今年も出逢えたコアツモリソウ

 そろそろコアツモリソウの咲く頃だなあ・・・・・と思ってはいましたが、なかなか
                  出掛けられずにいました。 

      少し出遅れてしまいましたが、ちゃんと出逢う事が出来ました。
小さな2枚の葉っぱに隠れているようなお花です。 写真に撮るにはホント難しい・・

  コアツモリソウ1  コアツモリソウ2
                      コアツモリソウ

     手前の土を少し掘り、カメラを入れようとしたものの、途中で諦め・・・・・
         まあいいか。  デ、結局まともに見られる写真は無い。

コアツモリソウ3  コアツモリソウ4
                      コアツモリソウ

              でも、たっぷり楽しめたから・・・マ、いいか!

          コアツモリソウ8
                      コアツモリソウ

              たまには居るものですね、変わり者が・・・・・
 
             開花状況を見て行くうちに・・・・・あれれ!

                 こ~んな子が隠れていましたよ!

          コアツモリソウ5
                     コアツモリソウ白花

                        アレレッ!

             コアツモリソウ6
                     コアツモリソウ白花

            やっぱり模様が付いてない。 これは白花??

       丁度いい感じに咲いていた美人さんのコアツモリソウでした。

             コアツモリソウ7
                     コアツモリソウ白花


             仲良しで住んでいたのは・・・・・ アオフタバランです。

           アオフタバラン3
                      アオフタバラン

            押し合いへしあい・・・陣地の取りっこはなかなか厳しい~!

           アオフタバラン2
                     アオフタバラン


                  目がキラキラの森の中でした。



富士山麓の観察会

 もうだいぶ前の事になりますが、5月10日所属の会の観察会が行われました。
       咲き残りのスミレや新緑に萌える木々たちを楽しんで来ました。

DSC06577.jpgDSC06582.jpg
           キスミレ                   ツボスミレ

   以前に比べると減ってはいましたが、点々と見られるチゴユリは可愛いものです。

DSC06585.jpg  DSC06592.jpg
                  チゴユリ                   ミヤマハコベ

             う~ん、この子たちも随分少なくなってしまいました。
            これは人と言うよりも環境の変化のせいなのでしょうね?

  DSC06598_2016053113463699d.jpg  DSC06606.jpg
      ミヤマキケマン                   ヤマエンゴサク

     ニオイタチツボスミレも咲き残りで、お花の色もちょっと薄れてしまいました。

DSC06578.jpgDSC06621.jpg
        ニオイタチツボスミレ                フタバアオイ

         元気だったのは、アカネスミレやサクラスミレたちです。

  DSC06622.jpg  DSC06652.jpg
               レンプクソウ                    アカネスミレ

  たくさん見られた大型のスミレですが、この辺りではサクラスミレを見つけるのは
    なかなか大変です。 殆どの子は、葉に赤い斑の入ったチシオスミレです。

DSC06671.jpgDSC06668.jpg
           チシオスミレ                   サクラスミレ

     何と言っても可愛かったのは、ホワっと開いたヤマシャクヤクです。
            思いの外多くあったのは嬉しいことでした。

  DSC06602.jpg  DSC06618.jpg
    ラショウモンカズラ               ヤマシャクヤク

  DSC06624.jpg  DSC06581.jpg
                  地衣類                     アゲハ

  この周辺で多いのはフイリフモトスミレです。 白い斑が入り、シャキッとした花は
                  なかなか素敵です。

   見上げると、ミツデカエデやウリハダカエデが花や蕾を付けています。
      まだ柔らかな緑が爽やかな風を運んでくれているような・・・

  DSC06672_20160531190857acf.jpg  DSC06631.jpg
      フモトスミレ                     ミツデカエデ

  DSC06633.jpg  DSC06662.jpg
              ウリハダカエデ                     メギ

      あっ、こんな所にもいたようです。 この子はきっとハナネコメ。
        来シーズンはもう少し早くお花に逢いに来たいなあ・・

  DSC06651.jpg  DSC06641.jpg
  アミガサタケの仲間                 ハナネコノメの花後

   小さなヒメハギもその周辺で点々と可愛いお花を咲かせていました。
         ノンビリと花を追いながら歩いた一日でした。                    

  DSC06655_20160531204131ea9.jpg  DSC06660.jpg
                ヒメハギ                   フタリシズカ&ツボスミレ                        

  

5月の宝永火口

     16日、西臼塚の下見を終えると周囲はガスに包まれていました。
時間も既に3時、今から宝永火口へ向かうのはどうかと思いつつも、5合目目指し
  上って行きます。 4合目近くまで来ると、ナント青空が見えて来ました。

うんうん、これなら大丈夫! 6合目への道は、まだ閉鎖されていますので駐車場脇
  から樹林帯を通り往復します。 それにしてもかなりの強風が背中を押します。

       DSC_0398.jpg
                     コタヌキラン

         標高2400mの五合目にも緑が芽生え始めています。
    コケモモはもう蕾を付けていました。 今年は雪解けが早いようです。

       DSC_0425.jpg
                      コケモモ

       根元の曲がったダケカンバの樹皮が良く目立ちます。
    遊歩道の角を曲がると、ウソのペアが驚いて飛びだしました。
今日はカメラを忘れてしまったので、携帯ではとても鳥までは写せません。 
    
       DSC_0410.jpg
                      ダケカンバ

 カラマツはやっと新芽を伸ばし始めた所です。 海岸からだと15℃ほどの気温差が
        ありますから・・・ 樹林帯に入ると風は余り感じられません。

       DSC_0417.jpg
                        カラマツ

        まだまだ見所も無いので、意外と早くに樹林帯を抜けました。
   やはり強風はまだ続いています。 今日はここまでです。 ひとり森の中へ
      戻ります。 当日はこの景色を子供たちに見て貰いたいものです。

       DSC_0422.jpg
                       宝永山を望む 

   *******************************

  そして当日・・・・・ 前日の雨が嘘のように晴れ上がり、風も殆どありません。 
絶好のハイキング日和です。 富士山頂上はひと登りで行けそうな程近くに感じます。
  
       DSC06907_20160527172046de5.jpg
                 5合目からの富士山頂

  そして眼下には駿河湾や伊豆半島、そして愛鷹の峰々も望む事が出来ます。
 富士山から眺めると、何だか別の山のような気もしますが、やっぱりカッコいい!

       DSC06908_20160527172045e7a.jpg
                  5合目から愛鷹の峰々

      下見時は雲で白かった空ですが、今日は抜けるような青空です。
樹林からフッと抜けだすと目の前にはド~~~ンと宝永山!この変化が楽しい!

  DSC06914.jpg  DSC06915.jpg
   下見時と同じ場所                 急坂を登り第1火口へ

  宝永山の雄姿を眺めたあとは、第1火口を目指します。 火口の底でお昼です。

宝永が噴火した際に下部からもたらされた深成岩には沢山のカンラン石が含まれて
 います。裸眼でも飴色のカンラン石(8月の誕生石ペリドット)が良く見えます。
   Rちゃんが見つけたのは、溶岩が抱えて来た捕獲岩です。 すご~い!

この宝石を探しながら急斜面を登って行きます。 結構子供たちは見つけるんですね!
でも、残念ながらこれは持ち帰ることが出来ません。サヨナラをし、写真で記憶です。

  DSC06928.jpg  DSC06916.jpg
     ペリドットを多く含む富士山の古い石(捕獲岩)           頑張れ~・・

  やっと第1火口へ到着です。 子供たちもお腹がペコペコのようです。
火口の縁から十二薬師、そして宝永山へと続く峰がゆったりと広がっています。

DSC06925.jpg
              第1火口から十二薬師(岩脈)と手前の噴石丘

              DSC06918.jpg
                         宝永山

  お昼を食べて元気になった子供たち、宝永とお別れの記念撮影のあと、
樹林帯を抜けて帰ります。 これから2泊のキャンプ生活が始まるのだとか・・・
        天気も良さそうで、良かったね! お疲れさまでした。

         DSC06930_20160527173211dd5.jpg
                       元気な5年生



クマガイソウとエビネ

     今年のクマガイソウはどうだろう? ちゃんと残っているかなあ・・・・・

    行ってみると・・・・・  あ~良かった!  少し早目の子もいますが、
 
                 丁度見頃だったようです。

  クマガイソウ1  クマガイソウ2

            この辺りの子はあと少しすれば良さそうです。

  クマガイソウ3  クマガイソウ4

         この子たちは昨年に引き続き、花付きがなかなかいいようです。

  クマガイソウ5

                横顔もなかなか素敵です。 

                 クマガイソウ6

    この子たちもよく咲いて・・・・・ このままずっと残って欲しい景色でした。

  クマガイソウ7  クマガイソウ8

           そして、この頃見られるランと言えば、エビネです。 
なかなか思うように逢いに行けないのですが、ちょっと寄り道で覗いてみると・・・・・
                 どうにか咲いていました。

  エビネ1  エビネ3
                     エ  ビ  ネ

    野草料理用にシオデを少し戴こうと車を止めて歩いていると・・・アレレ? 
    こんな所にも! 道路から2m入った所でひっそりと咲いていました。

  DSC06789.jpg  DSC06791.jpg
                       エ  ビ  ネ
 
  小さい株ながら点々と見られるのは嬉しいこと。 他の木のお花も見たかったけれど・・・
           もう時間切れ。 目線で見るカヤラン、可愛いねえ。

  カヤラン  DSC05752.jpg
                       カヤラン

      ヨウラクランもルーペで見ると・・・・・ これでも咲いているのね。                       

  ヨウラクラン2  ヨウラクラン1
                       ヨウラクラン

    スズムシソウ、今年も見られました。 ただ…他の子には逢えずじまい。

                 また来シーズンのお楽しみだね!

  DSC06538.jpg  DSC06536.jpg
                     スズムシソウ


                    山を歩きたいなあ・・・・・


 

チビ達丸火で遊ぶ

   4日、Yの熱も下がったようで、いつものわんぱく顔のYがやって来ました。

 何処へ行こうかな~・・・・・ 「アリジゴクをしたい」 との事で、皆で丸火公園へ
 向かいます。 アスレチックもいつの間にか復活し、チビ達は大好きな場所です。

  DSC06160.jpg  DSC06161_201605111642447c9.jpg

  それぞれに遊び始めました。 「ばあば、しゅごい?」 「うん、凄い凄い!」
          Yもすっかり一人前に遊べるようになりました。

  DSC06162.jpg  DSC06159.jpg

      「目の届く所にいるんだよ~」 と声を掛けますが、次へ次へ・・・と
                    行きたいようです。

  DSC06164_20160511164243df7.jpg  DSC06166_2016051116433398c.jpg

  あっ、オトコヨウゾメも咲き始めたんだ・・・。 コバノガマズミも花を咲かせています。 

  DSC06167.jpg  DSC06170.jpg
    オトコヨウゾメ                     コバノガマズミ

 アスレチックをしながら、「いい匂いがするよ」 と、クロモジの葉っぱを嗅がせます。
  その葉を口に当て音を出すと、皆それぞれに、「どれ?どれ?」と葉っぱ探し。

    意外にも、4人全員音を出す事が出来ました。 これにはビックリ! 
  まだまだ若葉で軟らかく、音が出やすかったようです。 みな得意顔です。
               アレ、Mの写真がありません・・・・・ ごめん。

    DSC06179_2016051116473797c.jpg    DSC06174_20160511164332867.jpg    DSC06181.jpg

  お正月・5月・8月に顔を合わせる従兄どうし。 その日が来るのをとても楽しみに

             しているようです。 次は・・・夏かな?

  DSC06188.jpg  DSC06184.jpg

         ツリバナやベニサラサドウダンも森を賑わせ始めました。       

  DSC06187_20160511165359cfc.jpg  DSC06190_201605111647352c6.jpg
      ツリバナ                 ベニサラサドウダン

      園内の富士見ケ池周辺には、丸火溶岩の見所が何箇所かあります。
  溶岩樹形や溶岩トンネルを覗く事にしました。 頭に気を付けて小さくなるんだよ~
       と声をかけましたが、Iがコッツンコ! 痛かったねえ・・・

  ここは縦型の溶岩樹形です。 かなり大きな穴が開いていて、夏には特に
                 外気温との差が感じられます。

  DSC06196.jpg  DSC06194_20160511165359d1e.jpg

                     また遊びに行こうね!
  


こどもの国観察会とチビ達

              連休で孫たちが集合しました。 
 天気予報も雨天から曇り・・・となり、3日こどもの国での観察会に参加して来ました。 
      一番元気なYは熱が出て、パパ・ママや妹のRとお留守番。

   子供の日も近いので、園内へ入るとこいのぼりが元気よく泳いでいます。
葉っぱの香りが独特なゴマギも蕾を持っています。 もうすぐ白いお花が見られそう。

  DSC06011_20160511143906259.jpg  DSC06013.jpg
                こどもの国                     ゴマギ 

    観察会が始まりました。 ゆっくりと色々に目を配り見つけて行きます。 
  標高のあるこどもの国にも、里よりチョッピリ遅めの春が やって来ました。               

DSC06017.jpgDSC06018.jpg
           遊びながら・・・                 観察中

  足元には小さなお花も見られます。 大好きなMさんですが、最近はどうも
            照れ気味で目を合わせようとしません。

  DSC06032.jpg  DSC06025.jpg
      キジムシロ                 照れるK

  この小さなスミレは、ヒメスミレでいいのでしょうか? 最も身近なスミレたちが
                いつまで経っても??状態です。

DSC06095.jpgDSC06027.jpg
            ヒメスミレ?                  ツボスミレ

  サクラソウやクリンソウが見事に咲いていました。 この谷を守って下さっている
      Iさんのお力のようです。 ドンドン増えているので、楽しみです。

  DSC06031.jpg  DSC06036.jpg
                  花の谷                     クリンソウ

     優しい色のニホンサクラソウです。 思わずほ~っとしてしまいます。

  DSC06033.jpg  DSC06046.jpg
     ミツバツチグリ                   サクラソウ

  大分時間も経ちましたので、ちょっとひと休み。 Y先生やMさんの周りには
               いつも子供たちが集まります。

      おっ、タチツボスミレとヤマエンゴサクが何だかいい感じ・・・・・

  DSC06052.jpg  DSC06043.jpg
               ひと休み                   タチツボスミレとヤマエンゴサク 

   浮島ではとっくに終わってしまったミツガシワやノウルシがまだ咲いていました。  

          DSC06042_20160511150302ef0.jpg 
                        ミツガシワ

      ミズバショウも花を付けています。 この場所が合ってるのでしょうか・・・ 

          DSC06051.jpg
               ミズバショウ             ノウルシ

 Iが 「ばあば、変なのがいる」 と呼びに来ました。 行ってみると・・・赤い蛾のようです。
        Hさんが、ベニスズメガじゃないかな?と教えて下さいました。

  調べると、幼虫時代は危険が迫ると毒へびのような顔になって威嚇するようで・・・
                    そんな様子を見てみたい。

  DSC06069.jpg  DSC06056.jpg
     ウリハダカエデ                  ベニスズメガ

   観察会を終え、Mちゃんパパから皆さんに沢ガニのから揚げを戴き、
孫たちも 「美味しい美味しい・・・」 と齧り付いています。 絶妙な味付けでした。

  DSC06080.jpg  DSC06063.jpg
                                        美味しい~サワガニ

   場所を移動しながら、たくさん遊びました。 大人はちょっとお疲れ気味・・・

  DSC06067.jpg  DSC06094.jpg

  40分位並んで「わたがし」を手にし、そろそろ冷えて来たので帰る事にします。

  じいじばあばは、我家へ。 息子家族とKはナイトサファリを楽しむのだとか・・・

                       元気だねえ~・・・

  DSC06101.jpg  DSC06065.jpg





  

富士山麓で出逢ったお花たち

 富士山麓の森へ足を踏み入れると、その辺りにも春のお花が出揃ってきました。
  良く似たものどうしですが・・・・・違います~。 マムシグサの仲間も難しい。 

DSC05565.jpgDSC05566_2016050402544793b.jpg
       スルガテンナンショウ                アオマムシグサ?

      今元気なのは・・・ヤマウツボです。 そこここで顔を出していました。
     団体さんで住まう子や・・・ノッポさんはひとり清々と立っておりました。

  DSC05573_2016050402544760b.jpg  DSC05609.jpg
                    ヤ マ ウ ツ ボ

   「あら綺麗・・」 とカメラを向けたら、花が終わったあとの姿だったのですね。
              もう少しちゃんと観察しなければ・・・

          DSC05611_20160504025606612.jpg
                    ヤ マ ウ ツ ボ

 綺麗な斑の入ったヒナスミレの隣には、タニギキョウが小さな花を咲かせています。
ここでポツポツと咲くイチリンソウは、里山で見かけるものより何だか力強く感じました。

  DSC05599_20160504025604cfe.jpg  DSC05576.jpg
     タニギキョウ                     イチリンソウ

  葯が黄色いイワボタンも咲き残り、まっ赤なキノコは如何にも毒々しいのですが、
    図鑑で調べると、ベニヤマタケに似ている・・・何箇所かで見かけました。
食用にする所もある・・・と表記されていましたが、とてもそんな気にはなれません。

  DSC05577.jpg  DSC05589.jpg
               イワボタン                    ベニヤマタケ?

少し湿気のある林内では、ミヤマハコベが開いています。 ハコベの花の中では豪華!

  DSC05601.jpg  DSC05634.jpg
    トチバニンジン                   ミヤマハコベ

  シコクスミレも多い所です。 お花もいいけれど、葉っぱがとても可愛く感じます。
        ジロボウエンゴサクや、ヤマエンゴサクも咲いています。

  DSC05638.jpg  DSC05632.jpg
                 シコクスミレ                ジロボウエンゴサク

 ヤマシャクヤクも早くお花が見たいものです。 あと一息・・・と言う所でしょうか?
               ツルシロカネソウも咲き始めました。

  DSC05663.jpg  DSC05651.jpg
    ヤマシャクヤク                  ツルシロカネソウ

      勿論、ニリンソウも小さな塊になって薄い陽の光を浴びています。
  里山では群生姿を目にするナベワリですが、この辺りでは、ポツポツとしか
                   咲いていません。

  DSC05669_20160504030554a4d.jpg  DSC05664_20160504030553a9e.jpg
               ニリンソウ                     ナベワリ

   うわ~、ヤマトグサが咲き始めました。 まだまだ小さな苗も多いのですが、
  しっかりとカンザシを下ろしています。 蕾のふっくらした子を指でつまむと・・・・・
スローモーションの如く、苞?がくるくるっと巻き上がり、雄しべがザッと下がります。

  DSC05677_2016050403055347a.jpg  DSC05706_2016050403091312b.jpg
      ヤマトグサ                     ツクバネソウ

 まだ見られるとは思っていなかったタチガシワもしっかりと花を咲かせていました。
              地味ですが、なかなかいいお花です。

  DSC05720_20160504030913119.jpg  DSC05862_201605040311073bc.jpg
                    タ チ ガ シ ワ

   アレ? 少し濃い色をした葉っぱは、タカオスミレと言っていいでしょうか?
               この森では初めて目にしました。

  DSC05749_20160504030911b57.jpg  DSC05860_2016050403110629f.jpg
     ナツトウダイ                   タカオスミレ?

  蕾ばかりのミツバコンロンソウでしたが、やっと花開いた子に出逢いました。

  DSC05880.jpg  DSC05734_20160504030912cdd.jpg
               ミツバコンロンソウ                タチツボスミレ 

  林内は萌黄色でとても優しい雰囲気です。 それを構成している中に、チドリノキが
いました。 葉っぱだけ見ると、シデの仲間と間違いそうなのですが、葉っぱは対生です。
    何より、この花と、秋のプロペラを見れば、カエデの仲間!と納得です。

光を通した時の透明感のある葉っぱと、それを包んでいた赤い苞?が素敵なのです。

DSC05870.jpgDSC05604_2016050403012873d.jpg
           チドリノキ                  緑萌ゆる林内

   ムムッ、この小さなネコノメソウは・・・多分、ムカゴネコノメだと思います。
早い時期に咲くようで、たくさん見られたのは猫の目状態になったものばかり・・・・・
やっと見つけたギリギリ開花がこの子です。 ムカゴ部分をちょいと確認させて貰い
             ました。 はい、ちゃんと埋め戻しましたよ。

        DSC05694_20160504031725ca6.jpg
                  ムカゴネコノメの花

白いものが見えて 「何だろう?」 と近づいて見つけたのが、花後の集団でした!

        DSC05693_20160504030552c50.jpg
                  ムカゴネコノメの花後

             トウゴクサバノオは、もう実になりつつありました。 

  DSC05881.jpg  DSC05736.jpg
             トウゴクサバノオ                  マネキグサの苗

  そして、見慣れない葉っぱを発見! でも何処かで、何かで見たことあるなあ・・・
   モミジガサなどに近いようで・・・ 調べてみると、ミヤマコウモリのようです。
                 忘れずにお花を見に来よう!!

  DSC05865.jpg  DSC05887_201605040320267f7.jpg
  バイケイソウのある林内                  ミヤマコウモリソウ

  比較的多く目にするスミレの交雑種、ナガバノシコクスミレは残念ながらお花を目に
           する事は出来ませんでした。 また次の機会にでも・・・・・

          DSC05889.jpg
                    ナガバノシコクスミレの葉

        まだ春浅い萌黄色の富士山麓を、ひとりノンビリ歩きの3時間・・・・・

 

キンランが見頃になって来ました。

  いつも楽しみにしているご近所のキンランです。 ちょっと覗いてみると・・・・・
                大分見頃になりました。

DSC05895_20160504011637272.jpgDSC05898.jpg

             特に気になるのは・・・・・コチラの子たちです。
   毎年、たくさんの花を咲かせてくれます。 数えてみると・・・11株ありました。

DSC05902.jpgDSC05905_20160504011635e3a.jpg
         上からキンラン              横からキンラン

 もっともっとあったキンランですが、目立つ所は持って行かれたようで大分減っています。
        とは言え、まだ80株ほどは綺麗に花を咲かせてくれます。

  DSC05912_20160504011635a52.jpg  DSC05943.jpg

             ずっとずっとこのまま咲き続けて欲しいものです。
    そして昨年、途中から白花に変身した子がいるので、今年は要確認です。
               (シロバナキンランかも?)

DSC05920.jpgDSC05977.jpg

  そして、小さいながら花が咲くと良く目立つのが同じエリアに咲くギンランです。
     この子も持ち去られの子がいますが、点々と花を付けていました。

DSC05923.jpgDSC05984.jpg
                    ギ ン ラ ン

             こんなややこしい所から出なくてもいいのに・・・・・

  DSC05489.jpg  DSC05985.jpg

          その内の2株ほどは、チョッピリ白い斑入りの子です。
                また来年出逢えますように・・・・・

            DSC05493.jpg
                       ギンラン
  


  

ツチアケビが顔を出した!

今年、ツチアケビの大株ドライを見つけてくれました。 こんな所に?・・・こんなに?
 とビックリでした! 以前、大株を見つけ翌年期待いっぱいで出掛けた所・・・

 な~~~んにもありませんでした。 同じ所に生えないとか、移動するとか
言われているので、今年は見られないかな~・・・・・と期待薄だったのですが・・・ 

DSC05952.jpgDSC05953.jpg
                 芽を出し始めたツチアケビ

     凄い凄い! 昨年のドライフラワーの足元からニョキニョキと出ています。
          まだ小さいので、ヤッコソウか?と思ったほどでした。
数えてみると・・・右の子は47株ほど、まだ途中ですのでもっと増えるかも知れません。
     左の株はこれでも40株余り! 2ケ所の距離は、1m余りです。

  DSC05954.jpg  DSC05949.jpg
   ほぼ重なって見える                    伸び始め

     ほんと、ニョキニョキ・・です。 少し離れた所にもドライが残っていて、
          こちらは2株、その近くに4本程顔を出していました。

  DSC05950_201604301955365ef.jpg  DSC05957.jpg
         別株伸び始め                      少し離れた所で数株

 エビネさんがそろそろ顔を出しているかな?と出掛けて、思わぬビックリでした。

  DSC05963_201604301956385be.jpg  DSC05965.jpg
                       エ ビ ネ

       ここでは3本しか花を咲かせていませんでしたが、可愛い色です。

  DSC05967.jpg  DSC05968.jpg
                       エ ビ ネ

  エビネに逢いに行く直前に・・・・・またまたのビックリ! 立派なシカの角は
            昨日に続き、今年2本目の出会いです。

           DSC05961_20160430195638d9b.jpg
                     シ カ の 角

                  あ~、ビックリでした・・・・・

  

ブナ林創造事業

    4月29日に富士山麓で、ブナ林創造事業が行われ、参加して来ました。
今年で市政50周年と言う節目に当たります。 ブナ・ケヤキ・コナラ・フジザクラ・
   ヤマボウシ・イロハモミジ・ヒメシャラの7種の木を500人で植樹します。
            バス14台で現地へ向けて出発です。

  DSC05503.jpg  DSC05504.jpg
          市役所から出発です                    30分位歩きます

    バスから下車した後、30分ほど下り道を歩いて現場へ向かいます。
小さな子から、熟年まで頑張って歩くと・・・・・バイオマス燃料で作ったポップコーンを
          作って試食させてくれます。 んっ、美味しい・・・

  DSC05506.jpg  DSC05505.jpg
             バイオマス燃料で作ったポップコーン

テーブルには、富士ヒノキで丁寧に作られた台所道具や、はめ込み板で作られた
  木の絵が飾られていて素敵です。 今年もヒノキのコースターを戴きました。
聞くところによると、同じ人が作られているのだとか・・・角をとり、とても手触りの
        いいコースターです。 500人分も!             

  DSC05521.jpg  DSC05516.jpg
          富士ヒノキを使った作品                    ウ ド

     早くに到着のバスでしたので、開会式までにまだ時間があります。
  周辺の山に入り、何か咲いていないかと、ひとり観察をする事にしました。
         タチツボスミレ・オトメスミレ・イタドリ・ニリンソウ・・・・・

  DSC05509_20160502014307f2e.jpg  DSC05508.jpg
    オトメスミレ                      タチツボスミレ

       少し埋まってしまっていますが、溶岩樹形も見られます。
 小さな枝が張り、掻き分けながら進みます。 ミツバツツジが咲いていました。
普通のかな?と雄しべを数えると・・・8本・9本とバラバラです。 もしかすると交雑?

  DSC05510_201605020143539d2.jpg  DSC05511_20160502014352a03.jpg
                溶岩樹形                    ミツバツツジ

   少し早目に集合しないと・・・藪を掻き分け、あと少しで出口、と思ったら、
目の前に立派な雄シカの角が落ちています。 この木に引っかけて抜けたのかな?
                  まだ新鮮そうな角でした。

         DSC05518.jpg
                        シ カ の 角

       市長の挨拶、記念植樹に続き、いよいよ植林の始まりです。

  DSC05522_20160502015812e54.jpg  DSC05524.jpg
               市長挨拶                       記念植樹

     せっかくなのに、植樹最中の写真は撮り忘れてしまいました。
仲間と溶岩をどかし、穴掘りをし、植えたあと八の字に木と支柱を結わえ完成です。
     青い空と白い雲、愛鷹の峰の緑が眩しく目に飛び込んで来ます。

  DSC05544.jpg  DSC05545.jpg
       スコップ                    植樹した木

     そうこうしている内に、チェンソーアートの制作が始まっていました。
  気がついたら、もうフクロウの形になっています。 お昼を食べながら見事な
   チェンソーさばきを見せて頂きます。 台を削って・・・出来あがりです。
  
  DSC05542.jpg  DSC05529.jpg
                  植樹後                   チェンソーアート

  凄いねえ~、足の爪や目に迫力があります。 これは、スギを材料にしているらしい。
  ヒノキだと、殆ど白っぽく、見栄えが良くないのだと近くにいる方が話されていました。

  DSC05535.jpg  DSC05525_20160502015812944.jpg
                   チェンソーアートのフクロウ

     チェンソーの音が途切れると、何やらいい音色が聞こえてきます。
      二人の男性による演奏でした。 ギターと・・・何だろう??

  DSC05541.jpg  DSC05549_201605020204514ca.jpg
                 野外演奏                    ニリンソウ

             チェンソーアートのIさんのお話もありました。
 さて、そろそろ帰る時間です。 帰りも自然観察しながら登って行きます。
           この辺りも春のお花が良くなって来ていますね。

  DSC05557.jpg  DSC05558.jpg
   ジロボウエンゴサク                  トチバニンジン

  DSC05559.jpg  DSC05556.jpg
                イワボタン                 シロバナエンレイソウ

  コガネネコノメソウも黄色く色づき始め、なかなかいい感じになって来ました。

          DSC05560_20160502172734010.jpg
                     コガネネコノメソウ  
   
天気も良さそうなので、帰りは相方に迎えて貰い、ウォーキングを兼ねてお花探しです。

                 何かいいもの見つかるかな?



エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる