初めての谷川岳  その2

  谷川岳後半です。 がっ! 頂上までは、まだ暫く掛かりそうです。
ノンビリ隊は、花に足は止まり、時折見せてくれる墨絵のような景色に
    また足は止まり・・・ 何時になれば到着するのでしょう? 

   DSC09741.jpg

クガイソウが伸びやかにその尾を伸ばしていました。 一息つきながら下を
         覗き込むと、優しい色をしたお花畑です。

DSC09728_20170828011643aa8.jpg  DSC09719_20170828011642370.jpg
     クガイソウ                 シモツケソウなど

        大株で広がっているのは、ヤマブキショウマでしょうか?

       DSC09730_201708280116435c5.jpg
                  ヤマブキショウマ??

  まだ見ぬ全景は一体どうなのでしょう? 次回は眺めてみたいものです。

       DSC09739_20170828011641aec.jpg

 待ちわびたホソバヒナウスユキソウが出てきました。 残念ながら殆ど終って
      いましたが、僅かに黄色いお花が残る子もいました。

     このウスユキソウの仲間は、どの子を見ても好ましい・・・

DSC09750_20170828011640b08.jpg  DSC09755_20170830052032403.jpg
                 ホソバヒナウスユキソウ

            岩場では色々の花が咲き競っていました。

DSC09759_20170830042518e13.jpg  DSC09762_201708300425177d9.jpg
     ミヤマセンキュウ               ウスユキソウ

      富士山でお馴染みのミヤマシャジンやヒメシャジン・・・

DSC09775_20170830042517937.jpg  DSC09794_20170830042516a92.jpg
    ミヤマシャジン                ヒメシャジン

      地面を這うように咲いているのは、イブキジャコウソウです。
         そっと撫でて香りを嗅ぐと・・・・・ 良い香り。

       ピンク色のお花に混じって、白いお花も見られます。

DSC09788_201708300426462d5.jpg  DSC09786_2017083004264790c.jpg
  イブキジャコウソウ紅白           イブキジャコウソウ白花

蛇紋岩の岩場が続きます。 所々鎖があり、気をつけながら登っていきます。

   DSC09773_20170830042645073.jpg  DSC09768_20170830042648051.jpg
   ぬめっとした蛇紋岩           鎖を使って・・・

      お花を楽しみながら、慎重に・・・ お花たちに癒やされます。

DSC09782_201708301043406dc.jpg  DSC09803_201708301043390ca.jpg  DSC09823_20170830104338f2c.jpg
 シブツアサツキ     シモツケソウなど      ヒカゲノカズラ 

登り始めに見たホツツジですが、高度が上がると、ミヤマホツツジに変わります。
花柱がゾウさんのお鼻のようにクルッと丸まって上を向いているのが特徴です。

    相変わらずの岩場の登りですが、お花があると元気な二人組です。

DSC09830_20170830104337068.jpg  DSC09858_201708301043366fb.jpg
    ミヤマホツツジ              登る登る・・・

     こんな調子ですから、タイムコースよりかなり遅れ気味です。
     それでも頂上が近くなってきました。 あとひと頑張りです。

DSC09861_20170830104512ede.jpg  DSC09804_201708301045128b1.jpg
   キソチドリ                 チシマゼキショウ

      タテヤマリンドウは花を閉じたまま・・・ まあ、仕方ないですね!
          オニシオガマは、やっと咲き始めたようです。

DSC09863_201708301045119f4.jpg  DSC09872_2017083010451090f.jpg
      タテヤマリンドウ              オニシオガマ

              大きな岩・一枚岩の蛇紋岩も大きい~。

         DSC09881_20170830104509053.jpg
            蛇紋岩のイワ・いわ・岩・・・

  終盤のタテヤマウツボグサでしたが、中にはまだこんな良い子もいました。

        DSC09886_20170830105028ad4.jpg
                  タテヤマウツボグサ  

      雨に濡れ少々お疲れ気味のカラマツソウの仲間です。
  観察力不足で、名前がわかりません。 ?が多くなったブログです。 

DSC09896_2017083011444486e.jpg  DSC09873_201708301059381ed.jpg
     ?カラマツ              クロバナヒキオコシ

   ザンゲ岩などあるのですね。 心の中で 「ザンゲ・・・」 です。

DSC09940_2017083010593437e.jpg  DSC09919_20170830105936c32.jpg
     ウラジロヨウラク             ザンゲ岩

                    さらに頑張って進みます。

DSC09935_20170830105935353.jpg  DSC09944_2017083011005660e.jpg
     タカネアオヤギソウ              タニウツギ

 頂上近くになると雪渓が残っていました。 雪解けを終えてまもない場所には、
          遅ればせの子たちが顔を出しています。 

       これだからこそ季節外れの子に出逢えるのですね!
 
   DSC09957_201708301100554b7.jpg  DSC09968_20170830110054320.jpg  DSC09969_20170830110053c59.jpg
  ムシトリスミレ   ショウジョウバカマ    ジョウシュウキバナノコマノツメ? 

  数は多くないのですが、色々な種類の子たちが待っていてくれました。

DSC09988_20170830110052ff7.jpg  DSC09990_20170830110924fe2.jpg
      イワカガミ                 イワイチョウ

   わ~、とっても綺麗な良い状態のオゼソウが林立しています。
 優しい色合いで・・・いいですねえ。 暫く見惚れてしまいました。

DSC09978_20170830110922afb.jpg  DSC09976_201708301109235d1.jpg
                     オゼソウ

  お花たちも楽しんだし・・・さあ頑張って登らないと帰りが心配です。

DSC09991_20170830110921839.jpg  DSC09996_20170830110920cf8.jpg
      アカモノ                 ハクサンコザクラ

   頂上へはあとひと登りです。 茎や葉が少しエンジ色を帯びたキオンが
        咲いていました。 何か別の名前があるのかなあ?・・・

DSC00005_20170830111154be1.jpg  DSC00007_20170830111153f1b.jpg
                            キオン

             やっと頂上です。 トマノ耳! 

        麓から眺めただけのピークに立っています。
  遅い食事をとり・・・次に来るはずですから、オキノ耳は宿題とします。

DSC00014_20170830111151fc5.jpg  DSC00009_20170830111152128.jpg
      ミヤマシシウド                 トマノ耳

    ゴロゴロとした岩場をドンドン下ります。 肩の小屋も過ぎ・・・

DSC00042_2017083011154165f.jpg  DSC00047_201708301111509df.jpg
      オオバツツジ?              マイヅルソウ

    真面目な下りです!  ただ、何か目に付くと・・・止まってしまう。

DSC00051_20170830111540ae8.jpg  DSC00034_201708301115404ac.jpg
     ノギラン                    スミレモ?

 岩場を下りきり、避難小屋まで来るとロープウェイ乗り場は近いようです。
      なだらかな道沿いにはシダが一面に広がっていました。

DSC00071_20170830111538346.jpg  DSC00056_20170830111539499.jpg
     一面のシダ                    グングン下る

 木道を辿り、天神平に向かいます。 最終のロープウェイが5時とのことで、
                充分間に合います。

DSC00086_201708301116589ae.jpg  DSC00113_20170830111657297.jpg
     あと少し・・・              タマガワホトトギス

図鑑で見て、なかなか可愛いお花・・と思っていたアクシバに初めて出逢えました。
       少し遅めでしたが、やっぱり嬉しいものです。

        DSC00080_201708301116589dd.jpg
                      アクシバ

 出来れば下りも歩きたかったけれど・・・ あの歩きでは、時間が足りません。
     初めての谷川岳の余韻を楽しみつつロープウェイで
         あっという間に出発点に帰ってきました。

   ゆったりと温泉に浸かり・・・ 助手席でゆったりさせて頂きました。

DSC00119_2017083011165610b.jpg  DSC00128_20170830111655a64.jpg
    ロープウェイ乗り場              茅の輪くぐり?

   とっても楽しい山歩きが出来ました。 Kさんありがとうございました。

                 次はいつ来られるかな~?

 (慣れない場所で、お花の名前間違いも多いと思います。ご指摘頂ければとっても嬉しいです)


初めての谷川岳 その1

  7月の連休明け、 「山に行くぞ~!」 と張り切っていました。
ところが・・・ズッと天気も悪く、延期延期で、行けずに終っていました。 

それならば場所も変えて、1泊で谷川岳・白毛門を歩こうと言う話に目が
キラキラ! しかしながらそれも叶わず、結局は日帰りで初の谷川岳です!

 若い頃、読んだ小説の影響で、谷川岳=遭難・事故・怖い・近づけない・・
  がインプットされ、憧れのまま出掛けることのなかった山域です。

ちょっと古い話になりますが、7月27日、7時半過ぎに西黒尾根から谷川岳に
入りました。 ここは三大急登の内の一つだそうです。 大丈夫かなあ? 

  綺麗なブルーの装飾花をつけたエゾアジサイが迎えてくれます。

DSC09430_201708270604282c2.jpg  DSC09455_2017082706042746c.jpg
     西黒尾根への道               アサギマダラ

   樹林の中をグングン登っていきます。 暫くはお花もなく、順調に・・・
    途中、思ったよりも天気も悪くなり、雨具をつけて進みます。 

   おっ、久しぶりに見るアリドウシランです。 小さくて可愛い子です!         

DSC09475_20170827060426396.jpg  DSC09484_20170827060425fc2.jpg
                 アリドウシラン

 この葉っぱはトクカワソウなんだそうです。 私はイワウチワそっくりの
トクカワソウの花にはまだ逢ったことがありません。 違いもわかりません。 

       う~ん、ジョウシュウオニアザミでいいのでしょうか?

DSC09471_201708270604257f2.jpg  DSC09499_20170827060620db5.jpg
    トクカワソウ                ジョウシュウオニアザミ?

DSC09513_20170827060620993.jpg  DSC09518_20170827060619159.jpg
                             ホツツジ

   樹林帯を抜けると、段々怪しい歩きになってきました。 お花がないと
普通の人の歩きが出来るのですが、やたらとお花が目に入り邪魔をします??

DSC09519_20170827060618e2f.jpg  DSC09533_20170827060617daa.jpg
     ミヤマシャジン                  ミヤマセンキュウ

ナエバキスミレの咲き残りにも逢えました! シモツケソウの鮮やかなピンク!

DSC09547_20170827225419b32.jpg  DSC09550_2017082722541828b.jpg
      ナエバキスミレ              シモツケソウ

  タカネアオヤギソウもいました。  キク科の子はタカネコンギクかな?
       山域が変わると、お花の名前がわかりません・・・ 

DSC09555_201708272254178fe.jpg  DSC09559_201708272254174f2.jpg
      タカネアオヤギソウ           タカネコンギク

   まるで花火のようなハクサンサイコの作りが気に入っています。 

    シブツアサツキの素敵なこと・・・優しい良い色をしていますね!

DSC09568_20170827225704cc0.jpg  DSC09564_20170827225416663.jpg
  ハクサンサイコ                 シブツアサツキ

鮮やかなクルマユリも点々と咲き始めていました。 ソバカスのあるのは・・
   コオニユリのようです。 空に向かってグンと伸びていました。

DSC09604_20170827225702ae7.jpg  DSC09599_20170827225702259.jpg
        クルマユリ             コオニユリ

           クガイソウも咲き始めています。 
   キンコウカは、我家の近くではることが出来ないお花です。

DSC09603.jpg  DSC09573_201708272257036e6.jpg
      クガイソウ                キンコウカ

  一気にお花が多くなって来ています。 そうなると、さらに鈍足になり・・・
時折、ガスの間から頂上方面が望めるのですが、到着はかなり遅れそう・・

DSC09613_20170828005902277.jpg  DSC09630_20170828005902488.jpg
   ハクサンオミナエシ            蛇紋岩と格闘する?Kさん

 蛇紋岩の岩場が続きます。 濡れてくると滑りやすいので注意が必要です。

DSC09632_20170828005901903.jpg  DSC09647_20170828005900d73.jpg
                            イタドリ

コメツツジも数多く見られたお花です。 残り花ですが、楽しませて頂きました。

DSC09685_201708280058599fb.jpg  DSC09655_201708280102122e4.jpg
     ニガナ                     コメツツジ

道端にモウセンゴケが多く顔を出しているのにもビックリ! 残念ながらどの子を
                見てもまだ蕾です。 

DSC09659_20170828010211131.jpg  DSC09652_20170828010211d3b.jpg
    モウセンゴケ                ハナヒリノキ

          コゴメグサの仲間も頭を悩ます子たちです。
 ツルアリドウシが斜面に点々と咲いていました。 帰りにはピンク色を帯びた
  美人さんもいましたよ。 ただ、写真にするとなかなか色が出ないのです。

DSC09654_201708280102102fc.jpg  DSC09704_20170828011151269.jpg
     コゴメグサの仲間              ツルアリドウシ

    ヨツバヒヨドリも花盛りです。 雨は落ちないものの、相変わらずガスに
   巻かれての山歩きです。 でも、お花畑が続くので、目は忙しい。 

       DSC09689_20170828011152a35.jpg
                   ヨツバヒヨドリ

ガス切れ目から、時折山並みが垣間見えます。 これもまたなかなかいいものです。
          ここでやっと巌剛新道と道を合わせます。

             うわ~、まだまだ着きそうにありません。

DSC09719_20170828011642370.jpg  DSC09693_20170828011152968.jpg





クサアジサイ&ハコネクサアジサイ

   写真を撮りだめしたまま、アップできずに田舎へ出掛けていました。
    それらがここに登場できるのか?・・・ 怪しい所です。 

殆ど山はお預けで、相方と1日だけ少し道ばた観察をしたのみで帰宅しました。

                残~~~念!

その道端で、クサアジサイに出逢いました。 以前みた所とは別の場所ですが・・・
   とても 「クサアジサイ」 とは言えないほど、木質化した感じがしました。
    駐車場の脇に10本ほどが70~80㎝ほどの茎を伸ばしていました。

    富士山麓でみられるハコネクサアジサイとは、どう違うのだろう? 
ちゃんと観察はしてこなかったのですが・・・ どうやら大きさ・鋸歯の数に違いが
                    あるらしい・・・

*クサアジサイ  葉は互生 距歯15~38個 花茎は50~80㎝ 
           装飾花を持つ多年草  分布は本州・四国・九州
*ハコネクサアジサイ 葉は対生、時に互生  鋸歯は7~12個  静岡・神奈川に多い
          本変種に付いての記載 花茎10~36㎝ 最大葉の長さ27~85㎜
          幅7~16㎜  葉の側脈片側に4~6本  鋸歯は片側に7~16個
                            (神奈川県植物誌より)
          
 ハコネクサアジサイの方には、装飾花がみられないのも特徴のような気が
        しますが、近い内にもう一度確認が必要です。 

DSC09803_201708182242333c3.jpg  DSC09801_20170818224234122.jpg
                  四国の道端で見たクサアジサイ

   ヤマアジサイ? と思ったら、お花が違います。 これも・・・クサアジサイ!

         DSC09799_2017081822423268b.jpg
                       クサアジサイ

       市内で、8月の初めに草むらを覗いてみると・・・
      あっ、ハコネクサアジサイが咲き始めています。 

DSC09636_20170818224230891.jpg  DSC09640_20170819020404acd.jpg
                     ハコネクサアジサイ

       花火のようで、とても可愛いお花です。 

       DSC09632_2017081822423126d.jpg

    帰宅後、どうなってるのかな~? と再度訪ねてみると・・・
少し最盛期は過ぎていたものの、ピンクの花々が、地面一杯飾っていました。

DSC00771_201708182243334c6.jpg  DSC00769.jpg
葉が対生のハコネクサアジサイ

        派手さはありませんが、ナンとも可愛いお花です。 

DSC00787_20170818224354c67.jpg  DSC00772_201708182243323c4.jpg
                            葉が互生のハコネクサアジサイ

   葉っぱは対生? と観察していたら、結構互生の個体も多くいます。
花茎は20㎝前後の小さめのお花です。 明らかに四国産のものとは違います。

DSC00773_201708182243312cd.jpg  DSC00775_201708182243551d2.jpg

 因みに葉っぱの大きさはどうかな?と計ってみると、長さ70㎜、最大幅22㎜、
      葉の側脈は片側に8本、鋸歯の数は片側16個でした。

   むむっ! 葉の幅と側脈の数が越えてるぞ!  けど、マ、いいか・・・ 

        DSC00774_20170818224330e36.jpg

このハコネクサアジサイ、私の中では市内で2ヶ所の分布が確認されています。

           やっぱり毎年逢いに来たくなるお花なのです。


奇石博物館

 少し前になりますが・・・ 奇石博物館の館内をじっくりと楽しませて頂きました。
      行く度に展示も替わり、今回は楽しい展示が目を引きます。

DSC00297_20170805213103375.jpg  DSC00298_20170805213103068.jpg

        恐竜の通行止めキャラクターもなかなか可愛い・・・

        DSC00299_20170805213102e3c.jpg

  館内入口の大型標本も、綺麗です。 解説コーナーも大分変わったようです。

        DSC00300_20170805213101d1d.jpg

      ここにも居ました恐竜君。  女の子・・・も??

        DSC00411_201708052214465b2.jpg

        「うんこコーナー」 も充実。  健康の源ですからね!

DSC00301_20170805213059c42.jpg  DSC00302_20170805213229957.jpg

                  こんなドリルもあったんだ~!

         DSC00304_201708052132285f8.jpg

  前回は、まだ途中だった新しいコーナーもしっかりと完成していました。
          標本展示の切口が楽しい博物館です。

DSC00317_20170805213225546.jpg  DSC00339_20170805214027145.jpg

博物館が出来るきっかけとなった標本は、この先生の寄贈から始まったとか・・

DSC00335_201708052140264c6.jpg  DSC00350_2017080521402589c.jpg

 石ころクイズがあったり・・・ 光る石のコーナーは孫たちのお気に入り。

DSC00374.jpg  DSC00378_201708052140237cc.jpg

      そして、私の好きな展示は宮沢賢治さんのコーナーです。 
     椅子や童話の本があり、ゆったりと休憩しながら楽しめます。

今回は、そこに岩手弁の 「雨にも負けず・・・」 の朗読が流れていました。
ひとりゆったりですので、ズッと耳を傾けていました。 1度終って席を立とうと
       したら、今度はおばあちゃんの声でまた流れます。 

   またまた、「ほ~・・」っと、聞き惚れてしまいました。 いいね~・・・

DSC00385_20170805214131c9d.jpg  DSC00382_20170805214132fff.jpg

   作品の一場面の様子の展示があります。 中を覗いてみると・・・・・

        DSC00386_20170805214130062.jpg

 こんな素敵な展示がありました。 富士宮の芸術家Mさんの作品ですが、
外のモニュメントや展示に関わる小物など、ほとんどこの方の手による
   もので、どれをとっても素敵で、標本が一段と引き立ちます。 

こんなアイデアは一体どこから出てくるのでしょうか? ビックリです!          
          私は、Mさんの大ファンの1人なのです。

        DSC00387_201708052141297c2.jpg

     ナンカ・・・雰囲気が合って良いですねえ~・・・ (これも多分)

DSC00399_2017080521412891f.jpg  DSC00401_20170805215642038.jpg

 そしてこの夏、集大成の 写真展が 8月7日~8月31日 まで、研究棟2階で
行われます。 博物館周辺でみられる「野鳥」・「蝶」・「花」は昨年までに終え、
今回の「虫」で完結です。 写真は地元のナチュラリスト佐野さんの作品です。

大きな体に優しい瞳の佐野さんから色々なお話しを伺うのも楽しいのでは?・・
         
         img001.jpg

                 写真展の入場は無料です。

             そして、こんなお知らせも頂きました。

 8月9日(水) 所さんの 日本テレビ 「笑ってコラえて!」 19:56~20:54 の
         コーナー名 「日本列島記念館の旅」で、石好き男女4名と
         博物館学芸員が、平愛梨さん(長友選手の奥様)に石の面白さを
         伝える・・・と言うものだそうです。 是非! 私も楽しみです!

小さなお花たち

  もうそろそろ顔を出しているだろうか? イヤまだちょっと早いかな?
ちょっとドキドキで森へ入ります。 何だか今年は森の中が少し明るくなった
            気がします。 大丈夫かな~?

   踏みつけないように気をつけながら進むと・・・居ました居ました!
  昨年に比べて花はグンと少ないものの、ヤクシマヒメアリドウシランです。
よ~く見ると、花茎を伸ばしている子や、蕾を持った子もいますので、これから
   賑わうのかも知れません。 ハクウンラン似のなかなか良い子です。

DSC09557_20170805014503dec.jpg  DSC09572_201708050148316cc.jpg
             ヤクシマヒメアリドウシラン

  スギの落ち葉の間から、白い花を付けているので花さえ咲いていればすぐに
                      見つかります。

        DSC09558_20170805014503578.jpg
                ヤクシマヒメアリドウシラン

      ちょっと様子見だけでしたので、写真を多く撮っていませんでした。

        DSC09589.jpg
               ヤクシマヒメアリドウシラン

   小さくて、見つけるのは難しいかな?と思いきや・・・ 黒っぽい地面に
ヒナノシャクジョウの白い花はクッキリと浮かび上がり、出ていれば難なく見つける
                   ことが出来るのです。

DSC09564_2017080501450007e.jpg  DSC09595_201708050148312c3.jpg
               ヒナノシャクジョウ

 初めて出逢ったときは、「なんだこりゃ!」 と思ってしまいそうですが、図鑑で
    (こんな子には逢うことは無いだろうな、でも逢ってみたいな・・・)
          と思っていたので、すぐにそれとわかりました。

        DSC09592_20170805014832c43.jpg
               ヒナノシャクジョウ

  先っちょが茶色っぽくなっているのは、花の咲いたあとのようです。
      黄色く先が開いているのが、ただいま開花中です。
全然ピントが合っていないので、わかりにくいですが、何となく黄色っぽい・・
              
        DSC09554_20170805014501dbc.jpg
                  ヒナノシャクジョウ

    そして、ヒナノシャクジョウとセットで出てくるのは、ホンゴウソウです。
写真からすると、赤くて比較的見つけられやすそうですが、これがなかなか・・・

立って探したのでは、絶対に見つかりません。しっかりしゃがんで、私の場合は
    メガネを外して目を少しづつずらしながら探していきます。

    見つからなければ、足元に気をつけて位置を変えます。
      そして、運が良ければ・・・・・ホラ、見えてきた!

DSC09575_20170805015932dce.jpg  DSC09579_20170805015931469.jpg
               ホンゴウソウ

上の方にいる丸っこいのが雄花、そしてトゲトゲの見えているのが雌花のようです。
  よく似た仲間にウエマツソウなるものが居るようですが、まだ出逢いは
        ありません。 その内出逢えると嬉しいなあ・・・

DSC09576_20170805015915cf5.jpg  DSC09566.jpg
                 ホンゴウソウ

 
            森の中は色々なものが生きていて面白いね!





エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる