亜高山帯のお花たち

           ちょっぴり涼しさのある森の中を訪ねてみました。
  今頃はどんなお花に出会えるでしょうか? ワクワクしながら進みます。

ここはイワセントウの多い森です。 セントウソウばかり見て来たので、ちょっと新鮮。
高度のある場所で出逢うタチツボスミレは紫の濃い色をした美人さんが多いようです。

DSC00831_2015060121241931d.jpg DSC00830_201506012124180b0.jpg
        イワセントウソウ                 タチツボスミレ

  タケシマランも小さな花を下向きに付けています。 写真の撮りにくいお花です。

  DSC00842_20150601212416e3c.jpg  DSC00904.jpg
               タケシマラン                   ミヤマスミレ

   ミヤマスミレも好きなお花です。 明るい場所ではタチツボスミレが見られ、森へ
  入るとミヤマスミレが多く見られます。 花弁が桜のように切れ込みがあるのは
                面白い。  可愛いですね!
  
  DSC00856_20150601212459210.jpg  DSC00847_2015060121250081c.jpg
      ミヤマスミレ                      ミヤマスミレ

          森の静かな主、イチヨウランも咲き始めていました。
  ひとつひとつ顔が違って面白いのですが、ちょっと個体数が少ないようです。

  DSC00862_20150601212458b29.jpg  DSC00858.jpg
                  イ  チ  ヨ  ウ  ラ  ン

             でも、こんな葉っぱを持った子もいました。
   別の葉っぱを持つ子もいるようですが、今年はまだ出逢えていません。

DSC00889_20150601223718b15.jpg DSC00894.jpg
                  イ  チ  ヨ  ウ  ラ  ン

   クラフト用のコメツガを拾っていると、小さなコフタバランが目に入りました。
      普通に歩いていたのでは気が付かなかったかも知れません。

  DSC00874.jpg  DSC00869_20150601212457019.jpg
                   コ  フ  タ  バ  ラ  ン

         苔の間からミヤマウズラの葉っぱが顔を出していました。
        中には、昨年のドライフラワーを付けたままの子もいます。
    まだお花を付けていないキソチドリはアチコチで伸び始めていました。
  
DSC00837.jpg  DSC00839.jpg
        ミヤマウズラ                     キソチドリ

           ズダヤクシュが咲く・・・そんな季節になったのですね。

              DSC00876.jpg
                      ズ ダ ヤ ク シ ュ


               とても気持ちのいい亜高山帯の散策でした。

            また機会があれば静かな森の中を楽しみたいものです。


  

久しぶりに越前岳へ

    アシタカツツジはどうだろう? 気にはなりつつ、出掛けられないでいた。
   2時半頃までには下りて来なければいけないが・・・・・よし、行って来よう!

        十里木の駐車場から、愛鷹の峰の越前岳へ向かった。
 平日ながら、駐車場は8割位埋まっていた。 今日は、向かって右斜面から登ろう・・・

  DSC00377.jpg  DSC00384_20150529020451f9c.jpg
           十里木登山口                       ミツバウツギ

         平原を登り始めると、白い木々の花たちが賑わいでいた。
  ミツバウツギ・タンナサワフタギが多いようだが、ウツギの仲間が多いようだ。

  DSC00388.jpg  DSC00382_2015052902045217a.jpg
    タンナサワフタギ                  ミツバウツギ

   サワフタギには小さな虫たちが沢山訪ねていた。 レストランさながら・・・・・
              ツリバナも可愛い花を下げている。

  DSC00389.jpg  DSC00402_20150529020611d33.jpg
              タンナサワフタギ                   ツリバナ

   小さな草花たちはこの時期、鳴りを潜め、木々のお花たちが元気いっぱい!
       リョウブやウコギもそれに続けとばかり蕾を膨らませている。

  DSC00394.jpg  DSC00391_2015052902061235b.jpg
       リョウブ                      ウコギ

 ニシキウツギも色の濃いものから薄いものまで、少しづつ色の変化があって面白い!

  DSC00404.jpg  DSC00405_20150529022649afd.jpg
                 ニ  シ  キ  ウ  ツ  ギ

   サンショウバラも蕾を持っています。 梅雨入りの頃には咲くでしょうか?

  DSC00406_2015052902264942e.jpg  DSC00386.jpg
     ニシキウツギ               サンショウバラ 

           それにしても木々の元気さには目を見張ります。   

  DSC00419.jpg  DSC00441_201505290226470d8.jpg
                ツクバネウツギ                   ゴマギ              

  DSC00456_201505290227460c5.jpg  DSC00410_20150529022648f39.jpg
      ガマズミ                          カマツカ 

   たった1株のササバギンランが蕾を付けていました。 今頃は咲いているかな?                    

  DSC00457_20150529022745586.jpg  DSC00469_20150529022744cff.jpg
               ヤマツツジ                    ササバギンラン

 所々で、タテヤマギクも見られます。 この辺りはノーマルな葉っぱを持つ子ばかり・・・

  DSC00461_20150529022744137.jpg  DSC00425_20150529025907300.jpg
     タテヤマギク                    ヤブデマリ
 
     岩場周辺では、咲き残りのアカバナヒメイワカガミも風に揺れています。

  DSC00507.jpg  DSC00503_2015052902590628c.jpg
               ア カ バ ナ ヒ メ イ ワ カ ガ ミ

      たくさんのモミジガサの仲間ですが、名前の方がわかりません。
   テバコモミジガサじゃないか?とも聞きましたが・・・・・ その内・・・

  DSC00474_20150529025907f0a.jpg  DSC00476.jpg
         ?                      ツルシキミ? 

  DSC00539_2015053000024225f.jpg  DSC00541_20150530000240a4a.jpg
               マイヅルソウ                   ツクバネソウ

   今回逢いたかったのはこの子たちなのですが・・・・・ 今年は全般に開花が早く
            ツツジの仲間も落花が多く、ちょっぴり残念。
 
アシタカツツジは、富士山周辺で見られる雄しべが6~10本の少し小ぶりのつつじです。
すれ違った方が「今年はちょっと残念だった。僕はミツバツツジの方が好きなんですよ」
  と、話されていました。 「アシタカツツジはごちゃごちゃし過ぎて・・・」との事。
              小ぶりなお花もなかなか可愛いのですが・・・

  DSC00518.jpg  DSC00529.jpg
     トウゴクミツバツツジ                      アシタカツツジ

  DSC00531.jpg  DSC00532_2015052923582052d.jpg
         アシタカツツジ&トウゴクミツバツツジ               ツルキンバイ 

   2時間掛けて頂上へ着きました。 結構な方が登られていて、少し下った所で
ひとりノ~ンビリ昼食を済ませます。 ホントは、呼子岳や鋸に足を伸ばしたい所ですが 
              下見の時間に遅刻してしまいます。             

  DSC00557.jpg  DSC00542_201505300002380c9.jpg
      ノギラン                      越前岳頂上 

      帰りは頂上を少し下った所から勢子辻方面へ下りる事にしました。
  こちらは殆ど人に逢う事がありません。 下り始めは少し荒れていますが、途中から
  は、快適な尾根歩きです。 斜面が緩やかな分、高度がなかなか下がりません。 
    ちょっとスピードをあげます。 と言いつつも、興味ある所ではゆっくりと・・・                    

  DSC00534.jpg  DSC00561.jpg
           頂上から駿河湾方面                 ハンカイシオガマ

  吹きあがる風が少し汗ばんだ体にとても心地いいです。 い~い気持ちです・・・

DSC00575.jpg

      こんな散策路のような道を終えた後は、ヒノキ林をグングン下ります。
  やっと林道に下りました。 そのまま勢子辻方面へ下りて駐車場まで戻るか
迷った末、林道をすたこら歩く事にしました。きっと駐車場手前に出る道に違いありません。

 車も殆ど通らないので道の右を歩いたり、左に動いたり・・・好き勝手に歩きます。
       お花を探しながらキョロキョロしますが、やはり木の花ばかり・・・

  DSC00566_2015053008375755f.jpg  DSC00587.jpg
             下山途中                         ミツバウツギ

             時間を掛けて予定通りの時間に到着しました。

      久しぶりのチョッピリ山歩き ・・・ ヤッパリ自然の中はいいですね!


  

西臼塚観察会

  24日、天気予報では マーク!  ところが・・・晴れ間も出てくる観察会日和と
          なりました。 K副館長は強烈な晴男です。
数年前のある時は・・・台風直撃予報! これじゃあいくらなんでも・・・と思っていた所、
  足早に台風が過ぎ去り、予定通り観察会が行われたと言う事もありました。

 例年、この時期に行われている奇石博物館の観察会が西臼塚で行われました。

  DSC00204_2015052801411503f.jpg  DSC00200_201505280156251f4.jpg
              ミヤマザクラ                      K太&K先生

          遊歩道脇に立つ、キハダの木は子供たちに大人気。
 ついつい、潜りたくなります。 小さい方に5年生の女の子が挑戦します。
       大成功! K副館長も頭だけ・・・・・ちょっと無理かな?

DSC00212_20150528015624b07.jpg DSC00214_20150528015624765.jpg

                Yは大きな洞を立ったままするりと・・・・・
   今年のお花の開花は早く、シコクスミレもワチガイソウも遊歩道沿いでは見られ
なくなっていました。 元気なのは、クワガタソウ・ツルシロカネソウ・ニリンソウ・・・・・

  DSC00264_20150528014114429.jpg  DSC00265_20150528014315e17.jpg
                                  クワガタソウ

   ヤマシャクヤクも殆どが種子が出来た状態でしたが、丁度いい子もポツポツと
              咲いています。 清楚で素敵なお花ですね。

  DSC00254_20150528014316c5d.jpg  DSC00232.jpg
             ヤマシャクヤク                     シロカネソウ

    カエデ広場のキリンの木はブナですが、皆に大人気の木なのです。
          広場に着くと、もう背中には子供たちの姿が・・・
       一体どれだけの大人や子供たちを乗せたのでしょうか?

  DSC00216.jpg  DSC00221_20150528014113b6d.jpg

     ママにおんぶされて参加したRは、葉っぱの上でゴロリン・・・ひと休み。
           キノコを見つけたK先生は、ただいま同定中。

  DSC00223_20150528014113831.jpg  DSC00260_201505280143157a4.jpg

   K先生お勧めの秘密のポイントを観察した後、西臼塚の火口に向かいます。
石の博物館ですからね!・・・・・ 富士山の赤ちゃんである、ここ西臼塚についての
         お話を、皆さんしっかり耳をすませて聞いています。

  DSC00237.jpg  DSC00244_20150528015623822.jpg

     西臼塚には色々な散策コースがあるのですが、来た道を戻ります。
     緑のシャワーに、小鳥のさえずり・・・・・心地のいい森の中でした。

                    お疲れさまでした~・・・
    

富士山麓のサクラソウ&スズムシソウ

富士山麓にもサクラソウは多くあったようですが、今では出逢う事はなかなか難しい・・・
      地元にあったものを植栽した場所も、今年はちょっと寂しいなあ・・・・・

  サクラソウ2  サクラソウ1
                    サ  ク  ラ  ソ  ウ

    そして・・・・・昨年、野草採集で偶然出逢った子はどうなっているだろう?
 やっと咲いてた株は無くなり、数株見られた筈なのに、今年は花の付かない1株
       だけ・・・   でも後日訪ねると・・・ それさえも消えていた。 
      ワラビを折った跡があったので、そんな人に見つかってしまった?・・・

              サクラソウ3

       場所は変わり・・・花期はとっくに終わってしまっていたけれど・・・・・
      ホンの少し花を残してくれていた子たちにも出逢う事が出来ました。
       その周辺には、花を付けなかった子たちもポツポツといます。
             来シーズンはいい時期に逢いに行くからね!

  サクラソウ4  サクラソウ5

           さくらそう6

    野草イベントの準備のため山に入ると、何故か嬉しい出逢いが多いのです。
           昨年のサクラソウもスズムシソウ2ケ所もそうでした。
    そして、今年は・・・・・スズムシソウに新しく3ケ所で出逢う事が出来ました。
                   恐るべし?野草採集!! 

スズムシソウ2 スズムシソウ1
  前回見たもの(大きくなっていました)            今年2ケ所目

        道すがら、寄り道観察中にgreenさんと今年2度目のバッタリ!
  「スズムシソウ見つけたいなあ・・・」 と言っていたgreenさん、すると顔を出して
           くれましたよ。  あ~、来シーズンが楽しみだ~ 

     今まで気付かなかっただけで、意外とアチコチで咲いているかも?・・・・・

スズムシソウ3 クモキリソウ?
            3ケ所目                 これはクモキリソウかな?

  
 



高峰温泉と信州で出逢ったお花たち

        末娘が3年の交際を経て・・・やっと優しい彼の元に嫁ぎました。
       甥っ子たちや姪っ子たちのお手伝いを受け、式が始まりました。

  DSC08661_20150524224251017.jpg  DSC08666_20150524224250624.jpg

     近い身内と、二人の門出を心から祝福して下さる大切な友人たちなど
     ホンの小さな集まりでしたが、手作り感のある心温もる式となりました。

その陰には、アドバイスを戴きながら一緒に作り上げて下さったプランナーさんたち
 のお力があっての事ですが・・・ プランナーさんにとって娘たちの結婚式がここでの
                最後のお仕事だったようです。
 その後、系列のホテル勤務になられるとのこと。 ありがとうございました。 

  DSC08725.jpg  DSC08670.jpg

        心を合わせ、信頼のおける温かい家庭を作って欲しいです。
          相方と二人・・・やっと肩の荷が下りました・・・・・ 

  DSC08851.jpg  DSC08729.jpg

                ****************

  そんな式を終え、翌日は姉夫婦と一緒に当日予約を済ませた標高2000mの宿
               (高峰温泉)へ向かいました。 

  DSC09046.jpg  DSC09036_20150525005746563.jpg

  前回は雨の中、震えながら孫たちと入った野天風呂ですが、霧で景色は望めない
             もののとても気持ちのいい温泉でした。
  スタッフの方たちも気持ちがよく、いつもいい気分で宿を発つ事が出来ます。

  DSC09067.jpg  DSC09051.jpg

  残念ながら、小雨模様で肌寒く池の平の散策は叶いませんでしたが、途中から
         回復し、時々車を止めてはお花探しの帰り道です。
ここで咲くのはイワハタザオでしょうか? ゆっくり観察する事も無く車に戻ります。

  DSC09071_20150525011336c5b.jpg  DSC09074_20150525011335a60.jpg
             ハタザオの仲間                   ミヤマヤナギ? 

 ヒメスミレサイシンはフォッサマグナ要素の植物です。 比較的近くで見られるのですが、
  ここ数年、時期を逸してばかりなので、ここで出逢えたのはとても嬉しい事でした。                  

  DSC09075_201505250113354fa.jpg  DSC09076_20150525011334986.jpg
                      ヒメスミレサイシン

  ヒメイチゲも何気ない道端で多く見られましたが、残念ながら殆どの花は閉じた
     ままでした。 エンレイソウやミヤマエンレイソウはまだまだ元気です。

  DSC09101_201505250114343d6.jpg   DSC09082.jpg
                   ヒメイチゲ                  エンレイソウ

  2000mの地では、若葉も瑞々しく、葉っぱの展開が始まったばかりのようです。
下り始めるにつれ、少しづつ緑の異なる木々のグラデーションがたまらなくいい色を
         見せてくれます。 暫く皆で立ち尽くしてしまいました。

  DSC09105_2015052501143395e.jpg  DSC09112.jpg
       カラマツ                     新緑燃ゆる

   車窓には木に咲くお花が沢山目につきました。 どうやら殆どがオオカメノキの
    ようです。 なかなかいい景色です。  車を止めて貰い下りてみると・・・・・
苔いっぱいの中に、爽やかな小さな流れがいくつもありました。 うわ~、いいねえ・・・

  DSC09115.jpg  DSC09119.jpg
               オオカメノキ                     小さな流れ

    クリンユキフデ・ハウチワカエデ・ヤマブドウも葉っぱがまだまだ小さい・・・
  
  DSC09124_20150525015258a5f.jpg  DSC09122_20150525015258a00.jpg
    クリンユキフデ                   ハウチワカエデ

    沢沿いに少し踏み跡を辿ると・・・・・ んっ、ニリンソウでもないし?・・・ 
そうか!サンリンソウだ。   自然の中で見たのは初めての事です。 ヤッタ~!

  DSC09141_20150525015257945.jpg  DSC09133.jpg
                   サ  ン  リ  ン  ソ  ウ

  信州ではアチコチで普通に見られるベニバナイチヤクソウも蕾が膨らんでいます。
 ウワミズザクラが目線で見られるのは嬉しい事です。 この実は焼酎漬けにすると
                   美味しいそうですが・・・・・

  DSC09197_20150525145033bd8.jpg  DSC09164.jpg
   ベニバナイチヤクソウ                 ウワミズザクラ 

  富士山麓では、今年チシオスミレばかりで、本来のサクラスミレを見つけられません
でした。 この日に見られたのは、サクラスミレばかり・・・最後を飾るスミレの女王さま。                  

DSC09167.jpg DSC09192_20150525015437f07.jpg
         ヒロハコンロンソウ                 サクラスミレ

       タチツボスミレは早くから遅い時期まで、どこでも見られますね。

  DSC09182.jpg  DSC09193_201505251449242ec.jpg
                 タチツボスミレ              ツクバキンモンソウ?

                途中の景色もなかなかのもの・・・・・

DSC09207_20150526033108c60.jpg

                  白樺林や、白駒池に少し立ち寄り・・・・・

  DSC09195.jpg  DSC09196_2015052514492121e.jpg
      チゴユリ                      シラカバ

     コセリバオウレンの咲き残りに出逢ったり・・・・・
                  場所を変えてリュウキンカを見たり・・・・・

  DSC09239_20150526033112681.jpg  DSC09283_20150526033111ea5.jpg
            コセリバオウレン                    リュウキンカ

         スミレの仲間を楽しんだ後・・・・・ 我家へ向かいます。

  DSC09313.jpg  DSC09307_2015052603311179a.jpg
   エゾノタチツボスミレ                   シロスミレ


                いい季節になりましたネ・・・・・ 

          (植物の名前は大いに怪しいです?・・・・ 間違っていたらゴメンナサイ)


  

クマガイソウ

  昨年、偶然のことからクマガイソウの群落に出会い小躍りして喜んだものです。
今年はどうなっているだろうか? ちゃんと生き残ってくれてる? 誰かに連れて行かれ
        てはいないだろうか? 色々な思いを胸に向かいます。

              今月前半に訪ねてみると・・・・・よかった~  
  昨年に比べると花数はだいぶ少ないようですが、自然の中ですので仕方ない・・・・・

  クマガイソウ2  クマガイソウ4
                    ク  マ  ガ  イ  ソ  ウ

           少し訪ねるのが早かったようで、蕾が多く見られました。
      木々に押さえられながら・・・・・動物に踏み荒らされながらもしっかりと
         花を咲かせ、また蕾を膨らませています。  頑張れ~・・・

  クマガイソウ1  クマガイソウ3
                    ク  マ  ガ  イ  ソ  ウ 

                   その後、再度訪ねてみると・・・・・
     早くに咲いた株は当然ながら終わってしまっていましたが、蕾の子たちが
          先輩に代ってその場を華やかに飾ってくれていました。

  クマガイソウ1  クマガイソウ3

   気にはなりつつ、何だかバタバタしていて訪ねる機会を失ってしまいました。
                  少し、遅かったようですね。

  クマガイソウ4  クマガイソウ2

          また、別の場所の子たちも・・・・・今年はやっぱり寂しいね。

  クマガイソウ5  クマガイソウ8

       良く見ると、側弁内側?の部分は結構毛深い子なんですね。
              それにしても面白い形をしてるわ~・・・
  昔は、そこかしこで見られた風景のようですが、今は出会う事は難しいですね。

  クマガイソウ7  クマガイソウ6

  
  幼い頃、裏山を少し入った竹藪に群生していたのですが、荒れた山道は通り辛く
 また、「ハメ(マムシの事)がおるけん行くなよ」 と父に言われ、引き返した事を思い
      出しました。荒れ放題の山ではもう絶えてしまっているでしょうね。

         この場所がいつまでもこのまま残ってくれますように・・・・・



             

ウィークデー観察会で西臼塚へ

     5月19日、心配した雨も夕方から・・・と言う事で、西臼塚へ向かった。
 本年度は、西臼塚を中心に定期的に観察会を行う事になって、今回で2回目です。

       標高1200m近い地には、まだ桜の花びらが残っていました。
 200m程低いと、大方の花は終わっていたのですが、この辺りまで来ると結構な
                     お花が見られます。

 道端では、マルバスミレが残っていました。 ツボスミレもまだまだ元気そうです。

  DSC08380.jpg  DSC08376.jpg
             マルバスミレ                      ツボスミレ

     林内で一番多く見られるのは、シコクスミレとツルシロカネソウでしょうか?
   その独特の葉っぱと、花の形が好きなシコクスミレは、ここでは丁度最盛期?
         ツルシロカネソウは、秋口くらいまでここでは見られます。

  DSC08432.jpg    DSC08411_20150516022726378.jpg
                   シ  コ  ク  ス  ミ  レ

  エイザンスミレやヒナスミレも葉っぱばかり・・・と思っていたら、元気な子もいました。
       少し高度が上がると、タチツボスミレも色が濃く、お花も豪華です!

  DSC08486.jpg  DSC08408_20150516022726f7c.jpg
           エイザンスミレ                       タチツボスミレ

 先日、竹林で多く見たアミガサタケですが、駐車場脇でひっそりと顔を出していました。
この周辺ではミヤマエンレイソウも見られるのですが、濃くも薄くも無いピンク色が
                   優しいエンレイソウでした。

  DSC08379_201505160228598ae.jpg  DSC08382_20150516022859cf8.jpg
    アミガサタケ                      エンレイソウ

 ワチガイソウもこの森では多く見られます。 遊歩道の足元にもたくさん出ていますので
                うっかり踏んでしまう事もあります。

  DSC08426_20150516022858fde.jpg  DSC08449_20150516022858385.jpg
             ツルシロカネソウ                   ワチガイソウ

    セントウソウもまだ残っています。 ワチガイソウの花弁は普通5枚なのですが、
   4枚のものも誇らしげに咲いていました。 萼片を見てもやはり4枚のようですね。

  DSC08456_201505161124427e3.jpg  DSC08453.jpg
  ツルシロカネソウ&セントウソウ                    ワチガイソウ

   ナベワリもここの住人です。 4月初めに低地で見られたものが、1ケ月遅れで
ここで見られます。 ブナの木は、「キリンの木」 と呼ばれ、人気者ですが、この時期
                 足元をニリンソウが飾っています。

  DSC08492_20150516112605f65.jpg  DSC08525.jpg
                 ナベワリ                  ニリンソウ咲くカエデ広場 

           この日のメインはやはりヤマシャクヤクでしょうか?   
  蕾ばかり目に入っていましたが、やっと咲いている子たちに出会う事が出来ました。 
                    清楚なお花で素敵ですね!              
 
  DSC08497_201505161126049e6.jpg  DSC08506.jpg
                   ヤ  マ  シ  ャ  ク  ヤ  ク

   コガネネコノメソウも、お花が終わり、緑っぽくなると目立ちませんが、やはり
              遅咲きの子もいて、目を楽しませてくれます。
  
  DSC08546_20150516112602028.jpg  DSC08495.jpg
             コガネネコノメソウ                  ヤマシャクヤク

          この新緑は目にも心までも優しくしてくれるようです。
    こんな森の中で、ゆったりとハンモックにでも揺られればたまりませんね!

  DSC08427_20150516112442665.jpg  DSC08473_20150516112441ee8.jpg
    誰の落し物?                    新緑燃える林内

  DSC08477.jpg  DSC08536_20150516144958e90.jpg
           キノコの仲間                     ネコノメソウの仲間

        少し遅いかな?と思ったヤマウツボですが、そこかしこで
                ポコポコと顔を出していました。

  DSC08519.jpg  DSC08507_2015051614564150d.jpg
      林内の大木                    ヤマウツボ

          次に訪ねる時は、フタリシズカが主役かなあ?・・・・・
   ヤマトグサもい~っぱいの森の中です。 少し膨らんだ蕾をそっと触ると・・・
       苞?がくるっと巻き、雄しべが幕を下ろすように下がります。
        この瞬間が面白く・・・・・ついつい悪戯をしてしまいます

  DSC08542.jpg  DSC08549.jpg
             フタリシズカ                       ヤマトグサ

                   ありがとう!  また遊びに来るね・・・・・

  

富士山麓森の中

             久しぶりにヤシャビシャクの花を見たいなあ・・・・・
       心当たりの森へ入ります。 どうだろう、咲いてるだろうか? 
  心配しながら向かうと・・・・・良かった~。 ちゃんと咲いていてくれました。 

  ヤシャビシャク4  ヤシャビシャク3   
                     ヤ シ ャ ビ シ ャ ク

 すぐ目の前で見られるのですが、ピンボケが凄い・・・・・ 周辺を散策すると、所々で
見られます。 ワチガイソウの多い森ですが、どうやってあんな高い場所に咲くので
      しょうか?   ヤシャビシャクと競うように咲き誇っています。  

  ヤシャビシャク2  ヤシャビシャク1 
                     ヤ シ ャ ビ シ ャ ク  

         足元では、ミヤマスミレが濃い紫色の花を咲かせています。
        まだ咲き始めのようで、この先、個体数が多くなると思います。

  ミヤマスミレ2  ミヤマスミレ1
                     ミ ヤ マ ス ミ レ 

  マツノハマンネングサやアオベンケイも葉っぱを広げ、お花の時を待っています。
  これらもお花の時期には出逢いにくいのですが、今年はいい時を逃さないように
                   しなければ・・・・・ 

  マツノハマンネングサ  アオベンケイ
           マツノハマンネングサ                     アオベンケイ

             ダイモンジソウもアチコチで見られます。
   まだこの時期は、草丈も低く、森の中もスッキリと気持ちがいいですね!

  ダイモンジソウ  森の枯木
     ダイモンジソウ                    森の枯木
  
                    食害による木々が痛々しい・・・・・



浮島公園まつり

     話が前後してしまいますが・・・・・ 新しい話から古い話へと辿る事にします。
              途中で息切れしてしまえばそれまで!・・・・・

 浮島自然公園のサワトラノオと湿地群が、先月富士市天然記念物に指定されました。
それに伴い、富士市や花の会、そして所属の会などにより、お祭りが繰り広げられました。
       公園内には次々と人が集まり、色々な企画で楽しまれました。

  DSC01161_20150512233705e0f.jpg  DSC01165.jpg
                 開会の挨拶                   管理棟 

     管理棟内では、N先生によるサワトラノオの講座が開かれています。 
  お話を聞きたかったのですが、残念ながらクラフトコーナーのちょっぴり猫の手に
なります。 管理棟隣がクラフトコーナーです。 少し雨がパラついて来たので、タ―プの
                隣にテントを立ててくれました。                  

  DSC01163.jpg  DSC01168.jpg
                                  クラフトコーナー

         入口周辺では、シュロバッタや紙トンボ作りなども行われています。

DSC01178_201505122342362ae.jpg DSC01171_20150512234236a97.jpg
                                    本日のスケジュール

    それぞれに素敵な作品が出来、ニコニコしながら持ち帰ってくれました。                          
 
  DSC01180_2015051223423439d.jpg  DSC01181.jpg
                       クラフト作品

  ブンブンゴマにピアノの鍵盤を書いている子もいました。 くるくる回すと・・・・・
黒い円が浮かび、素敵です。 来場者の記念になる丸い木のペンダントは版を
     押したり、手書きされたり・・・・・来場者の数の把握も出来ます。

  DSC01189.jpg  DSC01187.jpg
   竹のブンブンゴマ

         N先生がとても優しいまなざしで、子供たちを見守っています。 
             管理棟前では、ザリガニ釣りが行われています。                     

  DSC01186.jpg  DSC01182.jpg
             ブンブンゴマの絵つけ                 ザリガニ釣り 

       こちらのコーナーでは、野草茶のきき茶が行われています。 
               当たると歓声が広がっていました。 
    体にも心にも優しい野草茶です。 greenさんの得意とする所・・・                  

  DSC01194.jpg  DSC01183.jpg
     野草観察                    野草茶の利き茶

    お祭りは2時半まで行われます。 私は用事があり一足先に失礼したので
    午後の様子はわかりませんが、200人以上の来場者で賑わったようです。
    サワトラノオも丁度花盛りで、多くの人が楽しまれたようで良かったですね。

                     お疲れさまでした~・・・ 


刺激的で素敵な一日  その2

             下見のためにひとり富士山麓へ向かいました。
途中で車を止めて所々覗き込みながら・・・・・ でも既に夕方、時間がありません。
そう言えば、今年はお花のシーズンになってから、一度もこの辺りを散策した事が
          ありませんでした。   林に入って見ると・・・・・

先日、山菜採集時に見つけたスズムシソウの小さな方の株も咲きだしていました。

DSC01336.jpg DSC01335_20150511092359097.jpg
                    スズムシソウ3株

   せっかく見やすく、いい場所で見つけたスズムシソウは翌年には見つからず
        ガッカリしていた所だったので、とても嬉しい出会いでした。

  DSC01337.jpg  DSC01331_20150511092400a97.jpg
                    スズムシソウ3株

                      そして、次の林では・・・・・
  残り花のニリンソウやクワガタソウなどが目につきます。 それにしても寂しくなった
林内です。 一面に広がるニリンソウやアズマイチゲに目を見張り、歩くと二ラの香りに
         (ヒメニラ) ドッキリしたのはもう昔の事となりました。

  DSC01351.jpg  DSC01353_201505110944163cc.jpg
     クワガタソウ                  ミヤマハコベ

           今はシコクスミレも終わり、クワガタソウが咲き始めています。

  DSC01358_20150511094415eed.jpg  DSC01375_20150511094531fb2.jpg
                ツルシロカネソウ                タチツボスミレ

   まだイチリンソウも咲き残っています。 広場で広がっているのはニョイスミレ!

  DSC01370_20150511094533f62.jpg  DSC01377_20150511094531825.jpg
     ツボスミレ                     イチリンソウ

  DSC01355.jpg  DSC01359_201505110944140a1.jpg
                タチガシワ                   ヤマウツボ

  タニギキョウはもう花を閉じています。 トウゴクサバノオもこの時間では無理ですね。
          ヤマシャクヤクももう少し・・・といった所でしょうか?

  DSC01374.jpg  DSC01386_201505111013371c0.jpg
      タニギキョウ                  ヤマシャクヤク

  大きく広がるアマナなのですが、ここでの開花は一度も見た事がありません。
        咲き揃うと、どんなに素敵か と・・・想像するのみです。

  DSC01389_2015051110133503a.jpg  DSC01388.jpg
                トチバニンジン                   アマナ?

      途中の道端では、ヤマドリか?と思ったら、残念! キジさんでした。

  DSC01392.jpg  DSC01366_20150511101334214.jpg
  シロバナノヘビイチゴ                      キジ

   広場のニョイスミレを観察していたら、前方で数匹のシカが林の奥へ逃げて
       行きました。 暫くすると、何かが近くを走って行きます。
   カメラを向けるのも忘れ、その姿を目で追っていました。 何だろう?

逃げた方へ向かい近づきながら声をかけました。 「大丈夫だよ~、出ておいで~・・・」
もう駄目だろうな・・・と思いながらも2度3度声を掛けると、10mほど先を走って右~左へ。 
途中で声を掛けると・・・2度、こちらを向いて止まってくれました。  「タヌキに似てる・・」
走ってる所を写したら、次にシャッターを切るまでにとても時間が掛かります。
       とうとう静止した写真を撮ることは出来ませんでした。

  帰宅後調べてみると・・・消去法ではニホンアナグマに近いような気がしました。
    以前、キツネに声を掛けてこちらへ">出てくれた事を
  思い出しました。人と野生動物の気持ちは通じる? と感じた出来事でした。


          DSC01381_201505111014023ef.jpg
                     ニホンアナグマ?

      この分では、お花の見所はもう少し高度を上げた方が良さそうです。
                  今日の所はこれまで・・・・・

     帰宅すると娘・息子たち夫婦からプレゼントが届いていました。 
             そしてこんな可愛いプレゼントも・・・

           DSC01397_201505111014025d5.jpg
  
                  刺激的で嬉しい一日の終了です。


刺激的で素敵な一日 その1

             やっと・・・パソコンに向かう事が出来ました。 

ずっと出歩いてばかりだったので、「今日こそは主婦に徹するぞ~!」 と何時になく
  早い時間に目を覚まし、決心したのですが・・・・・ 30分もするかしない内に・・・
            決意は脆くも崩れてしまいました。 

                        ①
 午後から、スミレの先生が浮島公園へお見えになりました。 総勢20名の大所帯。
     一緒に歩かせて戴きながら、とても楽しく貴重な時間が過ごせました。
  想像のみでは、厳つい方かと思いきや・・・素人が抱える疑問にもとても誠実に
    答えて下さいました。 おまけに笑顔がとっても素敵な紳士でありました。

  DSC01234.jpg  DSC01237_20150511023654a5c.jpg
            観察に出掛けます                    ゴキヅル

           キショウブが早くも終盤に差し掛かっているようでした。
       先月、市の天然記念物に指定されたばかりのサワトラノオですが、
                  丁度いい具合に咲いています。

  DSC01239_20150511023653731.jpg  DSC01240_20150511023653538.jpg
     キショウブ                      サワトラノオ

       みなさん、カメラを向けたり観察したり・・・とても熱心なご様子です。

  DSC01242.jpg  DSC01241.jpg
               観察風景                      サワトラノオ

  DSC01243_2015051102373292e.jpg  DSC01244.jpg
     オニナルコスゲ                   ノウルシの紅葉?

               観察を終えた後は、皆さんで記念撮影です。
               自分の姿は隠れてて・・・いいですね~・・・

         DSC01251_20150511023731acc.jpg
                      記  念  撮  影

                          ②
  昨年ドライフラワーを見つけてから、気にはなりつつもなかなか訪ねる機会が無い
       まま過ぎていました。 そうそう、今から様子を見て来よう・・・・・ 

   「きっとクゲヌマランに違いないよ! こんな所にキンランなど咲く筈もないし・・・」 
             などと、したり顔で語っていたのは、昨年秋の事。

   見覚えのある場所へ行ってみると・・・・・ 「え~っ、もう咲き終わってる」 
        目の前には大きく子房が膨らんだ花跡の姿がありました。

  DSC01297.jpg  DSC01253_20150511075900bf6.jpg
                        ?

       昨年は数株を確認していました。 でも結構たくさんありそうです。
 数えてみると、狭い範囲に70数株を数えました。 その内の6割は花を咲かせた
    ようです。 大きなものは40cmほど。 小さなものは10cm位のものまで。

  DSC01272_2015051107585810c.jpg  DSC01278_20150511075859f44.jpg

              少し離れた所を探すと・・・・・  「 あっ! 」
    黄色い花が咲いていました、 キンランです!  こんな所にキンラン?
   標高数m位の地なのです。 2ケ所の距離は10mほど。 片や花盛り、
  そして一方は、完全な花の終わり。 う~ん、両方ともキンランかなあ?・・・ 
           宿題は来シーズンまで持越しのようです。  

   DSC01303.jpg  DSC01304.jpg
                      キンラン

 * コンビニに寄ると、止まった車の中から男の子が体を乗り出してこちらを見ています。
   う~ん、見覚えは無いけど・・・車から降りて歩きだすと、 「やっぱりMちゃんだ!」
     と、小さな呟きが聞こえました。 ハッと気が付き、「何年生?」 と聞くと
    「2年生」 そうか・・・つい先日、この子らと楽しい時間を過ごしたのでした。
        「覚えてられなくてごめんね」 と謝り、別れましたが・・・・・

               とても爽やかな風が流れました。


エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる