FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

色々なスミレたち  その2

2018/04/25 12:52 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

 とても品のあるスミレです。 地域によっては沢山見られると言うのですが、
     住まい近くではなかなか見ることのできないスミレです。
          ですから出逢いはここ数年のことです。

P4100244.jpg  P4100017.jpg
                    マキノスミレ

      スッと立った葉っぱと、潔い色合いの花が大好きです。

P4100223.jpg  P4100020.jpg
                    マキノスミレ

  こちらはノジスミレでしょうか? 身近にあるスミレほど頭をかしげてしまう。
            しっかりと名前を覚えたいものです。

DSC06219.jpg  DSC06225.jpg
                   ノジスミレ?

              写真で確認しても、アレレ?  

DSC06234.jpg  DSC06233_2018042518335014e.jpg
                    ?

            こちらはコスミレかな?と思うのですが・・・

                  このやたら長い距は・・・

DSC06304.jpg  DSC06353_20180425183612653.jpg
                    コスミレ?

何だかアカフタチツボスミレを越えて、葉っぱが赤黒っぽくなっている子もいました。
  
DSC06367_2018042518463199a.jpg  DSC06241.jpg
                 アカフタチツボスミレ?

   イブキスミレも素敵ですが、今年は少ししか出逢えませんでした。

DSC06384_201804251846293d7.jpg  DSC06380.jpg
                     イブキスミレ

そして、憧れのゲンジスミレです。 とっても綺麗な子との出逢いがありました。
             もう・・・ウットリです。 

DSC06397_201804251846286f5.jpg  DSC06401.jpg
                     ゲンジスミレ

 こぢんまりとした葉っぱと優しい色合いの花、芯の黄色がチャームポイントです。

DSC06398.jpg  DSC06404_20180425184648e06.jpg
                     ゲンジスミレ

    そして、コンナ子との出逢いもありました。 フイリシハイスミレです。
      とっても素敵なたたずまいで、森の中に住んでいました。

DSC07419.jpg  DSC07422_20180425185542e1d.jpg
                    フイリシハイスミレ

       ちょっと虫に食べられた?花びらも、何だか可愛い・・・

DSC07412.jpg  DSC07374_20180425185541dff.jpg
                    フイリシハイスミレ


                 スミレの季節も・・・残すところあと僅か!




色々なスミレたち  その1

2018/04/25 09:17 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   スミレの季節、そろそろ終盤ですね! 下書きに入ったまま・・・
         今頃になって日の目を見るスミレたちです。

 早咲きのアオイスミレには今年は思いの外、多くの子たちに出逢えました。
 少し登った山では、お花の色が少し濃いブルーのエゾアオイスミレに
               逢うことが出来ます。

DSC06315.jpg  DSC06316.jpg
                アオイスミレ

   ちょっと場所が変わって・・・ここでもエゾアオイスミレとこんにちは!

DSC06554.jpg  DSC06553_20180413044710ec2.jpg
                 エゾアオイスミレ

      アカネスミレも花色が濃く、シャキッと感がいいですね。
        ここでは開花したばかりの子に出逢いました。

P4120402.jpg  DSC06996_20180413224904956.jpg
                アカネスミレ

      アケボノスミレも花の色合いが素敵で、大好きなスミレです。
多く見られる場所は、まだやっと5~6株が咲き始めただけ。 少し里へ下がると・・

P4120370.jpg  P4120413.jpg
               アケボノスミレ

     別の場所では葉っぱを広げた子たちが伸びやかに育っていました。
               色が出ない。

P4120415.jpg  P4120412.jpg
                アケボノスミレ

                   2人仲良く・・・

P4120428.jpg  P4120417.jpg
                アケボノスミレ

                  3姉妹もいました。

P4120427.jpg  P4120436.jpg
                 アケボノスミレ

 エイザンスミレも場所によっては、とても良い色をしている子たちもいます。

P4050019.jpg  P4050024.jpg
                 エイザンスミレ

   上手く写してあげられませんが、とても美人さん達が多く住む空間でした。

        P4050026.jpg
                 エイザンスミレ

マルバスミレも随分前に咲いた子たちです。 何カ所かで楽しませて頂きました。

P4050037.jpg  P4050036.jpg
                 マルバスミレ

  こちらのキスミレは富士山麓に住む子たちです。 草原で点々と・・・

DSC06932.jpg  DSC06936_20180425122923e97.jpg
                  キスミレ

 美人さん同士のエイザンスミレ・ヒナスミレの交雑は、オクタマスミレだそうです。
   もっともっと綺麗な子たちでしたが、夕方でもあり、私の腕ではその魅力
        を発揮できません。 オクタマスミレに申し訳ない・・

DSC06961_2018042512292272a.jpg  DSC06958.jpg
    オクタマスミレ              ヒナスミレ

           そのままの色合いをお伝えしたい・・・ 

        DSC06967.jpg
                  オクタマスミレ

 こちらで咲くツボスミレはとても品があります。 花色は薄紫を帯びて、葉っぱも
         スッキリと・・・ ミヤマスミレへの移行型でしょうか?
            そう標高も高くない場所なのですが・・・

DSC06985_20180425123013a1a.jpg  DSC06984_201804251230145c2.jpg
                     ツボスミレ

ヒカゲスミレはマルバスミレと見間違えてしまうことも多く、ちょっと丁寧に観察。
    葉っぱが少し黒くなりかけています。 タカオスミレ化してる?

DSC06831_20180425124119801.jpg  DSC06832_20180425124118ae4.jpg
                   ヒカゲスミレ

      富士山麓では斑入りヒナスミレの方を多く見かけます。

      どちらにしろ・・・とても綺麗なスミレのひとつですね!

DSC06977.jpg  P4050058.jpg
                   ヒナスミレ

あとは、サクラスミレ・チシオスミレ・コミヤマスミレ・ミヤマスミレ等に逢えるかな~?




クゲヌマランとキンランその後・・・

2018/04/24 01:24 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

11日に蕾だったクゲヌマランですが、あれから10日も経ってしまいました。
       今はどうなっているかな? と、出掛けてみました。
小さく蕾を付けていない子も多かったのですが、たくさん花開いていました。

P4210011.jpg  P4210019.jpg
                 クゲヌマラン

     大きな株では40㎝程にもなり、伸びやかに育っています。

DSC07525_20180425030735789.jpg  P4210024.jpg
                クゲヌマラン

  愛らしい花ですが、近寄ってみると・・・ ウワッ!今にも噛みつかれてしまい
          そうな雰囲気です。 ギザギザの歯が痛そう・・
        クゲヌマランには、ギンランのような距はありません。

  同じ所のキンランは、当然のごとく既に花は終ってしまっていました。

P4210014.jpg  P4210018.jpg
                クゲヌマラン

  それならば近くの林に住むキンラン・ギンランはどうなっているだろう?
よく目に付く場所では持ち去りも多く少なくなっていますが、隠れん坊の上手な子は
            しっかりとお花を付け始めていました。

P4210070.jpg  P4210068.jpg
                 キンラン

     一本の花数も多く、みんなが開くとなかなか豪華そう・・・

P4210085.jpg  P4210072.jpg
                   キンラン

  そして、この森で一番豪華な花束は・・・ 昨年は12株、その内1株を除き
    花が付いていました。 今年は、数え間違いで無ければ16株!
         咲き揃った頃また出掛けてみましょう。
 
        P4210076.jpg
                   キンラン

   同じ森の中にはギンランも育っています。 今年はまだ7株ほどしか確認
     していないのですが、モットいるはず。 ギンラン探しはまた今度!

  P4210093.jpg   P4210098.jpg   P4210101_20180425032559539.jpg
                   ギンラン

  ハナイカダにも花が見られるようになってきました。 花一つ咲いたのが
          雌花のようで、この後、黒い実が付きます。

P4210042.jpg  P4210044.jpg
         (雄花)        ハナイカダ          (雌花)

ヤマツツジのオレンジ色の花が咲いてきました。 森の中ではよく目立ちます。

P4210038.jpg  P4210083.jpg
       ヤマツツジ            マムシグサの仲間

  周辺の環境が変わってしまったので心配していたツチアケビですが、段々
少なくなりつつも、今年も花を付けてくれそうです。 一昨年の半分位でしょうか?

P4210053.jpg  P4210054.jpg
               ツチアケビの赤ちゃん

        ツチアケビの芽だしは、まるでヤッコソウのようです。
          これからの成長が楽しみな子たちです。 

        P4210051.jpg
               ツチアケビの赤ちゃん






寄り道・・・

2018/04/23 12:28 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  キバナハナネコノメを愛でた後・・・ まだ時間もあるので寄り道観察です!
アレ?何だろ・・・ ちょっとヒメウツギとは雰囲気が違います。 車から降りて
みると・・・アオダモでした。 野球のバットの木。 なかなか見応えのある花です。

DSC07440.jpg  DSC07441_20180423120059bff.jpg
                     アオダモ

       ヒメウツギも道沿いで白い花をいっぱい咲かせていました。

DSC07442_201804231200589d8.jpg  DSC07446_201804231209441f0.jpg
      ヒメウツギ

  んっ、これは何?と思ったら、ガクウツギかコガクウツギのようです。

        DSC07524_20180423120446e6d.jpg
                ガクウツギ?

      ヤマイワカガミも今が一番の見頃のようです。
道沿いに白いお花がいっぱいです。 ヒカゲツツジはもう終っていました。

DSC07494.jpg  DSC07504.jpg
              ヤマイワカガミ

            とっても新鮮な子たちです。

DSC07510_20180423120448c1c.jpg  DSC07520.jpg
                  ヤマイワカガミ

              エイザンスミレも元気よく咲いています。
             
DSC07448.jpg  DSC07452_2018042312020790c.jpg
                    エイザンスミレ

 ここではもう終っていたキバナハナネコノメでしたが、ミヤマハコベと
               仲良く住んでいるようです。

P4200104.jpg  P4200113.jpg
  マルバコンロンソウ             ミヤマハコベ&キバナハナネコノメ

            このマンネングサの仲間の名前は? 

P4200117.jpg  P4200114.jpg

    遠くにワサビの花がたくさん咲いていました。 望遠で・・・

        DSC07487_201804231215089b6.jpg

   山の道端で時々見かけるのですが・・・ハタザオの仲間のようです。

DSC07493_20180423121507076.jpg  DSC07514_201804231215068e0.jpg

     外観はスルガテンナンショウですが、中を覗いてみると・・・
ヤッパリ違うわ~、この子は誰でしょう? 名前の分からない子がいっぱいです!

        DSC07522.jpg
        

キバナハナネコノメに間に合った!

2018/04/23 11:55 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(1) [Edit]

 今年はキバナハナネコノメに逢えないかも知れない・・・と思っていたら、
 「キバナハナネコノメが咲いてるよ~」 と誘惑の電話が掛かってきた。
それから数日・・・もう遅いかな?と思いつつも、やっぱり足が向いてしまった。

    少し遅いようでしたが、まだまだ見られる子も結構残っています。
谷間を心地よい風が流れて行きます。 周りの若葉もとても気持ちいい・・・

P4200006.jpg  P4200058.jpg

 ワチガイソウとは相性がいいのでしょうか? そこここで一緒に育っています。

P4200008.jpg  P4200028.jpg

           水辺が似合うキバナハナネコノメです。

P4200049.jpg  P4200073.jpg

 黄色い葯を付けた子と、それより少しオレンジ色を帯びた葯を持っている
               子もいるようです。

        P4200069.jpg

        DSC07479_20180422015447e65.jpg

そして、少しクリーム色を帯びていますが、多分キバナハナネコノメの白花だと
                    思います。

  P4200012_2018042201560891e.jpg

      その両方が並んでいる姿も目にすることができました。

              P4200015_201804220156077c6.jpg

        そしてこちらはイワネコノメソウだと思います。 

P4200002.jpg  P4200059.jpg

   葉っぱは対生で、黄色い葯を持っているのはイワボタンのようです。

P4200100.jpg  P4200091.jpg

そして、赤い葯を持ち、萼裂片が直立しているのはヨゴレネコノメでいいので
  しょうか? 普段よく目にするのとはちょっと雰囲気が違いますが・・・

雄しべは4-8個となっていました。 4個の雄しべの子には初めての出逢いです。

P4200097_201804220239315cb.jpg  P4200096.jpg

 キバナハナネコノメには少し遅かったものの、新鮮なシロカネソウが住んで
   いることに気付きました。 ヤマエンゴサクも元気です。

P4200025.jpg  P4200087.jpg

それから、こんな子も・・・ ヤシャビシャクのようですが、倒木ですのでいつまで
      お花を咲かせられるのか・・・ちょっと心配です。

DSC07477.jpg  P4200106.jpg

   谷間の心地いい空気も、充分味わったのでそろそろ帰ることにします。

             ちょっと寄り道をしつつ・・・ 
  



富士山麓森の中

2018/04/17 10:53 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

  久しぶりに相方と富士山麓の森を少し場所を変えながら歩いてきました。
   山間部とは言え、我家の周りも過ごしやすい季節となってきました。

   標高が1000mやそれを越えると、やはりまだ浅い春のようですね。
 車から降りると、思わずゾクッとします。 上着を1枚羽織って出発です。

お気に入りの場所なのですが、以前に比べるとちょっと寂しい。それでも足元には
ブルー系のヤマエンゴサク・赤っぽいジロボウエンゴサクがすぐ近くで育っています。
  
DSC07082_2018041813361887c.jpg  DSC07105.jpg
                ヤマエンゴサク

花柄の付け根にギザギザの苞葉があるのがヤマエンゴサク、切れ込みの無い
          1枚苞葉がジロボウエンゴサクです。 
 この辺りで見られるのはこれにムラサキケマンが加わり仲間は3種です。

        DSC07084.jpg
                ジロボウエンゴサク

溶岩の流れた沢を通りかかると、その隙間や、苔むした間から色々な植物が
  育っていました。 イワタバコや棒状のものはナルコユリか何か?
       その足元では、ヤマトグサも顔を出していました。
        
DSC07142.jpg  DSC07136_2018041819174031d.jpg
    イワタバコ                 ヤマトグサ

  こちらはツルネコノメのようです。 葉っぱは互生、小さいながら黄色い
    葯がなかなか可愛い。 ミヤマエンレイソウも咲き始めました。

DSC07140.jpg  DSC07145.jpg
            ツルネコノメ               ミヤマエンレイソウ

   ツルシロカネソウも元気がいい。 この子は結構遅い時期まで目を
                   楽しませてくれます。

        DSC07143.jpg
               ツルシロカネソウ

標高が高くなると、タチツボスミレも紫色が濃くなり、美人さんが多いようです。
   この葉っぱ、ちょっと長めのようですが、ナガバノシコクスミレでは?
 少し下ではナガバノスミレサイシン似でしたが、ここではどちらかというと
            シコクスミレ似の子が多いようです。

DSC07087.jpg  DSC07091.jpg
  タチツボスミレ              ナガバノシコクスミレ

       こちらはシコクスミレとナガバノスミレサイシン。

P4160333.jpg  P4160288.jpg
           シコクスミレ             ナガバノスミレサイシン

          この子もナガバノスミレサイシン・・・

        DSC07153_2018041819190937e.jpg

    そして、昨年であったナガバノシコクスミレの小群生地です。
   花色はナガバ似で、花の形はシコクスミレの面影があります。

DSC07062.jpg  DSC07069_20180418203534c0f.jpg
                ナガバノシコクスミレ

        どの子をモデルさんにしようか迷ってしまいます。

DSC07066.jpg  DSC07070_20180418203532392.jpg
                ナガバノシコクスミレ

      エイザンスミレは比較的白っぽいタイプが多いようです。
    葉っぱは多いけれど、まだ花を付けていない子も多そうです。 

P4160320.jpg  P4160368.jpg
                 エイザンスミレ

  この優しい色のスミレは、ヒナスミレです。 アケボノスミレ?と間違いそう
      そうですが、ここにはアケボノさんは住んでいませんでした。

P4160285.jpg  P4160277.jpg
                   ヒナスミレ

   コガネネコノメを中心に、色々なお花が仲良しで育っていました。
セントウソウ・・・そして、苔むした倒木の上にはワチガイソウがい~~っぱい!
   もう蕾を持っている子もいましたので、もう少ししたら・・・

P4160322.jpg  P4160341.jpg

                  ヤマエンゴサクに・・   

P4160360.jpg  P4160324.jpg

                  セントウソウ・・・

        DSC07096_20180418134008bec.jpg

          ヨゴレネコノメはそろそろお終いのようです。

        DSC07114_20180418134008ae2.jpg

曇っている日はなかなか花咲いてくれない子です。 この日も余り芳しくなかった
     のですが、まあこの位咲いてくれればヨシとしましょう!

  蕾んでいるときは足元にいっぱいあってもなかなか気付かない・・・
一旦花開くと、クリーム色のお花が何とも可愛いので気に入っています。
             トウゴクサバノオです。

P4160306.jpg  P4160316.jpg

        DSC07155_2018041822592548c.jpg
                   キジ

        DSC07183_2018041822592460f.jpg
                  ヤマガラ

           巨木は・・・いいですね! 

          DSC07190_201804182259239a2.jpg


          午後からのゆったり2~3時間の散策でした。







春のお花

2018/04/15 10:33 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 自生かそれとも逸出したものか分からないムサシアブミが今年も花を
咲かせました。 いつもは2株出ているのですが、今年は何故か1株のみ。
         見落としたかも知れないけれど・・・

P4080178.jpg  P4080179.jpg

  そして私が見た中で一番のヒトリシズカの群生地、今年もいっぱい!
             ヒノキ林の中に住んでいます。

         残念ながらまともな写真はありませんが・・・

P4080155.jpg  P4080158.jpg

         艶があってなかなか素敵な葉っぱです。 
       ヒトリシズカか~、こんなに賑やかなのに・・

P4080176.jpg  P4080170.jpg

              ナツトウダイの花も変わってるねえ~

        P4080188.jpg

                    場所が変わって・・・
  今どうなっているだろう? 会議が終った雨の日に訪ねてみました。
やはり早かったか・・・ 11日でしたので、来週には早い子は咲くかも知れません。

DSC06786.jpg  DSC06798.jpg

  小さな蕾を持っているクゲヌマランです。 今年もたくさん咲きそうです。

DSC06802.jpg  DSC06789_2018041519172804d.jpg

 そして、私が知る中で一番早く咲くキンラン、もう咲き出していることでしょう。
       近くのキンランは20㎝位には伸びていているでしょうか?

         この子達に逢えるのを楽しみにしています。

          DSC06793.jpg

クマガイソウが咲いた

2018/04/14 20:43 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

      クマガイソウを2株頂いてもう10年以上経ちました。 
山間部の我家は住み心地がいいらしい。 今年は20株も花を付けてくれました。
今までで最高です! 何しろ花を付けていなかったのは2株のみですから・・・

       自然の中でのクマガイソウは5月連休頃でしょうか?

P4080198.jpg  P4080202.jpg

    数えてみると20株。 その内一つは途中で駄目になったようです。

        DSC06821_20180415182206cb2.jpg

      義父の菩提寺で見かけ、いいなあ・・・と思っていたリキュウバイ。
市のイベントで見かけ、購入してきました。 翌年は咲かずにウッカリまた購入して
   しまった。  ささやかですが両方共、花を咲かせてくれました。
 もっともっとお花を付けてくれるのを楽しみにしているリキュウバイです。
  
DSC06819.jpg  P4080192.jpg

 ホタルカズラはツタバウンランにその地を奪われ?奥の方に追いやられて
         しまいました。 外来植物は強いわ~ 

DSC06812_2018041518220582b.jpg  P4080193.jpg

  こちらも外来種、キバナオドリコソウです。 可愛いのだけれど・・・
                増えますねえ~。

DSC06818_201804151822030bd.jpg  DSC06817_201804151822042ec.jpg

    心配していたスダチの葉っぱもどうにか、やっと芽吹いてくれました。
   蝶も生きて行くに必死だけれど、幼い内は少ない葉っぱを食べないで!

                    ハ~ッ・・・・




富士山麓で観察会

2018/04/14 16:33 ジャンル: Category:観察会
TB(0) | CM(0) [Edit]

 12日、富士山麓を17名で歩いてきました。 植物観察をしながらなので
       ゆったりと・・風の香りも楽しみながらの歩きです。

 下見時にはまだ寂しかったお花達ですが、1週間経った今は大分お花が進んで
来たようです。 民家脇では、スミレでしょうか? 濃い紫色の花を付けていました。

P4120258.jpg  P4120270.jpg
    スミレ?               カントウミヤマカタバミ

          山裾をノ~ンビリ歩くのはとても心地いい・・・ 
この辺りではまだ桜も楽しめます。 足元では小さな花が咲いています。

   P4120261.jpg   P4120263.jpg   P4120283.jpg
  ヤマザクラ          マルバスミレ        ヨゴレネコノメ 

 ヒカゲスミレも葉っぱが緑色、少し黒っぽく色づいているもの・・色々です。
      丁度いい時期だったようで、なかなかの美人さん!

DSC06834.jpg  DSC06826_20180415151425719.jpg
         ヒカゲスミレ                ジロボウエンゴサク

途中で1組のグループの方達と出逢いました。 ウォーキング目的のようです。

DSC06832_201804151514255b8.jpg  DSC06835_20180415151423e88.jpg
   ヒカゲスミレ                   散策風景

   ハナネコノメはもうお終いですが、僅かにオレンジ色の葯が残っているものも
                 ありました。 また来年・・・ね!

P4120290.jpg  DSC06830_201804151514232ef.jpg
     ハナネコノメ                 イヌナズナ

            ミツバコンロンソウも咲いたばかりの子たちでした。 

        P4120310.jpg
                        ミツバコンロンソウ

          それも3本まとまって! なかなか良い子たちです。
      優しい色をしたヒナスミレも少し遅めですが、見られて良かった・・・

P4120301.jpg  P4120298.jpg
      ミツバコンロンソウ              ヒナスミレ 

  フタバアオイはもう一息! 苔むした岩にはイワタバコが付いています。      

P4120331.jpg  P4120315.jpg
        フタバアオイ               イワタバコ

  そう多くはないのですが、色々な花が私たちを楽しませてくれました。

        P4120327.jpg
              ヤマエンゴサク&シロカネソウ

              キクザキイチゲもなかなか可愛い・・・

P4120330.jpg  P4120336.jpg
      ハシリドコロ                 キクザキイチゲ

  フモトスミレは変異が多いのでしょうか? 咲く場所によって大分様子が
違う気がするのです。 粗い鋸歯があるので、ヒメミヤマスミレ?とも思いましたが
    以前詳しい方に訪ねたところ、フモトスミレだと教えて頂きました。
           私には難かし過ぎます。 

P4120342.jpg  P4120338.jpg
  ヒロハコンロンソウ              フモトスミレ   

   コチャルメルソウはホントに不思議な形をした植物だと感心します。
         どうしてこういう形の必要があったのかなあ?   

P4120341.jpg  P4120358.jpg
    フモトスミレ               コチャルメルソウ

 キランソウを見ると父を思い出します。 愛おしそうに「コレキレイだよな~」
と言っていた姿を。 こんな風にいつかチビたちから私のことを思い出してくれる事、
          何かあるのでしょうか?  自信ないなあ・・・

P4120361.jpg  DSC06858.jpg
   コチャルメルソウ               キランソウ

    タチツボスミレも山間に来ると色が濃く、美人さんが多いようです。

DSC06862_20180415160421a99.jpg  DSC06872_2018041516042222e.jpg
       タチツボスミレ                ムラサキケマン

        ニリンソウはまだまだこれからが本番のようです。

P4120345.jpg  DSC06870.jpg
    タニギキョウ                ニリンソウ

    ゆったりとした山裾歩きもそろそろ終了です。 駐車場へ向かう途中の
                しだれ桜・・・とてもキレイです。

DSC06889_20180415160529158.jpg  DSC06891.jpg
                    シダレザクラ

 更に県指定で、日本では最大級のミツバツツジ、何処にあるのだろう?と
思っていたら・・ここに居たようです。道から少し入った所で凛と立っていました。
  最盛期は過ぎていましたが、充分見応えのあるミツバツツジでした。
                電線が・・・ちょっと残念。

DSC06903.jpg  DSC06906_20180415160527f25.jpg
              県の天然記念物  ミツバツツジ


        天気にも恵まれ、とても楽しい時間が過ぎて行きました。



春は沢が楽しい・・・

2018/04/13 02:01 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(2) [Edit]

       4月の活動は、気になっていた沢へ入ることにしました。
  溶岩の流れた跡が残る沢はなかなか魅力的な景観を作っています。
   かつて子供たちが幼なかった頃、探検をした懐かしい沢です。

マムシがいるらしいとのことで、長靴に軍手を付けて一人歩き始めます。
自然の多く残るこの周辺では、シュンランも結構残っていて、花を咲かせています。
         小さな花のセントウソウもまだ残っていました。

DSC06659.jpg  DSC06667.jpg
        シュンラン               セントウソウ

    富士山麓ではナガバノスミレサイシンの群生が普通に見られます。
本日は、溶岩の上で咲いていた子で、とびっきり長い葉っぱを持っていました。
     湿気の多いところでは、イワタバコも点々と続いています。

DSC06680_201804140044472cc.jpg  DSC06664_20180414004446430.jpg
 ナガバノスミレサイシン            イワタバコ           

  唇弁にも筋が無く真っ白な白花ナガバノスミレサイシンにも出逢えました。
      これはヨゴレネコノメ?の幼い子でしょうか・・・

DSC06668_2018041400444606e.jpg  DSC06682_20180414004617786.jpg
   ヨゴレネコノメソウ            白花ナガバノスミレサイシン

「えっ、この艶のある葉はヤマイワカガミの葉っぱ?」 とちょっと興奮しましたが
   残念~、ヤツデの幼苗でした。 こんな風に鋸歯があるとはビックリ!

DSC06690_20180414004616947.jpg  DSC06676_201804140046145e2.jpg
  キジノオシダ?             ヤツデの葉

  沢には溶岩が流れていますが、周辺の壁には大きな礫を含んだ地層が
                       見られます。

        DSC06670.jpg

          何カ所かでニリンソウの小さな塊も見られました。
                これはエイザンスミレかな? 

DSC06693.jpg  DSC06707.jpg
             ニリンソウ           エイザンスミレ

 水が溜まっている場所もあり、岩をよじ登ったり脇の林へ逃げ込んだり
       いつの間にか山ズボンも白く汚れていました。

ヒナスミレの葉っぱもありますが、この辺りではもう花は終っているようです。
標高1000m辺りからしか確認していないシロカネソウがこんな低地にも!

DSC06694_20180414005047397.jpg  DSC06701.jpg
     ヒナスミレ                シロカネソウ

 こんな泥が溜まっている所を歩きますので慎重に・・・ この足跡はだ~れ?

DSC06692_20180414005045055.jpg  DSC06704.jpg

          クロモジやタチツボスミレも咲いています。

DSC06715_2018041400561488e.jpg  DSC06734_201804140056128aa.jpg
     クロモジ               タチツボスミレ

   わ~、こんな所にランヨウアオイが住んでいました。 富士宮市では
      多く見られますが、市内では私は初めての出逢いでした。

DSC06740.jpg  DSC06743.jpg
                  ランヨウアオイ

          この樋の溶岩は、下流部でも見られます。
杉林の中ではトンボソウもたくさん見られます。この子達みんな咲くのでしょうか?

DSC06727.jpg  DSC06745_20180414010233c57.jpg
                               トンボソウ

   探検気分の歩きにウキウキです。 キレイな地層も見られますし・・・
 たった1株のアマナは種子を付けていました。 次回は花を楽しみたい。

DSC06705.jpg  DSC06646.jpg
                           アマナ

          富士山もヒョッコリ顔を見せてくれましたよ。

        DSC06713_201804140056138dc.jpg

  小さな林の中では、ウメガサソウやイチヤクソウなども咲くようです。
        お花の季節、忘れないように・・・ 

DSC06651_20180414011103ce2.jpg  DSC06653.jpg
   イチヤクソウ              ウメガサソウ&オノマンネングサ?

ツルネコノメソウはランナーを出し 、ツルニチニチソウはアチコチに逃げ出しています。

DSC06689.jpg  DSC06658_201804140111011bf.jpg
       ツルネコノメソウ             ツルニチニチソウ


        春の沢歩きも面白い! 今度はどの辺りを歩こうか?




カイコバイモとコシノコバイモ

2018/04/12 17:35 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

         大分前の話になってしまいましたが・・・・・

今年は場所を変え、日にちを変えて、カイコバイモ・コシノコバイモ達に何度か
 逢いに行ってきました。 丁度良い頃だったり、或いは遅すぎた子も・・・

カイコバイモの守られている場所での出逢いは、以前写真をアップしました。

   その後、道端で出逢ったカイコバイモは写真庫に入りっぱなしでした。
以前は3株ほどはいたと思うのですが、今年はたったひと株で頑張っていました。
         どうにか絶えないで頑張って欲しい・・・

DSC05178.jpg  DSC05179.jpg

      そして、少し距離が離れて・・・え~っ、ここにも咲くのですか?
 地元の管理して下さっているところよりも遅くに訪ねたのですが、まだ蕾が多く
                ちょっと早めのようでした。

DSC05404.jpg  DSC05402_20180413032719227.jpg

           可憐さは同じですが、個性もそれぞれで・・・

DSC05405_20180413032718af0.jpg  DSC05408.jpg

  まだこれからの子も多く、出始めの子や1枚葉の子もいっぱいで・・・
        この先期待が持てそうな感じです。 

        DSC05411.jpg

      *****************************

      静岡に咲くコシノコバイモは、お初の子たちでした。
優しいカイコバイモ似の子もいますが、ちょっと肩をいからせた子たち。

DSC05369_20180413033412672.jpg  DSC05375.jpg

             陽の光を浴び、心地よさそうでした。

DSC05376.jpg  DSC05392.jpg

      場所は変わって、山梨に咲くコシノコバイモです。
 色は少し黄色を帯びている感じで、とても新鮮なお花がいっぱいです。

DSC06474.jpg  DSC06454_20180413035216792.jpg

    この日は天気も良く、青空に映えるなかなかいい景色です。

DSC06493.jpg  DSC06490.jpg

         葉っぱを伸びやかに広げている子もいますし・・・

DSC05369_20180413033412672.jpg  DSC06498_201804130353128e4.jpg

                 仲良く並んで立っている子も・・・

DSC06541_20180413035312c32.jpg  DSC06490_20180413035311293.jpg

       素敵なコバイモの仲間との再会も、また来年のお楽しみ・・  


        

牛ケ峰の一本桜

2018/04/08 22:07 ジャンル: Category:チビたちの山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

数年前に訪ねた牛ケ峰の1本桜は、広い草原の上に立つとても存在感のある
桜の木でした。 残念ながら花の季節では無く、「今度お花を見に来ようね」と
言いながら、そのままになっていました。 (K太家族は訪問したようですが・・)

 通常、4月10日頃に開花するようなのですが、今年は早そう・・・ と言う事で、
 7日に孫たちと出掛けて来ました。 随分上まで車で行けますので、歩くのは
     僅か。 3才になったばかりの孫には最適のお山でした。

   駐車場からすぐの斜面では点々と白い花が見つかりました。 どうやら
       マルバスミレのようです。 こんなに咲いてるのね・・・

P4070008.jpg  P4070006.jpg
                  マルバスミレ

  アカネスミレは殆どが蕾でしたが、シャキッとしたその姿、いいですね。
  赤い花を持つ木は何だろう? と思ったら、「マンサク」 の名札が
             ありました。 園芸種??

P4070016.jpg  P4070010.jpg
    アカネスミレ                 マンサクの仲間

 出発前に用事を終えて駆けつけたチビさんたちのお父さんも合流し、7人で
   歩き始めます。 道端では、ナガバノスミレサイシンも花盛りです。
          末っ子Rの足どりも快調のようです。

P4070022.jpg  P4070018.jpg

  Rはじいじと仲良しです。 肺気腫持ちの相方は登りはちょっと大変そう。
         どうもRの歩きには負けそうな雰囲気です。

P4070030.jpg  P4070038.jpg

今はこの辺りはスミレが賑わい、ニオイタチツボスミレ・ナガバノスミレサイシンの白花・
       ツボスミレ・あとはノジスミレかな? が、たくさん見られました。
       みんなでの歩きなので、写真はいつもより更にいい加減です。

   P4070039.jpg   P4070014.jpg   P4070015.jpg

  わ~、凄い! こんなに花付きのいいクロモジは初めてです。 少し触れると
                   香りが届きます。

P4070046.jpg  P4070047.jpg

      孫たちも棒っきれを片手に遊びながら頂上を目指します。

P4070042.jpg  P4070034.jpg

        Rも兄ちゃんたちと全く一緒、棒っきれも大好きです。

        P4070027.jpg

    「ヤッホー!もうすぐ頂上だよ」 「カモシカさんいないねえ~・・」
         そんな話をしている内に、頂上へ到着です。 

野原の向こうの1本桜が目に入りました。 眼下には静岡市方面がくっきりと・・
 とても展望の良い山です。 1本桜の奥には、山並みが続いています。

P4070049.jpg  P4070059.jpg

                 ちょっとひと休みして・・・

P4070065.jpg  P4070063.jpg

    わ~花咲く1本桜です。 いいねえ~・・・  ちょっと遅かった?

P4070069.jpg  P4070071.jpg

     思わずこ~んな風に寛いでしまう。 そんな景色なのです。
足元にはニオイタチツボスミレが点々と咲いています。 小さなワラビも・・・

P4070082.jpg  P4070079.jpg

  近づいて観察すると・・・まさに今が満開の良いときにやって来たようです。
  山桜ですので、葉っぱも同時に出てきます。 とてもキレイな花弁でした。
    常に風に吹かれてなかなかカメラに治まってくれません。

近くに1本残されたヒノキ?は富士山で見られるような旗型樹形をしていました。
それだけ常に風との戦いなのですね? 何で一本だけ残してる?と娘に聞かれ
ましたが、どうなんだろう? この様子を見せてくれるため??そんなこと無いか・・

       P4070099.jpg

 風も吹き抜け、寒い日でしたが、太陽が出てくるとほ~っとなってしまいます。
          太陽の恵み・・・今更ながらに感じました。

P4070111.jpg  P4070108.jpg

たっぷりと遊んだので、そろそろ帰ることにします。 夕方から相方も用事が
                   待っています。

    後ろ髪を引かれながら、何度か振り返り・・・下って行きました。

        P4070117.jpg

 この山はとてもクロモジが多い山です。 テイショウソウも群生していました。
          また季節をかえて訪ねてみたいものです。

P4070133.jpg  P4070128.jpg

 下った先には、水芭蕉が咲いていました。 群馬県片品村から移植したものの
            ようですが、まだ見頃で良かった・・・

Rもみんなも頑張ったね! 寒くて上着をシェアしながらでしたが良い一日でした。

P4070140.jpg  P4070146.jpg

               さ~てそろそろ帰るとしますか・・・




間に合わなかったクモラン

2018/04/08 11:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(1) [Edit]


 クモランは今年はもう既に咲き終わり、綿毛になっているのだ・・・とばかり
思っておりましたら、私のお気に入りブログの主の方からそっとコメントを
頂きました。ハッと気付き、昨年の開花の時期を調べたら、まだ先のこと!
  7月15日にお花を見ていました。 あちゃ~、やってしまった。

そう言えば、カヤランも今頃になって綿毛風の種子を飛ばしてるようです。
じっくり種を熟成させて、一番いい時期に種を出しているのかな??

自分で気付かせてくれるような、とても温かく優しい語り口でのコメントでした。
            ありがとうございました。 


山行きも雨のため中止になり、少し天気が回復した6日午後、ドライブがてら
                  歩きに行ってきました。

野山は確実に色づいてきています。 車窓からは山吹の黄色とヒメウツギの白が
        鮮やかです。 良い季節になってきました。 

P4060006.jpg  P4060020.jpg

 ヤマルリソウの群生地へも寄ってみましたが・・・ ここ数年は崖崩れのせい
    でしょうか? 随分減っていました。 残念・・・ 

        P4060008.jpg

        これが一番大きな株のようです。 なかなか見事です。

P4060013.jpg  P4060011.jpg

  ピンク系やブルー系・・・小さな花をそんな目で探し出すのは面白い。

P4060014.jpg  P4060015.jpg

   ヤマルリソウはホ~ッとするような・・・そんなお花ですね! 

        P4060018.jpg

ちょっと場所は変わりますが、斑入りヒナスミレも雨に濡れて滴を付けています。
           いつの間にやら傘を差しても観察でした。

P4060037.jpg  P4060038.jpg

そう言えば・・・クモランが咲いていると聞いたのは、もう10日以上も前のことです。
      この辺りでもそろそろだろうか?とちょっと寄ってみました。

       クモランが住む木に近づいてみると・・・ エ~~ッ!
 もう大分前に咲いたようで、小さな小さな綿状の種子が広がっていました。
           今年は見ずに過ぎてしまいました。 

P4060042.jpg  P4060040.jpg

 どこかに残っていないかな?と周辺を探しましたが、みんな同じ状態です。

P4060044.jpg  P4060048.jpg

カヤランも薄茶色の綿状の種子を付けています。 ふわ~っと飛んでいきそう。
          隣には蕾も付き、少しふっくらしてきたようです。
              この子は見逃さないように・・・

P4060045.jpg  P4060050.jpg

       お花のいい時期を見極めるのは、なかなか大変です。

P4060043.jpg  P4060051.jpg

          いい状態のカヤランに・・・出逢えますように
 




富士山世界遺産センターでイベント

2018/04/04 16:53 ジャンル: Category:イベント
TB(0) | CM(0) [Edit]

  昨年、富士宮市に世界遺産センターが完成し、多くの来場者があるようです。
3月24日、近隣の博物館・資料館・こどもの国などが参加し、イベントが行われました。

        DSC05436.jpg

 被れる折紙の富士山帽子・缶バッチ・勾玉作り・かざぐるま作り・木の
コースター作り・ロックバランシング・クイズなどが遺産センター広場の
          テント内外で繰り広げられました。

        DSC05437.jpg

青空のもと、心地よい日差しです。 JRのウォーキングも開催され、その途中で
      イベントに参加して下さる方も大勢いらっしゃいました。

DSC05429.jpg  DSC05435.jpg

 元気のいい資料館のお兄さんの声が聞こえます。若いって良いなあ~

DSC05433_20180405172857a04.jpg  DSC05430.jpg

        缶バッチも素敵な作品が出来ていましたよ。

DSC05432.jpg  DSC05434.jpg

奇石博物館からは、「富士山の石当てクイズ」と「ロックバランシング?」です。
     20個の色々な石が並べられ、どれが富士山の石か?
   と言うものですが・・・小さな写真だけではわかりませんよね?

        DSC05458_20180405235325c52.jpg

             正解は・・・全部富士山の石!でした。

        DSC05457.jpg

 そしてこちらは2つめブース、富士川の石を使って石積みをして遊んで
貰います。 大きな石から小さな石まで・・・石に挟まれないよう気をつけて・・

DSC05464_201804052355292b9.jpg  DSC05462_201804052355318a5.jpg

               微妙なバランスが難しい・・・

DSC05455.jpg  DSC05463.jpg

  この小学生の女の子もしばらくの時間、夢中で石と格闘していました。
       完成した時見せる笑顔はみんなとても素敵でした。

DSC05442.jpg  DSC05446.jpg

   ちょっと遠目に見ていた人も一旦この中に入ると・・・集中しています!

DSC05461_20180406001412525.jpg  DSC05443.jpg

   そして色々な作品が出来上がりました。 ひとときのお楽しみ・・・
    次には次の人の新しい作品に生まれ変わるのですけどね。

小さな姉妹で楽しんでくれる姿もありました。小さな石が手に当たり泣いてしまい
   ましたが、作品が崩れてしまった心の痛みの方が大きかったかも?

     でも暫くしてまた石を手に取り、頑張って楽しんでくれました。

DSC05454_20180406001413633.jpg  DSC05470.jpg

 そして本日一番の熱中大将は、4年生?の目のくりっとした男の子でした。
   何度も何度も崩れてはやり直し、上手くいけば次の作品作り・・・

 お爺ちゃん・ご両親と市外からお見えになっていたのですが、その内に
      お爺ちゃんが加わり、なかなかの作品を完成。

お昼に一旦離れたものの、帰ってから再度、今度はご両親も加わり黙々と・・
         結局2時間以上も石と楽しんでくれました。

         DSC05449_20180406061912157.jpg

それを急がせることも無く、温かな目で見つめるこの家族って凄いなあ・・と

    そして幸せな子だな~・・とこちらの心が温かくなりました。






2週間程前の中部の山で・・

2018/04/03 20:24 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

        ホントに月日の経つのは早いものです。
 県中部の山を訪ねてもう2週間も経ってしまいました。 今年の春は
     駆け足で通り抜けていく・・・そんな感じがします。

   ハタザオの仲間の中でも目を惹くのが、シコクハタザオです。
四国生まれのせいか、どうも地元びいき! シコクハタザオは美しいなあと
               思ってしまいます。

        ここではたくさんのこの子らに出逢いました。

DSC05244_20180405004608288.jpg  DSC05239_2018040500460817b.jpg
               シコクハタザオ

  そして、大きな花を付けたコスミレたち。 丁度いい咲き具合でした。

DSC05271.jpg  DSC05277_20180405004606ba1.jpg
                 コスミレ

      山際では、もうヤマブキが黄色い壁を作っていました。
地元でヤマブキが咲くのはこれより2週間ほど咲きになるのではないでしょうか?
           そう、今からが見頃になります。

        DSC05259.jpg
                ヤマブキ

      サクラもヒトリシズカも・・・み~んな花が早いですね! 

DSC05290.jpg  DSC05288_2018040500465617f.jpg
                    ヒトリシズカ

   キブシの花に小鳥がやって来ました。 カメラを向けたのですが・・・
こちらを向いてくれません。 お~い、と声を掛けたい所ですが我慢我慢!
 
DSC05295.jpg  DSC05301.jpg
   ジロボウエンゴサク         キブシ&鳥

        キランソウやシャガも咲き始め、春爛漫?・・・

DSC05308.jpg  DSC05317.jpg
     キランソウ               シャガ

トウカイタンポポも柔らかそうな葉っぱをいっぱい広げ、花を付けていました。

DSC05316_201804050051411cb.jpg  DSC05319.jpg
  ムラサキケマン              トウカイタンポポ

          タチツボスミレもなかなか美人さんで・・・

DSC05307.jpg  DSC05355.jpg
     タチツボスミレ            オオジシバリ

     ニオイタチツボスミレもポツポツ顔を見せてくれました。
ジロボウエンゴサクも太陽の光をいっぱい浴びて、集団で並んでいました。

DSC05349.jpg  DSC05352.jpg
   ニオイタチツボスミレ         シロボウエンゴサク

              そして、セントウソウや・・・・・

        DSC05381_20180405025048c6b.jpg
               セントウソウ

       初めて出逢うオウギバセントウソウにもご挨拶です。
       
        DSC05324.jpg
            オウギバセントウソウ

     そして今日楽しみにしていたのは、このキスミレです。
丁度良い時期のようで、新鮮な子らが競い合って咲き誇っていました。

DSC05336_20180405025547921.jpg  DSC05332.jpg
                キスミレ

             ここにもい~~~っぱい!

DSC05335_20180405025707171.jpg  DSC05348.jpg
                キスミレ

       エイザンスミレやホンの少しフモトスミレも・・・

DSC05361.jpg  DSC05363.jpg
     エイザンスミレ            フモトスミレ


       良い天気の元、多くの花たちと出逢えました。 


エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム