FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山登山ルート3776  海抜0mから富士山へ  その4(最終)

2017/10/29 01:53 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

  さて、今年中に3776を登り終えるだろうか? とちょっと心配になっていました。

24日その日がやって来ました。この日を逃せば、今年の可能性は低くなりそうです。
ただ、この日は2~3時間掛かる用事があり、間に合うかどうか怪しい状況でした。 
    用事を終え、コースの続き六合目を出発したのは、10時7分でした。

       昨年の11時出発よりは、少し余裕がありますが・・・

DSC09912_20171029202438bca.jpg  DSC09917_20171029202437cb4.jpg
    富士宮口五合目              六合目の小屋

 草紅葉は盛りを越え、茶色に変色していましたが、木々の紅葉は見頃です。
           お花も終えて、ドライフラワーが見られます。

DSC09921_201710292024354bd.jpg  DSC09920_201710292024365f2.jpg
    宝永山方面               ミヤマアキノキリンソウ

    コケモモが赤黒っぽく完熟していました。 少し口に含むと・・・
濃厚な味です。 酸味と甘みと少しの苦みも感じますが、良い味です。 

DSC09942_20171029202539959.jpg  DSC09923_20171029202434918.jpg
   イワツメクサ                 コケモモ

          足元には色々な色や形状の石がゴロゴロ・・・
         ちょっとだけ黒曜石っぽい玄武岩も見られます。

DSC09940_20171029202540759.jpg  DSC09938_20171029202541486.jpg
                色々な噴出物や溶岩

     大分登ってきました。 宝永山が段々遠くなっていきます。

   DSC09933_201710292025427cf.jpg
                 下方は宝永山&カラマツの紅葉

   ミヤマオトコヨモギの葉は、赤く色づき変化もあってとても綺麗です。
         ミヤマヤナギは綺麗な黄葉を見せてくれます。

>DSC09943_201710292030485ba.jpg  DSC09927_20171029202543cd4.jpg
     ミヤマオトコヨモギ                ミヤマヤナギ

       登るにつれ、赤茶けた岩肌が目に付くようになりました。

DSC09947_201710292030479ea.jpg  DSC09961_20171029203046f09.jpg
      宝永山

      新七合目を過ぎ、段々高度感が増します。 良い眺めです・・・

        DSC09964_201710292030453a1.jpg
           愛鷹の峰、さらに奥には伊豆半島・駿河湾

 元祖七合目まで来ました。 足元ではチョンチョンとイワヒバリが移動しながら
                 何やら突っついています。 

ここで関東から見えられた若くて感じの良い女性と一緒になり、言葉を交わします。
      それぞれのペースがあるので、自分歩きで頂上を目指します。 

        DSC09969_20171029203044f0b.jpg
            人慣れしているイワヒバリ

     八合目近くになると、火山弾が多く目に飛び込んできます。
          ツララも見かけるようになってきました。

DSC09981_20171029203218822.jpg  DSC09972_2017102920321951c.jpg
     火山弾                下方は元祖七合目

          9月に孫のK太と共に登った八合目が目前です。
              ここでもツララが伸びていました。

        DSC09982_2017102920321774f.jpg
                 夏開設されている診療所   

        DSC09988_20171029203216844.jpg
                  もうすぐ八合目・・・

     岩陰には赤い帽子を被ったお地蔵さまが座っていました。
八合目から上は、奥宮境内地だそうです。小屋上には鳥居が設置されています。

DSC09992_20171029203859b59.jpg  DSC09993_20171029203858ca7.jpg
     八合目上部のお地蔵さま           八合目上の鳥居

DSC09996_20171029203857ec4.jpg  DSC00002_20171029203856875.jpg
    ここにも火山弾            隙間にいっぱいの硬貨

  頂上が段々近づいてきました。 九合目の3460m「万年雪山荘」です。

DSC00004_201710292038559ef.jpg  DSC00007_20171029210609cf4.jpg
     もうすぐ・・                  九合目

  全体に割れ目が入っているのは、多分パン皮状の火山弾のようです。

DSC00012_2017102921060886b.jpg  DSC00010_20171029210607e94.jpg
  パン皮状火山弾?                   九合目の鳥居

     ゴツゴツの岩を越えていきます。 あと少しで九合五勺・・・
上部に見えていた先客の方とすれ違わなかった・・? ブル道を帰られたかな?

DSC00014_20171029211322288.jpg  DSC00018_20171029211321b77.jpg
      ゴツゴツの岩場が続く・・九合五尺        頂上直下のツララ

    この矢印が書かれた石も、そしてこの大きな岩も、どうやら火山弾!
うわっ、転がってきそう?大丈夫・・ 石には杭が打たれ、留められているようです。

      頂上手前の鳥居も見えてきました。 あとひとがんばりです。

DSC00020_20171029211320ac9.jpg  DSC00021_20171029214708816.jpg
    火山弾             恐らくこの大きな岩も・・・

  到着しました。 昨年設置されたまだ新しい鳥居をくぐり、今年新しくなった
浅間神社の鳥居もくぐりホッとします。 途中から霰もポツポツ落ちてきていました。
     前々日薄く積もった雪の名残にそっと触れてきました。 硬い!

DSC00030_201710292113188b8.jpg  DSC00034_20171029211407084.jpg
  昨年申年に奉納された鳥居           初冠雪の名残雪

        DSC00032_20171029211408873.jpg
           今年新設された浅間神社奥宮の鳥居

 さて、ノンビリもしておられません。 剣が峰まで登らないと目標達成には
   届きません。 火口内を眺め、剣が峰への斜面に掛かります。

            DSC00041_20171029211407fcc.jpg
                剣が峰への途中

DSC00046_20171029211405be5.jpg
                 頂上の火口

   斜面半分まで登ったとき、寒さもあってか両足前の上部が攣ってきました。
   登り切って飲もうか迷いましたが、早めに・・・と漢方ツムラ68を服用し、
            すぐ回復しました。 良かった~ 

       DSC00050_201710292122484b2.jpg
                ここを登れば剣が峰

           火口内を覗くとここにもたくさんのツララ・・・

DSC00051_2017102922003155b.jpg  DSC00052_20171029220031121.jpg
   白山岳方面             三島岳・富士宮口登山道方面

 ひと登りで剣が峰に到着しました。 ここでタイマーを使い写真を撮ります。

DSC00054_201710292200303ac.jpg  DSC00059_201710292200281a3.jpg
     測候所跡                 日本最高峰富士山剣が峰

田子の海からの相棒 「チリメン石」(方解石部分が溶けて筋状に凹んでいる)も
      一緒です。 勿論これは持ち帰り、いつか浜へ返します。

        DSC00061_201710292200290a7.jpg
         二等三角点(一緒に登ったチリメン石も・・・)

            奥を覗き込むと・・・八ケ岳かな~? 
 コーヒーを飲み温まっていると、粉雪が舞い始めました。 そろそろ帰らねば・・
      先程の女性の方は奥宮まで登られ帰って行かれたようです。

    (剣が峰出発は14時44分です。 5時前には五合目に着けるかな?)

神社近くまで下りると、ホンの2~3分の事でしたが、風が吹き付け砂か雪か?
頬に痛いほどでした。 手袋も少し手前で厚手のものに換えていて正解でした。

        DSC00071_20171029212531e4f.jpg
                 八ケ岳方面?

   少し下っただけで、登りの時のような穏やかな天候に戻りました。
     もうあとは足元に気をつけながらドンドン下るのみです。

DSC00085_201710292125309fa.jpg  DSC00095_201710292125292b8.jpg
       八合目

         タッタッタッ・・・と下りていきます。 わ~、綺麗!
  宝永山の縁を飾るカラマツの黄葉が登りよりも鮮やかに見えます。

        DSC00096_20171029212528072.jpg
                   六合目上部

 しばし立ち止まっては景色を楽しみます。 もうここまで来れば安心です。

   DSC00104_20171029221732c3c.jpg
            箱根方面      愛鷹の峰

                  六合目の小屋を過ぎ・・・・・

DSC00106_20171029221731804.jpg  DSC00109_20171029221730869.jpg
     宝永山方面のカラマツの紅葉          六合目付近

                西の空にはう~っすらと夕日が・・・

        DSC00114_201710292217291fd.jpg

   五合目到着は16時40分。 相方を少し待って拾って貰い無事帰宅です。



富士山六合目から御殿場登山口へ

2017/10/23 12:17 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(4) [Edit]

  3776コースで海岸から3日掛けてゆっくりと六合目小屋まで到達しました。
    残りは何時になるか分かりませんが、後日仕上げ予定です。

          六合目の小屋から・・・帰りはどうしよう?
 
①村山道を下り、高鉢駐車場に行くか  ②双子山経由で御殿場に下るか?・・・

          後者に決定です。 暫く歩いていませんので・・・

 六合目村山道から樹林帯に下りて、宝永火口下部へ出る遊歩道に合流します。

DSC00956_201710231109138b4.jpg  DSC00958_20171023110912dbf.jpg
     六合目小屋脇                コイワカガミ?

       遊歩道沿いのノガリヤス?なども少し黄色く色づいています。
    遊歩道沿いには霧が出て、ちょっと神秘的な光景が広がっています。

DSC00966_201710231109100fc.jpg  DSC00963.jpg
   タイツリオウギ                  遊歩道

 何年か前の台風により倒木が進んだ辺りは、天気が良ければ陽が入りやすく
                 明るい森になっています。

DSC00964_2017102311091108f.jpg  DSC00968_20171023111019536.jpg
     倒木地帯                    宝永山

                   再び宝永山を眺め・・・・・

  DSC00977_201710231110170a1.jpg

  下って行きますが・・・ 五合目周辺の植物は、本体と釣りあわないほどに
      長く太い根っこをしています。 土台がしっかりしていますね。

DSC00975_20171023111018215.jpg  DSC00978_20171023111016923.jpg
  厳しい環境で長い根を張る 

     草紅葉は既に終え、枯れ葉色に変色している宝永の第2火口です。          

DSC00985_20171023111539524.jpg  DSC00982_20171023111538eba.jpg
      枯れた草紅葉(第2火口)                分岐

     双子山を目指しますが、途中には分岐の道が次々と出てきます。

DSC00990.jpg  DSC00993.jpg
    フジハタザオ               御殿庭上

  フジアザミはまだ元気な子が結構残っています。 この時間、人と会うことは
                       ありません。

DSC01001.jpg  DSC01004_201710231117071e1.jpg
                                   フジアザミ

 カラマツの紅葉やスゲの仲間の草紅葉を眺めながら、心地よく歩を進めます

        DSC01014.jpg
                       小天狗塚

  意外と長く続く双子山への道です。 富士山をトラバースしているような
横道歩きですが、富士山全体から見れば、ホンの ”点” 程の移動なんでしょうね。

DSC01021.jpg  DSC01022_20171023111705852.jpg
                                     三辻   

        DSC01025_20171023111704a13.jpg

   三辻を越え、こちらは四辻。 あちらへこちらへと道が続いています。

DSC01030_2017102311224512e.jpg  DSC01036_20171023112244b7e.jpg
                                   四辻

  わ~、やっと双子山です。 今回はスルーしようと思いましたが、思ったより
      速いペースで下りてきたので、下塚へ寄り道しましょう。

   DSC01045_20171023112243760.jpg
                        下塚

       ゆったりと登っていきます。 振り返ると上塚方面です。
        下塚に到着しました。  ハートの石積みです。

DSC01046.jpg  DSC01051.jpg
     上塚方面です

      頂上に立っている碑?を囲っているブロックが壊れていました。
        どうしたのでしょう?  一息ついて下って行きます。

このロープ沿いに下ります。 ガスが掛かれば、広く目標物も無い空間では迷って
                   しまいそうです。

DSC01054_20171023112355f31.jpg  DSC01058_20171023112354b60.jpg

    下塚からはさほど時間も掛からず、五合目の小屋まで到着しました。

        DSC01069_20171023112353a47.jpg

 もうお花など無いとばかり思っていましたら・・・大好きなマツムシソウが
          迎えてくれました。 元気モリモリです! 

DSC01070_20171023112352596.jpg  DSC01072_201710231123518cb.jpg
                      マツムシソウ

           ノイバラの仲間も実が赤く色づいてきました。

        DSC01075.jpg
                  ノイバラの仲間

              相方と合流し、今日の1日を終えました。

DSC01076_20171023112733524.jpg  DSC01077_2017102311273300a.jpg
    日本初スキーの地

                    その後・・・

       (10月24日、剣が峰に立ち、無事3776コースを終了しました。 




富士山登山ルート3776  海抜0mから富士山へ  その3

2017/10/22 11:39 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

  3日目は、用事があった1日を置いて、9日に旧料金所跡から山道に入ります。
  このコースは何度か通った道ですが、途中から一部未踏の場所があります。

  まずは、熊スズを付けて入ります。 今年は結構出没の話を聞きますので。

DSC00766_20171022113752433.jpg  DSC00767_201710221137517c8.jpg
      ゲート手前右から入ります。              本日の出発地

        やっぱり山道がいいですね。 ホッとします。 
 苔むした巨木には、ダイモンジソウが花盛りです。 このマムシグサの仲間は
  ユモトマムシグサでいいのでしょうか? 富士山ではよく見るタイプです。
「そうだよ~」とか、「全く違うよ!」 とか、誰かが教えてくれると嬉しいのですが・・

DSC00770_2017102211375076c.jpg  DSC00773_20171022113749452.jpg
 着生したダイモンジソウ             ユモトマムシグサ?

    ここでは、ヤマブドウが結構実っておりました。 ちょっと一粒・・・
        まだ酸っぱいですね! でも、さっぱりしています。              

DSC00780_20171022113848f01.jpg  DSC00777_2017102211374805c.jpg
       ヤマブドウ                 タンザワイケマ

溶岩の沢を渡ります。 ここに貯まった水は動物たちの貴重な水分なのでしょうね。

DSC00791_20171022113846480.jpg  DSC00788_20171022113847271.jpg
    案内板               溶岩に貯まった水

   森の中は、紅葉が始まっていました。 富士山は黄色が多く華やかさには
         欠けますが、それでもしっかりと秋が感じられます。

 ヤシャビシャクの実が少し軟らかくなっていました。 1粒口に入れると・・・
ちょっとサルナシのような甘酸っぱい味がしました。 食べても大丈夫だった?

DSC00792_20171022145723aa2.jpg  DSC00795_201710221138442fa.jpg
      オオイタヤメイゲツの紅葉          ヤシャビシャク

 静かな森の中では、人に逢うこともありません。 ノ~ンビリと森を楽しみます。

DSC00809.jpg  DSC00799.jpg
               イタヤカエデなど・・

       六合目までの短い距離ですので、急ぐ必要もありません。
                良い天気で良かった・・・

DSC00815_20171022150142e20.jpg  DSC00808.jpg
     遊歩道林内                   ツタウルシの紅葉

     迎えてくれる巨木に近寄ったり、またその上を見上げたり・・・

DSC00807_201710221457209f6.jpg  DSC00800_2017102215072144f.jpg
             個性的な巨木たち

  今年はキノコが少ない・・・と聞くものの、足元には量は多くありませんが、
            色々なキノコがポツポツと出ています。 

   DSC00810.jpg   DSC00833_2017102215055290a.jpg   DSC00790.jpg

  大分登った所で、1人の男性と出会いました。 キノコの名前聞くと
     色々教えて頂きました。 ありがとうございました。

DSC00806_20171022150551aef.jpg  DSC00839_20171022150722d86.jpg
    ムキタケ(カタハ)              ナラタケ 

            色んなキノコが色んな場所に住んでいました。             

DSC00827_201710221507234fc.jpg  DSC00875_20171022153813869.jpg
    カベンタケモドキ           チャナメツムタケ?

   かなり登った所で出逢ったハナイグチは、地衣類に包まれていました。

        DSC00877_20171022153812198.jpg
                  ハナイグチ

           倒木帯もぬけ、段々斜面も急になってきました。 

DSC00822.jpg  DSC00831_201710221646590dc.jpg
       倒木帯

こんな印が短い距離で点々と設置されていました。 どうせなら・・・と117を撮影。
       いいな・・の語呂合わせです。 苔むした溶岩も魅力的です。

DSC00842_20171022164657ecf.jpg  DSC00840.jpg
                              溶岩の上にコケ

 木々も亜高山から高山帯に入ってきました。 シラビソやオオシラビソ?

        DSC00844_20171022164656fc7.jpg
                 高山の樹林帯

唐松も色づいてきました。 足元の地衣類もミヤマハナゴケなど見応えがあります。
                アカミゴケもいました。

DSC00866_201710221648204da.jpg  DSC00872_20171022164819739.jpg
      案内板                  アカミゴケ

              マンネンスギも少しだけ見られます。

DSC00879_20171022164818702.jpg  DSC00886_201710221648173a8.jpg
    荒れ地                   マンネンスギ

 足元に白い葉っぱが落ちていました。 主を探すと・・・ウラジロノキかな?

DSC00896_201710221648170b2.jpg  DSC00895.jpg
                   ウラジロノキ

            コケモモもしっかりと色づきが良くなりました。
この辺りに来て、五合目から御庭散策に向かわれるご夫婦と、宝永山を目指す
                単独の方に出合いました。 

DSC00900_20171022172811b47.jpg  DSC00898.jpg
       コケモモ                 紅葉

              さあ、あとひと登りで、宝永山の縁へ立てます。

DSC00905.jpg  DSC00908_20171022172809f04.jpg
      ひと登りで宝永の縁             溶岩に取り込まれた深成岩

   登り切ったときには、宝永山はガスの中でしたが、少し待っていると
  さ~っとガスは退いて、300年余り前に現れたその姿を見せてくれました。

DSC00919_201710221730018d3.jpg  DSC00933_201710221730003c8.jpg
                              宝永山

    十二薬師もしっかりと屏風を立てています。 雄大な姿です。 

        DSC00936_20171022172959e41.jpg
                      十二薬師(岩脈)

          お昼を食べながら、ゆったりとその景色を楽しみます。

DSC00934_20171022172958861.jpg
                    第一火口と宝永山

 充分休憩を取り、六合目の小屋を目指します。 草紅葉や咲き残りの花を
                 楽しみつつ・・・

DSC00946_201710221729575d6.jpg  DSC00954_20171022173328779.jpg
    頂上を見上げながら六合目へ      ヤマホタルブクロ咲き残り

  六合目の小屋へ着きました。 えっ、もう自動販売機にカバーが掛けられて
       店じまい中でした。 今年の営業は本日までのようです。

他の場所は自分でスタンプを押せますが、六合目は2つ有る小屋のどちらかで
 押して頂きます。 お忙しい中でしたが、快く対応して頂き有難かったです。

                 ギリギリセーフ! でした。

DSC00952_20171022173327c63.jpg  DSC00955_20171022173326151.jpg
     ミヤマオトコヨモギの紅葉                雲海荘本日終了

         さて、残すところは六合目から山頂なのですが・・・

 21日に台湾在住の天狗さんやその友人たちと登って終る予定でした。

    がっ! 台風の接近で、山は取りやめ周辺観光となり・・・

           宿題が片付くのはいつのことやら??




富士山登山ルート3776  海抜0mから富士山へ  その2

2017/10/21 02:40 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

  あっと言う間に時間が経ってしまいました。 2日目は翌日の7日に歩きます。
出発地点の上部に、楽寿園や学園などの施設がありますが、それより上には
    人家はありません。 本日は、前半ヒノキの植林地が中心です。

DSC00362_20171017184842349.jpg  DSC00368_2017101718484140c.jpg
  本日の出発地             ホトトギス

 ヒノキの下層には、クサギやサンショウ・モミジイチゴなどの中低木が覆い、
さらに足元に、ホトトギス・タイアザミ・シロヨメナ・セキヤノアキチョウジなどが
                 目を楽しませてくれます。

DSC00378_201710171848418f5.jpg  DSC00382_2017101718484066c.jpg
    トリカブトの仲間             まだ・・シモツケ!

 ミズヒキや、赤白混じりはゴショミズヒキでしょうか? 一緒に咲いています。
           これはオオオナモミだと思うのですが・・・

DSC00374_2017101718483901e.jpg  DSC00385_20171017185014b6f.jpg
  ミズヒキ                  オオオナモミ

ハンゴンソウかと思いきや・・・葉っぱが違う! キオンのようですが、こんな低地で
       咲くのでしょうか? この後、ハンゴンソウも咲き残っていました。

         DSC00395_20171017185012e01.jpg
               キオン

   クサギの実はまるでお花のようです。 可愛い実が所々で見られました。
 アキノキリンソウも咲き始めています。 リンドウ・センブリ・ヤマラッキョウは
               あと一息ですね! 

DSC00412_20171017185011321.jpg  DSC00419_20171017231621693.jpg
   クサギ                  アキノキリンソウ

大好きなアケボノソウは丁度良い時期でした。 奥の林に咲いてる・・・とズーム
         していると・・・すぐ手前に点々と見られました。 
  何とも魅力的な姿をしています。 行く先々で見られウットリ・・・です。

DSC00427_20171017231619dec.jpg  DSC00428_20171017231618cd0.jpg
                  アケボノソウ

DSC00452_20171017231617606.jpg  DSC00398_201710171850113fd.jpg
     アケボノソウ                 ヒメジソ

 地味ですが、モミジガサも花を付け、フサフジウツギは咲き残りです。
 車で通り過ぎると目に見えない花も、歩くとその存在に気付きます。

DSC00474_20171017231720787.jpg  DSC00425_2017101723162086c.jpg
     モミジガサ                フサフジウツギ?

 林の奥では白いお花が咲いています。 シカも食べないシロヨメナです。

DSC00461_20171017231720549.jpg  DSC00480_20171017231719557.jpg
        シロヨメナ                トリカブトの仲間

お花を見ながらキョロキョロ歩く内、いつの間にか富士山夢ロードに合流しました。
中継地として富士市でベンチを設置してくれています。ちょっとひと休み 

DSC00488_201710172317187ed.jpg  DSC00492_201710172317179ee.jpg
    キノコ                 中継地(富士山夢ロードに合流)

 実りの秋です! サルトリイバラも、もう少しすれば色づきそうです。 
ヤマブドウは実付きが悪いものの、サンカクヅルはまばらですが、
    実が付いていました。 意外と多いサンカクヅルです。

DSC00499_20171021204141022.jpg  DSC00507_20171021204140009.jpg
        サルトリイバラ             サンカクヅル

  サルナシも早いものでは熟し始めていました。 軟らかい実を摘まむと・・
   う~ん、ナカナカ行けます。 見た目はキウイのミニチュア版です。

DSC00525_20171021204139ac2.jpg  DSC00501_2017102120413885f.jpg
    アズマヤマアザミ               サルナシ

 富士山麓で多く見られるツノハシバミです。 ミツバアケビも美味しそう・・・

DSC00502_20171021204137bf6.jpg  DSC00506_20171021204512a2a.jpg
     ツノハシバミ               ミツバアケビ

   この時期、少しの風でも揺れているのは、セキヤノアキチョウジです。
  その揺れるさまが何とも可愛い。 イヌショウマやサラシナショウマと
        セットで見られる姿は、幸せいっぱいです。 

DSC00536_20171021204511053.jpg  DSC00527_201710212045116e8.jpg
    コシオガマ              セキヤノアキチョウジ

ヤクシソウもあちらこちらで咲いてきました。 葉っぱに切れ込みの多い子は
いないかな~・・・と気をつけていると、たった1株ですが、それらしい子が!
              ハナヤクシソウでいいのかな?

 ヒヨドリバナが終ってしまった今、アザミやヤクシソウの周りをアサギマダラが
    飛び回っていました。 こんな時期まで活躍しているんだね・・

DSC00558_201710212045101aa.jpg  DSC00552_20171021204509497.jpg
       ハナヤクシソウ?              ヤクシソウ+アサギマダラ

 富士市では、途中の休憩所へ今年から仮設トイレを設置してくれていますが
この日には既に撤去されていました。 11月中旬くらいまで置いてくれると有難い。

   んっ? 目にしたことの無いヒゴタイの仲間です。 何だろう?
  調べてみると、キントキヒゴタイの特徴に似ているようですが・・?
         分からないことばかりです。 

DSC00581_201710220023568aa.jpg  DSC00582_20171022082442665.jpg
               キントキヒゴタイ?

そろそろイヌショウマが終って、サラシナショウマが咲いているのでは? と思った
空間を覗いてみると・・・ わ~、ヤッパリ! ブラシのような白い花がツンツンと
          立っていました。 いいねえ~・・・

 レイジンソウも咲き始めています。 この辺りで見られるのは、毛が寝ている
               アズマレイジンソウのようです。 

DSC00591_20171022082441426.jpg  DSC00620.jpg
      サラシナショウマ              アズマレイジンソウ

              こんな所に可愛いキノコ! 思わずニッコリ。

        DSC00596_201710220023554ea.jpg
                     キノコ

道端のこの子たちは、恐らく植栽されたものでしょう。 ヤマボウシは実を付け、
  ナナカマドも実が赤くなっていました。 葉っぱはもう少し・・ですね!

DSC00611_20171022002354c0a.jpg  DSC00638_201710220023532ca.jpg
    ヤマボウシ             ナナカマド

   道端一面にピンク色で染めているのは、ミゾソバだったような? 
              ウバユリも種を付けています。

DSC00666_201710220853461dd.jpg  DSC00618_20171022085345a41.jpg

        ミゾソバ               ウバユリ

 今頃のこの黄色いお花は、葉っぱ・種からするとツルケマンのようですが・・・
長い横道車道を終え、スカイラインへと合流します。 ここからは車の通りも
      多いので、ちょっと気をつけて・・・ 中継点も目前です。

DSC00671_20171022085344b1c.jpg  DSC00677_20171022085343b75.jpg
                      ツルケマン  ナガミノツルケマン

    ミヤマガマズミもちょっと味見します。 少し酸味があります。
 それ程美味しいものではありません。 グリーンキャンプ場へ到着です。
ここで一息ついて先を目指します。 推奨コースでは、2日目の宿泊地です。
          3つめのスタンプを押して出発です。

DSC00683_20171022085342331.jpg  DSC00693.jpg
      ミヤマガマズミ               グリーンキャンプ場中継点

少し進んでくると、ガスが掛かり始めました。 車の過ぎた後は、静かな森です。
   葉の落ちた森では、所々道からでも巨木を楽しむことが出来ます。

DSC00734.jpg  DSC00707_20171022085714b5a.jpg
   ホウキタケの仲間             ガスの掛かる森

 進むにつれ、段々濃くなるガスです。 写真では明るめに捉えられていますが
   数メートル先も怪しい・・・ 西臼塚の駐車場もガスに包まれています。

  ヘッドランプをを取り出し、装着します。 車の人もビックリでしょうね?

        DSC00714_20171022090424edc.jpg
                       西臼塚 

      途中、落ちている山栗を拾い、アケビも味見です。 
        この後は、ちょっと真面目に歩くことにします。          

DSC00698_20171022085715ca8.jpg  DSC00761_201710220901228ea.jpg
        やま栗                   ツルフジバカマ

    富士宮市から富士市へと入り、相変わらずのガスの中を歩きます。
 相方と連絡をとると、五合目にいると言うことで、旧料金所跡で待ち合わせ。

バスの運転手さんが 「水が塚まで行く?」 と車を止めて声を掛けて下さいました。
     こんな中トボトボ歩いている姿、不思議に思ったことでしょうね?

        DSC00760_2017102208571255f.jpg
            もうすぐ本日の終点 (旧料金所跡)

         次回はガラン沢、やっと山道歩きに入ります。




富士山登山ルート3776  海抜0mから富士山へ  その1

2017/10/12 23:45 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

         少し歩きやすくなったこの季節・・・ 

 富士市で設定した、「登山ルート3776」 42㌔ を10月6日に歩き始めました。

相方に 「田子の浦みなと公園」 まで送って貰い、 「はじまりの鐘」 を鳴らし
   「よしっ!」 と心に刻みテトラポットの間を抜けて、水辺へ立ちます。 

    昨年の村山古道は、田子の浦海岸から富士塚経由で歩きました。 
 3776コースは、どちらを歩いても大丈夫です。 手を水に浸し、さあ出発です。
            そうそう、スタンプを押してからネ・・・
    
DSC00126_20171008232145d09.jpg  DSC00127_20171008232144908.jpg
    3776出発地点            富士山も少し・・

 テトラポットを抜けると、一つの石が目に留まりました。 チリメン石と
呼んでいる小さな石です。 今回はこの子と一緒に歩くことにしました。

DSC00138_20171008232141831.jpg  DSC00135_201710082321433fc.jpg
   チリメン石              伊豆半島と浜辺

                   心地よい風に当たり・・・

        DSC00131_20171008232141b54.jpg
           はじまりの鐘(枠はゼロだそうです)

                 これから進む方向を眺め・・・

DSC00128_2017100823224594b.jpg
              海辺より富士山方面

 少し早めに開けて下さったディアナ号の船に上がり、日ロ友好の歴史を残す
               船の話なども伺いました。 

DSC00141_20171008232244e50.jpg  DSC00145_20171008232242943.jpg
   山部赤人の碑など                 ディアナ号(3分の1)

  これから行く先々には、この案内標識が足元に設置されています。

        DSC00149_201710082322421c1.jpg
 
  初日は国道469号線辺りまで歩ければいいなあ・・と思います。
ずっと町中・人家の多い舗装道ですのでお楽しみは少ないのですが、
どんな帰化植物が入っているのか、まだ通ったことの無い道はどうなって
    いるのか、それなりの楽しみを見つけながら進みます。

DSC00152_2017100823300869f.jpg  DSC00160_201710082330074b3.jpg
   コマツヨイグサ                 ヒロハホウキギク 
 
 足元には、3776コース案内と同じように富士市マナー条例の標識もあります。                

DSC00166_20171008233006895.jpg  DSC00155_20171008232241a00.jpg
                     富士市マナー条例

 コンクリートの隙間から、色々な植物が顔を出し元気に、育っています。
コミカンソウ、それから・・・あっ、これはきっとブラジルコミカンソウだな? Y先生の
   ブログで名前に記憶はありますが、出逢ったのは初めてです。
これが結構増えているようで、この後何カ所かで出逢うことになります。
 
  DSC00189_20171012033520004.jpg   DSC00208_20171012033521f32.jpg   DSC00205_201710120335191c0.jpg
  コミカンソウ           ブラジルコミカンソウ        アキノゲシ 

  大分海から離れ、トントンと作業の始まった工場の音を耳にした後、
町中歩きになります。 川沿いではおじさんが釣りを始めるところのようです。

DSC00183_201710120335185c7.jpg  DSC00198_20171012033517fe7.jpg

          まだ名前は調べていませんが、逞しいお花たちです。

DSC00219_20171012033850c4d.jpg  DSC00214_20171012033850f8e.jpg

 市役所東側のこの辺りで、村山古道や富士塚を起点としたコースと一旦合流
     した後、別道を経由し富士山頂を目指すことになります。

市街地での道迷いを心配しましたが、出発地点・中継地点に設置してくれて
いるガイドマップがあれば大丈夫です。 んっ?と思ったら、少し見回すと
   進行方向に向けて、ブルーの3776ルートの表示が目に入ります。

DSC00199_2017101203385218f.jpg  DSC00211_201710120338517e3.jpg
    吉原宿西木戸跡近辺

 途中、こんな所に石仏があったのか・・・と、気付いたり、思わぬものにニッコリ
            したり・・・歩きならではの楽しみです。

富士山女子駅伝の横断幕も設置されていました。 今年で5年目になります。
富士宮浅間大社前から、富士陸上競技場までを女子の大学生ランナー
     が駆け抜けます。 今年は12月30日10時スタートのようです。  

DSC00222_201710120338496a5.jpg  DSC00224_201710120350426d5.jpg
        石仏         全日本大学女子選抜駅伝競走横断幕

  少しずつ傾斜も出て、やっと標高200mです。 わ~、こんな所で
リンゴが育っています。 歯医者さんの駐車場入口です。 成程ね! 

DSC00227_2017101203504101c.jpg  DSC00242_20171012035040595.jpg
       クサネム                リンゴ

     小学校や中学校を過ぎると、このコース最終のコンビニ、
セブンイレブンがあります。 まだ人家は続きますが、大分山に入ってきました。
   心配していた雨が落ちてきました。 酷くならなければ良いけど・・・

DSC00247_201710140028257a2.jpg  DSC00243_2017101400282404e.jpg
    ヤブマメ                クコ

    野のお花も大分増えてきました。 周辺は茶畑が広がっています。

DSC00254_201710140028231b8.jpg  DSC00255_201710140028226f7.jpg
       お茶の花              ペラペラヨメナ

 標高も300mを越え、富士市推奨の1日目コースのゴール 「ヨモギの湯」で
   スタンプを押し、もう少し先を目指します。 少し戻って元の道に・・・

DSC00266_20171014002821616.jpg  DSC00261_20171014003121e16.jpg
    中継点 「ヨモギの湯」             ソバの花

この辺りから人家は少なくなり、舗装道をトボトボと歩きます。 がっ、俄然
自然が多くなりますので、目を彼方へ此方へ・・・と移す内に、何時の間にか
      登っています。 わ~、ノブドウの色どりが素敵です。

DSC00273_20171014003119927.jpg  DSC00270_20171014003120329.jpg
        石仏                ノブドウ

          草むらの中にやさしい色合いのお花が目立ちます。

DSC00279_201710140031170c1.jpg  DSC00284_20171014003118d6c.jpg
    タイアザミ              ホトトギス  

           ゲンノショウコも市内では紅白見られます。          

DSC00288_20171014011816eb9.jpg  DSC00317_20171014011934047.jpg
                 ゲンノショウコ(白・赤)

  ツリフネソウも咲き残っていました。 こんな風に花に目をやりながら
               歩くと、まだまだ大丈夫そうです。

DSC00299_201710140118153a6.jpg  DSC00291_20171014011813bef.jpg
    ツリガネニンジン             ツリフネソウ

    春のお花の筈ですが、このクサノオウはどうしたのかな?
アキノキリンソウは、これからが本番のようですが、こんなに遅かったかな~?

DSC00316_20171014011812683.jpg  DSC00300_20171014011814923.jpg
       クサノオウ                アキノキリンソウ

  山間部では色々なお花が見られます。 フユノハナワラビも見頃です。

DSC00308_20171014011936d0e.jpg  DSC00320_20171014011934a4a.jpg
 シロバナセンダングサ            フユノハナワラビ

人家近くでは黄色いヒガンバナが咲いていました。 ショウキズイセンでしょうか?           

DSC00325_20171014011933185.jpg  DSC00310_20171014011935a77.jpg
  ショウキズイセン?                ツユクサ(外来種?)

春のお花のホトケノザですが、意外とこの時期アチコチで見られるのですね。

DSC00335_2017101401344854c.jpg  DSC00336_20171014013447deb.jpg
      コウゾリナ              ホトケノザ

   キツネノマゴの白花も見られました。 歩いてならでは・・・です。
        ピンク色と隣り合わせで咲いていて可愛い~・・・

DSC00326.jpg  DSC00331_201710140134496d1.jpg
                  キツネノマゴ(紅・白)

         そうこうしている内に、雨も強くなってきました。 

DSC00341_20171014013616dfd.jpg  DSC00343_20171014013447e87.jpg
    サンショウ                ユウガギク

 国道469号線も越えたので、次の分岐まで行って本日のゴールとします。  

DSC00348_2017101401361493f.jpg  DSC00345_20171014013614f2c.jpg
     国道469号との交差点               ヨメナ

          相方に迎えに来て貰い・・・家へと向かいます。
 遅い出発で、早めの帰宅ですが6時間半ほどの舗装道歩きの初日でした。

DSC00360_20171014015501de9.jpg  DSC00356_20171014015501b07.jpg
    本日はここまで              セキヤノアキチョウジ






草原のお花に出逢った!

2017/10/07 23:09 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

       気になりつつも、なかなか出掛けられなかった草原です。
  天気はイマイチですが・・・ 久しぶりにムラサキセンブリに出逢いました。
     まだやっと咲き始めたばかりのようで、蕾の子が多いようです。

DSC00024_201710072159544c4.jpg  DSC00023_201710072159552b4.jpg
                    ムラサキセンブリ

  やさしい色合いの紫色が魅力的です。 ただ、周辺の草に負けそうです。

DSC09956_20171007220201aae.jpg  DSC09957_20171007220057c0d.jpg
                    ムラサキセンブリ

  今年は出逢えなかったなあ・・・と思っていたヒナノキンチャクですが、ナントまだ
咲き残っているのにはビックリ! もう最終の子たちですが・・・可愛いねえ~

        DSC09994_20171007215957722.jpg
                     ヒナノキンチャク

        DSC00006_20171007215956e4e.jpg
                     ヒナノキンチャク

  リュウノウギクも咲き始めたようです。 このシャキッとした白い花弁が
    素敵です。 近くの林で見られるのはあと少ししてからかな?

ヤクシソウも咲き始め・・・・・あれれ? 木の葉の切れ込みは、ハナヤクシソウで
                   いいのでしょうか?

DSC00022_20171007220100492.jpg  DSC00003_201710072201018c6.jpg
         リュウノウギク              ハナヤクシソウ?

    ナギナタコウジュも咲き始めたようです。 少し指でこすって香りを
              嗅ぐと・・・少しだけなら良い香り?

DSC09942_20171007220058274.jpg  DSC00025_20171007220059499.jpg
    ナギナタコウジュ                 ?

    大きなハバヤマボクチにビックリ! 目玉おやじだよ・・・

DSC09941_201710072205547e6.jpg  DSC09948_20171007220553ecc.jpg
                   ハバヤマボクチ

     ノコンギクも彼方此方で賑わって、秋の深まりを感じます。

DSC09949_20171007220552879.jpg  DSC09945_201710072205511d2.jpg
     フクシマシャジン                ノコンギク

 水玉いっぱい付けたチカラシバ、ブルッとしたら水滴が飛んできそうです。

 子供の頃、まずはこれを結び、準備完了で鬼ごっこをした事を思い出します。
引っかかって転んでも、すぐに起き上がり遊び回った・・そんな光景が懐かしい。

DSC09939_201710072205505f1.jpg  DSC09943_20171007222048479.jpg
          チカラシバ                オミナエシ

  今年はアチラコチラで縁のあるコシオガマです。 ここにも居たんだね。

DSC09951_20171007221702fe1.jpg  DSC09965_2017100722170198c.jpg
   ヤマラッキョウ               コシオガマ

  とっくに終っているはずのキセワタも一部ですが、顔を見せてくれました。
        出逢いたかっただけに、嬉しい事でした。

DSC09976_2017100722170068c.jpg  DSC09954_20171007221659145.jpg
           キセワタ                アキノキリンソウ

 アオツヅラフジ・・・と思ったのですが、いつも見るのとは少し違って見え・・
ツヅラフジの葉っぱの変異は大きいようですがう~ん、分からなくなったぞ 

        ヒゴタイ・トウヒレンの仲間も・・・お手上げです。

DSC09963_20171007222047cb9.jpg  DSC09983_20171007222046bdd.jpg
   アオツヅラフジ?              セイタカトウヒレン??

          ノンビリ草原のお花を楽しんだ後・・・帰ります。

        DSC00028_201710072220467f9.jpg

アキザキヤツシロランとクロヤツシロラン

2017/10/01 00:00 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

        そうだ! 早く逢いに行かないと、お花が終ってしまうよ~・・・
       虫除けスプレーを片手に、本日は2ヶ所を訪ねることにします。

まずは巡視活動で見つけた杉林のクロヤツシロランです。 花が終ると、「こんなに
 咲いてたの?」と思うくらいの、ドライフラワーが林立するのですが、花の時期は
 探すのに大変です。 スギの葉っぱを優しく取り除けながらの作業ですが・・・

出てきたのは、白い袋状のキノコ、それからやはり、ヒダのある小さな白いキノコ。
   蝉の抜け殻の一部、時折ミミズがニョロニョロ・・・ あと、ヤスデかな?

DSC09817_2017093023283238f.jpg  DSC09819_20170930232831798.jpg

     やっと咲いていた子が見つかりました。 その後探すもなかなか・・・
        時折、もうお花が終ってしまったものが見られます。
          訪ねたのが少し遅かったのかも知れません。

        DSC09816_201709302328300e5.jpg
                    クロヤツシロラン

やっと次の子が見つかりました。 もう少し丁寧に探せば見つかるはずですが・・
               場所を変えることにしました。

        DSC09820_20170930232829b26.jpg
                    クロヤツシロラン

しっかりと虫除けスプレーをし、首にはタオルを巻き、準備完了で竹林に入ります。
        今までよりも草が茂り、探すにちょっと大変です。

くっつき虫の洗礼を受けながら(というか、そんな所へ入り込むものですから・・・)

  アキザキヤツシロランとクロヤツシロランが住む場所へ到着しました。

DSC09829_20171001213116c62.jpg  DSC09825.jpg
                    アキザキヤツシロラン

 さて、探し始めます。 メガネを外ししゃがんで、地面に目を近づけると・・
   見えてきました。 アキザキヤツシロランです。 こんな所にも・・・

DSC09830_201710012131143e6.jpg  DSC09832_20171001213114450.jpg
                    アキザキヤツシロラン

      少しずつ移動しながら探すと、結構見つかりました。
      蕾も少しありますが、今が丁度良い頃のようです。

DSC09839_20171001213113589.jpg  DSC09851_20171001213237673.jpg
                    アキザキヤツシロラン

   中には、お花を終えて花弁が溶けたようになっているものもあります。

DSC09844_20171001213236dc1.jpg  DSC09842_20171001213235cbb.jpg
                    お花が終えたもの

        こんなに豪華に花が付いているものもありました。

 でも、写真が撮りづらく、また、虫除けスプレーを振りまいたにも関わらず
         さらに襲撃してくる蚊もいてたまりません。

DSC09874_20171001213234a15.jpg  DSC09875_20171001213234344.jpg
                    アキザキヤツシロラン

    比較的撮りやすい個体にカメラが向きます。(同じものです)
  光が入りにくくなると、とたんに林内は暗くなり、どうしようもありません。

DSC09876_20171001213722b34.jpg  DSC09877_20171001213721321.jpg
                     アキザキヤツシロラン

     フラッシュをたいてもブレブレで・・・ もう諦めることにしました。

        DSC09859_20171001213718a4e.jpg
                     アキザキヤツシロラン

    ここでもクロヤツシロランらしきものが終っていたのを見ましたが・・・
           よかった~、まだ見頃のも子いました。

        DSC09886_20171001213719dbd.jpg
                      クロヤツシロラン

       もっと良い天気の、早い時間に訪ねないと根気が続きません。

    林から出たら・・・くっつき虫退治です。 これからはくっつき虫がますます
                  元気になりますね。 



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム