FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山麓森の中  その2

2018/06/28 17:04 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

トンボソウは、どの位伸びているだろうか? 出掛けるついでにちょっと寄り道です。
 針葉樹の中はそれ程面白くはないけれど、思わぬものに出逢うこともある。

   もうそろそろ終わりのようですが。クモキリソウが咲いていました。
   この葉っぱは何でしょう? タチガシワのようにも見えますが・・・

DSC00689_2018062822182928c.jpg  DSC00691_20180628221828f94.jpg
          クモキリソウ            タチガシワかな?

    ヤブレガサも蕾を持っていました。 あと少しでお花が咲きそうです。
 森に入ると、このカシワバハグマが結構目に付きます。 花後のドライフラワーが
       可愛いです。 う~ん、まだ蕾が上がっていませんね。

DSC00693_2018062822182727e.jpg  DSC00717.jpg
      ヤブレガサ                 カシワバハグマ

 ちょっと変わった葉っぱは、タテヤマギクのようです。 葉っぱに変異が多い子で、
 とても細かく切れている子に以前逢っています。 このタイプもちょっと変わり者。
    静岡県・環境省とも準絶滅危惧種(NT)ですが、結構目にします。

DSC00722.jpg  DSC00723_201806282219411ad.jpg
                   タテヤマギク

      ちょっと湿気た所では・・・いました! イワタバコです。
毛の無いタイプで、付け根には蕾を付けていました。 もう少し掛かりますね。

DSC00729_20180628221940aec.jpg  DSC00727_201806282219401a1.jpg
                 イワタバコ

  所々で顔を出してくれるエビネです。 すこ~し咲いたようですね。

DSC00730_201806282219397ba.jpg  DSC00731_201806282219380f5.jpg
          エビネ                 ツクバネソウ 

 ここにも居ましたか? ナベワリです。 この辺りで見たのは初めてです。
低地では群生し、少し高度のあるところでは何故かポツポツ数の少ない子。 

         カンアオイの仲間もホント難しい・・・        

DSC00735_201806282224303b5.jpg  DSC00756_20180628222431daf.jpg
     ナベワリ                カンアオイの仲間

     で、探しに入ったトンボソウですが、ちょっと傷んでいますねえ。
           お花が見られるか・・・ちょっと心配!

DSC00750_20180628222619afe.jpg  DSC00748_201806282224291b1.jpg
        トンボソウ                トチバニンジン

   多分、ナツノハナワラビだと思うのですが、ここで逢えるとは嬉しい・・・

DSC00755_2018062822261809f.jpg  DSC00753_20180628222618aec.jpg
   ナツノハナワラビ                ?何だっけ・・

 この葉っぱはシロカネソウだと思うのですが、葉の縁に少し丸みがあります。

        DSC00741.jpg
                  シロカネソウ?

            これはマルバスミレでいいでしょうか? 
 わからない子がいっぱいで・・・お花の季節に確認しなければいけない子ばかり。
        オオバノトンボソウもいい茎が上がっていましたね~。

        DSC00757_20180628222617db4.jpg
                   マルバスミレ?

  でも思った以上の種類の子たちに出逢え、ニッコリで林を後にします。 

           DSC00743.jpg
                 この季節、よく見る光景



富士山の 「クマさん」 に出逢った!

2018/06/27 22:11 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(6) [Edit]

         野生のクマさんには、丹沢で一度出逢っています。
登山道から見下ろすと10m程先でしょうか、小さな谷を右から左に横切っていました。
  まるで小躍りするように・・・ 見ているだけで、あっと言う間の出来事でした。

私は見てはいないけれど、森の中をウロウロすることが多い私を、キット熊さんの方は
      見ているんだろうな・・・とは、よく思うことです。

   ******************************

   お花の開花状況を知る為に、林道を一人車を走らせていました。
もう少しだな・・・と、カーブを曲がったその先に、いきなり黒いものが見えました。
          10mは離れていなかったと思うのですが・・・

  「んっ、クマの人形が踊ってる?」 と、呑気な考えが浮かびました。
    チャウチャウ、本物のクマさんだよ! 双方慌てました。 
  カメラ・カメラ・・・と思っている内に、右手の林の中に入っていきました。

シカさんもそうですが、すぐに奥の方には行かないのですね? 黒い物体が暫く
    留まっていました。 ゆっくり車を進め、途中でシャッターを切りました。
どっちへ向いていたかも分りませんでした。 その後、奥の方へ消えていきました。

DSC00760_20180628165834309.jpg

 ちょっと分りづらい写真ですが、真ん中の白っぽい木の横に、左向きの顔が
  見えるのですが・・・ 何となく、耳・目の辺り・鼻が・・・見えませんかね?
         もうこれがいっぱいでした。 

DSC00761_201806281658332c5.jpg

常々、「富士山のクマさん」 に会いたい。 出来るなら危険の無いよう車の中
  などから・・  そして、いい感じの写真も撮りたい・・・と思っていました。

最初に見たとき、黒いものが広がっている感じに見えたので、もしかすると
             2頭いたのかも知れません。 
      カメラ・・・と思っている内に、確認できずじまいでした。

           半分クリア、半分残念・・・という所でしょうか?

     わ~、あの辺り・・・ これから一人で歩けるかなあ・・・・・ 



富士山麓森の中 その1

2018/06/24 07:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

    梅雨の合間、ちょっとだけ富士山麓の森を訪ねてみました。
 お花はどの位進んでいるでしょうか? 期待に胸を膨らませ・・・

  先日、まだ蕾ばかりだったサワルリソウも大分開花が進んできましたよ。
少し陽の入るこの空間は居心地がいいと見え、小さな苗も育ち、増えそうです。

DSC00384_20180624194451f90.jpg  DSC00386_20180624194451a4c.jpg
                サワルリソウ

         優しいピンク色のお花もいいけれど・・・

DSC00397_201806241944502ce.jpg  DSC00398_20180624194449e96.jpg

             真っ白に咲くお花も凜として素敵です。

P6220006.jpg  P6220005.jpg

   花の入口がとても小さい・・・ どんな虫が訪問するのでしょう?
少し触れただけでポトンと花が落ちてしまいます。 開いてみると花弁の内側に
雄しべがくっついているようです。 本体には雌しべ部分が残されていました。 

P6220011.jpg  P6220013.jpg

 フガクスズムシソウも咲き始めています。 まだまだ蕾も多いのですが・・
 地面で育っていたフガクスズムシを、どなたかが近くの倒木に移植して
   下さっていました。 それがいま立派に花を咲かせていました。

DSC00400_2018062500045308b.jpg  DSC00399_20180625000454fa6.jpg
              フガクスズムシソウ

     少し見上げると、上の方にもコケに守られるように花が見えます。 

  DSC00402_20180625224957244.jpg  DSC00407_201806250004534c0.jpg
                    フガクスズムシソウ

     えっ、もう咲いてるの? 小さなハコネランが目に入りました。
 緑の地面に溶け込んではいますが、花が開くと何故か目に留まります。

P6220021.jpg  DSC00410_20180625001108f86.jpg
                     ハコネラン

 そして、昨年出逢い 「憧れのクモイジガバチ?」 とぬか喜びしたジガバチソウ・・
今年もちゃんと咲いていました。 まだ早いかな?と思っていましたら、そろそろ終盤、
              既に花を終えている子もいました。

    樹木のコケの中に潜んでいるものですから、勘違いしますよね?
ここでは通常のエンジ色のジガバチソウ・アオジガバチの両方が住んでいます。
        いつか逢いたい・・・ クモイジガバチです。 

DSC00426_20180625001106961.jpg  DSC00425_20180625001107806.jpg
                ジガバチソウ

          地面にもこんなに花を付けた子が点々と・・・

DSC00420_20180625001106eb5.jpg  DSC00421.jpg

              面白い形をしたランのお花です。 
            オオバノトンボソウも蕾をつけています。

   DSC00430_201806250017015b1.jpg   DSC00436_201806250017013f2.jpg   DSC00458.jpg
              ジガバチソウ            オオバノトンボソウ

 道端ではエゾスズランが伸びてきていました。 刈られなければいいけれど・・・

         DSC00441_20180625002416f0b.jpg
                    エゾスズラン

  ここ4~5年、毎年見事な群生を見せてくれるツチアケビです。 少しずつ
減ってはいますが、環境の変化もどうにかクリア、今年もその姿を見せてくれました。

DSC00452_20180625001959e49.jpg  DSC00449.jpg
                      ツチアケビ

     来シーズンもまた出逢えると嬉しいです。 頑張れ~・・・ 

DSC00454_20180625001958ce9.jpg  DSC00456_2018062500195779f.jpg
                      ツチアケビ




道端に咲くキレンゲショウマ

2018/06/23 07:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

  昨年初めて知った道端に咲くキレンゲショウマ、もしかすると咲いてるかも?
出掛けたついでに遠回りしてみると・・・まだ少し早めですが、咲き始めていました。
      ここはどうやら園芸屋さんの畑の縁に咲く花のようです。

DSC00367_20180624072026206.jpg  DSC00368_20180624072025136.jpg

 箱根湿性花園で購入した我家のキレンゲショウマは、小さな蕾がやっと
       顔を出したばかりです。 ちゃんと咲いてくれるかな?

DSC00370_20180624072023a7d.jpg  DSC00369_20180624072024ca4.jpg

       厚い質感のお花です。 また剣山で見てみたいけれど・・・

DSC00371_20180624072023f7f.jpg  DSC00372_201806240721027d2.jpg

    レンゲショウマもソウですが、この丸っこい蕾もまた可愛いですね!

DSC00375_20180624072102466.jpg  DSC00377_2018062407210150e.jpg

  そして、我家の庭先に見慣れぬ葉っぱが顔を出してきました。 何だろう?
       誰かに戴いた記憶も無いし・・・勝手に出てきたのかな?
               でも存在感のある葉っぱです。

  そんなことがあってから暫くすると花が咲いてきました。 わ~可愛い 
      それは図鑑でしか見たことの無い 「ワタナベソウ」 の花でした。

  それで思い出しました。 昨年、「岳人の森」 で、花が終っていたこの苗を
                  購入したことを・・・・・
      今は終ってしまいましたが、こんなお花を見せてくれました。

DSC00379_201806240737127c0.jpg  DSC00380_20180624073712f59.jpg

         この3枚は同じものです。 たったひと株の子ですから・・・

                増えてくれるといいなあ・・・

        DSC00381.jpg

 「ワタナベソウ」とそっくりさんの、野山で見られる 「ヤワタソウ」 もそろそろ
               咲いていることでしょう。

            都合が付けば、出掛けて見たいと思っています。




久しぶりの愛鷹の峰一人歩き

2018/06/22 00:06 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

   富士・沼津・裾野に接する愛鷹の峰を、久しぶりのひとり山歩きです。
昨年は9月に同じコースを山の相棒と歩いています。 今回は思わぬ好天で急遽
    出掛けてきました。 裾野の山神社から割石峠を目指します。

石の転がる枯沢から山に向かいます。 夕方から崩れる予報ですが、今は青空。
      足元には、富士山より古い愛鷹火山の石ころがゴロゴロ・・

DSC00127_201806222305233ee.jpg  DSC00129_20180622230522e73.jpg

      富士山高鉢で見られるアブラガヤがここでも咲いていました。
 さて、いよいよ山道です。 富士山に続き、笹枯れがここでも進んでいました。

DSC00131_20180622230522e70.jpg  DSC00135_20180622230521797.jpg

しっとりとした岩壁には、イワタバコが咲きます。 まだ蕾ばかりですが・・居ました!
  近くで観察すると、どうやらケイワタバコのようです。 下部では既に終えて
            いますので、大分タイムラグがありますね。 

DSC00142_201806222305201d9.jpg  DSC00143_20180622230607b92.jpg

足元に目を移すと、エゴノキの花で白くなっています。 それでもまだ沢山
    付いています。 エゴノキの花は静かに落ちてきます。

 ドキッとしたのは、ホオノキの花の地面に落ちる音でした。 「んっ、何?」
      1枚ずつ落ちるのですが、なかなか元気な音がします。

DSC00155_201806222306067b0.jpg  DSC00157_201806222306058dd.jpg

いつの間にやらコケも多くなり、カエデ類・ホオノキ・アブラチャンなど広葉樹の
  多い、ブナ帯に入っていました。 しっとりと気持ちの良い森の中です。

DSC00152_20180622230606339.jpg  DSC00163_20180622230604d60.jpg
     コケの森                 ウツギ

  沢沿いでは、周りの地層を貫いて出てきた立派な貫入岩が見えます。
あっ、シカ害だ!何の木だろう? 確認すると・・ナント、アブラチャンです。
    アブラチャンが食べられているのを見るのは初めてです。 

DSC00177_20180622231710ee7.jpg  DSC00174_20180622231710ea4.jpg
   貫入岩                  アブラチャン

 イワシャジンも咲くようですね! コアジサイもこの辺りではまだ見頃です。

DSC00180_2018062223170981c.jpg  DSC00184_20180622231708893.jpg
      イワシャジン                 コアジサイ

   アオフタバランが蕾を持っていました。 小群落を作っています。

        DSC00190_20180622231934e74.jpg
                     アオフタバラン

もう少しで峠へ出られそうです。 この辺りでは葉っぱの細いトリカブトがいます。
          何トリカブトでしょうか? この仲間も難しい・・・

        DSC00182_20180623000604042.jpg
                     トリカブトの仲間

 真っ白い花が綺麗です。 カメラでズームすると、バイカウツギのようです。
           ヤマボウシと共に白い花が眩しい・・・

DSC00192_2018062223193350a.jpg  DSC00202_201806222319321d5.jpg
       バイカウツギ              割石峠

足元にツバキの仲間の花が落ちていました。 木肌を見るとヒメシャラです。
樹木に横縞模様がある&花が大きめ・・・から、ヒコサンヒメシャラのようです。

DSC00204_201806230002462e9.jpg  DSC00207_2018062223193192c.jpg
                  ヒコサンヒメシャラ

 尾根すじの風衝地ではハコネハナヒリノキが沢山花を咲かせ始めていました。

DSC00211_201806231846417db.jpg  DSC00208_20180623184640d9f.jpg
                ハコネハナヒリノキ

                なかなか可愛いお花です。

        DSC00220_20180623184639bc1.jpg
                ハコネハナヒリノキ

この時期、お花は余り見られませんが、尾根上にはノギランの蕾が見られます。
   もう少し早ければ、ツツジの仲間も大いに賑わっていたでしょうね?

DSC00233_20180623184639ab2.jpg  DSC00217_20180623184638a24.jpg
     ノギラン              チチブドウダン

  開けた場所でちょっとひと休み、少し緊張した山道でしたので景色を眺めながら
  ほ~っとします。 ここでは強い獣臭がしました。 そう言えば前回も感じました。
          ここは多くのシカ達の集う場所なのでしょうか?

   DSC00235_20180623184806d55.jpg

ガスが次々と沸き、流れて行きます。 その絶え間ない動きにあっと言う間に
    景色が消されてしまいます。 裾野側のガスはドッシリと・・・

        DSC00240_20180623184805835.jpg
           裾野側               富士側

咲き残りのシロバナフウリンツツジも素敵です。 カザグルマの花も終えたようです。

DSC00241_20180623184804e1f.jpg  DSC00243_20180623184803921.jpg
        シロバナフウリンツツジ         カザグルマ

DSC00253_20180623200537597.jpg  DSC00261_20180623200536aea.jpg
   ヤハズハハコ             ??ショウマ  

            ゴツゴツしたこの山並に目を細めます。  

DSC00262_20180623200535c7f.jpg  DSC00269_2018062320053506f.jpg

                小さな花達も咲き始めました。

DSC00279_201806232005341f2.jpg  DSC00280_2018062320070941a.jpg
   イワユキノシタ              ハナゼキショウ?

 この仲間も咲き残りが見られる程度です。 枝部分が枯れかかっているハコネ
  コメツツジは、危機感を感じたのか、その部分だけ花を咲かせていました。
            ホントの開花時期はもう少し先です。

DSC00275_2018062320070843c.jpg  DSC00311_20180623200707de8.jpg

   本日はショートカット道ですので、帰りは時間的に余裕があります。
        サワグルミの種が長く伸び、陽に染まっています。

DSC00361_20180623200706361.jpg  DSC00351_201806232007066ab.jpg
   エビガライチゴ               サワグルミ

 ナツトウダイですが、八ケ岳など少し高度のある場所のものは違って見えます。
  先生に伺うと葉っぱの形は色々あるそうなのです。 がっ!不思議・・・

P6190018.jpg  P6190031.jpg
     ナツトウダイ              ヤマムグラ

  アレ? 斜面には炭がまとまってありました。 炭焼き跡もありますのでそれを
             処分した場所だったのでしょうか?

DSC00328_201806232014268e0.jpg  DSC00339_2018062320142599e.jpg
      クワガタソウ                 炭

グングン下ってきて、もう少しで登山道に合流です。 苔むす山はしっとりと・・・

DSC00331_20180624045610573.jpg  P6190029.jpg
      苔むす山道             タニギキョウ

 これはタチキランソウ? 葉表にある曲がった鍵型の毛がとても印象的。
タチキランソウってこんな葉っぱしてたっけ? 今度ちゃんと観察しなくては・・・
         歩く毎に??が増えるのは困りものです。

P6190034.jpg  P6190042.jpg
               タチキランソウ?

   無事、神社まで帰って来ました。 お礼の手を合わせ・・・家へと向かいます。


6月中旬の浮島ケ原自然公園

2018/06/19 19:23 ジャンル: Category:浮島自然公園
TB(0) | CM(0) [Edit]

     6月中旬のこと、2度ほど浮島公園へ出掛けてきました。
春のような華やかさは無いものの、しっとりと園内を楽しむことが出来ます。
 梅雨時ですので、クッキリと晴天の元で・・・と言うのはちょっと難しい・・・

 丘ではヒメジョオンが所狭しと花を咲かせています。 ネジバナも右へ左へと
自由に捻れながら濃いピンクを見せてくれます。 花を観察すると、ラン科!

DSC09952_20180620210704de4.jpg  DSC09345_2018062021070025c.jpg
       ヒメジョオン                  ネジバナ

       ホタルブクロ・オカトラノオも次々と咲き始めました。

DSC09886_2018062021070314e.jpg  DSC09888_201806202107021d1.jpg
  ホタルブクロ                 オカトラノオ

           ユウゲショウもそこここで花を付けています。

DSC09891_20180620210701006.jpg  DSC09356_20180620211037b69.jpg

 星のような形をしたこの花が好きです。 かつてエンジ色・白・その中間型が
     見られましたが、今は白一色の子はいなくなってしまいました。

 新しい分類で、ガガイモ科からキョウチクトウ科に変更になった仲間です。

DSC09381_20180620211037f8a.jpg  DSC09910_201806202110369d1.jpg
                コバノカモメヅル

  少しヨシを掻き分けると・・・居ました居ました! 3時頃から咲き始める
  ミズオトギリです。 蕾がつき始めたので、早い子はもう少しでお花が
               見られるかな?

DSC09892_20180620211035e7f.jpg  DSC09894_2018062021103421f.jpg
     ミズオトギリ                  ヌマトラノオ

 線香花火のようなチゴザサは、ルーペで見ると素敵です。 可愛い花です。

DSC09897_20180620211203a18.jpg  DSC09904_20180620211202d0a.jpg
                 チゴザサ

  コシロネも小さな白い花を付け始めました。 ヨシの間から・・見つけます。

      咲き残りのナヨナヨワスレナグサもヨシの中に隠れん坊!

DSC09899_201806202111592de.jpg  DSC09901_201806202256110ae.jpg
       コシロネ               ナヨナヨワスレナグサ

 いま一番元気な子は、ハンゲショウです。 地味目の花を際立たせようと
「虫呼び作戦」 真っ最中です。 山でも同じようにマタタビやミヤママタタビの
           葉が白や薄ピンク色に染まりつつあります。

DSC09918_20180620225611707.jpg  DSC09919_20180620225610b4c.jpg
                  ハンゲショウ

   ミゾソバもホンの一部ですが、蕾を付け色づいてきました。
周囲がグングン伸びて、大丈夫かなあ?・・・と心配なのはヒメハッカです。
   それでも負けじと身長を伸ばしてきていました。 頑張れ~! 

DSC09923_20180620225609fdf.jpg  DSC09930_20180620225608b04.jpg
     ミゾソバ                 ヒメハッカ

  園内で陣地合戦に勝っているのは、エゾミソハギとクサレダマです。
  華やかなピンク色をしたエゾミソハギは離れていても目に付きます。
          これから益々賑わってくる勢いです。

DSC09931_201806202257211d5.jpg  DSC09928_201806202257218a6.jpg
                    エゾミソハギ

 クサレダマは毎年居場所を広げているようで、可愛いけれどちょっと心配。
       もうこれ位でいいような気がするのですが・・・ 

DSC09942_2018062022572013c.jpg  DSC09941_201806202257195e6.jpg
                   クサレダマ

 イシミカワ・スズメウリ・カラスウリなどツル植物も元気いっぱい・・・

   DSC09945_20180620225718176.jpg   DSC09912_2018062222522788a.jpg   DSC09946_20180622225226b77.jpg

   イシミカワ          ゴキヅル         スズメウリ

 いつもの場所では随分少なくなった気がしますが、道路工事で住処を追われて
   しまうタコノアシをみんなで救出作戦実施。 その成果が現れ
       とても元気よく、たくさん育っています。 良かったね!

DSC09947_201806202302028cd.jpg  DSC09949_20180620230201659.jpg
                  タコノアシ

   5月に賑わったサワトラノオはヨシの間でひっそりと実を付けていました。

   DSC09950_2018062023020045a.jpg   DSC09954_201806202301591cf.jpg   DSC09385_20180620231159381.jpg
  センニンソウ        ホタルブクロ        サワトラノオの実

 公園を訪れた1年生の男の子が、木の実を使って上手にザリガニ作り。
           とっても上手に仕上げていました。

        DSC09885_20180620231514a47.jpg

     公園内はヨシが木道を塞いできたなあ~、と思っていたら・・・
   1週間後には、風でも雨でも支障の無いように整備されていました。

DSC09370_2018062023160131a.jpg  DSC09924_201806202315128fa.jpg
   ヨシの整備前                  ヨシの整備後

              また出掛けて見ることにしましょう・・・
            


スズサイコが咲いていた!

2018/06/13 00:25 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

         6日、小雨の落ちる中、傘をお供に歩いてきました。
こんな日に歩いている人なんていません。 一人ノ~ンビリと時間を過ごします。 
  おっ、ササユリが咲いているではありませんか、雨にうなだれていますが
    とても優しい感じのお花です。 オカトラノオも咲き始めたようです。
 
DSC09197_20180615021047e00.jpg  DSC09212_20180615021046149.jpg
      ササユリ                オカトラノオ

   シモツケやムラサキシキブも小さな集合花が、開き始めたようです。

DSC09204_201806150210468a8.jpg  DSC09210.jpg
   シモツケ                    ムラサキシキブ

  この時期に出逢えるアザミは、ノハラアザミです。 総苞がべた付くのですが、
分ってはいてもついつい確かめたくなります。 なるほど・・ベタベタしていますね。

DSC09229_20180615021044eaf.jpg  P6060026.jpg
      ノアザミ&スズサイコ              キアゲハ

  お花が咲き始め、キアゲハも目覚めたようです。 そっとカメラを向けても
 動きません。 段々大胆になって近づき、上から羽根を、下からお腹部分を、
                それでも動じませんよ。

P6060030.jpg  DSC09207_201806150212405b3.jpg
                   キアゲハ

何だかザワッという感じがして目を見張ると・・・わ~、スズサイコが咲いています。
   ここでも咲いていたのですね。 一つ目に付くと、そこにも、ここにも・・

DSC09235_20180615022225722.jpg  DSC09230_2018061502222418e.jpg
                  スズサイコ

                  露に包まれた風もいいですね! 

P6060050_20180615022223853.jpg  P6060034.jpg
                  スズサイコ

        蕾も可愛い・・・ この形が鈴に似てるから? 
           細い葉っぱは対生に付いています。

P6060035_2018061502222291f.jpg  P6060036_20180615022340a0a.jpg
                    スズサイコ

  スズサイコをたっぷりと楽しませて貰ったあと、また散策の続きです。
オオバノトンボソウが数本かたまっていました。 ちゃんと咲いてくれるかな?
      アリノトウグサは小さな葉っぱの広がりが特徴的です。

DSC09275_20180615022339db8.jpg  DSC09247_201806150223383c2.jpg
 オオバノトンボソウ                アリノトウグサ

  昨年、果実を付けたトキリマメをたった1本確認しました。 今年はどうかな?
     と心配したのですが・・・ 大丈夫! ポツポツと確認できました。

DSC09271_20180615022337801.jpg  P6060072.jpg
         トキリマメ                    ?キノコ

  足元に艶のある葉っぱが目に付きました。 キランソウじゃ無いよね・・
 どうやらツクバキンモンソウのようです。 花がたった1つ付いていました。
 上唇は短く、葉裏は紫色を帯びたものと、緑色のものが数株あります。

 身近では余り目にしなかったので何だか嬉しくなり、 「元気に育ってよ~」
             と声かけをしてきました。

DSC09290_20180615022904606.jpg  DSC09291.jpg
                  ツクバキンモンソウ

 カギカズラの花を見たかったのですが・・・ 残念! 既に果実になっていました。

DSC09328_2018061502290311f.jpg  DSC09327_201806150229027b5.jpg
                   カギカズラ

  ここにもシロバナハンショウヅルが咲くのですね? 何度来てても
       「初めての子」 との出逢いがあり、楽しいです!
         ヤマホタルブクロも咲き始めたようです。

  途中、素敵なご夫妻と出逢いました。 「お花好きですか?」 と
 伺うと、静かに 「はい、好きです」  「スズサイコが咲いていますよ」
    と、思わず声を掛けてしまうような雰囲気の方でした。

   こんな日に来られるのもやっぱり物好きさんの部類・・かな?
   そうそう、オオバノトンボソウはこの方に教えて頂きましたよ。

   DSC09303.jpg   DSC09321_2018061502295576f.jpg   DSC09281.jpg
   シロバナハンショウヅル         ヤマホタルブクロ          センブリ

            傘差し散策も悪いものじゃ無いですね~・・・




富士山麓の森を楽しむ

2018/06/10 11:37 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(2) [Edit]

高校の同級生仲間(ご夫妻も含め)という8名の方々と、新緑の富士山麓を歩く
機会がありました。 年に1~2回集い、旧交を温められていらっしゃるようです。 
  そんな交流がずっと続いているという事だけで、皆さんの雰囲気が
                分るというものです。

    私も殆どの方が初対面でしたが、すぐに馴染んでしまいました。
                 9名でいざ出発です。

木々に絡んでいるハンショウヅルを見つけました。 長く住んでいるようで、上の方
 まで長く伸びています。 コッチの木にも・・・ まだ蕾が多いので暫く楽しめそう。

DSC08906.jpg  DSC08910.jpg
                   ハンショウヅル

  木に付いた泡ぶくも見つけました。 この時期よく見かける泡吹き虫です。
  中には蝉に似た幼虫が入っています。 この泡で乾燥と天敵から身を
      守りつつ成長するようです。 この木はフジザクラです。

        DSC08911_20180607125905807.jpg
              フジザクラと泡吹き虫

 ミツバウツギも丁度見頃です。 名前の通り、3枚セットの葉っぱを持っています。

        DSC08913_2018060712590582b.jpg
                 ミツバウツギ

    これはタンナサワフタギでしょうか? ちゃんと確認していませんが・・・
             今頃は開花しているでしょうね?

        DSC08915_2018060712590422b.jpg
                  タンナサワフタギ?

                 ツクバネウツギも満開で・・・

        DSC08916.jpg
                 ツクバネウツギ

 カマツカも花をいっぱい咲かせていました。 この時期、木の白い花が多いです。
 低地では終了したエゴノキがここではまだ蕾です。 そろそろ咲いているかな?

DSC08919_20180607130003800.jpg  DSC08917_20180607130003ed2.jpg
   ミズヒキ                    カマツカ

           この季節、オトシブミをよく目にします。
    オトシブミとは・・・ 命名者はなかなかのロマンチストですね!

DSC08937_20180608002854a14.jpg  DSC08943_20180608002854d53.jpg
       フタリシズカ                 サルナシにオトシブミ

      ケヤキの巨木に驚いたり・・・ 皆さんで記念写真を撮ったり・・・
             ほ~んわりとした時間です。

DSCN2403.jpg  DSC08921_201806111118442ec.jpg
             ケヤキの巨木(左はNさまから借用)

コブコブの木も見つけてくれました。 コブが余りにも印象的で何の木だっけ?
        こんな方達と過ごした富士山麓の森です。

DSC08932_20180608002857cf4.jpg  DSC08930_20180611112258058.jpg
  コブコブの木?                仲良しメンバー

              足元で何かを見つけて覗き込んだり・・・

  DSCN2415.jpg
               下を見たり・・(Nさまから借用)

                2種類の合体した木に驚いたり・・・

            DSCN2420.jpg
                 見上げたり・・(Nさまから借用)

こちらの多分イタヤカエデだと思うのですが・・・2本に分かれている内の
半分はもう完全に枯れています。 片方はまだまだ元気で、葉っぱを
       いっぱい広げています。 生命力って凄いですね!

   DSC08936_2018060800285525b.jpg   DSC08935_20180608002856097.jpg
               イタヤカエデ?半分枯れ・・

  私はここでしか見たことの無いピンク色をしたムラサキサギゴケです。
   何度見ても 「可愛い~ネ!」 と、声を掛けてしまいます。 
              同じ場所で、普通種の子もいます。

P6010077.jpg   P6010079.jpg   P6010062.jpg
 ムラサキサギゴケ    前者のピンク色   シロバナヘビイチゴ 

               散策したり、ブナの木を楽しんだり・・・       

DSC08949_201806111118423ac.jpg  DSC08941_20180611114931794.jpg
 お馴染みブナの木  

   野草は多くありませんが、ヤマウツボが咲き残っていたり、アオホウズキを
    確認したり・・それもちょっと大株です。  久しぶりの出逢いです。     

DSC08951_201806111149309f9.jpg  P6020107.jpg
      咲き残りのヤマウツボ               アオホウズキ

           クルマムグラはこの時期一番多く見られます。 

   P6020092.jpg   P6020094.jpg   P6020106.jpg
   ギンリョウソウ         ヤマハタザオ         クルマムグラ

おっ、白い花! 近づくと、ちょっとヘン! よく見ると・・・花弁が5枚あります。
              ちょっと変わり者の子、好きです!

P6020088.jpg  P6020086.jpg
             クワガタソウの花と果実

   ハルゼミの抜け殻もありました。 気をつけると結構見つかります。
 オトシブミも種類によるのでしょうか、或いはその中でも性格があるので
しょうか、完成度は色々です。この子は几帳面! 私には出来ぬ芸当です。

   P6020102.jpg   P6020093.jpg   P6020104.jpg
  ハルゼミ         ヤマボウシ        オトシブミ

楽しかった時間もあっと言う間に過ぎ、お別れとなりました。 サンショウバラの
開花はもう少し先のようです。 ちょっと標高を下げると少し咲いていますが・・

                    帰宅途中・・・

車を止めて写真を撮っていたら再会しました。 皆で見られてよかった~・・・
       サンショウバラを観察後、ホントに さようなら。

DSC08959_20180611115444be3.jpg  DSC08958_20180611115443483.jpg
                   サンショウバラ

      お疲れさまでした。 そして、ありがとうございました! 




富士山麓、樹海を行く

2018/06/09 22:09 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

           以前は、樹海と聞くと・・・ うわっ、恐~・・・ 

  というイメージでした。 でも、ある年の秋に相方と樹海の森を歩くと、
      光の差し込み具合といい、広葉樹の色づきといい、
          とても素敵な光景が広がっていました。

  この時以来、樹海は私の中では気持ちのいい森と変わりました。
     でも、道から外れると危険な場所には違いないのです。 

樹海の中は、お花は少ないものの木々に覆われ、暑さや雨にもナカナカ強い!

DSC09018_20180609192706cea.jpg  DSC09027_20180609192706f15.jpg
     ミヤマウズラ               ホオノキ

 見上げると、大きな葉っぱに光が当たり、葉っぱに透明感が出て綺麗です。
少し開け、明るい場所ではヒナスミレやアケボノスミレの花跡が目に入ります。

DSC09029_20180609192705b64.jpg  DSC09031_201806091927043be.jpg
     ツルアリドウシ               スミレの葉っぱ観察?

      対生の葉っぱを持つシモバシラもたくさん咲くようです。
       まあここまで見に来ることも無いと思うのですが・・・

 ヒトツボクロも蕾を持っています。 1週間後には咲いているでしょうか?

DSC09034_20180609192703b31.jpg  DSC09058_20180609192832969.jpg
         シモバシラ                ヒトツボクロ

溶岩が流れた後に出来た森は地面も薄く、倒れた木も根っこは横広がりです。

DSC09096_20180609192830264.jpg  DSC09045_20180609192833a91.jpg

 空洞部分が落ちた地形や、恐らく開いて溝が出来た様子も見られます。

DSC09093.jpg  DSC09085_20180609193435a67.jpg

     わ~、ギンリョウソウが綺麗です。 集団で花が咲いていました。

DSC09163_201806091934344f9.jpg  DSC09081_20180609193433547.jpg
                  ギンリョウソウ

      クモキリソウも咲きそうですね! シダもナカナカ素敵です。

DSC09144.jpg  DSC09151_201806091939103f1.jpg
        クモキリソウ

   小さな真っ赤なキノコがまるで踊り出しているような森の中です。
    こんな所に・・ これって、「サワダツ」 ではないでしょうか? 

DSC09166_20180609195635e56.jpg  DSC09155_201806091939091be.jpg
                               サワダツ

溶岩をしっかり抱え込んだヒノキがいました。 逞しく生きるヒノキの姿に拍手です。

        DSC09159_201806091939084b5.jpg 

        樹林帯から外れると、色々な木々の花盛りでした。 
  シデの仲間の実も手に届くところに見られ、観察しやすいです。
  クマシデに加え、アカシデ・イヌシデもしっかりと確認できました。

DSC08991_201806092000158a5.jpg  DSC09103_20180609200014eab.jpg
      アカシデ                  イヌシデ

   ウツギはこれから咲くようです。 キブシは実がぶら下がっていました。

DSC08999_201806092000149c2.jpg  DSC08992.jpg
   ウツギ                   キブシ

 富士山南麓では余り見かけないヤマガシュウは何故か北麓には多い植物です。
      アチラにもコチラにも・・・ この先、花を見せてくれそうです。

 ウリハダカエデ・・・と思っておりましたら、どうやらホソエカエデのようです。 
 花付きが良く、葉裏の脈腋に茶色の毛では無く、膜が認められます。
            なかなか可愛いお花ですね。

DSC08995_20180609200012536.jpg  DSC08988_201806091939074ca.jpg
          ヤマガシュウ             ホソエカエデ

  カエデの仲間にも結構出逢えました。 再度確認しなければならないものも
                       ありますが・・・ 

DSC09122_20180609200045d38.jpg  DSC09113_2018060920082758e.jpg
  オオイタヤメイゲツ            ハウチワカエデ  

      大好きなバイカウツギもスッキリとした花を付けていました。 
常緑樹のこの花には初めての出逢いです。 調べてみるとタチバナモドキに近い。
    中国原産とありますが、民家近くですので・・植栽のようです。

DSC09129_20180609200826620.jpg  DSC09140_2018060920082512f.jpg
    バイカウツギ                 タチバナモドキ?

   アセビが満々と実を付けていました。 うわっ、重そうです! 
               ウグイスカグラ・・・ヤマボウシ・・・

DSC09126.jpg  DSC09128_20180609200824773.jpg
     アセビ                  ウグイスカグラ

ヤブデマリの花の白さもまぶしいです。 そして・・・道端にはキンランの咲き残りも!

DSC09005_20180609201202431.jpg  DSC08996_20180609201239196.jpg
        ヤブデマリ                キンラン

    木々のお花に目を留め、樹海の涼やかな風や木漏れ日の中・・

          ゆったりと時間が流れて行きました。

             


ケイワタバコが咲いていました。

2018/06/05 12:27 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

       6月初め、しっとりとした渓谷周辺の観察会でした。

まず最初目に留まったのは、ツボクサでした。 ちょっと思い入れのある植物
     ですが、いつもカキドオシとこんがらがってしまうのです。
花を確認すれば、間違いないのですが・・・すると、「花が付いてるよ」 の声。
            ホント、間違いなさそうです。

P6010009.jpg  P6010002.jpg
                 ツボクサ

 葉腋に小さな小さな花が咲いていました。 いい薬になるのだそうです。
 この時期、ちょくちょくと目に付くのですのですが、いつもアレアレ??

        P6010004.jpg

        キランソウやコモチマンネングサも咲いていました。

P6010006.jpg  P6010008.jpg
       キランソウ           コモチマンネングサ

 ケイワタバコも咲き始めたようです。 崖には沢山の蕾が見えました。

        P6010014.jpg
                  ケイワタバコ

 優しい雰囲気のあるシダは、ヒメワラビだそうです。 ソーラスが面白い!
        後半になるとこんなに黒っぽくなるようですね。

P6010028.jpg  P6010025.jpg
                   ヒメワラビ

水が常にかかっているような所を好むのは、ミズシダゴケやホソバミズゼニゴケ、
 前者はシャキッとした感じですし、後者は、とても綺麗な緑色をしています。
         何度聞いても忘れてしまうけれど・・・ 

    P6010018.jpg    P6010021.jpg
     ミズシダゴケ              ホソバミズゼニゴケ

      観察会も終え・・・この分じゃ、あの辺りは咲いているのでは?
        と、仲間と寄ってみると・・・ わ~、ヤッパリ! 

DSC08856_20180607111831b51.jpg  DSC08859_20180607111830436.jpg

          斜面には沢山のケイワタバコが咲いていました。
      近づいて確認すると・・・名前の通り、毛がありますねえ・・

DSC08865_201806071118309cb.jpg   DSC08850_20180607111832e40.jpg

  上の方も素晴らしい咲きっぷりですが、木の枝が邪魔をしてなかなか上手く
                写せません。 ざ~んねん・・・

DSC08871.jpg  DSC08867_201806071118292a1.jpg

            足元を見ると、結構お花が落ちていました。
 と言う事は、5月の後半で咲き始めたって事? 今年はやっぱりお花が早いわ・・

        DSC08873.jpg

       1ヶ月程過ぎると、今度は普通のイワタバコが咲いて来ますね。





草原に咲く花

2018/06/04 20:23 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

   時の流れの速さにアップアップしながら・・日々過ぎております。  
 
カヤトの中を歩いていると・・・薄いピンク色をした花が見えました。ヤマトキソウです。
 いつもとは違った場所で・・周辺を探すとポツポツと地味な花を咲かせていました。

P5270069.jpg  P5270053.jpg
                   ヤマトキソウ

  その周辺には結構な個体数が見つかりました。 でも少し移動すると・・・
    全く見られません。  好きな場所ってあるのですね。 

   P5270056.jpg   P5270067.jpg
                   ヤマトキソウ

  陽当たりの良い場所で、こんなランがアチラコチラで花を咲かせていました。
         地味な花ですが、こんなにあると見つけやすい・・・

P5270095.jpg  P5270105.jpg
                 ヤマサギソウ?

         葉っぱも大きいのと小さいのがペアで付いています。
この子はヤマサギソウでいいのでしょうか? この仲間も私には難しい・・

P5270110.jpg  P5270103.jpg
                  ヤマサギソウ?

ここではウマノアシガタはもう殆ど咲き残りを目にするだけでしたが、ヤケに元気な
  子がいる・・・と思ったら、ナント八重のウマノアシガタではありませんか。
                  突然変異??

P5270117.jpg  P5270111.jpg
               八重のウマノアシガタ

 足元や葉っぱを確認するも・・・ヤッパリウマノアシガタに間違いなさそう。
偶然の出逢いに感謝! でも、八重って事は・・・もうこれっきりってことかな? 

   P5270112.jpg   P5270124.jpg
                 八重のウマノアシガタ

  オカオグルマももう咲き残りばかりでした。 でも、出逢えて良かった・・・

P5270050.jpg  P5270134.jpg
                   オカオグルマ

   今のアザミは殆ど花の下に触れるとベタベタと粘るノアザミです。
 キリッとした花の姿には、いつもハッとさせられます。 なかなかの美人さん!

P5270049.jpg  P5270089.jpg
   ノアザミ                    ナツトウダイ

これは・・っと、あまたに浮かんだのはスナビキソウ? 違う!カナビキソウでした。
  段々怪しくなる頭の中です。 図鑑をめくると・・・ビャクダン科だそうです。

 ビャクダン科は葉緑素を持ち、自分で栄養を作るが、他の植物に寄生する
半寄生植物が多い(山渓 野に咲く花)とありました。 この子もそのようです。

      浮島公園でも賑わうクサレダマ、ここでもたくさん咲きます。
             今はまだ小さく、栄養補給中です。

   P5270131.jpg   P5270109.jpg
            カナビキソウ                  クサレダマ

  「 楽しみにしていた子 」 には逢えずじまいでした。 時間も無かったし・・・

        何より、開花にはまだ早すぎましたしね。 



目覚めて来たランたち  その2

2018/06/03 00:30 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   比較的近場のヨウラクランの様子を見てきました。 ちょっと遅いかも?
       ヤッパリ・・・数日前が丁度よかったようですね。
普通種と緑色のヨウラクランが写っているのですが、この写真じゃ分りませんね。

DSC08527_20180530185214a7b.jpg  DSC08536_20180530185213b15.jpg
                ヨウラクラン

  ここではこの子が一番大きいですね。まだいい感じで咲いていました。

P5290058.jpg  DSC08529_2018053018521399c.jpg

    ちょっと場所が変わって・・・ 確かここにも住んでいたはず・・
 目線を上げてみると・・・居た! でも、こんなに上じゃ無かったような・・

そして・・・ こちらの木だったのですね。 2ヶ所に増えて何だか得した気分です。
          ナント、蔓に着生していました。

DSC08632_2018053018532815c.jpg  DSC08631_201805301853292a0.jpg
                ヨウラクラン

   ラーメンてんこ盛りのようなクモランが咲くのはもう少し先ですね。

        P5290072.jpg
                 クモラン

   今年はこちらのカヤランには会えずじまい。 仕方ないか~・・

DSC08601_20180530185329b1a.jpg  DSC08537_20180530185330611.jpg
                  カヤラン

  夕方になってしまったけれど、それでもちょっと覗いてみたい・・・
  毎年小さくなった株も今年はとうとう見られなくなってしまった。

でも、近くにもう少しあったはず。 この辺りかな? 探していると・・・
      ヤッパリ居ました。 ジガバチソウです。

P5290205.jpg  P5290201.jpg
                  ジガバチソウ

         P5290203.jpg
                  ジガバチソウ

同じ場所で見られるヒトツボクロ。 夕方、森の中は薄暗く、見つけられないかな?
     と思ったら、目の前にちょっと違和感が・・・ あっ、居ました。

葉っぱは点々と見られるのですが・・1株見つかったし、また出直すことにします。

P5290186.jpg  P5290191.jpg
                   ヒトツボクロ

            なかなか可愛い姿をしたランの仲間です。

          P5290193.jpg
                   ヒトツボクロ




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム