お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

8月後半から9月に出逢ったお花たち

         8月の後半、黄色いチャボホトトギスに逢いに行きました。
     でも・・・思ったより少ない。 毎年寂しくなっているような気がします。
     別の場所へ寄ってみたのですが、確実にお花が減っているようです。
他の場所でも同じなのでしょうか?   複雑な思いで、足取り重く帰って来ました。

チャボホトトギス1  チャボホトトギス3
                チ ャ ボ ホ ト ト ギ ス

  何処でも見かけられるハグロソウですが、ここで見られるのは白い子ばかり・・・
    普通のピンク色をした子は、とうとう見つけられず・・・ ナンカ不思議!

  ハグロソウ2  ハグロソウ1
                 ハ  グ  ロ  ソ  ウ

        青空に向け、すっくと伸びたキセワタは何とも気持ちいい。 
   心の中まで青空を届けてくれる。 踏みつけられたキセワタは可哀想・・・

  キセワタ1  キセワタ2
                   キ   セ   ワ   タ

     少し遅かったけど、今年もヒナノキンチャクに出逢え、良かった・・・ 
       小さな小さなお花の横に、更に小さな苗が育っていてひと安心 

  ヒナノキンチャク2  ヒナノキンチャク1
                 ヒ ナ ノ キ ン チ ャ ク

 タイガースには関係ないのですが、トラキチランと聞けばやっぱり思い出す甲子園。
                  遠い遠い昔が懐かしい・・・

  トラキチラン1  トラキチラン3
                  ト  ラ  キ  チ  ラ  ン

  そんなトラキチラン、時期が悪いとは思えないのですが、今年はちょっと寂しい。
     来年に期待しよう!   でも、逢えただけでもよかった・・・

  トラキチラン4  トラキチラン2
                  ト  ラ  キ  チ  ラ  ン

     いつもと違う場所で見られたハクウンラン。 まだ咲いていたのね!
                  今年の見収めの子です。

  ハクウンラン1  ハクウンラン2
                 ハ  ク  ウ  ン  ラ  ン

    ミヤマウズラより、少し高度の高い場所で咲く、ヒメミヤマウズラです。
                 葉っぱがとても綺麗な子です。

  ヒメミヤマウズラ1  ヒメミヤマウズラ2
                   ヒ メ ミ ヤ マ ウ ズ ラ

    フォッサマグナ要素の植物、タテヤマギクは余り見栄えが良くないネ!
花弁がパラパラ・・・ 場所によっては、葉っぱが大きく切れこんでいて違いが面白い。

   DSC05697_201510011656339a2.jpg  DSC05699_20151001165632271.jpg
                  タ  テ  ヤ  マ  ギ  ク

   岩場から茎を伸ばし、放射線を描くイワシャジン。 風に揺れる姿が優しいね。
                その花色がとても素敵です。

  イワシャジン4  イワシャジン1
                 イ  ワ  シ  ャ  ジ  ン

          何とも・・・儚げに映るのは気のせいでしょうか?

  イワシャジン2  イワシャジン3
                 イ  ワ  シ  ャ  ジ  ン

    出逢ったのは、もう夕方近く。 お花は終えてどの子も店仕舞い・・・

  クサノオウバノギク2  クサノオウバノギク1
                ク サ ノ オ ウ バ ノ ギ ク

  岩場に咲くのは、この子も同じ。 黄色い姿がとても凛々しく、かつ上品です。

  スルガジョウロウホトトギス3  スルガジョウロウホトトギス2
             ス ル ガ ジ ョ ウ ロ ウ ホ ト ト ギ ス

      やっぱり毎年見に行きたくなるスルガジョウロウホトトギス。
    数年前にお気に入りの場所からごっそり消えてしまったけれど・・・・・
 今年は増えているような気がします。 このまま増えてくれますように・・・・・

  スルガジョウロウホトトギス4  スルガジョウロウホトトギス5
             ス ル ガ ジ ョ ウ ロ ウ ホ ト ト ギ ス

           こんな小さな苗も育っているので大丈夫かなあ?・・・・・

         DSC06367_20151001170741c47.jpg
             ス ル ガ ジ ョ ウ ロ ウ ホ ト ト ギ ス

  今年は見逃したかな~?と諦めていたカゲロウラン。 思いがけず出逢う機会を
         得て、少し遅いながら・・・意気揚々と出掛けました。

          「う~ん、無いなあ・・・  おかしいなあ?・・・」

  カゲロウラン1  カゲロウラン2
                 カ  ゲ  ロ  ウ  ラ  ン

           お花は諦め、目を葉っぱモードに切り替えます。 
   ・・・すると、ポツポツ葉っぱが見つかりました。 それではお花も・・・

     目を近づけて、範囲を広げつつ探すと・・・いましたいました!
やはり少し遅かったようですが、咲き残りの子と、種子を持った子が見つかりました。

  カゲロウラン4  カゲロウラン3
                 カ  ゲ  ロ  ウ  ラ  ン

   でもヤッパリ今年はお花が少なかったようです。 葉っぱは結構ありましたので

                    次回に期待します。



PageTop

ぶどう狩り

     「ぶどう狩りに行こうね」 と言いながら、そのままになっていました。
シルバーウィークの最終日、毎年お世話になっている、昇仙峡手前の三渓園さんへ
大勢で押し掛けました。 仕事で休めないパパさんや新婚の旦那様二人を除く
                  11人が集合しました。

          ぶどう園手前では、野に咲くお花に目をやりながら・・・・・

DSC07181.jpg  DSC07161_2015092912550659b.jpg
            紅葉が綺麗でしょうね?                Rも参加

                       いかにも秋ですね!
  
  DSC07188.jpg  DSC07184_201509291255042a2.jpg
      シュウメイギク                  萩の仲間

        ナンバンハコベ、ここ暫く出会っていませんでした。 ラッキー!

  DSC07193.jpg  DSC07199.jpg
                ナンバンハコベ                  タムラソウ

                      ヤマハッカは全盛期ですね!

  DSC07198.jpg  DSC07196_201509291255437b0.jpg
      ヤマハッカ                    アキカラマツ

    1年振りのご挨拶をした後は、色々なブドウの試食をさせて貰います。 
 ここでは、たくさんの種類が育てられています。 一般的なものからとても珍しい
       品種まで。  頭上は、この先食べ頃になる甲州ぶどうです。

      気風のいいおばさんが美味しいぶどうを切ってくれました。 
芳香の素晴らしい最高のぶどうです! 口に含むと、ふわ~っと何とも言えぬ香りが
広がります。 これは1粒をじっくりと味わうぶどうです。 その名は”エンペラー”の上を
                 行く、”幻のエンペラー”です。

          DSC07203_20150929125541bfd.jpg
                   休憩試食コーナー

   みんなでワイワイ言いながらあれやこれや戴き、一息ついた所で、持ち帰り用を
   切らせて貰います。 おばさんに手伝って貰いながらぶどうに挟みを入れます。
               Kは今年で3回目のぶどう狩りです。
         小学一年生のMは照れながらも嬉しそうに切っています。

DSC07271_20150929154109063.jpg DSC07221_20150929153819940.jpg

               Iも真剣な顔でぶどうに向き合っています。

         DSC07239.jpg

 一番面白かったのは、Yの様子でした。 ハサミを開くのと同時に口も開き、切る間中
       大きな口を開けっぱなしでした。 いつの間にかこうなるんだね!

        切った後の顔は、誰も満面の笑顔です!  ホッ・・・                         

  DSC07263.jpg  DSC07269.jpg

                     これは僕んちのだよ・・・

         DSC07231.jpg

  ジュース用のデラウェアやキングデラウェアもい~っぱい切らせて貰い暫く
      遊び、更に試食も重ね、ゆったりと楽しませて戴きました。

  DSC07292.jpg  DSC07286.jpg

        いつも変わらず温かく迎えて下さるおじさん・おばさん達です。
              特におばさんの気風の良さはお見事です。

  DSC07285.jpg  DSC07245_2015092915411059b.jpg

             ぶどう棚の下で、思う存分遊ばせて戴きました。
   特にぶどう大好きな1年生のMは、いつまでも試食・・・・・  「お~い、帰るよ~」
   まだ名残惜しそうな様子に、残っていたぶどうを包んで持たせて下さいました。

          試食の範囲を大きく越えた・・・試食タイム?でした。

          DSC07248.jpg

    「来年はおむすび持ってここで食べればいいよ~」 と、おばさん。

               そうだね、今度はそうさせて貰おう。

         相方の友人たちと通い始めてもう10年以上になります。

    おばさん達との会話を終え、帰るときにはいつも心がホッコリするのです。
  
  

続きを読む

PageTop

富士山麓の道ばた観察

   9月も残す所あと僅か・・・・・相方と山麓をドライブしながら道ばた観察です。

      トリカブトの仲間、アズマレイジンソウも咲き始めていました。

  DSC07714.jpg  DSC07717.jpg
               アズマレイジンソウ                 ジイソブ

            ツリフネソウは今が盛りと、アチラコチラで見られます。 
  コシオガマが咲く野原は、今年はススキがいっぱいで、入るのが難しい藪になって 
    いました。  でもその近くで、綺麗に咲いた子に出逢い・・・良かった!          

  DSC07726.jpg  DSC07720_20150929065811fe4.jpg
      コシオガマ                   ツリフネソウ

    ヤマハッカもアチラコチラで咲いて来ました。 マルハナバチでしょうか?
             せっせとお仕事に精を出していました。

  DSC07721.jpg  DSC07724.jpg
            タマアジサイ                       ヤマハッカ

        ゲンノショウコも他の草に負けじ・・・と、背を伸ばしています。
    そう言えば今年はまだピンク色をしたゲンノショウコには逢っていません。

  DSC07722_201509290658577bd.jpg  DSC07730.jpg
     ゲンノショウコ                    マツカゼソウ 

  イヌショウマは、そろそろ終わりに近づいています。 その隣ではサラシナショウマが
         蕾を持って・・・ いっしょに開けば豪華になるのにね!              

  DSC07732.jpg  DSC07752.jpg
               ヤマトウバナ                  イヌショウマ 

    車を止めて、少し林道を歩いていると、ヒノキ林の下が黄色くなっています。 
うわ~、キバナアキギリです。  この周辺ではこう言う風景を見る事も珍しくないの
  ですが、最近は、出逢っていなかった。  更に車を進めると、そこでも群生。
久しぶりに、たっぷりと楽しませて戴きました。 黄色い花と紫色の雄しべや雌しべの
               取り合わせが不思議な感じ・・・             

  DSC07794_20150929080025064.jpg  DSC07739.jpg
                  キ バ ナ ア キ ギ リ

 いつも頭を捻るアザミです。 これはタイアザミでしょうか? アサギマダラが訪ねて
      いました。 ヤクシソウも見られるようになると・・・本格的な秋近し!

  DSC07747.jpg  DSC07761.jpg
                アサギマダラ                  ヤクシソウ 

  道端では、シロヨメナ・ユウガギク・ノコンギクなどキクの仲間も元気です。 

  DSC07740.jpg  DSC07743_20150929080137276.jpg
       シロヨメナ                 ユウガギク

            アキノウナギツカミ・・・・・茎を触ると、ザラザラ・・・

  DSC07766_20150929080137e15.jpg  DSC07765.jpg
             アキノウナギツカミ                  キンミズヒキ

   ホトトギスも今が丁度見頃のようです。 道ばたの草刈りが行われた所では
      草丈10cm余りの小さなホトトギスが可愛い姿で咲いていました。

  DSC07774.jpg  DSC07767.jpg
                    ホ  ト  ト  ギ  ス

   大好きで楽しみにしていたアケボノソウも何気にシロヨメナなどに混じって
 花を咲かせています。 近くで見ると、とても素敵な作りをしている花なのです。

  DSC07806.jpg  DSC07815_20150929082957659.jpg
                   ア  ケ  ボ  ノ  ソ  ウ

               お馴染のミズヒキやミゾソバも目にして・・・・・

  DSC07776_20150929082958338.jpg  DSC07786.jpg
       ミズヒキ                   ミ ゾ ソ バ 

   実りの秋です! アケビは食べ頃で、サルナシはもう少し先が美味しいですね!
ノブドウの色鮮やかな事! 食べられませんが・・・この色合いには参ってしまいます。

  DSC07816.jpg  DSC07817.jpg
               ノ ブ ド ウ                     サルナシ 

        アザミの中でもわかりやすいのは、このアズマヤマアザミです。
 富士山周辺に多いアザミなのです。  セキヤノアキチョウジ、このお花も素敵です。
         サラシナショウマとの取り合わせは更に魅力アップ!               

  DSC07825_20150929083538f8c.jpg  DSC07831_201509290835379a7.jpg
   アズマヤマアザミ                  セキヤノアキチョウジ

  この写真では、わかり辛いのですが・・・・・そんな身近な花が一面に広がっていました。

   背伸びをしてさらに奥を覗き込むと・・・・・シロヨメナやサラシナショウマの白と
        セキヤノアキチョウジの紫色がもっと深くなっています。

DSC07823.jpg
                      花 咲 く 野 原

            こんな中で、ノ~ンビリハンモックにでも揺られたいねエ!


PageTop

お花たちのその後・・・

       8月初旬に訪ねた花のその後の様子が気になっていました。
        1ケ月余り経ってしまったあと、どうなっているんだろう?
  ヒナノシャクジョウは、黄色いお花を終えて少し黒っぽくなり始めていました。
     膨らみを少し触ってみると、種子が出来ているのが感じられました。

  ヒナノシャクジョウ1  ヒナノシャクジョウ2
              ヒ  ナ  ノ  シ  ャ  ク  ジ  ョ  ウ

   ヒナノシャクジョウとホンゴウソウは、同じ場所に出る事が多いようです。
先日は、時間も無くたった1株しか見つけられなかったのですが、丁寧に探すと・・・
         ここにも、そこにも・・・たくさん見つかりました。

  ホンゴウソウ1  ホンゴウソウ2
                  ホ  ン  ゴ  ウ  ソ  ウ

  とは言っても、簡単には見つかりません。 老眼&近視なので、目を地上から30cm
    程に近づけ、ここからここまで・・・と範囲を区切り、這うように少しづつ進み、
              目を皿のようにしてやっと! 

ずっとそんな状態で観察していると、小さな虫がやけに大きく見え、自分が虫の世界に
           迷い込んだような、不思議な感覚を覚えました。

  ホンゴウソウ3  ほんごうそう5
                  ホ  ン  ゴ  ウ  ソ  ウ

 何と言っても、二つのホンゴウソウの前にあるのは、小さなヒノキの実なのですから・・・
 小ささがこれでわかると言うものです。 図鑑で見ると赤いから見つけやすそうなの
            ですが、周りに同化して見えづらいのです。

           上の方に雄花、下の方に雌花が咲くようです。

          ホンゴウソウ6
                  ホ  ン  ゴ  ウ  ソ  ウ

  そして、ヤクシマヒメアリドウシランはお花をすっかり終えて、見つけにくくなって
       いました。 でも葉っぱが見え始めると・・・ウンウンあるある。
             しっかりと種子を持っていました。

ヤクシマヒメアリドウシラン3 ヤクシマヒメアリドウシラン2
              ヤ ク シ マ ヒ メ ア リ ド ウ シ ラ ン

         仲良しの?ヒナノシャクジョウとヤクシマヒメアリドウシランです!

          ヤクシマ&ヒナノシャクジョウ
             ヒナノシャクジョウ&ヤクシマヒメアリドウシラン

            ベニシュスランも種子をつけ始めていました。
  お花が終われば見つけにくいですね。 でも目を葉っぱモードに切り替えると、
              ボチボチと目に入り始めます。

    場所は違っていますが、その後の様子を見られて良かった・・・・・

  ベニシュスラン3  ベニシュスラン1
                 ベ  ニ  シ  ュ  ス  ラ  ン


             来シーズンもこの子たちに出逢えますように・・・・・



PageTop

浮島ケ原自然公園の今

         1週間前、そして19日、浮島ケ原自然公園を訪ねました。
  成長したヨシが木道を覆っています。 そんな中で、ツル植物を中心にヨシの間から
           お花を咲かせたり、実が付き始めています。
少し色づいたエビヅルを口にすると・・・やっぱりまだ早かったようです。 スッパ~

  DSC06183.jpg  DSC06194.jpg
              ノ ブ ド ウ                      エビヅル

  園内で幅を利かせているのはこの子たち! 蔓がアッチへコッチへ・・・大変だ~!

  DSC06190.jpg  DSC06189_20150922005912c7f.jpg
     ヤブツルアズキ                   ツルマメ

       水辺を離れた丘や道端では・・・・・アレチヌスビトハギが元気いっぱい!
     この後、実が熟すとアチコチにくっつき、・・・・・草むらには入れなくなります。
              白いセンニンソウの花も勢力を広げています。

  DSC06195.jpg  DSC06833.jpg
         ア レ チ ヌ ス ビ ト ハ ギ              センニンソウ

   そろそろかな?と思っていたヨメナも薄紫色の花を咲かせていますが、刈り取られ
       今年は何だか寂しい・・・・・ 結構お気に入りの花なのですが。

 タコノアシも花から実へと変わり、少し色づいて来ました。 茹でダコ?まではあと少し!

  DSC06835_20150922010123b7b.jpg  DSC06839.jpg
      ヨ メ ナ                   タ コ ノ ア シ

 園外ではメドハギが咲き、オオフタバムグラもいつの間にか見られるようになりました。

  DSC06832.jpg  DSC06826_20150922010125e4b.jpg
            ナ ン キ ン ハ ゼ                メ ド ハ ギ

 
 オミナエシは長い間、目を楽しませてくれました。 でも今年のフジバカマは寂しいね・・・

  DSC06842_20150922023017585.jpg  DSC06861.jpg
   オオフタバムグラ             オミナエシ(黄)&フジバカマ(白)

       ゴキヅルが滅茶苦茶元気で、星型の花を咲かせています。
      隣には、実が付いて来ました。 早く熟した実に出逢いたい。
  そっと触ると・・・・・上下にカパッと実が割れます。 その中には2つの種子が!

  DSC06840.jpg  DSC06862.jpg    
              ゴ  キ  ヅ  ル                 ハ ッ カ

           アカバナもピンク色のお花をたくさん咲かせています。

  DSC06879_201509220334077e4.jpg  DSC06873.jpg
                     ア   カ   バ   ナ

       園外ですが・・・今年もナンバンギセルを沢山見せてくれました。
 今まで見られなかった場所からも顔を出し・・・分布が広がっているようで嬉しい事です。

  DSC06845.jpg  DSC06899.jpg
             オ オ ニ シ キ ソ ウ              ナンバンギセル

  木道を歩いていると・・・アキノウナギツカミ? でもちょっと違うような?・・・・・
      今まであまり意識していなかったナガバノウナギツカミでした。
  アキノウナギツカミとナガバノウナギツカミの場所を何度も行ったり来たり・・・

                うんうん、ヤッパリ違うよ 

DSC06875.jpg DSC06886.jpg
       ナガバノウナギツカミ               アキノウナギツカミ

               何処が違うって? ・・・ 納得!

 DSC06904.jpg DSC06905.jpg
       ナガバノウナギツカミ               アキノウナギツカミ

        シロバナサクラタデもホントに長い間楽しませてくれるお花です。
        花をじっくり観察すると、花の一つ一つがとても素敵なのです。

  DSC06868.jpg  DSC06869.jpg
                   シ ロ バ ナ サ ク ラ タ デ

   お気に入りのヒメハッカは、もう最終便です。 香りとその花色がいいのですが・・・
                 また来シーズンのお楽しみです。

  DSC06896.jpg  DSC06864_20150922021135826.jpg
               ヒ メ ハ ッ カ                 マメアサガオ

  DSC06887.jpg  DSC06908.jpg
    コバノカモメヅル                   ミ ゾ ソ バ

   
     大きく伸びてしまったヨシの原ですが・・・ そのつもりで観察すると・・・

          色々なお花が目に飛び込んで来ます。 
  


PageTop

サンショウウオの観察会

  12日、水辺の生き物観察会が行われました。 数年前に1度参加して以来の
         事です。 サンショウウオは見つかるでしょうか?

  DSC06109.jpg  DSC06111.jpg
         現地まで歩きます                     タマアジサイ

 途中は緑いっぱいの林道歩きです。 ヨウシュヤマゴボウや実になったクワガタソウを
        楽しみながら進みます。 気持ちのいい空間です。

  DSC06112.jpg  DSC06116_20150921233923d9a.jpg
   ヨウシュヤマゴボウ               この奥が観察地点です

         クモキリソウも咲いてたようで、実が残っていました。
            クサギも花を終え、実になり始めています。

  DSC06121.jpg  DSC06124.jpg
               クモキリソウ                     クサギ

           やっと到着! 小さい子も頑張って登って来ましたよ。
   到着後は、本日の講師K先生からパネルを使って丁寧な説明を受けます。
      ユーモアたっぷりの解説に耳を傾けたあと、いよいよ水に入ります。 

  DSC06126.jpg  DSC06134.jpg 
  見られる生きもの紹介                いないかなあ?・・・ 

    ウロウロしていると、「あ、いた!」 の声に駆けつけます。  ほんとだ! 
            サンショウウオ・・・なかなか可愛いです。         

  DSC06138_2015092123395765e.jpg  DSC06135.jpg
              サンショウウオ                    ここに居た!

よ~し、私も見つけるぞ~! と勢い込んで石をそっと退けますがなかなかいない・・・
          暫し頑張るのですが・・・・・う~ん、難しい。
 その間にも次々と大きいのや小さいサンショウウオが見つかっています。

           少し気分転換で、周りの植物観察をします。
    咲き終えたヒトツバショウマが、垂れ下がって実をつけ始めていました。

  DSC06139.jpg  DSC06141_20150921234438ca5.jpg
    ヒトツバショウマ                   ここに数匹・・・

 もうそろそろ・・・と、声が掛かります。 とうとうサンショウウオは見つけられず・・・
みんなが見つけた子を見せて貰います。 さて、どの子が一番多きいか計測に入ります。

       K先生がこの川筋で見つけた最大は、9,5cmだそうです。
    さて、それを越える子はいるかな~?・・・ 9cm、9,5cm・・・・・
そして・・・10cmの子がいました。 すご~い! 今日のチャンピオンは、10cm!

  DSC06153_2015092123443698a.jpg  DSC06152.jpg
          どの子が一番大きいかな?                計測中

        サンショウウオの他にも、何種類か見つけられました。
         子ガニをいっぱいお腹に抱えたお母さんガニも・・・

  DSC06161.jpg DSC06164.jpg
      大物3匹                  親カニのお腹に子ガニ

               そして唯一私が見つけた子・・・何だっけ??
    楽しい時間はあっと言う間です。 そろそろ元の水辺へ返す事になりました。

                    楽しませてくれてありがとう!

  DSC06166.jpg  DSC06173.jpg
                 ?                    観察後は元へ返します

    帰りに観察眼鋭い小学生がカモシカの落し物を見つけてくれました。
  K先生によると、この辺りにはシカはいなくて、カモシカだけなんだそうです。
            イノシシの足跡も見つけてくれました。
  
  DSC06176.jpg  DSC06174.jpg
   カモシカの落し物                    終了で~す!

             楽しかった1日を振り返りながら元来た道を帰ります。

                      水辺の観察も楽しいね!



PageTop

四国八十八か所詣り

 8月母の法要を終えた後、実家を後に相方と残り6ケ所の四国八十八か所詣りに
            出発します。 今回は2ケ所だね・・・・・

       まずは、「いい天気の時にしようね」 と言っていた・・・
一番高所にある66番札所 「雲辺寺」 です。 ナビを入れて進んでいたら、グングン
登って行きます。 歩き以外はロープウェイで上って行くのですが・・・取りあえず今回
 はナビ任せで・・・ おっと、着いたようです。 お寺さん近くの小さな駐車場でした。

私は付添ですので、いつものように (何かないかなあ?・・) と、もの欲しそうな顔で
花探しをしながら歩きます。 たくさんのモミジガサの中に、ピンク色の花を見つけ
ました! モミジガサに負けじ・・・と背を伸ばしています。 クサアジサイです! 
富士山周辺で見るハコネクサアジサイより断然大きいし、お花の感じもちょっと違う・・・

  DSC03596.jpg  DSC03604.jpg
           ク サ ア ジ サ イ                    ギボウシ

    「駐車料金を払ったらこんなのくれた」 と、相方の手には箸がありました。
   こんなラクチン出来たのに、何だか悪いみたい・・・でも有り難く戴きましょう。
            新しい仁王門を潜って階段を登ります。

  DSC03606.jpg  DSC03615.jpg
      夫婦杉                     仁  王  門

  登り切ると、カノコユリが迎えてくれました。 来る途中にギボウシもたくさん!

  DSC03620.jpg  DSC03623.jpg
              カ ノ コ ユ リ                   イワタバコ

      相方と一緒に、たどたどしいお経を唱えお参りを済ませます。

  DSC03628.jpg  DSC03635.jpg
     おたのみなす                   五百羅漢の案内 

   今日は時間もあるので、ゆったりとロープウェイ方向を散策する事にしました。
ここは等身大?いやそれ以上の500羅漢が設えられています。 通常目にするのは
       小さいので、この位の大きさになると、なかなかの迫力です。

  DSC03638.jpg  DSC03648.jpg
          五百羅漢&ギボウシ              トラノオの仲間

 すぐ隣は、冬になるとスキー場になっているようです。 この時期は、ユリ園になって
  いました。 入っていいのかな?・・・と思っていると、「お花は無いですが、どうぞ
    入って下さい」と作業をしながら声を掛けてくれましたので、進みました。

 トラノオの仲間や、サワギキョウに似た花が咲いていますが・・・・・何でしょう?

  DSC03646.jpg  DSC03696.jpg
                         ??

   園内のお花は殆ど終わっていましたが、クリーム色のユリは遅咲きのようで
 にこやかに迎えてくれました。 たくさんのユリや色々なお花が咲いていたようです。

  リフト越しに町も見えています。 この地は標高911mですので高度感もあります。

DSC03669.jpg
                   ス キ ー 用 リ フ ト

  DSC03664_20150909204626114.jpg  DSC03657.jpg

ユリ園を出て、毘沙門天展望館へ向かいます。 館内は螺旋状に登って行くのですが、
 壁には、八十八か所の写真が貼っていて、それを見ながらいつの間にか到着です。

  DSC03690.jpg  DSC03674.jpg
                   毘 沙 門 天 展 望 館

        大きな毘沙門天さまが、優しく見守ってくれているようです。
           手のひらの椅子でちょっと休ませて戴きました。

  DSC03667.jpg  DSC03695.jpg

  ここはギボウシも多いのですが、何と言ってもアジサイの多さにはビックリします。
    その季節は過ぎていましたが、最盛期にはきっと見事な事でしょうね?

  DSC03702_20150909204731275.jpg  DSC03713.jpg

  五百羅漢を一体一体見て行く面白さもあります。 それぞれに表情豊かで楽しい・・・
            これ○○さんに似てない? そう言えば・・・・・

  DSC03707.jpg  DSC03706.jpg

 怒った顔の人、にこやかな人、すっとボケた人・・・ホントに個性豊かで見飽きる事が
                      ありません。

  DSC03712_20150909205420df3.jpg  DSC03728.jpg

                  まだまだ・・・・・まだ・・・続きます。

  DSC03733_20150909210024c7c.jpg  DSC03725.jpg

              んっ? 何だか対照的な五百羅漢さまです。
        まだ続いているようですが、そろそろ次のお寺さんへ参ります。

  DSC03732.jpg  DSC03740.jpg

   次にやって来たのは、67番札所の大興寺です。 山門をくぐると目の前には
      97段の階段が・・・ それを囲む緑の木々がとてもいい雰囲気です。

  DSC03742.jpg  DSC03745.jpg

   階段脇には県の保存木である大きなクスノキや自然記念物とされるカヤの木が
   植えられています。 どちらも弘法大師さまお手植えと伝えられているようです。

  DSC03749.jpg  DSC03755.jpg

     お参りを済ませ・・・・・ この後、友人の住まう萩へ向かう事にします。

  DSC03759.jpg  DSC03761.jpg

                      お参りもあと少し・・・・・ 


     

PageTop

チビ達だけのお泊まり

         8月20日、四国からの帰り、静岡の孫の所に寄りました。
すると、二人が 「じいじの所でお泊まりする」 と言うのです。 車には荷物がいっぱい。
暫く留守にしていた用事も溜まっています。 でも二人はすっかりその気になっています。

今まで、弟のYはお泊まりすると言うのですが、Kは不安らしく、余り誘うと他の部屋へ
 逃げていました。 今夏、幼稚園でのお泊まり会を終え、自信が付いたようです。
     「じゃあ行こう!」 荷物を積み替え、出発です! 

     お風呂では、底が抜けるんじゃないかと思うほどの大騒ぎ・・・・・
   絵本を4冊読んで、何の問題も無く・・・    「 おやすみ~ 」 

  DSC04851.jpg  DSC04258_201509091603061be.jpg
    おおはしゃぎ                    スヤスヤ・・・

      翌日は少し散策する事にしました。 冬には雪遊びをする高原です。
      草が足に触れてチクチクするようですが、それでも元気に歩きます。

DSC04299.jpg DSC04311_20150909160202d10.jpg
                高 原 た ん け ん 隊 だ ~ !

 高原は、ススキがいっぱいですが、そんな中にも少しづつ色々なお花が見られます。
                アリノトウグサやゲンノショウコ・・・・・

  DSC04290_20150909160202c00.jpg  DSC04280_2015090916020335c.jpg
          ア リ ノ ト ウ グ サ                 ゲンノショウコ

         コバノギボウシやサワヒヨドリも咲き初めています。

  DSC04317.jpg  DSC04340.jpg
    コバノギボウシ                 サ ワ ヒ ヨ ド リ

 優しい色をしたヒメトラノオは少し遅かったようですが、それでも点々と見られます。
  ススキを手折って自慢げに歩くKです。 子供は棒切れや小石が好きですね!

DSC04323.jpg DSC04327.jpg
         ヒメトラノオ                   ススキ野原を行く

                コウリンカの咲き残りも見られ、ラッキー!

  DSC04316_20150909153429b00.jpg  DSC04328.jpg
              コ ウ ゾ リ ナ                  コウリンカ

 ここでは初めてバアソブを見る事が出来ました。 ジイソブは沢山見られるのですが、
      バアソブとの出逢いは初めてです。 探せばもっとあるかなあ??

  バアソブ2  DSC04332.jpg
                      バ  ア  ソ  ブ

          バアソブが花咲いている頃、ジイソブはまだ蕾でした。
           バアソブの方が、お花が咲くのが早いのですね。

         さて、そろそろチビ達が好きな温泉に向かって出発です。

  DSC04341.jpg  DSC04336_20150909161011778.jpg
                                         ジ イ ソ ブ

 いつも草刈りの犠牲になるヒナノウスツボですが、今年もヤッパリ刈られていました。
       でも・・・そんな中から、強い株が頑張って出て来ていました。

     ガガイモは・・・・・ツル植物は、刈られると再生は無理なのでしょうか?

  DSC04337.jpg  DSC04303.jpg
                           ヒ ナ ノ ウ ス ツ ボ

                さあ、温泉に向けてしゅっぱ~つ 

  


PageTop

富士山麓に咲くお花たち 2

  DSC05507.jpg DSC05509.jpg
            フ ジ カ ン ゾ ウ               ヤマホトトギス              

  DSC05510.jpg  DSC05515.jpg
       ツ ル ボ                 オ ト コ エ シ

  DSC05517.jpg  DSC05522.jpg
          フ シ グ ロ セ ン ノ ウ                 シュロソウ

  DSC05511.jpg  DSC05532.jpg
      タマゴダケ                  シ ロ ヨ メ ナ

DSC05526.jpg DSC05534_20150909152113dc9.jpg
      メ タ カ ラ コ ウ               ミ ヤ マ ウ ズ ラ

  DSC04886.jpg  DSC04884.jpg
               ハ コ ネ ク サ ア ジ サ イ

   DSC04890.jpg    DSC04901.jpg    DSC04927.jpg
      モミジガサ            ?アザミ         マムシグサの仲間          

  DSC04904_201509091533387cd.jpg  DSC04896.jpg
                  ツ  ル  ニ  ン  ジ  ン



  




PageTop

小田貫湖湿原のお花たち

     8月後半から9月頃が見頃かな?と思っていた湿原を訪ねました。
                   8月30日の事です。 
    小雨も落ちているので・・・車も1台。 歩くのは私ひとりです。

やっぱりまだ寂しいなあ・・・・・ 今年はお花が少し早目・・・と思っていましたが、
        いつの間にやら、平年通りに追いついたようです。

  DSC03003_201509081358218e2.jpg  DSC02987.jpg
              サ ワ ヒ ヨ ド リ                ヌマトラノオ

   木道脇のお花はちょっと寂しい。 小さなサワシロギクの白いお花が点々と
     見られます。 セリ科で茶色っぽい色をした花は、ノダケのようです。

  DSC02990_20150908135731dc1.jpg  DSC02998_201509081357292a5.jpg
       ノダケ                     木  道

 白いセリ科のお花は、ムカゴニンジンらしいのですが、まだムカゴを確認していません。
        ヒメシロネは、小さいながらよく見るとなかなか可愛いお花です。

  DSC03012_20150908135818830.jpg  DSC02992_201509081357304e5.jpg
            ム カ ゴ ニ ン ジ ン               ヒメシロネ

  ここで一番楽しみにしているのは、サワギキョウです。 きりっとした紫のお花が
   気に入っています。 もうそろそろ?・・・ と思ったのですが、やっと咲き始め 

  DSC03010_20150908135819b9a.jpg  DSC03011_20150908135819ae0.jpg
                    サ  ワ  ギ  キ  ョ  ウ

        ガマには少し遅かったようですが、ツンツンと立っています。
   キセルアザミも大分咲き始めています。 これから沢山開いて来そうです。

  DSC03034.jpg  DSC03014_20150908141008f1d.jpg
                  ガマ                    キセルアザミ

                  イヌゴマもポツポツと咲いています。

  DSC03016_20150908141007caf.jpg  DSC03041_20150908141320127.jpg
                                イ ヌ ゴ マ

      サワシロギクほど多くありませんが、ユウガギクも花開いて来ました。

  DSC03037_201509081413229b3.jpg  DSC03038_20150908141321d20.jpg
             ユ ウ ガ ギ ク                   コアカソ

   園芸種に近いような、ボタン色をしたアサマフウロが咲いて来ると、この湿原は
とても賑やかです。 この日から1週間以上経っているので、今からが見頃でしょうね?

   DSC02994_2015090814211354f.jpg  DSC02988_20150908142113c73.jpg
      アサマフウロ                   サワシロギク

   機会があれば、サワギキョウとアサマフウロの広がる湿原を再訪したいものです。

  DSC03025.jpg  DSC03015.jpg
              サワシロギク                    キセルアザミ
  
    雨続きの日々ですが、お花は段々本格的な秋に向かって進んでいる事でしょう。


    

PageTop

富士山麓に咲くお花たち

        こどもの国で3回目の観察会は9月6日に行われました。
  天気予報も雨との事で、思ったより少ない人数で歩きます。 今回は水辺の国方面。
水辺にはカンガレイがあり、「これは面白くてネ、ここまでが茎でここからが葉っぱ・・・」
    フンフン・・・と、いっしょに話を聞きます。 その脇をバッタがピョンピョン・・・

  DSC05655.jpg  DSC05657.jpg
      観察風景                   コケオトギリ?

         ススキの脇には、ハシカグサやゲンノショウコが咲いています。 

  DSC05658.jpg  DSC05669.jpg
               ハシカグサ                    ゲンノショウコ

   この辺りのマツムシソウは少し小さめのアシタカマツムシソウだと思うのですが、
            ススキに負けじと背を伸ばしている子もいます。
時折、富士山麓のこの標高で見られる帰化種のオオフタバムグラのお花はピンク色。

  DSC05677_20150908111009bda.jpg  DSC05679_20150908111008692.jpg
   アシタカマツムシソウ?              オオフタバムグラ

            ネコハギも地べたにピッタリと広がっています。

  DSC05683_201509081110073d1.jpg  DSC05686.jpg
              ネ コ ハ ギ                   イヌトウバナ

    少し雨も落ちて来ました。 そう降られる事も無く、無事観察会の終了です。
        その後はちょっと富士山麓のお花を見に車を走らせます。

      いつ見ても何だか頼りない感じのキクは、タテヤマギクです。
場所によっては、キレハ・・などがあるように、葉っぱの変異が大きい植物です。
              絶滅危惧種になっています。

  DSC05699.jpg  DSC05697_2015090811110916c.jpg
                   タ テ ヤ マ ギ ク

  イヌショウマが咲き始めていました。 この後、サラシナショウマが咲き、リンドウや
      アケボノソウ・ヤマラッショウが咲くようになると、秋本番ですね!

  DSC05688.jpg  DSC05693_20150908111110ea2.jpg
               オ ト コ エ シ                  イヌショウマ

  ツリフネソウも、濃いピンクに混じって薄いピンク色をした花も咲いていました。
    以前、白花を見た場所へ行っても・・・・・やはり今年も見つかりません。

  DSC05691.jpg  DSC05710.jpg
      ツリフネソウ                  シオガマギク

       マツカゼソウが風に揺れ、一面に広がる様子もいいですね!
     茎に屈毛の生えるアズマレイジンソウも少しづつ色づき始めました。 

  DSC05703_20150908111825c46.jpg  DSC05701.jpg
              マ ツ カ ゼ ソ ウ              アズマレイジンソウ

   どの株をみても蕾の固い状態のアケボノソウです。 ふと目に留まった場所は
日当たりも良く白いお花が見えています。 シロヨメナでしたが、その傍らで花を咲かせ
       始めていました。 やっぱり・・・いつ見ても可愛いお花です。

  DSC05753_20150908112310d1d.jpg  DSC05755.jpg
                    ア  ケ  ボ  ノ  ソ  ウ

 林道を歩いていると、頭上にマタタビの実がついていました。 標高1000m辺りでは、
ピンク色のミヤママタタビでは無く、普通のマタタビのようです。アレ? 虫こぶが付いて
          いません。 どれも先の尖ったマタタビの実ばかり・・・

  DSC05732.jpg  DSC05706.jpg
             マ  タ  タ  ビ                トチバニンジン

 コフウロも花が咲いています。 ただ、天気が悪いので、殆どのお花は閉じています。

  DSC05725_2015090811231294c.jpg  DSC05731_2015090811231259f.jpg
       コフウロ                     ヤブマメ

 いつもと違う場所でマネキグサを見て来ました。 もうそろそろ終わりのようですが、
 思った以上に広がっていて、ビックリ! 来シーズンはもう少し早めに来て白花
                    探しでもしたいなあ・・・・・

  DSC05746_201509081126234d8.jpg  DSC05728.jpg
                   マ  ネ  キ  グ  サ

  白花には程遠いのですが・・・・・薄いピンク色をしたマネキグサに出逢いました。
       たった1株ですが・・・ 少しづつ増えてくれると嬉しいです。

  DSC05744_201509081126211ee.jpg  DSC05745_20150908112620225.jpg
                   マ  ネ  キ  グ  サ

                富士山麓も秋色に包まれ始めています。  

  
  

PageTop

9月初旬の浮島ケ原自然公園

    9月5日、浮島ケ原自然公園は久しぶりの雨から解放された1日でした。
  でも、富士山を望む事は出来ません。 この時期、来訪者は少ないようです。
       オミナエシが鮮やかな黄色い色で、木道入口を飾っています。 

  DSC05570.jpg  DSC05573.jpg
                 オミナエシ                     カセンソウ

 ハッカも優しい色のお花を付けています。 ミズオトギリは殆ど終わってしまいましたが、
それでもまだ少しの間は、咲き残りの子を楽しめそうです。 優しいピンク色をしたお花
  です。 面白いことに、3時頃開花しますので午前中では出逢う事は出来ません。

  DSC05574.jpg  DSC05586.jpg
       ハッカ                      ミズオトギリ

  いま公園内では、シロバナサクラタデが一番賑やかです。 雄しべの葯が少し
 ピンク色を帯びたものが見られますが、花全体がピンク色をしたサクラタデは見られ
                   なくなり、ちょっと寂しい。
           木道の隙間から顔を出した子たちが、見頃です!

  DSC05599.jpg  DSC05578.jpg
                       シロバナサクラタデ

          今は、ヨシなどに絡みついたツル植物たちが、元気者!
    ツルマメ(大豆の原種)やヤブツルアズキ(小豆の原種)を始め、ガガイモ・
           ヘクソカズラ・エビズル・ノブドウ・カラスウリ・・・・・

  DSC05579.jpg  DSC05594.jpg
       ツルマメ                    ヒメハッカ

        タコノアシもお花がそろそろ終わり、実になり始めています。         

  DSC05642.jpg  DSC05644.jpg
                   タ  コ  ノ  ア  シ 

   コバノカモメヅルが蔓いっぱいに花を咲かせています。 まるで星空のようです!

  DSC05615.jpg  DSC05620.jpg
                  コ バ ノ カ モ メ ヅ ル

  白いお花を付けたアズマカモメヅルはここ数年見られなくなっていますが、中間型の
          中央にエンジ色が残るコバノカモメヅルも今が見頃です。 

  DSC05652.jpg  DSC05649.jpg
                コ バ ノ カ モ メ ヅ ル (白に近い)

      今年はここでガガイモのふ~わりと飛んで行く綿毛を見たいものです。

  DSC05624.jpg  DSC05630.jpg
             ヘ ク ソ カ ズ ラ                  ガガイモ

 園の外へちょっと足を踏み出すと、ススキの根っこでナンバンギセルが見られます。
 だんだん増えているのでしょうか? 今まで見られなかった所でも咲いていました。
 
  DSC05603.jpg  DSC05604.jpg
                  ナ  ン  バ  ン  ギ  セ  ル

               カワラナデシコも少し咲き残っています。
   ヤブツルアズキもやっと花を咲き始めた子がいるな・・・と思ったら、実を付けて
    いる子もいてビックリ! これから黄色いお花が目立つようになるでしょうね?

  DSC05654_20150908011054d7d.jpg  DSC05646.jpg
          カ ワ ラ ナ デ シ コ                 ヤブツルアズキ 

          イシミカワやノブドウの色とりどりの実が大好きです。
 何だか夢の世界に迷い込んだような・・・ドキドキとワクワクの世界に思えるのです。                      

  DSC05611.jpg  DSC05639.jpg
     コマツナギ                   イ シ ミ カ ワ

          それから・・・私のお気に入りの一つがゴキヅルです。
今、小さな☆の様な花をツルいっぱい広げています。 園内でも随分増えています。
     この実が面白い! 真中でポンと割れて・・・中には実がふたつ?

             DSC05591.jpg
                    ゴ  キ  ヅ  ル

  園内をよく訪ねて下さるGさんが、写真展を行うと言う案内状と観察会時の写真を
 持って来て下さいました。 5月の北穂からの槍ケ岳の写真! いいなあ~・・・・・
10月9日(金)~30日(金)10:00~16:30 芹沢光治良記念館 休館日13・19・26日
         だそうです。 期間も長いので、行ってみよう・・・ 

  DSC05567.jpg  DSC05566.jpg
     後 藤 さ ん の 写 真 展 の 案 内              ↑
                                  (クリックすると大きくなります)



PageTop

四国へ行って来ました。 その3

  今夏は、母の新盆です。 8月14日、親戚の人達も集まって下さり、「ひとぼし」が
       行われました。 小さな曾孫たちもワイワイと賑やかです。

 大切な人との別れは辛いものですが、これはいつか訪れる事で、仕方の無いこと。
 でも、日本の法要の行事は、日頃なかなか逢えない人たちとの繋がりを感じさせて
          くれる、かけがえの無いものとなっていますね。

  DSC03327.jpg  DSC03333.jpg

  DSC03385.jpg  DSC03361.jpg

 皆で食事の後、孫たち、姪っ子の子供たち2年生を筆頭に、四国一の清流穴吹川で
                        遊びます。 

  DSC03540_20150905224359709.jpg  DSC03501.jpg

  子供たちの水遊びには、流れの強さといい、深さといい、・・・最適の川です。 
           何より水の清らかさはお墨付きなのです。

  DSC03495.jpg  DSC03507_20150905202115657.jpg

        5月に結婚したばかりのA達夫婦も、温かい目を注いでいます。

  DSC03498_20150905202117da7.jpg  DSC03526.jpg

              姪っ子のチビちゃんも大きく可愛くなりました。
          Rは、まだママの背中・・・ 早く仲間入りしたいねえ~・・・

  DSC03532.jpg  DSC03547.jpg

   ここでのお楽しみは、岩の上からドボ~ンと水の中へのダイビングです。
    1年生のMも飛び込みをする・・・と、お姉さんたちの後ろに並びます。

順番が来ましたが、なかなか飛び込めません。 背丈の3倍以上ある岩の上から
ですので、勇気がいります。 何度か躊躇し、後ろの人に先に行って貰い心を
        落ちつけます。 今度こそ・・・でも最後の飛び出しが・・・
 同じように、飛び込みたいけど、なかなか最後の勇気が出ない子がいます。

       知らないお姉さんが、二人に声を掛けてくれます。
まだちょっと無理かな?・・・とカメラを外した瞬間、飛び出していました。

           うわ~、残念! 撮り逃してしまいました。

             「すご~い!  よく頑張ったね!」

DSC03581.jpg DSC03579_20150905210844f8c.jpg

                      また皆で遊べるといいね!
  


PageTop

富士山へ

 28日、現在台湾在住のTさんとお嬢さん、Tさんのサモア時代の仲間のYさんと4人で
      富士山へ向かいました。 この日の山頂の気温は、3℃との事です。
五合目から上は、殆ど決まった植物ばかりなのですが、ヤハズヒゴタイ・タイツリオウギ・
            イワオウギなどが目を楽しませてくれます。

  DSC09880_20150901012539873.jpg  DSC09885_20150901012538865.jpg
          富士宮口5合目登山口                  ヤハズヒゴタイ

        フジハタザオは花期が早いので、もう種子になっています。
 富士宮側では余り見られないと思っていたムラサキモメンヅルが多く見られたのは
      新しい発見でした。 他の山では余り見る事の無いお花です。

  DSC09888_2015090101253740c.jpg  DSC09902_20150901012535f1d.jpg
     フジハタザオ              ミヤマオトコヨモギ&ムラサキモメンヅル

 ミヤマヤナギ・カラマツ・ダケカンバなどが見られる五合目上部なのですが、厳しい
気象条件により、旗型樹形やテーブル状樹形と呼ばれる独特の雰囲気をした木々の
                     様子が見られます。

  タイツリオウギやイワオウギが隣り合わせて育っています。 お花は似ているの
             ですが、果実になると全く違って来ます。

  DSC09896_2015090101253645a.jpg  DSC09923_20150901014416f84.jpg
                旗型樹形                  タイツリオウギ&イワオウギ

 登山道沿いを一番賑わしているのがオンタデやメイゲツソウなど、イタドリの仲間です。
       ヤマホタルブクロも富士山のものは大きく、また綺麗です。

  DSC09906_2015090101441729e.jpg  DSC09907.jpg
   ヤマホタルブクロ                    メイゲツソウ

      六合目から七合目へ向かう途中で、鮮やかなピンクが目立ちます。
  もう何年も前から見られる光景ですが、これは何処からやって来たのでしょうね?
目にする度に、不思議な気持ちになります。 ヤマハハコも負けじと背をいっぱいに
         伸ばしていますが、こんなに大きくなるのですね! 

  DSC09925_20150901111113fd9.jpg  DSC09933_20150901111112f9b.jpg
                 ヤナギラン&ヤマハハコのお花畑

 イワツメクサも九合目辺りまで登って来ています。 植物の集まり・・「パッチ」 も
             広がり、随分緑が多くなりました。

  DSC09936_20150901111111cfb.jpg  DSC09941_201509011111101fe.jpg
     イワツメクサ                   もう少しで新七合目

 相変わらずガスが掛かったり、す~っと引いたりですが、雨に逢わないのが嬉しい。
           暑すぎず、寒すぎず・・・・・気持ちのいい登りです。   

  DSC09943_201509011111100a9.jpg  DSC09959_2015090111151979c.jpg
              宝永山をバックに・・・               元祖七合目

  元祖七合目から九合目に掛けて、火山弾が多く見られます。 矢印で道案内に
 使われていたり、石段に入っていたり・・・紡錘形のみならず、リボン状のものも
 見られます。 ゴロゴロの石の変化や、恐竜の背骨のような溶岩流の流れた跡を
        眺めながら足を進めると、知らぬ間に高度が上がっています。

  DSC09969_2015090111151813d.jpg  DSC09971_20150901111518d84.jpg
   酸化された石の風景             この辺りから火山弾が多い

八合目を過ぎると、大分登ったな・・・と感じます。 遠くに木のような緑色が見えました。
  カメラで捉えると、ミヤマヤナギのようです。 ここまで・・・木も登ったのか・・・と
 思っていたら、九合目の小屋直下でも溶岩の陰でミヤマヤナギが育っていました。
      上昇気流に乗って綿毛がここまで運ばれて来たのでしょうか?

  DSC09988_201509011115169f2.jpg  DSC09982_201509011115176a6.jpg
                 これは?                    ミヤマヤナギ

        九合五尺まで来ると、もう頂上はそこです。 ゆっくりと斜面を辿れば、
                      鳥居が迎えてくれます。

  DSC00012.jpg  DSC00017_20150901113011d86.jpg
    九合五尺の小屋                     もう一息・・・

 寝不足のお二人の体調に合わせ、ゆっくりと時間を掛けてリードして下さいましたので
    私も無理なく、景色を楽しみながらいいリズムで登る事が出来ました。
                   到着です! バンザ~イ!

  DSC00036_20150901113010ddb.jpg  DSC00039_20150901113010471.jpg
         いよいよ・・・                         浅間神社奥の院

    ここに荷物をデポし、空身でお鉢巡りをしてきます。 頂上直下も昨年より
       登りやすくなっていました。 程なく、最高地点に到着です。
   
  DSC00044_201509011131332c6.jpg  DSC00057_2015090111313290e.jpg
      火口                           測候所跡

          少しすると、元気のいい若者が登って来ました。 カッコいいよ~!                        

         DSC00068_20150901113132e7d.jpg
                神奈川からのイケメンお兄さんたち

        時計回りに火口を周回します。 昨年よりも緑が目立ちます。
 コタヌキランばかりかな?と思っていたら、イネ科のようですが、二種、どうやら
            別の種類のものが育っているようです。 

  DSC00078_20150901113131f8f.jpg  DSC00081_20150901113130348.jpg
       イネ科? & コタヌキラン                  別のイネ科植物

DSC00090_201509011406383c2.jpg
                         お鉢巡り・・・

                苔も元気に数種類は見られるでしょうか?

  DSC00101.jpg  DSC00110_2015090114063515d.jpg
                     苔も何種類か・・・

   頂上の小屋はもう閉まっています。 夜はきっと冷え込むでしょうね。

1時間ほどで一周し、御殿場口8合目で他の台湾のメンバーと合流、宿泊される3人に
             別れを告げ、5時過ぎに下り始めます。
(翌日は、子供たちと富士山の帰化種調査で500m・1200m・1600m・2400mの
         5合目を訪ねるので、私は帰らねばなりません) 
 
               明るい内に着けるかな?

          DSC00126_20150901140635e5e.jpg
                        下り始めます

    満月でしょうか? いつの間にか、まん丸お月さまが昇って来ました。
 時折足を止めては、景色を楽しみます。 小学生の子供が登頂し、満足そうに
       休んでいるのに出逢い、声を掛けて先を急ぎます。

          DSC00147_201509011408051ea.jpg
                     宝永山を目にしつつ下ります

              気をつけながら、トントン・・・・・タッタッタ・・・・・

 6時33分、1時間半で5合目に到着です。 暗くなる前ギリギリに下りられました。

           明日、皆さんご来光が拝めるといいのですが・・・・・

  

PageTop