お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

セリバオウレンが見頃です。

   そろそろセリバオウレンも賑わっているのではないでしょうか?
           ちょっと様子を見に行ってみましょう。

 わ~、丁度良いくらいですね! まだ蕾もたくさんあるので思ったより長い
         期間楽しめそうなセリバオウレンです。

DSC03976.jpg  DSC04060.jpg

         まだ開いたばかりのとても初々しい子たちです。
           ピンク色を帯びたおしべも可愛いですね。

            DSC04066.jpg

   めしべが目立つ子ですが、おしべもちゃんと付いていますので両性花?
              雄花は花火が開いたようで素敵です!

DSC04072_201702272354183de.jpg  DSC03984.jpg

   この日は天気も良かったので木漏れ日を受けながら花開いていました。

       DSC03978_20170227235006ee3.jpg

  足下を見ると、細いゼンマイのようです。 クルンとしてて可愛い~ 
      花と思っていたのですが、どうやら葉っぱのようです。

       DSC04048.jpg

  お花の茎はこんなにしっかりしています。 出始めの様子も微笑ましい・・・

       DSC03974_2017022723500736e.jpg

      真ん中が蕾はまだ隠れん坊・・・くるまった茎だけ出ています。
      右の子は・・・よいしょよいしょ・・・あと一息!
      左につながり・・・ うわ~、やっと出られた! こんにちは!

       DSC04088.jpg

  めしべばかりの雌花の子でしょうか? こんな子には初めて出会いました。

       DSC04084.jpg

   出始めたばかりの子や、すっくと伸びた背高さんまで色々な子たちが
      います。 まだまだ見られそうなので、機会があればまた・・・

DSC04076.jpg  DSC04071.jpg

  セリバオウレンだと思うのですが・・・・・ 葉っぱはこんな子たちなのです。

       DSC03988_20170227235003a9d.jpg

                 咲いててくれてありがとう!!


PageTop

心配なお花たち

          いつも楽しませて頂いていた林なのですが・・・・・
ある日、気が付くと木々は伐採され、富士山の眺めは抜群になったのですが、
薄暗い林床で生きていた子たちは、切られた材木やならされた土の下敷きになり、
      またブルで押しやられ、姿を消してしまいました。

  そこでは、シュンラン・エビネ・カラタチバナ・マンリョウ・コクラン・・・に出逢え、
       その季節には立ち寄り、しゃがんで愛でていました。

「昔はね、ここにはエビネやシュンランもあったんだよ」と言う場所がまた1ケ所増えて
しまいました。 もっと早くに知っていれば、どこか近くの林に避難できたのに・・・

         DSC09216_2017022311550193b.jpg

 また、お気に入りの大株のキンランの咲く林はいつも地主さんの手により秋には
  整備されています。 こんな手入れがされて、健康な林が維持されるのですね。

         ただ、ここでも次々と姿を消す子が増えていますが・・・
 今まで上手く隠れん坊できていた子たちも綺麗になりすぎて目立ってしまう
         こともあるのです。 今年は大丈夫かなあ?・・・

         DSC03935.jpg


PageTop

春の兆し

もう2月も中旬を過ぎてしまいました。 まだまだ寒い日が続きますが、自然の中では
         少しづつ春の兆しが感じられるようになって来ました。

  このカンアオイはカントウカンアオイでしょうか? この仲間は殆どわかりません。
                   立派な花が咲いていました。

DSC09984_20170222153054e91.jpg  DSC09985_201702221530536cb.jpg
                     カンアオイの仲間

         ヨゴレネコノメも蕾を持ち、フキノトウも目覚めて来ました。

DSC09978_2017022215305308d.jpg  DSC09988_201702221545528ae.jpg
      ヨゴレネコノメ                フキノトウ

    梅の花も次々と咲いています。 咲き始めでとても綺麗なお花でした。
                ヒメウズもあと一息。

DSC09986_20170222153051020.jpg  DSC09989_201702221531571d5.jpg
           ウメ                     ヒメウズ

  ヒメフウロはアチコチでよく目にするようになって来ました。 お花は可愛いし、
葉っぱもなかなか素敵です。(在来のヒメフウロは、石灰岩地に咲き絶滅危惧種)
        増えているのはこちら、外来種のヒメフウロです。

           DSC09996_2017022215315413e.jpg
                  ヒメフウロ(外来種)

  アセビも花開き、この時期目に付くタンポポは殆どトウカイタンポポ。
       季節が進むと、殆ど海外産や中間型になります。

DSC03932_20170222174634d77.jpg  DSC03926_201702221745211b8.jpg
       アセビ                  トウカイタンポポ

  チビ達が来たので、公園で遊びましたがカワヅザクラが綺麗に咲いていました。
    少し濃いピンクのこの花は、市内でもアチコチで目にするようになりました。

DSC09441_2017022217452526f.jpg  DSC09437_201702221745262e4.jpg
                      カワヅザクラ

             フラサバソウも小さな花を付けています。

         DSC09245_201702221749528f6.jpg
                      フラサバソウ

 オオイヌノフグリも日あたりの良い所ではブルーの花をいっぱい広げています。
  国産の子はいないかなあ?・・・と探すのですが、なかなか出逢えません。

         DSC09252_201702221749508a3.jpg
                     オオイヌノフグリ

           その横では、ジョウビタキが日向ぼっこ中!?

         DSC09249_20170222174951bdb.jpg
                      ジョウビタキ

     春探しは場所もアチコチですが、浮島でも春が近づいて来ました。
来訪者の方と木道を歩いていましたら・・・水辺からアオサギが飛び出しました。
          あっ、餌を加えてる! (ちょっとわかり辛い・・・)

         DSC03872.jpg
                      魚をゲット!

  もっとズームを利かせて・・・と思っていると、ヤナギの陰に隠れてしまいました。
   次に確認すると・・・・・首の所がふっくら! あ~あ、食べられちゃった! 

         DSC03874.jpg
                      ゴックン!

           ヤナギも銀色の花穂?がふっくらと膨らんで来ました。 

DSC03885_20170222175501366.jpg  DSC03897_20170222175324a77.jpg
     オオイヌノフグリ                ヤナギの仲間

   ヒキノカサも大分葉っぱが増え、サワトラノオも木道脇で芽を出しています。
 ノウルシも早い所ではこの位まで成長し、黄色い花も覗かせている子もいます。
           3月・4月のお花の季節が待遠しいです。

         DSC03876.jpg
                         ノウルシ

    愛鷹の山並も綺麗に見えています。 今年は縦走したいなあ・・・・・

         DSC03881.jpg
                        愛鷹の山並

PageTop

アニマルトラッキング

           2月18日は、恒例のアニマルトラッキングでした。
 西臼塚に雪があればここでの観察会となりますが・・・・・ 雪は全く見られず・・・
    ここで事前勉強をします。 K先生の流暢な解説に耳を傾けます。
この辺りを一番よく歩き、色々な生き物に出逢っているので、説得力があります。
 
DSC09893_20170222134146a32.jpg  DSC09896_20170222134146c59.jpg
    西臼塚駐車場からの富士山                事前学習

          雪のある水ケ塚に移動して観察会の始まりです。
 前日に雨が降り、状態は良くありません。 雪も踏まれて締り、足元はツルツル。

          DSC09927_2017022213445007b.jpg
               雪は少なく足元ツルツル・・・

      この季節、雪の間に見えるのはコケやシダ・地衣類の仲間です。
          今日はひとつ仲良しになれるコケがあるかな?

DSC09902_2017022213414583a.jpg  DSC09917_20170222134143c1a.jpg
    クサゴケの仲間?            コセイタカスギゴケ

 森を歩くと、動物たちの息づかいがアチコチで感じられます。 それぞれに厳しい
         季節を生きています。 そんな中にお邪魔します。

  DSC09904_20170222134143e41.jpg   DSC09906_2017022213445271d.jpg   DSC09925_20170222135011ed6.jpg
  キノコの仲間      シカの角とぎ     シカの食害

 こんな落し物も点々と見られます。 本日はこれ以外にキツネの落し物も!
以前、ヒノキの根元で、シカの糞を見ましたが、それはヒノキの皮の色でした。 
   実際にそういうものに出逢うと、子供に戻ったようにワクワクします。    

DSC09900_20170222134756943.jpg  DSC09935_20170222134755fdd.jpg
           シカの糞             イタチの糞

 状態が悪いとは言え、少し雪の多い所では、たくさんの足跡に出逢いました。
      シカが多いのですが、副帝の付いたイノシシも見られます。

DSC09928_2017022213475625f.jpg  DSC09914_201702221435196a7.jpg
 シカの集団移動?              イノシシの足跡

うわ~、ビックリです!   Y君とSさんが何かの足跡を見つけてくれました。
 
        さっそくK・H先生が観察してくれると・・・熊さんでした。 
  それも若い熊だと言う事がわかりました。 写真ではわかりにくいですが、
後ろ脚のようです。 恥ずかしながら・・・前後別の形と言うのを初めて知りました。      

        DSC09936_20170222134754e97.jpg
                   熊の足跡

  広場から腰切塚周辺をぐるっと回って噴火口に行き、昼食後に展望台経由で
帰って来ます。 コケや地衣類も見られ、教えて下さるのですが、なかなか頭に
           残りません。 更に脳内は劣る一方です。

DSC09941_20170222134753248.jpg  DSC09933_20170222135531f30.jpg
  シノブヒバゴケ               観察中

       オオカサゴケによく似たのはカサゴケモドキなんだそうです。

DSC09949_201702221357244ad.jpg  DSC09951_2017022213572320a.jpg
    ?                カサゴケモドキ

 ぐるっと回り、噴火口に着くと丁度12時だったようです。 時間設定上手! 

DSC09961_20170222135722845.jpg  DSC09944_20170222140027977.jpg
       昼食中・・・

  すり鉢状の噴火口で子供に帰ったように滑り遊びます。 結構急な斜面から
  滑ったY先生もジャブジャブの水溜りの手前ですっと止まり立ち上がります。 
      お見事です! Sさんも楽しそうに両手を上げて滑っています。

  DSC09956_20170222135720b3e.jpg   DSC09963_20170222135808bf7.jpg   DSC09964_2017022214070811c.jpg
                 子供のように・・・・・あそぶ!

 昼食後、腰切塚の展望台へ登り周辺を眺めます。 がっ、残念ながら富士山は
                  厚い雲の中です。 

         楽しい観察会は、こんな流れで過ぎて行きました。

             DSC09967_2017022214091056a.jpg
                     腰切塚展望台 

                     お疲れさまでした~・・・
    

PageTop

ウィークデー観察会で大室山(富士山側火山)へ

       9日の下見のあと、14日に観察会で大室山を歩いて来ました。 
  雪の無い季節は何度か訪ねていますが、雪の中ウォークは初めてです。
雪の状態では、大室山の裾野を散策予定でしたが、下見・本日共に山男のSさんが
      先導して下さるので、大船に乗った気持ちで山へ入ります。

DSC09723_20170216213055847.jpg  DSC09734_20170216213054eae.jpg
       森へ入ります                曲がりに曲がった木

 大室山へ向かう途中には、ソヨゴ・クロソヨゴ?・アセビなどに混じり、針葉樹も
見られます。 見上げると、チョウセンゴヨウのマツボックリがたくさん付いていました。
           足元にもマツボックリがおちていましたよ。

DSC09727_20170216213051de3.jpg  DSC09742_201702162130522d3.jpg
        ソヨゴ                 チョウセンゴヨウ

     少し進んだ所でストレッチを行い、2万五千分の地図を広げて
  本日のコースを確認します。 近くにはシカの足跡もたくさん見られます。

DSC09743_201702162132303df.jpg  DSC09750_20170216213228f4f.jpg
    地図の見方とストレッチ               シカの足跡

  この松ぼっくりは何でしょう? イラモミのような気がしますが、いつも??のまま
                    なのが悲しい事です。

        DSC09735.jpg
                     イラモミ?

  これは何だろう? 雪の上でよく見る小さな小鳥にも見える種ですが・・・ 
 ウダイカンバかと思われましたが、帰宅後調べるとどうやらミズメのようです。

DSC09796_20170216215814e31.jpg  DSC09739_20170216213229d86.jpg
                      ミズメ

 途中には富士風穴もあります。 864年に富士山の側火山として流れた長尾山の
溶岩と3000年ほど前?に噴火の大室山との境がここではっきりとわかる場所です。
    今は雪で見にくいのですが、左のゴツゴツ溶岩が長尾山溶岩です。

DSC09747_20170216215325ff0.jpg  DSC09751_201702162132268bd.jpg

この広場には巨木もあり周辺散策も楽しいのですが、今日は皆でアイゼンを付け
      頂上へ向かいます。 初めは緩やかな斜面を登って行きます。

カラマツの植林の他、下部はイヌブナの優先する林です。 所々ブナも目立ち、ツガ・
            モミの仲間・ケヤキなども目に付きます。 

DSC09761_2017021621520139e.jpg  DSC09760_2017021621520289e.jpg

 青空を見上げると、高い木にはヤドリギがいっぱい付いています。 オレンジの実や
      黄色の実が付いています。 それにしてもたくさん付き過ぎですね。 

DSC09769_201702162151596d1.jpg  DSC09778.jpg

 木には沢山の蔓が巻いています。 こんなにグルグル巻きにされたのでは
堪りませんね! ヤマブドウの太いツルや、ツルアジサイ・イワガラミも・・・・・

 DSC09788_2017021621581702f.jpg   DSC09790_20170216215816ec2.jpg   DSC09795_201702162158156d1.jpg

  振返ると、十二が岳・鬼が岳や・・・・・右端っこには三つ峠も見えています。
     雪の上の落し物探しも面白いですね。 シナノキもありました。

DSC09800_20170216215814d6c.jpg  DSC09804_2017021622192852a.jpg

  元気印のYさんの声掛けで、「シーハイル」ならぬ「アイゼンハイル??」
木々には多くのコケや地衣類も多く見られます。 少しづつ名前がわかるように
             なるともっと楽しいでしょうね。

DSC09847_20170216221928ff3.jpg  DSC09829_201702162219272bc.jpg

DSC09828.jpg  DSC09844_201702162219250c8.jpg

   みんなの調子を見ながら、ゆっくり休みながら登り・・・・・ 頂上へ到着です。
「今日、上まで来られるとは思わなかった」 と皆さん喜ばれました。隊長と握手です!
     少し先には火口・見晴しの良い三角点もありますが、また次回・・・・・

DSC09862_201702162220298d0.jpg  DSC09870_201702162220280a7.jpg

  喜びを分かち合い、ひと休みした後は元来た道を帰ります。 目印の赤い布を
   残さぬように・・・・・  目線が違うと登りとは違った景色が目に入ります。

 イヌブナの殻斗は初めて見ました。 ブナより小さく、花柄が長いのですね?

DSC09873_20170216222027f68.jpg  DSC09884_20170216222027a90.jpg
  ホコリタケの仲間              イヌブナの殻斗           

    右手の一本立ちがブナの木、株立ちしているものはイヌブナです。
この辺りは、イヌブナ林が広がっていました。 他では私は余り見ない景色です。

DSC09882_2017021723083321d.jpg  DSC09817_20170217230831dfe.jpg
          イヌブナ林              モジゴケの仲間

  鳥・ウサギ・キツネなど多くの小動物の足跡を目にしましたが、不明も多く・・・ 
                  残念!                     

DSC09786_20170217230830e3e.jpg  DSC09877_20170217230832b04.jpg

  雪の中を楽しんだ9名の仲間たちでした。  お疲れさまでした~ 


PageTop

雪が寂しい毛無山

  13日、雪の中を歩こうと毛無山へ向かいました。 がっ! 雪が少ない・・・
スノーシューは車に残し、一人歩き始めます。 前日・前々日は休日の為、きっと
            多くの方が入られたと思います。

麓神社で手を合わせ、不動の滝の直登コースから、頂上を踏み地蔵峠経由で
                 帰る予定です。

  DSC09456.jpg  DSC09459_20170214230259219.jpg
      頂上を見上げる                 一合目 

    何処からアイゼンを着けようか? それにしても雪が少ないなあ・・・・・ 
           一合目を過ぎ・・・・・岩の連なるはさみ石・・・・・

        DSC09462_20170214230258b6a.jpg
                   はさみ石

    木々の間から、富士山が望めます。 今日はとてもいい天気。
オーバーズボンも身にまとったのですが、暑い上に少し体重オーバー気味で窮屈。
               身軽に整えて、さあ頑張ろう!

        DSC09466_20170214230257131.jpg
                   二合目手前から富士山

 一合目・二合目・・・・・と標識があり、目安になりやすいのですが、ここにも雪が無い。

  DSC09464_201702142304371eb.jpg  DSC09467_2017021423043687c.jpg
       ヤマグルマ                二合目

  余りの暖かさに、薄手のダウンを脱ぎ、さらにフリースも取り、上は二枚で充分。
      手袋も少し汗ばんでは外し、少し冷えては着けての繰り返しです。
            古い我家にいるよりずっと温かく快適です。 

  DSC09475_20170214230434596.jpg  DSC09478_20170214230434560.jpg
       三合目                岩場のロープ

     レスキューポイント周辺は少し雪も残り、アセビは蕾を持っています。

          DSC09481_20170214231357461.jpg
                レスキューポイント

  今日は一人ノ~ンビリの山歩きです。 昔はザックの下に手を入れて歩くのが
常でしたが、最近一歩一歩ゆったり歩きの時は、腕を前に組むのが多くなっています。 
何故か色んな人や色んな事が次々と浮かび、それを楽しみながら歩いている自分に
                    気づきます。

    DSC09483_20170214231356d75.jpg    DSC09487.jpg
           五合目                  六合目

   少しづつ雪は増えて来ましたが、結局八合目までアイゼンいらずでした。 

  DSC09504_201702142313557c7.jpg  DSC09508_20170214231354d96.jpg
       八合目付近から             富士山展望台直下のロープ

    富士山展望台からの眺めは素晴らしい。   暫く景色を楽しみます。

 双眼鏡で覗いてみると、富士山の雪は飛ばされ、ツルツルの肌が見えています。
これじゃあ一歩滑ればひとたまりもありません。 遠目に見ると真っ白で優しい富士山。
        でもそこに潜んでいる厳しさ・恐ろしさを感じました。

  DSC09517_2017021423194359a.jpg  DSC09510_20170214231944400.jpg
                  富士山展望台より

  展望台の岩に寝そべっていると、余りのポカポカ陽気にウッカリ寝そうになって
     しまいました。 いけないいけない・・・ 転げ落ちてしまいます。

DSC09512_20170214231942915.jpg
                  富士山展望台より

       すぐに九合目、そして地蔵峠からの分岐に到着しました。 
すぐ先にはアルプス方面の展望台があります。さて、コチラの景色はどうでしょう? 

           DSC09523_20170214231940f3c.jpg
                  地蔵峠・頂上の分岐

        岩を登ると・・・・・ まあ、見事な展望が広がっていました。
              今までここで見る一番の景色でした!

DSC09527_20170214232523786.jpg
                  アルプスの展望台

              八ケ岳、更にその右手にも・・・・・

           DSC09532.jpg
                     八ケ岳

  美ヶ原・蓼科方面も・・・思わず諏訪湖まで見えてしまうのでは?と思うほど・・・

           DSC09545_201702142325218ae.jpg
                     蓼科方面

      目を段々左に移すと、南アルプスの名峰が雪を被っています。

           DSC09533_201702142325200fd.jpg
           間ノ岳        北岳       甲斐駒方面

            懐かしい山並を思い出と共に楽しみます。

           DSC09534.jpg
                    塩見岳方面?

           DSC09535_20170214232558041.jpg
                 赤石 千枚方面?

           DSC09536_20170214232557ef5.jpg
                赤石岳方面

               聖岳・茶臼岳間はまだ歩いていません。

           DSC09537_20170214232556816.jpg
                上河内?         聖岳

  いい景色を目に焼き付け、ほぼ平坦歩きで10分ほど先の頂上を目指します。
     可愛い人型が残っていたのでパチリ!   頂上に到着です。
11時半でした。 わ~4時間も掛かってしまいました。 お楽しみしつつですので・・・

  DSC09550_2017021423322443f.jpg  DSC09559.jpg
         どなたかの芸術作品、バイバイしてる?    頂上から

 お昼を済ませ、雪もそう多くなく踏み跡もあるので少し足を伸ばしましょう。

  DSC09565.jpg  DSC09573_201702142332210d6.jpg

  少しのアップダウンを繰り返し、稜線歩きを楽しみます。 景色が少しづつ変わり
   楽しい歩きです。 針葉樹のエビの尻尾も少々情けないながら残っています。

  DSC09580_20170214233221aa1.jpg  DSC09586_201702142332437e1.jpg

    どこまで行こう?と思いながら、大見岳まで来ました。 今日はここまで!

          DSC09600_2017021423372340d.jpg
                毛無の最高地点  大見岳

    20分程で頂上まで戻り、富士山にご挨拶。 さあ引き返しますよ。

  DSC09624_20170214233722508.jpg  DSC09629_2017021423372032b.jpg
      頂上にて                分岐、ここから地蔵峠へ

 「あっ、これだ~」 見つけましたよ!  実は、前日に登られたK先生からの
  宿題がありました。 「(小)(T.K)見つけられるかな?」 とのメッセージ。
大きく雪で書かれたイニシャルです。 (小)は残念ながら見落としてしまいました。

        その近くでタツノオトシゴのような木の株?を発見。

  DSC09641.jpg  DSC09636_201702142337196c9.jpg
      前日登られたKさんからのメッセージ発見! 

  雪が残っていたり、落葉の中をアイゼンを着けたまま下って行きます。
 外したい所なのですが、地蔵峠周辺には必要となるので迷いつつ・・・・・                   

  DSC09660_201702142345213ab.jpg  DSC09662.jpg
                    上部の地蔵峠

 思った通り、地蔵峠から下は陽の入りが少ない為、雪が結構残っていました。
       斜面をひたすら下って行きます。 沢に下り、登り直し・・・・・

               DSC09665_2017021423451955d.jpg
                   元祖?地蔵峠

 沢を何度か渡っての帰りですので、小規模ながら氷の芸術を楽しみながら下って
                       行きます。

  DSC09686_2017021423451856a.jpg  DSC09689_20170214234518f10.jpg

               DSC09692.jpg

                    う~ん、なかなか素敵ですね~

               DSC09697_201702142349030e0.jpg

       この沢を渡れば、すぐに分岐です。 あと少しで到着です。 

  DSC09708_20170214234901cd9.jpg  DSC09705_201702142349025c2.jpg

  帰って来たな・・・と歩いていると・・・  「ガサガサガサ」 「ドキッ!」

すぐ脇の金網の向うで日向ぼっこでもしていたのでしょうか? カモシカが駆け下りて
     行きました。 暫く手を振ったり話しかけたりして見つめあいます??
 写真を撮ろうにも、手前の木が邪魔でなかなかうまくいきません。  やっと・・・・・

     数年前にこの少し上で出逢っています。 その子供かなあ??

          DSC09717_201702142349162fd.jpg

4時過ぎに無事到着です。 行きも帰りも車は1台。 一人っきりの毛無山でした。
  

  

PageTop

セツブンソウとミスミソウのその後

       6日、台湾から帰還中のTさんと、早春の?お花巡りです。
     まずはセツブンソウとフクジュソウのコラボを探しに行きますが・・・・・
    午前中だったせいか? フクジュソウもしっかりと咲いてくれず・・・ 
          セツブンソウもチョロチョロで・・・・・ あ~あ!! 

  DSC09108_20170211231301f72.jpg  DSC09106_20170211231303503.jpg
         フクジュソウ                   セツブンソウ

     他に女性の方も見に来られてて・・・・・「寂しいですねえ~・・・」

  DSC09107.jpg  DSC09121_20170211231300d28.jpg
                   フクジュソウとセツブンソウ

        さて、気持ちを入れ替えて次のセツブンソウ探しへ移動します。

  DSC09129_20170211232012021.jpg  DSC09131.jpg
                 セツブンソウ

もう少し咲き始めているかな? と期待したのですが、余り春は進んでいませんでした。

  DSC09135_20170211232011c04.jpg  DSC09136_201702112320108da.jpg
                  セツブンソウ

まあ自然相手の事ですから仕方ありません。 咲いててくれた子たちに感謝しつつ
                   またまた移動です。

          DSC09132_20170211232008655.jpg
                  セツブンソウ

 午後になったし・・・・・そろそろいい状態になっているのではないかと少し期待!

  DSC09140.jpg  DSC09143_20170211232124d42.jpg
                    ミスミソウ

            うんうん、だいぶ咲いて来ましたね! 

  DSC09146_201702112321232f9.jpg  DSC09148_20170211232121f6a.jpg
                    ミスミソウ

      白い蕊を持った子や、ピンク色の蕊をしている子も見られます。

  DSC09153_20170211232120312.jpg  DSC09157_20170211232644f2f.jpg
                    ミスミソウ

             まだ新鮮なので・・・ 葉っぱもとても綺麗ですね。

  DSC09164_201702112326416f9.jpg  DSC09158_201702112326439bb.jpg
                    ミスミソウ

   奥の方の白いのもミスミソウですが・・・・・ 初めて見た時の絨毯のような
             雰囲気になるにはもう少し先かな?
 
       午前中は顔を見せてくれず、かなり寝坊なミスミソウ達です。

         DSC09159_20170211232643f1b.jpg
                    ミスミソウ

         DSC09160_201702112326423b2.jpg
                   ミスミソウ

          この子たちはピンク色の蕊をした美人さんタイプです。

  DSC09196_201702112333361ef.jpg  DSC09188_2017021123333564e.jpg
                   ミスミソウ

                  3兄弟もなかなか可愛くて・・・・・

  DSC09195_201702112333343b0.jpg  DSC09212_201702112333321e0.jpg
                   ミスミソウ

      八重咲き風のお洒落タイプの子やら、シンプルに咲く子など・・・

  DSC09207_20170211234511e30.jpg  DSC09209_20170211234510a06.jpg
                  ミスミソウ

                      なかなか個性的です。

         DSC09202_201702112345090bb.jpg
                  ミスミソウ

   カメラではなかなかいい色が出ませんが、ピンク色をした子は今がお年頃!

         DSC09214_20170211235053dc1.jpg
                   ミスミソウ

   前日の5日は、相方と散策がてらセリバオウレンの状態を見に出掛けました。
   思った通り。  まだ暫くは静観しながら、最盛期に訪ねる事に致しましょう。
        
  DSC09071_20170211235052b34.jpg  DSC09072_20170211235051075.jpg
                   セリバオウレン

     以前より株数も大きく増えているようで、今後が楽しみな子たちです。

         DSC09066_20170211235050eb0.jpg
                   セリバオウレン


                     春が待遠しい・・・・・

   

PageTop

「芸術空間 あおき」 でちょっと一息・・・

 久しぶりに相方と二人、富士宮にある 「芸術空間 あおき」 へ行って来ました。
今年からオーナーさんが代わられたようですが、いい雰囲気はそのまま引き継がれて
                 いて嬉しくなりました。

 昨年12月に訪ねると・・・・・んっ?開いてる閉まってる? 入口は開いてた・・・でも・・・
すると中から、「来年1月からオープンするんですよ。」 と仰り、以前のオーナーさんは
今日、沖縄へ旅立たれたとの事。 新オーナーさんは美人で、とても感じのいい方です。

  DSC09233_20170210030225056.jpg  DSC09220_20170210030224967.jpg
             店内

   メニューからスペシャルコーヒー(600円)とコーヒー(400円)を注文し、
味比べをして戴きました。 深く優しいお味と、きりっとした味の美味しいコーヒー
 でした。 クッキーも美味。  毎月1日から15日までの営業だそうです。
 
   自然の中に包まれた店内は、信州の森の中の雰囲気があります。
 周りの住宅街とはまったく趣が違い、ほ~っと心を解きほぐしてくれます。

  DSC09217_2017021003022343e.jpg  DSC09242_20170210030222538.jpg
                     別館?との間からの店内

    別館を覗かせて戴くと、これまた面白いものが展示販売されています。
  
  DSC09240.jpg  DSC09219_201702100305106de.jpg
              別館?

  何だかワクワクしてくるものが次々と目に入ります。 面白い・・・・・

  DSC09223_201702100305103da.jpg  DSC09222_20170210030509efe.jpg
                   別館の中には・・・

  好き嫌いはありましょうが、とにかくワクワク・・・ドキドキしてしまう空間です。

  DSC09224_20170210030508827.jpg  DSC09226_20170210030508e7d.jpg

          DSC09227_2017021003073695a.jpg

          DSC09228_201702100307352ec.jpg

          DSC09229_201702100307341dc.jpg

  DSC09230_20170210030734983.jpg  DSC09232_20170210030733158.jpg

  今月は 「nido あかり展」 のステンドグラスランプ展と、保田芳文・徹さん親子の
   「皮のバッグ展」が開催されており、たくさんの素敵なバッグが店内に飾られて
   いました。 軽くて個性的な作品で、リュックタイプのものが特に良かったです。

  DSC09244.jpg  DSC09234_20170210031130adf.jpg

 別棟の常設展では 篠崎英夫 「鉄と陶器」 土肥葉子 「物語のあるぬいぐるみ」 が
          行われていたようですが、拝見せずに帰って来ました。

           DSC09238_201702100311302a8.jpg

   このコーナーでコーヒーを入れて下さいます。 この人形も心惹かれました。

  DSC09239_20170210031128ca5.jpg  DSC09241_201702100311281f0.jpg

この中庭はまるで森の中・・・・・ 暖かい日差しが入り、時には風の音が聞こえて
                  来そうな感じがします。

    DSC09237_20170210031509b9e.jpg

     入口を撮り忘れてしまいましたが、この棟が常設展だと思います。

                   DSC09243.jpg
   
  3月1日~15日は、 こまきちかこ「版画」  追分めぐみ「陶芸」  渡辺貴子 「陶芸」
                の展示が行われるようです。 

    私にとって、時折思い出しては 「行ってみたい・・・」 と思う場所なのです。

             またその内、ひょっこりと・・・・・ 
 


PageTop

毎月1日は須津川観察会

  毎月1日は、須津川の観察会です。 お正月の1日にも行われたのですが、
 子供や孫たちが集合しているので欠席。 今年初の須津観察会となりました。

      湿度の高いこの地には、たくさんのシダやコケが育っています。
 地味なこの子たちにも目を向けたいのですが、何度聞いてもなかなか難しい。

Y先生は根気強く何度も特徴などを教えて下さるのですが、教えがいの無い生徒です。

   お花の無いこの季節だからこそ、大いに楽しみたい所なのですが・・・・・

 これも何度か耳にしたシダの仲間です。 葉の先端部にソーラスが付き、胞子の
    飛散後はその部分は枯れるのだそうです。 似たものにオクマワラビ。
  また両者の交雑にアイノコクマワラビがあるようで・・・最初からつまずきそう・・・

  DSC08930_201702051257096cc.jpg  DSC08929_20170205125710dfd.jpg
                      クマワラビ

  こちらはヤマヤブソテツ。 艶のあるなし・葉っぱの形や鋸歯など色々なタイプが
             あるようです。 う~ん、難しい~大変だ!

  DSC08932_2017020512570822d.jpg  DSC08933_20170205125707783.jpg
                     ヤマヤブソテツ

  こちらは多分みんなコモチシダ。 大きくなって子供(無性芽)が付いたものなら
           わかるけど、成長段階では頭を捻ります。

   DSC08936_20170205125800841.jpg    DSC08937_201702051257595f3.jpg    DSC08934_20170205125706cd9.jpg
                         コモチシダ

   伊豆で見たものとちょっと雰囲気が違うけど、これはメヤブソテツのようです。
ソーラスが中肋寄りに付くのと、下の葉っぱには両側に耳があるのが特徴のようです。

  DSC08943_201702051257562bf.jpg  DSC08941.jpg
                       ヒメヤブソテツ

  シダでは無くコケの仲間のエビゴケもいました。 特徴的なのでこれは記憶に
    残りやすい・・・・・  ハコネシダはとても綺麗なシダで、大好きです。

  DSC08938_201702051305099cd.jpg  DSC08935_201702051257584e4.jpg
     エビゴケ                ハコネシダ

  そしてこちらはイワガネゼンマイです。 よく似たものにイワガネソウがあります。
 葉脈は網目を作らないのがイワガネゼンマイ。 葉脈がぜんぶ網目になるのは
    イワガネソウだとか・・・両者の交雑はイヌイワガネソウだって! 

  DSC08944_20170205130508f44.jpg  DSC08945_20170205130507430.jpg
                    イワガネゼンマイ

ノコギリシダも水のしぶきの脇で葉を伸ばしていました。 ソーラスは棒形?長細いです。

  DSC08952_20170205130505751.jpg  DSC08950_2017020513050669c.jpg
                        ノコギリシダ

    特徴的なリョウメンシダは、表のような裏と裏のような表?・・
 表を見ても裏を見ても似ている。 なかなか素敵なたたずまいのシダです。

  DSC08949_20170205130616856.jpg  DSC08955_2017020513061554b.jpg
      リョウメンシダ               サクラジマホウオウゴケ?

  オレンジ色をした藻類のスミレモを観察したり・・・ハイゴケもいましたよ。

  DSC08962_20170205130612a6a.jpg  DSC08958_20170205130613425.jpg
       スミレモ                 ハイゴケ 

                     緑が綺麗なコケたちです。

  DSC08957.jpg  DSC08925_201702051311100a8.jpg
         コケの仲間                 ホウオウゴケの仲間

  木や石には、たくさんの地衣類も見られます。 同定するにはこれから時間が
 掛かりそう・・・・・ シダもコケも地衣類もごちゃごちゃになってしまっていますが、
             少しづつわかって行けたらいいなあ・・・・・ 

  DSC08926.jpg  DSC08921_20170205131108849.jpg
       ジャゴケ                   ヘリトリゴケ?

  DSC08965_20170205131107872.jpg  DSC08969.jpg
          キゴケの仲間             マツゲゴケ

身近な所でよく目にするノキシノブの仲間。  先っちょが丸い感じのヒメノキシノブ             

       DSC08975_20170209001543137.jpg
           ヒメノキシノブ

           一番目に付くのは、やはり普通のノキシノブでしょうか?

                  DSC08976_20170209001542a27.jpg
                             ノキシノブ

       出発したばかりのシダ号です。 大まかな科の分類に辿りつけるのは

                      いつのことやら???

   




  

PageTop

寒い中のランたち

    下草の枯れたこの時期、冬でも緑の葉を残すエビネは良く目立ちます。
 倒木にキノコでもついてないかな~?と近づくと、枝を重そうに乗せたエビネ達が
    いました。 このエリアで見たのは初めてなので、思わずニッコリ! 

    どうか悪い人に見つからないでね! 今年はお花を見に来ますから・・・

 エビネ1  エビネ2
                         エビネ

歩いていると小さいながらカヤラン達にも出逢います。 意外と多く住んでいるのですね?
                  こ~んな細い木にまで・・・・・

            カヤラン1

            カヤラン2
                         カヤラン

  昨年初めてお花に出逢ったクモランですが、ちゃんと種子を付けていました。
               増えてくれるといいねえ~・・・

  クモラン2  クモラン1
                        クモラン

 あれっ、こんな所にも居ましたか・・・・・ じっくり観察すればもっと見つかりそう。
               足元にはカヤランも住んでいました。

              クモラン3
                        クモラン

 昨年は思いの外、多くのヨウラクランに出逢った年でした。 じっくり観察すると・・・
アッチの木にもコッチの木にも・・・・・ おまけに複数固着いてるので益々ニッコリ!
           
  ヨウラクラン2  ヨウラクラン1
                        ヨウラクラン

                    開花が待遠しい・・・・・ 

  ヨウラクラン3  ヨウラクラン4
                        ヨウラクラン

  
 

PageTop

たまには水辺の植物も・・・・・

      (25日の続きです)     水量の豊富な柚野の里です。 

相方と散策の後、懲りない二人は家とは方向違いの方へ・・・・・ 「どっちへ行く?」
   「こっち!」 次は? 「今度は左!」 一体どこへ向かうのでしょうか?

     ザンザン流れる水路には緑色の植物がいっぱい付いています。
              「ちょっと待ってて! 

  カメラを持って水路に近付きます。 ワンちゃんの散歩をしているおじさまが
      水路脇に座って怪しい動きをしている私に 「何やってる?」
        暫しお話をした後、嬉々として水辺へ目を落とします。

  アカバナ?  キランソウ
       アカバナのロゼット?               キランソウ

色々なロゼットも見られます。 水面に広がっているのは調べるとイケノミズハコベの
   ような気がしますが、水草類はほぼわかりません。 でも面白そう・・・・・ 

  オニノゲシ  イケノミズハコベ?
   オニノゲシ                 イケノミズハコベ?

   この立派に育っているのは、オオカワジシャでしょうか? 外来種ですが・・・
            お花はカワジシャより華がありますね。 

  オオカワジシャ  クレソン
         オオカワジシャ                  クレソン

        葉っぱが赤く紅葉したゲンノショウコ?はとても綺麗です。

  ゲンノショウコ1  ゲンノショウコ2
                       ゲンノショウコ

      なんか・・・軟らかそうで美味しそうな野草でいっぱいです。  ゴクッ!

  セリ  タカサブロウ
        セリ                 タカサブロウ

         タネツケバナ?と思ったのですが、茎がやけに毛深い! 
  マルバコンロンソウでしょうか? もうこんなに咲き始めているのですね?

  マルバコンロンソウ  ハコベ
  マルバコンロンソウ               ハコベ 

   シダや苔も面白そうなのですが、難しい~・・・ まずはヤブソテツの仲間から??    

          ヤブソテツの仲間
                 ヤブソテツの仲間

           「もう行くぞ~」 の声に促され、先へ進みます。

      通った事の無い所を行くのはワクワクします。 さて次は・・・・・
     どっちへ行こうかな? と思っていると、作業中のおじさまが・・・
「ここ行くと何処へ抜けますか?」 「何処へ行きたい?」 「いえ、目的無しで・・」
    「大倉ダムを越えて白糸へ行くよ!大倉ダムはすぐそこだよ」 と。

  なかなかいい所では無いですか・・・・・ また季節を変えて訪ねる事にしましょう。

  DSC04356.jpg  DSC04357_2017020200004543b.jpg
                  大倉ダム

   少し日が長くなったとはいえ、そろそろ夕暮れ・・・・・ 帰る事にします。

          DSC04360_20170202000044510.jpg
                 夕日を受ける富士山
 



PageTop

セツブンソウにはまだ早かった!

      セツブンソウの下見に出掛けて来ました。 果たして??
 お隣の県まで出掛けます。 雪はどうかな?と心配したのですが、道脇や畑には
          あるものの、問題なく通れてヤレヤレです。

ただ、セツブンソウの近くで工事が行われていて、車を止めるにはちょっと大変かも?

   さて・・・・・ 現地へ行ってみると・・・・・ 予想はしていたものの・・・・・ 

 最盛期にはセツブンソウ畑になる場所は、枯葉の積もった、ただの は・た・けです。
    でも何処かに?・・・・・ わ~、たった1輪だけ咲いているのが目に入りました。

  DSC08994_201702012300380b9.jpg  DSC08985_20170201230039ce7.jpg
      ヒメフウロ?                  

  落ち葉の辺りをじ~っと眺めていると・・・ モヤシにも似た蕾も見えてきました。
   膨らんだ蕾を持ったものや、まだまだ落ち葉の下で眠っている子など・・・・・

  セツブンソウ1  セツブンソウ2

     開花したセツブンソウは2株ありますが、同じ個体のものです。
           たった1株では寂し過ぎますから・・・・・ 

  セツブンソウ4  セツブンソウ3

     セツブンソウでこの状態ですから、近くで見られミスミソウはまだまだでしょう。
      セツブンソウの終わりに近い頃にミスミソウが見頃になるようですから・・・

   *********************************

    でも・・・場所によっては咲いているかも?? やっぱり、まだかな?

  おっ!白いものが見えます。 見頃までには数日掛かりそうですが、
        もう開花し始めています。 やった~! 

  ミスミソウ2  ミスミソウ1

               まだ出始めなので葉っぱが綺麗です!

  ミスミソウ4  ミスミソウ3

          ミニミニ群落ですが、全開すると夢見心地になります。

  ミスミソウ6  ミスミソウ5

     こ~んなに開いた子もいたり、八重咲きの子も、シンプルな子も・・・・・

  ミスミソウ8  ミスミソウ7

  ちょっと移動すると・・・こちらでもまだ早いものの、やはり開花し始めていました。

  ミスミソウ9  ミスミソウ10

   ここで初めて見られた少しピンク色を帯びた子です。 わ~楽しみ・・・ 
       これは同じ株ですが、お隣にもピンク色をした子がいます。 

            どの位ピンク色が残ってくれるでしょうか?

  ミスミソウ12  ミスミソウ11

              あと数日で見頃を迎えるでしょうか??

             全開したピンクの子が・・・楽しみです。


  

PageTop