出雲の国へ  その2

 2日目は、赤名湿原を訪ね、その後「指谷山」、出来ればその奥に位置する
              指谷奥山まで行って来たい所です。

  まずは赤名湿原に向かいます。 駐車場は我々だけの貸し切りです。
この湿原は、ハンノキ林とその林下に生育する湿性植物から成り立ち、かなりな
         種類の植物やトンボなどが見られるようです。
恐らく見頃はもう少し先だと思われますが、それでも色々なお花やトンボ・カエルなど
                 に出逢う事が出来ました。

  DSC09643.jpg  DSC09654_201406281716198b9.jpg
              案内板                         アギズミレ

            木道には、地衣類のアカミゴケの仲間が見られます。
 浮島にも生育するミツガシワが一面に広がっていました。 ミツガシワの最西限の
  自生地だそうです。 浮島でもこんな風に増えている様子を見てみたいものです。

  DSC09669_20140628171617479.jpg  DSC09667.jpg
      アカミゴケ?                     ミツガシワ

     緑一面の水辺にピンク色のトキソウはよく目立ちます。 豊かな水辺です。

  DSC09694.jpg  DSC09679.jpg
         フトヒルムシロやヒツジグサの咲く水辺                トキソウ

       モウセンゴケもお花には少し早すぎましたが、アチコチで見られます。

  DSC09660.jpg  DSC09726_201406281717195a7.jpg
       イモリ                        モウセンゴケ

                  ヒツジグサの黄色いお花も目立ちます。
   みんなでゆったりと木道歩きをします。 我々だけのとても贅沢な時間が流れます。

  DSC09698.jpg  DSC09688.jpg
              ヒツジグサ                       木道

  スゲの仲間もよくわかりません。 浮島のオニナルコスゲにも少し似ていますが・・・
            ちょっと違うようです。 (気にしないようにしよう・・・)

   DSC09684_20140628172402063.jpg  DSC09686_20140628172402363.jpg
                          ス ゲ の 仲 間

  木道から少し離れた所にハンカイソウが咲き始めていました。 近くのものはまだ蕾
ばかり・・・ (もう随分前の事なので、今ではすっかり様子が変わっている事でしょう 
        草の陰に隠れているのは、どうやらノハナショウブのようです。

  DSC09736.jpg  DSC09706_2014062817240122c.jpg
             ハンカイソウ                       ノハナショウブ

  (時間が経って記憶もあいまいに・・・・・) 気持ちのいい湿原を散策した後は指谷山
                     の登山口へ移動します。

  DSC09745_2014062817240099c.jpg  DSC09743.jpg
     ノアザミ                  カワトンボの仲間

                 (出雲の記録は思い出しつつ後日綴る事にします。) 
     

出雲の国へ その1 「琴引山」

     やっと出雲の思い出をつづる事が出来そうです。  (今頃ですが・・・)
 梅雨に入ってしまいましたが・・・・・6月5日~9日、仲間5人で出雲への山旅に
    出掛けて来ました。 Sさんが全て準備を整えて下さり、5日の夜は 
             「サンライズ出雲」 車中の人となりました。

 岡山にて切り離され、半分は 「サンライズ瀬戸」 として、高松へ向かいます。
子供達が幼かった頃・・・ (もう30年程になるでしょうか?) 高松まで乗車して
                  以来の夜行列車です。

  *********************************

 初日は、「琴引山」 を目指します。 神話の国らしい・・・心をひかれる山名です。
 琴引フォレストパークスキー場から登ります。 スキー場脇から山道に入ると・・・
  沢沿いの道にはチャルメルソウやエンレイソウの花後の姿が見られます。
          独特の葉っぱの姿をしたギンバイソウも咲くようです。 

  DSC09480_201406261417300ec.jpg  DSC09501_201406250101278ca.jpg
             ここから登山道                    ギンバイソウ

  登山道沿いには小さな流れがあり、心地よい登りです。 今回の登山道で一番多く
  見られたサワルリソウも他のお花に負けないようにずっとお伴をしてくれました。
     コアジサイも丁度いい頃で、優しい香りをホ~ンノリ届けてくれました。

  DSC09505_20140625010126e3b.jpg  DSC09477_20140625010129164.jpg
    せせらぎ・・・                  コアジサイ

       赤茶色の石はチャートでしょうか? 十畳岩を過ぎ、順調に進みます。

  DSC09507.jpg  DSC09511_20140626141729a29.jpg
               十畳岩                      ミヤマハハソ

            更には、巨岩の大神岩を過ぎ頂上へ向かいます。              

  DSC09537.jpg  DSC09535_2014062614172960a.jpg
         大神岩                     大神岩前にて

 足元には、まだ見たことのないフユイチゴの仲間らしき白いお花が咲いています。
   見上げると・・・・・オオバアサガラの蕾! 満開になれば見事でしょうね? 

  DSC09508_2014062614225976e.jpg  DSC09540.jpg
          オオバアサガラ                マルバフユイチゴ(コバノフユイチゴ)

  DSC09551.jpg  DSC09555.jpg
   シロバナニシキゴロモ?                    ハクウンボク

  琴引山神社が見えると頂上はもうすぐです。 小雨だった空模様も怪しくなり・・・
              とうとう雨も大粒になって来ました。
 頂上を踏んだ後は、 雨を避けて、神社の軒下をお借りし、、立食のお昼です。
  
    DSC09573_201406261423440ad.jpg   DSC09577_20140626142344d72.jpg
       琴引山神社                       琴引山頂上

  DSC09578.jpg  DSC09579_20140626142343b9b.jpg
      ?                           頂上は雨・・・

     神社下には分岐があり、帰りは2組に分かれて下る事にします。
 私は登りとは別ルートを行く事にしました。 このルートもコアジサイが真盛り!
  軸まで薄紫なのがとても気に入っています。 群生に目を細めます。 
     細い階段を登ってみると・・・ 小さなお社と岩屋があり、入れそうですが・・・
              (やっぱ、止めとこう・・・ でも気になります。 

     DSC09586.jpg   DSC09587_20140627013022769.jpg
             お社                    琴の岩屋

  ギンリョウソウがもう顔を出していました。 中心には大きな子がいて・・・・・
           まるで親子! 何だか微笑ましい光景です。
ミゾホウズキやトチバニンジン、お花が終わってしまったユキザサも迎えてくれました。

  DSC09582_2014062701302491e.jpg  DSC09628_2014062701302147d.jpg
   ギンリョウソウの親子?                 ミゾホウズキ 

  優しい色をしたタニウツギ目をやり、1枚岩を過ぎます。 雨でぬれているので
                        慎重に・・・。            

  DSC09629_20140627013055f0e.jpg  DSC09593.jpg
              タニウツギ                     1枚岩を慎重に・・・

          緩やかな斜面になると、そろそろ山道を抜けそうです。
 小さな鳥居を潜ると・・・・・車道に飛び出します。 さて、ここからは車道歩きです。
余り車も通らないので、右を見たり左を観察したり・・・ いつもキョロキョロお花探しです。
                時には野イチゴを口に含んだり・・・・・

  DSC09634.jpg  DSC09631_201406270130546ee.jpg
     ササユリ                         サルナシ

      途中で、雨に濡れたササユリに出会い、今年はお初!・・・ とご挨拶!
                  よかったよかった・・・・・ 

   別ルート隊は・・・・・ 帰りに 「ヒトツボクロ」 と出逢えたようで、良かったね~! 

              宿へ入り、翌日に備えます。 


釈迦ケ岳

   随分前の事になりますが、6月4日、久しぶりの山の雰囲気を味わいたくて
   釈迦ケ岳を歩きました。 帰りの人達とすれ違う・・・そんな時間の出発です。
 大きな葉っぱのヤグルマソウが咲き始めたようです。 ミツバウツギは花盛りです!

  DSC09333.jpg  DSC09334_20140618020544242.jpg
            ヤ グ ル マ ソ ウ                 ミツバウツギ

    この季節は、ウツギがとっても元気です。 数種のウツギの仲間にご挨拶・・・        

  DSC09338.jpg  DSC09350.jpg
      ヤブウツギ                   ツクバネウツギ

          ササバギンランもスッとした品のある姿を見せてくれます。

  DSC09355.jpg  DSC09344.jpg
           ベニバナノツクバネウツギ                   ササバギンラン

     イチヤクソウは道の傍らで 「あと一息・・・」 と言う風に、出番待ち状態でした。
             きっと今頃はアチコチから顔を出しているでしょうね?

  DSC09351_20140618020732242.jpg  DSC09367_201406180207306ce.jpg
     イチヤクソウ                     府駒山の標識

 葉っぱをちゃんと見て来なかったのですが・・・・・アオダモの仲間も独特の花を付けて
      いました。 クサタチバナのお花も大好きです。 蕾ばかりだなあ・・・
        おっ、1株だけ咲き始めていましたよ。 いいお花ですね!

  DSC09375.jpg  DSC09361_20140618020732984.jpg
            アオダモの仲間                 クサタチバナ

       何と言っても今日の一番の子は、オレンジ色をしたヤマツツジです。
濃淡のオレンジが森の中を賑やかに飾っていました。何度も何度も立ち止り眺めます。
 た~くさん写真を撮りました。 この程度の画像ではヤマツツジに申し訳ない・・・ 
 
  DSC09343.jpg  DSC09373.jpg
                   ヤ   マ   ツ   ツ   ジ

  針葉樹に半寄生するというツクバネですが、♀の木はその名の通り、ツクバネの
 形を整えていました。 コッチの花は別物?と思っていたら、♂の木だったようです。

  DSC09366_201406180207313f6.jpg  DSC09380.jpg
               ツクバネ(♀)                 ツクバネ(♂)

 頂上近くでは、ナナカマドがお花を付けていました。 でも・・・ナナカマドってこんな花?
  いつも目にするものとはちょっと違うような感じがします。 帰宅して調べると・・・・・
  ナンキンナナカマドのようです。 コバノナナカマドと言う別名もあるようです。
ナンキンとは?小型のものに冠するようで中国の南京ではないとの事。 へ~っ・・

  DSC09386.jpg  DSC09393.jpg
      スノキ                    ナンキンナナカマド?

     お馴染のお地蔵さまが、今日は富士山を従えず待っていてくれました。
   咲き始めたばかりのミヤマハンショウヅルはとても新鮮で綺麗な子でした。

  DSC09405.jpg  DSC09403.jpg
       頂上のお地蔵さま                        ミヤマハンショウヅル

  頂上からの眺めは素晴らしいですね。 富士山は隠れていたのですが、見下ろすと・・
                   樹林の広がる景色が大好きです。 

  DSC09398_20140619013223ca0.jpg  DSC09413_201406190132220fc.jpg
     頂上直下                      オトコヨウゾメ 

  ドンベイ峠からの往復でしたが、時間があったので新道峠へ向かいます。
 途中の車道沿いではアサギマダラがヒラヒラと羽根を広げ、舞っていました。
     ヒヨドリバナが咲く頃は、アサギマダラの乱舞が見られます。

  DSC09445.jpg  DSC09466_2014061901343093a.jpg
        ミツバウツギとアサギマダラ               エゾノタチツボスミレ

     斜面の崩れた辺りでは、紫色をしたラショウモンカズラが見られます。

  DSC09446.jpg  DSC09459.jpg
   ラショウモンカズラ                 キバナウツギ

   新道峠からゆっくり登ります。 ひと登りもしない内に尾根に出ます。
 天気が良ければ、富士山方面の大展望が開けるのですが・・・・・ 残念!
  セルフ撮影用に?いつの間にかカメラ台が備えつけられていました。

山では、鹿防御用のネットが巻かれていました。 これで木は守られるけど・・・・・
       下草のお花たちがシカさんの餌になってしまうよ~・・・ 

  DSC09458.jpg  DSC09470.jpg
      ウラジロモミ?のシカ除け作業            ニセアカシヤ
  
   早々に引き返し、帰る事に致します。 歩きは少なかったものの、山の雰囲気に
               浸れてルンルン!  足も軽いです。 



丸火自然公園

  丸火公園では毎月観察会が行われていますので、公園内の植物の移ろいが
                 身近に感じられます。
 1日、幼児から熟年まで・・・50名程の参加者で賑やかに観察会が始まりました。
      Y先生がその周辺だけにあった色々な葉っぱを並べています。
        たくさんありますね~。 子供たちの視線も熱い・・・・・

  DSC09219.jpg  DSC09222.jpg

  以前あった大きなサンショウバラは枯れてしまったようですが、その近くにもあった
          ようで、優しいピンクの花を咲かせていました。

  DSC09224_20140604023530394.jpg  DSC09233.jpg
    サンショウバラ                 ツ ク バ ネ ソ ウ

   イチヤクソウも多く見られる自然公園ですが、花期には少し早いようです。

  DSC09247_20140604023654a1e.jpg  DSC09239_2014060402365563c.jpg
           サ ラ サ ド ウ ダ ン                イチヤクソウ

  記事が遅れに遅れて・・・今はもう終わっていると思いますが、サイハイランが
                とても綺麗に咲いていました。 

  DSC09257.jpg  DSC09255_201406042312259be.jpg
                    サ  イ  ハ  イ  ラ  ン 

  葉っぱはあるのになあ~・・・・・ 気を付けて探したら、やっとこの変わったお花が
     1つだけ残っていてくれました。 オオバウマノスズクサです! 
          スターフルーツのような実も面白い。 
  あれっ? この葉っぱは湿地に咲くヌマトラノオのようです。 こんな所にも咲くの
                          ですね。 
  
  DSC09264.jpg  DSC09272_20140604231422557.jpg
            オオバウマノスズクサ                 ヌマトラノオ

 観察会が終わり、仲間数人と歩いてみました。 咲き残りのキンラン・オカタツナミソウ
       見られます。 たくさんあるウリノキですが、まだ咲いてくれません。
                     どれか咲いてないかな~?

  DSC09249.jpg  DSC09248_20140604231428ce9.jpg
       ウリノキ                   オ カ タ ツ ナ ミ ソ ウ

  キノコも少しづつ目につくようになりました。 ちゃんと調べなければ・・・・・と
                 思いつつも、なかなか・・・

  DSC09258.jpg  DSC09279.jpg
           イ グ チ の 仲 間                  キンラン

  ここは富士山の側火山のひとつです。 色々な場所で溶岩樹形・溶岩球なども
           見られ、散策コースも多く、なかなか楽しい森です。

  DSC09280.jpg  DSC09276.jpg
     溶 岩 洞 窟                  ク モ キ リ ソ ウ                  

 ( もうすっかりカビの生えたような記事なのですが・・・・・没にするにも偲びなく・・・ )

     今更ながらお話でした。 出雲の国の歩きはまたボチボチと・・・ 


  

浮島ケ原自然公園

           1日1日があっと言う間に過ぎていきます。 
   年を追うごとにそのスピードは加速するようで、ノンビリ屋の私などは付いて
                行けない早さのように感じます。

       浮島公園の一押しのサワトラノオも花期を過ぎ、実になっています。
     こちらオニナルコスゲもミツガシワと同じ、氷河期の生き残りだそうです。
スゲやイネ科の植物には余り目が行きにくいのですが、そんな歴史を知れば「ほほ~」
           と少しは関心を持ってくれるかも知れませんね。

  DSC09205.jpg  DSC09204_201406031510502df.jpg
       サ  ワ  ト  ラ  ノ  オ  の  実           オニナルコスゲ

  今の時期、少しお花が少ないのですが、次の出番に備えて色々な植物が準備中
です。 唯一、ナヨナヨワスレナグサは名前のようにヨシなどを頼って上に伸びています。
私の好きな 「ゴキヅル」 も周りの草の力を借りて蔓を上へ上へ・・・と伸ばしています。
   小さな星のような花を付けた後、実が熟してくるとカパッと上下に割れます。
     まるで何かの器のような感じで、 「合器」「蔓」→ゴキヅルだとか・・・
         名前だけ聞くと、「ゴキ○リ」 を思い出しますが・・・・・  

  DSC09203.jpg  DSC09200.jpg
   ゴキヅルの葉&ナヨナヨ          ナ ヨ ナ ヨ ワ ス レ ナ グ サ

  園内を歩くと、ハンゲショウが蕾を持って来たのがわかります。 周囲のヨシを刈って
     くれたので、清々と光を浴びています。 白く化粧するのももうすぐです。
   山では、マタタビやミヤママタタビが同じように白やピンクに葉を染めます。
   エゾミソハギやクサレダマもグングン伸びて来ています。 あと一息ですね!

  DSC09213.jpg  DSC09211.jpg
           ハ ン ゲ シ ョ ウ                  エゾミソハギ

                     タコノアシも伸びて来ました。

  DSC09212.jpg  DSC09194.jpg
     コシロネ                    タ  コ  ノ  ア  シ 

             湿地から外れた丘でもシモツケがよく咲いて来ました。
               ナンキンハゼの新芽も可愛く色づいています。

  DSC09197.jpg  DSC09198.jpg
           シ  モ  ツ  ケ                   ナンキンハゼ

  セリ科の白いお花はヤブジラミでしょうか? 小さな花をいっぱい付けています。

  DSC09181.jpg  DSC09183_20140603151010f61.jpg
     ヤブジラミ                  シ ュ ッ コ ン バ ー ベ ナ

    園外の道沿いでは、イボタの花が真盛り! 白いお花で賑わっています。
       管理棟内には、行く度に新しいものが増えているのですが・・・
     今回は・・・Sさんが見つけたスズメバチの小さな巣がありました。
       ハチは芸術家ですね! こんな素敵な家を作るのですから・・・・・

  DSC09216.jpg  DSC09187.jpg
              イボタ                        スズメバチの巣

  孫のK太たちもやって来て・・・・・ ザリガニ釣りに初挑戦。 虫が苦手なK太は
   ザリガニを触る事は出来ませんが、どうやら結構楽しかったようです。
           苦手克服となればいいのですが・・・・・

   一方弟のYはブタナの綿毛飛ばしに夢中です。 まだ若いのか、うまく綿毛が
          外れてくれません。口元にはヨダレがい~っぱい。・・・ 
             タンポポより飛びにくいのかなあ?・・・・・

  DSC09193.jpg  DSC09196.jpg
     Yの綿毛吹き                K太のザリガニ釣り

          観察会として訪ねて下さったり、お客様を伴って訪ねてくれたり・・・・・

             相変わらず人気のザリガニ釣りで賑わった浮島でした。
  
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる