お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

富士山麓巨木を訪ねて・・・

 24日、相方と歩きに出掛けます。 どうせなら気持ちのいい森の中を歩こう・・・と。
      ついでに植物観察も兼ねて・・・というのが本音なのですが・・・・・

  せっかく出ているエゾスズランも・・・・・何かに食べられ・・・花は咲くのかなあ?

  DSC09853_20160630014755244.jpg  DSC00039_201606300147551c8.jpg
         クルマムグラ               アオスズラン

     毎年この辺りに咲くウスタケもアチコチで顔を出していますよ。

  DSC09884_201606300147542f1.jpg  DSC09856_2016063001475491f.jpg
       ウスタケ               ヤマトウバナ

  この辺りではもう見られなくなった?と思っていたミヤマスミレも、こんな群生地が
         あったとは! 来シーズンは開花の様子を見に来よう。

  DSC09879_201606300147535c5.jpg  DSC09887_201606300149308a6.jpg
            ミヤマスミレ                ウメガサソウ

     白いお花が綺麗です。 エゴノキ・バイカウツギ、それからサワフタギも!

  DSC09902_20160630014929ec7.jpg  DSC09906_20160630014929137.jpg
    エゴノキ                  バイカウツギ

アミガサタケの仲間は、いい時期を過ぎたみたいです。 朽ちたかけらがアチラコチラに・・・

  DSC09896_20160630014930be1.jpg  DSC09908_20160630014928d52.jpg
    アミガサタケの仲間           ハンショウヅル

    これはフジイバラでしょうか? 何だかピンク色がとても優しく目に入ります。
  元気いっぱいのキノコはツキヨタケ! 光る?と持ち帰ったけれど・・・ダメでした。

  DSC09919_20160630213607a4b.jpg  DSC09942_201606302136068a1.jpg
           フジイバラ                ツキヨタケ

           ヤマボウシはしっかりと綺麗な花を付けています。
         う~ん、この変わった子は、もしかしてキノコの仲間??

  DSC09990_20160630213956dc2.jpg  DSC09931_201606302136066f0.jpg
    キノコの仲間?              ヤマボウシ 

 次々と出てくる巨木に圧倒されます。 どれだけの時の流れを見て来たのでしょうか?          

DSC09959_201606302139175ea.jpgDSC09962_201606302139162f7.jpg
             巨木色々・・・ブナ・ケヤキ・ミズナラ・シナノキ・・・・・

                       そして、これからも・・・・・

DSC09970_20160630213915131.jpgDSC09977_20160630213915c87.jpg
                     巨木色々・・・ヒメシャラ・イタヤカエデ・・・ 

         そんな木々を前にすると・・・・・人ってちっぽけなものですね!   

DSC09984_2016063021395768f.jpgDSC09950_20160630215014cb7.jpg
               巨木色々・・・存在感がありますね!

     巨木のコケの上にはエンレイソウが! どうやって住みついたのでしょう?

       巨木の上に3種のカエデが住んでいるのには、参ってしまいました。
 
         DSC09988_20160630214039df5.jpg
             あんな樹の上にエンレイソウが・・・・・ 

       さて、今日の散策もそろそろ終了です。 これでまだ8000歩余り・・・

 

PageTop

タイヤのパンク!&花探し

     梅雨の季節ですが・・・27日は晴れ間が見えて、とてもいい天気です。
明日からはまた梅雨空に戻るとの事。 予てから歩きたいと思っていた尾根を歩くには
 絶好の日です。 6時半に待ち合わせをし、車を登山口・下山口に置くべく林道を
       走ります。 富士山もくっきりといい姿を見せてくれています。

          DSC00095_20160629115944c96.jpg

          DSC00100_20160629115943e33.jpg

  まるで私達の計画を後押ししてくれているような(と勝手に思っている)富士山です。
 林道には山から落ちた小石が点々と見られます。 気をつけなきゃな~と思いつつも 
 周りの景色も楽しみながら進みます。 「がっ!」 いけない、引っかけてしまった。
       前輪では回避したものの、後ろに当たってしまったようです。

    もうすぐ車を止めると言う所でまたもや「がっ!」 大丈夫かな?・・・
私の車に乗り換え、さあ出発! でも発進すると何だかヘン! 止めて恐る恐る確認
すると、右前のタイヤがペッシャンコ。 さあどうしよう? スペアタイヤはありません。
修理キットで直るかなあ? 説明書を片手に読み込みますが、最後の所で意味不明。

 丁度通り掛かった優しそうなお兄さんに、「これわかりますか?」 と、不躾にも
聞いてしまいました。 あとエンジン掛ければいいよ・・・とささっと対応して下さい
  ました。 でも、傷が大きく、側面なので修理キットでは間に合いません。
余りに手際がいいので伺うと、プロだとの事、・・・失礼しました。 助かりました。

                    さて・・・・・

携帯の通じる所まで今日の相棒に乗せて貰い、相方にスペアタイヤをモータースさんから
      貰って来て貰いどうにか解決。 暫く頭が上がりません。 

             あ~あ、やっぱりスペアタイヤは必要だわ・・・・・

 来てくれるまでに、短くても1時間半は掛かります。 それまで周辺をブラブラ・・・
 今日の相棒にはホントに申し訳なかったのですが、大丈夫、また次にね・・・と
                大らかな返事。ありがとう!!

  DSC00102_20160629115943562.jpg  DSC00103_201606291159427e2.jpg
            アリジホク               クモキリソウ

  この辺りは秋の紅葉もいい所です。 ニガイチゴですが、とても良く熟れていた
     ので口に含むと甘くて、最後にはやはり少し苦味が残りました。

待つ間に、数人の方にお会いしましたが、皆さん色々なお楽しみで動かれている
                     のですね。

  DSC00107_2016062912002825c.jpg  DSC00105_20160629115942c78.jpg
      タチキランソウ            ニガイチゴ             

 今日は時間切れで、山を歩くのは無理です。 それならば・・・と富士山麓で花探しを
                        楽しみます。

  DSC00119_201606291200273a0.jpg  DSC00118_20160629120028874.jpg
                ルイヨウボタン

   ルイヨウボタンは実を付けて群生、その隣にはフタバアオイが一面に広がって
                         いました。 

          DSC00122_2016062912002654c.jpg
                 フタバアオイ

 今日の相棒がキバナノショウキランを見つけてくれました。 もう咲いているのね。
                    新鮮な子でした。

  DSC00131_20160629131203a15.jpg  DSC00134_201606291312038ed.jpg
               キバナノショウキラン

    がっ、良く見るともう小さな虫が花を齧って穴を開けていました。 コラッ!
         キバアノショウキランの所ではよく見かける虫です。

          エビガライチゴの毛も何だか圧倒されますね。

  DSC00139_20160629131202eab.jpg  DSC00163_201606291313257aa.jpg
          キバナノショウキラン           エビガライチゴ

             草原ではもうイヌゴマが花を咲かせていました。

  DSC00171_20160629131201eb9.jpg  DSC00155_20160629131202f05.jpg
                  イヌゴマ

   あっ、ヒナノウスツボも咲いています。 なかなか写真が撮り辛い子なのです。

  DSC00159_201606291313269ab.jpg  DSC00162_20160629131326740.jpg
                 ヒナノウスツボ

   さて、ちょっと移動して今年見つけたばかりのサワルリソウを見に行きます。
別な場所で、大きな葉っぱに首をかしげたサワルリソウですが、ここの子はこじんまりと
             まとまっています。 丁度見頃です!

  DSC00177_201606291313255ac.jpg  DSC00181_2016062913132403d.jpg
                   サワルリソウ

             優しいピンク色が何とも言えません。 
    株数もそこそこあり、まだ花の付かない苗も多く育っています。

  DSC00182_2016062913201739e.jpg  DSC00190_2016062913201664c.jpg

        白花は無いかな?・・・ と探すと、いました!いました!

               多くは無いのですが、真っ白です!

  DSC00202_2016062913201515a.jpg  DSC00197_201606291320145ca.jpg
                  サワルリソウ白花

            暫くサワルリソウにウットリした後、車に戻ります。

         DSC00198_20160629132016cc5.jpg

       車へ戻る途中、見上げると花が咲いていました。 少し大きめの花は
           ヒコサンヒメシャラです。 シャキッとしていいお花です。

         DSC00214_2016062913210764c.jpg
                   ヒコサンヒメシャラ


          もう少し時間があります。    さて、次は・・・・・
  



  
  

PageTop

6月の富士山麓を歩く

     19日、雨続きで運動不足の相方を誘って富士山麓を歩く事にしました。
ちょっと見たいお花があり、もうそろそろ咲いている頃だ・・・と気が気ではなかったのです。

        つい先ほど雨も上がったと言う事で、我々以外だ~れも歩いて
               いませんでした。 では・・・出発です。

  DSC06800.jpg  DSC06801.jpg
                タツナミソウの仲間

      うわ~凄い、イボタノキの花盛りです。 そこにもここにも・・・・・

         DSC06808.jpg
                 イボタノキ

             ヤマオダマキも咲き始めたようですね。

  DSC06806.jpg  DSC06816.jpg
            ナワシロイチゴ                ヤマオダマキ

     この時期、お花は少ないものの野山を歩くのは気持ちのいい事です。
           吹く風も心地よく、木の香りも届きます。

  DSC06822.jpg  DSC06811.jpg
       キヌタソウ              シモツケ

    林の中ではイチヤクソウが蕾を持っていました。 開花はもう少し先・・・

  DSC06814.jpg  DSC06837.jpg
           オヘビイチゴ               イチヤクソウ

    少し雨が落ちて来ました。 準備体制を整えたのですが・・・・・
   酷いことにならなくて良かった。 雨具はそのまま防寒着代わり?
       ピンク色をしたタチキランソウが1つ残っていました。

  DSC06825.jpg  DSC06844.jpg
     サワギク                 タチキランソウ

     あっ! こんな所にいたんだ・・・   逢えて良かった。 

 この優しい色がたまらなく好きです。 別の場所で出逢い、土砂崩れで見えなくなって
             なってしまったあと、ガッカリしていました。 

DSC06857_20160624030537e46.jpgDSC06855.jpg
                     ヤワタソウ 

       それもこんなに多くの子が咲いててくれて・・・・・ありがとう! 

             DSC06860_20160624030851851.jpg
                     ヤワタソウ

       ルーペで花を観察すると・・・花の縁にも繊毛?が見えます。

       DSC06872_201606260326228a7.jpg
                     ヤワタソウ

 タンザワイケマがもう咲いていました。 イケマは花冠が反り返り、タンザワイケマは
  反り返らないとの事。白っぽい花弁のようなものが副花冠で外の緑色のものが
        花冠だそうです。  ホントだ! 反り返っていませんね!

    昨年、南アルプス林道でい~~~っぱい咲いていたのはイケマでした。
    地元で出逢う度に確認するのですが、みんなタンザワイケマのようです。

  DSC06879_201606240308517c1.jpg  DSC06884_20160624030850d6c.jpg
         タンザワイケマ                エビガライチゴ

              草原ではクララが風に揺れていました。
    齧るとくらくらするからクララ? ちょっと齧ってみたら・・・・・苦い! 

  DSC06898.jpg  DSC06882.jpg
    ナルコユリ                    クララ

   サルナシもいっぱい花を咲かせています。 秋には美味しく戴けるかな?

  DSC06887_201606260338067ca.jpg  DSC06885.jpg
                    サルナシ

 相方が、「おい、これなんだ?」 行ってみると・・・出て来たばかりのキヨスミウツボ
                 でした。 お手柄お手柄・・・・・

  DSC06892_201606260335029ec.jpg  DSC06894.jpg
                    キヨスミウツボ

           ススキの間ではタカトウダイも顔を出しています。

  DSC06900_2016062603380522e.jpg  DSC06906_20160626033804341.jpg
              タカトウダイ                 キリンソウ


    秋にもまた歩いてみたいねえ~。  小雨もいつの間にか上がり、良かったね!




 

PageTop

ちょっとした裏山に入ってみると・・・・・

    用事を終えたあと、相方と孫たちが迎えに来てくれる事になっていました。
30~40分ほど時間があります。 (この辺りは歩いた事が無いけれど、ちょっと覗いて
          みましょう) と、山の方へ足を伸ばしました。

竹藪もあるし、ヤツシロランの仲間がいないだろうか? イノシシにでも出くわしたら
  どうしよう?などと思いながらも、足の方はドンドン奥へ向かって行きます。

     無いなあ・・・・・    出逢ったのは、コクランとハエドクソウのみです。

DSC09786_20160623223959874.jpgDSC09791_2016062322395984d.jpg
        コクラン                  ハエドクソウ

  コクランは少し薄暗い自宅周辺の林でも普通に見られますが、お花の時期出逢う事は
           余り多くありませんでした。 もう咲いているのね・・・・・

  DSC09790_20160623223958b4b.jpg  DSC09789_201606232239584c1.jpg
                       コクラン 

 蚊の襲撃に逢い、早々に竹藪を撤退しました。 分岐まで戻り、別の道を行きます。

すぐに出逢ったのがテイショウソウです。 勿論まだ葉っぱだけですし、綺麗な斑が
  入った葉っぱは少なく、一面緑の葉っぱが多いのですが、群生しています。
        お花の季節にまた来てみよう・・・                   

    DSC09796_2016062322395721e.jpg   DSC09844_20160623224352057.jpg
                     テイショウソウ

ここではコアジサイも咲いたようです。 薄紫のお花は可愛いし、香りもいいですね。
             ホウキタケの仲間も出始めて来ました。

  DSC09808_20160623224048ee1.jpg  DSC09788_20160623224050a2f.jpg
         コアジサイ                     ホウキタケの仲間

  山道入口では水がジャブジャブと流れていました。 靴を濡らしてしまいました。
 そんな所ですから、シダの仲間が繁茂しています。 身近なウラジロも見えました。

  DSC09801_201606232240494d5.jpg  DSC09803_20160623224049892.jpg
   色々なシダの仲間                  ウラジロ

         アリドウシも見つけました。 残念ながら赤い実は見られません。

  DSC09804_20160623224048e56.jpg  DSC09812_201606232248551b8.jpg
          コシダ                   アリドウシ

   ツルアリドウシはお花が終わってしまったようで、青い実が付いていました。
         もう少しすると、両方の赤い実が見られるでしょうか?

DSC09810_201606232248562fb.jpgDSC09817_20160623224853c3d.jpg
    ツルアリドウシ葉と実            ツルアリドウシとキノコ

自宅近くで見るオオバノトンボソウとはちょっと違うようです。 トンボソウでしょうか?
              この仲間もわかり辛い子たちです。

                これはフモトスミレかな??

  DSC09818_20160623224854fae.jpg  DSC09815_20160623224855ee0.jpg
      トンボソウ?               フモトスミレ

 更に進むとムヨウランのドライフラワーに出逢いました。 どんな子だったのだろう?
            来年はぜひともお花に出逢いたいものです。

  DSC09822.jpg  DSC09819_20160623225551d3f.jpg
              何ムヨウランだったのでしょう?

    うわ~、コクランがたくさん咲いています。 あっ、アッチにもコッチにも・・・

         そんな中、・・・・・? ちょっと変わった子を見つけました。
   茎から上がエンジ色をしています。 全部で3本の花茎があがっていました。

  DSC09840_20160623232025bcd.jpg  DSC09834_20160623232026065.jpg
               赤い茎と花を持つコクラン

        日陰ではこんな感じでよくわからないのですが・・・・・

         DSC09835_20160623232025c6c.jpg

          陽のあたる子は、ほらっ! 可愛い子でしょ?
全く別物ですが、ヒトツバイチヤクソウを思い出しました。 こんな子もいるんだねえ~。

         DSC09827_20160623225550498.jpg

     普通のタイプの子と一緒に育っていました。 あと2本は二人兄弟です!

         DSC09830_2016062323202627f.jpg

      電話が掛かって来ました。 もう少し探索したい所ですが・・・残念!
                     引き返します。 

      足元を見てみると・・・・・茎の途中からエンジ色に変身していました。

              DSC09837_20160623232027e44.jpg

    沢沿いでは、円礫を含んだ地層も見られ、この地の成り立ちまで想像できる
                 なかなか楽しい場所でした。

          DSC09806.jpg


            これだから ”ブラリ山歩き” は止められない。 
         
    

PageTop

ツチアケビが見頃になって来ました。

                  ツチアケビ・・・

   初夏に花が咲き、秋にはアケビのようなウィンナーソーセージのような
果実を付けます。 菌従属栄養植物だそうです。 全面的に菌に依存する生き方・・・

                それが今、見頃を迎えました。

      今年のツチアケビは今までのツチアケビとは違います! 
びっくりひゃっくり?? 10mほどの細長い空間にナント130本余りの茎を林立
させているのです。  今まで20本ほどの株は見た事がありますが・・・・・凄い! 
                  の一言です。

  DSC07113.jpg  DSC07116.jpg

        昨日、久しぶりに訪ねると・・・花が咲き始めていました。
 写真を撮るものの、薄暗くてブレブレの写真ばかり。 天気予報では今週は雨続きとか。
ガッカリしていましたが、今日午前中の小学生との観察会の途中から雨も上がり陽が
          差してきました。 今日しかチャンスは無いかも?・・・

    意気揚々と出掛けてみると・・・・・ 豪華です! 薄暗い林の中はツチアケビで
    明るく感じるほどです。 まだ蕾が多いものの、花も昨日より咲き進んでいます。

  DSC07119.jpg  DSC07115.jpg

   左側の子たちは40株ほど。 右側の子たちはナント60株を越えています。
昨年のまっ黒いドライを切ってあげた方がいいだろうか? などと思っている内にこの状態。
             お花に埋もれて気にならなくなっていました。

DSC07118.jpgDSC07125_201606211727164ad.jpg

               左側を下から見上げると・・・・・こんな感じ。

        DSC07123.jpg

               右側を下から見上げると・・・・・こんな風です。
                    ここはヒノキ林の中なのです。

        DSC07130_20160621172715ba2.jpg

             2つの塊を一緒に写すと・・・凄いですねえ。
どの位の高さがあるか自分の身長で測ってみると・・・あごの少し上まであります。
        帰宅後メジャーで測ってみると、130センチの高さです。

            DSC07124_20160621172714dfa.jpg

   咲き始めたお花を観察すると・・・・・お花はアッチ向いたりコッチ向いたり上を
        向いたり下を向いたり・・・・・全く自由な子たちなのでした。

  DSC07126_20160621172713b6f.jpg  DSC07131_201606211912392c1.jpg

      今度は上から写真を撮ってみました。 まるで豪華なブーケです!
      足元には蕾のまま落ちてしまった花たちが散らばっていました。
この後も蕾が次々と咲いて来る事でしょう。 雨が酷くならないといいのですが・・・

DSC07132_20160621191239e76.jpg  DSC07134_20160621191238922.jpg

  ここは緩い斜面なのですが、少し上では20本ほどがいい感じに立っています。

        DSC07136.jpg

   残り10本ほどは、大群落の奥に2ケ所見えていますが・・・確認出来るでしょうか?
               それにしても凄い所があったものです。

        DSC07138.jpg

     地主さんにお話を伺うと、かつてここでナメコを栽培していたとのこと。
 止めて3年位経つのだそうです。 「ツチアケビはナラタケとラン菌根を形成し、栄養的には
        寄生している。」との事ですが、ナメタケとの関連は無いのでしょうか? 

               もう少し見続けて行きたいと思っています。

                       秋も楽しみだ~!

             因みに果実はと言うと・・・・・こんな子なのです。

        DSC00973_201606212002050ec.jpg
       

  

PageTop

久しぶりの御坂山塊

      6月に入り、久しぶりにひとりノ~ンビリと山歩きを楽しみました。
       富士山カメラスポットの新道峠から黒岳方面へ向かいます。 
                 ここへは2年振りでしょうか?

  途中、丁度サンショウバラが見頃を迎えていました。 車を寄せてパチリ!

  DSC08751_20160617015038be5.jpg  DSC08768_20160617015038715.jpg
      サンショウバラ                 ユキザサ

  新道峠からは、5~10分も歩くと尾根道に出ます。 富士山のスポットも何ケ所か
ありますが、残念ながら今日はガスの中です。 もう少しすると花も多く見られますが
       今はちょっと寂しい・・・ ヤマツツジやマイヅルソウが見られます。

  DSC08783.jpg  DSC08769_201606170150379a1.jpg
        雲の中の富士山                 マイヅルソウ

          ポツポツとウマノアシガタも花を咲かせています。
ヒゲネワチガイソウは以前よりも範囲を広げたようですが、お花は終わっています。

  DSC08770_20160617015146874.jpg  DSC08802.jpg
   ウマノアシガタ                 ヒゲネワチガイソウ

 振返ると、魅力的な山並が続いています。 私の中では一部まだ繋がっていません。 
             いつかその内、通して歩きたいものです。    

   DSC08793_20160617015145acb.jpg  DSC08788_20160617015146cb3.jpg
           毛無山・十二ケ岳方面               ブナ

        それ程多くないものの、時折お花が咲いて元気を貰います。
         トリガタハンショウヅルはまだ咲き始めなのでしょうか・・・

  DSC08810_2016061707490113f.jpg  DSC08812.jpg
  ササバギンラン                  トリガタハンショウヅル

  DSC08813.jpg  DSC08835_20160617074900e2a.jpg
          クリンユキフデ                 チゴユリ 

  ツツジの仲間も終わりに近いようですが、新鮮な子もいて目を楽しませてくれます。    

  DSC08860_20160617075255bbb.jpg  DSC08856_20160617075256efd.jpg
    トウゴクミツバツツジ               ヒロハヘビノボラズ

  DSC08960_20160617075255204.jpg  DSC09076_20160617075254bdb.jpg
           クサタチバナ                      アオスズラン

  少しのアップダウンをしながら黒岳に到着です。 今日はどこまで行こうか?・・・

  DSC08888_201606190323277b9.jpg  DSC08886_20160619032327f1c.jpg
  ツルシロカネソウ                      黒岳 

  苔むした木々には色々な着生が見られます。 イワギボウシやユキザサも・・・・・                    

  DSC08912_20160619032326d32.jpg  DSC08915_201606190323267ad.jpg
     クルマバツクバネソウ                着生したヒロハユキザサ   

              DSC08937_201606190326156c7.jpg  
                     ヤマツツジ                  

  これってシロバナニシキゴロモでいいのでしょうか? 上唇はタチキランソウのような
 耳があります。 葉の裏は紫色です。 太平洋側はツクバキンモンソウが分布という
                けれど・・・ 難しいなあ。

  DSC08947_2016061903261473a.jpg  DSC09036_20160619035106b9d.jpg
          存在感ある巨木                 シロバナンシキゴロモ?

   黒岳からグングン下り、余り花の無い山道を巨木を楽しみながら歩きます。 
   旧御坂峠に到着です。  さて・・・御坂山まで50分の標識がありました。

   今日は御坂山までにしよう・・・・・遠くへ行けばいくほど帰りが大変です。
       それに同じ道を歩かなければならないのはちょっと残念!             

  DSC08966_2016061903261365d.jpg  DSC08954_20160619032614667.jpg
     ミヤマザクラ?                 旧御坂峠

       少し早足歩きでしたので、30分余りで御坂山到着です。
        ちょっと手前ではブナの巨木2本が迎えてくれました。
 
    シャクナゲも咲くようですので、お花の時期はきっと素敵でしょうね?

  DSC08983_20160619034908847.jpg  DSC08985_2016061903490725a.jpg
           ブナの巨木やシャクナゲの育つ御坂山頂上付近

  DSC09003_201606190349061d2.jpg  DSC08991_201606190349071fd.jpg
    カマツカ                    御坂山頂上

  頂上を後に、下りもちょっとスピードアップ。 目の前で何かが動きました。
        目を凝らすと、エゾハルゼミがバタバタしていました。

  DSC09016_2016061904001163c.jpg  DSC09005_201606190349068f2.jpg
    エゾハルゼミ                    バラ科のようですが・・・

今はシロバナノヘビイチゴのお花がとても綺麗です。 香りのいい実がまたいいのです。

  DSC09018_20160619040011f1c.jpg  DSC09021_20160619040010626.jpg
  旧御坂峠(黒岳方面へ)                 コバノイチヤクソウ

           ヤグルマソウやクガイソウなどもこの後咲いてきそうです。

  DSC09047_20160619093422458.jpg  DSC09045_20160619093422576.jpg
    ヤグルマソウ                   クガイソウ

  途中で何人かの方たちとすれ違いながら、黒岳まで帰って来ました。
    さあ、あと少し・・・・・可愛いサラサドウダンも目につきます。

     スズラン峠まで来ると、スズラン畑への道が分かれていました。
最後に少し登りの林道歩きになりますが、まだ通った事の無い道ですのでここを
                  行く事にします。

  DSC09039.jpg  DSC09079_2016061909345670b.jpg
            サラサドウダン                アヤメ

         ジグザグ道を辿り・・・やっと林道に下り立ちました。
           そこにはアヤメがぽつんと立っていました。

  DSC09080_201606190934551ff.jpg  DSC09077_20160619093421672.jpg
  エゾノタチツボスミレ                    林道へ

  右へ行ったり左側へ行ったり・・・キョロキョロしながら、車の所へ到着です。

           DSC09090.jpg
                       ヤグルマソウ



  



 

PageTop

アレ?・・・・・

      近くの広場のアチラコチラでシロツメクサの集団が見られます。
 子供たちと遊ぶ為に、少し多めに戴いて行く事にします。 この子はいいな・・・・・
          この子は少し花期を過ぎてしまっているな・・・

そんな風に見て行くと・・・ アレレ?変な子がいるぞ。 その隣にも・・・こっちにも居た!

  DSC08691_20160616225945437.jpg  DSC08693.jpg
                   2段花のシロツメクサ

    普通のシロツメクサの下にもう一段花が付いているではありませんか! 
  まだ見頃も子もいますし、下の方が既に終わってしまっている子もいます。

2~3ケ所の塊に集中しています。 写真では撮り忘れてしまいましたが、赤っぽい色を
           した子もいました。 何だか面白いねえ~・・・

DSC08699_20160616225944355.jpgDSC08704_20160616225943d5d.jpg
                   2段花のシロツメクサ

           キキョウソウもまだ先っちょに花を付けていました。
  シロツメクサとの仲良しがとても可愛いです。 よく歩いている所なのに・・・
                 殆ど気付かずにいました。

色々な草花があり、楽しい所です。 チビ達を連れて草遊びするにはもってこいの
                     場所です。

  DSC08712_201606162259599b1.jpg  DSC08710.jpg

             11日、少し遠くに住む孫たちがやって来ました。
                     そうだ、ここで遊ぼう! 

         皆でオアシスを詰めた紙コップを片手に広場へ出掛けました。 
     自分で摘んだ好きなお花をオアシスに挿します。 少しづつ増えて・・・・・

  DSC09796_201606170012582b9.jpg  DSC09797_20160617001257c9c.jpg

      なかなかいい感じになって来ました。 パパさんのはシンプルです。
     ママさんはヒメジョオンに拘り、ヒメジョオンブーケの出来あがりです。

DSC09800_2016061700125740a.jpgDSC09801_20160617001256b5e.jpg

         明日は学校もあり、あまりゆっくり遊んでいられません。
   そろそろ帰りの出発ですが・・・・・ みんな集めるとなかなか豪華でしょ?

         今度来た時は四葉のクローバ探しでもするかなあ・・・・・


  DSC09805_20160617001334f9b.jpg  DSC09812_20160617001332d09.jpg

                          またね!・・・



PageTop

須津川観察会

          毎月1日は須津川の観察会が行われています。
  6月は相方も一緒に参加しました。 いつもゆったり観察なので歩く距離は
短いのですが、今回はいつも歩く所は早めに通過し、少し遠くへ範囲を広げます。

 キャンプ場のトイレ脇でブンブン羽音が聞こえます。 しきりにミツバチが出入りして
    います。 大きなスズメバチか何かが巣の中を狙っているようですが、
防衛厳しそうです。 そう言えば数年前に丸火の森で同じような光景を目にしました。
  その時はミツバチが集合した熱で敵を退治しているのだと教えて頂きました。

  DSC08438.jpg  DSC08441.jpg  
          マルバウツギ                   ミツバチ

     ちょっと花の色が濃いめですが、シソ科の子はナツノタムラソウでしょうか?
     咲き始めのようでしたが、個体数が多く蕾を持った子がたくさんいました。

             ヤマボウシも白い綺麗な花を咲かせています。

  DSC08443_20160614174412570.jpg  DSC08439.jpg
    ナツノタムラソウ                 ヤマボウシ

  コクサギは花を終えて実が付いていました。 この実が充実したあと種を弾き飛ばし
仲間を増やして行くようです。ヤマジオウは葉っぱが見られますが、花はもう少し先です。

  DSC08448.jpg  DSC08447_20160614174412585.jpg
           コクサギ                    ヤマジオウ

  ここにもドクウツギがあったのですね。 実はもっと赤くなり、ホントに毒々しい・・・
      サルナシは花が咲いていました。 美味しい果実は大好きです。

  DSC08452.jpg  DSC08451_20160614174614224.jpg
     ドクウツギ                     サルナシ

 フサザクラも種を付けています。 ここは湿度も高いのでコケやシダがたくさん見られます。

  DSC08457.jpg  DSC08454_20160614174613ea2.jpg
         フサザクラ                    コケの仲間の朔

  高木で、遠くから赤い実を確認していましたが、ここでは低木をたくさん見る事が
     出来ます。 アカメガシワ?と思っていたら、イイギリだとのこと。

    アカメガシワと同じように蜜腺があるのですが、たくさんあってビックリです!
        まるでイボ状態・・・  優しく垂れるお花が印象的でした。
  
DSC08476.jpgDSC08465_201606141751291c5.jpg
                      イイギリ

    足元にはオカタツナミソウが咲いています。 薄紫色が目を引きます。
         毛が多いヤブムラサキも花が咲き始めていました。  

  DSC08459_201606141751298b0.jpg  DSC08468.jpg
   オカタツナミソウ                ヤブムラサキ

   コアジサイも優しい感じですね。 その上いい香りが周辺に漂っています。
イタチハギは斜面の吹き付けで多く見られます。 良く見ると1つ1つは綺麗な花です。

  DSC08461.jpg  DSC08458_20160614175131612.jpg
              コアジサイ                イタチハギ

   もう終わってしまったと思われるイワユキノシタがまだ花を咲かせていました。
 出逢えて良かった・・・ ムグラの仲間は多くて頭を悩ませますが、細い葉っぱの
                 この子はヤマグルマのようです。

  DSC08481_20160615105952442.jpg  DSC08471.jpg
   イワユキノシタ                 ヤマムグラ 

 これはハナネコノメソウの葉っぱ? 何度か確認する内にわからなくなりました。
来シーズンは花時に確認に行かなければ・・・ 白いお花が見られると嬉しいなあ。

  DSC08486_201606151059510ab.jpg  DSC08484.jpg
        ハナネコノメソウ?                  サンショウソウ

  アケボノソウも伸びて来ました。 コミヤマスミレの咲き残りは無いかな~と
  探しましたが、さすが6月に入ってモタモタしている子はいませんでした。
             葉っぱはたくさん見られたのですが・・・・・

  DSC08489.jpg  DSC08488.jpg
    アケボノソウ                 コミヤマスミレ

    クマシデなどの緑もキラキラして、木々は今とっても瑞々しいですね。
         これから変形菌(粘菌)が多く見られる季節です。

  DSC08492_20160615110046c9c.jpg  DSC08499.jpg
         クマシデ                    粘菌の仲間

     そろそろ観察会も終盤です。 高い橋の上からウラジロを飛ばします。
    私はノンビリ歩いていたので飛ばす所は見逃してしまいました。 残念!

DSC08509_201606151100458a3.jpgDSC08512.jpg
    橋からウラジロ飛ばし                 大棚の滝

                ここではイズセンリョウも多く見られます。

          DSC08529_20160615111652db9.jpg
                   イズセンリョウ

 場所によってはイワタバコがたくさん見られます。 早咲きのこの子はケイワタバコと
                    言うのだそうです。 

     1ケ月後には、別の場所で毛の無い普通のイワタバコも見られます。
  
  DSC08540.jpg  DSC08541_20160615111650e9c.jpg
                    ケイワタバコ

  下にはお花がたくさん落ちていました。 最盛期は過ぎていたようですが、それでも
  まだいい感じに斜面いっぱいに咲いていました。 シャキッとしていいお花ですね。

  DSC08544.jpg  DSC08535_20160615111651205.jpg
                    ケイワタバコ


               7月には何が見られるかな?・・・・・



PageTop

六甲山高山植物園から阪急六甲駅へ

 楽しかった時間が過ぎ、ちょっと寂しい心を抱え、高山植物園へ向かいます。
   六甲山は、学生時代トレーニングで何度か登っている懐かしい地です。

   でも残念ながらかなり古い記憶なので、何処を見ても新鮮です。
       多分この辺りは、余り歩いた事は無いと思います。

  DSC08124_2016061407444082e.jpg  DSC08136.jpg
               モチツツジ

  車道脇を歩くのですが、木々の緑が鮮やかです。 モチツツジのピンクもよく目立ち
           ます。 ヤブウツギやツクバネウツギも咲いています。

  DSC08126.jpg  DSC08125.jpg
    ヤブウツギ                 ツクバネウツギ

 小さめの黄色いウツギの仲間がたくさん咲いていました。 どうやらコツクバネウツギ
      のようですが、住まいの近くでは余り目にする事が無いような?・・・

  DSC08129.jpg  DSC08131.jpg
        コツクバネウツギ                 ?

   カントリーハウスを過ぎ、ハタザオの仲間が道ばたに広がっていました。
何だろう? 後に高山植物園内で見かけましたので、どうやら抜け出したものの
        ようです。 ただ・・・名前が出て来ません。 

  DSC08141.jpg  DSC08137.jpg
    ハタザオの仲間                 カントリーハウス

 高山植物園に到着しました。 そう言えば、40年以上も前に友人と大山(伯耆富士)に
 登った折に、この植物園の園長ご夫妻にお会いしました。 ユーモアのある方で
         とても素敵な理想のカップルとして印象に残っています。 

  DSC08153.jpg  DSC08152.jpg
        フタリシズカ              キバナヤマオダマキ

 植物園では色々なお花が見られます。 自然の中で見るのが難しい方もこう言う場所が
                    あると嬉しいですね。 

  DSC08155.jpg  DSC08204_20160614075202da2.jpg
     イブキトラノオ                コマクサ

  ヒマラヤの青いケシも、こういう施設のアチラコチラで見られるようになりました。 

  DSC08158_201606140753491af.jpg  DSC08207_201606140839204cd.jpg
                  ヒマラヤの青いケシ

    どこが違うんだろう?・・・ 初めて目にするエチゼンダイモンジソウです。

  DSC08169.jpg  DSC08177.jpg
     サラサドウダン              エチゼンダイモンジソウ

出逢いたいと思いながらもまだ自然の中ではお目に掛かっていないヒメサユリです。
                優しい色のお花ですね!

  DSC08202.jpg  DSC08190_20160614075347835.jpg
             ヒメサユリ                     シライトソウ

 お花は終えていましたが、サンインシロカネソウだそうです。 この子もお初です。

うわっ、ムラサキツリガネツツジです。 サンショウバラやハコネコメツツジなど、
      近くの山で見られる子たちが植えられていて懐かしい~・・・

  DSC08183.jpg  DSC08196.jpg
  サンインシロカネソウ             ムラサキツリガネツツジ

  スズフリイカリソウなんて子もいるのですね? もちろん初めての子です。

  DSC08212.jpg  DSC08220_2016061408423896b.jpg
      スズフリイカリソウ                コオホネ 

             アツモリソウ・チョウジソウも花咲き・・・・・            

  DSC08280.jpg  DSC08269.jpg
      アツモリソウ

  DSC08245_20160614084427f13.jpg  DSC08226.jpg
    チョウジソウ                        ニッコウキスゲ

   ガイドツアーがあると言うので、集合場所へ急ぎ参加させて戴きました。
     若い美人さんのお姉さんが、マイクを片手に案内してくれます。

         DSC08232.jpg
                        園内ガイドツアー

             集合場所ではハンショウヅルが花盛りでした。

  DSC08228_20160614085043126.jpg  DSC08247.jpg
   ハンショウヅル                 ハコネコメツツジ

  DSC08262_20160614085254df9.jpg  DSC08291_201606140852555d5.jpg
                エゾルリソウ             クリンソウ

   園内にはオオバオオヤマレンゲがたくさん植えられ、花を咲かせていました。                

  DSC08286.jpg  DSC08295.jpg
    ヒメシャガ                    オオバオオヤマレンゲ

     園内を抜け、遊歩道を通りオルゴールミュージアム前を横切ります。

         DSC08316_201606140850427e0.jpg
              オルゴールミュージアム

  さて、いよいよこれから山歩きに入ります。 地図も持たず・・・ですが、まあ何とか。
           最終的にはGPSもザックに入っています。

   一面のニョイスミレ!!と思っていたら、凄い葉っぱのブーメランです。
これみんなアギスミレなのね! ビックリです! 近くでは出逢いませんから・・・・・

  DSC08332_20160614085635ad7.jpg  DSC08334.jpg
                 アギスミレ 

  ヤブデマリ・エゴノキ・・・花の付いた木もいいですが、森の中の歩きは楽しい・・・ 

  DSC08341.jpg  DSC08347_20160614085633c1f.jpg
    ヤブデマリ                  イブキジャコウソウ

       途中、素敵な池もあり、アオキの赤い実が鈴なりの森もありました。

  DSC08363_20160614115406a9e.jpg  DSC08356_20160614085822fe0.jpg
          サワフタギ                  ヒツジグサ

                      い~雰囲気です!

  DSC08366_20160614085821c89.jpg  DSC08375_2016061409033342b.jpg

                 可愛いヒトクチタケも目に入ります。

  DSC08369.jpg  DSC08378_20160614090444a58.jpg
                                     ヒトクチタケ

         途中、道迷いもしながら六甲山上駅近くまで来ました。
 まだ時間も早いし、油コブシ経由でケーブル下駅2.8キロの案内板があったので、
              歩いて下る事にしました。 

  DSC08405_201606140903300a5.jpg  DSC08402_20160614090331121.jpg
      カナクギノキ

         DSC08415_201606140903300be.jpg 

    少しだけ雨粒が落ちて来ました。 でも濡れるほどではありません。 
         見晴しの良い場所で一息ついてさらに下ります。
              クサイチゴはとても懐かしい味・・・     

  DSC08417.jpg  DSC08418_2016061409090218a.jpg
       クサイチゴ 

  どうにかケーブル下駅に到着です。 バスに乗ろうかな?と思ったら大勢の人が
急ぎバスへ向かっています。 とてもそこに入る気がせず、阪急六甲まで歩きます。 

かなり大きな住宅街を過ぎ、神戸大学の脇を下って行くのですが、途中で出逢った方に
  駅への道を訪ねると、自分も行くから・・と同行して下さり、色々お話する内に
              いつの間にか駅まで到着しました。 

  DSC08430_201606140904450da.jpg  DSC08429.jpg
               コモチマンネングサ&ツタバウンラン

                  ありがとうございました。 


  

PageTop

懐かしい時代の恩師と仲間たち  その2

              グッスリ休め、心地よい朝を迎えました。
       朝食後、皆で六甲ケーブルを利用し、六甲山を楽しみます。

  DSC08063_20160613114450606.jpg  DSC08075_2016061311444964c.jpg

             皆で街を見下ろしたり、少し休憩したり・・・・・
    女性陣は、「自然体験展望台 六甲枝垂れ」 の施設を訪ねました。

  DSC08085.jpg  DSC08092_2016061311444884e.jpg

  DSC08078_20160613173125968.jpg  DSC08108.jpg

        そうこうしている内に、そろそろ下山の時間となりました。
  本日は山歩きの姿の私は六甲高山植物園を見学し、徒歩で下山予定です。
          ケーブル乗り場で仲間とお別れです。 
 
         DSC08112.jpg

  楽しみだった行事も終わってしまえばあっと言う間。 都合で出席できなかった
    仲間とも次回の同窓会で会える事でしょう。 幹事さんたちに感謝です。
            「またね・・・」 と、ずっと手を振ってくれました。

         DSC08118_20160613114523898.jpg

                  ありがとうございました!

            それでは・・・・・高山植物園へ向かいましょう!


PageTop

懐かしい時代の恩師と仲間たち  その1 

               (山やお花のお話ではありませんが・・・・・)     

       5月も終えようとする頃、楽しい集まりが行われました。
 ナント、小学校6年生時の同窓会を計画して下さり、懐かしい恩師や仲間との
             楽しい時間を過ごす事が出来ました。

          何だか最初は気恥ずかしいものですね。

     関西在住の仲間が多い関係で、有馬温泉での同窓会です。
2クラスの内、ひとりの先生は八十八歳、もう一人の先生は七十七歳というお目出度い
区切りの年になります。 担任の先生には田舎へ行った折に寄せて戴いたり交流が
ありますが、当時新任だった隣のクラスの先生には卒業以来初めてお会いしました。

 用事があり、途中で寄り道をしていた私が会場のホテルへ着くと、既にゆったりと
     寛いでいる姿がありました。 (次の2枚は仲間が撮った写真です)

  CIMG3375.jpg  CIMG3383.jpg

       いよいよ宴会の開始です。 拍手をもって両先生をお迎えしました。
   中堅どころで色黒・剣士で運動神経抜群の先生はやはり実年齢よりずっと若い!
 当時大学を卒業されたばかりの新任の先生も、恰幅のいい老紳士になられていました。

         DSC07901.jpg

       出席順に並んだかつての生徒たちに、出席をとって下さいます。
      皆の嬉しそうな顔がとても印象的でした。 まずはA組からです。 
           先生 「○○」         生徒 「はい!」

         DSC07908_20160613012210832.jpg

            次にB組に移ります。  このにこやかな顔!・・・ 

         DSC07917.jpg

  四国の山奥の小さな学校でしたが、二つの分校があり、お二人からそれぞれの
      分校での様子を伺います。 5・6年生と共に過ごした小学校です。

  既に過疎化が進み、現在は休校というか実質廃校状態となっています。
      かろうじて学校は立っているものの、荒廃激しい現在です。

それでも目をつむると、流れの上に立つ渡り廊下・そこを渡ると先生の官舎・講堂・職員室
     の配置が浮かんできます。 色々な思い出が頭の中をよぎります。
       川原へ下り、試験管でキャンデーを作った事もありました。

  DSC07933_20160613012209775.jpg  DSC07927_2016061301220990c.jpg

お二人の話や、両先生からの話に耳を傾け、初々しい小学生時代に想いを馳せます。

  CIMG3398.jpg  CIMG3409.jpg

               まだ皆正気な内に記念写真です。
  
  DSC07937.jpg  DSC07965.jpg

       両先生に、心ばかりのお祝いの品を用意してくれていました。
              みんなとお祝い出来て良かった・・・・・

  DSC07972.jpg  DSC07981.jpg

 美味しい料理を前に宴会は続きます。 と言いつつも、いつの間にか時間は過ぎ・・・

  DSC07987.jpg  DSC07991.jpg

   宿泊なしで帰られる方達とお別れです。 次回の再会を約束して・・・

DSC08025_2016061310452939a.jpg  DSC08034_20160613104528f5b.jpg

  部屋へ戻り、さっそく2次会の始まりです。 地元西部の大吟醸・ワイン・焼酎・
    てんぷら・菓子・すだちなどが並べられます。 懐かしいものばかり・・・・・

  DSC08030_20160613104529b6c.jpg  DSC08036_20160613104528649.jpg

         色々語り合う内に時間は刻々と過ぎて行きます。
 宴会部屋を後に、初めての有馬温泉を楽しんで、楽しかった一日が終えます。

         DSC08050_2016061310452789c.jpg

                   おやすみなさ~い・・・ 



PageTop

河川敷を歩く

            少し時間があったので、河川敷へ下りてみました。
  もうそろそろかな?と思っていたサツキですが、まだちょっと早かったようです。
                 まだまだ蕾の子が多いようです。

  DSC07860.jpg  DSC07854.jpg
                   サ ツ キ

  川岸にはペラペラヨメナが進出して来ていました。 紫色のものが見えるので
    双眼鏡で覗くと、どうやらイワタバコのようでした。 毛の付く方かな?

  DSC07852.jpg  DSC07858.jpg
    ペラペラヨメナ               ケイワタバコ(多分)

          今頃こんなキク科のお花ですが・・・何でしょうね?

          ちょっと変わったシダの仲間もくっついていました。
  
  DSC07864.jpg  DSC07869.jpg
         キク科(何だろ?)                シダの仲間

   あっ、まだオオカワジシャが咲いてる。 小さな苗しか見られませんが点々と。

  DSC07846.jpg  DSC07844_201606080831244ee.jpg
                   オオカワジシャ

   少し小さめで、薄い色をした在来のカワジシャも顔を出していました。
 お~、中にはこんな大きな株の子も見られます。 増水すればすっかり様子の
         変わってしまう河原ですが、植物もなかなか面白い。

  DSC07874.jpg  DSC07841.jpg
                    カワジシャ

            ウツギやコマツナギも河川敷を賑わせていました。

   DSC07834.jpg  DSC07836.jpg
       ウツギ                 コマツナギ

   マメ科の植物は何でしょう? 外来種も含め、多くの仲間がいるようですが、
       しっかりとその子に辿り着くにはとても根気がいりそうです。

  DSC07839.jpg  DSC07838.jpg
           クサフジなどの仲間                ムシトリナデシコ

    ヤナギハナガサも少しだけ見られました。 少し場所を変えればもっと多くの
           植物に逢えるのですが、今日の所は此処まで・・・・・       

  DSC07894_20160608084312941.jpg  DSC07849.jpg
   ヤナギハナガサ              クサフジなどの仲間

      河原の石を眺めながら歩いているとポツポツと雨が落ちて来ました。
          もうそろそろ帰りなさい・・・と言う事でしょうか?

  DSC07886.jpg  DSC07878.jpg

        縞縞になった変成岩の虎石ですが、鉄錆にまかれていました。
          あっ、もう少し綺麗な子を写してあげればよかったかな?

  DSC07884.jpg  DSC07892.jpg

 この河原でいつも楽しみに目をやるのは、薄紫色をした熱変成を受けた白鳳石です。
     遠く北岳の麓から長い旅をして辿り着いたようです。 お疲れさま・・・
           ちょっとした漬けもの石位の大きさあるわ~。

  DSC07888_2016060808480243b.jpg  DSC07891.jpg
          白鳳石




PageTop

ラン科の仲間たち

  ラン科の仲間が花咲く季節となりました。 魅力的なお花の子が多く今年も
  逢いに行けるだろうか?・・・とちょっとドキドキしながらその時を待ちます。

スズムシソウは近くではポツポツと目につきます。 今年は少しの出逢いしかありません
 でした。 でも・・・ちょっと別の場所で、たっぷりと楽しむ事が出来ニコニコです! 

  スズムシソウ2  スズムシソウ3
                    スズムシソウ

               近くで見ると、面白い形をしていますね。 

  スズムシソウ4  スズムシソウ1
                  スズムシソウ

      キンランの咲く林で、今年も沢山のキンランに逢う事が出来ました。
       そうそう・・・昨年、白くなっていたお花、今年はどうでしょう? と
 出掛けてみると・・・ んっ、白くなってる。 他の子は・・・もう殆ど枯れて、種子が
                     膨らんでいます。

DSC05977_20160606000705cc3.jpgDSC06781.jpg
                 シロバナキンラン? 

    そうだ! 少し標高の高いあの場所のキンランはどうなっているだろう?
 着いてみると、既にお花は終わっていますが、どうやらこれらは黄色いまま枯れて
行くようです。 お花が終わって色が抜けるのかな?と思いましたが、そうでは無い
 ようです。 「白くなるのは、シロバナキンランだよ」 と教えて頂いたのですが、
これがそうだったんだ!  来シーズンは、この仲間がどの位いるのか注目です。

  DSC08669_20160606000703124.jpg  DSC08658_201606060007049e0.jpg
                  キンランの花後

   ギンランもキンランと同じ林で見られます。 写真の子は別の場所なのですが・・・
              ギンランには、結構目立つ距が付いています。

  ギンラン2  ギンラン1
                    ギンラン

        こちらもギンランなのですが・・・・・この子には距がありません。

   今年、クゲヌマランを確認した際に、距の無いギンランがある事を知りました。
 と言う事は、この子は距の無いギンランでしょうか? だとすると・・・やった~!

  距の無いギンラン2  距のナイギンラン
                     距のないギンラン

       そしてこちらはササバギンラン。 今年もたくさんの子に出逢えました。
 
ササバギンランDSC09257_201606070010232f1.jpg
                      ササバギンラン

         ジガバチソウはこれからですが、咲き始めた子もおりました。 
   ちょっと寄り道で確認出来る子ですが、嬉しいことに近くで新しい子も発見! 
                    まだ蕾です。

               DSC08720.jpg
                       ジガバチソウ

  ヒトツボクロは葉っぱから探した方が見つかりやすい?と思ったのですが、開花の
         半分以上の子には葉っぱが見つかりませんでした。
かくなる上は・・・としゃがんで横から目を凝らすと・・・見えて来ました。 そこにも居た!

  DSC08734.jpg  DSC08749_20160606002241f49.jpg
                    ヒトツボクロ

      ヒメムヨウランも毎年出逢いたいお花です。 今年は見逃したか?
          と思ったのですが、道端で待っていてくれました。

  DSC08819.jpg  DSC08820_20160606002240762.jpg
                    ヒメムヨウラン

    カモメランは可愛いですね。 小さいながらとても存在感があります。
   以前たくさん見られた所は、数えるほどしか見られなくなっていました。
                   どうしてだろう?

  DSC08921.jpg  DSC08924_2016060600290314f.jpg
                       カモメラン

           少しづつ表情が違って・・・そんな姿に惹かれます。

  DSC08884_20160606002903450.jpg  DSC08893_20160606002902e69.jpg
                   カモメラン

 いつまで経ってもこれと断定できないでいる子は、エンシュウムヨウランでいいので
しょうか? 薄暗い林で、ルーペ片手に覗き込んでいる姿は人には見せられません。

  DSC08602_2016060600402488f.jpg  DSC08592.jpg
                      エンシュウムヨウラン?

             殆ど開かず、中もクリーム色一辺倒なのです。

  DSC08594.jpg  DSC08606.jpg
                      エンシュウムヨウラン?

  サイハイランは、少し遅めかな?と思いましたが、まだまだ鮮やかな姿を見せて
        くれました。 団体さんで采配を振うと、迫力ありますね?

  DSC08629_20160606004233314.jpg  DSC08621_20160606004233d74.jpg
                        サイハイラン

                   そこここで顔を出していました。

  DSC08619_2016060600402376a.jpg  DSC08636_20160606004232281.jpg
                        サイハイラン

       開花までまだ暫く掛かりそうですが、ポツポツと顔を出しています。

                  お花が出てきたら逢いたいね!

オオバノトンボソウ2DSC09273_201606070027364dc.jpg
       オオバノトンボソウ                 エゾスズラン



  

PageTop

キョウチクトウ科の仲間たち

 久しぶりにクサナギオゴケに逢いたいと出掛けて来ました。 少し早いかな~?・・・
      着いてみると、以前見られた場所ではまったく見られません。 
 
木が大きくなり陽が殆ど入って来ないようです。 周辺を探すとやっと葉っぱが目に
      入ってきました。 花が咲いているのはたった1株、蕾も1株。

                  それにしても面白い名前・・・ 

  クサナギオゴケ1  クサナギオゴケ2
                       クサナギオゴケ

      葉っぱは少しはあるけれど、お花を付けたのが少ないよ~・・・・・
 白花もあった筈だけど、少し陽の入る場所を探しながら移動すると・・・あった!
  こちらはシロバナクサナギオゴケのようです。 近くには幼苗があります。

  クサナギオゴケ5  クサナギオゴケ4
                     シロバナクサナギオゴケ

      よかった~・・・・・ 残っていてくれて。 探せば近くにもっとある筈。

             でもこの子たちに逢えて、今日はもう満足です。

  クサナギオゴケ6  クサナギオゴケ3
                     シロバナクサナギオゴケ

 この子たちは、ガガイモ科からDNAの分類により、キョウチクトウ科になったようです。
     場所や日にちは違いますが、今年もこの仲間との出逢いがありました。

            富士山麓では良く見かけるタチガシワです。

   DSC05719_20160605200942825.jpg  DSC05720_20160605200942187.jpg
                      タチガシワ

           明るい斜面では、フナバラソウが蕾を持っていました。
  蕾や咲き終わった果実は見かけていますが、いい状態のお花はまだ見た事が
            ありません。 この先、見に行けるかなあ?

  DSC07598_20160605201103960.jpg  DSC07603.jpg
                       フナバラソウ

  白い可愛い花を付けたのは、クサタチバナです。 すっきりとしたいいお花です。

  DSC08790_201606052009418fe.jpg  DSC08960_20160605200940852.jpg
                       クサタチバナ

           場所によっては、こんなに群生している所も見られます。

  DSC08988_20160605201104d91.jpg  DSC08959_201606052009406c8.jpg
                       クサタチバナ

   浮島自然公園では、7月になればコバノカモメヅルが見られるようになります。
白花のアズマカモメヅルはここ数年見られなくなりました。 中間型?の白花で中央に
        エンジ色が残る子も咲いて来ますので、ちょっと楽しみです。

          あといくつの種類、この仲間と出逢えるでしょうか??



 

PageTop

富士山麓の自然

    2週間程前になってしまいましたが、富士山麓の森の中を歩いてきました。
 いつの間にやら少し標高の上がった場所でも確実に季節の移ろいがありました。

  タケシマランも小さな可愛いお花を付けています。 これはアカミゴケかな?

  DSC07131_20160603002503e94.jpg  DSC07155.jpg
           アカミゴケ(地衣類)                 タケシマラン

 イチヨウランも場所によってはまだ小さな芽生えもありますが、こんなに見頃の子も
                       おりました。

  DSC07177.jpg  DSC07243_20160604202437bbe.jpg
                    イチヨウラン

  イチヨウランは面白いもので、足元を見ると黒い点々の入った葉っぱの子、
 筋がね入り?の葉っぱの子、ただの緑の葉っぱの子・・・・・色々な子がいます。

DSC07272.jpgDSC07285_20160604203109f67.jpg
                    イチヨウラン

       小さな小さなコフタバランも、ちゃんと蕾を付けていました。

  DSC07184_201606030025010a8.jpg  DSC07209_2016060300260936b.jpg
                 コフタバラン                 カニコウモリ

            イチヤクソウの仲間も蕾が上がり始めています。

  DSC07192.jpg  DSC07193_201606030026101b6.jpg
   ジンヨウイチヤクソウ                コイチヤクソウ

  陽の入る所では、黄色いお花が目立ちます。 ツルキンバイかと思われたのですが、
3つ葉でなく羽状複葉の5枚葉になっています。 エチゴキジムシロなるものがあるよう
                  ですが、ここでも見られるのかな~・・・

  DSC07210_20160603002608284.jpg  DSC07201_20160603002610cc8.jpg
                    ?                   キソチドリ

  ミヤマスミレですが、ちょっと色が薄いようです。 でも凛とした姿は美しい。
      ツバメオモトもまだ蕾。 咲いた所を見に来られるかな?

  DSC07226_20160604205536b74.jpg  DSC07181_20160603002501565.jpg
     ミヤマスミレ                 ツバメオモト

  DSC07214.jpg  DSC07213.jpg
                  ?                   イワセントウソウ

 ワチガイソウも場所によってはまだ咲いていました。 この子はなかなか木登り上手!
              着生している姿を良く目にします。

シロバナエンレイソウのピンクを帯びているのは、ムラサキエンレイソウと言うのだそう・・・

  DSC07263_20160604205516c5c.jpg  DSC07281_20160604205516ded.jpg
     ワチガイソウ                  ムラサキエンレイソウ

            ヤシャビシャクもギリギリお花が残っていました。

  DSC07318.jpg  DSC07287.jpg
            ヤシャビシャク                  ミヤマキケマン

  DSC07292_20160604210032ce8.jpg  DSC07316.jpg
     マイヅルソウ                     ギンリョウソウ

  倒木にイワギボウシが行儀よく並んでいます。 この子も岩や樹上が好きですね。
  富士山麓のスズタケは枯れ気味ですが、こんな中で守られている子は元気です。

  DSC07322.jpg  DSC07329.jpg
            イワギボウシ                 樹洞に育つスズタケ

DSC07335.jpg  DSC07324.jpg
 倒木更新(芽生え)               マツノハマンネングサ

       森の中を歩いていると、こんな光景に出逢う事も多いです。

  木を見上げていると羽音が聞こえてきました。 何だろ? 裏に回ってみると、
ミツバチが木の洞に巣を作っているようです。 一昨年も別の場所で出逢いました。

                 熊さん、気が付くかなあ?・・・

DSC07343.jpgDSC07351.jpg
      こんな光景も・・                日本ミツバチの巣穴


                  森の中はなかなか楽しい・・・・・     
 

 

PageTop

富士山麓の観察会

 毎年行われている奇石博物館主催の 「西臼塚の観察会」 にチビ達も参加です。
        天候も申し分なし。 富士山もしっかりと目に入ります。

  DSC07064.jpg  DSC07065_20160602224857b65.jpg
               東屋に集合し・・・                富士山もくっきり

  末っ子のRも大好きなお兄ちゃんと手を繋ぎ、今日はしっかりと歩きますよ。(きっと)

  DSC07069.jpg  DSC07070.jpg
    兄ちゃんと歩くよ               もうすぐ出発
  
   下見時には気付かなかった駐車場の途中にはミヤマザクラが咲いていました。

  DSC07071.jpg  DSC07080.jpg
            ミヤマザクラ                       クワガタソウ

  遊歩道をゆっくりと観察しながら進みます。 シカの食害に逢ったキハダの木は
        子供たちに大人気。 ちょっと狭いけどくぐれるかな~?・・・

  DSC07079.jpg  DSC07085_201606022249326a2.jpg
      歩けるよ・・・                   潜り抜けるかな?

 更に進んで、カエデ広場ではブナの木である通称 「キリンの木」 に乗っかります。
          この木はいったい幾人の子供たちを乗せたでしょうか?   

           DSC07096.jpg       
                         「R、もっと前だよ」 

  孫たちもお気に入りのキリンの木です。 長男のK太も生後半年で初めて乗りました。
                そのK太も、4月に1年生になりました。

           DSC07108.jpg
                        ひとりで登れたよ~!

              参加者のお兄さんは、中学1年生だそうです。
      しきりに鳴いているエゾハルゼミの抜け殻がたくさん見つかりました。
               お兄さんが集めたのは、丁度1ダースです。

  DSC07125_2016060222552159c.jpg  DSC07122_20160602225522a3b.jpg
           エゾハルゼミの抜け殻               参加者のお兄ちゃんと

  Rのよちよち姿と二人のヤンチャぶりは、博物館のKさんが写して下さっていました。
   西臼塚の高まりの周りでお昼を食べながら、富士山の噴火のお話を聞きます。

  IMG_8154.jpg  IMG_8168.jpg
                いつの間にか写して戴いていました。

    少し遅れた私は残念ながら目にする事は出来なかったのですが、足元に
 ヒガラの幼鳥が現れたそうです。 お母さん?が迎えに来て飛んで行ったとか・・・・・

               そんな可愛い姿、見たかったなあ・・・・・
 (奥の3人の中央に小さく映っているのですが・・・小さい画像でわかり辛いですね?)

           IMG_8203 ヒガラ幼鳥 - コピー
               (ヒガラ幼鳥) こちらも戴き写真です。



PageTop

富士山麓のお花たち

      富士山は雨や気温が上がった事により、雪解けが急速に進みました。
            5月18日でこんなに寂しい富士山です。

香りが良く美味しい「シロバナノヘビイチゴ」(モリイチゴ)もいっぱいに広がり花を
                    咲かせています。
 
DSC06869_201606011612522a9.jpg  DSC06878.jpg
               富士山                  シロバナノヘビイチゴ

今回初めて出逢えたのは、ヤマサギゴケのピンク色をした子です。 優しいピンク色が
            朝露で濡れているのは何とも可愛いこと・・・

  DSC06879_201606011612510da.jpg  DSC06884.jpg
                   ヤマサギゴケ(ピンク)

  姿形はムラサキサギゴケにそっくりですが、茎に腺毛がある事が決め手だそうです。
        少し標高が高い所にヤマサギゴケが多いような気がします。
                 可愛いですねえ・・・ 

          DSC06889.jpg
                     ヤマサギゴケ(ピンク)

               そしてこちらが普通のヤマサギゴケです。

          DSC06892.jpg
                        ヤマサギゴケ

    フタリシズカが森の中のせいか、随分ひょろっと伸びています。 多いです。
 ミズナラも花を咲かせているようです。 軟らかな薄緑の葉っぱが陽にすけて素敵です。

  DSC06937.jpg  DSC06900.jpg
                 フタリシズカ                   ミズナラ

            咲き遅れたナベワリも最後の花を見せてくれました。
                  ミヤマザクラも桜の最終便です!

  DSC06933.jpg  DSC06936.jpg
      ナベワリ                   ミヤマザクラ

    森の中ではヤマシャクヤクが11個も花を咲かせていました。 お見事です!
                 点々と見られるヤマシャクヤクです。

  DSC06941.jpg  DSC06943.jpg
                          ヤマシャクヤク

   今年のクワガタソウは何だか花付きがいいようです。 3つ・4つと数えられます。
姫リンゴのような実をつけるオオウラジロノキですが、見上げるとホント葉っぱが白い・・

  DSC06959.jpg  DSC06949.jpg
     クワガタソウ                  ブナ&オオウラジロノキ

      シイタケを10年近くも付けていた倒木は、今度はキクラゲに替わった?

  DSC06950.jpg  DSC06961.jpg
              アラゲキクラゲ?                    ミヤマハコベ

                  毛が無いのは・・・・・クルマムグラかな?

          DSC06962.jpg
                       クルマムグラ

            見上げると・・・アオダモの花がまだ咲いていましたよ!

          DSC06952.jpg
                        アオダモ

                  こんな世界も、またいいですね!

          DSC06957.jpg
                      苔とシダの世界                      


  

PageTop

ツチアケビのその後

  4月30日に訪ねてみるとツチアケビが大きなアスパラのような顔をして出始めて
            おりました。 かなりの大株に大喜び!

そして、20日経って出掛けてみると・・・グングン成長して、40cm以上にも達しています。

        イチ、ニイ、サン・・・ 数えてみると、こちらは60本近く・・・

         DSC06982.jpg
                       ツチアケビ

 そしてこちらは・・・・・40本と言う所でしょうか? ちゃんと数えられないのが私らしい・・・

         DSC06983_20160601010909789.jpg

             近づいてみると、たくさんの花を咲かせそうです。
      そんな姿を想像して ・・・・・(ちょっと見られたものではありませんね!)

  DSC06986.jpg  DSC06985.jpg

       前回気が付かなかった所からも出ています。 こちらにも・・・・・

  DSC06987.jpg  DSC06990_2016060101093982f.jpg

                こちらは最初の写真の大株2つです。

            DSC06989.jpg

         この近くでは色々なお花も楽しめて、お気に入りの場所なのです。

                DSC06980.jpg
                        オカタツナミソウ

                DSC06979_20160601010939fee.jpg
                        カシワバハグマ


        ツチアケビの開花はいつになるでしょうか? 楽しみです。 



PageTop