お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ランの季節がやって来ました。 その1

 春が遅かった今年も、いつの間にかランの開花の声が聞こえる季節となりました。
   ちょっとウッカリしていましたら、もう一番良い時期は過ぎていたようです。

  でも・・・せっかくですので、まだギリギリ楽しめる子の登場です。 

DSC09731_20170613105120baf.jpg  DSC09733_2017061310511999b.jpg
                 サイハイラン

用事の帰りに立ち寄ったものですから、夕日が森の中へ長く光を伸ばして
       いました。 ちょっと元気がないサイハイランです。

DSC09736_201706131051189d4.jpg  DSC09747_20170613105117c9d.jpg
                 サイハイラン
  
            光が透ける花弁がなかなか良い感じです。

DSC09744_20170613105116d4f.jpg  DSC09742_201706131052470a7.jpg
                 サイハイラン

  ムヨウランの仲間も彼方此方に出てはいるのですが、しっかりとお花を見せて
        くれる子はいませんでした。 この子も今ひとつ・・・

DSC09751_201706131052444b6.jpg  DSC09707_20170613105246dea.jpg
               ムヨウランの仲間

      一番開いていたのはこの子です。 これで精一杯かな??

DSC09703_20170613105245530.jpg  DSC09711_20170613105243785.jpg
               ムヨウランの仲間

  クモキリソウも咲き始めたようです。 タイムアップで、これ以上は探せません。

DSC09757_20170613105652f3b.jpg  DSC09759_20170613105651dca.jpg
                クモキリソウ

     大分前の写真になってしまいますが、今年もエビネに出会えました。
もう終っている・・・と思ったのですが、良い状態の子を見つけ、それならば・・・と
              エビネのはしごをしてしまいました。 

DSC00022_20170613110051c8d.jpg  DSC09952_20170613110052e73.jpg

 確かここにもあった筈ですが・・・見当たりません。 場所を再確認しましたが
やはり間違いないようです。 30株ほどあったエビネは葉っぱ1枚残すことなく
          消えてしまいました。 ガッカリです。  

DSC09966_20170613110049b3f.jpg  DSC09965_201706131100518a9.jpg

      でも、新しく見かけたところもあり、気持ちを切り替えます。
       場所によってすこしづつお花の色も違って、いいですね!

DSC09991_20170613110117958.jpg  DSC00026_201706131101161a5.jpg

             優しい色合いのエビネは可愛いですね。

      DSC09992_201706131100483d5.jpg

          スズムシソウも時々新しい産地が見つかります。

            DSC09618_201706132023431f8.jpg

             ラン科植物はやっぱり魅力的ですね。 


PageTop

石の観察会に参加してきました!

 以前からK・Yと約束していた奇石博物館の石の観察会に参加してきました。
午前中は石のパネル作り、午後からは石花先生を迎え、ロックバランシングを
                    楽しみます。

     富士宮市の富士川沿いにある逢来橋たもとでの活動です。
         3才から70代までの老若男女が集いました。

        DSC00755_20170611060810e49.jpg

        K副館長が、午後の石花先生の紹介をして下さいました。

        DSC00756_20170611060809a84.jpg

   さて、いよいよ川原へ移動して活動開始です。 ブルーシートを広げ・・・
まず最初に、出来るだけま~るい石を全員で探します。 あっちへこっちへ・・・

    (丸いんだけど厚みがない・・これも駄目・・・この位かな?・・・) 

    皆で集めると・・・う~ん、なかなか良いのが見つかっています。         

DSC00757_2017061106124403a.jpg  DSC00761_20170611060807f99.jpg

   「今度はなるべく薄い石を拾って来て下さい」 の声に皆下を向きながら
   石探しです。 これは結構見つかります。 集合の合図に皆集まります。

 皆で品評会です。 丸い石はHさん、平べったい石はKが一番でした。 拍手~・・

   ここで、丸い石・平べったい石は、同じような仲間の石が多いことに
気づかせてくれます。 遊びながら、楽しみながら・・・仲間の石を探していました。

        DSC00760_20170611060808287.jpg

次に、石の出来方をパネルを使って解説してくれます。 小さい子にはちょっと
難しいかも知れませんが、なるべくわかりやすいように工夫されています。

透明の長い容器を使って、地層の出来方を説明してくれます。 一度目の嵐が
起きると(大小混ぜた礫・砂を入れると) 大→小へ分級して堆積していきます。
2度・3度と子供達が砂利を透明容器に入れると何層もの堆積層が出来ました。
                堆積岩です。

DSC00771_20170611060908734.jpg  DSC00770_20170611061133fdb.jpg

次に、紙粘土と色つきの小さな丸い粘土を置き、上から子供達がそれに乗り
      体重を掛けます。 地層では圧力が掛かる状態です。
色つきの層が出来ました。変成岩が出来ました。 薄く剥がれる石です。

 この後、石ころパネル作りに貼る石を探しに散らばります。 お気に入りの石・
また、外見の違った石を10個見つけます。 立派な石ころパネル台を用意して
    くれていました。 作業中の写真を撮っていなかった・・・ 

DSC00775_20170611060907e3e.jpg  DSC00778.jpg

      6月初めとはいえ、太陽がぎらぎら・・・かなり暑さが応えます。
日陰に移動し、お昼を済ませた後は、いよいおロックバランシングの時間です。
           一つは長細い石を選び、積んでみます。

3点で止めると言うのが基本のようで、カメラの三脚を使って説明して下さいました。
  その3点をなるべく近い所に持ってくると、かっこいいものができるそうです。

DSC00785_20170611060906110.jpg  DSC00797_20170611065240c14.jpg

     重心をとりながら、真っ直ぐに積むのは比較的出来そうです。
 「風になびく少女像」 を作ってみました。 後ろに写っているのは、
    2年生の少年ですが・・・

DSC00804_20170611065237758.jpg  DSC00801_20170611065238ce6.jpg

           あっちでも、こっちでも石積みがされていきます。

     こだわりのロックバランシングを終え、まったりしているHさんです。

DSC00812.jpg  DSC00811_2017061106543069b.jpg

          急遽、午後から参加された少女も石に戯れています。
                 背景の青空も良いですね!

DSC00813_20170611065429489.jpg  DSC00825_20170611065428da2.jpg

ここではロックバランシングならぬ、人間バランシングを楽しんでいる子もいます。

         DSC00829_20170611065426901.jpg

 色々な作品が出来ました。 この林立は・・・ 賽の河原を彷彿させます。

DSC00825_20170611065428da2.jpg  DSC00826.jpg

  折角積んだのが写真に撮る前に崩れてしまいました。 先生曰く、
「それだけバランスが難しい作品だからですよ」と。 褒め上手ですね!

DSC00832.jpg  DSC00836_20170611070316d7f.jpg

    みんなそれぞれに夢中です。 相変わらず空からはギラギラと太陽が
       降り注いでいます。 水分補給をしながらの作業?です。

  うわ~、良いバランスの作品が出来ました。 これは、Iさんのものかな?
皆さん、黙々と石と対峙しています。こんな事をしていると、嫌なことも忘れて
             しまいます。 無・・・ですね!

   DSC00841_20170611070610400.jpg   DSC00839_20170611070315e6d.jpg   DSC00844_20170611070314ebb.jpg

 最後に、先生の作品を見せて頂きました。 お~っ、凄い! ビックリです。 
川風に当たりながら、(強いとすぐに崩れてしまいますが)夢中で石を積んだ ”無”
            の時は、とても充実した時間でした。

   川原での楽しみがまた一つ加わりました。  楽しかった~・・・・・

  体調の優れなかった相方は、太陽に負けてしまっていましたが・・・・・

そうそう、作った作品は全て崩して行くのが鉄則だそうです。 落下して傷つく
               可能性もありますしね・・・・・

DSC00834_20170611070609308.jpg  DSC00833_2017061107031358b.jpg

これも撮り忘れ、K・Iの石ころパネルです。 自分でフィールドネームをつけるの
ですが、Kは、ジバニャンシリーズで。 裏には、ひとつひとつKさんが確認して
    下さった正式名を書きました。  オレ(K)の宝物かな?

        DSC00851_201706110706084b1.jpg

 とっても充実した、楽しい観察会でした。(おまけに・・・参加費無しです)
             ありがとうございました~。

        DSC00853_201706110706078d0.jpg


PageTop

県中部の山歩き

           またまたブログサボり病にかかっていました。 

 そろそろ動き始めねば・・・もう閉鎖したのでは?と思われそうです。 
               さ~てっと!

          県中部の山を、仲間と一緒に歩いてきました。
コアジサイは、車中から見る景色が一番でした! 登山道沿いは、ちょっと寂しい。

DSC09087_201706092257000fb.jpg  DSC09086.jpg
        コアジサイ              オオバウマノスズクサ

    立派なオオナルコユリに目をとめます。 いいですねえ~・・・

DSC09092_20170609225658ea2.jpg  DSC09091.jpg
                  オオナルコユリ

オウギカズラも咲いていました。 以前東部で見たものより少し色が濃いめです。
    葉っぱの割にお花は少ないのですが、それでも可愛いお花です。

DSC09094_20170609225657c6b.jpg  DSC09097_20170609225737932.jpg
                   オウギカズラ

タチキランソウもその近くで花を咲かせ始めていました。 ちょっぴり似ています。

  ここではキジョランも見られました。 それならアサギマダラの幼虫は?と
         葉っぱの裏を見ていくと・・・あったあった! 
           んっ?でもあの色がまだ出ていません。
      それでもやっぱり・・・この食べ方は、アサギマダラでしょうね?

DSC09102_20170609225735267.jpg  DSC09101_20170609225736835.jpg
     タチキランソウ             アサギマダラの幼虫?

   「これ何?」の声に目をやると・・・ アオホオズキがちょんと立っていました。

                あっ、こっちにもいましたよ。

DSC09106_201706092257334a3.jpg  DSC09104.jpg
                  アオホオズキ

 3枚の葉が特徴的なのは、ミツバテンナンショウです。 我が家の近くでは
見ることが出来ない子です。 でもここでは、た~~~っぷり楽しめそう・・・

      残念ながら、お花はとっくに終ってしまっていました。 

DSC09109_201706092331249de.jpg  DSC09108_20170609233125bff.jpg
  ミツバテンナンショウ                ナベワリ

         この花を見たい!! と、計画したのですが・・・・・

  他の方のブログで、たくさん咲いている様子を目にし、内心ニヤニヤでしたが・・

 場所によっては、こんなに花期のズレが有るのですね? まだまだ固い蕾です。

                  あえなく・・・撃沈です! 

DSC09110_20170609233123ecb.jpg  DSC09113_201706092331235ae.jpg
                 蕾のカキノハグサ

 下見では、少し歩くコースも違っていましたので、こんな子も見られました。
   よく見るお花ですが、こんなに花付きのいいのは初めてでした。 

DSC00597_20170609235237531.jpg  DSC00598_20170609235255824.jpg
                     アリドオシ

  この時期、ちょっと寂しい登山道でしたが、ツツジの仲間がチラホラ・・・
   花の下に触れると少し粘りがあります。 モチツツジのようです。

DSC00480_20170609235240cdd.jpg  DSC00567_2017060923523808d.jpg
         モチツツジ             ヤマツツジ

やはり我が家の近くでは見られないテイショウソウですが、葉っぱの模様や
   色合いに変化があり、とても面白い! お花も素敵です。

DSC00461_2017060923513497f.jpg  DSC00462.jpg
                 テイショウソウ

               チャボの葉っぱも顔を出していました。

DSC00469_20170609235132d20.jpg  DSC00454_20170609235131e83.jpg
       テイショウソウ                 チャボホトトギス

     フクオウソウの葉っぱの上では、コアオハナムグリが休んでいました。

        DSC00488_20170609235240974.jpg
                   コアオハナムグリ

 この子は、アオオサムシ?それともオオオサムシ?口に青虫をくわえ、
 お食事中のようでした。 青虫は 「助けて~」と身をよじらせています。

その様子をカメラに収めようと少し追いかけたら・・・青虫を落っことして逃げて
      行ってしまった。   わ~、ごめんごめん・・・・・

        DSC00493_20170609235239fbb.jpg
                   アオオサムシ?

   今年、あの堅いつぼみのカキノハグサに逢いに行けるだろうか?

              いや、行かなくては・・・・・  




PageTop

富士山麓の森をゆったり歩き・・・

 いつかこの森をこの仲間とゆっくりと歩きたい・・・と思いつつも思いだけに
留まっていました。 今回急遽その計画が実行でき・・・久しぶりに再会できました。
   少し濃さは感じ始めたものの、気持ちのいい新緑の森です! 

DSC09799_20170531023634639.jpg  DSC09803_20170531023633779.jpg
 コケの中にセントウソウ                  ブナの木

      入口から色々気になることも多く・・・なかなか進めません。
      それぞれに見つけては、あっちに寄り、こっちへ寄り・・・・・

カジカエデの残り花にもう翼果が付いていました。 大きい子あり、小さい子、
       また、開いたのもあり、余り開かない子も・・・・・

DSC09811_2017053102363183e.jpg  DSC09813_201705310236325a8.jpg
           ゆったり観察                    カジカエデの種子

      足元にはタニギキョウやもうすぐ咲き始めるフタリシズカも・・・
         見上げると、陽に透かされた若葉の美しいこと・・・

DSC09815_20170531023630eb1.jpg  DSC09816_20170531023739426.jpg
  タニギキョウ                  チドリノキの新葉

   ヤマシャクヤクも丁度見頃が訪れていました。 ふわっとした蕾もいいし、

DSC09827_20170531023738233.jpg  DSC09818_2017053102373723f.jpg
                      ヤマシャクヤク

  富士山と一緒の姿も・・・と思ったのですが、カメラの合わせ方が難しい・・

              DSC09829_201705310237364a7.jpg
                  ヤマシャクヤク(うっすら富士山も)

                芽吹きはそれぞれ柔らかで・・・・・

DSC09845_20170531024306396.jpg  DSC09836_20170531023736b2b.jpg
   やまぶどうの新芽                   ケヤキかな?

   足元の草花は既に終えたものが多く、僅かにクワガタソウやシロカネソウが
                       華を添えてくれます。

DSC09837_20170601205954e1a.jpg  DSC09854_201706012059534be.jpg
       カジカエデ一部の葉は赤い              クワガタソウ

   もう終ってしまったと思ったヤマウツボがポツンと姿を見せてくれました。
誰が見つけてくれたか・・・何だか怪しい物体! いったいこれは何でしょう??

DSC09848_201706012059529bb.jpg  DSC09842_20170601205951b47.jpg
     ヤマウツボ                   不明のもの??

  色々な巨木が迎えてくれる森の中・・・ う~ん、なかなか立派なミズナラです。
     ゆったりふ~わり楽しんでいると、いつの間にやら時間切れです。

心地よい時間も・・・・・また次回ですね! ほ~っとなる仲間との楽しい時間でした。

DSC09859_20170601205950729.jpg  DSC09861_20170601210103aed.jpg
              ミズナラの巨木                ヤマシャクヤク

こちらはまだ少し時間も余裕。 Kさんと場所を変えて・・・ちょっとお邪魔します!
少し場所が変わるだけで、下草はセントウソウからイワセントウソウに変わります。

DSC09865_201706012101013ae.jpg  DSC09864_201706012101039cb.jpg
  マメザヤタケ?                     イワセントウソウ

       ワチガイソウやミヤマスミレに、シーズン終わりのご挨拶!

DSC09876_20170601210551c32.jpg  DSC09872_201706012105502df.jpg
          ワチガイソウ                 ミヤマスミレ

           ムシカリも真っ白なお花を付けていました。

DSC09873_20170601210549e15.jpg  DSC09884_20170601210548de4.jpg
     ツクバネソウ                   ムシカリ

  道端では、一面白く感じられるようにマイヅルソウが咲き始めていました。
              小さい体に白い花・・・可愛いです!

DSC09883_20170601210648b0c.jpg  DSC09881_20170601210649098.jpg
                      マイヅルソウ

        楽しい1日も、もう終了です。 今度はホントに帰ります! 

花の移ろいは早く・・・ 今はヤマシャクヤクは立派な種子になっている森の中です。

  

PageTop