FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

夕方の岩本山公園

2019/02/28 19:33 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

 富士川沿いに位置する岩本山公園は、この時期梅見学者で賑わっています。
       浮島公園から、岩本山を経由し、帰ることにしました。

        DSC01501.jpg

   もう夕方だったこともあり、富士山は霞んだり、雲の中に入ったり・・・
 午前中に富士山に梅の花を添えてあげれば、素敵な景色になるでしょうね?
     梅の下では、小さなタチツボスミレが花を咲かせていました。

DSC01502_201902271118239a0.jpg  P2250352.jpg

        DSC01507.jpg

        DSC01517_20190227111821556.jpg

白く毛深い子はスズメノヤリ、花の付く様子が大名行列の毛槍に似ている所から
名付けられたらしい。 一方、スズメノカタビラは一重の粗末な着物とう意味で
       小穂が着物の合わせ目に見えるからだとか・・・

   スズメノヤリはイグサ科、スズメノカタビラはイネ科なんだって!

  スズメやカラスは大きさを表しているというけど、この子達は昔から身近な
                存在だったのでしょうね?

 P2250354.jpg P2250361.jpg
    スズメノヤリ             スズメノカタビラ

 ホントに着物の合わせ目に似ているのかなあ? ホントだ~!・・・

          P2250363.jpg
                 スズメノカタビラ

この公園では、ロウバイに始まり、ウメ・モモ・サクラ・アジサイ・・・と次々にお花を
    楽しめ、自然のお花も加わり、訪問者の目を楽しませてくれます。

     で、サクラの木に近づいてみると・・・地衣類や苔もいっぱい。
樹皮に合わせて隠れるように住んでいるのは、ミノムシくん。まるで忍者!
そして、ヨコヅナサシガメでいのでしょうか?赤い部分が無かったら見逃してた。

P2250367.jpg  P2250365.jpg
      ミノムシ          ヨコヅナサシガメ

 この苔も沢山あったのですが、これはタマゴケ? 須津川でわかったつもりだった
       けれど、場所が変わると自信ありません・・・  サヤゴケでした(

P2250368.jpg  P2250370.jpg
               タマゴケ? →  サヤゴケ

       このブラブラ下がる紐のようなものは一体なんでしょう?
 以前から何だろうと思いつつも、まだわからずにいます。 少し引っ張ってみると
   ビョ~~~ンと伸びます。  更に引っ張ると、切れてしまった。

          う~ん、何だろう? これも虫??

P2250377.jpg  P2250378.jpg
          よく見るけど???

     何処ででも見られるノキシノブ。 小さい苗も出ていました。
大人のノキシノブには立派なソーラスが付いています。 ルーペ観察○

 P2250385.jpg P2250386.jpg
             ノキシノブ

   梅のお花も近づいてみると可愛いお花の姿です。 白・赤・ピンク・・・

   P2250392.jpg    P2250398.jpg    P2250399.jpg

               ついでにアジサイの葉痕も・・・

P2250395.jpg  P2250418.jpg
                        アジサイの葉痕

 そして、いつも不思議に思うのですが、この時期公園ではミツバツツジも見られる
のです。 全体の一部なのですが・・・  雄しべを数えてみると、10本が多いので
    トウゴクミツバツツジだと思うのですが・・・ う~ん・・・ 

P2250400.jpg  DSC01512_20190227113820d63.jpg

       こんなに早くに見られるなんて、何だか得したみたい・・・

        DSC01514_201902271138197a9.jpg

                    昨年のドライも残っていました。

        P2250416.jpg


                   さて、ホントに帰ろうっと!




浮島ケ原自然公園の今

2019/02/27 18:32 ジャンル: Category:浮島自然公園
TB(0) | CM(0) [Edit]

      出掛けたついでに久しぶりで浮島公園を歩いてきました。
午後、少し遅めでしたのでブラブラ歩いているのは私一人。 車2台は休憩中?

    水辺から少し離れた空き地では、ツクシが伸びてきていました。
      ツンツンと突っつくと、胞子を飛ばしている子もいました。
   地面はアチコチで盛り上がっています。 モグラさんも忙しそう・・・

P2250307.jpg  DSC01485_201902270019233cb.jpg
     ツクシ           モグラの移動跡

 公園南側にもノウルシの群生地があるので行ってみたのですが、まだ少ししか
       顔を出していません。 本日は富士山も雲の中のようです。

        DSC01487_201902270019237ac.jpg

   まだ芽を出したばかりの子もいれば、少し伸び上がっている子もいます。

        DSC01495_2019022700192263d.jpg
              ノウルシ

 場所によって色々ですが、一番早い子はもうこんなに花を咲かせています。
          と言っても、まだまだホンの一部なのですが・・・

DSC01493_20190227001921d94.jpg  DSC01494_201902270020397aa.jpg
               ノウルシ

         こんな姿を見ると春が来たなあ・・・と感じます。

P2250336.jpg  P2250339.jpg
               ノウルシ

        湿地を黄色く染めてくれるのはいつ頃でしょうかね?

        P2250335.jpg
                ノウルシ

   これまたホンの数輪なのですが、ヒキノカサも艶のある黄色い顔を
                見せてくれていました。

P2250319.jpg  P2250318.jpg
                ヒキノカサ

   まだまだこんな葉っぱだけや蕾を少し持ったものばかりなのですが・・・

        P2250326.jpg
               ヒキノカサ

     ナヨナヨワスレナグサも、そこかしこで目に付き始めました。
              セリも・・・まだ可愛いですね。

P2250308.jpg  P2250310.jpg
  ナヨナヨワスレナグサ             セリ

  そして市の天然記念物のサワトラノオです。 遊歩道沿いで大きめの株が
見られます。 今年は5月12日(日)に恒例の 「サワトラノオまつり」 が予定
されています。大勢の人に参加して頂き、大いに盛り上げて貰いたいものです。

P2250320.jpg  P2250325.jpg
                 サワトラノオ

      まだまだ寂しい浮島公園ですが、着実に季節は進んでいます。
     ゆったり散策している間も、ツグミが木々を渡り飛んでいきます。

        DSC01496_20190227002038361.jpg
                 ツグミ

    丘ではオオバヤシャブシが大きなマツボックリ?を付けていました。

        DSC01497_20190227002857238.jpg
                 オオバヤシャブシ
 
        近づいてみると・・・ そこには春を待つ姿がありました。
 これはどうなってる? と調べた所、一番上のまだ包まっているのが葉芽?

      上には雌花があり、下の方に雄花が付いている。
 こういう付き方はオオバヤシャブシとのことですので、間違いなさそう・・・
    雌しべの中が赤く見えるけど、これは柱頭部分でしょうか? 

P2250344.jpg P2250348.jpg
                 オオバヤシャブシ

  お花の少ない時期は、いつもは気に止めていないものにも目が行く・・・
          チョットしたことに気がつくと楽しいですね。

P2250350.jpg P2250345.jpg
                 オオバヤシャブシ

               お花が賑わうのが楽しみです 




里山散策

2019/02/26 21:31 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

     お気に入りの里山、そろそろスミレでも出ていないだろうか?
久しぶりに歩いて来ました。 綺麗に草刈りがされ、広々ととても気持ちのいい
  空間ですが、う~ん ・・・ まだお花らしきものは見られませんねえ。

 ここも自然豊かな場所なので、地衣類も桜の木を中心に沢山付いています。
       上等のまつげを付けたマツゲゴケが目に入りました。

P2240198.jpg  P2240196.jpg

  チビたちが字を覚える前に白い紙にいっぱい書いていたようなグニャグニャの
                  モジゴケも出ています。

        P2240201.jpg

                  んっと・・・この子は・・・

P2240206.jpg  P2240207.jpg

             キブシも暫くすると花が咲いてきそうですね。

P2240217.jpg  P2240216.jpg

     ここにも色々な木がありますので、葉痕の顔も色々です。

  P2240215.jpg    P2240220.jpg    P2240227.jpg

       三角の顔をした子・・・ あっ、タラノメも顔を出し始めました。

  P2240236.jpg   P2240265.jpg    P2240225.jpg

        アブラチャンも花芽の中から蕾が見えてきました。

P2240251.jpg  P2240252.jpg

                春を待っていたのかな?

         ふたりでバンザ~イ!!   1人でも・・バンザ~イ!

P2240232.jpg  P2240230.jpg

    広場まで来ると、春を待つタンポポ! トウカイタンポポでしょうか?

何カ所かで花を付けていました。 この季節は純日本産のタンポポが多いようです。

P2240237.jpg  P2240238.jpg
               トウカイタンポポ

  地面に這いつくばるように花を咲かせているのは、ヤブヘビイチゴかな?
           桜の花芽もふっくらしてきました。

P2240243.jpg  P2240240.jpg
    ヤブヘビイチゴ?                桜の花芽

  昨年初めて目にしたナルトサワギク。 少し離れた場所でも生育していました。
                 特定外来種ですので・・・

        P2240285.jpg
                  ナルトサワギク

    刈り取られていない場所では、ドライフラワーが残っていました。
           ドライもなかなか綺麗ですね! 

P2240246.jpg  P2240248.jpg
  オトコエシ?               オケラ

    小形のホウオウゴケのようなものが、法面の土に生えていました。
             それともキャラボクゴケかな?

P2240290.jpg  P2240299.jpg
  キャラボクゴケ?              スギゴケの仲間? 

       1本の幼木を上から下へ目を移してみると・・・・・ 面白いね!
                 顔がそれぞれに違っている。 

  P2240270.jpg    P2240272.jpg    P2240280.jpg

  下の方にある古くなった葉痕の顔は何だか皺っぽい! 人間と一緒だ~。
    顔は薄くなっているけど・・・ 味のある柔和なお顔をしています。
     
  P2240281.jpg    P2240275.jpg    P2240284.jpg

 これはどんな子かって言うと・・・ トゲトゲの 「カラスザンショウ」 でいいかな?

     じっくり見ていると・・・何だか語りかけてくれるような気がします。

P2240269.jpg P2240278.jpg

           それにしても痛そうなトゲだこと・・・ 




平成棚田祭り

2019/02/25 22:58 ジャンル: Category:イベント
TB(0) | CM(0) [Edit]

 23日、富士宮市白糸地区の 「平成棚田祭り」 が行われたので行ってきました。
今回で3回目だそうです。 白糸公園の駐車場に車を止めて、バスがピストン運転
   してくれます。 行きは相方とブラブラ散策しながら会場へ向います。

    ここからズッと会場に向けて小さな竹灯籠が飾られていました。

        DSC01410_20190226004536263.jpg

              ゆったりとした雰囲気のいい景色です。 

        DSC01412.jpg

道沿いや田んぼの畦にも飾られています。 3776本だそうですが、駐車場からの分を
                含めればもっとあるかも知れない・・・

    これを作るのも、設置するのも、また回収するのも大変な作業です。

DSC01418_20190226004533304.jpg  DSC01417_2019022600453333a.jpg

地元の小中学生の力作も中央付近に飾られていました。火が入るのが楽しみです。

DSC01429_20190226004633e42.jpg  DSC01432_201902260046324b9.jpg

 メインは陽が落ちてからですので、周辺を歩いてみました。 早くもカメラ設置され
  ている方もいます。 でも・・・残念なことに、富士山は隠れたままです。 

P2230181.jpg  P2230173.jpg
   ハナイバナ               カキドオシ

        用水路?には、オランダガラシやセリが見られます。 
            これは・・ミズハコベの仲間でしょうか。 

        P2230177.jpg
                イケノミズハコベ?

  舞台では太鼓の演奏も行われていました。 地元産の農産物の販売もあり、
         ご自慢のお米とマスの加工品を少し購入しました。

        DSC01415_201902260045343fe.jpg

  点灯のボランティアを募集していたので申込み、マッチ・名札・食事券を
              戴き、その時を待ちます。
 
         多くの来賓の方も見えられ、挨拶が続きます。

DSC01443_20190226005208844.jpg  DSC01439_20190226005207561.jpg
ボランティア配布用品         市長挨拶

          5時40分に富士山の仕掛け花火が上がり、点灯開始です。

        DSC01450_20190226005206cc9.jpg

                    綺麗だねえ~・・・

        DSC01452_20190226005206e0a.jpg

         花火も上がりました。蝋燭に点火作業を進めます。

        DSC01454_201902260052056db.jpg

  アッチにもコッチも灯がともり、ナカナカいい雰囲気になりましたよ。

DSC01455_20190226005500f2f.jpg  DSC01461_20190226005459348.jpg

      竹灯籠もいいですねえ。 中学生の作品もあるようです。
             キティーちゃんも可愛かった・・・

    DSC01463_20190226005459056.jpg

           連続した作品もいいですね。

        DSC01466_201902260054585a8.jpg

                    竹かぐやのかぐや姫も登場です。

            DSC01469.jpg

          富士山に ”しらいとのさと” 文字、いいですねえ。 

DSC01477_20190226005807638.jpg  DSC01474.jpg

  ちょっと暗くてわかりにくいですね。 でも幻想的でいい雰囲気でしたよ。

   DSC01479.jpg

      本部周りも、それぞれの通りも大いに賑わっていました。

  白糸コシヒカリのおむすびと温かで美味しいお汁を戴き、心も体も
               ホッカホカになりました。

        DSC01459_20190226005804bc0.jpg

   帰りはバスのお世話になり、平成棚田祭りを楽しませて頂きました。

                ありがとうございました! 


西臼塚で冬の観察会

2019/02/24 17:57 ジャンル: Category:観察会
TB(0) | CM(0) [Edit]

         2月21日(木) 西臼塚で観察会が行われました。
下見の段階では、御殿場の五合目駐車場西側へ出る冬ルートと西臼塚を歩いて
    みましたが検討した結果、ユックリノンビリ・・・と西臼塚に決定!

 今年は雪も少なく、西臼塚では皆無です。 水ケ塚でやっとチョボチョボ・・・

この森では、お花・樹木・野鳥・・・とそれぞれ自分に合った楽しみ方が出来ます。
     トイレ(現在は冬季閉鎖)のある駐車場から出発です。

  下りた場所から岩や樹木に着く地衣類・苔に目が留まり入口が遠~~い!
   その後もノロノロ歩きで、お昼前にやっとキリンの木(ブナ)に到着し・・・
       本日は、少し回り道をして西臼塚の高まりを目指します。

DSC01394.jpg  DSC01397_2019022412093856e.jpg
 コウヤノマンネングサ          ミツマタの茂る遊歩道

 相変わらずこの時期に見られる新しいシカの食痕です。 最近は色々な木に
見られろようになりました。 また、アチラコチラで遊歩道の傷みが目に付きます。
        通行止めのロープがいつの間にか増えています。

 折角のいい森ですので、広い範囲が自由に歩けるようになるといいのに・・・

DSC01402_2019022412093628e.jpg  DSC01400.jpg
  シカの食害(ウラジロモミ)           荒れた遊歩道

お昼を終え、西臼塚に到着。中はすり鉢状になっていて縁を1周するには3~4分?
   この辺りのブナには模様のように色々な地衣類が住んでいます。
     ウメノキゴケの仲間・モジゴケの仲間・サルオガセの仲間・・・

        DSC01404.jpg
            西臼塚頂上でブナに着く地衣類観察中

これらの樹木もお馴染みさんです。 子供たちがくぐり抜ける木はキハダです。
胃の薬、黄檗です。 頂上で横たわっているのは、多くの子供たちを乗せて
  いました。 いつの日か 「子どもの成る木」 とも呼ばれていました。
          確か・・ミズナラの倒木だったと思います。

DSC01409.jpg  DSC01407_20190224124021ab3.jpg

               色々な苔も多く・・・

  P2210003.jpg    P2210026.jpg    P2210049.jpg

                こんな子や・・・

   P2210006.jpg   P2210023.jpg   P2210084.jpg

                こんな子たちも・・・

P2210082.jpg  P2210118.jpg

      地衣類の種類も多いと思うのですが、名前はなかなか・・・

  P2210010.jpg    P2210014.jpg    P2210095.jpg

                 ツメゴケの仲間や・・・

        P2210046.jpg

                白いモジゴケの仲間・・・

        P2210080.jpg

 テントウムシも見つけてくれました。 ツチグリもこんなに残っていたのですね?

P2210121.jpg  P2210039.jpg

  ゼリー状のキノコはハナビラダクリオキンでしょうか? プニュプニュです!

  こちらは変形体から子実体に変身できなかった変形菌? 乾燥してます。

P2210044.jpg  P2210052.jpg

 標高1200mの地では、お花はまだまだ・・と思っていたら、オニシバリの開花を
        見つけてくれました。 周辺にも点々と咲いていました。

ネット検索するとムラサキオニシバリが出てきますが、花の下部が紫色を帯びた
  これが該当するのかな?ここでは緑色の子と両方住んでいるようです。  

P2210068.jpg  P2210069.jpg
                  オニシバリ

       冬芽や葉痕もじっくり観察すると面白いですね。
 何だか野鳥の顔に見えるのはムラサキシキブ、右の毛深い子は
             紙の原料ミツマタです。

P2210128.jpg  P2210137.jpg
    ムラサキシキブ             ミツマタ

P2210133.jpg  P2210159.jpg
   モミジイチゴ?                ホオノキ

          ?マークばっかりです。  思い出せるかな~?

   P2210165.jpg   P2210147.jpg   P2210149.jpg
   ?             ?             サワグルミ?

         兎にも角にも・・・ ゆったり、ノンビリ歩いた一日でした。





セツブンソウもまだ見られます。

2019/02/23 11:01 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 優しい日差しを受けて笑顔いっぱい満開のセツブンソウに逢う予定でした。
      でも・・・残念ながら訪ねたのは夕方近くになってから・・・

  いい条件ではないものの、可愛いセツブンソウに逢えてよかった・・・ 
見頃か場所によっては花期を過ぎた感じはしましたが、待っていてくれました。

P2200363.jpg  P2200368.jpg
                セツブンソウ

   毎年見ていても、その季節になってくるとソワソワ・・・また出掛けてしまう
                  そんなお花です。

P2200371.jpg  P2200193.jpg
                セツブンソウ

以前よりちょっと寂しくなったようで残念ですが、ずっと元気に育って欲しいものです。
  茎の緑色をした色白の子は何年か前に持ち去られたと伺いましたが、今年も
                   見られなかったです。

P2200379.jpg  P2200354.jpg
                セツブンソウ

    場所は違いますが、ひょんな所でこんな子にも出逢いました。
恐らくツメレンゲでは? と思うのですが、今年の秋に確認しようと思います。

P2200345.jpg P2200346.jpg
                  ツメレンゲ?

   数は多くないのですが、岩上の厳しい環境を更に越える?コンクリの
隙間に根を伸ばして頑張っています。 もっともっと増えてくれると嬉しいですね!

        DSC01385_2019022310412969c.jpg
                  ツメレンゲ?




久しぶりの山歩き

2019/02/21 22:31 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

     天気予報と睨めっこしつつ、20日に山行きを決定しました。
 古宿からアンバ峠、八坂峠を越え釈迦ケ岳へ登って下芦川へ下ります。

この日は3月末から4月の陽気だとか・・・ 7時に出発し、途中で町に掛かる雲海?
を目にしましたので、車を止めてシャッターを切ります。 もっといい場所を探せば
いいのですが、時間が有りません。側を勤務先に向う車が矢のように走り抜けます。

        DSC01279_2019022121412937a.jpg

 待ち合わせ場所へ向う途中はガスの中を走ります。 恐らく上空から見れば
    ここも雲海の真っ只中? 登り口、下山口近くに車を止め出発です。

      少し登ってくると、下方にはガスが広がっています。 

  DSC01287_20190221214128f5b.jpg

    上部は暖かな日差しに包まれ、少し歩くと汗ばんできます。

DSC01285.jpg  DSC01290_2019022121412959a.jpg
                         ツチグリ

出発直後は踏み跡があったものの、落ち葉に覆われてか道が判然としません。
      でも尾根登りなので、道を大きく外すことはないでしょう。
地図読みが得意のKさんが時々コンパスと地図で確認してくれていますし・・・

葉を落とした木々の間からの景色を楽しんだり、落ち葉を手にとって何の木か
     考えたり・・・ホントにゆったりとした心地よい歩きです。  が!

  落ち葉の積もる雨上がりの斜面は時折手こずります。 ズルズルッ!
珍しく木の枝を探し、ストック代わりに登りました。 「アレを登り切れば尾根だね」
と見上げます。 ところが・・ここが最高の傾斜! かなり時間を費やしました。

DSC01303_20190221214127575.jpg  DSC01313.jpg

    「意外と時間が掛かったね」 などとひと休みしつつホッと一息。
後は尾根のチョットしたアップダウンを繰り返せば、釈迦ケ岳に着きそうです。

この木肌は・・・胃の薬(黄檗) 「キハダ」 の樹皮です。 見上げると・・・
           まだいっぱい実が付いていました。

DSC01306_20190221214519ccb.jpg  DSC01305_201902212145191b3.jpg
                   キハダ

    途中、ヒノキの植林もありましたが、赤松が多いのにはビックリです。

DSC01317_2019022121451867f.jpg  DSC01319_20190221214517697.jpg

旧八坂峠を越えると林道を横切ります。 林道を越えて登った先には、こんな景色が
  待っていてくれました。 真っ白に雪を被った農鳥岳・間ノ岳・北岳のようです。

DSC01326_201902212149222ac.jpg
         農鳥岳       間ノ岳      北岳

  そして右奥には塩見岳、手前はまだ登っていないけど気になっている蝙蝠岳
        だと思うのですが・・・ (間違っているかも知れません)

    DSC01329_20190221214922e45.jpg
             蝙蝠岳          塩見岳

                      そして荒川岳?

        DSC01332_20190221214920c4b.jpg
              荒川岳 千枚岳方面

                   更に左手には赤石岳でしょうか?

           暫し・・・・・ 展望を楽しみます。

             DSC01331_20190221214921626.jpg
                      赤石岳

尾根に出てからはホントに気持ちいいばかりの歩きです。目をつむっても歩けそう?

 気になったのは、アカマツの傷みようです。 根元から割けている木が多く見られ
   ました。 大きな力(強風)で揺さぶられたのでしょうか? ビックリです!
        
DSC01346.jpg  DSC01335_20190221214920a8e.jpg

   そうこうしている内に、釈迦ケ岳に到着です。 展望はさほど叶わぬものの
                      ここで昼食とします。

DSC01352_201902212152533a3.jpg  P2200255.jpg

    ピークから尾根伝いに下って行きます。 ここも踏み跡はありません。
   色々な木々や、コケ・地衣類・・・私たちを惑わす仕掛けがいっぱいです!

     この木の水たまりにはどんな子たちが喉を潤しに来るのでしょう?

P2200237.jpg  DSC01354_201902212152530dd.jpg
      アブラチャン             木に水たまり

 わ~、株立ちした大きなヤシャブシの仲間のようです。 小さなマツボックリ?を
           確認したのですが、正式名はわかりません。 

葉痕や冬芽を観察するのも楽しいですね。 思わずニッコリの子もいますよ。 

  DSC01381_201902212159345fd.jpg   P2200223.jpg    P2200246.jpg
  ヤシャブシの仲間     ?の葉痕       ウリハダカエデ?

 湿気の多い山域にはコケも色々見られます。 鎖のようなのは何だろう?

P2200196.jpg  P2200195.jpg
       ?           カサゴケの仲間

      良く目にするけど、名前が分らないコケたちばかりです。

P2200213.jpg  P2200203.jpg

  この子だって何度も出逢っている。 教えて貰ったはずなのになあ・・・

P2200220.jpg  P2200218.jpg

    ホウオウゴケの仲間だけは何となく見当が付くけれども、その先が・・・

P2200322.jpg   P2200335.jpg
                            ホウオウゴケの仲間

 こちらはムチゴケでしょうか? 以前教えて頂いて、特徴的な姿と名前が印象的
でした。 その場でわかったつもりでも場所が変われば??というのは良くある事。

        P2200306.jpg
              ムチゴケ?

   これも特徴的な姿だけれど、この子!と断定できないところが悲しい・・・

        P2200349.jpg
              ネズミノオゴケ?

     アレ? 朔(胞子体?)しか出ていない。 と思っていたら・・・
こんなコケもあるのですね? 調べてみると面白い! ”葉見ず苔”だそうな。

図鑑によると、地面に見られる藻類のような青緑色は原糸体と言って発達しない
  配偶体の替わりに光合成を行っているのだとか・・・健気ですねえ~。 

P2200232.jpg  P2200233.jpg
               もしかしてハミズゴケ?

   本体はどれだろう?と探していて目に付いたのが、こんな子でした。
   でも、肉眼では見えないほど小さいと言うし・・・ どうなんでしょうね?

        P2200235.jpg
                   これって関係者??

       山では余り目に付かなかったシダも道端でご対面。

P2200331.jpg  P2200343.jpg
   ハコネシダ           チャセンシダの仲間?

 早くに下りられるだろうと思っていましたが、大きな石や転がっている石、倒木の
     上には、誘惑物がいっぱいです。 (もうお終いにしよう!)  

とは思いつつも気になりカメラを向けてしまいます。 似ている子もいるけど
          ちょっと違う・・・ 仲間でもわかれば面白いだろうな。

          この子達はみんな地衣類の仲間です。  

   いつになったら名前で呼んであげることが出来るようになるのでしょうか??
 
  P2200224.jpg   P2200225.jpg   P2200226.jpg
              (中)モジゴケの仲間

  P2200272.jpg   P2200337.jpg   P2200274.jpg
               (中)コアカミゴケ?

  P2200227.jpg   P2200228.jpg   P2200350.jpg
  (左)イワニクイボゴケ?             (右) ロウソクゴケ

  P2200275.jpg   P2200278.jpg   P2200277.jpg
   (左)モジゴケの仲間                (右)センシゴケの仲間?

P2200258_20190221222906e7d.jpg  P2200266.jpg
                            ヤリノホゴケ?

      こんな調子ですので、ヤッパリ到着は夕方近くになってしまいました。

  いつものことですが!  でも、とっても気持ちのいい充実した山歩きとなりました。




セリバオウレンまだ早め・・・

2019/02/20 00:58 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  出掛けるついでにその後の様子を見たくて、セリバオウレンに立ち寄りました。
      最初蕾だった林内道端の脇では、元気に花を咲かせていました。

P2180048.jpg  P2180046.jpg
                 セリバオウレン

  でも・・・林内の殆どの子は、まだ足元に小さな蕾をもたげて来たばかり・・・
        これらが花開いてくれるのは、まだ先になりそうです。

    それでも陽の入る順番に?少しずつ咲き始めてるのは嬉しい・・・

P2180051.jpg  P2180057.jpg
                 セリバオウレン

  ムムッ? ホンノリピンク色を帯びているのは、雌しべが多く見られる子たち?

P2180063.jpg  P2180058.jpg
                 セリバオウレン

   雄花の子たちは白いよなあ・・・と思っていたらそうとも言えないなあ。

P2180061.jpg  P2180066.jpg
                 セリバオウレン

    でもまあ・・・ 太陽をいっぱい浴びている子はドンドン咲いて来てる。

P2180074.jpg  P2180070.jpg
                 セリバオウレン

         光が差してきたら薄らピンクが可愛いねえ~・・・

        P2180080.jpg
                 セリバオウレン

          カラスノエンドウもポツポツと咲き始め・・・

        P2180082.jpg
                カラスノエンドウ

   少し淡い色をしたカラスノエンドウも・・・とカメラを向けると、ギョッ!
 緑色をしたアブラムシが茎にいっぱい!   下手な写真で良かった。
          アブラムシアップじゃ絶えられない・・・

        P2180086.jpg
              少し色白カラスノエンドウ

           カスマグサも咲き始めた子もいますね。

        P2180088.jpg
               カスマグサかな?

           ホトケノザはもう大分前からの常連さん。

             P2180083.jpg
                 ホトケノザ

    おばあちゃんと話をしてたら、クチナシの実はご自宅のだという。
  ちょっとお願いし、10個ほど頂いて来た。 いっぱい持ってっていいよと
言って下さったが、これでホントに充分です。来年お正月まで保存できるだろうか?

        P2180179.jpg
                 クチナシ

                  有り難うございました!





ミスミソウは見頃です!(静岡県)

2019/02/19 20:20 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

相方のウォーキングを兼ねて?気になっているお花の様子を見に行って来ました。
                 もうそろそろかな? 

           本日は2月18日、丁度見頃のようですね。

P2180113.jpg  P2180102.jpg
                  ミスミソウ

        雄しべのピンク色の子や、白い雄しべを持っている子・・・

P2180124.jpg  P2180117.jpg
                  ミスミソウ

 清楚な感じ・・・いいですね! フユイチゴに隠れている恥ずかしがり屋さんも。

P2180122.jpg  P2180128.jpg
                  ミスミソウ

             ホントに伸びやかで、柔らかそうで・・・

P2180136.jpg  P2180131.jpg
                  ミスミソウ

      こんな風に並んでいると思わずニッコリしてきます。 

P2180161.jpg  P2180174.jpg
                  ミスミソウ

                  八重の子、一重の子・・・・・

        DSC01276_2019022000333485c.jpg
                  ミスミソウ

   出掛けるのが遅かったので、一番のお気に入り場所に着いたときには
       もうそろそろお休みの準備中で写真は撮れず終いでした。

              もう一度逢いに行けるかなあ?・・・ 

        DSC01275_20190220003336722.jpg
                  ミスミソウ




散策路で見られるものは?

2019/02/18 22:53 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(0) [Edit]

    ミュージアムの観察路は、毎月第3日曜日に解放されています。
 今回、ゆっくり時間を掛けて、とても仲の良い年配のご夫妻と一緒です。
          植物にも大いに興味のある方です。
 英語の苦手な私にイモリは英語でニュウトと言うのだと教えて下さいました。 

ここではドングリの木も数種あるのですが、足元には赤く色づいたコナラの葉が!
   長細いドングリも落ちています。 見上げると・・・ここにもあった!

P2170015.jpg  P2170012.jpg
                    コナラ

        ツルグミの葉っぱには・・・字書き虫ですね!

       ここで多く見られるシダは、ウラジロとコシダです。
ウラジロの花言葉(?)ってあるのですね。 「神秘・無限・魅力ある人だそうです」

昔は正月にお餅の上にダイダイ、ウラジロを飾り、御神酒にユズリハをさし、灯明
 (蝋燭)を父が灯した後、家族で手を合わせながら各部屋を回ったものです。

  正月の朝には朝風呂を浴び、新しい洋服に手を通すのが嬉しかった・・・
         ウラジロ一つで色々な思いが甦ります。

P2170013.jpg  P2170016.jpg
    ツルグミに字書き虫               ウラジロ  

          実も先月より少し大きくなったようですね。                

        P2170018.jpg
                   ツルグミ

  お花の少ないこの時期、ちょっと楽しめるのは、冬芽の観察や葉痕の違いを
     見ること。 この木は何かな?と思っていたら、ありました! 
樹皮と木肌だけでは悩んでしまいますが、この実を見れば大丈夫、イヌビワでした。
維管束の跡は輪状になっています。 ルーペで観察し 「9つ位あるよ」 との事。

P2170023.jpg  P2170026_20190219230356c75.jpg
                  イヌビワ

  これはアジサイの葉痕だと思うのですが・・・ アップだけ撮って分らなく
     なることも多く・・・気をつけねば。 顔みたいで面白いですね。
                維管束痕は3個です。

           P2170020.jpg
                 アジサイの葉痕

      暖かな日差しに包まれ、風さえ無いと春の陽気です。
足元にはオニノゲシやトウカイタンポポも咲き始め、オオイヌノフグリ・タチイヌノ
               フグリも開花しています。

P2170034.jpg  P2170029.jpg
                タチイヌノフグリ

        P2170028.jpg
                オオイヌノフグリ

   オランダミミナグサやハハコグサ・コマツヨイグサまで起きてきました。  

P2170032.jpg  P2170037.jpg
   オランダミミナグサ          コマツヨイグサ 

  お母さまとご一緒の1年生・3年生の女の子達は、とても見つけ上手な子たち
       です。 立ち止まって足元を見ては、次々と発見! 
   「わ~、毛がいっぱい!」 その声に足元に目を落とすと、 ホントだ!  

       陽の光を受けてキラキラととても綺麗です。    

          P2170038.jpg
                スズメノヤリ(イグサ科)

     遠くには雪を被った南アルプスが少し霞んで見えていました。



丸火で観察会

2019/02/13 04:34 ジャンル: Category:観察会
TB(0) | CM(0) [Edit]

      毎月10日は場所を替えて午後から観察会が行われています。

 本日は、市内山間部の丸火自然公園です。 昔は炭焼きも行われていたようで
 炭焼き跡も点々と残っています。 また、富士山の側火山ですので地学的にも
   面白い所で、植物観察・野鳥観察も楽しめる豊かな自然が残っています。

 この時期の観察と言えば・・・冬芽観察・残っている種子の観察・シダやコケ?
    写真には撮っていませんが、オニドコロとヤマノイモが隣り合わせ。

 種子を包んでいる部分の形の違い、種子の翼が付いている場所の違いなど、
 ジックリ見ると初めて気付くことも多いですね。 この時期ならでは・・・です。

    次に目に付いたのは、ミズキです。 赤い茎がよく目立ちます。
5月後半に咲くお花は白い塊状に見えて存在感があります。こちらは互生です。
地域によって色々なものが使われているようですが、「どんどん焼き」の木です。

P2100420.jpg  P2100424.jpg
                ミズキ

ミズキに比べて、比較的目にすることが少ないクマノミズキは葉っぱは対生に付き、
 1ヶ月ほど遅くに開花します。 お花はよく似ているので紛らわしい・・・(自宅近く)

  クマノミズキが自宅近くの雑木林に存在することを、昨年初めて知りました。
    何度か目にしていますが、こんなに近くにあったなんてね! 

P2110516.jpg  P2110512.jpg

      図鑑で見たとおり、対生ですね! 冬芽の様子も違います。

          P2110515.jpg

        クマノミズキの隣りにあるのは・・・クヌギ?コナラ?
       冬芽観察して・・・どうやらクヌギのようです。(自宅近く)

P2110524.jpg  P2110527.jpg

        多分間違いない・・・ こ~んなのが付いていましたから・・・
        その木肌には、モジゴケがたくさん出ています。(自宅近く)

P2110530.jpg  P2110521.jpg

                丸火の続きです。

     こちらは香りのいいクロモジです。 真ん中の細いのが葉芽、
両脇の丸っこいのが花芽でしょうか? アブラチャンと共に可愛い冬芽ですね。

        P2100426.jpg

               葉痕は・・・ボケていますねえ~。

        P2100427.jpg

         樹皮や溶岩上には色々な地衣類が見られます。

P2100432.jpg  P2100434.jpg
    イワニクイボゴケ?

          シュンランやオニシバリも蕾を付けています。

P2100429.jpg  P2100452.jpg
     シュンラン               オニシバリ

    ニワトコからチョッピリ蕾が顔を出していました。 でも・・アレレ?
 蕾の脇から葉っぱのようなものが見えています。 これは花芽じゃないの?
ネット検索すると・・・混芽・葉芽があるとされていました。 なるほど・・納得です。
      でも、葉芽は確認していません。 今度見ておかなきゃ・・・

P2100441.jpg  P2100439.jpg
                 ニワトコ

       そして、まだ残っていた種子は・・・ミカン科のコクサギです。
              ちょっと変わった葉痕ですね。

P2100444.jpg  P2100443.jpg
                  コクサギ

          シナレンギョウの冬芽もなかなかいいですね!

P2100462.jpg  P2100460.jpg
                シナレンギョウ

   観察会も終え、あとは・・・ 巡視活動をしながら、回り道をしつつ歩いて
帰ることにします。 相方は一緒に来て別行動なので、車回収の必要がありません。
   観察会終了直後から雪がちらつき始めました。 でも大丈夫・・・

       山の道端や畑の脇でも色々なものが目に付きます。

P2100457.jpg  P2100470.jpg
    ウメノキゴケの仲間             ヘリトリゴケ

  地衣類やコケの仲間も多く、何だろうな?・・等と近づくと時間経過も早い。

P2100471.jpg  P2100468.jpg
       ヤマトキゴケ                 キゴケの仲間

  肥料が効いているのか、畑の脇ではスギゴケの仲間が元気いっぱい!
 
P2100474.jpg  P2100476.jpg
    フタバゼニゴケ?            スギゴケの仲間

 マンリョウも道端でよく見かけます。 鳥さんの落とし物・・からですね!
        ちょっと珍しく、白いマンリョウもありました。

P2100484.jpg  P2100492.jpg
               マンリョウの紅白

   マツバウンランの苗も畑の隅や石垣で広がっていますが、中には蕾を
     付けている子もいました。 ホトケノザは花がさいています。

           P2100499.jpg
                マツバウンランの蕾

             人里近くなってくると、梅が満開でした。

        P2100503.jpg
                     梅




仏像彫刻展

2019/02/11 18:34 ジャンル: Category:イベント
TB(0) | CM(0) [Edit]

 いつもお世話になっていて会の仲間でもあるSさんグループの仏像彫刻展が
             あったのでOさんと出掛けて来ました。 

以前から見せて頂きたいなあ・・・と思ってはいたのですが、叶わずにいました。

   9・10・11日の三日間だけでしたので、もう終ってしまったのですが・・・

         可愛い干支の彫り物や童地蔵も愛らしく・・・

P2090380.jpg  P2090388.jpg

      わ~凄い! 思ったより多くの作品を出品されていました。
 
                  素敵な作品たちです。

P2090389.jpg  P2090386.jpg

      仏像さまってホントにお顔が命なんですね。 優しいお顔です。

     でも、中にはSさんらしくお茶目な雰囲気を持つものもあったり・・・

    上から、正面から、下から・・・色々な角度で楽しませて頂きました。

    P2090392.jpg   P2090396.jpg

             素敵な花瓶に季節のお花が生けていたり・・・
 
P2090383.jpg  P2090382.jpg

                     こんな作品も・・・

        P2090384.jpg

                他の方達のも見せて頂きました。

P2090381.jpg  P2090399.jpg

       これもホントに手の込んだ、素敵な作品です。 皆さん凄い!       

          P2090398.jpg

        ここまで彫り続けるのは容易なことではないですよね?

P2090400.jpg  P2090397.jpg

           拝見しながらため息ばかりが出てしまいます。

P2090414.jpg  P2090411.jpg

こういう芸術的なセンスとは全く縁の無い自分ですが、見せて頂くのは大好きです。

P2090409.jpg  P2090417.jpg

   出来上がりは勿論のこと、出来上がるまでの行程の中にこそ色々な思いが
          凝縮され、完成の喜びに包まれるのでしょうね?

                 想像するのみですが・・・

        P2090418.jpg

   仏像さん達は、こんな木の状態からひと削りひと削り彫りだしていくようです。

        P2090419.jpg

          気がつくと、いつの間にか時間が過ぎていました。

  この日も、会の他の仲間と出逢いました。 翌日も 「賑わっていたよ」 とのこと。



早々春?を飾るお花たち

2019/02/09 21:47 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 午前中は富士山の森でしっとりとしたコケやシダを観察しながらの散策。
そして、午後からはTさんとまだ出始めたばかりのお花に逢いに行きます。 

先日確認したセリバオウレン、やはり林の中はまだ咲き始めていないようです。
     陽当たりの良い場所で、まだ初々しいお花を楽しみました。

P2070206.jpg  P2070228.jpg
                セリバオウレン

      ちょっとピンク色を帯びた子は優しい感じで可愛いです! 

P2070230.jpg  P2070231.jpg
                セリバオウレン

         よ~く見ると、少しずつ違って面白い・・・

P2070234.jpg  P2070232.jpg
                セリバオウレン

                 山梨県へ移動します。 

    下見時には、ホンの数輪咲いていただけだったのですが?・・
まだまだこれからだったものの、それでもポツポツと咲いててくれ・・ホッ!

P2070247.jpg  P2070255.jpg
                 セツブンソウ

 「いつ花開こうかね?・・」 などと話し合っているような蕾の子たちもいたり・・

P2070263.jpg  P2070290.jpg
                 セツブンソウ

     伸びやかに、フワ~ッと欠伸でもしているような子もいたり・・・

あと1週間・10日ほど経てば、落ち葉の下で眠っている子たちも目覚めてくること
  でしょうね。 一面咲き揃ったセツブンソウにまた逢いに行きたいものです。

P2070265.jpg  P2070245.jpg
                 セツブンソウ

    最後はまた静岡県に戻って、少しずつ咲き進んでいるミスミソウです。

P2070295.jpg  P2070297.jpg
                  ミスミソウ

    大分開花してきましたが、思ったほど賑やかになっていません。

P2070298.jpg  P2070312.jpg
                  ミスミソウ

  これからもっともっと増えてくるのでしょうか? だといいのですが・・・

  P2070305.jpg   P2070307.jpg   P2070315.jpg
                  ミスミソウ

   最初に出逢った時の小群落はもう見られないかも知れない・・・ 

P2070302.jpg  P2070344.jpg
                  ミスミソウ

   ホンの少しピンク色を帯びた子もいますが、みんな色白の子たちです。

 P2070374.jpg P2070352.jpg
                  ミスミソウ

  足元に咲く可愛いお花たち・・・この季節になると毎年逢いたくなります。

 P2070366.jpg P2070347.jpg
                  ミスミソウ

    この周辺も多くのシダが見られます。 触るとフワフワした感触の
フモトシダ。そしてその葉の上にはカビゴケ? カビに似たツンとくる臭いが
    すると言うけど・・・臭いはあるけどこの事なのかなあ?・・・

  P2070321.jpg   P2070322.jpg   P2070337.jpg
  フモトシダ        フモトシダに付くカビゴケ?    アマクサシダ

よく似たイワガネソウとイワガネゼンマイ、そしてその雑種のイヌイワガネソウが
あるという。 所々に網目が出ている気がするので、イヌイワガネソウでいい??

P2070377.jpg  P2070379.jpg
                もしかして・・イヌイワガネソウ?


                 

富士山麓の森の中・・・

2019/02/08 18:25 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

  今シーズン、富士山に雪が降ったのは結構早い内でした。

今年は雪もたっぷりかな? と思っていたのですが、なかなかその後が
続きません。 先日、久しぶりに山裾に雪が降ったので孫3人を連れて
    雪遊びやソリ遊び・雪投げ・木登り・・で遊んで来ました。

3日はそれでも遊べるくらいの雪だったのですが、7日に行ってみると・・・
                雪が無い! 

  Kさん・台湾から帰国中のTさんの3人で富士山麓に入ります。

DSC01029_201902082112243d9.jpg  DSC01030_20190208211223863.jpg
    水ケ塚からの富士山                凍てついた葉っぱ

      比較的温かで、足元には雪はまだらにしか残っていません。
     本来なら、スノーシューで歩く予定でしたが、とてもとても・・・・・
   富士山麓の森の中には、昔の炭焼き跡の石積みが多く見られます。
     ここでも見られましたが、今までで一番小さな炭焼き跡でした。

DSC01039.jpg  DSC01045_20190208211222878.jpg
   朽ち果てた案内板            小さな炭焼き跡

     この辺りはヒコサンヒメシャラが見られる広葉樹の森です。 
  ウラジロモミやイラモミ、また天然のヒノキの広がる場所もあります。

DSC01047_20190208211221625.jpg  DSC01059_20190208211259e53.jpg
     ヒコサンヒメシャラ              貫禄のある大木  

            苔むした溶岩帯や枯れたスズタケ・・・ 

        DSC01056_201902082112585c0.jpg
               苔むした溶岩とコケ

落ち葉と木々を見上げながら何の木かな?と確認しますが、この時期難しい。

        DSC01057_2019020821125736e.jpg
               雪の少ない森の中

  何時のまにかヒノキの茂る森になっていました。 結構太いヒノキです。
ヒノキは成長が遅いらしい。 おまけにこの溶岩の上という厳しい環境ですので
    成長するにはハードル高いですよね? この子で1000歳に近い? 

DSC01063_2019020821125681b.jpg  DSC01062.jpg
              大きな天然のヒノキ

   アセビも多く見られました。 富士山北麓に多いソヨゴは何故か南麓では
                    見られません。

DSC01072_20190208211851340.jpg  P2070139.jpg
         アセビと溶岩流              フジノマンネングサ?

   空中湿度も高そうで、この周辺にはコケ・シダが多く見られます。
   チョウチンゴケの仲間・ヒムロゴケもクルリンと丸まっています。

この溶岩の上には一体何種類のコケやシダがお世話になっているのでしょう?
      この子達の名前が分ればもっと近づけるのにね? 

P2070142.jpg  DSC01077_20190208211849385.jpg
 チョウチンゴケの仲間           何種のシダ&コケ??  

わ~、赤い! これもコケの仲間でしょうか? 図鑑をめくるとチャボヒシャクゴケ
    に似ているけど、写真だけではとんだ間違いもありますから・・・          

P2070167.jpg  P2070192.jpg
    チャボヒシャクゴケに似る         イワデンダ?

 結構お気に入りのホウオウゴケの仲間も見つけました。 葉っぱを見ると
            鳳凰の名前がピッタリですよね? 

 アレ?こちらはハイゴケにも似ているけど、普段見る子とはちょっと違う。
   とても几帳面な性格? 触ってみるとしっかりと織られている感じ。
           今度名前を教えて戴かなければ・・・

P2070176.jpg  P2070184.jpg
    ホウオウゴケの仲間                  ?  
 
       そして、本日一番嬉しい出逢いだったのは・・・ この子!

     Kさんが教えて下さいました。 オオクボシダなんだそうです。 
 岩にも多く付くようですが、ここではコケと一緒に樹木で生きていました。
      なかなか珍しいシダだそうですが、結構見られました。       

DSC01075_20190208212036e51.jpg  DSC01079_20190208212036bd4.jpg
                   オオクボシダ

   ソーラスもてんこ盛り! 赤茶っぽい長い毛もポツポツと出ていました。

       P2070154.jpg
                   オオクボシダ

     このウラジロモミには、こんなに豪華に着生していましたよ。

            P2070201.jpg
                   オオクボシダ

 用事の残るKさんとお別れし、Tさんとセツブンソウの様子を見に行ってきます。





里山散策

2019/02/07 20:50 ジャンル: Category:植物・風景
TB(0) | CM(2) [Edit]

 長くこの地に住んでいながら、出掛けるところは案外決まっている所ばかり・・・
      昨年、調査を兼ねてウロウロしていて辿り着いたのは・・・

  何だろ、この大らかな景色。  棚田の広がる素敵な里山でした。
              久しぶりに訪ねてみると・・・

ここで、2月23日富士山の日に3回目の 「平成「棚田祭り」 が行われるとの事。
       「相方と行ってみようか?」 と楽しみにしています。

           DSC00932.jpg

    ユッタリとした大らかさも感じつつ、また洗練された感じもします。
            色々に頑張っているのですね!

DSC00964_20190207000345f6a.jpg  DSC00970_20190207000343a37.jpg
                        ホトケノザ

   田んぼの畦では、陽の光をいっぱい浴びて春の野の花が開いてきました。
        総苞を確認すると・・・トウカイタンポポのようでした。

DSC00966_20190207000345844.jpg  DSC00967_201902070003441f3.jpg
               トウカイタンポポ

 他へも移動しながら、前回気になっていた「熊久保朝日滝」へ行ってみました。
自然豊かな場所ですので、地衣類も元気。 桜の説明書きを読んでみると・・・

フジザクラの八重咲きの品種で、大石寺六十六世日達上人により「富士菊桜」
と命名された。原木は大石寺に存在し、富士宮市の天然記念物のようです。
昭和37年に近くの雑木林で偶然発見され、新品種として発表されたとのこと。
三段咲きのものも見られ、なかなか興味深い桜です。 花を見に行こう・・・

DSC00943.jpg  DSC00980_20190207000524489.jpg
       ウメノキゴケ?               フジキクザクラ

滝近くでは、早咲きの少し濃いめの桜が咲き始めていました。カワヅザクラかな?

        DSC00984_201902070005243fe.jpg
                    早咲きの桜

    こんな分かり易い案内板が多く設置されていて、いいですね。

        DSC00975_20190207000523884.jpg
               沢山見られる案内図

  熊久保朝日滝です。 水音・水量も元気! 滝の形もいいですね!
   右手に細い階段があり、登って行くと・・・滝のすぐ脇に出ます。
       流れのすぐ側に立つとなかなか迫力がありますよ。

DSC01006_20190208153401891.jpg  DSC01018_201902081534002db.jpg
              熊久保朝日滝

      駐車場脇には可愛い椿のお花が咲いていたり・・・

DSC01023_2019020815350470a.jpg  DSC01025_201902081535038a8.jpg
              ツバキの仲間

    滝近くでは、シダはじめ色々な緑色の葉っぱが見えます。
         スイセンもいい香りを放っていました。

DSC00995_20190208153403e41.jpg  DSC01011_20190208153502461.jpg
     スイセン                 オオカワジシャ

私にでもわかるメヤブソテツ・・・富士宮市では結構多く目にすることが出来ます。
              ソーラスも凄いね! 

DSC01009_20190208153402984.jpg  DSC01000_20190208153402dbc.jpg
                  メヤブソテツ

    沢の向こうにキク科の植物が目に入りました。 ペラペラヨメナ?と思い
         ましたが、葉っぱが違います。 外来種かなあ?? 

        DSC00985_20190207000523f94.jpg
                  キク科 何だろう??

   ヤッパリ素敵な滝です。 帰ろうとすると、若いお兄さんが2人。
「いい滝ですね」 と声を掛けると、「そうなんですよ、僕は2回目ですがいいですよね
少し前まで知りませんでした」と今回は友人を誘ってドライブがてら来られたようです。

          DSC01020_20190208153503035.jpg

         次はフジキクザクラを見に来ようかな? 




セリバオウレンが咲いて来た。

2019/02/05 23:46 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

    「セリバオウレンが咲き始めたよ」 と、別の産地情報を戴きました。
  近くのセリバオウレンはどうだろう? この前はまだ暫く無理かな?状態
                  でしたが・・・・・

          やっぱりなあ・・・    でも・・・  

     ちょっと陽当たりの良い場所の子は、蕾が開き初めていました!

        DSC00920_20190206000117cd8.jpg
 
    さらに空けた場所では、スクスクと育っているようでした。 
まだまだ咲いている数は少ないのですが、色々な子がいて観察も面白い。

              雄しべばかり見える子や・・・

DSC00923_201902060000033a6.jpg P2050085.jpg

    ちょっと女の子が入っていたり・・・ 女の子が幅をきかせていたり・・・

  P2050088.jpg P2050095.jpg

       黄色味を帯びたチョット変わった花弁?を持つ子もいました。

P2050100.jpg  P2050101.jpg

           ホラ! こんな感じです! 

        P2050102.jpg

どちらにしろまだ出始めたばかりで、茎も太くて短く艶々、しっかりとしています。

P2050107.jpg  P2050108.jpg

     優しいピンク色を帯びた子もいました。 とびっきりの美人さんです! 

           あれま~、もう雄しべを落とした子もいました。 

 P2050119.jpg P2050116.jpg

     それぞれに可愛く・・・咲いている子にはみんなカメラを向けます。

P2050126.jpg  P2050127.jpg

  でも・・・パソコンに取り込んでみると・・・ わ~、ピンボケばかりです。

P2050111.jpg  P2050124.jpg

   林内は蕾もまだ地面から出たばかり・・・ 葉っぱだけが目立つ空間です。

         真っ白に咲き揃う頃、また訪ねてみましょう・・・

        DSC00930_2019020600000368e.jpg
                 セリバオウレン

             セリバオウレンでした。




富士山に久しぶりの雪!

2019/02/02 18:24 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

 2月に入り住まいの辺りも雪になるかな? とチョッピリ期待したのですが・・・
        残念ながら雨が少し降っただけで終了となりました。

御殿場辺りでは少し雪が降ったようです。 愛鷹の峰も白くなっています。

泊まりMJから帰る相方を待って、午後からちょっと山の様子を見てきました。

        DSC00808_201902012338100cc.jpg

              登るにつれて雪が多くなっていきます。

        DSC00811_201902012338095da.jpg

 富士山夢ロードまで来ると、周辺の木々は霧氷のように見えて、綺麗です。

        DSC00812_2019020123380991f.jpg

          わ~、ホントに久しぶりの雪景色です。

DSC00813_201902012338087d6.jpg  DSC00814_201902012338078e7.jpg

    南アの千枚岳や荒川辺りでしょうか? 富士山よりも真っ白です!

DSC00817_2019020123385562f.jpg  DSC00818_20190201233855322.jpg

           西臼塚まで来ました。 「どうする? ここか?」
  「いや、水ケ塚まで行ってみよう」 宝永山には雪が掛かっていません。
                風で飛ばされたのかなあ?

DSC00823_201902012338547bf.jpg  DSC00827_20190201233853f81.jpg

  水ケ塚までやって来ました。 残念ながら富士山には雲が掛かっています。
相方は車にいる・・・と言うので、長靴を履き、雪遊び広場上の腰切塚へ向いました。

        DSC00828_20190201233853260.jpg

    体がホンノリ温まる頃、腰切塚の展望台に着きました。
残念ながら先客があったようで、雪は踏まれていました。人とシカさんの足跡!

DSC00830_20190201234338177.jpg  DSC00838_20190201234338480.jpg

   展望台から北を望むと・・・雲を被った富士山や側火山が目に入ります。

   DSC00844_201902012343372cd.jpg

   このこんもりした山は、「浅黄塚」 富士山の側火山の一つです。
この辺りには他にも黒塚・白塚・青塚など色の名前が付いたものがありますが、
内容は忘れてしまいましたが、何か歴史が残っているようです。ピークに旗を
  立てた色だとか・・・ あ~、まったく頭が壊れて役に立ちません。 

        DSC00843_20190201234336dba.jpg
            浅黄塚(富士市と裾野市の市境)

               頂上付近の雲が邪魔ですねえ~・・・

        DSC00841_20190201234335694.jpg

     宝永山には雪が無いのに、もっと低い二ツ塚は真っ白です。
          雪のある内にあの近くまで行ってみたい・・・

        DSC00842_20190201234434182.jpg
           二ツ塚とか双子山と呼ばれています

頂上の雲も移動しそうにないので、腰切塚周辺を歩いて戻ることにしました。
  展望台から踏み跡の無い夏道を下ると、越切塚の火口に直結です。
       表示が雪で隠れていましたので、退けてみると・・・

DSC00852_20190201234433739.jpg  DSC00853_20190201234432611.jpg
                   腰切塚火口

    火口を上がった場所には、シカさんの遊んだ跡が残っていました。
       小さな塚ですので、一周しても時間は掛かりません。
 
駐車場まで15分と表示がありました。 この辺り、かつてあった東臼塚への
        遊歩道復活計画?が進んでいるようです。 
      整備されると、富士山麓の魅力が1つ増えますね!  

DSC00854.jpg  DSC00837_20190201234951a00.jpg

      そろそろ駐車場という頃・・・前方に!! えっ、熊?
そう言えば一昨年、この辺りでアニマルトラッキング時に熊の足跡が見つかり
 ました。 でもあんな駐車場間近で?? 次の瞬間立上がりました! 

   な~んだ、それは彼と一緒に雪遊びをしていた若いカップルの女性でした。
       でも、チョット見、クマさんに見えませんか?  ヤレヤレ・・・

        DSC00863.jpg

     そろそろ帰ろうか・・・ では御殿場経由で行くことにしましょう。
 須山御胎内入口の駐車スペースの様子を見たり、御殿場口の駐車スペースの
         雪の具合を確認したりしつつ、帰ることにします。

        DSC00865_20190201234949c65.jpg
             須山御胎内駐車スペース

             御殿場の方が雪が多そうだねえ・・・・・

        DSC00870_20190201234949987.jpg




今年も味噌作り

2019/02/01 22:48 ジャンル: Category:日常のこと
TB(0) | CM(0) [Edit]

      寒いこの季節、今年も味噌作りをする事にしました。
   もうかれこれ20年位前からの正月明けの我家の行事?です。

 前日にMさんから毎年戴いている十勝産の大豆をふやかしていました。
市内のお味噌屋さんで麹を、生協で赤穂の天塩を購入し、早速開始です。
6㎏の麹に塩1.7㎏を混ぜ込み、圧力鍋で6回に分けて煮た3㎏の大豆を
    ミンサーで1回分ずつ挽いては、麹に混ぜ込みます。

こぼれ落ちた大豆を口に運ぶと・・・甘くこくがあってとても美味しい大豆です。

DSC00804_20190201221215b40.jpg  DSC00802_201902012212143af.jpg
              今年の味噌作り

  挽肉を作るミンサーも圧力鍋も、もう30年使っている優秀な道具です。
圧力鍋はパッキンも昔のままなので、時々ストを起こすこともありますが、つけ直す
     とちゃんと役を果たしてくれるので、なかなか手放せない・・・

片付けをしながらクルクルミンサーを回している内に、みんな合わせることが
                     出来ました。

味噌玉をカメに投げ入れて、カメ2個に6~7分目ずつ入れ、ならしてできあがり。
  下の白っぽいのは、味噌にラップを掛けて塩を重しにしたところです。
              ここまで約3時間・・・ 

折角麹を購入するので、塩麹・甘酒も造ります。レシピはお味噌屋さんから・・・
  塩麹は、この時期2週間くらいで完成するようです。 色々に使えます。

DSC00807_201902012212138c6.jpg  DSC00805_20190201221212037.jpg
     ほぼ完成                   塩麹

  同じくレシピを戴いているので、甘酒も・・・ 麹をほぐし水を入れて混ぜる。
  その後は炊飯器の保温で時々混ぜながら、温度も調整しつつ8時間・・・
          トロトロの甘酒の素が出来上がりました。

  ちょっと味見をすると・・・トロトロであま~い! 何でこんなに甘くなる?

        昔の人って凄いなあ・・・と今更ながら感心しました。

        DSC00873_20190201221244ff4.jpg
                       甘酒の素完成

                さ~て、何時飲もうかね・・・




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム