お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

近くで見られる帰化植物

           周りを見渡すと、外来種が多いですね。
その中でも、比較的目新しい植物(と、私が勝手に思っているだけですが・・・)に
                  注目してみました。

   オオイヌノフグリを白花にしたような 「コゴメイヌノフグ」 リがあります。
南ヨーロッパ原産の越年草草本だそうですが、繁殖力はかなり旺盛のようです。
    かといって何処でも見られるというわけではないようですが・・・・・

DSC05321.jpg  DSC05322_2017050701215643b.jpg
                  コゴメイヌノフグリ

  この時期楽しみにしているのは、隣の市で比較的近い2ヶ所で見ている
「ヤワゲフウロ」 です。 その名の通り、茎や花に白い柔らかいふわっふわっの
 毛がいっぱいで、よくぞこの名前を付けてくれた・・・という感じのお花です。

DSC08129_20170514015537a39.jpg  DSC08127.jpg
                    ヤワゲフウロ

     ピンク色のお花が可愛くて、一目で気に入ってしまいました。
私はここ以外では見たことがありません。 帰化植物図鑑によると、ヨーロッパ原産
で、1976年に北海道室蘭市で見られたとのこと。羊毛くず(ロックス)を用いた
    有機肥料が施用された果樹園などによく見られる、とあります。
果樹園では無く、近くに牛舎があるので、そこ由来かな?と思っていました。

最初に気づいた7~8年前には、ホンの数株だったのですが、一昨年辺りは、道端・
   畑の中まで、ヤワゲフウロだらけになり、草取りがされていました。

 その近くに咲いているのはゴウダソウです。 目立つ花と、小判のような
大きな実が特徴です。目立つ花なので、園芸用に植えたのが逃げ出したのかな?

DSC08130.jpg  DSC08132.jpg
                      ゴウダソウ

          薄紫色をした可愛いお花です。 お花の形も素敵です。

DSC06887_20170514015824070.jpg  DSC06896_201705140158239fb.jpg
                     セリバヒエンソウ

       そして、凄い勢いで増えているのは、ヒメフウロです。
 何年か前に見慣れぬ葉っぱを目にし、花期を待って調べたところ外来種の
ヒメフウロだとわかりました。 比較的自然が多く残る場所で咲いているのに
     まずは驚きましたが、飼料に混って入ってきたようです。

DSC06403_20170515222333e58.jpg  DSC06409.jpg

なかなか可愛いお花なので、庭に植えられる方もいるようで、近くでも時々見かける
  ようになりました。 まだこぢんまりとした感じですが、こういう水路を通り、
      グングン増えていっています。 このままで大丈夫でしょうか?

        DSC06405_201705152223327ec.jpg

    上記3枚は同じ場所です。 平地にもこんな風に広がっています。
     何カ所かこういう光景を目にしています。 凄い繁殖力ですね。

        DSC08494_20170515222330d58.jpg

            今後も注目していきたいものです。   

| 植物 | 2017-05-14 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |