ ケ マ ン              キジカクシ

       キノコも顔を出して来ました。 今頃?ですが・・・これはナメコ?
                いかにも美味しそうなキノコです。

  DSC08858.jpg  DSC08859.jpg
             ?                      ナメコ?

         ヤマシャクヤクは実になっているものが多く、ちょっと残念!
             でも、いつ出会っても清楚で素敵なお花です。
               ギンリョウソウも顔を出し始めました。
    
  DSC08936.jpg  DSC08989_20140530225849a69.jpg
                 ヤマシャクヤク               ギンリョウソウ

  スミレかな? 近づくと、ヒメハギでした。 よく見ると周辺には結構咲いていますね。
 タチキランソウも咲き残りの子に出逢えました。 次に逢えるのは来シーズンですね!

  DSC08878.jpg  DSC08993.jpg
        ヒメハギ                   タチキランソウ

  オオキヌタソウは蕾を付けています。  お花の時期に逢いに来れるといいのですが・・・

  DSC08999_2014053023033049e.jpg  DSC08939.jpg
              ウ  ツ  ギ                   オオキヌタソウ

   ホウチャクソウとも違うし・・・・・ この見かけない子は、ヒメイズイでしょうか?
          以前から、誰かな~・・・と思っていたのですが・・・
       ちょとずつ環境が変わると出逢えるお花も違って来ますね。
  
  DSC09020.jpg  DSC09007_2014053023032931c.jpg 
    ウマノアシガタ                   ヒメイズイ                                


  

丸火自然公園を散策

  午後から、丸火公園を歩く事にしました。 相方はウォーキング、私も散策と
   お花探しです。 桜並木を散策していると、相方が脇道へ逸れました。
看板には 「溶岩洞窟」 の案内がありました。 今日は同じコースを歩くと言う事
            なので、引き返してそちらへ向かいます。

  DSC09081.jpg  DSC09077.jpg
         溶岩洞窟案内板                   溶岩洞窟(通り抜け可)

  富士山の側火山のひとつ、丸火溶岩流が流れた跡なので、色々な溶岩地形が
       見られます。 溶岩樹形・ショウレンドーム・溶岩トンネル・・・・・
ガラガラの溶岩ですので、転びやすく・・・転ぶ(まろぶ)~まるび~丸火 となった説も
             あるようです。 中には大きな空洞も・・・・・

  DSC09102_2014052911105961b.jpg  DSC09099.jpg

            今、園内は新緑と木々のお花がとても綺麗です。
 ガクウツギ・ニシキウツギ・コゴメウツギ・ツクバネウツギ・マルバウツギ・ミツバウツギ・・・

  DSC09085.jpg  DSC09054.jpg
          ガ  ク  ウ  ツ  ギ                 ベニバナニシキウツギ?

  昨年、園内ではかなり伐採が行われたので、森の中も場所によってはとても明るく
 なっています。 絶えてしまったり、絶えかけているお花もありますが、伐採によって
   新しく芽生えてくるものもあるのでは?・・・とちょっと期待もあります。 
   
  DSC09073.jpg  DSC09088.jpg
     ミツバウツギ                       マルバウツギ

      ガクウツギの白さに薄暗い森の中で、思わずハッとさせられます。
一番森を賑わしているお花です。 マルバウツギも多く、今年はミツバウツギの大きな
      木にも出逢いました。 こんなに大きくなるのね・・・とビックリ!

  DSC09101.jpg  DSC09069.jpg
          ツ ク バ ネ ウ ツ ギ                コゴメウツギ

  ウツギ以外にも花や実を付けたものもいます。  鮮やかなヤマツツジも咲き残って
         いました。 ウリカエデのプロペラは180度に開くのですね? 

  DSC09060.jpg    DSC09071_20140529110712e44.jpg
      ウリカエデ                       ヤ マ ツ ツ ジ

   アワブキも蕾を付けていました。 もう少ししたら、白いお花で賑わいそうです。

  DSC09162.jpg  DSC09160.jpg
             ア  ワ  ブ  キ                  ツリバナ

      植栽だと思うのですが、レンゲツツジもいい感じで咲いています。
 シャクナゲは白・薄いピンク・濃いピンクと大きな花を咲かせていますが、残念ながら
  そろそろ終わりのようです。 それにしても結構な数あるので、見事です!

  DSC09143.jpg  DSC09129.jpg
     レンゲツツジ                    シ ャ ク ナ ゲ

  オオバノトンボソウも蕾が上がっています。 でもなかなかお花の季節に出逢う事が
              ないので、今年はちゃんと足を運ばねば・・・・・

  DSC09158.jpg  DSC09146.jpg
           チ チ ブ ド ウ ダ ン                オオバノトンボソウ

  林内は、この時期ハンショウヅルが色々な木に絡まっている姿を目にします。
    あれっ? ツートンになっているもの、全身エンジ色のものがある・・・・・
        先日見た白花へも足を運び、見比べてみる事にしました。

  DSC09074_20140529110614996.jpg  DSC09063.jpg
     (全身エンジ色) ハ  ン  シ  ョ  ウ  ヅ  ル (半分エンジ・半分白)

              こちらはやっぱり・・・・・白花に間違いないようです。

  ハンショウヅル白花1  ハンショウヅル白花2
                 ハ  ン  シ  ョ  ウ  ヅ  ル ( 白花 )

   子供たちが小さい頃何度か来ていた池に寄ってみました。 周辺は鬱蒼と木々や
      草に覆われていますが、今年はもうモリアオガエルの卵が見られました。

  DSC09142.jpg  DSC09141.jpg
               懐 か し い 池              モリアオガエルの卵

   子供が小さい頃は、かつてあった展望台に登ったり、バーベキューをしたり、
  アスレチックを楽しんだり、色んなコースを歩いたり、お花とは関係なくよく訪ねて
    いました。 今年はバーベキューの場所も綺麗に整備して下さいました。

孫たちと一緒にまたバーベキューしてもいいかな?・・・ などと思いながらの帰宅です。


 

見たかった風景・・・

  
   放浪癖のある私の事・・・・・ この日は天気も良く、アチコチと歩きまわりました。

     結果! ジャ~ン!  目の前には一面のク・マ・ガ・イ・ソ・ウです! 

  クマガイソウ1-6  クマガイソウ2-4

       沢山のお花たちが待っていてくれました。 こんな事は初めてです。
    気持ちを落ち着かせ、お花たちを眺めながらゆっくりとコーヒーを戴きました。
               まさに・・・至福の時です。 

  クマガイソウ1-1  クマガイソウ1-3

     お花も大きくて立派です。 昔はそこかしこで見られた風景のようですが、
           最近はこんな所に出逢う事はまずありません。

田舎へ行った時、近くの竹林にもいっぱいあった筈・・・と途中まで出掛けたのですが、
もう手入れのされていない道は崩れ、「ハメ(マムシ)がいるから行くなよ」 と父に
 言われ、ジャングルになっていて、もう絶えているだろう・・・と自分に言い聞かせ
            ずっと心のどこかに引っかかったままでした。

  クマガイソウ1-2  クマガイソウ1-5

                夢のような出来事はまだ続きました。
   この辺りではお花は殆ど終わってしまっていましたが、もう少し早ければ・・・
  いえいえ、これで良かったのかもしれません。 帰れなくなりそうですので・・・・・

  クマガイソウ2-2  クマガイソウ2-1

      夢中で歩いたようで、何だか帰宅後どっと疲れが出てしまいました。

  クマガイソウ2-3  クマガイソウ2-2

   ( お花たちに、ヘンな人に見つからないように気を付けてね・・・ ) と声を掛け、
                    その場を後にしました。 

           来シーズンも逢いに行くね!  ありがとう! 


    

大棚の滝周辺

   午前中の観察会の後、今年は初めて訪ねる大棚の滝方面へ向かいました。
 駐車場から滝方面へ向かう道も綺麗に片づけられ、通行しやすくなっていました。
  駐車場では、ハコネウツギが見頃です。 ニシキウツギらしきものもありますが・・・
      落石除けのネット裏のイワタバコも大きく葉を広げています。

  DSC08749.jpg  DSC08777.jpg
         マ ル バ ウ ツ ギ                   ハコネウツギ

   大棚の滝に掛かる橋も修理がされたようです。 所々穴があいていたものねえ。
     滝を横目に、奥に進みます。 何かないかと探しますが ・・・・・ 残念!

  DSC08751.jpg  DSC08754_20140528104510e22.jpg
     大棚の滝                      オカタツナミソウ  

       タツナミソウやトウバナの仲間が見られる季節になったのですね。
          この時期、何処を歩いてもハンショウヅルは元気です。        
  
  DSC08755.jpg  DSC08757.jpg
          ミ ヤ マ ト ウ バ ナ ?             ハンショウヅル

  カンアオイの仲間も何種か見られるようですが、この仲間もなかなか難しい・・・
    Sさんがお洒落なカタツムリを見つけました。 模様がとても綺麗です。

   DSC08761.jpg  DSC08760.jpg
     お洒落なカタツムリ                 カンアオイの仲間

  DSC08762.jpg  DSC08764.jpg
                   カ  ン  ア  オ  イ  の  仲  間

        今日、見たいと思っていたのは・・・・・このコミヤマスミレです。
 湿気の多い所を好むスミレですが、ここ以外では余り出会った事がないのです。
 スミレの見収め?と言う思いでしたが、残念ながら葉っぱはたくさんあるものの
             お花はもう咲き終わってしまったようです。

  DSC08766.jpg  DSC08765.jpg
      ガクウツギ                  コ ミ ヤ マ ス ミ  レ

 沢沿いの道を水の流れや小鳥のさえずりを耳にしながら歩くのは心地いいものです。
               特に新緑とか紅葉の頃はお勧めです。

   この沢のいくつかの分岐を過ぎ、詰めて行くと、ちょっと厳しい割石峠と導いて
   くれます。 一度だけベテランのSさんに案内して戴いて登った事がありますが、
               一人では入らない方が無難です。 
 途中、山にとりつくと大岳方面へも続きます。 2~3年前にTさんと歩いた道です。
       魅力的なコースが多い愛鷹の峰ですが、岩が脆く危険が伴います。
 
  DSC08774.jpg  DSC08768.jpg
             小  さ  な  滝                 イワタバコ 

               白い小さな花を付けた花たちも顔を出し始めました。      

  DSC08775.jpg  DSC08770.jpg
    ヒトツバショウマ                    イワユキノシタ

          時々また訪ねなければ・・・・・と思いつつ、帰途につきました。
      
        

ウォーキングを兼ねてお花散策

  23日、午前中は溜まっていた家事を済ませ、相方とウォーキングに出掛けます。
  車を置いて・・・ ここからは、純粋にウォーキングする相方と別行動になります。
  ちょっと薄暗い森の中を、何か咲いていないかな~・・・と言う目線で歩きます。

少し標高も上がった山間部ですので、奥へ奥へ進むと次々と森が変わり、何処までも
    続くので、自分でここまで! と決めないと終点がありません。
 最初に入った場所は・・・・・残念、何ら気に留める植物は見られませんでした。

  以前、見つけておいたお花は、きっと咲いている頃だと思い、寄ってみると・・・・・
        草に紛れて12本くらい綺麗な花を咲かせていました。
近くでは、シロバナハンショウヅルも咲いていてビックリ! 市内で見たのは初めてです。
         これだけでも歩いて良かった~・・・と思います。

  DSC08705.jpg  DSC08699.jpg
       エビネ             シ ロ バ ナ ハ ン シ ョ ウ ヅ ル

     足元には実を付けたナツトウダイがいっぱい。 踏んでしまいそうです。
     途中、サラサドウダンも咲き、そんな季節になったんだなあ・・・と実感。

  DSC08703.jpg  DSC08701.jpg
           ナ ツ ト ウ ダ イ                  サラサドウダン

  カンアオイの仲間も葉っぱを茂らせています。 葉っぱの模様も色々でなかなか
          同定出来ません。 2番目のエビネも元気でした。

  DSC08712.jpg  DSC08726.jpg
   カンアオイの仲間                  エ  ビ  ネ

  キンランもそろそろお終いのようですが、薄暗くなった森の中で良く目立ちます。
以前見つけておいたエビネ、どんな顔をした子かな? とちょっとドキドキしたしたの
         ですが・・・・・残念! 普通の顔をしたエビネでした。

  DSC08728.jpg  DSC08731.jpg
            キ ン ラ ン                       エビネ

   そろそろ帰らなきゃな~・・・と思っていた道端に白っぽいものが! 「あれっ?」
  初めての出逢いのハンショウヅルの白花でした。 「どれも白花は出てくるよ」 と
       N先生のお言葉ですが、出逢うととっても嬉しいものです。
  今年はアルビノに縁があるかも? などと思っていた私は思わずニヤリ・・・
開花したものは、ホンの少し部分的にピンク色を帯びていますが・・・良しとしましょう。

  DSC08719.jpg  DSC08721.jpg
                 ハ ン シ ョ ウ ヅ ル の 白 花

       そして、同じ森で出逢った普通のハンショウヅルと比べると・・・・・
                やっぱりアルビノでいいよね?
  周囲が余りにも暗いのでブレブレのハンショウヅル達ですが、カメラが頑張って
                 どうにか捉えてくれました。

  DSC08709_2014052510080554b.jpg  DSC08738.jpg
                  ハ  ン  シ  ョ  ウ  ヅ  ル

 道沿いには、ガクウツギやカマツカ・サワフタギなどの木々のお花が良くなって来ました。

  DSC08740.jpg  DSC08739.jpg
     ガクウツギ                   カ  マ  ツ  カ

  ただ心配だったのは、途中で出逢った青い袋を提げて、後ろに気を使いながら
     歩いて行った怪しいおじさん。 連れ帰られたお花がいるのでは?
              もう止めて欲しいものです。 

  

市内を歩いてみれば・・・・・

  22日、午前中に1年生・2年生と自然遊びを楽しんだ後、午後からは市内探索を
して来ました。 少し範囲を広げ、気になっていた辺りを時々藪こぎをしながら進みます。

  林の中には、タチツボスミレに混じりヒナスミレの葉っぱがたくさん残っています。
   エイザンスミレも咲くようで、お花の終わった葉っぱは大きく伸びていました。
          ナガバノスミレサイシンも多く見られる地域です。

  DSC08596.jpg  DSC08600.jpg
           ヒ  ナ  ス  ミ  レ                ナガバノスミレサイシン

  5月も後半になると、木々のお花も綺麗です。 ウツギの仲間やツツジの仲間が
                       元気になります。

  DSC08610.jpg  DSC08587.jpg
          ガ  ク  ウ  ツ  ギ                  コゴメウツギ

  ○○ウツギと名前が同じでも科は様々です。 ガクウツギ・マルバウツギは
アジサイと同じユキノシタ科、コゴメウツギはバラ科、ミツバウツギはミツバウツギ科
     となっています。 (新しい分類ではどうなっているのでしょう??)

  DSC08695.jpg  DSC08608.jpg
     ミツバウツギ               マ  ル  バ  ウ  ツ  ギ

        葉っぱの色の濃いお花がありました。 ヤマアジサイでしょうか?
  緑っぽい葉っぱも付いていますが?・・・・・ ハナイカダも実を付けて来ました。

  DSC08647.jpg  DSC08589.jpg
      ヤ  マ  ア  ジ  サ  イ  ?                ハナイカダ

  我家の庭にもいつの間にか出て来たカラタチバナは、100両とも呼ばれます。
           林の中で大きな赤い実をつけていました。

  DSC08595.jpg  DSC08607.jpg
   カラタチバナ(百両)            ナ  ル  コ  ユ  リ

      オカタツナミソウでしょうか? お行儀よく並んでいる姿が好ましい・・・
   何箇所かでその姿が見られました。 コクランもアチコチで葉を茂らせています。 

     DSC08612.jpg   DSC08591.jpg
         オ カ タ ツ ナ ミ ソ ウ           コ ク ラ ン

       キンラン・ギンランはほぼ同じ場所でノビノビと育っていました。
    10本位ずつ咲いていましたので、きっと居心地のいい場所なんでしょうね?

DSC08602.jpg DSC08632.jpg
        キ  ン  ラ  ン                 ギ  ン  ラ  ン 

           イワタバコもグングン葉っぱが伸びて来ました。 
        蕾はまだ見えませんが、お花が沢山咲きそうな感じです。

  DSC08621.jpg  DSC08654.jpg
     イワタバコ                  ユ キ ノ シ タ

  歩いていると周りの環境が変わってきます。 それにつれ、見られる植物にも
 変化があります。 フタリシズカが咲いて来たな・・・と思っていたら、その周辺は
           夕日を受けたフタリシズカの群生地でした。

  DSC08666.jpg  DSC08671_201405241819359bc.jpg
       フ  タ  リ  シ  ズ  カ              夕日差すフタリシズカ群生

  そして、今回の一押しは・・・・・ 自然の中では初めての出会いのムサシアブミ!
       こんな所に? と目を疑いましたが、間違いないようです。 
  残念な事にお花は終わっていましたが、来シーズンがとても楽しみです。

 DSC08678.jpg  DSC08674.jpg
                 ム  サ  シ  ア  ブ  ミ

                ホント、歩いてみるものですね! 


大札山でシロヤシオに出会う

           先日は、アカヤシオ・アシタカツツジを楽しみました。
 19日、川根町奥に位置する 「大札山でシロヤシオを見よう・・・」 という計画を立てて
              下さったのは会の仲間のKさんです。
     相方も急遽仲間に入れて貰い、7名でのお花散策となりました。
  アカヤシオはこの地で出逢った事がありますが、シロヤシオの時期には初めての
                       訪問です。

  DSC08449.jpg  DSC08455.jpg
            登  山  開  始                  ギンリョウソウ

     ちょっとした植林地を抜けると、早くもシロヤシオが見えて来ました。
   落ちている赤いツツジに目を上げると・・・トウゴクミツバツツジのようです。

  DSC08458_201405230953555bb.jpg  DSC08466.jpg
                 シ   ロ   ヤ   シ   オ

  目立つ色ではないけれど、シャキッとした白さと、葉っぱの縁取りが可愛いツツジです。
          花つきも良く、ワーワー言いながら、カメラを向けます。
    足元にはそう多くはありませんが、ミヤマハコベやユキザサが見られます。 

  DSC08470.jpg  DSC08478.jpg
           シ  ロ  ヤ  シ  オ                  ユキザサ

   上へ行くと、お花の状態がいいように思います。 「以前来た時より下の方から
見られるよ」 と仰ったのは、Kさんです。 ずっとシロヤシオとトウゴクミツバツツジの
                 出迎えを受けながらの山道です。

  DSC08481_20140523095533b74.jpg  DSC08490.jpg
          シ ロ ヤ シ オ & ト ウ ゴ ク ミ ツ バ ツ ツ ジ

   丁度いい時期だったようです。 頂上までは近い筈なのに、お花に目が移り、
                  なかなか辿り着けません。

  DSC08492.jpg  DSC08483.jpg
         ト ウ ゴ ク ミ ツ バ ツ ツ ジ

           新緑とシロヤシオのトンネルがとても心地いいです。

  DSC08494.jpg  DSC08497.jpg
          シ ロ ヤ シ オ & ト ウ ゴ ク ミ ツ バ ツ ツ ジ

  DSC08505.jpg  DSC08514.jpg
            シ ロ ヤ シ オ                   チチブドウダン

  DSC08527.jpg  DSC08523.jpg
      オオカメノキ           トウゴクミツバツツジ&シロヤシオ

  DSC08533.jpg  DSC08534.jpg
                                          シロヤシオ

          立ち止まってばかりで、なかなか着かないなあ~・・・・・
       目の前に咲くシロヤシオ、みんなで揃ってシャッターを切ります。

  DSC08535_20140523100239edc.jpg  DSC08494.jpg
     皆でパチリ                トウゴクミツバツツジ&シロヤシオ

     アカバナヒメイワカガミも咲いていて、何だか得をした気分です。
                       可愛いね~・・・

  DSC08546.jpg  DSC08539.jpg
                ベ ニ バ ナ ヒ メ イ ワ カ ガ ミ

         そうこうしている内に、やっと頂上に着き、お昼にします。
              頂上からの眺めはなかなかのものです。 
当初、北尾根を行き、少し林道歩き・・・となる予定でしたが、余りにもゆっくりし過ぎた
            ため、今来た道をピストンする事になりました。

  DSC08554.jpg  DSC08551.jpg
        2等三角点                  南アルプス

       大満足の内に大札山に別れを告げ、シロヤシオ散策は終了です。
  途中に咲くマルバマンネングサやモチツツジに車を止めた後、塩郷のつり橋を
  渡ります。 高さ11m、長さ220mで大井川に掛かる橋では一番長いそうです。
   橋を渡ると、誰となく (何か咲いてないかな~?・・・) と眺めています。

  IMG_0688.jpg  DSC08571.jpg
           塩 郷 の 吊 り 橋                 マルバマンネングサ

   ありましたありました! お花と実を付けたアリドウシ。 エゴノキも咲き始めています。

  IMG_0693.jpg  IMG_0717.jpg
      アリドウシ                    エ  ゴ  ノ  キ

  コアジサイも優しい色で斜面を賑わせています。 この壁は温かなんでしょうか?
                  丁度見頃のコアジサイでした。 

  DSC_1029.jpg  IMG_0700.jpg
          モ  チ  ツ  ツ  ジ                  コアジサイ

            優しいシロヤシオを思い出しながら、我家へ向かいます。
 
                    皆さん、有難うございました!
  

西臼塚の新緑

     今年はなかなか西臼塚を訪ねる事無く日が過ぎていきました。
13日に下見、そして18日に奇石博物館の 「富士山西臼塚観察会」 が行われました。
             標高1200m程の森は新緑に包まれていました。
         Y先生の声掛けで、たくさんの参加者で森は大賑わいです。
  まずは、宮沢賢治さんの童話の紙芝居を楽しんでから森へ入らせて戴きます。

  DSC08307.jpg  DSC08309.jpg
            紙芝居を聞いて・・・                 東屋で集合

  駐車場にも黄色いタンポポやミツバツチグリ?が花を付け、観察する植物も多いので
                  なかなか前に進めません。  

  DSC08315.jpg  DSC08310.jpg
      シコクスミレ                    セイヨウタンポポ&ミツバツチグリ

森の中はバイケイソウが一面に広がっています。 毒草なのですが、春先に食べられる
      野草(オオバギボウシなど)と間違って食べて、中毒症状を起こす
                   事故も度々ある植物です。
 子供たちは楽しい事を見つける天才です! 数年前にシカの食害にあったキハダの
               洞を潜り抜けます。 ここは中級編・・・

  DSC08318_20140521230750902.jpg  DSC08328_20140521230748757.jpg
           バイケイソウを前に洞で遊ぶ                 ミヤマハコベ

   さらに小さな洞を見つけ、潜り抜けようとしますが・・・・・ 上手くいくかな?
  体をよじらせ・・・・・上手くいきました。 こちらは上級編ってところでしょうか?

   みんなのお気に入りの広場はカエデ広場です。 勿論カエデも多いのですが、
            人気№1は・・・・・ キリンの木(ブナ) です。
        このブナは、一体どれだけの人達を背に乗せたのでしょうか?

  DSC08320.jpg  DSC08336.jpg
    上級編の洞                大 人 気 の キ リ ン の 木

       カエデ広場でお昼を食べた後は、「富士山カルタ」 の始まりです。
  カルタを囲んで子供たちは真剣です! 読んでいる途中で 「ハイ!ハイ!」 と声が
        掛かります。 枚数が少なくなると更に頭同士が近くなり・・・・・

     下見時に蕾が固かったのでまだ咲かないかな?と思っていたヤマシャクヤク
            ですが、わずか1輪ですが清楚な姿を見せてくれました。
   
  DSC08350.jpg  DSC08331.jpg
           ヤ マ シ ャ ク ヤ ク               富士山カルタ大会

       この時期の森の中は新緑に包まれ、とても気持ちがいいです。
         見上げると、木々の緑に吸い込まれそうな感じがします。

  DSC07446.jpg  DSC08358.jpg
     エイザンスミレ                    新   緑

              西臼塚頂上から富士山が間近に見られます。
 この日は残念ながら雲に邪魔をされていましたが・・・・・ ヤッパリ富士山は大きいね!
     この森に出るシイタケはもう10年位、毎年出ています。 凄いね。 

  DSC08352.jpg  DSC08353.jpg
        富士山を眺めながら・・・(西臼塚山頂)           天然シイタケ

     足元には小さな花が出ています。 今年はヤマウツボの当たり年?
      当日は少し草臥れていましたが、アチラコチラでニョキニョキ!

   DSC07425.jpg  DSC07427.jpg
      シロカネソウ                ヤ  マ  ウ  ツ  ボ

  DSC07441.jpg  DSC07397.jpg
           コ ガ ネ ネ コ ノ メ ソ ウ            シロバナノヘビイチゴ

  DSC07465.jpg  DSC07402.jpg
     フタリシズカ                    タ ニ ギ キ ョ ウ

  DSC07452.jpg  DSC08364.jpg
         フ  デ  リ  ン  ド  ウ                 トウゴクサバノオ

   昨年はブナの当たり年でした。 今もブナの殻斗がいっぱい落ちています。
   そのブナの下を観察すると・・・・・ 沢山のブナの芽生えが見られました。
 切株から顔を出したり、2つ・3つと並んで出ていたり・・・何と言っても凄いのは、
           11個がまとまって目を出していたこと。 

  DSC07411.jpg  DSC07515.jpg
                    ブ  ナ  の  芽  だ  し

     西臼塚は富士山の子供です。 70個以上もある側火山の1つなのです。 
 博物館のK副館長から、富士山のお話があり、子供たちも熱心に耳を傾けます。 

  楽しい観察会もそろそろ終了です。  N先生からお話を伺い、解散となりました。   

  DSC08361_2014052213535449e.jpg  DSC08370_20140522135354ee6.jpg
          富士山・西臼塚のお話                  N先生のお話

 

富士山麓に咲くアシタカツツジ その2 (長者ケ岳)

   裾野市のアシタカツツジ群生地を後にし、富士山を時計回りに移動しました。
田貫湖畔から長者ケ岳の途中まで登ります。 休日の為、田貫湖畔は随分賑わって
    いました。 ベンチで昼食休憩をし、周囲を見回すとベニバナニシキウツギ?
           なども咲き始め、足元にはヌマトラノオも見えます。

  DSC08205.jpg  DSC08206.jpg
          ベニバナニシキウツギ?                 ヌマトラノオ

        さて、いよいよアシタカツツジを求めて登って行く事にします。
  まもなくそれらしい子に逢いますが、残念ながらお花は時期を過ぎていました。
高度が上がれば、咲いている子もいる筈です。 心地よい風を感じながら更に登ります。
           オレンジの鮮やかなヤマツツジも咲いています。

  DSC08220.jpg  DSC08224.jpg
      ヤマツツジ

   登りながら点々とアシタカツツジは見られます。 途中のベンチ休憩地の奥は
     丁度いい位のお花を付けたアシタカツツジがまとまって見られました。

  DSC08254.jpg  DSC08227.jpg

  やはり色とりどりのお花は可愛いです。 下って来られた方も一緒になって
      アシタカツツジの下を観察しながらウロウロ・・・とお花を楽しみます。

              いいねえ~・・・ 可愛いねえ・・・

  DSC08265.jpg  DSC08262.jpg

                こちらのツツジの雄しべも6~10本ありました。

  DSC08260.jpg  DSC08257.jpg

   充分に楽しんだので、田貫湖が望める休憩地まで行って帰る事にします。
  木々も大きくなり、田貫湖を見下ろせる範囲が狭まって来たように思います。

  DSC08268.jpg  DSC08291_20140521221644cee.jpg

         もうそろそろ別荘地の群生地も咲き揃っている事でしょう。
         今回は2ケ所でアシタカツツジを楽しむ事が出来ました。

  DSC08284.jpg  DSC08298_2014052122164375d.jpg

   時間が取れたら、今度は越前岳のアシタカツツジに逢いに行きたいものです。

             6月初旬頃までならきっと楽しめるでしょうね。


富士山麓に咲くアシタカツツジ その1「群生地」

  17日、関東からのお客様をご案内して、富士山南麓に位置する裾野市別荘地内の
アシタカツツジ群生地を訪ねました。 3日ほど前に様子を見に行った時には、トウゴク
ミツバツツジが咲き始め、小ぶりのアシタカツツジは、少し開花しているものがあるものの
          殆どが蕾が膨らみ始め・・・・・という状態でした。

                  大丈夫かなあ?・・・・・

 当日は休日であり、フェスティバルが行われるようで、準備中の9時過ぎに訪ねました。
 心配しながら現地へ着くと・・・・・ よかった~! まだまだ一面とは行かないものの、
 開花は徐々に進んでいました。 隣を見ると、熱心に観察されている姿がありました。

  DSC08041.jpg  DSC08052.jpg

   中にはこんなに咲いているものもあり、それに混じって鮮やかで大きな花を付けた
                トウゴクミツバツツジも見られます。

  DSC08030.jpg  DSC08164.jpg

   色もさまざまで、濃い赤紫をしたもの、薄い紫、また、ヤマツツジにも似たオレンジ
          色に近いものまであり、目を楽しませてくれます。
 ゆっくり1周して来ましたが、陽の光が届きにくい木は蕾も少なくちょっと寂しい・・・

  DSC08054.jpg  DSC08114.jpg

  アシタカツツジは、この周辺や越前岳、朝霧の長者ケ岳周辺などで見られます。
花は小ぶりで、葉っぱは5枚で毛が多いようです。 ミツバツツジなどの交雑らしいの
       ですが、手持ちの本ではあまり詳しい事はわかりません。

 雄しべの数も6~9本とされているのがあったり、5~10本と書かれていたり・・・・・
   今回、じっくり雄しべの数を数えてみたら・・・・・ 5~10本見られました。
      この地では、数えた中では10本のものが多くあったようです。
 純粋のものは10本と書かれていますが、元々交雑の種で、純粋とは一体??
             ますますわからなくなって来ます。

  DSC08124.jpg  DSC08190.jpg

     ベンチから見るとこんな感じですが、満開になると一面ピンクで染まります。
    近いので最盛期にもう1度行ってみたいと思っていますが、どうなりますやら?

    DSC08187.jpg

 林の中では、タチツボスミレに混じってオトメスミレや咲き残りのフモトスミレも見られます。
                トウカイスミレは既に実になっていました。 

  DSC08135.jpg  DSC08023.jpg
           フ  モ  ト  ス  ミ  レ              オトメスミレ

 テンナンショウの仲間もわかりません。 はっきりわかるのはスルガテンナンショウだけ・・・

DSC08025.jpgDSC08026.jpg
       スルガテンナンショウ                      ?

   近くの越前岳登山口で、山を下りた登山者に訪ねるとアシタカツツジはまだ蕾
  との事で、相談した結果、長者ケ岳のアシタカツツジを見に移動する事にしました。


5月中旬の富士山麓

             5月の半ばに富士山麓を歩きました。

  スミレもひと段落した感がありますが、終盤になると顔を見せてくれるのが
       サクラスミレです。 今年もちゃんと咲いているでしょうか?
昨年は多くのチシオスミレ (葉脈に赤い筋入り) に混じって緑の葉っぱをした
   サクラスミレも見られたのですが、今年はチシオスミレばかりでした。

  DSC07877.jpg  DSC07876.jpg
                    チ  シ  オ  ス  ミ  レ

   ニオイタチツボスミレやタチツボスミレはまだ見られますが、スミレは来春まで
                     さよなら・・・ですね。

  DSC07888.jpg  DSC07814.jpg
     チシオスミレ                    ニオイタチツボスミレ

                 白いスミレも少しだけ咲き残り・・・・・

  DSC07826.jpg  DSC07825.jpg
            マ ル バ ス ミ レ                  シコクスミレ

             タチツボスミレはまだまだ元気いっぱい。 

  DSC07893.jpg  DSC07850.jpg
      フイリフモトスミレ                   タチツボスミレ

   ピンク色のモモイロキランソウも少し遅かったようですが、可愛い姿を見せて
         くれます。 いつ出会ってもホッと頬が緩むお花です。

  DSC07927.jpg  DSC07947.jpg
              モ  モ  イ  ロ  キ  ラ  ン  ソ  ウ

  タチキランソウもモモイロキランソウと仲良しで咲いている姿は微笑ましい・・・ 
  
  DSC07953.jpg  DSC07933.jpg
                タ  チ  キ  ラ  ン  ソ  ウ

        いつの間にやらヤマシャクヤクの季節になっていました。
 まだ咲き始めたばかりですが、次々と開いて来る清楚なお花は心惹かれます。

 DSC07978.jpg  DSC07979.jpg
                ヤ  マ  シ  ャ  ク  ヤ  ク

      ジロボウエンゴサクとヤマエンゴサクはよく似ている子たちです。
  里のジロボウさんより、山に咲くジロボウエンゴサクの方が、色が濃いかな?

  DSC07865.jpg  DSC07851.jpg
    ジロボウエンゴサク                   ヤマエンゴサク

  富士山麓には多く咲くヤマトグサですが、可愛い雄花のカンザシを下ろしています。
                かぎ状の雌花を探すのも面白い・・・
         クワガタソウも小さいながらちゃんとお花を付け始めました。

  DSC07924.jpg  DSC07905.jpg
           ヤ  マ  ト  グ  サ                  クワガタソウ

             まだまだこれから色々なお花が見られる富士山麓です。

アカヤシオを求めて両神山へ  その2

                       (その1 より続く・・・)

 日向大谷口からの道と合わさるとすぐに、ピンク色のアカヤシオが目に飛び込んで来ます。
   周囲をアカヤシオに包まれたベンチがあり、そこに身を置くと何とも幸せ気分・・
        後ほどゆっくりしましょう・・・とすぐ先の頂上を目指します。 

  DSC07677.jpg  DSC07675.jpg
                    ア  カ  ヤ  シ  オ

    DSC07700.jpg
                       尾根に飛び出すと・・・

           岩をヨイショと乗り越えると、頂上です。 着きました! 
  頂上の岩の上には、少し盛りを過ぎたアカヤシオが優しい色を見せてくれました。 
     遠くの山や富士山も見えます。 カメラでは・・・ちょいと難しい~・・・
  
  DSC07683.jpg  DSC07710.jpg
    頂上はすぐそこ                  頂上に咲くアカヤシオ

 少し八丁尾根側に寄ってお昼にしました。 一番綺麗な?アカヤシオの前で・・・贅沢~。
           それにしても・・・丸っこい花がとても可愛いです。

  DSC07719.jpg  DSC07689.jpg
        八丁尾根寄りからの頂上

 お昼を済ませると・・・Mさんが、お嬢様からプレゼントされたお抹茶セットを持参して
下さり、贅沢な事に、お茶の先生自ら腕をふるって戴き、最高の野点・・・となりました。
                 おかしも美味しかった~・・・ 
       戴くのでいっぱいで・・・ ちゃんとした写真も残せず、ごめんなさい。

  DSC07751.jpg  DSC07735.jpg
     頂上三角点              お気に入りアカヤシオを前にお手前

  最短コースを選んで下さったお陰で、ホントにゆったりとした時間を過ごせました。
私達が一番最後のようです。 名残惜しいものの、そろそろ下らなければいけません。
     キョロキョロと周囲のお花を目に焼き付けながら、下りて行きます。

  DSC07748.jpg  DSC07743.jpg
              見事なアカヤシオ             アカヤシオを目に焼き付けて・・

     今から下りるコースに目をやると、森が所々、ピンク色に染まっています。
               どうやらオオヤマザクラのようです。  

   DSC07766.jpg  DSC07764_201405190013350b5.jpg
      笹原を下る                 オオヤマザクラに染まる森

 行きでは開花が少なかったエイザンスミレも次々と綺麗な花を咲かせていました。
     アオダモのお花もスモークツリーのようなお花を咲かせていました。

  DSC07783_20140519001333ed5.jpg  DSC07803.jpg
           帰りに咲いたエイザンスミレ               アオダモの仲間

  ピストンですので、行きに見たあの変成したチャートの岩壁を見ながら帰ります。
           途中、木の上で小鳥が忙しく飛び回っていました。
                   もうすぐ登山口・・・

  DSC07796.jpg  DSC07754.jpg
    チャートの壁                          カラの仲間?

  到着しました。 地図を返して整備協力金をお支払いすると、「はい」 と両神山の
                バッジを下さいました。 ヤッタ~!

お茶を戴き、写真を見せて戴きながら色々なお話を伺っている内に、いつの間にやら
       1時間も経っていました。 でもそれはとても貴重な時間でした。
  
         お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。


アカヤシオを求めて両神山へ その1

      標高1723mの両神山、いつかは登ってみたいと思っていた山でした。
 今回、「頂上に咲くアカヤシオを見に行きませんか?」 のお誘いをすぐに受け、14日
            仲間3名で白井差口から往復して来ました。
(行政上は、廃道になっているようですが1日30名予約制と言う形で登る事が出来ます。)

  5時過ぎに、新潟のオオミスミソウ時にもお世話になったMさんの運転で出発です。
3時間余りで、地主さんのお家に到着。 手続きを済ませ、いよいよ両神山を目指します。

  DSC07525.jpg    DSC07530.jpg
     白井差登山口                  ミ ヤ マ キ ケ マ ン

  足元には、色々とお花が見られます。 フタバアオイも葉っぱは多いのですが、どうやら
開花はこれからのようです。 でもやはり早い子もいまして、ちゃんとお花を見せてくれました。

  DSC07568_20140515185701142.jpg  DSC07557.jpg
           コ ガ ネ ネ コ ノ メ ソ ウ             フタバアオイ

 ハナネコノメソウは既に終わっていましたが、頂上近くまでずっと顔を見せてくれた
   コガネネコノメソウを始め、ツルネコノメソウ・ヨゴレネコノメ・ネコノメソウ・・・
                 みんなネコノメソウの仲間です。

  DSC07566.jpg  DSC07541_20140515185624b70.jpg
     昇竜の滝                    ツ ル ネ コ ノ メ ?

                 ウラシマソウ・テンナンショウの仲間・・・

  DSC07538.jpg  DSC07531.jpg
           ヨ ゴ レ ネ コ ノ メ ソ ウ             ウラシマソウ

      ちょっと変わった葉っぱの植物も・・・ 白いお花の咲くギンバイソウ、
           この特徴のある木の葉っぱは・・・恐らくオヒョウです。

  DSC07559.jpg  DSC07543.jpg
     ギンバイソウ                      オ ヒ ョ ウ

  可愛く咲いていたのはクワガタソウです。 ピンクの濃い子や白っぽい子など
    あちらでもこちらでも沢山見られます。  富士山麓で見るより大きいなあ・・・・・

  DSC07587.jpg  DSC07586.jpg
              ク  ワ  ガ  タ  ソ  ウ

      沢沿いのこのコースは、よく整備されていてとても歩きやすいです。
     少し急坂のつづら折りを過ぎると、気持ちのいいブナ広場に到着です。
 この辺りの新緑はとても素晴らしい、秋には紅葉に染まった林になるのでしょうね?

       「うわ~凄い!」 アミガサタケが周辺に群生していました。

  DSC07595_2014051521291312f.jpg  DSC07626.jpg
    アミガサタケ                 ブ  ナ  広  場

  緑と水と風を感じるのが私の好きな山なのですが、グニャグニャに圧力を受けた
見事な地層を見ながら歩くのはナント贅沢なこと・・・ 階段脇のエンジ色をした石は
  チャートのようです。 この1枚の層が出来るのに1万年掛かったと地主さん。
  この硬い岩にしっかりと根を張った木には強い生命力を感じずにはいられません。
  
  DSC07613.jpg  DSC07606.jpg
            岩に根を下ろした木               エンジ色をしたチャート 

  斜面はバイケイソウやハシリドコロの群落が続きます。 ニリンソウ・ワチガイソウなども
 点々とありますが、シカ害の少なかった昔はもっともっとお花で溢れていたのでしょうね?   

  DSC07580.jpg  DSC07630_201405152148023d5.jpg
     ワチガイソウ                   シロバナエンレイソウ

赤い苞の揺れているチドリノキは大好きな姿です。 ここではもうお花を付けている子が
        いました。 光を通すと葉っぱが、より輝いて見えます。

  DSC07634.jpg  DSC07650.jpg
               チ ド リ ノ キ                  ヤマエンゴサク

  新緑を楽しみながら段々尾根に近づきます。 フデリンドウの可愛い姿に声を
       掛けながら、もうすぐ出会えるアカヤシオに想いを馳せます。

  DSC07627_2014051521305521a.jpg  DSC07621_20140515213057198.jpg
      新緑の中を・・                トウゴクミツバツツジと新緑

  DSC07643_2014051521480077d.jpg  DSC07639.jpg
            コ  ケ  リ  ン  ド  ウ            マルバコンロンソウ

        尾根に飛び出すと、ピンク色をしたアカヤシオが目に入りました。
               足元にはヒメイチゲが沢山咲いています。 

  DSC07781.jpg  DSC07669.jpg
      ユリワサビ                   ヒ  メ  イ  チ  ゲ
  
        
               頂上はもうすぐです!    その2へ

  

  

野草採集と野の花

             9日に翌日使用する為の野草を採りに出掛けました。
     やはり野に出掛けてみるものですね。 今年も嬉しい出逢いがありました。
              昨年はスズムシソウに出逢え、今年は・・・?

           まずは、色白美人の 「ユキヤブケマン」 です。 
花の先に紫が残る 「シロヤブケマン」 は出逢った事がありますが、真っ白な子は
           初めてです。 ムラサキケマンの隣に咲いていました。
   
  DSC07127.jpg  DSC07125_2014051105554624d.jpg
               シラユキケマン                 ムラサキケマン

     あっ、白い綺麗なスミレです。 外来種かな?と調べてみると、ヤッパリね!
           多分・・・ 「スノープリンセス」 ピッタリの命名です。
        庭から脱出してしまったものでしょうが、このままで大丈夫かな?
               在来種との交雑はないでしょうか?

  DSC07141.jpg  DSC07134.jpg
              ス ノ ー プ リ ン セ ス

       そして・・・・・初めて山でサクラソウにも出逢えました。
   こんな所に誰が園芸種を捨てたんだろう?・・・ と思っていましたら、
ニホンサクラソウでした。 開花株はたった1株ですが、5株ほどの葉っぱがありました
               ので来年が楽しみです。

     DSC07146.jpg    DSC07144.jpg
                  サ   ク   ラ   ソ   ウ
   
     白繋がりで・・・タチツボスミレも多かったのですが、距まで白い
     シロバナタチツボスミレでいいかな? と思うものもありました。
 少し場所を移動して野草探しです。 この周辺は、シコクスミレが沢山咲いています。
        シコクスミレはヒノキ林の中でも平気で咲くのですね?

  DSC07139.jpg  DSC07156.jpg
    シロバナタチツボスミレ               シコクスミレ

      陽のあたる場所ではミツバツチグリが一面に広がっています。
 エイザンスミレも最盛期は過ぎたようで、葉っぱは見られますが、お花は?・・・
       と思っていたら、いくつかのお花が顔を見せてくれました。

  DSC07149.jpg  DSC07153.jpg
           ミ ツ バ ツ チ グ リ                 エイザンスミレ

     この時期定番のミヤコハコベやトウゴクサバノオなども咲いています。

  DSC07161.jpg  DSC07167.jpg
      ミヤマハコベ                    トウゴクサバノオ

      ヒノキ林の中で、白い花?・・・と近づくと、シロカネソウでした。
    軟らかい日差しが入るほどの手入れされた林は居心地がいいのでしょうか?

  DSC07184.jpg  DSC07194.jpg
            シ ロ カ ネ ソ ウ                ミヤマキケマン 

 この周辺に多い、ヤマトグサは新分類ではアカネ科に属したようで、1種1属とは
 言えなくなってしまいました。 まだ小さな苗も含め、ホントに沢山見られます。         
       絶滅危惧種のひとつ、タテヤマギクも葉っぱが出ていました。 

  DSC07186.jpg  DSC07158.jpg
       ヤマトグサ                     タテヤマギク

         そうそう、この日は観察会では無かったのでした。 

   でもちゃんと採集できましたよ。 ウドロード?でウドをどっさり。 モミジガサ・
  イタドリ(ジャム&煮物用)・タラノメ・ゼンマイ・サンショウの新芽・ワラビ・ギボウシ・
  ミツバ・イワガラミ・アケビノツル・・・・・ 前もって採っておいたハンゴンソウなど。
ワラビ・ゼンマイ・イタドリの塩漬けは前もって準備しておかないとすぐには使えません。
            (本日採集したものは、次回用です)

  DSC07166.jpg  DSC07150.jpg
           モ ミ ジ ガ サ               ミツバツチグリの後ろにウド
                     
            嬉しいお花との出会いがあった一日でした。 




  

お花が咲いた!

 数年前に蕾を見つけ、(そろそろお花が見られるぞ・・・) といそいそ出掛けた所、
      蕾の付いた花茎は無残にも折られてしまっていました。
恐らく、心無い人の手から守るためにしたのでしょうが、どれ程がっかりしたか・・・
              それ以来、足が遠のいていました。

 でも、その後どうなっているのか・・・怖い気もしましたが思い切って逢いに行きました。

     うわ~、良かった!  丁度いい感じに素敵な花を咲かせていました。

      コケイラン3    コケイラン1

     細い2枚の葉っぱの上には、黄色い・・・まさにランの顔をした
                コケイランです。
  
  コケイラン4  コケイラン3 (2)

      一つ一つのお花は小さいながら、とてもいい顔をしています。
       上部はホンの少し蕾が残っているものの、ほぼ満開状態!

  コケイラン5  コケイラン6

          このお花がいつまでもこの地で残ってくれますように・・・・・

            個体数が増えればもっともっと嬉しいのですが・・・ 

孫たちの来襲!

 5月の連休は、孫たちが集まります。 じい・ばあは、忙しくも嬉しい悲鳴をあげます。
     何処へ行っても車は渋滞、行く先は混雑! となってしまう休日ですが、
    せっかくなので、出掛ける事にしました。 行く先は・・・・・イチゴ狩りです。
      海を見ながら久能海岸通りを走って予約していたイチゴ園に到着です。

  DSC06666.jpg  DSC06654.jpg

  みんなで美味しいイチゴを頬張ります。 練乳付きですが、無くても勿論美味しく
         戴けます。 よく熟れたイチゴを探しながら・・・・・ぱくっ!
     ハウスの中にいると暑くなりますので、外へ出たり入ったり・・・・・
 外遊びが多くなったので、イチゴ狩りは終えて、静岡の広野海岸公園へ向かいます。

  DSC06657.jpg  DSC06674.jpg
                                広野海岸公園

      広い駐車場は満車! 路上にもずら~っと車が止まっています。
 運よく空いた所に車を止め、海に面した公園へ一直線! 難破船を中心に、水遊び・
     砂遊び・遊具など、それぞれの年代に応じた遊びが楽しめます。

  DSC06678.jpg  DSC06682.jpg

  難破船によじ登ったり、水の流れる階段を登ったり下りたり、好きに遊んでいる
                    チビ達です。 

  DSC06694.jpg  DSC06691.jpg

  遊具遊びから帰ったYは砂遊びを始めました。 一緒になってトンネルを掘っていると
         何だか懐かしく、いつの間にか自分が楽しんでいました。
    5歳になったMは、お姉ちゃんぶりを発揮し、従兄のKを抱っこしています。

  DSC06699.jpg  DSC06702.jpg

  4歳同士のK太とAは仲良しです。 連休を楽しみに待っていたK太ですが、逢って
      暫くはよそよそしい・・・。 時間が経つと本領発揮です! 
    満足するまで遊んだ後は・・・やっぱり温泉? 大江戸温泉へ向かいます。

  DSC06713.jpg  DSC06710.jpg

           翌日は、近くの公園で遊ぶ事にしました。
  行ってみると、サッカー少女たちが大勢で遊んでいます。 その内一番年下の
      Yの周りにはこのお姉ちゃんたちの輪が出来ていました。
 Yの一生の内で、一番の持て期かな~? などと思ってしまう出来事でした。 

  DSC06716.jpg  DSC06717.jpg


              遊んでくれてありがとう。  



里山の自然

         観察会の下見で自然の残る里山を歩いて来ました。
  住宅街の近くでありながら、豊かな自然が残されているのに驚いてからもう数年経ち
     ました。 はたしてまだその自然は残されているのでしょうか?

足元に咲くお花はヒメオドリコソウ? 写真だけ撮って先を急ぐものの、どうも気に掛かる・・
   お花も白っぽいし、葉っぱも違う・・・・・一体この子は誰でしょうね?
        ちょっと似ているのは、モミジバヒメオドリコソウ・・・
     ハナイカダがたくさん茂る林縁です。 雄花の数も重たそう・・・! 

  DSC06449.jpg  DSC06454.jpg
         モミジバヒメオドリコソウ?                  ハナイカダ雄花

           ツリバナもいっぱい花をさげています。

  DSC06518.jpg  DSC06458.jpg
     ホウチャクソウ                     ツ  リ  バ  ナ

           スノキは葉っぱを齧ると・・・酸っぱいネ!

  DSC06460.jpg  DSC06463.jpg
                スノキ                      フタリシズカ

   もう無いかな?・・・と心配していたキンランですが・・・ 豪華な株が
   迎えてくれました。 1・2・3・・・数えると蕾が20個も付いていました。
 これを見つけた後は、次々と顔を見せてくれ、沢山のお花が残っていてくれたのに
  ホッとしました。 後は・・・あの花ですが?? ルートが違ったので未確認。

  DSC06464.jpg  DSC06473_20140505003444be0.jpg
    ハルザキヤマガラシ                   キ ン ラ ン

      林内に入ると、白いイカリソウがひっそりと咲いていました。
  ピンクのイカリソウも可愛いけれど、真っ白と言うのも清楚でいいものですね。

  DSC06480.jpg  DSC06488_20140505014358dad.jpg
          イ  カ  リ  ソ  ウ                    キンラン

   葉っぱを見つける度に覗きこんでいたのですが、なかなかお花が見つかりません。
      でも、とうとう見つけました。 オオバウマノスズクサ・・・です。
               面白い顔をしたお花ですね。 

  DSC06477.jpg  DSC06532.jpg
   マムシグサの仲間                  オオバウマノスズクサ

   色鮮やかなオレンジのヤマツツジや、元々紅色をしているベニバナニシキウツギ?も
                  咲き始めていました。

  DSC06510.jpg  DSC06524_2014050501452413c.jpg
           ヤ マ ツ ツ ジ                   ベニバナニシキウツギ?

             コバノガマズミでしょうか? 白い花を付けています。

  DSC06526_201405050145233d2.jpg  DSC06525.jpg
      チゴユリ                   コ バ ノ ガ マ ズ ミ

             久しぶりにホオノキの花に出会いました。
           いつ見てもすっきりと端整な顔つきをしています。 
                    
  DSC06534.jpg  DSC06537.jpg
          ホ  オ  ノ  キ                      アケビ

   コースは少し違っていたものの、殆ど変わらず自然が残っていてホッとしました。

          このいい状態がいつまでも残って欲しいものです。


  

丸火自然公園の観察会

  毎月1日は標高500mほどにある 「丸火自然公園」 で観察会が行われます。
 新緑が眩しくとても気持ちのいい森です。 色々見つけては止まるので、なかなか
                       進めません。

  DSC06356.jpg  DSC06355_201405030352446b9.jpg
              新緑のシャワー                   オニシバリの実

  ある一角でしゃがみ込んでいる人がいました。 「ナニナニ?」 近づくと小さな
 フデリンドウがいっぱい! でも残念ながらこの時間ではまだ開いていませんでした。

  DSC06357.jpg  DSC06360_201405030352438e7.jpg
     新緑の森                    フ デ リ ン ド ウ

     この時期、オニシバリは実になっていたり、まだ花が残っていたり・・・・・
     大分持ち去られたキンランもやっと蕾を抱え、20㎝ほどに伸びて来ました。
  連休後半にはお花が見られるでしょうか? みんなの公園、楽しみにしている方も
        多いので、お花は見るだけにして欲しいものです。

  DSC06273.jpg  DSC06366.jpg
            オニシバリ                         キンランの蕾

        ここではミヤマナルコユリもたくさん咲き始めました。
      コゴメウツギもやっと咲き始め・・・と言った所でしょうか?

  DSC06279.jpg  DSC06367.jpg
     コゴメウツギ                    ミヤマナルコユリ

  凄いね! この一角はツクバネソウの群生です。 丁度お花のいい時期でした。
   となると、先月見つけた葉っぱが多い子たちはどうなっているのでしょう?
あっ、咲いていました。 よ~く見ると・・・・・葉っぱは多いものの、花は同じです。
 クルマバツクバネソウではありませんでした。 こんな子たちもいるのですね?

  DSC06370.jpg  DSC06369.jpg

         通常4枚の葉っぱの筈ですが・・・ この子は5枚!

          DSC06378.jpg

             更にその隣では・・・ 6枚の子も・・・

          DSC06373.jpg

              また目を写すと・・・ 7枚付いています。

          DSC06374.jpg

       もっと多い子は?・・・ ナントこの子は8枚の葉っぱを付けていました。
             こうなるとクルマバツクバネソウ並です。
          
          DSC06375.jpg

   コクサギは新しい葉っぱを広げながらも、昨年の実をまだ付けていました。
ツツジの仲間も賑わい始めましたよ。 広場ではキヨスミミツバツツジが咲いていました。
     近くに咲いているのは、アシタカツツジのように小ぶりです。
    でも雄しべは10本です。 やっぱりキヨスミ・・・でしょうか?       

  DSC06383.jpg  DSC06379.jpg
            キヨスミミツバツツジ                    コクサギ

  チチブドウダンの隣には、サラサドウダンもあるようですが、まだまだですね。

  DSC06385.jpg  DSC06397.jpg
    アカフタチツボスミレ                      チチブドウダン

  カンアオイの仲間も多い丸火です。  トリカブトと同じようにレイジンソウも
          葉っぱを広げて来ました。 準備がいいなあ・・・

  DSC06405.jpg  DSC06388.jpg
          カンアオイの仲間                      レイジンソウ

 午後からの下見に備え、ちょっと移動して気持ちのいい森の中で昼食をとります。
 あれっ? いつの間にやらバーベキューコーナーがリニューアルされていました。
        久しぶりにここでバーベキューもいいなあ~・・・ 

  DSC06389.jpg  DSC06408.jpg
   トチバニンジン                    霧煙る丸火の森

      いつの間にやら霧の中にいました。 そろそろ移動開始です。

 

21回富士市ブナ林創造事業

  4月29日、空模様が気になる中、21回ブナ林創造事業に参加して来ました。
        500人程の市民がバスに分乗し、出発しました。
  小雨の中でしたので、車中で身支度を整え、1時間ほど歩いて植林地へ
   向かいます。雨が酷くなる前に・・・と簡単な説明や挨拶のあと、
            植え方の実演が行われました。

    DSC06172.jpg     DSC06211.jpg
     バスで現地へ・・                   植え方実演

  用意された樹種は、ブナ・ヒメシャラ・コナラ・フジザクラ・ヤマボウシ・ケヤキ・
    イロハモミジの7種です。 シャベルと苗2本を片手に何処に植えようか?

                 ・・・・・・・・・・

   次に来たときにわかりやすいように、一番隅っこに植える事にしました。
(ここなら覚えておけるな・・・) 確か、一昨年もそう思いながら植えた筈ですが、
    「う~ん、何処だったかなあ?・・・」 まあこんなものですね! 
まだ大分空いています。 (もう少し植えよう・・・) 結局7本の木を植えました。
           みんなちゃんと根づいてくれるかな~?

  DSC06218.jpg  DSC06215.jpg
             雨具を付けて植林                   ここに植林

         沢山の人手がありますので、短い時間で作業終了です。
 いつもはお昼を食べながらコンサートや講演があるのですが、雨のため、コンサートは
中止となりました。 寄付など協力頂いた団体さんに市長さんから感謝状が贈られます。

  DSC06233.jpg  DSC06249.jpg
   使用済みのシャベル              寄付を戴いた団体に感謝状

  雨の中で、Y教授から森の木について興味深いお話がありました。 子供たちも多く
   参加していたので、子供たちにもわかりやすいようにお話をして下さいました。  

  DSC06256.jpg  DSC06253.jpg
       富士常葉大学のY教授の講演                  記念植樹
  
     何しろ、バスが10台以上ですので、皆が揃うまでに時間があります。
               近くの森へ入ってみると・・・・・
雨のため、うな垂れてばかりのトウゴクサバノオや今年はお初のコガネネコノメソウ・・・

  DSC06266.jpg  DSC06269.jpg
    トウゴクサバノオ                      コガネネコノメソウ

 タチツボスミレやナガバノスミレサイシンに混じって・・・蕾を付けたヤマシャクヤク
                  の姿も見られました。 

  DSC06189.jpg  DSC06179.jpg
             ヤマシャクヤク                     ミヤマシキミ

    シャキッとした葉脈が見られる木は、カエデの仲間のチドリノキです。
 赤い苞葉を付けた若葉はとても綺麗です。 光を受けると更に美しさが増します。
 
  DSC06279.jpg  DSC06187.jpg
      コゴメウツギ                      チドリノキ

 標高1000m弱のこの地は、ミツバツツジもこれからのようで、やっと咲き始めたばかり。

          植林のほかに、自然観察も楽しんだ一日でした。

  DSC06273.jpg  DSC06262.jpg
              オニシバリ                      ミツバツツジ

    まだ小さくて食べる所も無さそうですが・・・・・こんな子がいました。

    「ウド」 です!  酢味噌和えもいいし、キンピラも美味しい~・・

           DSC06206.jpg
                         ウ   ド

          心配したほどの雨も無く、無事作業を終えバスへ向かいます。
          植林後の雨はまさに恵みの雨・・・といった所でしょうか?

              ちゃんと育ってくれますように・・・ 

 



  

富士山麓周辺で出会ったお花  その2

   少し森の中へ入ってみました。 先日覗いた時は、まだ何も見えなかった所に
  ヒゴスミレが顔を出していました。 もっと沢山出てくる筈ですので、まだ咲き始め
           たばかりのようです。 小さな苗も見えています。

 DSC06068.jpg  DSC06072.jpg
               ヒ  ゴ  ス  ミ  レ

     葉っぱだけだったヒカゲスミレもそこかしこで群生状態です。
中には少し葉っぱが黒っぽくなったタカオスミレに近いような個体も見られました。
葉っぱはちょっとヨレヨレしていますが、唇弁の筋がくっきりとしていていい顔です。
       それにしても多い・・・  今が全盛期のようです。

  DSC06116.jpg  DSC06097.jpg
         ア チ コ チ に 群 生 す る ヒ カ ゲ ス ミ レ

  待っていた美人さんのアケボノスミレも咲き始めています。 まだ葉っぱが小さく
  丸まったものが多いようです。 もっと増える筈ですので、これも咲き始め・・・
    アケボノスミレの前は、ヒナスミレが可愛く咲いている場所なのです。

  DSC06117.jpg  DSC06138.jpg
         や っ と 咲 き 始 め た ア ケ ボ ノ ス ミ レ 

   ゆったりと散策していると、アケボノスミレですが白っぽい子がいました。
       その周辺は、殆ど色の薄いアケボノスミレが多いようです。

  DSC06158_20140430212025213.jpg  DSC06153.jpg
          シ ロ バ ナ に 近 い ア ケ ボ ノ ス ミ レ

           エイザンスミレやヒナスミレは殆ど終わり・・・・・
               キスミレが僅かに咲いていました。

  DSC06141.jpg  DSC06081.jpg
              ヒナスミレ&エイザンスミレ                   キスミレ

  ここでは、ミヤマエンレイソウと普通のエンレイソウがすぐ近くで見られます。
      なかなか豪華なミヤマエンレイソウを見る事が出来ました。
         これらもやっと咲き始めたばかりのようです。

  DSC06099.jpg  DSC06100.jpg
             ミ  ヤ  マ  エ  ン  レ  イ  ソ  ウ

  DSC06105.jpg  DSC06061.jpg
          エ ン レ イ ソ ウ                  ウグイスカグラ

  富士山麓では多く見られるマメザクラですが、これはフォッサマグナ要素の植物
                なんだそうです。 

  標高の低い所では終わってしまいましたが、富士山麓では今が盛りのようです。

          DSC06168.jpg
                   フジザクラ(マメザクラ)

           途中で用事も済ませて、そろそろ帰宅の時間です。


エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる