富士山5合目から水ケ塚へ  その2

富士山5合目で見られるお花はまだちょっと少なく、ただいま準備中の子が多い中、
      フジハタザオなど、開花の早いお花はしっかりと咲いていました。
     2400mの五合目から1500mの水ケ塚まででこんなお花に出逢いました。

  イワツメクサ  オンタデ
                イワツメクサ                     オンタデ

 クルマユリの小さい事・・・・・ 草原の中では15cm程の子がちゃんと蕾を持ち
準備完了!といった所でした。 タカネグンナイフウロも早い時期に咲くのですね?

  クルマユリ  タカネグンナイフウロ
     クルマユリ                    タカネグンナイフウロ

 こちらの目立つ子はキジムシロでしょうか? 標高の高い場所で見た子は、
     より鮮やかに見えました。 キソチドリ?はアチコチで見られます。
    
  エチゴキジムシロ?  キソチドリ?
               キジムシロ                  キソチドリ?

アオスズランは華奢なものからどっしりしたものまで・・・とても同じものとは思えませぬ。
 富士山に咲くフジハタザオはいいですね! ただ、お花は少し盛りを過ぎていました。

  エゾスズラン  フジハタザオ
     アオスズラン                 フジハタザオ

 ランと名前が付くのだけれどランの仲間じゃありません。 その名は・・・コタヌキラン!

  コタヌキラン  ヒメハナワラビ
               コタヌキラン                    ヒメハナワラビ

   ギンリョウソウ、今年はいっぱい出会えました。 中にはこんな団体さんも・・・

  コフタバラン  ギンリョウソウ
     コフタバラン                    ギンリョウソウ

   イチヤクソウの仲間もいくつか顔を出しています。 葉っぱの割には花つきの
                 寂しいベニバナイチヤクソウです。                    

  ベニバナイチヤクソウ  ジンヨウイチヤクソウ
            ベニバナイチヤクソウ               ジンヨウイチヤクソウ

  ツバメオモトはお花が終わり、ムラサキモメンヅルはこれからお花をつけます。
          みんな一緒に見られるといいのになあ・・・・・ 

  ツバメオモト  ムラサキモメンヅル
     ツバメオモト                   ムラサキモメンヅル

          木をグルグルに巻いて咲いているのはツルアジサイです。
   こちらは本体が枯れて・・・生け花風になっているのが素敵な森のオブジェでした。

  ツルアジサイ  DSC09869.jpg
                ツルアジサイ              白っぽいベニバナイチヤクソウ
                   
    お花やコケ・地衣類・小鳥の声を聞きつつノンビリ下る山歩きもまた楽し!
  
            7月中旬の出来事にやっと陽があたりました。 

        今頃はキット賑やかなお花たちが迎えてくれる事でしょう!
 

富士山5合目から水ケ塚へ  その1

  今シーズン初の富士山五合目です。 今年は7月10日~9月10日まで車両規制が
   行われ、バス・タクシー・許可車両以外は五合目への乗り入れは出来ません。
  水ケ塚駐車場に車を止めてバスで五合目へ向かいます。 富士宮口は残雪の為、
   八合目までしか登れない為か、登山者も少ないです。 (18日より頂上まで可)

DSC09753_20140720012446aa6.jpg
     腰切塚      浅黄塚          富士山        双子山

 青空に富士山が映えています。 宝永山の火口は大きく、赤岩は獅子の顔のように
               見えて、私の好きな姿です! 

  DSC09758.jpg  DSC09759_20140720012444e9e.jpg
         真中は宝永第1火口                       宝永山

   今回は、六合目へ回らず、樹林帯を通って宝永火口の脇へ出る事にしました。
    樹林の中は気持ちがよく、ちょっと足元に気を付けながら緑を楽しみます。  

  DSC09823.jpg  DSC09826_20140720013522553.jpg
   五合目駐車場から               樹林帯途中の倒木など

     見上げると、六合目から宝永山へ向かう子供たちの列が目に入りました。
      今日で良かったね。  こんな景色なかなか出会えない・・・・・
   宝永へ出ると、子供たちの元気な声!子供たちに声を掛けてていると、上から 
    手を振っている人がいました。 Mさんが付き添いで案内されていたようです。
   「わ~、お久しぶり~」  ナント!この日は、静岡市内の小学校3校の子供たちが
                    訪ねていたようです。
  
  DSC09832_20140720013103584.jpg  DSC09846_201407200128003ad.jpg
         六合目小屋から宝永山へ                 火口壁に穴

       火口壁からは頂上~宝永山の雄大な姿が目の前に広がっていました。
            この第一火口は、頂上の火口より大きいそうです。
んっ? 火口に変な穴が見えます。 昨年までは無かったものです。 どうしたのでしょう?
       もしかして、落石かなあ?・・・  それにしては深そうだけど・・・

DSC09844_201407200124435c6.jpg
            頂上      宝永第一火口      宝永山

         かなり大きな穴のようで、遠くからでも目に入ります。
 数年前の強風時、風よけに身をかがめていたら大きな音がして畳1枚もあろうかと
思う石が10数メートル先を転がって行きました。 実際には私は見ていなかったの
 ですが、風が止んで近くへ行くと転がった大きな跡がありビックリしました。 

  DSC09849_20140720012759797.jpg  DSC09842_201407200124446ce.jpg
    宝永第二火口の壁                     宝永山

 さて、ここから水ケ塚方面へ下ります。 赤岩も角度を変えると全く様子が違います。
 周辺の草付きもこんもりと盛り上がった所に草本が入り、中央に樹木が発達する
        様子がよくわかります。 とてもいい感じの平原?です。

  DSC09882.jpg  DSC09888_20140720014135ed3.jpg
              宝永山赤岩

  ここからの下りには色々なコースが案内されています。 ただ、地図を持ち、ちゃんと
          確認しながら入らないと、道迷いもあり、心配です。

  DSC09891_201407200141344ca.jpg  DSC09893_20140720014134332.jpg

   森の中は緑がいっぱい! 特に地衣類のチズゴケやサルオガセ・ハナゴケの仲間、
    そしてコケも豊かです。 村山修験者富士山修験場跡という案内もあります。

  DSC09921_20140720014530cee.jpg  DSC09911_20140720014531e6e.jpg

  DSC09928_20140720014529b66.jpg  DSC09985_20140720014529923.jpg

  DSC09986.jpg  DSC09997.jpg

    DSC09991.jpg    DSC09996_20140721171103d8c.jpg    DSC09989_20140721171104a8f.jpg

       高度によって移り変わる森を楽しみながら無事水ケ塚に到着です。

  DSC00003_2014072117175326e.jpg  DSC00017_20140721171752312.jpg
   倒木の多い場所                     ミソサザイ

             お花も色々見られましたので、それはまた次回に・・・

 

富士山麓の観察会

            15日は、富士山麓の森で観察会が行われました。
 標高1200m程の西臼塚の森は、涼しくて緑がいっぱいです。 巨木も多く、遊歩道が
充実し(数年前の台風で通行止めの場所もありますが・・・) ゆったりと過ごす事が
       出来ます。本日は、ここから下って観察をする事になりました。

  モミジイチゴやモリイチゴ(シロバナノヘビイチゴ) を試食しながら出発です! 
 モリイチゴは香りが良くて、3つ4つ・・・と食べた後の指先の香りにウットリします。 

  DSC09501_2014071803241388c.jpg  DSC09502_20140718032412085.jpg
    モリイチゴ                       キツリフネ 

   ミツバウツギの実もたくさん付いています。 昔のブルーマ?のようななかなか
              面白い形をした実が下がっています。 
    クモキリソウもそろそろ終わりの季節ですが、この子が今年の見収めかな?

  DSC09522.jpg  DSC09494_201407180324124fc.jpg
                ミツバウツギ                   クモキリソウ 

        この森には巨木も多く、なかなか見事な木々が生きています。 
  大きな木の前に立つと広い意味での自分の小ささを感じます。 そっと寄り添うと
            ふわっと包みこまれ、力がみなぎります。                    

  DSC09542.jpg DSC09530_201407180325161d1.jpg
    ケヤキの巨木                    ノリウツギ

  足元には咲き残っているツルシロカネソウやクワガタソウなどの白いお花が見られ
     ます。 いつの間にやらキノコがたくさん目につくようになってきました。
 
  DSC09544.jpg  DSC09536.jpg
            ツルシロカネソウ                    ウスタケ

     ツチアケビも顔を出して来ました。 やっと1輪咲いていただけ・・・・・ 
咲き揃うと綺麗でしょうね? ツレサギソウの仲間でしょうか? 開花が待遠しい・・              
  
  DSC09561.jpg  DSC09610_201407180333385bf.jpg
       ツチアケビ                   ? 何でしょう・・・

 いつもみんなから遅れ気味です。 でもちょっと気になって行ってみると・・・
花期を過ぎたお花がいっぱい。 オオルリソウかな? でも花の付根が長いなあ・・
                 え?白?・・・ ま、いいか
と、皆を追いかけます。 帰宅後調べてみると・・・多分お初のサワルリソウのようです。
      ざ~んねん!! 来年は一面に広がる様子が見たいなあ・・・

  DSC09622_2014071803333886f.jpg  DSC09633_20140718034459c58.jpg
             サワルリソウ                    ケヤキの巨木2本

 根元付近から何やら音が聞こえて来ます。 (まずい!蜂だ!) と逃げようとしたら・・・
          ミツバチがブンブン・・・・・ キット熊さん喜ぶだろうな~。 
 
  DSC09650_20140718034458b81.jpg  DSC09639_2014071803445942b.jpg
    シナノキの巨木                別の木の根元では・・・

   この辺りではギンリョウソウがまだ出始めです。 今回はたくさんのギンリョウソウ
       に出逢えました。 なかなか個性的なキノコはクロノボリリュウタケ・・・
        ほんとにキノコが急に多く見られるようになって来た気がします。

  DSC09685.jpg  DSC09669_20140718034457af1.jpg
            ギンリョウソウ                    クロノボリリュウタケ

   キノコ好きのK先生が重いキノコの本を取り出し、調べてくれながら進むので
私はさらに遅れがち・・・  イケマもお花が咲き始めました。 アサギマダラの食草です。
        そう言えば、先日アサギマダラの幼虫を見ていました。
 
  DSC09671.jpg  DSC09695.jpg
     トガリツキミタケ                        イケマ

   そろそろ観察会も終わりに近づきつつあります。 湿った少し陽の届かない場所
         ではシロバナイナモリソウが星型の花を咲かせていました。
             (アサギマダラの幼虫は少し前の写真です)

  DSC09683_20140718044010b02.jpg  DSC09369.jpg            
             シロバナイナモリソウ               アサギマダラの幼虫 

 沢沿いの登山道脇には2~3個の縄状溶岩が見られます。 以前は他にも見られた
      のですが流れた土や枯葉で覆われ、今では見る事は出来ません。               

  DSC09733_20140718044711489.jpg  DSC09686_20140718044008f03.jpg
     バイケイソウ                       縄状溶岩 

   ちょびっと居残りをして・・・・・探したいものは見つかりませんでしたが、
        ここでも 「キ・ノ・コ!」 色々なものが見つかりますね!

   DSC09750.jpg    DSC09723_20140718045133f4b.jpg    DSC09721.jpg
     イグチの仲間          マメザヤタケ?         シロキクラゲ


                  丁度いい時間に終了となりました。


 

6・7月に出逢ったお花たち  その2

     林に入ると・・・・・鼻の余り良くない私にも 「ふわ~っ」 と香りが届きました。
     この辺りにもいるのかなあ?・・・・・  キョロキョロすると・・・ ヤッパリね!
 優しいピンク色の子、殆ど白っぽい子もいました。 サ・サ・ユ・リは可愛いねえ~・・・

  ササユリ1  ササユリ2
                     サ   サ   ユ   リ

      ちょっと標高のある所では、こんな子があっちにもこっちにも・・・・・
         余り気付かなかったけど、仲間がたくさんいたんだね!

  ヒメムヨウラン1  ヒメムヨウラン3
               ヒ   メ   ム   ヨ   ウ   ラ   ン

        元々薄暗い所がお気に入りの子です。 訪ねたのはもう夕方。
         ブレブレは仕方ないかなあ・・・・・ と言い訳だけは一人前!

  ムヨウラン2  エンシュウムヨウラン?
            エ  ン  シ  ュ  ウ  ム  ヨ  ウ  ラ  ン  ?

          昨年は1株だけしか会えず、消化不良気味だったけど・・・
   この日はたくさんの子に出逢えました。 ゾウムシの仲間やオオトラフコガネが
                      せっせとお仕事中です。

  キバナノショウキラン1  キバナノショウキラン3
             キ  バ  ナ  ノ  シ  ョ  ウ  キ  ラ  ン

        1ケ所でこんなに沢山の子たちに出逢えたのは初めての事です。
            小さな子も含め、20数株! すべて合わせると30株!
                      わ~い、大漁だ~・・・

  キバナノショウキラン4  キバナノショウキラン2
             キ  バ  ナ  ノ  シ  ョ  ウ  キ  ラ  ン 

      この子たちがいるとなれば、きっと出ている筈! おっ、いましたいました。 
       キ・ヨ・ス・ミ・ウ・ツボです。  「おかしいね・・・たくさん出る筈なのに」
   しっかり見てみると・・・・・傷んだ跡がいっぱいあります。 ここにも・・そこにも・・・
       そんな中、いたずら坊主を見つけました。 これはヤスデでしょうか? 
           えいっ、と木ではさんでちょっと移動して貰いました。

  キヨスミウツボ1  キヨスミウツボ2
                   キ  ヨ  ス  ミ  ウ  ツ  ボ

 この小さなお花に逢いたくて、以前見つけた場所へ行ったのですが・・・(おかしいなあ)
   それならば・・・と場所を変えました。 注意しながら歩いていると・・・よかった!
  コ・イ・チ・ヨ・ウ・ラ・ンに似てるけど、唇弁のギザギザがハコネさんの特徴です。
            目が慣れてくると・・・・・ここにも居たのね!
                  まにあって良かった~

  ハコネラン2  ハコネラン2 (2)
                   ハ   コ   ネ   ラ   ン

        そして、岩場が好きな姫はこんな所で待っていてくれました。
            それにしても近寄るのはなかなか大変・・・

  ウチョウラン1  ウチョウラン3
                   ウ   チ   ョ   ウ   ラ   ン

    気を付けながらゆっくりと近づいて・・・ 「こんにちは、今年もあえて良かった~」

  ウチョウラン4  ウチョウラン2
                   ウ   チ   ョ   ウ   ラ   ン

   隠れん坊の一番はこの子です! お花が咲いてるのか咲いてないのか?
        よ~く見ると・・・丁度いい具合に咲いていました。
       ちょっと捻じれたクリオネ? それにしても、小さすぎ・・・ 

  ミスズラン1  ミスズラン2
                   ミ   ス   ズ   ラ   ン

      フガクさんはもう咲いてるでしょうね? 見逃さないように、逢いに行くね!
 そして、念願だったこの子は・・・ 残念! 蕾でした。 それもまたもやブレブレ・・・
       でもいつか、その内・・・・・美人さんに逢いに行きますからネ。 

  フガクスズムシソウ  キンセイラン
           フ ガ ク ス ズ ム シ ソ ウ         キ ン セ イ ラ ン

               いつの間にか、ランラン・・・の季節になりました。



6・7月に出逢ったお花たち  その1

        思わぬ所で、思わぬ花に出逢うと、ニッコリ、ドッキリです! 
 それも今まで見たものとは別の顔をしているのですから、誰だかわかりませんでした。
 もっとクリームっぽいイメージが頭から抜けませんでした。 渋い色の子もいるのですね!
    新鮮で可愛い子ばかりでした。 でも・・・葉っぱが見つけられない。 

  コケイラン2  コケイラン1
                    コ   ケ   イ   ラ   ン

  コケイラン4  コケイラン3
                    コ   ケ   イ   ラ   ン

       この時は少し早目でしたが・・・・・咲いた子いないかなあ?・・・
       いましたいました! それにしても、ナンテ写しづらい事か・・・
               ちゃんとお顔を見せて下さいな・・・

  コアツモリソウ1  コアツモリソウ2
                   コ  ア  ツ  モ  リ  ソ  ウ

        緑色をしたのが普通の子。 仲良しで並んでいましたよ。
アレアレ・・・・・ こんな色をした子もいました。 どんなお花を見せてくれるのかな~?

     アオスズラン?    アオスズラン(紫色)
           たぶん・・・・・ ア  オ  ス  ズ  ラ  ン

 2枚の葉っぱをつけたのは、コフタバラン。 じっくり探すと・・・ホラ、見えて来ます。

  コフタバラン2  コフタバラン
                    コ  フ  タ  バ  ラ  ン

           蕾の子はいっぱい居るけれど・・・・・ あっ、み~つけた!

  キソチドリ  キソチドリ1
                   キ   ソ   チ   ド   リ

   唇弁の真中に紫色が見えるのはシ(紫)テン(点)クモキリだって!  な~る程ね!

  シテンクモキリ2  シテンクモキリ1
                  シ  テ  ン  ク  モ  キ  リ

      そして、普通に見られるこの子は・・・ 「クモキリソウ」 と、申します。

   クモキリソウ2  クモキリソウ1

                野を飾るお花たちはどの子も可愛いですね! 


  

出雲の国へ  その4 (三瓶山)

          楽しみにしていた出雲の山歩きも最後の日となりました。
  姫逃池コースから三瓶山に向かいます。 三瓶山は主峰の男三瓶・女三瓶・
   子三瓶・孫三瓶を主とした6つの峰が環状に繋がっている山だそうです。
          天気はこの日もイマイチで雨具を着けての出発です。 
            少しガスの掛かった森を登って行きます。

  DSC09967_20140710234258128.jpg  DSC09970.jpg
          姫逃池コースの登山道                  ガスで煙る森

  今回もたくさん出会ったコアジサイですが、ここで見られたのは白花のコアジサイです。
               薄紫もいいけど、白花もなかなか素敵です。

  DSC09974_20140710234257ed0.jpg  DSC09979.jpg
            白  花  が  多  い  コ  ア  ジ  サ  イ

相変わらず多いミズタビラコです。 森の中を覗くとエンレイソウも咲き終わったようです。
 ヤブデマリや木に巻きついたイワガラミも霧の中に白い花が浮かんで見えます。

  DSC09985.jpg  DSC00026_20140710234346ee6.jpg
                  案内板                     ヤブデマリ

   一番びっくりしたのは、ツルガシワの多い事! 以前富士山麓でも見ましたが、 
               登山道沿いにたくさん姿を見せてくれました。

  DSC09990_201407102343482af.jpg  DSC00016_201407102343462ac.jpg
                    ツ   ル   ガ   シ   ワ

 オオナルコユリには100個を越えるほどの花が付いてて 「うわ~、重そうです!」 

  DSC09996_20140710234347a9c.jpg  DSC00031_2014071023434509e.jpg
          オ オ ナ ル コ ユ リ                森に育つ巨木

   途中の案内板もしっかりしています。 少し空が明るくなった頃男三瓶に到着です。
     周辺には草原が広がり、とても心地よい頂きです。 ここで昼食にします。
   別コースからも登山者がいて、時折り掛かるガスの中から人がふっと現れます。

  DSC00033_20140710235005993.jpg  DSC00067_20140710235003ec1.jpg
     頂上近くの石                       男三瓶頂上

    時折りガスが掛かったり晴れたり・・・ でも遠くを望む事は出来ません。

  DSC00062.jpg  DSC00043_20140710235132bb0.jpg
                頂上小屋                     タニウツギ

  DSC00074_201407102351319df.jpg  DSC00077_20140712000040119.jpg
     アキグミ                        男三瓶頂上にて

  頂上ではアキグミ?らしきお花がいっぱいです。 カノコソウやダイセンクワガタ?も
咲いていました。 ミヤマクワガタの仲間のようですが、ここではダイセンクワガタかな?       

  DSC00097_20140710235129b2c.jpg  DSC00080_20140710235130e5f.jpg
            ダ   イ   セ   ン   ク   ワ   ガ   タ

   カノコソウも今年は初めての出会いです。 緑の草原の中のピンクが可愛いです!

  DSC00113_20140710235724471.jpg  DSC00111_20140710235725a90.jpg
                 カ   ノ   コ   ソ   ウ

            岩場ではアカモノが小さな木に花を咲かせていました。

  DSC00122.jpg  DSC00135_20140710235722827.jpg
            くっきりとした地層                     アカモノ

  ヤマツツジがまだ色鮮やかに残っていました。 女三瓶への縦走路には2ケ所ほど
        ちょっと悪路があります。 そこをクリアし、女三瓶へ向かいます。

  DSC00153.jpg  DSC00148.jpg
      ヤマツツジ                     女三瓶へ

     産毛?の多いオオイタヤメイゲツです。 もしかすると別物?などとも思った
              のですが、幼い頃は白い毛も多いようです。

  DSC00156.jpg  DSC00159.jpg
          女三瓶の電波塔                    オオイタヤメイゲツ

  DSC00177_201407110001301c9.jpg  DSC00181_20140712181158e96.jpg
                                子三瓶・孫三瓶方面

      兜山の標識を越え、少しのアップダウンを繰り返し、女三瓶に到着です。
                    ここから北の原方面へ下ります。
    ショウジョウバカマの咲き終わった花柄がいっぱいです。 歩く人が少ないのか、
                    登山道脇の木がはみ出しています。

  DSC00191_20140712181157a94.jpg  DSC00200.jpg
               ちょっと急坂を・・・                  女三瓶頂上

          ちょこちょこと、お花に挨拶をしながら下って行きます。

  DSC00205_201407121815143a2.jpg  DSC00219_20140712181513487.jpg
     クモキリソウ                      ウリノキ

   テクテクと歩き、車道に出ました。 ここから車回収のため、車道歩きです。
        途中、「国引きの丘」 の展望地を過ぎ・・・・・到着です。

  DSC00228.jpg  DSC00223_201407121815127b0.jpg
                 国引きの丘                   ヒトクチタケ

           快適なビジネスホテルで汗を流し・・・洗濯も済ませ・・・
  楽しかった出雲の旅は終わりに近づきました。 明日は、松江城を訪ね、仲間と別れ、
    四国へ向かいます。 四国のお話は・・・・・ごめんなさい。 ありません~・・・

 企画をしてくれ、たくさんのお骨折りを戴いたSさん、一緒に遊んで下さった仲間たち・・・

                    ほんとうにありがとうございました!

                          (おしまい)


出雲の国へ  その3

      過去に戻り・・・・・ もう忘れてしまいつつある記憶を引っ張り出して・・・
                 出雲の山歩きを綴る事にします。

     赤名湿原で、フト浮島を思い出し、楽しんだ後は、指谷山へ向かいます。 
  指谷山周辺は、庄原市高野町に位置し、県自然環境保全地域として指定されて
       いるようです。 「森のホテルもりのす」 から出発します。
 
  DSC09753_20140710115735e65.jpg  DSC09754.jpg
                 案内板                      もりのす

  今回の3つの山で特に目立ったのは、ミズタビラコです。 沢沿いの道が多かったせいか
        いたる所で見られました。 小さいながらなかなか可愛いお花です。

  DSC09755_20140710115734664.jpg  DSC09759_20140710160618c82.jpg
       いざ出発                     ミズタビラコ

   タツナミソウの仲間だけど何だろうね? それにしても・・・たっくさんのお花が
迎えてくれました。 色々調べてみると、2004年に新変種として存在が認められた
ホクリクタツナミソウのようです。 似ているとされるデワノタツナミソウには茎に下向きの毛が
    少しあるようですが、出逢ったお花の茎には開出毛がいっぱいでした。
やはり簡単に済まさずちゃんと調べなければいけませんね。 勿論お初の出会いです!

  DSC09798.jpg  DSC09795.jpg
       ホクリクタツナミソウに見送られて               ホクリクタツナミソウ

      スミレも綺麗な斑の入ったものが数種見られましたが、残念! 
 お花を見たかったなあ・・・ 小さなお花に目をやりながら少しづつ登って行きます。

  DSC09809_20140710115837227.jpg  DSC09829.jpg
       コナスビ                     ミヤマヨメナ

    セリバオウレンやイワカガミも咲いたようですね。 
                   この先、キバナアキギリも咲きそうです。

  DSC09832_20140710115834df3.jpg  DSC09817.jpg
               セリバオウレン                   イワカガミ

  日本海側に咲くニシキゴロモも所々で見かけます。 上唇が長いのでタチキランソウ
          かな?と思いましたが・・・ニシキゴロモでいいですよね?

  DSC09824_20140710170153107.jpg  DSC09857_20140710170153297.jpg
       ニシキゴロモ                     シロバナニシキゴロモ

  頂上近くになると、ガスが掛かり雨も落ちて来ました。 仕方ない・・・・・
傘をさして昼食です。 その先の指谷奥へも行きたい所ですが、無理をせず下る事
                       にしました。 

  DSC09837_201407101701520e1.jpg  DSC09844_20140710170152a93.jpg
            神秘的な森                   斑入り?ツクバネソウ

  ずっとツルアリドウシの蕾を見て来たのですが、頂上まで来てやっと咲いたお花を
   見る事が出来ました。 途中には昨年の赤い実が残ってるものもありました。             

  DSC09850_201407101701518f3.jpg  DSC09847_20140710174756911.jpg
     ツルアリドウシ                 指谷山山頂 

               可愛いササユリのお花も見る事が出来ました。                   

  DSC09871.jpg  DSC09951_20140710175441ae0.jpg
                ササユリ                     タニウツギ 

      「ハンショウヅルが咲いてるよ」 と仲間が教えてくれました。 
ふっくらしたハンショウヅルだなあ・・・ などと思っていたのですが、これもお初の
  タカネハンショウヅルでした。 もっとちゃんと見ておけば良かったなあ・・・

   と言う事は・・・手持ちの図鑑のハンショウヅル、今年は制覇しましたぞ!
シロバナハンショウヅル・ハンショウヅル(アルビノも・・)・ミヤマハンショウヅル・
  トリガタハンショウヅル・そしてタカネハンショウヅル・・・ヤッタネ! 


  DSC09875_201407101750230a9.jpg  DSC09893.jpg  
                  タ カ ネ ハ ン シ ョ ウ ヅ ル 

  このクニャクニャのカンアオイの仲間は、昨年見たミヤコアオイ? 多分そうだと
                        思うのですが・・・・・   

  DSC09940_2014071017032278b.jpg  DSC09909_20140710170323f1d.jpg
                    ミ  ヤ  コ  ア  オ  イ

  駐車場まで下りた後、まだ時間も早いので周辺の山野草園やキノコ園の散策を
します。 薬草なども丁寧に表示していて、なかなか素敵な散策路が沢山ありました。
  
  DSC09938_2014071018445458c.jpg  DSC09942.jpg
     ミヤマヨメナ                    山野草園案内板

    もう咲き終わりでしたが、思わぬ所でコケイランに出逢えよかった~・・・
             今年は3ケ所で出逢えました。 
     オオバアサガラも咲き始めています。 咲き揃えばとっても素敵でしょうね・・・

  DSC09945_201407101840302ce.jpg  DSC09953_20140710184029c70.jpg
                コケイラン                   オオバアサガラ

          ビックリしたのは、私の身長を越えるほどのナルコユリ!
  オオナルコユリだそうで、多分これも初めての出会いです。 1本の花数も凄い!

  DSC09957.jpg  DSC09956_20140710184028292.jpg
                      オ  オ  ナ  ル  コ  ユ  リ

     地域が違うと普段見られない色々なお花に出逢えて楽しいですね。 
                  似てても違っていたり・・・ 

          さて、明日(6月8日)は楽しみにしていた三瓶山です。

                     (その4へ)

槍ケ岳へ  その3

 何処でもいつでもどんな状態でもグッスリ寝られる・・・ という特技を持っている私ですが、
            何故か昨夜は何度も目覚めてしまいました。 
         などと言いながらも、ちゃんと寝ていると思うのですが・・・・・

      本日は山の最終日。 早いものです。 昨日の予想では曇りでした。
 目覚めると・・・・・今日もいい天気です。 日の出は4時半との事で、外でご来光を
      拝む事にします。 眼下にはふわふわの雲海が広がっています。

  DSC00183_20140707080550fa5.jpg  DSC00178_2014070708055087d.jpg

    少しづつ東の空が明るくなって来ました。 風の冷たさが心地よいです。
陽気な米国の通訳さんとお仲間が槍の穂に取り付いていました。 あっと言う間に
  頂上へ飛び出して行きました。 頂上は二人でゆっくり楽しまれたようです。
      前日に新穂高から10時間掛けて登られたご褒美ですね!

  DSC00192_201407070805484de.jpg  DSC00186_20140707080549956.jpg

                  もうすぐ・・・もうすぐ日の出です。 
                    光がパーっと広がります。

  DSC00199_20140707080548c76.jpg  DSC00201_20140707080628d36.jpg

      周りの山々は少しだけ赤く染まりました。 それもあっと言う間・・・・・

  DSC00204_20140707080627378.jpg  DSC00205.jpg

 小屋の上に槍の穂先でしょうか? だとすると影槍ですが・・・どうもよくわかりません?
                   今日の一日が始まりました。

  DSC00209.jpg  DSC00210.jpg
                                           イワベンケイ

   小屋の岩蔭では、ヤマガラシやイワベンケイ・ハタザオの仲間などがひっそりと
 咲いていました。 6時からの朝食を終えて、それぞれの人に別れを告げ、その後の
            健闘を祈り・・・・・ 上高地へ向けて下ります。

  DSC00212.jpg  DSC00213.jpg
     ヤマガラシ?                 下ります

   行ける所までアイゼン無しで下ろうと言う事になりました。 気をつけながら・・・
     時々転んだり滑ったりもしながら・・・グングン山が遠くなっていきます。
 「槍の下で待ってるわ・・・」 などと言っていたSちゃんは、スイスイ槍の穂先へ登り
   雪渓下りも先頭を切って下りて行きます。 さすが元 「山の子」 です。 

  DSC00219.jpg  DSC00218.jpg
            槍ケ岳を背に・・・                   だいぶ下りました

     途中で動物の足跡を見つけました。 シカかな?それともカモシカ?
            よくわかりません。 気にしないようにしよう・・・・・

  DSC00223_20140707081245eb5.jpg  DSC00220_20140707081246247.jpg
    シカ?カモシカ?              ドンドン下ります

     思っていたよりずっと早く雪渓を下り、ババ平までやって来ました。
 雪が消えるとお馴染の花を楽しんだり、行きには気付かなかったお花に目を
      やったり・・・いつもの歩きで、今日もヤッパリ遅れ気味です。

  DSC00241_20140707081244bf1.jpg  DSC00233_201407070812452c9.jpg
                サワダツ?                  ショウジョウバカマ

 大きめの葉っぱに蕾が二つちょこんと乗っています。 これはオオヒョウタンボクかな?
    ?マークばかり増えるお花たちです。 教えて頂けると嬉しいなあ・・・・・ 

  DSC00247_201407070812433ba.jpg  DSC00254.jpg
   オオヒョウタンボク                ババ平(キャンプ場)

 二日前には1つだけ咲いていたクルマユリも、帰りには倍に!?増えていました。

  DSC00264.jpg  DSC00253_20140707103815919.jpg
               クルマユリ                    ヨウラクツツジ

  登りにいっぱい見た筈なのに・・・写真も撮った筈なのに・・・ ヤッパリ立ち止まる。

  DSC00301.jpg  DSC00267.jpg
      ショウキラン                ツマトリソウ

  登りには見えなかった槍見河原からの景色ですが・・・ 大きくなった木が
       邪魔をしているものの、ちゃんと見ることが出来ました。

  DSC00270.jpg  DSC00275_20140707104357c25.jpg
                二の俣                      槍見河原

   沢をいくつか越えて、まずは横尾へ向かいます。 小休止をし、すぐに出発。
      この分なら嘉門次小屋でイワナの塩焼きが食べられそうです。
 ホロホロのお魚は、塩がたっぷり掛かっていたものの、美味しくて何年か前には
                     2匹も戴きました。

  DSC00280_20140707104357651.jpg  DSC00292_20140707105035082.jpg
                               ウラジロヨウラク?

  イワナはさて置き、またまた両側のお花を楽しみます。 ショウキランも沢山
           見られました。 ピンク色が可愛くていいですね!

  DSC00295.jpg  DSC00298.jpg
             ショウマの仲間                   ヤマクワガタ

   ちょっと草むらを覗き込むと、ベニバナイチヤクソウが一面に広がっています。
        信州ではよく見かける光景ですが、こんな様子もいいですね。
 やっと明神に到着です。 葉っぱが特徴的なカンボクがこの辺りには多いようです。

  DSC00321.jpg  DSC00338_2014070710512579d.jpg
     ベニバナイチヤクソウ                  カンボク

  橋を渡り、イワナを・・・ア、違った、嘉門次小屋を目指します。 お昼は残った非常食
    (おやつ) とイワナです。 いただきま~す! 頭から尻尾まで食べられるの
 ですが、今日は塩分は少ないものの、ちょっと硬め? それでもガジガジと完食です。 
  
  DSC00343_201407071051243bb.jpg  DSC00340_201407071051255c3.jpg
          キバナノヤマオダマキ              嘉門次小屋でイワナを・・・

         食後のあとはお花を愛でながら上高地へ向かいます。
 バスに乗って沢渡まで。 本日はSさんが予約してくれた白骨温泉でゆったりと・・・

  DSC00353.jpg DSC00348.jpg
    ムカゴトラノオ                 シロバナグンナイフウロ

    その前に、隧通しを見学して宿へ入ります。 白骨のお湯は大好きです。
         内湯も混浴の露天も貸切温泉もとってもいいお湯でした。 
 
  DSC00362_20140707110035d70.jpg  DSC00380_20140707110034344.jpg
                        隧通し(天然洞穴)    

  ご一緒戴いたSさん・Sちゃん、ありがとうございました。 そしてお疲れさまでした!


槍ケ岳へ  その2

  ぐっすり休んだ後は・・・いい目覚めです。 外は?・・・・・ うんうん、大丈夫!
 とても梅雨時とは思えないような空です。 小屋を出発し、ゆっくりと登り始めます。
昨日まで実ばかり見ていたツバメオモトですが、やっと白いお花を見る事が出来ました。

  DSC09922.jpg  DSC09927.jpg
           山小屋向かいの山と空                 ツバメオモト

ミネカエデも可愛いお花をアチコチで付けています。 ミネザクラ・ムラサキヤシオツツジ
         など木々のお花も綺麗で、思わず目を止めてしまいます。

  DSC09929.jpg  DSC09928.jpg
     ミネカエデ                     オオツリバナ

  DSC09938_20140706001451097.jpg  DSC09939_201407060144109b5.jpg
          オオカメノキ(ムシカリ)                  ムラサキヤシオツツジ

                  足元では小さなお花も迎えてくれました。 

  DSC09949_20140706014409423.jpg  DSC09940_201407060144109be.jpg
     ミヤマキンポウゲ                      イワナシ 

             高度が上がるにつれて、新鮮な姿を見せてくれます。

  DSC09950_201407070142505d4.jpg  DSC09954.jpg
         ミネザクラ(タカネザクラ)                   サンカヨウ

          うわ~、素晴らしい景色が頂上への気持ちを駆り立てます。

  DSC09958_20140707014249ae6.jpg  DSC09967_201407070142472dd.jpg
        ヒメイチゲ                     ババ平周辺から

     早目に雪解けをした場所からは、次々とお花が顔を出していました。
     オオバキスミレもとっても可愛い~。 おまけに沢山の子たちです。

  DSC00002.jpg  DSC09974.jpg
              オオバキスミレ                  雪渓の始まり

  角を曲がると目の前には大きく花開いたキヌガサソウが! 周囲を探すといくつか
      かたまって咲いています。 この子も可愛いね~・・・・・ 

  DSC00006_20140707014542d33.jpg  DSC00004_201407070145436f5.jpg
    ベニバナイチゴ                   キヌガサソウ

       葉っぱの下に顔を隠したタケシマランも纏まって咲いていますよ。
            やっとイワカガミの新鮮な子に出逢えニッコリです!

  DSC00016_201407070206250e7.jpg  DSC00014_20140707020626f3d.jpg
               タケシマラン                     イワカガミ

     さて、いよいよ雪渓歩きも本格的になり、アイゼンを付けて進みます。
        ちょっと恥ずかしいかな? でもまあストック代わりにでも・・・・・
       などと持参したピッケルですが、今回は大いに助かりました。 

  見上げると、なだれた跡に土砂が堆積していました。 所々石も転がっていますので
                 ちょっと気をつけながら登って行きます。

  DSC00035_2014070702062437a.jpg  DSC00040_2014070702062473b.jpg
     アイゼン装着                雪崩あと(土砂と)

  追い抜いて行った槍沢ロッジのお兄さん達が、上の小屋の人達と道を切って
くれていました。 お疲れさまです~。 「こちらから行くにはピッケル・アイゼンが無いと
    無理です」  (え~、ここから降りなきゃならないの?) などと思っていたら・・・
    そうではなくて、殺生ヒュッテへのルートを教えてくれました。  ヤレヤレ・・・

  DSC00053_20140707020950321.jpg  DSC00041_20140707020950762.jpg
         道づくり・・・(お疲れさまです)                  ヨイショ・・・

   急斜面ですので油断は出来ませんが、周囲を見渡すと・・・こんな景色が!

     DSC00058_20140707020949a33.jpg

       うわ~、槍ケ岳も見えて来ました。 俄然元気が出て来ます。        

  DSC00056.jpg  DSC00061_20140707020948bd3.jpg
           槍ケ岳が見えて来ました

    トラバースを終えて草付きに来ると・・・・・ 真っ白いハクサンイチゲが
目覚めたばかりのようです。 雪解けからはたくさんの葉っぱが育っていましたので
    あと2週間ほどすれば次々と色々なお花が咲いて来るんでしょうね?

   DSC00067_20140707022544ec7.jpg  DSC00070_20140707022544a8e.jpg
    ミネザクラ&ハイマツ                    ハクサンイチゲ

  急坂を慎重にアイゼンを利かせて進みます。 ポールを立ててくれているので
 迷う事もありません。 振返ると・・・・・ 「わ~、こんな所を登って来たんだね!」
すぐ上には殺生ヒュッテが見えて来ました。 分岐でアイゼンを外し、ヒュッテ裏から
                東鎌尾根に合わさります。 

  DSC00077.jpg  DSC00085_20140707023050931.jpg
              振返ると・・・・・                 もうすぐ殺生ヒュッテ

          尾根に飛び出すと・・・・・ 「すご~い」 
                  360度の大パノラマが広がっていました。

  DSC00104_20140707022655010.jpg  DSC00105.jpg
  ヒュッテ大槍&常念岳              東鎌尾根~表銀座コース

 私には縁がないけれども・・・かつて憧れた北鎌尾根も手が届きそうな程近いです。                      

     DSC00108_20140707022654552.jpg
          北鎌尾根             東鎌尾根

  眼下には、かつて仲間と庭の足湯に浸かりながら語った湯俣温泉が見えています。
 ここから天上沢経由で東鎌尾根に出て、槍ケ岳へ登ったのはもう40年も前の事です。

  DSC00114.jpg  DSC00109.jpg
              湯俣温泉方面                   ミヤマキンバイ

          尾根に出ると、小さなお花たちが岩場を飾っていました。 
キバナシャクナゲも蕾ばかりだね・・・と話していたら、ちゃんと咲いている子もいましたよ。
          少し離れた岩場で揺れているのはチシマアマナかな?

  DSC00133_20140707023609b43.jpg  DSC00139_2014070702360882d.jpg
    キバナシャクナゲ                  チシマアマナ

  とっても可愛い子たちです。 でも切立っている岩場ですので、足元にちゃんと
       気を付けてカメラを向けます。 このルートにして良かったね!

  DSC00125.jpg  DSC00135_20140707023608250.jpg
             ミヤマタネツケバナ                   コメバツガザクラ

   槍の裾野を通り、最後の雪渓を越えたら・・・・・ 無事、槍ケ岳山荘に到着です。
                  お疲れさまでした~・・・ 

  DSC00149_20140707023718f8f.jpg  DSC00152.jpg
    槍ケ岳直下の石                    槍ケ岳山荘

              ひと休みして、頂上へ向かう事にしました。
  こんなだったかなあ?・・・ などとペンキ通り進み・・・ ハシゴも越えて・・・
                 3人で頂上へ立ちました。

               良かったね!  そして、ありがとう

  DSC00161.jpg  DSC00165.jpg
              槍ケ岳最後の登り               頂上にて(バンザ~イ)

                        (その3へ続く)

お花には少し早い槍ケ岳へ  その1

            幼馴染登山も今年で3回を数えます。 
          メンバーは何と小学校時代の仲間3名です。 
 一昨年は白馬、昨年は八ケ岳、そして今回は例年より早い、梅雨の時期に
           槍ケ岳を目指します。 (6月29日~7月1日)
関西組のメンバーとは名古屋で落ち合い、Sさんの車で出発。 沢渡で仮眠をとります。

  心配していた雨も止み、歩き始めます。 雪解けで水も豊か、緑も一層鮮やかです。

  DSC09670.jpg  DSC09672_201407040210049e2.jpg
            梓川の流れと穂高の峰                  河童橋

 河童橋を渡り、まずは右岸の森の中を進みます。 まもなくお猿さんの登場です。
胸に子を抱いた親子連れがふた組。 その先、水辺では何とも微笑ましいカップルが
    恋を語らっているような素敵な雰囲気です。 お邪魔してゴメンネ!

     DSC09681_201407040205449e1.jpg    DSC09683.jpg
          親子猿                  デート中の猿?

   雨上がりの緑と水の音色・小鳥のさえずり・・・・・何とも心地よい空間です。
  懐かしい昔の話をポツポツと出しながら3人で歩きます。 写真を撮りつつ少し
                   遅れがちな私ですが・・・・・

  DSC09703.jpg  DSC09749_20140704020752941.jpg
              澄んだ水辺                    オドリコソウ

   暫く出会っていないショウキランに逢えるかな?まだ少し早いだろうか?・・・・・
時々木道の中を覗き込みながら進みます。 あっ、咲いています! 良かった~・・・
       その後は、登山道沿いで次々と見つかり、嬉しい悲鳴です。

  DSC09761.jpg  DSC09777_20140704020750b2c.jpg
                    シ  ョ  ウ  キ  ラ  ン

 明神池に入るのも久しぶりの事です。 静かで神秘的でとても居心地のいい場所です。
    我々以外に 「初めてのテント泊の下見に来た」 と仰る若い女性のみ。
二の池をまわって帰る頃には、別の女性が池に張り出した桟橋に座って一人の世界を
              堪能されていました。 いい感じです・・・・・

  DSC09723_2014070402075259b.jpg  DSC09728_20140704105150d3e.jpg
              明神池                        もの思う人

  お花はいつもの季節より少なかったものの、違ったお花を楽しむ事が出来ました。
         これから咲くだろう花たちも順調に育っているようです。
ヤグルマソウはやっと咲き始めたようです。 ワスレナグサの仲間、エゾムラサキも
咲き残っていました。 その中に優しいピンク花を1株だけみつけ何だか嬉しくなりました。

  DSC09752_20140704022816041.jpg  DSC09784_20140704022815850.jpg
    ヤグルマソウ                   エゾムラサキ(ピンク)

  タガソデソウに出逢うのも久しぶりの事です。 少し時期が遅かったようですが、
清楚な姿を見せてくれて嬉しい事でした。 ツルツゲもお花と実を見られ良かった~・・・

  DSC09781_20140704022815503.jpg  DSC09814_201407040228148eb.jpg
              タガソデソウ                       ツルツゲ 

  しっとりとしたコケの上が好きなイチヨウラン、ここでもひっそりと森の中に溶け込んで
         いました。 1つ1つ見比べると個性があって楽しいお花です。             

  DSC09890.jpg  DSC09827.jpg
     ツルツゲの実                     イチヨウラン

 今日は槍沢小屋までの行程ですが、沢沿いの登山道は殆ど遊歩道の雰囲気です。
              お花を見ながら緩い登りを進みます。

  DSC09847_20140704024436a87.jpg  DSC09816.jpg
              ミヤマダイコンソウ                 ギンリョウソウ

     ニリンソウがまだ咲き残っていました。 ズダヤクシュも群生状態。
 実になっているものが多かったのですが、登るにつれお花が優勢になって来ます。

  DSC09849_20140704024558b38.jpg  DSC09864_201407040245571f5.jpg
     ニリンソウ                       ズダヤクシュ

  横尾まで来てひと休み。 穂高へはここから橋を渡ります。 空が少し暗くなって
   雨も落ちて来ました。 「やっぱりな・・・」 と雨具を付けて出発準備をします。
      「んっ?」 頭の上以外は明るく向かいには日が差して来ました。 
                  雨具を外して、さあ出発です!

  DSC09856.jpg  DSC09818.jpg
         横尾から橋を渡ると涸沢方面へ             キソチドリ

  横尾の小屋を過ぎるとまもなく蝶ケ岳への道を分けます。 昨年、常念岳は登った
          ものの、蝶ケ岳はまだ宿題になったままです。 
         所々キソチドリも見られるようになってきました。

  DSC09857_20140704024557dbd.jpg  DSC09870.jpg
     槍・蝶ケ岳分岐                 ゴゼンタチバナ&マイヅルソウ

        賑やかさは無いものの、小さなお花が目を楽しませてくれます。
    キバナノコマノツメも僅かに見られます。 少し遅れたり追いついたり・・・・・

  DSC09865_20140704024556e39.jpg  DSC09881_20140704024654d45.jpg
           槍沢小屋への道                    キバナノコマノツメ

  少し華やかなノビネチドリも優しい色を見せてくれました。 期待以上のお花たちです。
  足元は花崗岩が多く見られるようです。 沢も同じように白っぽい石が目立ちます。

  DSC09878_201407040246543ad.jpg  DSC09885_20140704133703fe1.jpg
     ノビネチドリ                     登山道脇の流れ

  DSC09903_20140704133702495.jpg  DSC09892_201407041337021f8.jpg
                グンナイフウロ                  ツガザクラ

  小屋へ着く少し前になって雨が落ちて来ました。 大急ぎで雨具に身を包みます。
        それも僅かの時間。 思ったほどの雨に逢わなくてヤレヤレです。

  DSC09912_20140704133957fe3.jpg  DSC09905.jpg
     ハクサンチドリ                      ナナカマド

  DSC09916_201407041339567d8.jpg  DSC09911_20140704133957c91.jpg
             小屋まであと少し・・・                クルマユリ

      2時半頃だったでしょうか? 今日の目的地槍沢小屋に到着です。
   少し濡れた衣類や靴を乾燥室へ持ち込み、ゆったりと時間を過ごします。
 小屋内は、我々3人と前日の悪天で頂上を諦め下山する人2人、翌日槍ケ岳を
           目指す若者ひとり・・・のまるで貸し切り状態です。
        なんとなくみんな仲間意識で、隣り合って食卓を囲み、
         明日の槍へ想いを馳せながら眠りに着きました。 

  DSC09906.jpg  DSC09921_20140704134533c4a.jpg
  オガラバナ(ホザキカエデ)                 槍沢ロッジ

                        (その2へ続く)

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる