里山の春を楽しむ

 「ホタルカズラが咲いたから案内しますよ」 とのお誘いに、いそいそと出掛けて来た。
   頂いたものが我家でも咲いているが、富士山麓ではまだ出逢っていなかった。
 条件が余り良くないのか、花は数輪しか咲いていないが、葉っぱは広がっているので
                     この先が楽しみ・・・・・

  とてもいい雰囲気の場所なので、時間もあるし一人残って周辺を歩いてみる事にした。
  すると・・・何気に目をやった先にブルーの色が見えた。 えっ、もしかして?・・・・・

  ホタルカズラ4  ホタルカズラ1
                  ホ  タ  ル  カ  ズ  ラ

          星を散りばめたようなお花が畳2枚ほどに広がっていました。
      「うわ~、凄い凄い!」    ホントに新鮮な子たちなのです。 
さっそく案内して下さった方に電話をすると、この後用事が入っているので後日見に
             行かれるとの事。 感謝感謝・・・です。

  ホタルカズラ2  ホタルカズラ3
                  ホ  タ  ル  カ  ズ  ラ

        キンランもありそうだし・・・・・ もしかすると、エビネなんかもね?
   段々、欲が出てきます。 まあ無くても散策するだけで気持ちいいから・・・・・と
       自分に言い聞かせながら歩いていると・・・ ヤッパリいましたよ!
       お花はまだこれからのようで、そこここで蕾が確認出来ました。

  キンラン2  キンラン1
                      キ  ン  ラ  ン

     少し藪こぎをした中でエビネを1本、別な場所でも8株程が纏まって花を
  咲かせていました。 勿論、今年初の出逢いです。  まだ初々しい・・・・・

  エビネ1  エビネ2
                         エ   ビ   ネ

  エビネ4  エビネ3
                         エ   ビ   ネ

           スミレも咲いていました。 どうやらコスミレのようです。
         枯枝など地味~な中に、鮮やかな紫色はとても目立ちます。
  
  コスミレ2  コスミレ1
                     コ  ス  ミ  レ

            ナツトウダイはた~くさん顔を出していました。
        ツルカノコソウも見られ、とても収穫の多い一日でした。

              ウ~ン、 ホント 良かった~・・・・・ 

  ツルカノコソウ  ナツトウダイ
     ツルカノコソウ                    ナツトウダイ



富士山麓で出逢ったお花たち

   雨続きだった日々も過ぎ、やっと気持ちよくお花が楽しめるようになりました。
    富士山周辺ではスミレを始め、たくさんのお花が目に飛び込んで来ます。
キスミレもそのひとつです。 道端ながら気付いてくれる人はスミレ好きな人くらい・・・

  DSC08816_20150427011145483.jpg  DSC08811_20150427011145752.jpg
                         キ  ス  ミ  レ

                少し場所を変えても所々で見られます。
         まだ咲いたばかりの、綺麗なお花が顔を見せてくれました。

  DSC08838.jpg  DSC08884.jpg
                          キ  ス  ミ  レ

   エイザンスミレもここで見られる子は色が濃くて美人さんが多いようです。
それでも色々なタイプの子がいて、ヒゴスミレに近い感じの葉っぱや花を付けた
                    子もいます。

  DSC08856_20150427011319380.jpg  DSC08822_201504270111434e1.jpg
                   エ  イ  ザ  ン  ス  ミ  レ

  ちょっとした沢沿いにいたのは・・・・・ヒゴスミレ?と思いましたが、どうやらエイザンの
     ようです。 白花かな?と近づくと、薄く色が残っているので残念ながら・・・
                  白花とは言えませんねえ。

  DSC09149_201504270151087e3.jpg  DSC09136_20150427015107a27.jpg
                     白花に近いエイザンスミレ

          ヒゴスミレもいました。 スッキリと高貴な感じがします。
    
  DSC08915_20150427011317588.jpg  DSC08902.jpg
                     ヒ  ゴ  ス  ミ  レ

   この辺りには多い斑入りのスミレですが、フモトスミレが咲き始めていますが、
        ヒナスミレは余り見られないので、もう終わったのでしょうか?

  DSC08835_20150427011318c98.jpg  DSC08832.jpg
               フイリフモトスミレ                     フイリヒナスミレ

  アケボノスミレが一番賑やかに咲き誇っていました。 普通の優しいピンクの
ものから、ベニバナアケボノスミレ?と思われる、茎まで茶色で濃いピンクの
         花を咲かせた子が多く、目を楽しませてくれます。

  DSC09023.jpg  DSC08940_2015042701581951a.jpg
                    ア ケ ボ ノ ス ミ レ

  DSC09033_20150427015818fd8.jpg  DSC09108.jpg
                     ア ケ ボ ノ ス ミ レ

 タチツボスミレも色々なタイプの子がいますが、う~ん、なかなかの美人さんです!

  DSC08890.jpg  DSC08888_20150427020248215.jpg
                     タ チ ツ ボ ス ミ レ

    白いスミレは・・・ヒカゲスミレでした。 下向きで、おまけにアッチ向き
  コッチ向きしているので、何処をどう撮っていいのか悩んでしまうお花です。

  DSC09102_201504270212340a6.jpg  DSC08979.jpg
                       ヒ カ ゲ ス ミ レ 

   シロバナエンレイソウとエンジ色をしたエンレイソウが すぐ近くで咲いていました。    

  DSC09162_20150427020821623.jpg  DSC08831.jpg
            シロバナエンレイソウ                  エンレイソウ

 今頃アマナが咲いていてビックリ! 見上げると・・・・・フジサクラが満開! 
                   ホント、いい季節ですね。 

  DSC09087.jpg  DSC08820_20150427020822d5d.jpg
      アマナ                     フジザクラ (マメザクラ)

          キクザキイチゲやミヤマキケマンも咲き始めていました。

   DSC08830_20150427020246662.jpg  DSC09113.jpg
               キクザキイチゲ                  ミヤマキケマン

           お花がいっぱいになり、行きたい所ばかりで・・・・・
             この季節は体がいくつあっても足りません。 

  DSC09180.jpg  DSC09183_20150427020245d78.jpg
      ツボスミレ                ムラサキケマンの薄色タイプ

   

  

久しぶりの丸火公園

       19日、丸火公園で食べられる野草の観察会が行われました。
    それに先立ち、下見の為、ホントに久しぶりに丸火を訪ねてみました。
シュンランはアチラコチラで顔を出し、ニリンソウも前線も500m余の地まで上がって
                       来たようです。

  DSC08391_20150425180135a59.jpg  DSC08402_20150425180134344.jpg
     シュンラン                        ニリンソウ

           林内ではミツバツツジのピンクがよく目立ちます。 
     マムシグサの仲間で多く見られるのは、スルガテンナンショウです。

  DSC08404.jpg  DSC08427.jpg
             ミツバツツジ                  スルガテンナンショウ

            タチツボスミレやツクバネソウも見られます。 
  広場には、生きた化石 「メタセコイヤ」 の実がいっぱい落ちていました。
          子供たちも拾う為、少しだけ戴いて来ました。

  DSC08374_201504251802399be.jpg  DSC08415.jpg
    タチツボスミレ                   ウグイスカグラ

          おっと、今回注目するのは食べられる植物でした。
        歩くコースにもよりますが・・・・・そこそこありそうですね! 
フキ・ツリガネニンジン(トトキ)・ハナイカダ・三つ葉・ユキノシタ・イタドリ・ニワトコ・ヨモギ・
        ナガバノスミレサイシン・ヤブレガサ・イワガラミ・タンポポ・・・・・

  DSC08382.jpg  DSC08366.jpg
                フキ                         ワラビ

  DSC08428.jpg  DSC08385.jpg
    ツリガネニンジン                   ハナイカダ

   ニワトコも食べられるのですが、多く食べるとお腹が緩くなるようですので
            1~2個天ぷらで戴くといいようです。

  DSC08473_2015042518110762c.jpg  DSC08456.jpg
                 ニワトコ                     イワガラミ

  そして当日・・・・・ 野草や野遊びが好きなご家族が集まり、4班に分かれて
    野草探検隊の出発です。 色々なものを見つけては少しづつ頂きます。

  DSC08555.jpg  DSC08557_20150425181153afc.jpg

 万葉の森入口には大きなカツラの木があります。 その葉っぱを見つけ、
    「これはカツラの葉っぱですか?」 と小学生のお姉さん。
皆で見上げると、開いたばかりの葉っぱが軟らかそう・・・秋にはいい香りがするよ!
         まるで綿菓子みたいな甘~い香りです。
 
距に紫色が残るオトメスミレも見つけてくれました。 さすが自然好き!色々なものを
  見つけ出します。 キッコウハグマの小さな葉っぱが気に入った子もいます。

  DSC08425.jpg  DSC08556_20150425181154ef9.jpg
                カツラ                       オトメスミレ

       散策を終えた後、食べられないものが入っていないか点検です。
        野草を洗って・・・火を起こし・・・自分たちで天ぷらをあげます。
 準備していた食材を使い、子供たちの大活躍でイタドリジャムや数点の野草料理も
      並べられました。 炊き込みご飯やお汁も用意していただき・・・ 
           さ~て、みんなで 「いっただきま~~す!」 

  DSC08559.jpg  DSC08558.jpg

  食事を終えた後は、クラフトや手作りの羽子板を使って羽根つきをして遊びます。

   DSC08562_201504252314132dc.jpg  DSC08561_2015042518115236e.jpg

          天気がもって良かったね!   お疲れさまでした~・・・・・ 
 

    

久しぶりの山歩き

         お花探しにばかり出歩いて、山歩きは久しぶりです。
低山ですが3つ、出来れば4つのピークを踏む予定なのですが、さてどうなることやら?
     山歩きをして、出来ればお花も楽しんで~・・・と欲張り二人組です。

       雨に悩まされてばかりのこの春でしたが、16日は晴マーク!
      こんな青空の元、出発です。  柔らかな春色がたまりません。

  DSC08099.jpg  DSC08101.jpg

  そうそう、今日は山歩きなのです。 そうは言っても、お花を見つけるといつの間にか
       アッチでしゃがみ込み、コッチでゴロンとなりカメラを向けると・・・
                なかなか進む事が出来ません。

     私の中での本日のメインは、た~~~くさんのジュウニヒトエでした。
 我家の近くでは、この子は見る事が出来ません。 でもお隣の県へ来ると・・・・

  DSC08034.jpg  DSC08037.jpg
                  ジ  ュ  ウ  ニ  ヒ  ト  エ

       あそこにも、ここにも、上にも下にも・・・・・ジュウニヒトエだらけです。
               薄紫色をした子や、白い子もいます。
     花のひとつひとつを見ると、キランソウと同じ顔をしているのですね?

  DSC08178.jpg  DSC08181.jpg

                     大きな株の子もいます。

DSC08092.jpg DSC08087.jpg

  こうなると、山からお花モードに切り替わり、ホントに今日の内に登りきれるのか?

  DSC08082.jpg  DSC08079.jpg
      ミツバアケビ                   ホタルカズラ

              シュンランやヒトリシズカも咲き残っていました。

  DSC08075.jpg  DSC08060.jpg
                 シュンラン                   ヒトリシズカ

    タチツボスミレも色んなタイプがありますね! 葉っぱ斑の入ったものやら
     やたら毛深い子も・・・ 山に入ると綺麗なタチツボさんが多いようです。

  DSC08053.jpg  DSC08052_20150423000000ce6.jpg
  アカフタチツボスミレ                 ケタチツボスミレ

  イブキスミレも咲き残っている子がいました。 花の色がホントにいいですね!
    登り口で見つけた種をいっぱい付けていた子は、アリアケスミレかな?

  DSC08021.jpg  DSC08065.jpg
           イブキスミレ                       アリアケスミレ?

  DSC08040.jpg  DSC08023_20150422233356a99.jpg
     ミヤマキケマン                   タチツボスミレ 

    去年初めて自分の中で確認出来たコスミレもそこここに咲いていました。 
             いよいよ足の運びが遅くなって来ました。                  

  DSC08114_2015042300111893a.jpg  DSC08107.jpg
                       コ  ス  ミ  レ

     逢いたかったゲンジスミレ、まさかここにいるとは思いませんでした。

  DSC08167.jpg  DSC08205_20150423001533c20.jpg
                  ゲ  ン  ジ  ス  ミ  レ

   「余りゆっくりしてられないねえ・・・」 とは言いつつ、なかなか進めません。
    お花を付けた株は少ないけれど、たくさんのワダソウが目に入ると・・・・・
               さらに遅くなってしまいます。

  DSC08158.jpg  DSC08154.jpg
                    ワ   ダ   ソ   ウ 

    フデリンドウや濃淡のアカネスミレを堪能した後は、本格的に山歩きに
      入ります。 山の上部は、まだ春も浅くお花も少ないのです。 

  DSC08142.jpg  DSC08230.jpg
     フデリンドウ                   アカネスミレ

              もうお昼だと言うのにまだまだ先は長い! 
         歩きに集中します。 と言いつつも、目は周囲へ配りながら・・・
     歩こうと思えば歩けるものです。 休みもほぼ無しでドンドン進みます。
     少し新芽の出た木々は目に優しく、枯葉色の地面は落ちつきます。

  DSC08209.jpg  DSC08216.jpg

   思ったより早く2つ目のピークを過ぎます。 登山道は薄く、判断に迷う所も
         ありますが、相棒が地図とコンパスで道を探します。 
        ドンドン歩き・・・次のピークまで来れば、もう大丈夫!

  DSC08213_2015042300214588c.jpg  DSC08252_20150423002356c42.jpg
      ヒナスミレ

             所々、お花もまた見られるようになって来ました。

  DSC08250.jpg  DSC08207.jpg
           クロモジ                       ミミガタテンナンショウ

            あとは、お花を横目にただただ下って行くのみです。
                 と言いつつも、またカメラを・・・・・ 
  
  DSC08243_20150423002357540.jpg   DSC08331_201504242358530ea.jpg
    アケボノスミレ                   エゾアオイスミレ

     ヒナスミレやカタクリの優しい色に励まされながら下りて行きます。

  DSC08327.jpg  DSC08271.jpg
               ヒナスミレ                     カタクリ

        人にも余り会う事もなく、久しぶりに山歩きを堪能しました。                   

  DSC08300.jpg  DSC08311_201504242353058a9.jpg
                                  ミツバツツジ

                        無事下山、良かったね!

 

竹の子掘りに出動!

              天気も回復し、竹の子掘りへ向かいます。
          道端では、スミレの花が見られます。 ノジスミレかな?
 ちょっとわかり辛いのですが、右上の距には何かが穴を開けて蜜を頂いた跡が
        あります。 ちゃっかり者ですね! (写真上でクリックすると少し大きくなります)

  DSC07967.jpg  DSC07971.jpg
                     ノ  ジ  ス  ミ  レ  ?
                   ミ  ョ  ウ  ジ  ン  ス  ミ  レ

アミガサタケは竹藪が好きなんですね? アチコチでそのユニークな姿が見られます。
                    なかなか可愛いね。 

DSC07976.jpg DSC07986.jpg
                     アミガサタケの仲間

           この所の雨で、キノコ類は元気が出たのでしょうか?
    小さな可愛いキノコも顔を出しています。 枯れた木にはぎっしりとキクラゲも
            着いています。 有り難く戴いて行きましょう!

  DSC07995.jpg  DSC07988.jpg
     キノコの仲間                     キクラゲ

           そして、目的の竹の子ですが・・・・・ 出てます出てます!
          この先っちょが黄色から茶色っぽいものが美味しいようです。
     収穫するにもコツがあり、師匠に教えて頂きまして、採れたね~! 

              DSC07983.jpg
                        タ  ケ  ノ  コ

 ちらしずし、炊き込みご飯・酢味噌・煮物・おすまし・・・・・色々なもので楽しめました!

                    ご馳走さまでした~~!


  

タチキランソウとキランソウ

   気にし始めて、それらしい子に出逢うと確認していたら意外にタチキランソウに
出会う事が多くなりました。 静岡県では、東部には生息の記載が無かったように
        思います。 今年も2ケ所で新しい出逢いがありました。

            昨年出会った道端を少し歩いてみました。
今まで見て来たものは、キランソウと同じように、立ち上がる事もなく上唇のウサギの
     耳のようなものでキランソウではないな・・・と思えるだけでした。
でも、昨年立ち上がる大きな株に出会いました。 西部の植物に詳しい方が、もっと
     「立ち上がるよ」 と不思議な顔をされていたのを思い出しました。

  DSC07906.jpg  DSC07905_201504201345354ff.jpg
                タ  チ  キ  ラ  ン  ソ  ウ

  雨の中で、ちゃんとした写真は撮れていませんが(言い訳だ~!) 耳がピンと立った
     のが何となくわかりますよね? こんな風にちゃんと立ち上がっています。
  葉っぱもタチキランソウの方が、毛が少ないのか表面に艶があるように思えます。

  DSC07916.jpg  DSC07913.jpg
                 タ  チ  キ  ラ  ン  ソ  ウ
  
この道沿いには、キランソウもすぐ隣で咲いています。 歩きながら・・・コッチはタチだな、
   あっ、ここからはキランソウだ・・・などと声には出さず、楽しみながら歩きます。
昨年見つけられた大株は見られませんでしたが、小さな株は両方とも結構あるようです。

これも立ち上がってるし、葉っぱの感じもタチだな・・・と思っていると、何だかおかしい?
     ウサギの耳が見えません。 雄しべがツンと上に伸びています。
   でも良く見ると、小さな尖った耳が出ているのです。 でも雄しべが長い。

  この2つも交雑するのでしょうか? スミレの交雑が気になり、ちょっと交雑病に
       感染しているのかも知れません。  でも面白いね~・・・・・

          DSC07908.jpg
                      もしかして中間型?  

          DSC07918.jpg

          でもヤッパリ気になって、お花を少し持ち帰ってみると・・・

       左がタチキランソウ、右が不思議に思ったキランソウの仲間です!
            上唇とおしべの長さの違いがわかりますか?

            DSC08015.jpg
            DSC08016.jpg

その後、友人と山梨県の山を歩いたのですが、たくさんのジュウニヒトエに出会いました。
 似てるもの同士なので・・・と良く眺めると、雄しべが長く、でも短い耳があるのですね。
                 キランソウには耳は見られません。

                  何とも不思議な植物の世界です。


雨の中の散策  その2

  今日は川巡りだったのですが、近くへ来たのだからその後どうなっているだろう?
とお花散策を間に挟みます。 そろそろ咲いてるかも知れないシロバナハンショウヅル・・・

   「あ~っ・・・」 もうずっと前からあったと思われる大きな株はバッサリと刈られ、
  周囲は綺麗に整理されていました。 ガッカリしてその辺りを探してみると・・・
      親指大の太さの切られた株の脇から細い茎が沢山伸びています。
 またそこから元気を回復してくれそうでやれやれです。 その周りで目を凝らすと・・・
     数本の蔓には可愛い白いお花が付いていました。  よかった~・・・ 

  DSC07699.jpg  DSC07722.jpg
           シ  ロ  バ  ナ  ハ  ン  シ  ョ  ウ  ヅ  ル

     前回は蕾が多かったランヨウアオイは花をたくさん付けています。
 道路整備でたくさん切られていたオドリコソウですが、少し内に入った所では
               今が盛りと咲き誇っています。 

  DSC07751_20150420102214706.jpg  DSC07725.jpg
   ランヨウアオイ                       オドリコソウ

 ウマノアシガタも咲き始めて来ました。 オオバウマノスズクサはどれも蕾ばかり。

  DSC07734.jpg  DSC07694.jpg
              ウマノアシガタ                  オオバウマノスズクサ蕾

   これからドンドン花を咲かせそうなホウチャクソウや最近市内でもチョコチョコ見られる
          ようになってきたペラペラヨメナもなかなか可愛いね。

  DSC07709.jpg  DSC07706_20150420102122dab.jpg
     ホウチャクソウ                   ペラペラヨメナ

   ここに咲くスミレは八等身の美人さんが多いのですが、今年はちょっと・・・・・
             もうそろそろ終わりに近いようです。

DSC07683_20150420013601318.jpg DSC07687.jpg
                         ス  ミ  レ

         この斜面は春になるのを待ちかねて訪ねる場所なのです。
   ニリンソウ・イチリンソウ・マルバスミレ・アオイスミレ・タチツボスミレ・カテンソウ・
       ジロボウエンゴサク・ナベワリ・・・・・次々と目を楽しませてくれます。

  DSC07788.jpg  DSC07815.jpg
         イチリンソウ&ニリンソウ                    シャガ

  DSC07792.jpg  DSC07790_201504201026540f1.jpg
      イチリンソウ                   ニリンソウ

  DSC07847.jpg  DSC07825_201504201026535b8.jpg
          ニリンソウ&ナベワリ                    イカリソウ

             この辺りでは素敵な道祖神も楽しみのひとつです。

  DSC07850_20150420102832f7f.jpg  DSC07851_20150420102834b53.jpg
     双体道祖神                 ニリンソウ&ムラサキハナナ

    少し移動すると・・・タチツボスミレが咲き誇っていたり、道端にイチリンソウが
 雨に濡れてうな垂れています。  こちらにもナベワリの群生が斜面に広がっています。

  DSC07870.jpg  DSC07831.jpg
                タチツボスミレ                   ナベワリ

         マムシグサの仲間で多いのは、スルガテンナンショウです。
      棍棒の先がカギ形になっているので、1度見たら絶対忘れません。

  DSC07875.jpg  DSC07876_20150420105842f57.jpg
                 ス ル ガ テ ン ナ ン シ ョ ウ

     シュンランは咲き残り・・・・・ もうツクバネウツギが咲きだしています。

  DSC07902_201504201058390dc.jpg  DSC07894.jpg
           ツクバネウツギ                      シュンラン

        道ばたにあってずっと気になっていた植物に花が咲きました。
  これは何だろう? 帰化植物図鑑をめくっていると・・・・葉っぱの様子から
  すると帰化種のヒメフウロに似ているのですが、花の様子が違うような・・・?
    2冊の本からは、これが一番近いようですが・・・・・わからない 

         在来のヒメフウロは田舎の山で出逢っています。 
         こちらは石灰岩地で咲く絶滅危惧種のようです。

  DSC07890.jpg  DSC07885.jpg
                     ヒメフウロ? (帰化種)

                    おっと、下見に行かなくちゃ・・・ 

雨の中の散策 その1

      14日は雨のため、本年度初の平日観察会は延期になりました。
  せっかくおむすびを持ち、出発したのですからそのまま出掛ける事にしました。
    雨ばかりのこの春ですが・・・ちょっと下見をしておきたい所もあります。

 気持ちのいい河原で、石ころを手にとったり、地べたにぴったりと広がっている草たち
         に目をやったり・・・誰もいない静かな川辺です。

       嵐の日には、流れまいと必至で絶えているのでしょうか? 
  これ以上は低くなれないよ・・・という姿勢で砂の中に根を伸ばしています。
コハコベも同じような姿です。 ムシトリナデシコや何かな?・・マメ科のお花
                    も見られます。

  DSC07653.jpg  DSC07640_20150419231354a24.jpg
    カラスノエンドウ                    コマツヨイグサ

   江戸時代、オランダからガラス食器が割れないように・・と詰められて運ばれた
            と言うツメクサの仲間も河原を飾っています。                 

  DSC07647.jpg  DSC07646_20150419231353466.jpg
               シロツメクサ                   ムラサキツメクサ

    もう少し先まで行ってみよう・・・・・ ここは大分離れても富士山の裾野です。
      富士山からの溶岩によって出来た、柱状節理もなかなか立派です。
河原の石に注目すると・・・・・右手(上流)から左(下流)に向かって瓦を葺いたように石が
     並んでいます。これは水の流れによって石がコロコロと転がって出来たもの。
              覆瓦状構造(Imbrication)と言うんだそうです。

  DSC07651_20150419231444bc5.jpg  DSC07648_20150419231445cf8.jpg
     覆瓦状構造                      柱状節理
    
   さて、何箇所かチェックしなければ行けないのでそろそろ上がる事にします。
んっと・・・道が無い! こんなことはよくあること・・・ 少し濡れてしまいますが・・・
ミニ藪こぎです!  あっちはどうなってるかな? またまた外れて・・・やっと到着。

野原にはコメツブツメクサに混じって、少し大きな黄色いお花のクスダマツメクサが
      咲いていました。 キツネアザミもツンツン伸びて来ています。

  DSC07657.jpg  DSC07658.jpg
             キツネアザミ                    クスダマツメクサ

          マツバウンランもここ数年でグンと増えて来ました。
 アリアケスミレは、今年2回目。 開花した姿は1年振りです。 優しい色が好きです。

  DSC07659.jpg  DSC07662.jpg
    マツバウンラン                     アリアケスミレ

      見慣れない木がありました。 名盤を見ると・・・・・ ヒイラギモチ
  冬には赤く熟して美味しい、と書いてあります。 是非とも賞味したいものです。
      ヒノキの仲間、ネズミサシの棘は痛そうです。 

  DSC07664_20150419235235f31.jpg  DSC07671.jpg
                ヒイラギモチ                    ネズミサシ

                     さて、次は~・・・・・
  

狩宿の下馬桜 (日本五大桜のひとつ)

    11・12日は、富士宮の狩宿にある 「狩宿さくらまつり」 が行われました。
 天気も快方に向かって来たので、午後から相方と何年か振りに訪ねてみました。

     黄色い菜の花畑の奥に、井出家の歴史ある長屋門などが見えます。
      左手奥には、今日の主役 「狩宿の下馬桜」 が待ってくれます。
       イベント用のミニSLが白い蒸気を吐きながら走って行きます。

  DSC07571_20150413154412fb8.jpg  DSC07524.jpg
       旧屋敷跡(菜の花畑)と井出家住宅             イベントミニSL 

        屋敷入口には、 「狩宿の下馬桜 」 の案内板が建っていました。
  昭和27年に国の特別天然記念物に指定され、日本五大桜のひとつに数えられる
山桜の古木です。  別名 「駒止めの桜」 とも呼ばれ、巻狩りの際、源頼朝がこの桜の
            枝に馬を繋いだという言い伝えがあるようです。 

    日本最古級のヤマザクラで、幹周8.5m、樹齢800年を数え、 樹種は
              アカメシロバヤマザクラだとか・・・      

  DSC07549.jpg  DSC07525_20150413154411566.jpg
                     下馬桜&案内板

  数年前に訪ねた時は、桜はまだ蕾状態の中おまつりが行われていましたが、
今年は丁度いいタイミングだったようです。 菜の花とのコントラストが素晴らしい!
桜は一段高くなっています。 かつては大人3人で抱える位の太さがあったものの、
         台風などで傷み、折れて今の姿になったようです。 

  DSC07527.jpg    DSC07547.jpg
                下馬桜(駒止めの桜)

            前庭には、石に刻まれた歌碑が建っていました。
                  見事な立ち姿のさくらです。 

  DSC07530_201504131544103ab.jpg  DSC07532.jpg
          歌碑  

   この日(11日)は、優秀な短歌の表彰式と作品朗読、選評が行われていました。 
          このおまつりは、今年で10年になるそうです。                     

  DSC07540_20150413154503355.jpg  DSC07534.jpg

          桜を楽しませて戴いた後は、お茶を頂く事にしました。
  前回は、庭に中学生が運んでくれて野点を頂きましたが、今はお部屋にて、
               ゆったりと楽しませて戴きました。 

 お菓子を頂きながら、ご当主の奥さまからかつての歴史的な事柄や駒止めの桜の事
        など、興味深く伺う事が出来、とてもラッキーでした。
     熱心なお話に、思わず身を乗り出して聞いてしまいました。

  DSC07553.jpg  DSC07557_20150413155630bb1.jpg

     全盛の頃の桜は、今ではこの版画や写真でしか知る事が出来ませんが、
                    堂々とした姿ですね! 

      徳川幕府第15代将軍 「徳川慶喜」 が次のような歌を詠んでいます。
        「あわれその駒のみならず見る人の心をつなぐ山桜かな」   

         DSC07561.jpg 

    井出家周辺図によると、ケヤキ1・2・3とあります。 これらのケヤキを利用して
頼朝の宿所の周りに幔幕を張ったと言われています。 周囲を見渡せ、後方は絶壁の
       芝川の流れを持ち、まるで要塞のようではなかったかと・・・・・

         DSC07563.jpg 

  DSC07568_20150413155628d5d.jpg  DSC07573.jpg

       さて、そろそろ帰る事にしましょう。 お店も賑わっていました。 
            温かい甘酒を頂き、体もあたたまりました。 

  帰りは、井出家の丁度裏側にあたる場所を通りました。 橋から下を覗くと・・・
               かなり深く、まさに絶壁!



 

浮島ケ原自然公園  ミツガシワが真盛り (4月10日)

 沼津で用事を済ませた後、雨の中ですがミツガシワはどうだろう? と寄ってみる事に
     しました。 車は数台あるものの、歩いている人はあまりいないようです。

 管理棟近くの場所へ行ってみると・・・ 咲いています! 気が付いていなかった株から
         も花を付けた茎が伸びていました。 ヨカッタ~・・・・・ 

              DSC07438.jpg
                    ミ  ツ  ガ  シ  ワ

 奥の方はどうかな? 期待を胸に進むと・・・・・ よかった~、丁度見頃のようです。
 どの位咲いてるだろうか? 数えてみると・・・ちょっとショボイものや倒れているものを
             含めて20株が花を付けていました。 

  DSC07452_20150411122838048.jpg  DSC07454_20150411122838c86.jpg
                      ミ  ツ  ガ  シ  ワ

  DSC07460.jpg  DSC07456.jpg
                      ミ  ツ  ガ  シ  ワ

      雨の日、平日の浮島は静かでした。 そんな中、傘をさして歩きます。
           ヒキノカサやノウルシの黄色が優しく目に入ります。

  DSC07472.jpg  DSC07471.jpg
                       濡 れ る 木 道

  園内の苗探しをしていると・・・ヌマトラノオやコシロネが多いのに加え、ミソハギが
結構成長しているのがわかりました。 ボンバナと呼ばれ、夏のお盆の頃に濃いピンクの
   お花が見られます。「仏様に飾っていましたよ」 と教えて下さった方もいました。

  DSC07474.jpg  DSC07483.jpg
      ヌマトラノオ                   ミソハギ 

   木道沿いで、かなり踏まれた跡にもヒメハッカが元気に育っていました。
 このところ、個体数も増えているようで、ヒメハッカファンの私にとっては嬉しい事です。

  DSC07485.jpg  DSC07464.jpg
                 ヒメハッカ                    ヒキノカサ

     公園一番のお勧め 「サワトラノオ」 も早い子は蕾を持って来ました。
ヒキノカサとは大の仲良し? ついこの間までヨシがわんさと積み上げられていた所にも・・・
      目を凝らすと・・・・・ クサレダマの小さな細い苗が確認出来ました。

  DSC07496.jpg    DSC07487.jpg
   ヒキノカサ&サワトラノオ                       クサレダマ

     ノウルシも開花の早かったお花は、トゲトゲの種子が膨らみ始めていました。
     同じ公園内に咲く仲間のトウダイグサにはトゲトゲはなくつるんとしています。

   葉っぱが傷んでちょっと心配だったタコノアシですが、どうやら回復傾向にある
             ようで、個体数も増えていてヤレヤレです。

  DSC07507.jpg  DSC07509.jpg
                 ノウルシ                     タコノアシ

  白いお花が目に入りました。 ツボスミレです! 以前あった場所から移動したの?
       昨年あたりから?少し離れた場所で見られるようになりました。

           アレ? この雨の中、熱心な方がいるなあ・・・
   ノウルシにカメラを向けた方が振り向くと・・・ 先日、サワトラノオ調査に参加して
   下さったQさんでした。 ご両親を連れられミツガシワを見にいらしたようです。

  DSC07505.jpg  DSC07436_20150411235012002.jpg
       ツボスミレ                      園内風景

    確実に日毎、浮島の春は進んでいます。 野原も大分賑わって来ましたよ。
  タンポポやノゲシの仲間・カラスノエンドウ・スズメノエンドウ・マツバウンラン・・・・・

  DSC07437.jpg  DSC07445.jpg
           ノ  ゲ  シ                       オドリコソウ

  シロツメクサも伸びて来ました。 ここでは結構多くの四葉のクローバが見つけられ
    ます。  黄色いコメツブツメクサ?コメツブウマゴヤシ?も出て来ました。 
                 ちゃんと確認しておかなくては・・・    

  DSC07433.jpg  DSC07443_2015041302375187c.jpg
     マツバウンラン                  コメツブツメクサ?

             ただいま浮島は、お花の見頃が続いています。

   

ヒトリシズカ大賑わい!

       先日、ヒトリシズカの蕾がた~くさんあるのに気がつきました。
     ヒトリシズカは、群生しやすいようですが・・・ そうは言ってもねえ・・・ 
 今はどうなってるかな? 出掛けるついでに開花の様子を見に行って来ました。 

                   「うわ~凄い!」 

  林に入ると・・・ あっちにもこっちにも、その奥にも、ヒトリシズカの塊がいっぱいです。
        とても 「ヒトリシズカ・・」 なんて言っちゃいられない状況ですね?

  DSC07365.jpg  DSC07367_201504102306386c5.jpg
                   ヒ  ト  リ  シ  ズ  カ

         まだ蕾を持つものもありますので、あと数日は楽しめそうです。

  DSC07371.jpg  DSC07378.jpg

 それにしても凄いね! 奥の方まで続いています。 まさにヒトリシズカ畑です! 
    セントウソウとの饗宴です。 タチツボスミレも少し紫色を主張していました。

  DSC07375.jpg  DSC07384.jpg

   こんなに沢山あるのに、キット気付いてくれる人は余りいないのでしょうね?

  DSC07402_201504102309404d6.jpg  DSC07368.jpg

  昨年見つけ、もう無くなってしまったんだろうか? と心配したムサシアブミですが、
  先日は、小さくて見落としていただけのようです。 ドキドキしながら行ってみると
「よかった~」 増えもせず減りもせず、2株が2m弱の距離を保って咲き始めていました。

          DSC07390.jpg
                 ム  サ  シ  ア  ブ  ミ

 静岡県の植物誌には分布の記録はありません。 他でも1ケ所見られたようですが、
 栽培品が野生化したものでは?との見方もあるようで、先生に伺ってみるとこちらも
              多分そうじゃないか? とのことでした。

        でもここで、この森で出逢えたのはとても嬉しい事でした。
            頑張って増えて行って欲しいと思います。

DSC07387.jpg DSC07393.jpg

      さて、目も楽しませて貰ったし、用事を済ませに出掛けましょう。  
              ちょっと気が重いのですが・・・

    車を走らせているとお花が・・・・・ ムベのお花が咲いているようです。
  道路沿いに100m程、生垣風に植えられているのですが、まさに今が満開!
          車を止めて、見に行きます。 とても可愛いお花です。

  DSC07406_201504102319423cc.jpg  DSC07404.jpg
                         ム  ベ

    あ~あ、こんなに寄り道をしてばかりではなかなか目的地に着きません。

       真面目に運転して行こう! 一時停止、しっかり確認しましょうね!

  DSC07407.jpg  DSC07405.jpg
  
                     では、行ってきま~す!


寒い中にも・・・やっぱり春ですね!

    この春の風景を 「山笑う」 (俳句の春の季語) と教えてくれたのは
          遠くにいても、とても近い存在に感じるKさんです。

            DSC00144.jpg

 冬の戻りがあり、少し冷え込んだものの・・・山も野も春まっしぐらといった感じです。
         行く先々で、ヤマブキの黄色がよく目立ちます。
   それに加え、ヒメウツギのスッキリとした白さも目に留まるようになりました。

  DSC00140_20150410012030fb4.jpg  DSC00142_20150410012029040.jpg
            ヤマブキ&ヒメウツギ                   ヒメウツギ

      少し山に入った公園では、桜が真盛り! 今が丁度見頃でした。

  DSC00418.jpg  DSC00424_201504100124371b8.jpg
                  ソメイヨシノ&八重ベニシダレ桜

                       うわ~、綺麗ねえ・・・・・

  DSC00414_201504100123559d2.jpg  DSC00420_20150410012353067.jpg

          ゆっくりしたい所ですが・・・ もう少し先へ進みます。

DSC00423_201504100123529b5.jpg

    山道を散策するのですが・・・・・ 少し高度のある地では、春はまだ浅い。
 目につくのは、紫色をしたタチツボスミレばかりです。 マルバコンロンソウもまだ蕾。
             小さくて、ユリワサビかと思ってしまいました。

  DSC00283.jpg  DSC00249.jpg
    タチツボスミレ                  マルバコンロンソウ

                でも、ネコノメソウの仲間もポツポツと・・・・・

  DSC00306.jpg  DSC00207_20150410012028f16.jpg
                 イワボタン                   ヨゴレネコノメソウ

           今日は、ミヤマキケンマンの大売り出しとなりました。

  DSC00385_201504100133574c7.jpg  DSC00392_20150410013528509.jpg
                  ミ  ヤ  マ  キ  ケ  マ  ン

              タチキランソウも少しですが咲いていました。

  DSC00387.jpg  DSC00360.jpg
               タチキランソウ                   イワユキノシタ

 知っている数少ないシダの仲間・・・ハカタシダとクモノスシダも岩にくっついています。
  
  DSC00351_20150410013358930.jpg  DSC00285.jpg
               クモノスシダ                     キブシ

     フサザクラはもう店仕舞い。 しまい忘れた子が露に濡れていました。

       ミツバツツジも咲き始めて・・・・・ ヤッパリ春になりましたねえ。

  DSC00324.jpg  DSC00390.jpg
     フサザクラ                      ミツバツツジ

                         相方との山道散策でした。



ヒカゲツツジ

 もう10年近く前に、鉱物採集で訪ねて、1株のヒカゲツツジを目にしました。
   その優しいクリーム色に惹かれ、ヒカゲツツジファンになりました。

今年は群生地を訪ねたいなあ・・・・・と思っていましたが、群生地・・・とは行かない
       ものの、いい感じのヒカゲツツジとの出逢いがありました。

  DSC00288_20150410010025ff7.jpg  DSC00298_201504100100248ea.jpg
                  ヒ  カ  ゲ  ツ  ツ  ジ

     垂直に立つ大きな岩からその枝を伸ばし、人を寄せ付けません。
 それでもその内の数本は、少しよじ登ると近くでその姿を見る事が出来ました。

  DSC00300.jpg  DSC00301_201504100100236f2.jpg

   見れば見るほど立派な大岩です。 ヒバやイワナンテンも一緒に見られます。
       うん、この辺りは小群落? と思えるほどに纏まっていました。

  DSC00302_2015041001002399c.jpg  DSC00330.jpg

             道の反対側の崖にも点々と咲いているようです。

                   ホント、可愛いお花です。

  DSC00327_20150410010210347.jpg  DSC00345.jpg

   「上品ないい色をした花だなあ・・・」 と珍しく、相方もヒカゲツツジファンに
                      なったようです。

  DSC00347.jpg  DSC00348_20150410010208620.jpg

              いい時期に出掛けられて良かった~・・・ 

        期待していなかっただけに、喜びは倍増でした!! 



キバナハナネコノメ

  まだ出逢ったことの無い 「キバナハナネコノメ」 に逢いたく、出掛けます。
     昨年は、現地へ行きつけず、途中で観光となってしまいました。

今年もまだ冬季通行止めでまたもや空振り? と思われましたが、少しウロウロ
           していると、ちゃんと顔を見せてくれました。

  DSC00205_20150410001728e43.jpg  DSC00184.jpg
              キ  バ  ナ  ハ  ナ  ネ  コ  ノ  メ

  水辺の好きなネコノメソウの仲間です。 苔や石に付いている姿は好ましい。

  DSC00242.jpg  DSC00233_20150410001727854.jpg

   葯も黄色から少し濃いオレンジ色に近いものまであるのも、仲間のハナネコノメと
                        似ています。 

  DSC00165_20150410001557e74.jpg  DSC00163_201504100017266a3.jpg

   少し雨のせいでもあるのか、それとも流れ落ちる水がかかるのか、蕊に水滴が
                  付くのも可愛いものです。

  DSC00173_20150410001556ebe.jpg  DSC00180.jpg

   あれれ・・・ キバナなのに色白の子がいました。 葯も元気だし、古くて色が
                  抜けたようではありません。

    そう言えば・・・・・ 以前交わした、Sさんとのやりとりを思い出しました。

          Sさん 「キバナハナネコノメの白花もあるよ」
           私   「それってハナネコノメと違うんですか?」
          Sさん 「イヤ、キバナハナネコノメの白花だよ」
           私   「う~~~ん、??」

         もしかして・・・・・ この子がそうなのでしょうか?

         DSC00164.jpg
                   キバナハナネコノメの白花?

     黄色い子に比べるとグンと少なく、ホンの数株を数えるのみですが・・・・・

                  だとすると・・・・・やった~!

         DSC00175_20150410001555a2a.jpg

                 とても満足で、嬉しい一日でした。


雨の中の散策

  このところずっと雨模様の日々が続いています。 相方が、「ちょっと歩きに行くか?」
      二つ返事で了解しました。 それなら行ってみたい所があります。
少し薄日が差してきたので (よしよし・・・) と思ったのですが、それもつかの間、
                またシトシトと雨が落ちて来ました。

 富士宮の 「さくらの里」 には40種ほどの桜が植栽されていると言うので様子を見て
 来ました。 早咲きの桜は終わり、ベニシダレとマメザクラが見頃を迎えていました。

  DSC00006_20150407111000113.jpg  DSC00001_201504071110013c5.jpg

      御衣黄桜などはまだ蕾ばかりで、この先楽しませてくれそうです。

  DSC00022_20150407110959945.jpg  DSC00019.jpg
      ベニシダレ                 マメザクラ(フジザクラ)

        雨も少し多くなって来ましたが、もう少し先へ進んでみます。  
その時期になると、アケボノスミレ・アカネスミレ・マルバスミレ・エイザンスミレ・
ツボスミレ・チゴユリ・イカリソウなどが賑わうお気に入りの場所なのですが・・・・・
        いつもより2週間ほど早いので・・・どうでしょうか?

  まだ少し寂しいのですが、マルバスミレは思ったより多く咲き始めていました。

  DSC00065_201504071110362a6.jpg  DSC00048_20150407110958213.jpg
                  マ  ル  バ  ス  ミ  レ

       エイザンスミレも少し色は薄いのですが、そこここで咲いています。

  DSC00061_20150407111036b12.jpg  DSC00087_201504071110358e8.jpg
                エ  イ  ザ  ン  ス  ミ  レ

  DSC00089_201504071110340c0.jpg  DSC00070_20150407111035acc.jpg
                エ  イ  ザ  ン  ス  ミ  レ

   ここで一番のスミレは、アケボノスミレです。 とても可愛い色をしています。
 そのアケボノスミレはまだ咲いていませんでしたが、その代わりにヒナスミレが数株
    咲いていました。 2枚とも同じ株です。  他の子は少し色が薄くて・・・

  DSC00094_201504071227456e1.jpg  DSC00095_2015040712274581c.jpg
                     ヒ  ナ  ス  ミ  レ

  ツボスミレもここに咲くのは、湿原で多く見られると言うムラサキコマノツメ似の子も
    混じっているようです。 が、、まだ葉っぱだけしか見る事が出来ませんでした。

  DSC00097_20150407122744b41.jpg  DSC00100_20150407122926029.jpg
             タチツボスミレ                      ツボスミレ

         アケボノスミレが一番いい頃にまた訪ねてみたいと思います。

               雨の中の散策もそろそろ終了です。



タンポポが真盛り!

        遠くから一面黄色い絨毯が見えました。 あれはタンポポ・・・・・
他の場所にはトウカイタンポポが咲いていたので、 「これも?」 と期待しましたが、
      ここでの群生は・・・・・ 残念!   外来のタンポポでした。

  DSC00065_20150405114714611.jpg  DSC00072_20150405114713277.jpg
               セ  イ  ヨ  ウ  タ  ン  ポ  ポ

               でも、これ位花ひらくとなかなか圧巻ですね! 
          天気が良ければ暫し寝転んでいたい・・・そんな風景でした。

  DSC00070_20150405114713131.jpg  DSC00080_201504051147110ce.jpg
                  セイヨウタンポポ&シロツメクサ

      少し場所を移動すると・・・・・ こちらはトウカイタンポポでした。
  後でちゃんと撮ろう・・・と思っていたのですが、他をぐるっと周っている内に、
            既に閉じ始めていて・・・何だか寂しいネ。

  DSC00058_2015040511533510e.jpg  DSC00053_2015040511524686e.jpg
               トウカイタンポポ&ムラサキサギゴケ

  今年も咲いてるかな? 少々心配しつつ歩いていると・・・ 「あったよ~」 の声。
    白いサギゴケは数か所で見られました。 どうやら増えているようです。
ムラサキサギゴケも、少し濃い紫色の子や、薄い色の子もいてなかなか面白い・・・

  DSC00025.jpg  DSC00040_20150405115054cc7.jpg
                サギゴケ&ムラサキサギゴケ

               白いお花は品がよく、清々しいですね。

                何枚も何枚も・・・写真を撮りました。

  DSC00024_20150405115056901.jpg  DSC00026_20150405115247c66.jpg
                      サ  ギ  ゴ  ケ

  DSC00056_20150405115247eb9.jpg  DSC00054_20150405115334b9f.jpg
                     ヘビイチゴとサギゴケ

      こちらの白も・・・いいですねえ~。 カラスノエンドウの白花です。

         カラスノエンドウの白花も、2~3か所で見られました。

  DSC00036_20150405120020f81.jpg  DSC00031_201504051150553ba.jpg
                  カラスノエンドウ (白花)

 少し色の薄いピンクの子や、見慣れている色の濃いタイプなどがあり、目を楽しませて
                          くれます。

  DSC00038_201504051200204b8.jpg  DSC00039_20150405120019a6c.jpg
                    カラスノエンドウ

           広場ではキキョウソウなどのお花も咲きそうです。
  外来種と思われるカミツレ似の子もいます。 セリ科のお花も蕾を持っていますが・・・

  DSC00082_201504051202393b0.jpg  DSC00083.jpg
                 ?                       ヒナセントウソウ

                    この子たちは一体誰なのでしょう?
     *右はヒナセントウソウではないかと教えて頂きました。 サクラスミレさん有難うございました。
     *左はコシカギクかも?教えて頂けると嬉しいです。

  

浮島ケ原自然公園の今

        浮島自然公園も、いよいよお花の季節本番になって来ました。
  ノウルシやヒキノカサに加え、ミツガシワも白いフリルのようなお花を付けています。

  DSC09959_20150405101004bde.jpg  DSC09999_201504051010034ec.jpg
                公園内風景                    ノウルシ

 沢山蕾を上げていたのですが、冷え込みによるものでしょうか? 花茎がとけたように
折れてしまいました。 それでも次々に新しい花茎が出て来て・・・数日ぶりに訪ねると、
   5本お花を付けていました。 可愛いです!  他の蕾も膨らんでいます。

  DSC09946_2015040510111897f.jpg  DSC09947_20150405101118869.jpg
                     ミ  ツ  ガ  シ  ワ

        柵をしているので、チョッピリ体を乗り出してカメラを向けます。

  DSC09952_20150405101407ebe.jpg  DSC09950_201504051011174b8.jpg
                      ミ  ツ  ガ  シ  ワ

   ノウルシは何箇所かで群生しているのですが、一番賑やかそうなのは公園外から
見られる南東部のノウルシです。 側道を通り群生地へ向かうと、ノウルシやヒキノカサ
                が、はみ出して育っています。

  DSC09997_201504051010032e2.jpg  DSC09996_2015040510100222a.jpg
             公 園 外 ( 側 道 ) か  ら の 公 園

 先週に比べ、ヒキノカサのお花が増えて来ました。 蕾がドンドン膨らんでいるようです。
 点々と見られたヒキノカサが、写真では見えにくいのですが面として捉えられるように
          なってきました。  日々、まだまだ増えてきそうです。

  DSC09968_201504051011193a4.jpg  DSC09969_201504051011195a3.jpg
                     ヒ  キ  ノ  カ  サ

     他の苗も順調に育っているようです。 葉っぱが特徴的なコシロネも・・・

  DSC09989_2015040510100103b.jpg  DSC09975_20150405101851974.jpg
  ヒキノカサ&オオアカウキクサ?                コシロネ

     秋に咲くミゾソバももう準備中。 ヌマトラノオの苗もよく目立って来ました。 

  DSC09973_2015040510185219b.jpg  DSC09971.jpg
             ミ  ゾ  ソ  バ                   ヌマトラノオ

         私が公園内で一番好きなヒメハッカも増えて来ています。
薄紫色をしたお花も、ちょっと指先で葉っぱを擦り、手に残る香りもたまらなく素敵です。

  木道の下を覗き込むと・・・・・ ここにもヒョロヒョロと伸びたヒメハッカがありました。
                    早くお花が見たいなあ・・・・・

  DSC09981_20150405102346d80.jpg  DSC09982_20150405102043168.jpg
                      ヒ  メ  ハ  ッ  カ
  



市内を歩いてみれば・・・

         太平洋側に咲くナガバノスミレサイシンも今が花盛り。
 昨年、葉っぱだけを見ていた場所へ行ってみると・・・・・う~ん、まさに花時でした!
                みんないい顔をしています。 

  DSC09868.jpg  DSC09871_20150404092245ec1.jpg
                 ナ ガ バ ノ ス ミ レ サ イ シ ン

                     斜面は、一面のお花畑です。

  DSC09870_2015040409224679a.jpg  DSC09869_201504040922467da.jpg
                  ナ ガ バ ノ ス ミ レ サ イ シ ン

         少し窪んだその下では・・・・・ ネコノメソウが賑やかです。
   
  DSC09873.jpg  DSC09874.jpg
                   ヨ ゴ レ ネ コ ノ メ ソ ウ

   殆どが赤い葯を持ったヨゴレネコノメソウですが、イワボタンも少し咲いていました。

  DSC09875_20150404092333521.jpg  DSC09876.jpg
      イワボタン                ヨゴレネコノメソウ

  野の花もぐ~んと成長著しいです。 ノゲシ・マツバウンランも咲き始めたようです。

  DSC09886_20150404092745b7a.jpg  DSC09880.jpg
               ノ  ゲ  シ                  マツバウンラン

       ゼンマイやワラビ・タラノメ・ウドも目につくようになりました。
 ゼンマイの大きく伸びたのは、男の子(胞子葉?)です。少し遅れて食材となる
               女の子のゼンマイが顔を出します。

  DSC09877_20150404092332c59.jpg  DSC09887_201504040927457a2.jpg
     ゼンマイ                        ハハコグサ

         スミレの中のスミレは、しっかりとした紫色がとても綺麗です。
                 道ばたで品よく咲いていました。

  DSC09896.jpg  DSC09890_201504040927441b1.jpg
                       ス   ミ   レ

  こちらは・・・ノジスミレでいいのでしょうか? 道ばたに咲く、身近なスミレの名前が、
                   私にはちょっぴり怪しいのです。 

  DSC09894.jpg  DSC09892_201504040934594e9.jpg
                    ノ   ジ   ス   ミ   レ

      秋には赤く色づく実が可愛いサルトリイバラも花をつけています。

    この葉を見ると・・・むかし、母が作ってくれた 「おだんご」 を思い出します。
  米の粉と白玉粉で作ってくれていたのでしょうか? 今となっては確認できませんが、
     これをサルトリイバラの葉っぱで包んで蒸して食べさせてくれました。
   柏の葉っぱがない?四国では、もっぱらサルトリイバラが使われていました。

    クサイチゴは、お茶摘みをしている横で摘んで食べていたものです。

  DSC09900.jpg  DSC09898_20150404093457086.jpg
             サルトリイバラ                    クサイチゴ

   コゴメイヌノフグリが咲いていると言うので、近くを通ったので寄ってみました。
    「あっ、ホントだ!」 イヌノフグリのようで、真っ白のお花が可愛いです。
                白いお花は、清楚で素敵ですね!

  DSC09925.jpg  DSC09926_201504050054299f2.jpg
               コ  ゴ  メ  イ  ヌ  ノ  フ  グ  リ

        もう実を付けていますが・・・・・ でも、ホント毛深いですね~。

  DSC09929_20150405005428ec7.jpg  DSC09934_2015040500542852e.jpg
              コゴメイヌノフグリ                  テントウムシ

          今の季節、市内の何処を歩いても桜が満開です。 

  DSC09902_20150404093821c05.jpg  DSC09912_2015040409382035b.jpg
     ソメイヨシノ?                     垂れ桜

   垂れ桜の下では仲良し2人組が楽しそうにお喋りに花が咲いていました。
       「昨年も来て、今年も来たのよ・・・」 と話して下さいました。
     ホント、きれい・・・・・  暫く見上げ、さてそろそろ帰りましょ。

  DSC09917_201504040938191f0.jpg  DSC09914_20150404093820702.jpg
                      垂    れ    桜


  


寄り道観察

1日の観察会の帰り道・・・・・時間があるので、少しづつ観察しながら帰る事にします。
車で走っているだけでは目につきにくいお花たちも、歩いてみると意外と多く咲いて
     いる事がわかります。 気になる場所も少し歩いてみました。

タチツボスミレに混じって少し毛深いアカネスミレのスッキリとした濃い紫色の花が
   目に留まります。 山の斜面ではイズセンリョウが蕾をたくさん付けています。

  DSC09738_20150402112045758.jpg  DSC09748.jpg
              アカネスミレ                    イズセンリョウ

                ニワトコも花を咲かせてきました。 
  小さく可愛いお花のヤマルリソウは、今が一番の見頃で、色んなところで目を
          楽しませてくれます。 心和むお花です・・・・・

  DSC09751.jpg  DSC09793.jpg
       ニワトコ                    ヤマルリソウ

    オドリコソウ・ムラサキケマン・・・・・春の訪れをほんとに嬉しく感じます。

DSC09759_20150402112043b29.jpg DSC09767.jpg
        オドリコソウ                    ムラサキケマン

   富士市内では河川敷近くから、我家の近くの山間部までたくさんのウラシマソウが
 咲きます。 自分が育った四国では目にしなかったので、初めてこの花に出会った時、
            浦島太郎の釣り糸?がとても面白く感じました。
             この道端沿いでも点々と糸を垂らしています。

DSC09775_20150402113049a7e.jpg DSC09773.jpg
         タチツボスミレ                   ウラシマソウ

     そして・・・  今日出会った初めての子は・・・   うわっ、大きな株です!
黄色いお花はミヤコグサ似なのですが・・・・・ マメ科の花がほぼ5つづつ付いています。
 まだまだ開花が始まったばかりなのですが、1~2週間すれば誰の目にもとまる筈!
それ程多く、また大きな塊なのです。 帰化植物図鑑を開くと・・・ネビキミヤコグサ
             ピッタリなのですが、まだ確信は持てません。
       新しい道路の法面なので、吹きつけにより出て来たもののようです。
帰化種でも新しいお花との出会いはちょっぴり嬉しい・・・・・ (ナンテ事言っては不謹慎ですが・・・)

  DSC09797.jpg  DSC09795_20150402112141539.jpg
               ネ  ビ  キ  ミ  ヤ  コ  グ  サ  ?

 ツタバウンランも可愛いお花です。 市内でも段々多く見られるようになった帰化種です。

  DSC09796_201504021121400f5.jpg  DSC09819_20150402113408a82.jpg
     ネビキミヤコグサ?                    ツタバウンラン

   秋には美味しい食材です。 葉っぱが5枚のアケビと少し山で見られる葉っぱが3枚の
      ミツバアケビが同じ所で咲いています。 ここは収穫しやすそうなので、今年は
              ここで戴こう!!  すぐに忘れてしまいそうですが・・・ 

  DSC09802_2015040211341008c.jpg  DSC09803_20150402113410f3f.jpg
                   ミ  ツ  バ  ア  ケ  ビ

                   ヤマブキの黄色も見事ですね!

DSC09814_20150402113409de5.jpg DSC09808.jpg
           アケビ                     ヤマブキ

                  ホント、カラフルな季節になりました。



ご近所で春探し  第2段!

    ご近所散策は、時間が少々遅くなっても気が向いたらすぐに出掛けられます。
            気になっている他の場所も歩いてみる事にしました。
別のお花の様子を見に入った林ですが・・・・・陽の入る林内では、タチツボスミレ・セントウソウ
  の花盛り。 また、お花はまだですが、ヒトリシズカがアッチにもコッチにも団体さんで
    茶色い茎を伸ばしていました。 お花が咲くときっと素晴らしい光景でしょうね?

  DSC09579_20150401222703ece.jpg  DSC09570.jpg
                  ヒ  ト  リ  シ  ズ  カ

          少し場所を移動して、水辺近くに下りてみました。
 少し日陰ですので、ニリンソウが少しづつ咲き始めた所です。 サイハイランの葉っぱも
見えます。 セントウソウ・ジロボウエンゴサク・タチツボスミレは今何処でも賑やかです。

  DSC09585.jpg  DSC09587_20150401222702d55.jpg
   サイハイラン                      ジロボウエンゴサク

  沢を突っ切り対岸の山道に入ると・・・・・うわ~、斜面が白いお花で埋まっています。
         いつもより少し早い時期に来るとこんな様子なんですね? 

               ユリワサビとセントウソウの白さです。 

   DSC09591_2015040122534806b.jpg  DSC09637.jpg
                    ユ  リ  ワ  サ  ビ

    こっちもユリワサビ・・・多いなあ・・・と、見ていると、んっ、ちょっと違うなあ・・・
   葉っぱが羽状複葉になっています。 マルバコンロンソウのようですが、お花はそっくり!
        普通は茎に毛が多いのですが、この子たちは無毛でした。 

  DSC09615_201504012227512c4.jpg  DSC09598.jpg
                   マ ル バ コ ン ロ ン ソ ウ

                  白いお花たちに心もスッキリ~・・・

   DSC09592.jpg  DSC09639_20150402094524df0.jpg
       手前にユリワサビ、奥にマルバコンロンソウ                 セントウソウ

    ここ山間部も桜の季節となり、何処を歩いてもピンクのお花でいっぱいです。

                  いい季節になりましたね! 

           DSC09613_20150401222751103.jpg
                       タチツボスミレ

大棚の滝周辺の自然

 本年度より、毎月1日の観察会が丸火自然公園から、大棚の滝周辺に変更となりました。
     毎月訪ねていると、今まで気付かなかったものに出逢えそうな・・・ 

 タチツボスミレが目立つのですが、葉っぱがちょっと違うなあ・・・と眺めていると・・・
ヤッパリ違うよ。 どうやらコスミレのようです。 昨年初めて自分の中で納得できた
                     種類のスミレです。

            花が白く、距は紫が残るオトメスミレも咲いていました。

  DSC09665_20150402100040b6a.jpg  DSC09686_201504021000392be.jpg
               コスミレ                      オトメスミレ

  垂直の壁を見下ろすと、コンクリートの壁にオレンジ色のものが付いています。
     ダイダイゴケとも違うようです。 少し採ってみると・・・・・何だろう? 
            Y先生によると、「スミレモだね!」 とのこと。

殆どが水の中に住む藻類の仲間だそうです。 この種は一生の内殆どを陸上で生活する
         (気生藻類)というちょっと変わった緑藻の仲間とのこと。
ニンジンと同じカロチノイド系の色素を貯めやすくオレンジ色をしているのだとか・・・・・
 場所によっては殆どのこの成分を貯めず、緑色をしているスミレモもあるようです。
スミレの匂いがするとの事ですが・・・・・少し観察用に頂いたのを匂いましたが・・??? 

  DSC09706_201504021002560b4.jpg  DSC09707_20150402100256469.jpg
                          ス ミ レ モ

        この時期、ヤマルリソウもアチラコチラで可愛いお花が見られます。
      サンショウの葉っぱに似たサンショウソウも地味なお花をつけていました。

  DSC09682_20150402100039848.jpg  DSC09698_201504021002573c1.jpg
             ヤマルリソウ                     サンショウソウ

            周辺の木々たちも芽吹き、お花をつけ始めています。 

  DSC09689_201504021000384bb.jpg  DSC09688_20150402100038646.jpg
      キブシ                       ミツバツツジ

             クロモジもここではよく咲いています。 いいお花です!

  DSC09668_20150402100258e33.jpg  DSC09715.jpg
             クロモジ                        桜の仲間

        怪しい天気ながら、どうにか観察の間は雨も降らずヤレヤレ・・・・・

          その後、コミヤマスミレの様子を見に少し引き返しました。
       先程は葉っぱだけだったタニギキョウもここではよく咲いていました。 
 私にもわかるジュウモンジシダも見る事が出来ました。 今年は少しはシダや苔も
            わかるようになるといいのですが・・・ 

  DSC09730_201504021043590a9.jpg  DSC09718_20150402103420318.jpg
   ジュウモンジシダ                     タニギキョウ

    コミヤマスミレは残念ながら、まだまだ小さな葉っぱが見えるだけです。 
         イワユキノシタはもう蕾を持っています。 楽しみです・・・

  DSC09722_20150402103419998.jpg  DSC09727_20150402103419054.jpg
               コミヤマスミレ                  イワユキノシタ

     葉っぱに艶のあるヤマアイも咲き始め、スルガテンナンショウも開いて来ました。

DSC09717_20150402103421558.jpg DSC09732_2015040210373005a.jpg
         ヤマアイ                      スルガテンナンショウ


                 1ケ月後はどんなお花に出会えるでしょうか?

 もう消えてしまったと思っていたイチリンソウが残っていたのはとても嬉しい事でした。 



ご近所で春探し・・・

       この所、まったく山へ足が向いていません。 何でだろう?
 がむしゃらに山歩きをしたい・・・と思う気持ちを何処かへ忘れて来たのでしょうか?
   春はあっと言う間にやって来て・・・・・そのままの勢いで自分の前を過ぎ
    去ってしまいそうです。 何はともあれ・・・・・近くを歩く事にします。

道端には黄色いペンペングサ、イヌナズナが咲き始めていました。 最近よく見かける
      ようになりました。  早春定番のエンレイソウも咲いています。   

  DSC09445_201504011629501a5.jpg  DSC09459_201504011629499e6.jpg
     イヌナズナ                    エンレイソウ

 春早い内にいつも訪ねる林です。 一番最初に入った時はナガバノスミレサイシン畑でした。
この時期に見たいお花が揃って見られます。 ネコノメソウの仲間も4種類咲いています。
            赤い葯をしているのはヨゴレネコノメのようです。

  DSC09469.jpg  DSC09478.jpg
               ヨゴレネコノネ                   セントウソウ

             黄色い葯をしているのは、イワボタンだと思います。
             ニリンソウと一緒に咲いているのもなかなか可愛い・・・

  DSC09461_201504011629496e0.jpg  DSC09476_20150401163034cfa.jpg
    ニリンソウ・イワボタン                    イワボタン

  ポツンと1株咲くカタクリの横にもニリンソウ・・・・・  まだ少し早いようで、蕾が多い。
  葉っぱの角ばったカントウミヤマカタバミも、春浅いこの時期には多く見られます。

DSC09467_20150401163036cdb.jpg DSC09488_20150401163649100.jpg
       ニリンソウ・カタクリ                     カントウミヤマカタバミ

   この葉っぱ何だろう?と首を傾げていたら、近くにクリーム色をしたその子が
     花を広げていました。 小さなお花ですが・・・トウゴクサバノオです。                        

  DSC09513_20150401164059e3e.jpg  DSC09526.jpg
              カントウミヤマカタバミ              トウゴクサバノオ

 これもネコノメソウの仲間です。 雰囲気の似ているのは、ムカゴネコノメソウ・マルバネコノメソウ・
     ツルネコノメソウ・タチネコノメソウですが・・・ネコノメソウ一覧表で確認すると・・・・・

前者二つは対生、後者は互生です。 目の前にあるのは対生、萼裂片が直立~斜開
ですのでムカゴネコノメソウのようです。 地下を水平に走るストロンの先にムカゴを
  つけるそうですが・・・確認していません。 いつもながら・・・詰めが甘いです。

  DSC09517_201504011640597e4.jpg  DSC09527_20150401164423c43.jpg
                ム  カ  ゴ  ネ  コ  ノ  メ  ソ  ウ

   富士山麓に多いコガネネコノメソウも咲き始めています。 標高1000m辺りとは
              3週間以上花期が違うかもしれません。

  DSC09501_20150401163648b1b.jpg  DSC09503.jpg
                コ  ガ  ネ  ネ  コ  ノ  メ

  ナガバノスミレサイシンも以前ほどではありませんが、だいぶ咲いて来ました。
   たしかナベワリもある筈・・・・・と探したら、やっと出始めたばかりでした。
       でも小さいながら、ちゃんと蕾を抱えて出て来ましたよ。

  DSC09541_20150401164057a8f.jpg  DSC09535_20150401164058246.jpg
      ナベワリ                   ナガバノスミレサイシン

 林を抜けてアスファルト道を歩いていると・・・このスミレは・・・ヒメスミレでしょうか?

                   近くの春探しはこの辺で・・・

  DSC09545.jpg  DSC09567.jpg
       ナガバノスミレサイシン                        ヒメスミレ




  

浮島ケ原自然公園はノウルシが見頃です。

  お当番・沼川ウォーク・サワトラノオ調査を含め、珍しく3日間浮島公園詣出です。
      暖かな日差しを受けた浮島公園は、黄色いお花で染まっていました。

全国でも珍しく、国内で一番多くを数える 「サワトラノオ」 が植物群としては初めて
富士市天然記念物に指定される事になり、新聞を目にされた人達で公園も賑わって
        います。  (正式には4月の会議を経て正式決定となりますが・・・)

 その本人は?5月の連休辺りから見られるかな~? と言うところですが、今は
ノウルシが最盛期、ヒキノカサも日毎に艶のある黄色い花数が多くなっています。

  DSC09386_20150331155523ea8.jpg  DSC09412.jpg
                        ノ  ウ  ル  シ

       28日と30日ではヒキノカサの開花が目に見えるほど違っています。
     29日は少し降られましたが、思ったほどの天気の崩れはありませんでした。
  陽の光って有り難いですね。 そう言えば市内の桜も一気に開花が進んだようです。

  DSC09415_2015033116003967a.jpg  DSC09433_20150331155520704.jpg
       ノウルシ                     ヒキノカサ

   ヒキノカサとサワトラノオは仲良しなんでしょうか? アチコチで両方の小群落を目に
    します。 サワトラノオ調査の呼びかけに20名集まってくれました。 春休み中の
   Aちゃんもお仕事などで忙しい家族を代表して来てくれました。 大きな戦力です!

  DSC09406_2015033115552237b.jpg  DSC09409.jpg
                  ヒキノカサ                  サワトラノオ&ヒキノカサ

    少し霞んではいるものの、富士山も顔を出して応援してくれています。

  DSC09413_2015033115575522e.jpg   DSC09049_201503311605521e4.jpg
   木道からの富士山                    サワトラノオ

 ノウルシと同じ仲間のトウダイグサも見頃を迎えています。 ヤナギも優しい色です。
結構増えて来たヒメハッカやナヨナヨワスレナグサ、ヌマトラノオなども苗が出て来ました。
       
  DSC09388.jpg  DSC09387_20150331155755018.jpg
                 トウダイグサ                  ヤナギの仲間

     調査の時は色々な植物を傷めないよう注意しながら木道から下ります。
  見つけた場所に挿した棒は1100本近く。 まとめて1ケ所に挿しているのも多く、
       園内のサワトラノオは推定5000株位かなあ・・・・・との事でした。

  DSC09431_20150331175823e01.jpg  DSC09429.jpg
      アゼスゲ           左にナヨナヨワスレナグサ、右にサワトラノオ

 ヨシは植物の少ない所を除き、殆ど片づけられましたが、タコノアシの生える場所は
まだ積まれたままでした。 別の場所はまだ芽が出ていないのでここはどうかな?・・・

ヨシを取り除くと・・・・・あっ、もう苗が育っています。 でも・・・葉っぱが傷んでる。 
 頑張って育ってくれるかな~? 周囲のセイタカアワダチソウも整理出来、スッキリ!

  DSC09423.jpg  DSC09426_20150331175825bc0.jpg
                  タ  コ  ノ  ア  シ

  29日の沼川ウォークの参加者の中に、今年30年を迎えると言うコーラスの
       方たちがいらして、急遽素敵な歌声を聴かせて戴きました。 
   30日の調査は、集まった所で場所と人数を振り分け、作業に入ります。

  DSC09428_2015033118024479a.jpg  DSC09438.jpg
   30日の調査開始                 29日、30年の歴史ある歌声

  丘の上では、カラスのエンドやスズメノエンドウ・オオイヌノフグリ・タチイヌノフグリ
                     などが咲いています。

  DSC09442.jpg  DSC09420.jpg
             足音に驚くカエルさん               スズメノエンドウ              

              これから浮島は気候もお花も良くなります。
  
               お散歩がてら楽しまれるといいですね!
  

   
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる