FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

春のお花を求めて

2018/03/26 18:05 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

        午後から駆け足で春のお花探しに出掛けてきました。
まずは、目の前の中学校のカタクリ当番の子供たちが管理をしてくれている
カタクリとの出逢いです。 いい天気が続き、カタクリは一気に開花していました。

   先日の雪で、富士山も新たに雪を被って5合目以上は真っ白です。

        DSC05582.jpg

 開花したカタクリの後方では野球部員が練習に汗を流していました。
     その後方ではその様子を眺めている富士山が・・・

DSC05585_201803272343389c5.jpg  DSC05588.jpg

頑張って面倒を見てくれているので、この所カタクリが随分増えたように感じます。
早速当番さんが近づいてくれて、「もしよろしければ、カタクリのお話しをさせて
    貰っていいですか?」 と、礼儀正しく話しかけてくれました。

      カタクリについての話を聞き、カタクリクイズを。
 この日は5人ものカタクリ当番さんが頑張っていましたよ。 ありがとう!

DSC05593_2018032723433606a.jpg  DSC05598.jpg

          暫くカタクリを楽しみ、次へ向かいます。

DSC05600_2018032723452673b.jpg  DSC05595.jpg

気になっていたハナネコノメへ足を運びます。 水の豊かな気持ちのいい
                    生息地です。  

    ヨゴレネコノメ・コチャルメルソウも仲良く咲き始めていました。

        DSC05613.jpg
                  ヨゴレネコノメソウ

                 少し緑色がかった子と・・・

DSC05618.jpg  DSC05623_20180327234524c17.jpg

                茶色っぽい子がいるのですね!

        DSC05640.jpg

           おっ、この子も緑っぽい子のようです。

        DSC05643.jpg

    ハナネコノメも花数は多くありませんが、咲き始めていました。
 昨年の写真で、花粉が銀色っぽく見える個体があったので、シロバナネコメ
と混じってる?と確認しに出掛けたのですが、シロバナさんはいませんでした。

DSC05626.jpg  DSC05638_20180328001109ea5.jpg

        DSC05622.jpg

     場所はバラバラですが・・・ エンレイソウも咲き始め・・・

DSC05693_20180328001240b10.jpg  DSC05694_20180328001239ef5.jpg

          コノテガシワも・・・ これは花粉でしょうか?

DSC05652_20180328001242042.jpg  DSC05653.jpg

 そしてこんな子も・・・ 「あっ、居た居た」 とご近所さんを探していたら・・・

        DSC05659.jpg

    こんな豪勢な木もありました。 今年はここのお花も見てみたい。

          DSC05663_20180328001653517.jpg

里山の早い春

2018/03/24 00:06 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]



    近隣で一番早く春に出逢える・・・そんな里山を散策しました。
            水や緑がとても豊かな地です。

   昨年のドライフラワーを残したまま、新しいお花が咲いていました。
     咲き始めた桜はエドヒガン系の桜、しだれになっていました。 
            花の萼筒は丸く膨らんでいます。

DSC05140_20180324004935e63.jpg  DSC05142.jpg
     シュンラン                 エドヒガン

 ニリンソウに続いて咲くイチリンソウですが、もう蕾を付けた子もいます。
  アズマイチゲは、陽の光を受けないとなかなか咲いてくれません。

DSC05144_20180324004934279.jpg  DSC05146_201803240049330d8.jpg
     イチリンソウの蕾              アズマイチゲ

  花は付けていませんが、よく似た葉っぱが隣り通しに住んでいました。
トゲトゲのあるのは、触るとチクチク痛痒いイラクサです。 お隣さんは暫くすると
               花開くオドリコソウのようです。

DSC05161_201803240050393c9.jpg  DSC05160.jpg
     イラクサ                   キバナアキギリ

畑の中が紫色に見えました。 何かな?とちょっとドキドキ、見つめると・・・
      そうかそうか、ホトケノザでした。 騙された~・・・

  木の下に立派なスギで出来た椅子が設置されていました。 ひと休み・・
何の木?  桜の木でした! 通りかかった地元の方が、「200年になるよ!」
        次に皆で来るときはきっと咲き進んでいることでしょう。

DSC05163.jpg  DSC05164_20180324005037683.jpg
     ホトケノザ              樹齢200年?のエドヒガン

本日歩いたコースでも元気に咲いていました。 春早くに咲くアオイスミレです。

        DSC05169.jpg
                    アオイスミレ

                コッチの株もいいですね~・・・

        DSC05176.jpg
                    アオイスミレ

   アマナはまだ蕾だな?と思っていたら、場所が変わると咲いていました!

DSC05204_201803241836051e0.jpg  DSC05209_20180324183604076.jpg
                    アマナ

         たくさんのアマナに思わずニッコリです。 

        DSC05206_20180324183603f1f.jpg
                    アマナ

   ニリンソウ、まだ咲いていないかな? でも、ここの子は早いから・・・と
    期待していたら・・・やっぱり!  いい感じで咲いていました。

DSC05186_2018032418344190f.jpg  DSC05170_20180324183441f45.jpg
                   ニリンソウ

     ニリンソウが咲くとヤッパリ春だなあ・・・と思ってしまいます。

DSC05188_20180324183440e06.jpg  DSC05190_20180324183605b01.jpg
                   ニリンソウ

 前回見たときは、影も形も無かったのですが、よ~く探してみると・・・
         小さいながらポツポツと咲いていました。

DSC05227_20180324191744296.jpg  DSC05224_201803241917438c3.jpg
                   ヒトリシズカ

   ランヨウアオイもジロボウエンゴサクもみんな新鮮な子たちです。

DSC05229_201803241917421d6.jpg  DSC05225.jpg
        ランヨウアオイ           ジロボウエンゴサク

  畑に植えられていたのは、トサミズキかな?と思っていましたら、コウヤミズキ、
別名ミヤマトサミズキとのこと。 葯は暗赤色、花は5~6個付き、トサミズキは葯は
     同じ色で、花は7~9個付くようです。次回、ちゃんと確認しよう・・・

DSC05219_2018032419201740c.jpg  DSC05220.jpg
            コウヤミズキ(ミヤマトサミズキ) トサミズキ

         観察会の当日は、もっとお花も咲き進んで来ることでしょう。

                 いい天気になりますように・・・



広見公園

2018/03/23 01:46 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

                「あっ、薄墨桜が咲いている!」

気がついたのは数日前のことです。 広見公園の地下トンネルを抜けた西側に
        岐阜県根尾谷の薄墨桜の子供が植えられています。

    江戸彼岸桜の種類で、ソメイヨシノに先駆け目を楽しませてくれます。

        DSC05020.jpg
                     薄墨桜

 蕾の薄いピンクから白、散り際には淡い墨色に花弁の色が変わるようです。

        DSC05022.jpg
                     薄墨桜

      桜の咲く日本、それが似合う日本の景色っていいですね。

DSC05025.jpg  DSC04997.jpg
     薄墨桜                   オニタビラコ

      野の花もこの所の温かさで目覚めて来たようですね。

DSC05015.jpg  DSC04993.jpg
     ノボロギク

  春はこの辺りはトウカイタンポポが一面に見られます。 日が進むにつれ・・
       外来種のタンポポに取って代わられるのですが・・・ 

DSC05002.jpg  DSC04996.jpg
                   トウカイタンポポ

           10月桜もすこ~しお花が残っていました。

DSC04998.jpg  DSC04994_20180322224639f51.jpg
      十月桜

    公園内の桜も早いものはポツポツ花が咲き始めていました。
          この週末には結構咲き進むのでしょうね?

DSC05036.jpg  DSC05035.jpg

   この標高ですので、もうクロモジが花盛りでした。 いい香りです。

DSC05042.jpg  DSC05047.jpg
                  クロモジ

             ヒサカキやシキミも花を付けて・・・

DSC05048.jpg  DSC05026.jpg
     ヒサカキ                  シキミ

   新しくなった 「かぐやひめミュージアム」 の上段のクヌギ広場では
  紙の原料 「ミツマタ」 「ガンピ」 が植えられ、ミツマタは花盛りでした。
    (時々、紙すき体験・陶芸などのイベントも行われています)

DSC05068.jpg  DSC05070.jpg
                 ミツマタ

DSC05074_20180323195509df5.jpg  DSC05000_201803231955098a0.jpg
                ガンピ            ムラサキサギゴケ


            春 ・・・ 目覚めて来た広見公園でした。



里山も春っ、ですね! その2

2018/03/22 18:14 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  街中では終ってしまったハクモクレンも、山間部では丁度見頃となりました。

DSC04636.jpg  DSC04638.jpg
              ハクモクレン

         咲きたてのお花はキリッとしてて、品がありますね。

DSC04639.jpg  DSC04637.jpg
                ハクモクレン

 アオキは赤い実を付けます。 カギカズラ・・今年はお花を見てみたい。 

DSC04835.jpg  DSC04840.jpg
        アオキ                カギカズラ

   ハナイカダはもう蕾を付けていました。 サンシュユも咲いています。

DSC04827_201803212318228ce.jpg  DSC04843_2018032123182175e.jpg
   ハナイカダ                  サンシュユ

この時期よく目に付くのは、ツノハシバミです。 気をつけてみると結構ありますね!

DSC05086_20180321235728584.jpg  DSC05087_20180321235727707.jpg
                 ツノハシバミ

黄色いお花・・アブラチャンかと思ったら、残りの葉っぱから想像すると
              ダンコウバイのようです。

DSC05093_20180321235726e91.jpg  DSC05095_201803212357265fd.jpg
     モミジイチゴ                ダンコウバイ

       春の定番、タチツボスミレも良く育っています。

        DSC04796.jpg
                  タチツボスミレ

  中の模様がはっきりしてて、少し毛深い子はニオイタチツボスミレです。
 香るかな?と鼻を近づけるのですが、ほぼ臭いを感じることはありません。

DSC04805.jpg  DSC04809_2018032123444238a.jpg
                ニオイタチツボスミレ

   道の真ん中にたった一輪咲いてたのは、アカネスミレのようです。

        DSC04836.jpg
                  アカネスミレ

   キジムシロのお花も新鮮で、キリッとしてて良い感じに咲いていました。
草原植物の多い所ですが、何故かシュンランもここそこで花を咲かせていました。

DSC04818_20180321234442ea5.jpg  DSC04811.jpg
   シュンラン                キジムシロ

         人も花も・・・新鮮さの魅力には勝てませんね。

DSC04819_20180321234549ff4.jpg  DSC04813_201803212345503ff.jpg
   シュンラン               キジムシロ

       これは一体何だろう? この先確認する必要があります。

DSC04822.jpg  DSC05102_20180321235725147.jpg
      ?
        


里山も春っ、ですね! その1

2018/03/22 17:50 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

          アレ、もう1週間も経ってしまいましたか・・
溶岩流観察の後、時間があったのでチョッピリブラブラして来ました。
     寄り道観察は私の得意とするところです。

標高のある地は空気も綺麗で、地衣類も木全体を埋めるほどに発達しています。

DSC04725_2018032123012160b.jpg  DSC04723.jpg

      こちらの木にも・・・ 2種類のサルオガセが見られました。

DSC04729_20180321230118b45.jpg  DSC04735.jpg

 地衣類やコケの仲間に混じって、カヤランも不安定ながらぶら下がっていました。

DSC04742.jpg  DSC04740.jpg

          少し下って行くと、お花も期待できそうです。
           ここではアオイスミレが咲いていました。 

DSC04752.jpg  DSC04754_2018032123021032c.jpg
                   アオイスミレ

  イチリンソウがたくさん見られる場所ですが、ここではニリンソウよりも
     圧倒的にイチリンソウが多く咲き、まるでイチリンソウ畑!
              お花はもう少し先のお楽しみ!

DSC04759.jpg  DSC04757.jpg
         イチリンソウ               ニリンソウ

   林に入ると、今はオニシバリが最盛期でした。 こんなにあったのね・・
大きくて色も黄味が濃い雄花に対して、緑がかった花を持つ雌花は小さめの
                   花を付けています。

DSC04767.jpg  DSC04765.jpg
                  オニシバリ

  隣り合わせて咲いていたので引き寄せてみると・・・こんなに違います。

        DSC04763.jpg
                  オニシバリ

ユリワサビも早く咲くお花でしたね。 スギの枯枝脇から白い花を見せてくれました。

DSC04782.jpg  DSC04779_20180321230914ac9.jpg
                  ユリワサビ

         トトキ(ツリガネニンジン)も早くも苗が出ています。

DSC04788.jpg  DSC04791.jpg
     フキノトウ              ツリガネニンジン

    カワラタケも新鮮なものが見られました。 これは生まれたて??

DSC04771.jpg  DSC04768_20180321230542631.jpg
                    カワラタケ

     この子は誰でしょう? 越冬したのか、羽根が傷んでいました。

           頑張れ~、 もしかしてルリタテハかな?

        DSC04773.jpg





         


狭い我家の庭にも春! そして季節外れの雪・・

2018/03/21 13:40 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

    狭い我家の庭も、いつの間にか花咲く季節となっていました。
野山では、カイコバイモが咲き、コシノコバイモも見頃になってきたとか・・

Mちゃんから頂いたバイモがいつの間にかスクスク伸びて、花が咲きました。
           釣り鐘型の花は可愛いですね!

         DSC04962.jpg

こちらはコチョウショウジョウバカマです。 田舎の家の裏から持ち帰ったものが
               毎年花を咲かせてくれます。
  ちょっと遅かったか、綺麗な薄紫のしべが見えないのが残念。 

DSC04965.jpg  DSC04966.jpg
               コチョウショウジョウバカマ

    こちらも同じコチョウショウジョウ・・・  んっ、何だかヘンだぞ?
  花の付き方もぐっしゃりと付いていてヘン! 花弁も緑化しています。
          昨年は普通の子だったと思うのですが・・・

DSC04963.jpg  DSC04969_201803211339326f3.jpg
              コチョウショウジョウバカマ

   少し頂いたクリスマスローズもアチコチから苗が出て、今が丁度見頃です。

DSC04974.jpg  DSC04986.jpg

  これらのスイセンの仲間は、ひょんな縁で繋がった方から頂いたもの。
   余り手も掛けないのですが、毎年律儀に花を咲かせてくれるのです。
 
DSC04982.jpg  DSC04975_201803211340526fa.jpg

               咲きそろうと可愛いですね~・・・

        DSC04983.jpg

 間延びのしたフキノトウの隣で顔を出しているのは、クマガイソウです。
これも頂き物の2株が、気候が合うのか毎年数を増やして楽しませてくれます。

DSC04978.jpg  DSC04976.jpg

 乙女椿も今が丁度良い頃です。 私と共に四国からやって来て40年余り。
これは祖父の記念樹の子供です。幼い頃この花が咲く時は雪が積もっていました。

そして今日、季節外れの雪が降りました。 窓から昔のそれに近い光景を目にし、
     懐かしく思い出されました。 ズッとずっと昔のことです。 

DSC04980.jpg  DSC04979.jpg

              パンジーも賑やかで・・・

DSC04988.jpg  DSC04989.jpg

                アセビも花い~~っぱい・・・

DSC04991.jpg  DSC04990_20180321210616f60.jpg

          ヤブツバキはポツポツと花を付けていました。

         DSC04992.jpg

      この2日後、まさかまた雪が降るとは思ってもいませんでした。
       何しろ、桜の開花宣言も出て、春の彼岸だというのに・・・

       コチョウショウジョウバカマも寒さで震えているようです。

DSC05109_20180321212017ca1.jpg  DSC05110.jpg

              咲き始めたユキヤナギにも雪が・・・

        DSC05113.jpg

        ちょっと登ってみると、途中から通行止めの案内がありました。

 本日、市内に大雪警報が出ました。 雪国の人が聞いたら笑っちゃいますね!

DSC05124_20180321212014f0a.jpg  DSC05127_20180321212019adc.jpg

      天気が回復し、真っ白くなった富士山を目にするのが楽しみです。



浮島ケ原自然公園にも春が来た

2018/03/20 12:26 ジャンル: Category:浮島自然公園
TB(0) | CM(0) [Edit]

     冬景色が続いた浮島ケ原自然公園にも春がやって来ました。

18日、これからを担う子供たちも参加の下、サワトラノオ調査が行われました。
 まだ全域を終えてはいませんが、今年もサワトラノオ、期待できそうです。
             作業を終え、皆で記念写真です。     

DSC04851_20180321112956ebf.jpg  DSC04854_201803211129554b9.jpg

      本日は、消えてしまうノウルシも移植しようという同時作戦でした。

        DSC04879.jpg

     管理棟周辺では、野の花も多く見られるようになってきました。
         ツクシが林立し、フキノトウも顔を出しています。

DSC04848.jpg  DSC04846.jpg

           帰化種の子たちも元気いっぱいです。
 
DSC04861.jpg  DSC04865.jpg
    タチイヌノフグリ           オオイヌノフグリ

        真っ白なコゴメイヌノフグリも繁殖力が凄いですね。
 
DSC04857.jpg  DSC04860_2018032111295381c.jpg
               コゴメイヌノフグリ

 園内に入ってみますと・・・ 近くの道路工事に掛かってしまう為、移植した
タコノアシの古株の根元から、赤みを帯びた小さな苗が沢山芽を吹いてきました。
少し成長した子、まだ芽が出たばかりの子・・・しっかりと根づいたようで良かった。

  本来いる場所のタコノアシは・・・刈られたヨシの下に埋まっています。
      掻き分けてみると、芽を出していたので皆でヤレヤレ・・・

DSC04869.jpg  DSC04870_20180321113044fba.jpg

 まだ出てないかな? と思っていた良い香りのするヒメハッカ、こちらの場所では
 小さな芽が出ていました。 そっと触れると・・良い香り。 間違い有りません。

        DSC04877.jpg

         作業の後は、残っている人で園内を散策しました。
 
        DSC04888.jpg

    いま園内では、ノウルシがあちらこちらで伸びて、花を付け始めています。
        こちらはどうだろう? うんうん、良い成長っぷりですね!

DSC04883.jpg  DSC04878.jpg
                    ノウルシ

                 いま一番多く見られるお花です。

DSC04885.jpg  DSC04884_20180321113839bc3.jpg
                     ノウルシ

 富士市の天然記念物、サワトラノオも多い場所ではこんなものも!
         これでも一本一本の集まりのようです。

DSC04903.jpg  DSC04900.jpg
                   サワトラノオ

     公園内を我がもの顔に仲間を増やしているミゾソバ・・・
    花の時期は秋なのに、まだまだ出て来なくていいでしょ!
 と言いたくなってしまいます。 一面ミゾソバ畑を見るとぞくっ・・・

  ナヨナヨワスレナグサもアチラコチラで葉っぱが出てきました。

DSC04908_20180321113935c71.jpg  DSC04919.jpg
      ミゾソバ             ナヨナヨワスレナグサ

  ノウルシと共に春一番を飾ってくれるのが、小さなヒキノカサのお花です。
      キンポウゲの仲間で、黄色く艶のあるお花が可愛いです。

        DSC04911.jpg

 まだまだ咲き始めで、これからたくさんの子たちが公園内を飾ってくれそうです。

        DSC04914.jpg

        5月6日(日)にはサワトラノオまつりが行われます。

      白いお花を囲んで・・・大勢の人で賑わうと良いですね  





溶岩を辿って・・

2018/03/18 12:18 ジャンル: Category:岩石・鉱物・砂金・地学
TB(0) | CM(0) [Edit]

  ずっと気になっていた溶岩流がありました。 歩いてみたいなあ・・・と
  思いつつも、頭のズッと奥に閉じ込めたままに日々過ぎて行きました。

今回、この辺りを歩くけど行ってみる?との嬉しいお誘いがあり、当然大喜びで
                   飛びつきました。

        本日の行程の説明と資料を頂き、いざ、出発です。
お花はまだまだこれからですが、足元を見るにはこの季節じゃ無いと木々も
              芽生え、段々難しくなります。

DSC04650_20180319123357405.jpg  DSC04657_20180319123356eae.jpg

        溶岩にはガスの抜けた大きな穴が認められます。
溶岩の厚みは20㎝位の薄い流れで、さらっと流れたパホイホイ溶岩のようです。
        下流へ行くと、もっと厚い溶岩が見られます。

       ここでは流れの分かる縄状溶岩?が見られました。

DSC04642.jpg  DSC04646.jpg

             火口列らしき様子も見られました。

DSC04655.jpg  DSC04649.jpg

素人の私には判らないことだらけですが、トンチンカンな?質問にも丁寧に
  答えて頂き、うわっ、やっぱり専門の方は凄いわ~・・と感心しきり。

        DSC04663.jpg

アチラコチラで溶岩洞窟も確認できました。 大方は縦型のものが多いのですが、
               横型のものも出ています。

DSC04674.jpg  DSC04666.jpg

 この花穂は、ツノハシバミだと思われます。 富士山麓には多い樹木です。

DSC04679.jpg  DSC04692_20180319131120b5a.jpg

これはスパターだとか。 しぶきが積もったもの。 直訳で唾という意味があるとか。
     勝手に解釈もあるので、書き間違いがあるかも知れませんが、
          まあ素人のことゆえ・・・お許し下さい。

        DSC04686_20180319131118916.jpg

そして、テフラの上に溶岩、その上にスパターが乗っかり、堆積した様子がはっきりと
                   見て取れます。

        DSC04695.jpg

        その右手から別の溶岩流が入り込んでいます。

ただ見ているでは判らないものも、少し解説して下さるとその頃の様子が
  見えてくる。 これぞ伝道者力ですね! 地学は謎解き学問だ。

        DSC04699_20180319131219873.jpg

中にはこ~んな大きな気泡を含んだものもあります。 それも同じ位置並び・・
   地学を上手に謎解きできれば、こんな楽しいことは無いでしょうね?

        DSC04704.jpg

     大きな穴の空隙にはホウオウゴケの仲間が陣取っていました。

        DSC04705.jpg

「面白いものみ~っけ!」 土が溜まっていますが中は空洞。その溶岩も薄~い。

   いろんな流れ、ちょっとした作用で色々な姿が見られるのですね?

        DSC04715_20180319131217280.jpg
 
  本日は先生たちの中に素人ひとり、と~~~っても贅沢な巡検となりました。

              本当に有り難うございました。

   念願の溶岩流の始まりを確かめられ、とっても嬉しい一日でした。




ウスギオウレン再び

2018/03/16 12:04 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

        先週、初めてウスギオウレンに出逢う事が出来ました。
でも、開花していたのはたった1株のみ。私の中で超貴重種のウスギオウレン
でした。 もう少し多くのお花に逢いたいなあ・・・ と、リベンジと相成りました。

 一昨年からこの季節目が痒いなあ・・・と思っていました。 昨年も・・・
そして今年、目の痒さが酷い、クシャミも時々出る、ティッシュのお世話に
      なることも! これはやっぱり花粉症だろうか? 

そんな目をこすりつつ、現地へ向かいます。 さて、いよいよ出発です。 

なかなか姿を現してくれませんねえ。 えっ、今回は出逢うことすら出来ない?
 少々焦ってきます。 ここにも居ないかあ?・・ あっちには?・・・

      などとキョロキョロしている内に・・・アッ、居た!
   柔らかなクリーム色のお花が目に飛び込んできました。

DSC04554.jpg  DSC04543.jpg

  それにしても足場が悪い。 あそこへ行ければ近くで撮れるのになあ・・・

DSC04551_201803182148525ee.jpg  DSC04558_20180318214852510.jpg

   でもまあ・・昔のような無茶は出来ない年齢です。 ちょっと我慢!

         DSC04555.jpg

そうそう、この色の子なんですよね? 優しいクリーム色をしている美人さん!
        片手で木に捕まり、片手でシャッターを・・

多くある場所では普通に散らばっている子たちのようですが、今回はまるで
     「孤高の貴婦人」・・と思われるような雰囲気での出逢いでした。

         DSC04556.jpg

    こんな子たちももうすぐ出番!とばかり、開花の準備中でした。
             本格的な春ももう目前ですね!

DSC04533.jpg  DSC04532_20180318215414436.jpg

 爽やかで綺麗な空気に包まれている地では、コケに加え、地衣類も多く
                     見られました。

DSC04493_2018031823222161d.jpg  DSC04479.jpg
                          モジゴケの仲間

ルーペで確認すると、ちゃんと葉状になっています。ローソクゴケもお気に入り。

DSC04585_20180318232218ef4.jpg  DSC04484.jpg
    ロウソクゴケ

           そんなこんなで充実した楽しい一日となりました。



孫と一緒にショウジョウバカマ

2018/03/14 00:58 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   チビさんと相方でショウジョウバカマに逢いに行ってきました。

まだ咲き始めかな?と思っていたのですが、大分咲き進んでいるようです。
   蕾もありますが、そこここでピンク紫色の花を広げていました。

DSC04422.jpg  DSC04424_20180314005427d32.jpg

      優しい色のお花ですね! 紫色の飛び出した蕊も良い感じです。

DSC04433.jpg  DSC04425.jpg

チラッと見ていたチビたちですが、それよりも周辺の森の中が気になる様子。

         途中では、セントウソウも咲いていました。

DSC04428.jpg  DSC04419.jpg

  即座にこども探検隊が結成されました。 真ん中のやんちゃYが真っ先に
 細道の上まで駆け上がりました。 2年生のKはちょっと兄ちゃん風をふかし、
            妹Rの世話を焼いてくれています。

  そんな様子もホンのひと時。 自分も探検遊びに夢中になりました。
      3人それぞれに棒きれを拾い、遊びながら進みます。 

子供たちは棒っきれや石ころが好きですね! これは今も昔も変わらない・・・
     洗濯機で何度ゴロゴロ石を回したことか・・・ 

「お~い、ソロソロ帰るよ~」の声も耳に入らず、すぐそこが降り口なのにまだ先へ、
       上へと進もうとします。 仕方ない、少し待つか・・・

DSC04456_20180314211737fc1.jpg  DSC04445.jpg

    時間延長で少しは満足したのか、どうにか山から下りて来ました。
 
     山道から下りると・・・ こ~んな可愛いコケが待っていました。

    丸い朔が付いていればわかります。この子の名前は 「タマゴケ」

            分かり易い名前を付けて貰ったね。

DSC04458_20180314211758348.jpg  DSC04459.jpg

                   ホント、かわいい・・・




カイコバイモが咲き始めました。

2018/03/12 12:22 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 あちらこちらでお花情報を耳にすると、何だかそわそわしてしまいます。
用事を終え、ちょっと寄り道。 カイコバイモの様子を見てくることにします。

      咲いてるかな? 昨年はいつ頃だっただろう?

 などと思いながら進むと・・・ お~、咲き始めているではありませんか。
ただ、まだ蕾が多く、開花しているのは3株のみ。 でもでも・・・ 良かった~!

         DSC04340_20180312104151851.jpg

         DSC04338_201803121045467f4.jpg

  囲いの中では2株が近い所に・・・望遠で・・私にはちょっと無理なようです。

DSC04331.jpg  DSC04324.jpg

         こんな風に蕾で佇んでいる子が多い林内でした。

DSC04326.jpg  DSC04333.jpg

                ちょっと移動して・・・
  
 早咲きのスミレはアオイスミレです。 そうそう、この子は早くに咲くのでしたね。

DSC04350.jpg  DSC04352_201803121042445dc.jpg

  何処を撮ろうか? 小さくまとまっている子たちを写すのも悩みます。

DSC04353.jpg  DSC04354_201803121053151dc.jpg

                  おっ、コッチにもいました。

        DSC04368_201803121053149c6.jpg

  春の定番はタチツボスミレです。 この辺りは開花が早いようです。

DSC04375_20180312105429122.jpg  DSC04376_201803121054280d8.jpg

 春早めは国産のタンポポが多く見られます。 これはトウカイタンポポです。

DSC04396_20180312105427838.jpg  DSC04397_201803121054273b3.jpg

        春一番に楽しみにしている所へもちょっと寄り道。
 やはりまだ・・・ですよね? カテンソウは蕾、オドリコソウは・・まだ成長途中。

DSC04418_201803121155123da.jpg  DSC04416_2018031210542692d.jpg

ニリンソウもまだまだ・・・と思っていたら、特別 「おっちょこちょいの子」 が
         1株いました。 まだ蕾ですが・・・

DSC04406_20180312115510da2.jpg  DSC04405_20180312115511f11.jpg

 ランヨウアオイも葉っぱを掻き分けてみると・・まだ口は??閉じたままですが
      近い内に咲きそうです。 やっぱり春! なのですね。

DSC04408_201803121155090a5.jpg  DSC04409_20180312115509192.jpg

         ジンチョウゲの香り、いいですね!
   我家の庭からはずっと前のある年、突然消えてしまいました。

      突然枯れてしまう事があると聞き、成る程・・・

DSC04346_20180312104245918.jpg  DSC04343.jpg

  とっても綺麗なジンチョウゲに出逢い・・・昔が懐かしく思い出されました。



チョッピリ・・・早春の花

2018/03/11 00:51 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  セリバオウレン・バイカオウレン・コセリバオウレン・ミツバオウレン・キクバオウレン
      には出逢っていますが、まだまだ出逢っていない子が多い・・・

  今回、もしかしたら・・・逢えるのでは? と、出掛けてきました。
丁寧に探すもなかなか見つからず、そう上手くいくとは限らない・・と諦めかけた
       頃に、ヒョッコリ顔を出してくれました。

これが優しいクリーム色をしたウスギオウレンとの初めての出逢いでした。 

DSC04217_201803102103223df.jpg  DSC04219_20180310210321225.jpg

                う~ん、なかなか上手く撮れません。

         DSC04231.jpg

     葉っぱはこんな感じです。 3回3出複葉? 
小さく切れ込みが多いので、コセリバオウレンに近い気がしました。

つい先日出逢ったセリバオウレンはぐっしゃり・・という咲きっぷりですが、
   ウスギオウレンは小さいながら単品でスックと立っています。

         DSC04229_20180310210320e6d.jpg

まだまだ良い子はいないかなあ~・・と探すものの、なかなか現れてくれません。
       仕方ないまたその内・・・ 何事も縁ですから。

しっとりとした空間には、瑞々しいコケがいっぱいです。 周辺の景色を楽しみます。
 細く別れているのは何だろう? 図鑑を広げます。・・悩みます、う~ん。
シノブゴケの仲間のようにも見えるし、キブリナギゴケにも似ている? ハ~ッ・・

こちらの丸い葉っぱは見覚えがあります。 多分ケチョウチンゴケ!かな?

DSC04224_20180312021130327.jpg  DSC04240_2018031202112976e.jpg

      ツンツンと立っている朔も面白そう、何だろう?
その隣はホウオウゴケの仲間のようです。 私の好きなコケです。

DSC04241_2018031202112860f.jpg  DSC04234_20180312021129546.jpg

     これはウチワゴケ、それから・・あ~わからん! 

DSC04223_20180312021127676.jpg  DSC04176_20180312020926efa.jpg

           ?? まあ見ているだけで・・仕方ない

DSC04202.jpg  DSC04178.jpg

          それにしても色々な子がいますねえ~

           フワフワした子はヒノキゴケかな?

DSC04215_20180312020924c8a.jpg  DSC04203_20180312020924be6.jpg

               それから地衣類も

DSC04179_20180312021712096.jpg  DSC04182.jpg

DSC04195_201803120217109a9.jpg  DSC04185_20180312021710841.jpg

 まだ咲いてはいませんでしたが、こんな子も・・あと一息! 春のお花です。

DSC04264_20180312021901465.jpg  DSC04263_20180312021902741.jpg

       キット今頃は・・・誰かを笑顔にしているのでしょうね?

DSC04268.jpg  DSC04266.jpg

                「ハナネコノメ」 さんでした!



早春の野の花

2018/03/02 23:17 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

        早く色々な春のお花に逢いたいですね~ 

    まだかな?と思っていたヤマルリソウが咲き始めていました。

DSC03923_2018030301433947f.jpg  DSC03912_201803030143387c6.jpg

    優しい色合い、そして花の中央も魅力的・・・

DSC03919.jpg  DSC03920.jpg

 我家の近くで見られる日本のタンポポの多くはこのトウカイタンポポです。

DSC03935_20180303014153b0a.jpg  DSC03931.jpg

 岩壁で、皺いっぱい・・クチャクチャの葉っぱを付けているのはイワタバコ。
       多分、少し早めに咲くケイワタバコだと思います。

DSC03901_20180303014154e1b.jpg  DSC03917_20180303014154079.jpg

  そして、キランソウも咲いてきました。 父が好きだったお花です。

        DSC03819_201803030152201d1.jpg

この辺りでは、道端に普通に多く見られるシュンランです。 う~ん、あと一息!

   そして、昨年初めて目にしたトキリマメ (だと思う・・) がここにも。
       今まで出逢ったのは、タンキリマメばかりでした。

DSC03799_201803030152240b6.jpg  DSC03752_2018030301522181e.jpg

 こちらのタンポポは、エゾタンポポのようです。 この周辺はほぼこの子!
                  所変われば・・・ですね!

         DSC03795.jpg

 こちらは庭先で咲いていたものです。 畑仕事をされていたので声かけて・・

DSC03755_20180303015440bca.jpg  DSC03754_20180303015223afe.jpg

            上手に育てられていますね。 



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム