6・7月に出逢ったお花たち その2

 6・7月に出逢ったお花たち1 のあと、またまた時間が経ってしまいました。

     大分前の写真になりますが・・・・・ 今年2度目に出逢った子です。

DSC01732.jpg  DSC01731_2016072204101409d.jpg
                  シテンクモキリ

   今年は何だかコフタバランに縁があったようで、たくさんの子たちとの出逢いに
                       喜びました。

DSC01789 - コピーDSC01789.jpg
                   コフタバラン

               こんな素敵なミヤマハンショウヅルにも・・・・・

DSC01746.jpgDSC01836.jpg
       ミヤマハンショウヅル         ヒメムヨウランのドライフラワー

   キヨスミウツボは訪ねた時は丁度いい頃でしたので、新鮮な子たちでした。
         せっかく顔を出しても、動物たちに狙われて・・・・・
           すぐにボロボロになったり、傷んでしまうのです。

  DSC01901_20160722041159b75.jpg  DSC02007_2016072204170827b.jpg
  マツノハマンネングサ             キヨスミウツボ

  DSC02008.jpg  DSC01725_2016072204101569f.jpg
       キヨスミウツボ               イチヨウラン

キバナノショウキランも1日でたくさんの子たちとの出逢いがあり、とびっきり新鮮な
      子たちでしたので、一人ニコニコしながらの散策となりました。

DSC01712.jpg  DSC07386_201607221507543fa.jpg
                 キバナノショウキラン

     キバナノショウキランも綺麗でいられるのは僅かの時間です。
    小さな黒いゾウムシのようなが歩き始めると、傷んで来ます。

  DSC07369_2016072215075317e.jpg  DSC07339.jpg
                 キバナノショウキラン

           来シーズンもこんな様子が見られますように・・・・・

  DSC07377.jpg  DSC07387_20160722150756641.jpg
                 キバナノショウキラン

   シャクジョウソウは亜高山帯でしか見られないものと思っていましたら、
もっと低い場所でも見られるのですね? 聞くところによるともっともっと低い所にも
        咲いていたとか?・・・・・ 今度訪ねてみたいなあ。 

     ここの林内で咲くシャクジョウソウは、ちょっと細身の子たちでした。

  DSC07573_20160722203923774.jpg  DSC07571_201607222039238ed.jpg
                  シャクジョウソウ

   この刻みのある葉っぱは、誰だろう? スグリかな?と思っていたのですが、
「多分、ザリコミだよ」 と教えて下さったのはKさん。 この日は実に出逢う事が出来、
   「ザリコミ」 と確認出来ました。 次はお花を見に来ます!

  DSC07361.jpg  DSC07363.jpg
                   ザリコミの実 

          ここに登場するのは、場所も日にちもバラバラです。

    少し標高を上げると、ムラサキモメンヅルがたくさん咲いていました。
  全国的にも ありそうでいながら、産地は少ないように思いますが・・・・・       

  DSC07421_2016072220404011a.jpg  DSC07591_20160722203922e74.jpg
     ギンリョウソウ               ムラサキモメンヅル

     セリ科の仲間はパスして来たのですが、こちらはイワニンジンだとか。
       お花が少し緑っぽいので、お花が咲けば区別できるかな??

   ホザキイチヨウラン、すっかり絶えてしまったと思っていた産地ですが、
        僅かながら残っていてくれてヤレヤレです。 ほっ・・・

  DSC07593_201607222039222af.jpg  DSC07625_20160722203924853.jpg
       イワニンジン                ホザキイチヨウラン

   こちらももう見られなくなった・・・と残念に思っていたベニシュスランですが・・・
        フトした機会に葉っぱを目にし、どうかな?と覗いてみると・・・ 
              やった~、咲いていました! 
  
  ベニシュスラン3  ベニシュスラン1
                  ベニシュスラン

   この優しいサーモンピンク、体に似合わぬ大きな花は・・・大好きなお花です!
 決していっぱいと言う訳ではないのですが、点々と陣地が広がっているようです。

  ベニシュスラン2  DSC02052_201607300133341c2.jpg
                  ベニシュスラン

  ヤクシマヒメアリドウシラン、長い名前ですね。 この子たちはやっと咲き始めた
ばかりのようで、蕾が多く、また、芽を出したばかりの子も多かったので、踏まないよう
         そっと戻って来ました。 たくさん咲いた時にまた・・・・・

  ヤクシマヒメアリドウシラン1  ヤクシマヒメアリドウシラン2
                 ヤクシマヒメアリドウシラン

            袴を履いたようなお花の姿・・・面白いですね。

          ヤクシマヒメアリドウシラン3
                 ヤクシマヒメアリドウシラン

   ヒナノシャクジョウも咲き始めました。 黒っぽい地面に白い色のお花なので、
 小さいながら意外と目立ちます。 1~2㎝程のコンペイトウを想わせるお花です。

  ヒナノシャクジョウ1  ヒナノシャクジョウ1
                  ヒナノシャクジョウ


                    次はどんな子に出逢えるだろうか??

  

歩いてみるものですね・・・

   出掛けた帰り、調査を兼ねて・・・比較的身近な場所を歩いて来ました。

やはり歩いてみるものですねえ。 貴重なお花にも出逢い、外来種も色々ありで
            とても心ワクワクする半日となりました。

       あれ? この葉っぱは・・・・・ ウマノスズクサかな?と思ったのですが、
             どうも違う感じです。 この子は一体誰でしょう?

  DSC08075_201607290330319d8.jpg  DSC08079_20160729033030a55.jpg
        ウマノスズクサ

     花が咲いたり、実になっているのはヌスビトハギの仲間のようです。
  実が2つついているので、アレチヌスビトハギではなさそうです。 その場では
   マルバ?とも思いましたが、この仲間は他にもヤブハギもあるらしい・・・・・
        難しいですね。  今度はもう少し丁寧に見なければ・・・・・

  DSC08081_20160729033028233.jpg  DSC08080_2016072903302974a.jpg
                   ヌスビトハギ  

     この子はウリクサでいいのかな? あっ、ハシカグサが咲いています。 
 小さな花で、つい見落としてしまいそうですが、野の花が気になり始めた頃、友人が
 教えてくれたお花です。 余りに小さい子にも自然に目が留まる彼女にビックリ!

       それ以来、年下の彼女は、心の中で・・・私の師匠なのです。              

  DSC08077_201607290330308e7.jpg  DSC08093.jpg
         ウリクサ                    ハシカグサ

  この辺りじゃトンボソウがありそうなんだけどね・・・・・と話しながら進むと・・・・・
   ほら、出て来ました。 丁度いい具合に咲いています。 結構ありますね!

  DSC08084_20160729033114b53.jpg  DSC08085_201607290331141a1.jpg
                      トンボソウ

  そして・・・・ フト目線を上げると、目に入って来たのは・・・・・ヨウラクランです。
       咲き終わりではありましたが、嬉しい出逢いです! 
 よく見ると、ケヤキの木にテイカカズラが付いていて、そこに着生しているのです。

  今年新たにヨウラクランに出逢った2ケ所目です。 来年はお花の時期に・・・・・

  DSC08088.jpg  DSC08089_201607290331137ed.jpg
                      ヨウラクラン

   ちょっと薄暗い林の中では、コクランも多く生きています。 ほら・・・・・
 日あたりのいい所では、ヤブカンゾウがそろそろ終わりを迎えようとしていました。

  DSC08095.jpg  DSC08099_20160729033613c59.jpg
   コクラン                       ヤブカンゾウ

  小さなオトギリソウの仲間が小さな花を咲かせていました。 う~~ん、
                  悩ましい・・・・・

  DSC08100_2016072903361308c.jpg  DSC08107_20160729033612136.jpg
         オトギリソウの仲間                 シロザ

        この子はヒメミカンソウ? こちらはオオニシキソウ?・・・・・
     外来種も多く、似た子も多く・・・・・頭の中がこんがらがってきます。

  DSC08108_201607290336128d7.jpg  DSC08110_201607290340128bb.jpg
     ヒメミカンソウ                  オオニシキソウ

             野の花も次々と移り変わって行っていますね。

DSC08112_20160729034011f3b.jpgDSC08106_20160729112047474.jpg
          アキカラマツ               ヤブラン

   うわっ、大きな葉っぱです。 どうやらツユクサの仲間らしいのですが初めて出会う
 子です。 色々なツユクサに出逢っている会長に伺うと、どうやらマルバツユクサらしい。
 この子がそうだったのですか・・・・・ 萎れた紫色の花と、白花の蕾しか見られません
           でしたが、初めて出会うのは嬉しいものです。
 
  DSC08104_201607290340143f7.jpg  DSC08111.jpg
                    マルバツユクサ

      民家の納屋の屋根では、もうコボタンヅルが咲き始めていました。

              遅咲きのキランソウ・・・・・頑張れ!!

  DSC08114_20160729034149ce2.jpg  DSC08116.jpg
       コボタンヅル                キランソウ


             やっぱり歩くと何かしら出逢いがありますね。 


 

草原に咲くお花たち

     次回のウィークデー観察会の下見でひとりぶらりと歩いて来ました。

オレンジ色に咲くコウリンカは、ススキの原っぱで気持ち良さそうに咲き誇っています。
   まだまだ蕾も多いので、来月初旬の観察会時にはまだまだ見頃でしょう。 

  DSC07889.jpg  DSC07890_201607262236074ec.jpg
                       コウリンカ

  小さなホバリングの上手なハチやセセリ蝶の仲間もしきりにこの花を訪ねています。

  DSC07892_20160726223606da0.jpg  DSC07877_2016072622360667a.jpg
                        コウリンカ

アリノトウグサがやたらと目につくこの頃です。 キバナノマツバニンジンも咲き始めました。

  DSC07856.jpg  DSC07853.jpg
      アリノトウグサ              キバナノマツバニンジン

  アキノタムラソウも静かに咲き進んでいる感じです。 ウメバチソウも早い子はもう
                     蕾を付けています。

DSC07858_20160726223701641.jpgDSC07859.jpg
     アキノタムラソウ            ウメバチソウ

             ヒナノウスツボはいつも草刈りに逢い、可哀想・・・・・
      もう絶えてしまったかな?・・・ と探すと、根性で生き残っておりました。

  DSC07860_201607262237006e5.jpg  DSC07879.jpg
    ヒナノウスツボ            タカトウダイ

  ここでクサレダマを見たのは初めてかな? キット気付かなかっただけ・・・・・
 
DSC07865_20160726223659feb.jpgDSC07868.jpg
       クサレダマ             ウマノアシガタ

   昨年初めてここでの存在に気が付いたバアソブ。 これまた草刈りで心配したの
 ですが・・・ほっ、  どうやら生き延びていました。 ジイさまと一緒に見られます。

  DSC07886_20160726224751cb5.jpg  DSC07881.jpg
                ジイソブ&バアソブ?

  総包を触るとべたべたするのはノアザミです。 なかなか美人さんのお花です。
コゴメグサの仲間も頭を悩ませます。 いつか見分けられる日が来るのだろうか?

  DSC07869_20160726224752ebf.jpg  DSC07899.jpg
       ノアザミ               コゴメグサの仲間

         今が盛り・・・と小さな体を伸ばしているのはヒメヤブランです。
               チビ仲間として応援してしまいます。

  DSC07926.jpg  DSC07894_201607262255017fa.jpg
      ヒメヤブラン               カワラマツバ

   オトギリソウの仲間も見分けるのが難しい・・・ ウツボグサは丁度いい頃?
      ノギランやヤマトキソウは今年はいい時に出逢えずじまいでした。

   DSC07897.jpg    DSC07938.jpg    DSC07946.jpg
   オトギリソウの仲間       ウツボグサ        ノギラン 

  その代わりと・・・と言ってはなんですが、オオナンバンギセルが最盛期です。
   終わってしまったものあり、蕾ありで・・・暫くは楽しめそうな雰囲気です。     
   
DSC07911.jpgDSC07913_20160727011903eb1.jpg
                  オオナンバンギセル

   マツムシソウは2年草です。 今年咲かない子はいっぱい居るのですが・・・・・
        よ~く探してみると・・・いましたいました! ヤレヤレです!

   センブリだよなあ・・・・・ 葉っぱを齧ると、ヤッパリね!  う~ニガッ! 

  DSC07960.jpg  DSC07980.jpg
    マツムシソウ              センブリ

              ヤマオダマキは楚々と立っている姿が美しい・・・・・

DSC07957.jpgDSC07984.jpg
      ヤマトキソウ              ヤマオダマキ

  エゴノキは今年も白いお花がいっぱい咲いたようです。 その証拠に・・・・・

                    実がいっぱい!

     サルナシもたくさんの実を付けています。 今年も食べられるかな??

  DSC07943.jpg  DSC07966.jpg
                    エゴノキ                サルナシ

            リョウブやサワフタギ・ノイバラの仲間も元気です。

          DSC07909.jpg
                  リョウブ

          そしてそして・・・・・一所懸命働いているハチたちがいました。

                         ちょっと離れて・・・・・

          DSC07967_201607280351521d1.jpg
                    ハチの巣!

                      お~、怖っ! 



          

6・7月に出逢ったお花たち  その1

  時々出掛けては、色々なお花に出逢っていましたが、なかなか登場出来ません。
ここでちょっとまとめておかなければ、フォルダの中でカビにまみれてしまいそう・・・・・

   何箇所かで見られたウメガサソウですが、ここでの多さにはビックリです。
                 1ケ月程前になりますが・・・・・

    点々とウメガサソウロードが続きます。 今年はちょっと早目でしたが、
                 まあまあいい時期でした。

  DSC09910_20160721100248b9e.jpg  DSC09913.jpg
                    ウメガサソウ

    昨年は、これを守る?アオダイショウの大物がとぐろを巻いていました。
 そんな事を思い出しながら歩いていると・・・今年はマムシが守っていましたよ。

       それもとびっきりの大物です。 模様もしっかりとしています。
仲間には、ヘビが大っきらい! と言う人もいるので、アップは差し控えようと思います。

  DSC09929_2016072110024791c.jpg  DSC09918.jpg

      なかなか見事な景色でしょ? この周辺一帯に多く見られます。

  DSC09944_20160721100246338.jpg  DSC09931_20160721100542e76.jpg

   お花観賞の後は、モミジイチゴのデザートです。 見事な成りっぷりです。 

          DSC09954_20160721101216d93.jpg
                       モミジイチゴ

   そして、6月の最終日。 子供たちとの観察会を終え帰宅途中では・・・・・
 ヤマドリ?イヤ違う。 どうやらキジのお母さんのようです。 お母さんが道端で
            ちょっと様子見。 大丈夫かな?                

          DSC00312_20160721101733b8a.jpg

      すると、草むらから4~5羽の小さなキジの子供が走り出て来ました。
 この時はカメラが間に合わず、また草むらへ。車の通りも少ないので待っていると・・・・・
            おっ、出て来た出て来た。 可愛いね!

          DSC00314_201607211017322bb.jpg

   他の子たちは、大慌てで向かいの草むらに逃げ込んだのですが、1羽だけは
      お母さんに寄り添って悠々と・・・・・ 君は大物になれるぞ! 

          DSC00315_20160721101732714.jpg

こういう地味系の子たちにも出逢えました。 ヒメハナワラビは葉っぱが特徴的です。

  ヒメハナワラビ2  ヒメハナワラビ1
                    ヒメハナワラビ

                  さらにもっと小さい子も・・・・・

  ミヤマハナワラビ2  ミヤマハナワラビ1
                   ミヤマワラビの仲間

  ハコネランも大分前になりますが咲いていました。 唇弁にギザギザが見えます。

  ハコネラン3  ハコネラン1
                     ハコネラン

                みんな少しづつ違って面白いね!

  ハコネラン2  ハコネラン4
                     ハコネラン

  ハコネラン似の子は、コイチヨウランです。 この子も小さい子なのです。

  DSC00229_20160721233026a52.jpg  DSC00237_201607212330266e4.jpg
                 コイチヨウラン

 唇弁の赤い色の濃いものがあったり、薄かったり・・・・・ 自分を主張しているよう・・・
    小さな蕾を持っているのはヒメミヤマウズラでしょうか? ちょっと遠い・・・

  DSC00242_201607212330259c2.jpg  DSC00210_2016072123302510c.jpg
        コイチヨウラン             ヒメミヤマウズラ

      イチヤクソウの仲間も色々です。 低地に咲くイチヤクソウはとっくに終わって
           しまいましたが、この子たちは、やっと咲き始めた所です。

DSC00253_2016072123302422b.jpgDSC00226_20160721233049b5d.jpg
         コイチヤクソウ             ジンヨウイチヤクソウ

         DSC07583.jpg
                 コバノイチヤクソウ

    この事も久しぶりの出逢いです。 丁度いい感じに咲いていました。
               いい顔していますね! 

コハクラン2DSC01803.jpg
                    コハクラン

   そして小さな小さなミスズランは、探すのに一苦労! 小さくしゃがんで
         しっかり目を凝らすと・・・・・そんな所にいたんだね!

  ミスズラン1  ミスズラン2
                      ミスズラン


                       その1はここまで・・・・・



幼馴染との山歩き  その4

     仲間との恒例となった山歩きも今年で5回目、今日は最終日です。
  「もし天気が良ければ、夜叉神峠へ登って昨日登った北岳を見ようよ・・・・・」
       と話していました。 起きてみると、とってもいい天気です。

朝食もボリュームのある美味しい食事でした。 フルーツ国の山梨県、その盛り合わせは
5種、どれも美味しい・・・・・ 〆は丁寧に入れて下さった口に香りがいっぱい広がる
  コーヒーでした。 それにしても、マスターは 「さだまさしさん」 そっくりだわ・・・
              ちょっとふっくらしているけれど・・・

  DSC01651.jpg  DSC01656.jpg

   美味しい水の出る場所は宿のすぐ下です。 水を汲み、宿を後に夜叉神峠に
             向かいます。 何年ぶりになるでしょうか?・・・・・

           DSC01658_20160720063357316.jpg

  左上に視線を感じ目をやると、ニホンカモシカでした。 車を止め、カメラカメラ・・・
        後方の車の邪魔になってしまいました。 ごめんなさい。

  DSC01669.jpg  DSC01663_20160720063356f26.jpg

   峠への道を進むと、お花は少ないもののとても気持ちの良い森の中です。
     キバナノヤマオダマキやイグチの仲間のキノコがポツポツと。

  DSC01676_201607200635306e6.jpg  DSC01683_201607200635305b8.jpg

   ゆったりとした優しい斜面ですので、とても登りやすい。 休憩なしで大丈夫。

  DSC01671_201607200635296db.jpg  DSC01686_20160720063528f52.jpg

      高谷山との分岐まで来ました。 峠はもうすぐです。 あと少し・・・・・
   天気は大丈夫かな?  よかったね! 少し雲が掛かっていますが、いい景色!

           DSC01693.jpg
                   今の夜叉神峠

   子供たちと一緒に歩いたのは30年も前でした。 木々もまだ小さめです。
    子供たちもそれぞれ家庭を持ち独立し、今では懐かしい思い出です。
その後も何度か訪ね、季節によってはヤナギランがいっぱいだったのを記憶しています。
         
          夜叉神峠3
                 30年ほど前の夜叉神峠

 同行のS君が帰宅後、山好きのおじさまから贈られたと言う夜叉神峠の昔の
     写真を送ってくれました。 了解を得て、一緒にアップしました。
チビ達と行った時よりさらに古い写真だと言う事が木々の大きさでわかります。

           夜叉神峠(三~四十年前)
                 30~40年前の夜叉神峠

 峠で、3人揃っての写真を撮って戴きました。 その後お話をするとナント同じ市民だと
  わかり話が弾みました。 所属の会の会長もご存じとの事で、さらにさらに・・・・・
   とても感じの良い方3人組でした。 近い内にご一緒できるかも知れません??

皆さんは高谷山へ向かわれるとの事。 我々は美味しい果物を購入し、帰宅予定です。

      登山口まで下り、車での帰り道・・・・・あっ、またカモシカです。

              朝、逢った子かなあ? バイバイ!

  DSC01708_20160720204223a2c.jpg  DSC01710_20160720204224cb7.jpg

        また来年の山行きを約束し、静岡駅で二人と別れました。

    来年は? 鳳凰三山に決まり、またこのペンションでお世話になりましょう。

幼馴染との山歩き  その3

3日目の朝、予報通り重い雲が立ち込めています。 雨は降っていないのが救いです。
       朝食後、天気の回復も期待薄なので、出発する事にします。

間ノ岳へ行こうかどうしようか思案中の方も、この天候では出発できずお布団と仲良し。
         我々もこの天気じゃねえ・・・と、下山決定です。

DSC01309_20160718030429aa2.jpg  DSC01310_2016071803042857d.jpg
  レインウェアで出発                 トラバース道へ

  雨は降っていなかったものの、霧で濡れてしまうのでレインウェアを身につけ
北岳山荘を後にしました。 時折強風も吹き付ける中、気をつけながら下ろう・・・
       と気を引き締めます。 登山道を飾るナナカマドが見頃です。

  DSC01318_201607180304286c0.jpg  DSC01328_20160718030427b61.jpg
      ナナカマド咲く登山道

  石の隙間に沿うように、ミヤマクワガタが咲いています。 南アルプスの赤味の濃い
          ものは、アカイシミヤマクワガタと呼ばれるようです。 

               イブキジャコウソウも咲き始めました。

  DSC01362_20160718030951ec6.jpg  DSC01335_20160718030426e49.jpg
  アカイシミヤマクワガタ            イブキジャコウソウ

   トラバース道を過ぎ、八本場のコルへ向かいます。 その前後から、木製の
     ハシゴ階段が続きます。 濡れているので、慎重に慎重に・・・・・
     早朝の為、まだここまで登って来る人がいないので助かります。

    ホッ・・と階段を降りたら、オオヒョウタンボクが迎えてくれました。

  DSC01383_20160718030951f70.jpg  DSC01388_20160718030950ffa.jpg
  続く木のハシゴ階段                オオヒョウタンボク

        ガラガラの岩場の中、タカネグンナイフウロが出て来ました。

  DSC01410.jpg  DSC01436_20160718031613779.jpg
                          タカネグンナイフウロ

  二股も近いようです。 この辺りは、一面のお花畑の筈ですが、ミヤマハナシノブが
          咲き始めたばかり。 う~ん、ちょっと残念です。

              優しいブルーで、品のあるお花です。

  DSC01432.jpg  DSC01428_20160718031614d09.jpg
                 ミヤマハナシノブ

今年はホントに雪解けが早いですね。 と言うか、雪が少なかったのでしょうか。
      所々沈み込み、今にも崩れそうな、危険な雪渓です。

DSC01465_20160718031613952.jpgDSC01467.jpg
                   少ない雪渓

  重く立ち込めていたガスも、大分上がり鳳凰三山の山並が完全に姿を
            現しました。 ほ~っと一息つきます。

  DSC01487.jpg  DSC01493_20160718031724124.jpg
   コバノコゴメグサ             鳳凰三山の峰

          二股に到着し、レインウェアをしまい身軽になります。
     水の中に面白い石を見つけました。 「うわっ、富士山の石だよ!」
  頁岩部分は、富士山の形をしています。 おまけに右肩には宝永山も見えます。
      山の周辺は、チャートでしょうか?赤く染まっているようです。

           オガラバナも花を枝先に付けていました。

  DSC01496_20160718031723d4a.jpg  DSC01513.jpg
        富士山石               オガラバナ

      この大きな石のグニャグニャ模様にはいつも感心させられます。
  一体どれだけの力がここに掛かって出来たのでしょうか? 凄いなあ・・・・・

    カツラの花ってこんな感じだったのですね。 初めて目にしました。

  DSC01515.jpg  DSC01520_201607180323507c1.jpg
  褶曲した石                 カツラの花

  ミネザクラも咲き残り、ヤクシソウはお花だったり、実になっていたり・・・・・

  DSC01524.jpg  DSC01527_201607180323491e0.jpg
        ミネザクラ               ヤクシソウ

      高山植物から、いつの間にやら山植物に変わっていました。
   足元も、岩のガラガラ歩きから、低木草地歩きになり、少し楽チン。

  DSC01525.jpg  DSC01530.jpg
       タチカメバソウ                マムシグサの仲間

 花を目で追いながら進みます。 水が豊かで、沢の音も心地よく耳に入ります。

  DSC01543_20160718032853e00.jpg  DSC01541_201607180328522b5.jpg
      サンリンソウ               ヒロハコンロンソウ

  DSC01556.jpg  DSC01550_20160718032851ba2.jpg
   ヤグルマソウ               ヒナノウスツボ

    沢沿いに、オレンジ色のクルマユリが映えていました。 可愛いですね!

  DSC01573_20160718033307e6a.jpg  DSC01569_201607180333063f9.jpg
      クルマユリ

 沢を渡りながら歩いて来た方を振り返ると・・・・・ 北岳方面がくっきりと浮かび
             上がっています。 いいなあ・・・・・

  DSC01600_20160718033306a89.jpg  DSC01598_201607180333052a2.jpg
  オドリコソウ                  晴れ渡る北岳方面

  羨ましく思っても仕方ありません。 えいっとその思いを断ち切り、下ります。

  DSC01601_20160718033305377.jpg  DSC01603_20160718084807869.jpg
    バイカウツギ                センジュガンピ

 お昼には、広河原に到着しました。 遊歩道からまだ足を踏み入れた事の無い
         公園へ足を伸ばし昼食をとりました。
乗り合いタクシーの時間まで余裕があったので、北岳山荘で見たビデオに写って
     いた苔むした靴を探しに行きました。   「あっ、あった!」

  DSC01620_20160718085348e65.jpg  DSC01624_201607180848067c8.jpg
     北岳                  苔むした登山靴(写真中央)

       3時過ぎには、本日の宿の芦安のペンションに到着です。
        庭はお花や緑がいっぱい。 雰囲気のいいお宿です。

 あっ、ここにもヒメフウロです。 今年はあちらこちらでこのお花に出逢いました。
    在来のヒメフウロは絶滅危惧種ですが、こちらは多分帰化植物。

  DSC01635.jpg  DSC01645.jpg
      宿の庭                      ヒメフウロ(帰化種)

    広めのお部屋を用意して下さり、美味しいお料理にお腹は大満足!

  DSC01633_201607180858468e9.jpg  DSC01647.jpg
    広い部屋                 美味しい料理

   オーナー手作りの洞窟風呂も気持ち良く、ゆったりと疲れが取れました。

             DSC01641.jpg
                   手作りの洞窟風呂

           暫く話に花が咲き・・・・・ おやすみなさい。



幼馴染との山歩き  その2

  北岳2日目の朝です。 前日、11時頃目が覚め、朝までどうしよう・・・と少し
焦ったのですが、1時間ほどアッチ向きコッチ向きしている内に、いつの間にやら
     朝までグッスリでした。 外は?・・・う~ん、雲は厚そうです。

         天気も下り坂のようで、5時半過ぎに出発しました。

         DSC00645_20160713141859064.jpg

 御池を過ぎ、ここから二股経由で八本場のコルへ向かう筈でしたが・・・・・何気に
       お花を眺めつつ登る内に、草滑りコースに入っていました。 
       まあいいや・・・と、このまま肩の小屋経由で登る事にしました。

  DSC00650.jpg  DSC00651_201607131418583ee.jpg

 登山道周辺は少しづつお花が多くなって来ました。 ハクサンチドリ・ミヤマキンポウゲ・
    ヨツバシオガマ・ナナカマド・ミヤマキンバイ・イブキトラノオ・クロクモソウ・・・・・

  DSC00656.jpg  DSC00666.jpg
     サンリンソウ               キバナノコマノツメ

  圧倒的に黄色いお花が多いようです。 後日、この周辺にはキタダケキンポウゲが
   咲いている事を知り、ちょっぴり残念。 出掛ける直前までバタバタしていて
      見たいお花のチェックもせずに山に入った事に少し後悔しました。  

               また機会があればその時に・・・・・ 

DSC00667_2016071314243130e.jpgDSC00677.jpg
   ミヤマキンポウゲ               ハクサンチドリ

    時折立ち止り目を移すと入って来る山の景色・目の前に咲く小さな花たち・
 同行の、幼い日々を一緒に過ごした仲間との山歩き・・・ それだけで充分でしょう。

  DSC00680.jpg  DSC00688_20160713142428c04.jpg

 ウサギギクがたった1株咲いていました。 何気ないお花ですが結構お気に入り。
      この辺りにはシカ除けの柵が大きく張り巡らされていました。

  DSC00682_20160713142429a2a.jpg  DSC00711_20160713151810d51.jpg
     ウサギギク

   お花の最盛期はもう少し先なのかなあ? 以前はもっと賑やかだった様な気が
                       するのですが・・・・・ 

  DSC00720_2016071315180935d.jpg  DSC00731_20160713151809bb4.jpg
    シナノキンバイ                 ムカゴトラノオ

   小太郎山への尾根の分岐です。 行きたいな~・・と思いつつ、まだ足を延ばせて
                いません。 でもいつかその内・・・・・

  DSC00728_20160713150749934.jpg  DSC00757_2016071315180876f.jpg
   ハゴロモソウ

           ガスに食まれたような山並もなかなか素敵です。
 北岳肩の小屋まではあと一息です。 段々お花畑が賑やかになって来ました。
         こうなると前を行く二人との距離は開くばかりです。

    う~ん、でもこんな光景を見ながら歩けるのはなんて幸せな事か・・・・・

DSC00761.jpgDSC00768_201607131519100d4.jpg
                              タカネヤハズハハコ

       DSC00775_20160713151909026.jpg
                  ミヤマタネツケバナ??

  重い雲が山の上を覆っています。 長い棒で 「エイヤッ!」 と退けてしまいたい。

       DSC00777_20160713151909d14.jpg

  岩についたチズゴケの仲間も、その石の陰で花を咲かせている植物の姿も
                     愛おしい・・・

  DSC00780_20160713151908e08.jpg  DSC00785_20160713151908f56.jpg
       ツガザクラ                キバナシャクナゲ

       両俣小屋への分岐を過ぎると、いよいよ肩の小屋も近い。

         DSC00788_201607140238511ba.jpg

    いいね、いいねえ~・・・ お花畑にウットリ、足もなかなか進みません。

   DSC00794.jpg   DSC00797_20160714023850531.jpg   DSC00870_20160716082323057.jpg
     タカネツメクサ     イワツメクサ     チシマアマナ

   DSC00819.jpg   DSC00830_201607140241129cb.jpg   DSC00839_2016071402411251f.jpg
   ミヤマダイコンソウ     イワウメ        イワベンケイ     

  DSC00841_20160714024111ed6.jpg  DSC00850.jpg
         ミヤマシオガマ              ハクサンイチゲ

  もうあんな所まで登っています。 と言いつつも、マイペースは変わりません。
   二人もそんな様子は慣れたもので、放っといてくれるのは有り難い。 

DSC00817.jpgDSC00862_20160714025110c74.jpg

  DSC00853_201607140251108b8.jpg  DSC00876_20160714025109a09.jpg
                                 クロユリ

      肩の小屋に到着しました。 ザックを置いて周辺散策です。
    いました! 花が咲き残っています。   キタダケソウです。
保護されている子たちですが、終わってしまったかな? と思っていただけに嬉しい・・
  
  DSC00893_20160714030002ae7.jpg  DSC00887_2016071402510884e.jpg
                  キタダケソウ

   では、いよいよ北岳への登りです。 山を見上げながら登ろうかどうしようか?と
                  迷っている方もいらっしゃいました。

         DSC00906.jpg

  さて、いよいよ頂上までの登りです。 相変わらずお花を楽しみながらの
                  岩場歩きです。 

DSC00924_20160714030001368.jpg  DSC00927_20160714030001d7c.jpg
      キバナシャクナゲ                 ハナゴケなど

            さすが花のお山、次々とお花がご挨拶。 

  DSC01115.jpg  DSC01118_201607150024410d0.jpg
   イワベンケイ&ミネウスユキソウ     イワベンケイ&ミヤマオダマキ

  そして・・・・・頂上です。 残念ながらガスの中ですが、雨では無いのを良しとします。
        トレランのお兄さん二人組がガスの中から顔を出しました。

  DSC01020.jpg  DSC01117_201607150024411dc.jpg
                                  シロウマオウギ

       まだお昼なので、ゆっくりと天気の回復を待ちます。 が!・・・・・
  途中、少し青空をも顔を出したのですが、それまで!  仕方ないなあ・・・・・

   DSC01049_20160715002216128.jpg   DSC01056.jpg   DSC01071.jpg
      シコタンソウ

   足元に気をつけながら、お花も楽しみつつ下ります。 稜線は少し風が強い為、
         トラバース道まで下りて北岳山荘へ向かう事にします。

 何ケ所かで、ハクサンイチゲの緑花が見られました。 ミドリハクサンイチゲ??

  DSC01073.jpg  DSC01150.jpg
      ミドリハクサンイチゲ

  自然の中でもまだキタダケソウがなかなかいい状態で残ってくれていたのは
                とても嬉しい事でした。

  DSC01087.jpg  DSC01086.jpg
                     キタダケソウ

   亀裂の入った岩の隙間を埋めるように咲いているミヤマムラサキはとても可愛い
    お花です。 ついつい写真の枚数が多くなります。 おっ、白花もいましたよ。
              中途半端な距離で、うまく捉えられません。

   DSC01196.jpg   DSC01300_2016071502104105c.jpg   DSC01209_201607150210424ab.jpg
  タカネコウリンカ        ミネズオウ       ミヤマムラサキ

   やはりトラバース道はお花が多いですね。 足元に気をつけながらも
               目は花を追ってしまいます。

  DSC01235.jpg  DSC01281_20160715021041b49.jpg
          ミネウスユキソウ            チョウノスケソウ

山荘も近くなって来ました。 天候はイマイチですが、まあこの時期なら想定内です。 
お花に満足し、二人に合流しました。(稜線に出て待っていてくれたのですが・・)

  DSC01265_20160715021230ecb.jpg  DSC01288_2016071502123160b.jpg
   タカネシュロソウ                ミヤマミミナグサ

  そして、到着です。 まだ早い時間なので、荷物整理のあと周辺を散策して
               2日目を終えました。

           DSC01307_201607150212288d7.jpg 
                 北岳山荘


 

幼馴染との山歩き  その1

  数年前の同窓会・・・・・ 山好きの仲間で 「山登りをしようよ」 と歩き始めて
早や5回目を迎えました。 今年は・・・富士山に続き日本で2番目に高い山の北岳です。
            日帰りも含め、北岳へは5回目となります。 

でもまだキタダケソウのお花には出逢っていませんでした。 今年は雪解け・開花が早く
期待薄のようですが・・・まあ、それはそれで仕方ない。 仲間との時間を楽しみます。

      仲間二人は関西から早朝の新幹線に乗り、静岡駅で待ち合わせです。 
 いつものようにゆったり行程の山行です。 初日は、白根御池小屋でお世話になります。

  広河原に着くと・・・北岳のピークはガスの中です。 でもまあ梅雨時ですから・・・

           DSC00573.jpg
                広河原より北岳を望む

   S君は、一昨年の槍ケ岳の私と同じ・・・ 北岳へは40年振りの事だそうです。
             ここから橋を渡って登って行きます。 

       橋の下には、大きな白鳳石が流れの中に鎮座しています。

  DSC00574_20160712215443cbe.jpg  DSC00577_20160712215442941.jpg
         地図で確認し・・・                白鳳石

 1時に芦安発のバスを予定していましたが、1時間早く乗り合いタクシー(3人でしたが・・)
         で入れた為、少し余裕を持って御池小屋まで行けそうです。

            登山道沿いには、カツラの大木が多く見られます。 
            下草は余り見られないちょっと寂しい登山道です。

  DSC00580_20160712215441284.jpg  DSC00578.jpg
         カツラ

  カエデの仲間も何種類か見られるようです。 あれっ? 変わった翼果が落ちています。
   普通は2枚のプロペラ状の翼果がくっついているのですが、ちょっと見にくいけど
     この子は3枚付いています。 どの世界にも変わった子はいるものですね。

  DSC00584_20160712215535370.jpg  DSC00581_2016071221553644a.jpg
       3枚つけたプロペラ

   やっとギンリョウソウの果実が出て来ました。 ゴゼンタチバナもポツポツと・・・

DSC00592.jpgDSC00593_201607122155346db.jpg
      ギンリョウソウ               ゴゼンタチバナ

  これはキソチドリ? 亜高山で見るものは簡単にそう思い込んでいたのですが、
どうやらそうとばかりは言えないものもあるらしく、ますます頭を悩ませてしまいます。
  が、まあそんな事はプロに任せておいて、ツレサギソウの仲間かな~・・・と。

  DSC00596_2016071221553421d.jpg  DSC00598_20160712220225956.jpg

    順調に歩いていたのですが、何だか雲行きが怪しいぞ・・・・・ 
木陰でレインウェアを着こんで歩きだすと、登山道は瞬く間に泥水の流れとなりました。

        それも僅かな時間・・・ 雨も上がり、小屋を目指します。
       あっ、テガタチドリだ! やっと花らしい花が目につきました。

DSC00603.jpgDSC00606_20160712220224c80.jpg
                             テガタチドリ

   雨に誘われたか、カエルが登山道に出て来ました。 山にいるのはみんな
ヤマアカガエル? と思っていたのですが、調べてみるとアズマヒキガエルっぽい??

  DSC00611.jpg  DSC00613_201607122202234b5.jpg
      アズマヒキガエル高地型?

   森を抜け、沢沿いに来るとお花が出て来ました。 タカネグンナイフウロです。
    あっ、白花も見られます。 ショウマの仲間にも頭を悩まされますが・・・・・
   葉っぱを見ると、葉脈が多く平行に揃っている・・・のでヤマブキショウマ?

  DSC00616.jpg  DSC00621.jpg
    ヤマブキショウマ?            タカネグンナイフウロ

     グンナイフウロの白花も見られてラッキーです。 さて、あと少しかな?

  DSC00624.jpg  DSC00626.jpg
    タカネグンナイフウロ白花

   地味ながらゴヨウイチゴも見られます。 対岸に目をやるとガスの中から鳳凰三山が
              顔を出して来ました。 山はいいねえ~・・・・・

  DSC00630_20160713102435e3d.jpg  DSC00628_20160713102324c83.jpg
     ゴヨウイチゴ                    地蔵岳方面

      少し増えて来たお花を楽しむ内に、今日の山小屋に到着です。
       小屋周辺で、久しぶりにミヤマハナシノブとの出会いです。

  DSC00629_201607131024353d7.jpg  DSC00634_201607131024342ff.jpg
       ヤグルマソウ              山小屋の夕食です

  キタダケソウもほぼ終わり、梅雨の平日ですので、ゆったりとした小屋内です。
        濡れた衣類やザックは、乾燥室で快適に復活しました。

  DSC00638.jpg  DSC00635_20160713102433164.jpg
                 山の景色にうっとり・・・・・

     小屋の雰囲気もよく、皆さん親切で明日への思いを胸に休みます。


  
 

ブログに登場出来なかった子たち・・・

       梅雨入りし、色々なランを目にする事が多くなって来ました。
 日にちが前後したり、結局陽の目を見なかった子たちも多く、ここで振返ってみます。

    アオスズランも3人兄弟が2組、点々と一人立ちしている子もいましたよ。
              キットお花が咲くといい景色・・・・・

アオスズラン1アオスズラン2
                 アオスズラン(エゾスズラン)

   コアツモリソウも別の場所でした。 ナント、ここでも白花の子が一人おりました。

          コアツモリソウ1 
               コアツモリソウ

      コチラは普通のタイプ。 でもまだだいぶまえだったので蕾だったのです。

          コアツモリソウ2
                 コアツモリソウ

        森を歩いていると、コフタバランが次々と目に入って来ました。
  しゃがんで写真を撮ろうとすると・・・・・イタタッ! これはミヤマイラクサかな?

           チクチクと暫く痛痒い。 ご用心ご用心・・・

コフタバラン1コフタバラン2
                    コフタバラン

  久しぶりに逢いたいと思いつつもなかなか逢えずにいた子です。 うわ~こんな所に
         居たんだね。 昨年のドライフラワーと隣り合わせでいい感じ・・・

  サカネラン2  サカネラン1
                    サカネラン

   今年はササバギンランにたくさん出会えました。 すっきりといい姿です。

ササバギンラン1ササバギンラン2
                    ササバギンラン

  あれ?この子は誰だろう? トンボソウの仲間かな? でも顔つきが違うなあ・・・
     ハコネラン風だけど、そうでもない。 わからないまま過ぎていました。

         ヒトツボクロ緑2
                   ヒトツボクロ

   う~ん、わからない。 んっ、待てよ、何だかヒトツボクロに似ているなあ?
 確認すべく車を走らせます。 もうすぐ着くよ・・・と言う所で、ガスが掛かり雨まで
              降って来た。 意地悪な雨だ事!
  
         ヒトツボクロ緑
                   ヒトツボクロ

   足元を覗くと・・・・・この葉っぱ、間違いない! 緑色の子は初めてでした。

  DSC09770_20160701002340f47.jpg  ヒトツボクロ
                  ヒトツボクロ

   比較的普通に見られる子たちです。 オオバノトンボソウ、早く開いてくれないかな?

  オオバノトンボソウ  クモキリソウ
        オオバノトンボソウ                クモキリソウ

 今年も結構咲いてくれました。 コケの上で心地よさそうなジガバチソウ達です。

  ジガバチソウ1  ジガバチソウ2
                    ジガバチソウ

 色んな人のブログに登場し始めたフガクスズムシソウですが・・・そろそろかな?
    う~ん、ちょっと早かったようです。 お花が咲く頃にまた来るね。

  フガクスズムシソウ1  フガクスズムシソウ2
                 フガクスズムシソウ

        キソチドリもお花を見せてくれるのは、もう少し先の事・・・

             キソチドリ
                     キソチドリ

    何処へ行ってしまったのか、シテンクモキリは昨年から行方不明です。
      でも別の場所では待っていてくれました。 そっと咲いててね。

シテンクモキリ1シテンクモキリ3
                     シテンクモキリ

            この辺に居た筈なんだけど・・・ いないなあ~。 
あっ、居た! 一つ見つかると、ほらここにも・・・そこにも居た! よかったよかった・・・
      
  ヒメハナワラビ1  ヒメハナワラビ3
                  ヒメハナワラビ

       3センチほどの子から10cm越えまで色んな子がいました。

ヒメハナワラビ2ヒメハナワラビ4
                  ヒメハナワラビ

 マツノハマンネングサは結構多いです。 でも何故か黄色いお花に出逢う機会は
     なかなかありません。 アオベンケイのお花も見たいなあ・・・

  マツノハマンネングサ  アオベンケイ
      マツノハマンネングサ               アオベンケイ

         車を走らせていると・・・あれっ?あの黄色いお花は何だ?
   ナント、キレンゲショウマが畑の傍らでたくさん花を咲かせ始めていました。
            たまには違う道も走ってみるものですね。 

  キレンゲショウマ2  キレンゲショウマ3
               キレンゲショウマ

  マルハナバチが飛んで来ました。 次から次へ花の間を飛んで行きます。
      両脇には花粉を重そうな位付けて、お仕事に夢中のようです。

         キレンゲショウマ4
              キレンゲショウマ

   先日、湿性花園で買って来たキレンゲショウマもまだ蕾ですが、元気です。

         キレンゲショウマ
              キレンゲショウマ

今年もどうにか頑張っているのですが、成長して花が咲くのはきっと無理でしょうね。 
       ヒトツバイチヤクソウも蕾を持って大きくなり始めました。       

ツリシュスランヒトツバイチヤクソウ
       ツリシュスラン              ヒトツバイチヤクソウ

         このマイヅルソウは、茎に毛がたくさん付いています。
          と言う事は・・・この子がヒメマイヅルソウですか?

ハンカイソウを見に行きましたが・・・・・残念!お出掛けがちょっと遅かったようです。

マイヅルソウ  ハンカイソウ
         マイヅルソウ                 ハンカイソウ


          この先どんな子に出逢えるかな? 楽しみです。




エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる