FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

チビたちと信濃で遊ぶ  その2

2018/11/28 01:30 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

前夜、真ん中のYと末っ子のRが一緒に寝る・・と4人でゆっくり朝を迎えました。
   皆で朝食を戴き・・・本日は八ケ岳自然文化園で遊ぶことに決定。

自然いっぱいの宿は居心地も良く、朝早めに散策すれば良かった・・・と反省。
車道脇のシソ科にはシモバシラが出来ていました。 勿論今年初です!

DSC08913_201811290155340c9.jpg  DSC08915_2018112901572048f.jpg

                   本日も天気は良さそうですね。

        DSC08893_20181129015535d93.jpg
        
                   出発前にこんな事をしたり・・・

DSC08890_20181129015536177.jpg  DSC08905_20181129015534c8b.jpg

    この散策路も歩いてみたかったなあ・・・と名残惜しく眺めたり・・・

DSC08917_20181129015533d41.jpg  DSC08921_20181128000352bed.jpg

  30分ほど掛けて、自然文化園に到着です。 いつもは植物観察ばかりなの
   ですが・・・子供たちが楽しく遊べる施設が安価で提供されていました。

        DSC08922_20181128000351ac1.jpg

         K太はテレビ石付きの消しゴムを見つけご満悦・・・
   ナント、ヤドリギも販売されていました。 広場に下りてみると・・・
         沢山のヤドリギが木々を賑わしています。

  DSC08926_201811290208211de.jpg   DSC08927_20181129020820fdb.jpg   DSC08928_20181129021123395.jpg

                      自転車に乗ったり・・・

DSC08931_20181129020819146.jpg  DSC08936_20181129020819434.jpg

                     パターゴルフで遊んだり・・・

DSC08940_20181129020818b90.jpg  DSC08943_20181129021421d5b.jpg

   ルール無視のYは叱られたりしながら、案外早くにゴロンと入れてみたり・・・

DSC08945_2018112902142177d.jpg  DSC08963_20181129021420b99.jpg

              遅いお昼を食べて、ここで解散です。
   相方の狙いは下仁田ネギですので、我々はそちら方面へ向かいます。

   この特徴的な姿は、荒船山でしょうか? いつか登ってみたい山です。

        DSC08969_20181129021419ffa.jpg

  こう言うこともあるかと、寝袋に毛布を入れて来たので、車中泊となりました。    



チビたちと信濃で遊ぶ

2018/11/26 22:26 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

     今回は3家族で信州を訪ねました。 途中の車窓からは紅葉や
     雪を被った山並みを眺めながら待ち合わせ場所へ移動します。

        DSC08801_20181126215507b95.jpg
            精進湖から甲府への途中の紅葉

    先日まで緑色だった山々ですが、本日は白く雪を迎えていました。

        DSC08810_20181126215505568.jpg 
                 間ノ岳・北岳

  甲斐駒は凜々しく、八ケ岳もまだ薄いながらも雪を被っているようです。 

DSC08817_20181126215504e45.jpg  DSC08818_20181126215501be5.jpg
          甲斐駒              八ケ岳

  天気も良く空気も澄んでいて、車窓から望める山並みはとても綺麗です。
 
        DSC08827_20181126215500294.jpg

    相方の運転ですのでじっくりと景色を楽しむことが出来ました。

DSC08832_2018112621555780e.jpg  DSC08850_2018112621555147d.jpg
                                 オンコ

       待ち合わせは懐かしい諏訪サービスエリアです。
泊まりはこの近く蓼科ですが、相方が長野時代に通っていたおそば屋さんで
           お昼にすべく、松本まで足を延ばします。

DSC08843_201811262155535b3.jpg  DSC08834_20181126215555947.jpg
                諏訪湖サービスエリアにて

 お蕎麦のしゃぶしゃぶのような 「とうじそば」 を戴きます。 Yは冷たいのが
      いいと、ざる蕎麦を注文! 勿論しゃぶしゃぶも・・・

DSC08855_20181126215548eaf.jpg  DSC08856_2018112622191439f.jpg
                   とうじそば

  さて、宿に入るにはまだチョット早いようです。 秋宮でお参りをし塩羊羹を
          買うことにしました。 久しぶりの諏訪です。

DSC08860_20181126221913cc8.jpg  DSC08859_20181126221912ce4.jpg
 諏訪大社下社秋宮 ケヤキ            ソヨゴ

   大欅や太いしめ縄に圧倒され、角に立った御柱を見ながら歩きます。

DSC08866_20181126221908fba.jpg  DSC08862_20181126221909d80.jpg
    天覧の白松(三葉松)             神楽殿の大しめ縄

  沢山の果物や農産物が奉納されていました。 11月23日の新嘗祭の祭祀が
                   行われたようです。
 
DSC08863_2018112622252152a.jpg  DSC08868_20181126222515ba7.jpg
     一之御柱                   新嘗祭のお供え

   少しノンビリし過ぎましたが、本日お世話になる滝の湯さんでゆったり
 温泉に浸かりました。 昔懐かしい品々が展示している駄菓子屋さんの店内で
       お買い物。 チビたちは駄菓子屋さん大好きです!

        DSC08873_20181126222520ba6.jpg

                     Yも・・・

        DSC08874_2018112622251899f.jpg
 
                    K太も・・・
   
              DSC08875.jpg

            美味しい夕食を戴き、寝る前にもう一度温泉へ・・・

                  明日はどうしようかね?・・・



ゆったり観察路を行く

2018/11/21 22:21 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

  久しぶりの観察路です。 2ヶ月前はムラサキホコリの仲間が倒木に沢山
       発生していました。 今はどうなっているのかな?・・・

 今は色とりどりのノブドウが実をいっぱい付けた蔓で楽しませてくれます。

 2家族8人との散策です。 幼いながらとても見つけ上手の子供たちでした。
「あっ、蝉の抜け殻がある」 目をやると・・・半分以上枯れ葉に埋まっている
抜け殻でした。  「キノコだ!」 ホントホント、小さなキノコが見つかりました。

PB180018.jpg  PB180014.jpg
        ノブドウ                ノコンギク

     小さなマメ科の種子が弾けています。 何だっただろう?
暫し考え、思い出しました。 そう言えばカワラケツメイがいっぱい咲いていたっけ。

   ここでもユキムシ発見! 2度目にご一緒したご婦人は虫好きの方。
井上靖さんの”しろばんば”はユキムシのこと・・・など話して下さり、サルトリイバラ
    繋がりで元々は同郷だったことも知り、より楽しい散策となりました。

PB180015.jpg  PB180016.jpg
  カワラケツメイ                ユキムシ

  ツルグミの葉裏をルーペで確認したり、タカサゴユリのドライフラワーの
             種が遠くへ飛ぶ工夫に感心したり・・・

PB180021.jpg  PB180020.jpg
           ツルグミ            タカサゴユリ  

    実付きの良くないピラカンサの仲間が草陰から顔を出していました。  
ここでは、コナラ・シラカシ・スダジイ・ウバメガシなどがありますが、落ちているのは
  コナラとウバメガシだけでした。 でもちょっぴりドングリ拾いも楽しかったネ。 

PB180024.jpg  PB180025.jpg
    ピラカンサ                コナラのドングリ  

  ほぼ1ヶ所から花柄が出ているのは、アメリカイヌホオズキのようです。
少し触れるとポロッと落ちてしまうほどになったヤマノイモの実も残っています。    

PB180030.jpg  PB180031.jpg
    アメリカイヌホオズキ            ヤマノイモのムカゴ

  胞子を飛ばし終えたツチグリの仲間も道端で枯れ葉に紛れていました。

この時期ジョロウグモの巣をよく見かけます。 蜘蛛の巣だ~・・で終っていたの
ですが、「ユキムシなどもよく引っかかっていますよ」 と教えて頂きよく見ると・・
  ここではカメムシが・・・他にも小さな虫が点々と捕らえられていました。

PB180035.jpg  PB180033.jpg
    ツチグリの仲間                ジョロウグモ

 小さなキジョランの葉っぱが食べられていました。 もしや?と思いソッと
葉っぱを裏返すと・・・ 居ました居ました! アサギマダラの幼虫です。卵も??
   まだ1㎝ほどの幼虫ですが、無事これで冬越し出来るのでしょうか?
「大丈夫ですかね?」 と伺ったところ、この小さい葉っぱだけでは厳しいかも?と。

        PB180037.jpg
               アサギマダラの幼虫

          どうにか、どうにか・・・ 頑張って欲しい。 

        PB180039.jpg
               アサギマダラの卵?

    赤い実を付けたシロダモの葉っぱもホンの少し香りがしました。 
  カラカラに乾いたクスノキはクシャクシャと葉を揉むと香りタップリです。
そういえば 「虫除けのニオイがする!」 と言ってくれた幼稚園児がいました。
             なかなか敏感な年少さんでした。

     ヤツデは7つ9つに分かれているものが多いのですが、小さなもので
  3つ5つのものがあったのですが・・・ 写真の撮り忘れ。 次回次回・・・!
「ヤツデだけど殆ど奇数に分かれるよ」と教えて頂き、出逢う度数えてしまいます。

PB180043.jpg  PB180041.jpg
         シロダモ              ヤツデ

  フユイチゴも真っ赤な実を付けています。 そこそこ食べられる味では?
 表面に付いた毛のようなものが気になる敏感な子どもさんも食べ終えると
       甘くも無いけど美味しい・・・との感想でした。

PB180042.jpg  PB180044.jpg
      フユイチゴ                クロヤツシロラン

 歩く度に新しい出逢いがあります。 十両・センリョウ・マンリョウが実を付けている
      近くでクロヤツシロランのドライフラワーが見つかりました。

レッドデータの見直しで、該当から外れてしまいましたが、これだけ多く見られる
のでは納得です。 最後は自然の中で育ったお兄さんたちや以前別の場所で
             ご一緒したご夫妻との歩きでした。  
          
「どんな花が咲くんですか?」 「ラン科で菌類にお世話になっていて葉っぱが無く、
 黒っぽくて小さく地味~なお花ですよ」 「菌従属栄養植物と呼ばれている
ようです」 話していると、メモ帳に書いて欲しいと言われ少々慌ててしまいました。 
 (ちゃんと漢字書けるかな~?多分大丈夫だったような?とみに脳細胞が崩れて行くのを感じます) 


人との出逢い、植物との出逢い・・・出掛ければ、ワクワクする事が結構あるものです。
             とても気持ちのいい一日でした。 

 ムラサキホコリの仲間?? 胞子も飛んだようでもう ”ふわっふわ” 状態でした。
  


山梨側からの安倍峠

2018/11/14 00:59 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

  数日前に、「大城から安倍峠へ抜ける道が開通したよ」 と話しを伺い、
また他の方のブログでも拝見し、近い内に行ってみたい・・・と思っていました。

      12日午前中、幼稚園の子供たちとの自然遊びを終え・・・
   相方と芝川経由で国道52号線大城入口から安倍峠を目指しました。

   この道が通行止めになってもう十数年経つのではないでしょうか?
 (もう通れるかな?・・)と、淡い期待を胸に・・・ 何度通ったことでしょう。
 がっ! いつも途中で通せんぼう。 もう開通することはないのだろうか・・・
      半ば諦めかけていたところ、とても嬉しい知らせでした。

山道から中腹に掛けてはまだ紅葉も楽しめます。 でも、天気もイマイチで、おまけに
      午後からともなると、景色はこんな感じで・・・ 仕方ないですね。

DSC08734_2018111418334653b.jpg  DSC08736_20181114183345542.jpg

 ウネウネと登って行くので、何度も沢を渡りグングン高度を上げていきます。

DSC08744_2018111418334327e.jpg  DSC08737_201811141833420a0.jpg

              時折車を止めては、景色を楽しみます。

        DSC08742.jpg

この辺りからの富士山、ホントに久しぶりです。 下りたついでに何か咲いてないかな?
とキョロキョロするも、何も目に飛び込んでは来ません。 残念・・・少しは期待して
                  いたのですが・・・

        DSC08747_2018111418343863d.jpg

 この辺りまでは優しい紅葉も見られます。その上は枯れ葉・落ち葉です。

DSC08751_20181114183436c0f.jpg  DSC08755_20181114183435a49.jpg

     わ~、大分上まで登ってきましたね。 峠手前では工事作業中でした。

        DSC08757_20181114183433f57.jpg

  平日、夕方近くだというのに何台もの車と擦れ違いました。 みんなこの時を
                  待っていたのですね。

   DSC08764_20181114184232858.jpg

  花はありませんが、ヤマイワカガミ・イワナンテンなどの緑の葉っぱが
                  目をひきました。

DSC08760_20181114184235c0f.jpg  DSC08765_20181114184233600.jpg

 安倍峠を過ぎ、駐車場までやって来ました。 今日は来た道を帰ります。

DSC08769_2018111418423008e.jpg  DSC08776_20181114184229dc7.jpg

  車を止めて、安倍峠へ下りてみました。 肌寒い中、少し散策をしました。
   ユッタリとした空間に、葉を落とした木々が寒そうに立っていました。
         春には緑いっぱいの林になるのでしょうね?

安倍峠からの山歩き、何だか楽しそうです。 この道が開通したので我家からの
    アプローチも大分楽になります。 今度は山歩きに来ようかな?

DSC08779_20181114184347576.jpg  DSC08784_20181114184346247.jpg

  緑色の葉っぱを付けているのは常緑のヤマグルマです。 隣はブナかな?

DSC08787_20181114184342458.jpg  DSC08786.jpg
           ヤマグルマ           ブナ?

 この道へ来たかった大きな理由は、通行止めになる前に道端斜面で見た
見事に褶曲した地層だったのです。 どの辺りか忘れてしまいましたが、いつか
        また見たい・・・と折に触れ思い出していたのです。

もうそろそろ? ずっと気にしながら右の壁に注目していたのですが、それは
見ることが出来ませんでした。 崩れやすい道は、殆ど斜面がコンクリートで覆われ
     地層自体が露出しているのが少ないくらいですから・・・ 
 そんな数少ない場所に車を止めて貰い近寄るものの、(何となくね~・・・)

          あの姿をもう見ることは叶いません。 

        DSC08788_2018111418481868a.jpg

         でも待ちに待った、道の開通・・・嬉しい限りです。 

マツノハマンネングサ、中から新しい緑の葉っぱが出て、今年の古い葉と入れ
                   替わるのですね?

DSC08773_20181114193329f80.jpg  DSC08772.jpg
                   マツノハマンネングサ

            ”みたまの湯”で汗を流して帰ることにします。


        

富士山麓名残りのお花たち

2018/11/12 17:19 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

      富士山麓を歩くと、雪虫に出逢うことが多くなりました。
ふわっふわの体にチョッピリブルーの入るその小さな姿は、なかなか魅力的。
        ソッと手を差し出し、止まらせて見入ります。

        DSC07845.jpg


 そんな季節になってくると、お花も終わりで、遅咲き・咲き残りの子達のみ活躍中。
 草刈りにもまけずその手から逃れたリンドウたちもそんな中の一つです。

PB070396.jpg  PB070398.jpg
               リンドウ

   リンドウは林道沿いや道端斜面で多く見られます。 花が咲いていると
  賑やかしいのですが、開いていなければ周りの草に紛れてしまいます。

PB070402.jpg  PB070404.jpg
               リンドウ

      明るさの調整が出来ていなくて、とても見づらいのですが・・・・・
            結構沢山のリンドウが咲いておりました。

PB070406.jpg  PB070405.jpg
               リンドウ

 ヤマラッキョウが見えないねえ・・・などと話していましたら、声を聞きつけたのか
                  顔を見せてくれました。

PB070422.jpg  PB070428.jpg
               ヤマラッキョウ

 「何だろう?コシオガマ?」と思っていたら、シオガマギクの花が残っていました。
   気をつけて周辺を探してみると、咲き終えて葉っぱだけになったものが
       たくさん見つかりました。 今度は花の時期に来てみよう・・・

PB070414.jpg   PB070443.jpg
        シオガマギク             ツルリンドウの果実

 センブリ・リンドウ・サラシナショウマが咲き終えた後には、可愛いキッコウハグマ
          が見られました。 やっぱりここは良い場所です。

  PB070445.jpg   PB070447.jpg   PB070449.jpg
                 キッコウハグマ

  閉鎖花ばかり・・・と思っていたら、ここでも花が咲いていたキッコウハグマです。
    残念ながら、もうそろそろ花も店じまい。 ちょっと訪ねるのが遅かった。

DSC08651_2018111319260409b.jpg  DSC08650_20181113192605881.jpg
                 キッコウハグマ

   キッコウハグマの隣には、ヤブコウジが赤い実を付けています。
     それにしても・・・ここのヤブコウジは実付きがいいですね!

DSC08665_201811131926039ef.jpg  DSC08667_20181113192601dba.jpg
                  ヤブコウジ(十両)

   麓に雨が降ると、富士山は新しく雪を被ります。 溶けては積もって・・・
  そんな繰り返しで、富士山はこのまま白く雪化粧を続けるのでしょうか?

        DSC08671_2018111319260014d.jpg


       本格的な冬が、もう近くまでやって来ているのでしょうね?




富士山麓の紅葉

2018/11/11 17:32 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

   3日後の観察会に備えて下見をしてきました。 見どころは紅葉です。
  また、お花の少ないこの時期、樹木を観察するにはとても良い季節です。
  (アップできない内に本番が終了してしまいましたので、下見・本番合体ブログ??です)

   本日は、昨年雨天中止になった富士五湖の一つ精進湖を訪ねました。
   あれっ、この木何だろうね? 少し観察して実を見つけたIさんが・・・

PB050146.jpg  PB050147.jpg
                   ミヤマハハソ

 「あ~、ミヤマハハソだ!」 名前は聞いたことがあるけど・・・へ~、この木なんだ。

        PB050156.jpg
                 ミヤマハハソの実

 色々な樹木が多くなかなか前へ進まず、入口で時間を費やしてしまいました。
 (観察会当日は、Iさんから貞観噴火や歴史について話を伺い出発です)
  カエデの仲間も色々居そうです。 ウリハダカエデはお馴染みのカエデ。
    脈腋には褐色の毛が見えます。 葉柄はそれ程長くありません。
 
PB050165.jpg  PB050164.jpg
                 ウリハダカエデ

                  これはウリハダカエデ・・・

        PB050167.jpg
                 ウリハダカエデ

   ウリハダカエデで済ましていたこの子は、ホソエカエデでした。
葉裏の脈腋にある小さな膜状のものに気付き、ホソエカエデの存在を
知ったのは今年になってから・・・葉柄もウリハダカエデより長く、赤色を
   帯びています。 ちゃんと観察しないとこんな事に!

PB050144.jpg  PB050145.jpg
                  ホソエカエデ

木肌はよく似ています。 北麓だけかな?と思っていましたら、南麓でも発見。

        PB050143.jpg
                  ホソエカエデ

 中央裂片が長く伸びているのは、コミネカエデです。 富士山3合目辺りでは
 10日ほど前に真っ赤に色づき見頃となっていました。 ここではあと一息。

PB050170.jpg  PB050171.jpg
                 コミネカエデ

     ウリカエデは黄色く色づくようです。 この森ではポツポツと・・・

PB050174.jpg  PB050173.jpg
                  ウリカエデ

 他にはオオモミジ・ハウチワカエデ・コハウチワカエデ・イロハモミジなどが
 見られます。 それぞれ撮ったつもりですが、写真では分りにくい・・

PB050177.jpg  PB050193.jpg
                 カエデの仲間

PB050367.jpg  PB050258.jpg
                 カエデの仲間

              シデの仲間も住んでいます。 
       ここで出逢えるのは、イヌシデ・アカシデ・クマシデです。 

PB050179.jpg  PB050178.jpg
                  アカシデ

PB050317_201811070145151b5.jpg  PB050319.jpg
                  イヌシデ

 一番で合う確率の高いのは、圧倒的にクマシデです。 動物の名前が多いのは
       何でだろ? 属は違いますが、ネコシデもありますね。

        PB050294.jpg
                   クマシデ

  この時期、足元に気をつけて歩いていると、色々な落としものが・・・
ドングリやマツボックリ、色々な落ち葉に木の実まで。 ホラあった!アズキナシ。

PB050262.jpg  PB050257.jpg
           ウツギ            アズキナシ

  葉っぱが落ちた後も、木の実は元気です! ぐっしゃりと実を付けた
 カラスザンショウ。 クロツバラもその実が青空に映えてナカナカ素敵。

PB050281.jpg  PB050270.jpg
   カラスザンショウ              クロツバラ

  サルトリイバの光沢のある赤い実やブルーのアオツヅラフジもいいねえ。

PB050287.jpg  PB050302.jpg
        サルトリイバラ              アオツヅラフジ

  ツルウメモドキももうすぐ弾けそう。 ズミは赤い実ですが、ここでは黄色い実を
           付けた子が居ます。 キミズミと言うそうです。

PB050299.jpg  PB050301.jpg
      ツルウメモドキ              キミズミ

 南麓では殆ど目にすることの無いソヨゴですが、樹海の中ではかなりの個体数。
        ソヨソヨ~・・とした葉っぱの雰囲気が好きです。 
     おまけに今は柄の長い赤い実が付いて可愛い~・・・

PB050364.jpg  PB050229.jpg
          ソヨゴ                  ミヤマウズラ

 綺麗な赤い葉っぱにご用心! 大きさは小さめからかなり大きなものまで。
  何だろう?と、散々触りまくっていた葉っぱ、実はツタウルシでした。
以前、漆にまけて顔がパンパンになったのですが、この時は大丈夫でした。
         が、ヤッパリ触らないのが良さそうですね。

PB050200_20181107234937e1b.jpg  PB050199_201811072349362ef.jpg
                   ツタウルシの葉

                     地衣類や・・・

PB050234.jpg  PB050217.jpg
                   地衣類

                キノコに目をやり・・・

PB050232.jpg  PB050158.jpg
     ?                        ヌメリイグチ?

                        観察しながら・・・

DSC08610_201811120133443bb.jpg  DSC08616_20181112013916b50.jpg
    エリマキツチグリ                  チャナメツムタケ似?

                 紅葉に目を細めます。 

        DSC08585_2018111201500509e.jpg

              光を通すとキラキラが増します。

        DSC08589_20181112015413929.jpg

                  シダやコケ類も多く・・・                    
       
PB050218.jpg  PB050247.jpg
                   コケ

        PB050357.jpg
                      シノブゴケの仲間 

 864年(2年間)に起きた貞観噴火により、2列の火口列から流れ出した溶岩流が
  本栖湖とせの湖へ流れ込み、今の本栖湖・精進湖・西湖が出来たという・・・

  いま歩いているのは、かつてのせの湖の上? そんな思いを描きながら
  紅葉を愛でながら歩を進めます。 水際近くではころっとした溶岩の塊。 
   これは枕状溶岩?? 林内では大きく長く伸びた亀裂アチコチで見られ、
  どんな風になって今があるのだろう?と、地学的な興味が沸いてきます。

PB050274.jpg  PB050334.jpg
       枕状溶岩?              この亀裂は??

        PB050336.jpg

              赤や黄色の紅葉・・・青空に映えますねえ~

PB050367_2018111202122836f.jpg  PB080452.jpg
                                ダンコウバイ

  当日は、こんなメンバー17人でノ~~~ンビリ秋の一日を楽しみました。

        DSC08606_20181112014900e24.jpg

    おまけは、精進湖諏訪神社にある大杉を見学して終了となりました。
       根まわりは12.6m、樹高40mとのこと。 堂々とした姿でした。
         
PB080465_201811130450300b7.jpg  PB080462.jpg

        

チビたちと秋みつけ!

2018/11/03 22:36 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

  一年生のヤンチャ孫が 「秋みつけ」 で、木の実を集めなきゃ・・・とのこと。
   手持ちのドングリやマツボックリはいっぱいあるものの、それでは・・・ネ!

       と言う事で、2泊3日で孫3人組がお泊まりにやって来ました。
逢う度に強力になっていく3人組です。 でもコチラの対応も少しずつ進化して
               いますので、それなりに・・・

             長男のKは末っ子のR贔屓です。
私の下りた斜面を手を引いて続きました。 でも、この時期ひっつき虫だらけ・・

DSC08493.jpg  DSC08497_20181105030712894.jpg

  山間部でホオノキ・コノテガシワ・コナラ・紅葉した葉っぱなどを見つけました。
     葉っぱがいっぱい落ちていて、3人で集め始めました。  そして・・・

        DSC08501_20181105192521e46.jpg

   空に向けて葉っぱを放りなげます。 それを何度か繰り返します。

        DSC08506_201811051925208d0.jpg

       その後、何をしているのだろう? と思っていましたら・・・
 蜘蛛の巣にせっせと葉っぱをくっつけています。 クモにとっては迷惑な事!

        DSC08509_201811051925194d8.jpg

  カメラを向けると、こんなポーズ! やんちゃ坊主はこの所、まともな顔の写真は
            ありません。 真ん中の子だなあ・・・と感じます。

        DSC08511_20181105192517331.jpg

 暫く3人で広場を走り回っていました。 珍しく真ん中のYと末っ子Rが何やら
                       楽しそう・・・

DSC08522_20181105192615c9d.jpg  DSC08523_2018110519261440b.jpg

   ひと遊び終わり、おむすびとラーメンを作ってお昼にしました。
大分の友人が毎年送ってくれるカボスを搾って作るカボスジュースは皆の
お気に入り。 ナイフでカボスを半分に切り、種を取って絞るのはK太です。

上を向いて何をしてるのかな?と思ったら、パラグライダーで飛んでいる人を
     見つけたようです。 「お~~~い!」 「ヤッホー~~・・」

        DSC08526_20181105192613e3d.jpg

  この辺りでは、カヤラン・ロクショウグサレキン・ホコリタケが見つかりました。

DSC08514_20181105192617ec8.jpg  DSC08520_20181105192616a83.jpg

    木をひっくり返してみると・・・ 変形菌も潜んでおりました。
    「K太・K太来てごらん!」 と2人で変形菌観察をします。
 これは何ホコリになるのでしょうか? そろそろ胞子も飛びそうです。

PB030070.jpg  PB030072.jpg

カシワのドングリを時々拾いに行っている場所があります。 まだ時間があるので
 そちらへ向うことにしました。 ドングリもそうですが・・・私には別の目論見が!

  その近くには、ツメレンゲが咲くのです。 もう遅いかも知れないけれど・・・
   ひと登りした所に咲くのですが、1年生にはちょっと心配な斜面です。 
どうしようか? と迷っていると、木に捕まりながら登ってきます。 少し手を
     貸しながら・・・大丈夫かな?  3人で登り終えました。

DSC08548_20181105205041322.jpg  DSC08549_20181105205040189.jpg

花が咲いてるよ!と言っても一瞥しただけで、やっぱりドングリの方がよさそう。

        DSC08555_20181105205039800.jpg

            帰りは落ち葉の上を滑りながら下りて来ました。

        DSC08560_20181105205038c0a.jpg

                 ツメレンゲは・・・というと・・・

DSC08539_20181105193802181.jpg  DSC08545_20181105204812e3c.jpg

  少し花期は過ぎていましたが、まだまだ見られる状態でした。 久しぶり・・・

  DSC08542_2018110519375986d.jpg   DSC08544_2018110519375843e.jpg

           以前より多くなっているようで、良かった・・・ 
            もっともっと増えてくれれば嬉しいなあ~

         DSC08540_20181105193801875.jpg

    道端で車を止めて、またまたドングリ拾い。 クヌギにコナラ・・・
          リュウノウギクもたくさん咲いていました。

DSC08562_2018110615591970f.jpg  DSC08564_201811061559171b1.jpg

  紅葉も少しずつ目立ち、平地に紅葉が下りてくるのもあと一息です。

        DSC08566_201811061559174a6.jpg

       富士山も雪を被って・・・ このまま冬に突入するのでしょうか?
 
        DSC08570.jpg

       翌日は観察会が行われます。 弁当を持ってチビ達も参加です。 





まだまだお花が見られるお気に入りの場所

2018/11/02 18:10 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  あ~、どうなっているかな? 行ってみたい行ってみたい・・・と思いつつも、
         なかなか思うように動けない日が続いていました。
      要領の悪い私にとって、何だか10月は大忙しの日々でした。 

やっとの事で、午後も大分過ぎてから相方と出かけてきました。 歩きは別々です。
      この時期ですからそう期待はしていなかったのですが・・・
             思いの外いいじゃないですか~! 

             秋はキク科の植物が賑やかです。
          ノコンギクやシロヨメナはその代表ですね! 

DSC08302.jpg  DSC08338_20181101234644335.jpg
            ノコンギク

 オケラは種を持ち始めていましたが、中にはまだ白い花を見せてくれる子も・・

   DSC08310_20181101234643709.jpg   DSC08339_20181101234643980.jpg  DSC08386.jpg
    シロヨメナ         コウゾリナ         オケラ

多くのタムラソウはこちらも種が多かったものの、こんなに綺麗に咲いていたり、
      中にはまだ蕾のものまで・・・ 花好きには嬉しい事です。
    白い花粉に目が行き、ルーペでそのつぶつぶ?を確認しました。
   
DSC08344_20181101235225171.jpg  DSC08370_20181101235224ec3.jpg
                   タムラソウ

     アキノキリンソウももう終ってしまった・・・と思っていたら・・・

DSC08377_201811012352245a3.jpg  DSC08398_2018110123522223b.jpg
    アキノキリンソウ             タイアザミ

   少し遅めリュウノウギクは咲き始めたところ。 香りもいいし、花の
       白さが潔いと感じます。 もっと増えてくれると嬉しい。

DSC08404_20181102000537551.jpg  DSC08403.jpg
                 リュウノウギク

 ここではたった1株しか無いハバヤマボクチは、毎年茎が伸びては草刈りの
      対象となり、まだ一度も花を拝見したことはありません。
            もう少し違うところで出てくれたなら・・・

DSC08420.jpg  DSC08408_2018110200053528d.jpg
        ハバヤマボクチ           サワヒヨドリ 

    シラヤマギクも多くは咲き残り。 ヤクシソウは今が最高です!           

DSC08409.jpg  DSC08487_20181102112926d9d.jpg
         シラヤマギク             ヤクシソウ

      ここで見られるのは、タイアザミとアズマヤマアザミ。
 昨年気がついた不明のアザミはどうしたのでしょう? 今年出てくる様子は
         ありません。  春にはノアザミも咲きます。

DSC08474.jpg  DSC08472.jpg
       コウヤボウキ             アズマヤマアザミ

             キク科以外の子も花を咲かせていましたよ。 

     わ~、ヤマハッカがいっぱいで見事です! 思わず拍手です!

DSC08333.jpg  DSC08336_20181102113836e56.jpg
                 ヤマハッカ

  ヤマラッキョウも踏まれてしまいそうな場所で、細い茎を伸ばしています。
おっ、何段咲き?? と近づくと、8本がブーケ状になっていました。 お見事!

DSC08397.jpg  DSC08382_20181102113834883.jpg
                 ヤマラッキョウ

      黄色い雑穀はオンナメシ、白いお米はオトコメシ。
          咲き残りの子は特に愛おしい・・・

DSC08350_20181102113836af5.jpg  DSC08366_20181102113835074.jpg
       オトコエシ               オミナエシ  

 この時期、ワレモコウやツリガネニンジンが点々と残っていたのにはビックリ!
             でも・・・何だか嬉しいね! 

DSC08390_20181102114009563.jpg  DSC08325_20181102114008536.jpg
     ワレモコウ             ツリガネニンジン

途中ですれ違ったお花好きの男性が、「リンドウが咲いていました。」と教えて
    下さいました。でも咲いた株は見つけられなかった。 
感じのいい方で、花の名前を調べて確認に来たようでした。 メモがぎっしり!

DSC08421.jpg  DSC08425_201811021140060fa.jpg
     リンドウ                 ムラサキシキブ

   フユイチゴがたっぷりと実を付けていました。 でもちょっと早め。
    よく熟れているのを摘まむと・・・甘酸っぱくて美味しかった~

DSC08471_20181102114516da9.jpg  DSC08470_20181102114515417.jpg
                フユイチゴ

  サルトリイバラの実、最初で逢った子はまだ青い実でしたが、この子は
真っ赤になって実付きも良く美人中の美人! 葉っぱの影に隠れているのが
                      また好ましい・・・

DSC08477_20181102114514802.jpg  DSC08476_20181102114513948.jpg
               サルトリイバラ

               シオデは黒い実を付けています。
  3ヶ所で見たこの子は・・・ 少し粒が大きく、葉っぱの様子も違うトキリマメ。
     私はまだトキリマメを四国とここでしか見たことがありません。
          いつも目にするのは・・・タンキリマメなのです。

          フユノハナワラビも踏まれてしまいそうですよ!

 DSC08480.jpg   DSC08482_201811021148562fb.jpg   DSC08365.jpg
   シオデ        トキリマメ       フユノハナワラビ

           そして・・・ここでもセンブリがたっぷりと!
 葉っぱの時に確認していたのですが、花が咲くとその数倍の数が確認できます。

DSC08452_20181102114855632.jpg  DSC08461_2018110211485412a.jpg
                       センブリ

   センブリはいっぱいアップしたのでどうしようかと思いましたが・・・
   こんなに健気に咲いているので、やっぱり載せてしまいました。

DSC08458_20181102114854290.jpg  DSC08462_2018110211492246d.jpg
                       センブリ


             季節を替えても・・・やっぱり良いところです!




クロヤツシロランとアキザキヤツシロラン

2018/11/01 20:49 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

    菌従属栄養植物のクロヤツシロランとアキザキヤツシロラン。

もうお花は終ってしまったのですが、その存在を確認するには一番いい時期です。
   花の頃は小さめで、竹の葉やスギの葉っぱに隠れん坊しています。
 そして今! 体をグングン伸ばし、種子を遠くへ運ぼうと準備中なのです。

 遅まきながら、蚊に襲われつつ杉林と竹林を訪ねたのは10月10日の事。
もしかして咲き残りの子がいるかも? と淡い期待を抱いたのですが・・残念!
  既にお花は店じまいしていました。  コチラは主に竹林地です。

PA100017.jpg PA100065.jpg
       クロヤツシロラン         アキザキヤツシロラン

 そして近い場所ながら、いい時期に訪ねていなかった杉林の自生地です。
巡視活動がてら 「そうだ!」 と久しぶりに歩いてみると、存在を確認するには
                  とてもいい頃でした。

 もう何年前になるでしょうか? やはり活動中、この杉林の中に林立している
クロヤツシロランを見つけました。 凄い!それは奥の方までつづいていました。
           その後何度か見に行ってはいましたが・・・
 
  嬉しい情報がもたらされたのは、9月も終盤になってからのことでした。
あの林にはアキザキヤツシロランも居たよ、むしろその方が多いかも?と。
                 「 え~っ?!」 

 そして30日・・ 以前より少し減っている感はありましたが、居ました居ました!

DSC08258_201811011948511ce.jpg  DSC08244_2018110119485060a.jpg
                   クロヤツシロラン

           伸び始めた子、ひょろりと伸び上がった子・・・

DSC08260_20181101194849bd0.jpg  DSC08271_20181101194849972.jpg
                   クロヤツシロラン

   シダの間から顔を出した子・もう既に種子を飛ばし始めている子・・・

DSC08266.jpg  PA300050.jpg
                     クロヤツシロラン

 花の時期に確認したのですが、今年は台風の後と言うこともあり、いつもより
    スギの葉っぱが多すぎます。 終盤の花を撮したはずですが・・・
            該当する写真が無い! どうしたんだろう?

           来シーズンは、もっと丁寧に見なければ・・・・・

 PA300053.jpg PA300055.jpg
             クロヤツシロラン(白い粉状の集合体&飛んでいるものが種子です)

          伺った通り・・・アキザキヤツシロランも居ました。
 こんな ”ふっさふさ” のスギの布団を被っていては、なかなか手強い!
道をはさんで反対側の林にもさほど多くありませんが、点々と見られました。

DSC08247_201811011955263f3.jpg  DSC08273_20181101195526529.jpg
                     アキザキヤツシロラン

  車で待っていてくれる相方に、ここから歩いて帰るので・・・と先に帰って
  貰いました。 まだ時間も有るので、暗くなる前には帰宅できそうです。

カシワバハグマやヤクシソウなどを観察しながらぷらぷら歩いていると・・・
     あれっ? 何だかヒョロッとしたものが目の端に止まりました。
      クロヤツシロランです。 ポツポツと連なって見られました。
 少しグリーンを帯びたアキザキヤツシロランまでいます。 わ~い! 

DSC08289.jpg  DSC08286_20181101195525510.jpg
     クロヤツシロラン               アキザキヤツシロラン

 この場所はナント、車のブンブン通る道端です。 変な人が何してるんだろう・・
と思ったことでしょうね? でも、花時期に観察するにはこちらの方が簡単かも?

今まではクロヤツシロランは杉林や竹林で見られ、アキザキヤツシロランは竹林
のみで見られたようですが、ここでは杉林の中で両方を見ることが出来ました。
             また、新しい場所でも同じ状況でした。 

        DSC08294_20181101195524587.jpg
                     クロヤツシロラン

  本日、午後から相方を「ちょっと歩いてくる?」と誘い、暫く訪ねられ無かった
場所へ出掛け、ここには無いのかなあ~・・・と歩いていると、ホントに居ました!
クロヤツシロランが5株ほど・・・これじゃあ花の時期は見つけられないなあ・・・
        見上げると、広葉樹&常緑樹の混合樹林内でした。

DSC08309_20181101195927dd8.jpgDSC08311_201811011959276ec.jpg
                  お隣の町のクロヤツシロラン

あと5~6ヶ所程の生息場所を確認していますが、気をつけて探せばもっともっと
         見つかりそうな・・・そんな気がしてきました。 

       次はどこで出逢えるかな??   (ドライフラワーばかりで失礼しました)



エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム