FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

道端に咲く花たち

2019/04/11 03:27 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

 4月10日だと言うのに山間部では雪! まったくどうなっているのでしょう?
   とは言え、翌日の富士山がどうなっているのか楽しみでもあります。

少し前のポカポカ陽気で、道端を飾る草花たちも次々と顔を出してくれました。

P4070036.jpg  P4031023.jpg
                 スミレ

  わ~、綺麗に咲いているね。 すぐ近所のコンクリートの間から素敵な顔を
     覗かせていました。 少し葉っぱに翼があるので、スミレですね?

        P4031013.jpg
                 スミレ

          少し淡い色をしたスミレもなかなかの美人さんです。

        P4031025.jpg
                 スミレ

            そしてこちらは・・・ヒメスミレでいいでしょうか?

        P4080086.jpg
                 ヒメスミレ

 まず目に入ったのが、一番小さなスズメノエンドウ。 こうなると、他にはいない
          かな? と、ついつい探してしまいます。

P4070040.jpg  P4070041.jpg
               スズメノエンドウ

 お~、居ました居ました! カスマグサにカラスノエンドウ。 3種揃い踏みです。

P4080078.jpg  P4070048.jpg
    カスマグサ                 カラスノエンドウ

     この2種も似ていますよね? キュウリグサとハナイバナ。
揉むとキュウリの香りがすると言うけれど・・・私の鼻には香りが届きません。
    葉と葉の間に花が咲く(葉内花)ことからハナイバナだとか・・・

花中央の黄色い輪が可愛いキュウリグサです。 ハナイバナの白い輪も品がある。

P4080061.jpg  P4070049_20190411024754100.jpg
  キュウリグサ          ハナイバナ 

 散策していると、山間部なので珍しくはないけれど楚々とした草花に出逢います。

DSC03119.jpg  DSC03124_20190411030808b40.jpg
     タチツボスミレ             ニリンソウ

                  外来種も元気です。

P4070046_2019041102475243a.jpg  P4070045.jpg
    ペラペラヨメナ              ヒメツルソバ

     紫色をしたキランソウ。 この花を見る度に父を思い出します。
     「コレ、綺麗じゃろが・・・」 と愛おしそうに眺めていた姿を・・・

P4060006_20190411024539674.jpg  DSC03183_201904110308096f8.jpg
        キランソウ              ヤマブキ

     道端ではシャガやアケビの花も開き始めました。

P4080053.jpg  P4080070.jpg
     シャガ               アケビ

 ムラサキハナナはショカッサイ。 名前は諸葛孔明に因むらしいのですが・・・
           最近アチコチで繁茂しているようです。

P4080052.jpg  P4080090.jpg
         ムラサキハナナ          ジロボウエンゴサク

  日本産のオドリコソウ、我家近くの山間部では思いの外多く見られます。

1ヶ月ほど前には、地面はまだ緑が少なかったように思いますが、花も葉っぱの

  緑も随分増えてきました。 そんな様子にウキウキしてきます。

          P4080098.jpg
                 オドリコソウ

           ブラブラ散策は楽しいですね!



ヒトリシズカとムサシアブミ

2019/04/10 02:31 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

    ヒトリシズカとムサシアブミ・・・ 何ら関係無い両者ですが・・・

 数年前の活動中に偶然であった子たち・・・ 今年もその姿を見せてくれました。

        DSC03360.jpg
                 ヒトリシズカ

 なかなか素敵な群生地でしょ? すぐ近くを車が通り、上部はヒノキの林なのです。

        DSC03362_2019041102130174a.jpg
                 ヒトリシズカ

           何でこんな所に? と思うような場所なのです。

        DSC03363.jpg
                 ヒトリシズカ
 
      これじゃあ、とても 「ヒトリシズカ」 なんて言えませんよね?

DSC03365.jpg  DSC03364_20190411021259c78.jpg
                 ヒトリシズカ

    陽を求めて同じ方向にチョッピリ腰をまげているのも可愛い姿なのです。

        DSC03369.jpg
                 ヒトリシズカ

 そしてなんでこんな所にいるのか分らないのが、ムサシアブミなのです。

        どなたかが廃棄したのか?それとも自生なのか?

1株はいつの間にか見えなくなってしまいましたが、もう数年間季節が巡ってくると

         残った1株が、変わったこの姿を見せてくれるのです。

 DSC03375.jpg DSC03376_20190411021338456.jpg
                 ムサシアブミ


山間部の森を歩く その2

2019/04/09 17:46 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

          山間部の森の中、樹木に目を向けてみると・・・
            この時期、何処も桜が綺麗ですねえ~・・・

        DSC03266_20190408174825ab8.jpg

                青空に新芽が映えています。
 
DSC03270.jpg  DSC03293_2019040817482363c.jpg

                  ミツバツツジも咲き始めました。

        DSC03288.jpg

              フジザクラとアブラチャン! 春本番ですね!

        DSC03294.jpg
                アブラチャンとフジザクラ

             ウグイスカグラも点々と咲いて来ています。

        P4061057.jpg
               ウグイスカグラ

      この大きな葉っぱはキジョランです。 丸い穴も空いています。
      どうかな? と葉っぱをソッと返してみると・・・いました! 
 2㎝ほどのアサギマダラの幼虫です。 周辺には葉っぱもたっぷり残っています。

P4061072.jpg  P4061070.jpg
     キジョラン              アサギマダラ

          他の葉っぱにも小さい子や少し大きくなった子・・・
 合わせると6頭の幼虫が見つかりました。 もう少しするとサナギになる? 

        P4061080.jpg
               アサギマダラ

     途中で息絶えた子の隣では、元気に育っている子もいます。

        P4061082.jpg
               アサギマダラ

      葉っぱの上にはカビゴケが・・・ クンクン何だか臭います。
     いつ巣立っていったのか、サナギの跡も幾つか見られます。

P4061073.jpg  P4061081.jpg
   カビゴケ                  サナギ跡

   クロモジも花が咲き始めました。 爪楊枝の木で、いい香りがします。

         P4061154.jpg
                  クロモジ

            ツルシキミも次々と花を開かせそうですね。

P4061138.jpg  DSC03346_20190408174938717.jpg
                  ツルシキミ

  以前アップしたアサギマダラの幼虫は、その後確認すると葉っぱは食い尽くされ
      どこにもその姿はなくなっていました。 一体何処へ行ったのだろう?

       そしてこの子達は、いつ頃サナギになり飛び立てるのでしょうね?




山間部の森を歩く!

2019/04/08 17:42 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 4月6日、とってもいい天気です。 この日は相方と歩きに出かけました。
 私は花散策をしながら・・・ 相方はウォーキングですので、別行動です!

         さてさて、どんなお花に出逢えるでしょうか?
   この所の温かさで、春が急速に進んできたように感じられます。
色々なコースがありますので、ここを通って・・・つぎはこちらかな? さて出発です!

 昨年葉っぱだけを確認していたコスミレ、そろそろ見頃では? と行ってみると・・・

DSC03263.jpg  DSC03238.jpg
                 コスミレ

 カキドオシやタチツボスミレと一緒に斜面を優しいピンク色で飾っていました。
         花と葉っぱのバランスが素敵なコスミレです。

DSC03241_201904081632198c7.jpg  DSC03244_20190408163218688.jpg
                 コスミレ

 少し木陰に入ると、太平洋側で見られるナガバノスミレサイシンの真っ盛り!
 林の中を10分歩いても15分歩いてもずっと続くナガバノスミレサイシンです。

DSC03304.jpg  DSC03336.jpg
                ナガバノスミレサイシン

             我家近くの斜面でも群生中です。  

P4061106.jpg  P4061111.jpg
                ナガバノスミレサイシン

     ここで見られるヒナスミレは葉っぱが斑入りの子ばかりです。

P4061129.jpg  DSC03325_201904081640105c3.jpg
                  ヒナスミレ

 今元気いっぱいのタチツボスミレも・・・ 少し色の変異のある子もいます。

DSC03285_201904081640098b7.jpg  P4061148.jpg
                タチツボスミレ   

   花が白くて、距に紫色が残ったタチツボスミレは、オトメスミレだとか。
           白のシャキッとした色が品があります。

    距まで白いタイプのシロバナタチツボスミレは個体数が少ないようで・・

P4061142.jpg  P4061149.jpg
                オトメスミレ

 ヒカゲスミレはこれから咲くようです。 少し葉っぱが茶色になったタカオスミレ
タイプの子です。 今回は別の場所でも確認できました。 いま蕾です!

P4061066.jpg  DSC03301_20190408164614b95.jpg
                  ヒカゲスミレ(タカオスミレタイプ)

 天気が良かったせいか、沢山の小さなフデリンドウに会うことが出来ました。
        花を閉ざせば見つけるのは難しい・・・ 

P4061164.jpg  DSC03264_20190408164613c02.jpg
                    フデリンドウ

  カントウミヤマカタバミかな?と思うのですが、スギ林の中でまるでミスミソウでも
            咲いているかのような白い花の散らばりようです。

DSC03299_201904081646117d7.jpg  DSC03296_201904081646116d1.jpg
                カントウミヤマカタバミ

    エンレイソウがもう咲いているのですね? 何カ所かで見られ、
 花付きもナカナカ良かったです。 少し違った場所を歩くのも楽しいですね。

 P4061094.jpg DSC03283.jpg
                 エンレイソウ

  そしてカンアオイの仲間・・・ 地域性があるとは言え、区別が難しい。
 カントウカンアオイなのでしょうか? 艶のある新葉を付けていました。

DSC03306_2019040817220654d.jpg  DSC03307.jpg
                 カンアオイの仲間

  シュンランも殆どが終盤なのですが、まだ咲き残っている子もいます。

P4061158.jpg  DSC03267.jpg
                   シュンラン

 ニリンソウも場所によっては今が最盛期のようです。 ここは、これからが本番!

P4061124.jpg  P4061121.jpg
                   ニリンソウ

 アチラコチラ歩いていて、思いの外マルバコンロンソウに出逢うことが多い。
         花期が早めなので見逃していたのだろうか?

        P4061100.jpg
                  マルバコンロンソウ


           さあそろそろ戻らないと・・・ 相方も退屈しそうです!


 

ご近所に咲く花 その後・・

2019/04/07 03:44 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  近くの池周辺に春の訪れを見つけてから3週間近く・・・どうなっているかな?

       少し薄暗い空間には、小さな白い花が広がっていました。
           ユリワサビ・セントウソウ・ニリンソウ等です。

DSC03220.jpg  DSC03221_20190408032825f3d.jpg
                ユリワサビ

         ジロボウエンゴサクもそこかしこで小群落です。
  余り訪ねる人も無い場所ですが、季節の移り変わりは確実に進んでいました。

DSC03223.jpg  DSC03222.jpg
              ジロボウエンゴサク

         セントウソウもそろそろ残り花ですね。 

        DSC03219.jpg
                セントウソウ

     小さいながら、白い花が広がった様子は可愛いものです。

DSC03227_201904080330113d7.jpg  DSC03226.jpg
                セントウソウ

    ニリンソウも一面に・・・とは行きませんが、段々咲いて来ました。

DSC03225_20190408033009794.jpg  DSC03233_201904080330085d6.jpg
               ニリンソウ  

        ここでツルカノコソウを確認したのは初めてです。 
           階段脇でひっそりと咲き始めていました。              

P4051046_20190408033340c7c.jpg  P4051043.jpg
                ツルカノコソウ

    ムラサキケマンやシャガの最盛期はもう少し先になりそうです。

 DSC03229_20190408033339450.jpg DSC03236_201904080333388eb.jpg
        ムラサキケマン           シャガ

    アオキは雌雄異株のようですが、目に付くのは雄株ばかりです。
           でもここには居ました! 女の子です!

 DSC03216.jpg DSC03218.jpg
    アオキ雄株            アオキ雌株

    近寄ってみると・・・四本の雄しべの先には花粉が付いています。

       P4051042.jpg
                 アオキ雄花

  雌花はどうなっているだろう? 何だかゼリー状に見える?柱頭でしょうか・・・
             これがやがて赤い実になるのですね?
                 
           P4051038.jpg
                 アオキ雌花

  そして、白いお花を付けた子もいました。 狭い範囲で色々見られるなんて・・・
 
                 何だか得をしたみたい・・・

P4051049.jpg  P4051050.jpg
               アオキ 白花の雄花

               ご近所お手軽散策でした。



富士山山麓にも春が来た!

2019/04/06 19:19 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

        4月1日、少し回り道をし、富士山麓を歩いてきました。

   例年に比べ1週間以上早い訪問でしたが、少し標高のあるこの地でも
  着実に春が進んでいるようです。 時間も無く大急ぎの歩きでしたが・・・

DSC03029_20190408013211d22.jpg  DSC03027_20190408013210348.jpg
                 キバナノアマナ

     歩いていると・・・細長い葉っぱが目の端に入ってきました。
近づいてみると、キバナノアマナの葉っぱです。 すぐその脇でまだ緑色を帯びた
  キバナノアマナの姿がありました。 倒れてちょっと弱々しい感じですが。

P4010892.jpg  P4010895.jpg
                 キバナノアマナ

目を移すと、コッチにも・・・、アッチにも・・・。 富士山麓では、葉っぱは多くあっても
開花している姿は、ポツポツしか見られません。 狭い範囲でこれだけ花が付いて
      いるのに出逢ったのは、私は初めてでした。 みんなで6株! 

P4010896.jpg  P4010898.jpg
                 キバナノアマナ

  そして、黄色く四角っぽい花を付けているのは、コガネネコノメソウです。
     もう少しすると、もっともっと増え足元を賑わす子たちです。
           やっと目覚めた・・・と言うところでしょうか?

P4010905_20190408020922b35.jpg  P4010910.jpg
                 コガネネコノメソウ

 歩いて香りで気付くのは、ヒメニラです。 この子も葉っぱが多く、花は寂しい・・

 P4010934.jpg P4010932.jpg
                  ヒメニラ

  小さいながら・・花が開くとその表情が可愛いのがトウゴクサバノオです。
 この辺りでは結構群生しています。 ただ、しっかりと開くには、お日様頼り?
近い内にしっかりと咲いた子に出逢いたい・・優しいクリーム色の花が大好きです。

P4010862.jpg  P4010907.jpg
               トウゴクサバノオ

                 ユリワサビも・・・・・

        DSC03041_2019040801332086c.jpg
               ユリワサビ

       アズマイチゲも咲いています。 この子もお天気次第・・・

P4010877.jpg  P4010880.jpg
                 アズマイチゲ

ヤマエンゴサクのブルーの色がいいですね! 少し赤みを帯びた個体もあるの
              ですが、この色に1票! 

DSC03039_20190408021337576.jpg  P4010890.jpg
                ヤマエンゴサク

 そして何とも可愛いのは、ヒナスミレです。 名前もいいし、優しい色合いが
      夢見心地・・・ 葉っぱは斑入りや斑の入らないもの色々。

P4010873.jpg  P4010856.jpg
                 ヒナスミレ

   大株はありませんが、こんなに居たのね? と言うくらい目に入ります。

P4010850.jpg  P4010849.jpg
                 ヒナスミレ

寒い1月の西臼塚で花を咲かせていたオニシバリ。 ここでも花を付けていました。

        DSC03037_20190408013324f17.jpg
                    オニシバリ

   どうしよう? と思いつつも遠回りをして出掛けて・・・良かった!ネ



孫たちと静岡の山あいで遊ぶ

2019/04/05 19:04 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

 「春休み中にお泊まりをしようね」と言いながら、4月に入りやっと約束が
         果たせました。 1日~3日の2泊の予定です。

         途中道の駅?で昼食を兼ねて、ひと遊びです。
 「もう少し遊ぶ~~」 と言うのを 「温泉に行かなくちゃ!」 と先を急ぎます。

P4020939.jpg  P4020948.jpg
                  3兄妹で遊ぶ

   日帰り温泉に入る前に、ちょっと寄るところがあったのです。 それは・・・

                この子達に会うことでした。

DSC03054.jpg  DSC03064_201904061839179e6.jpg
                  キバナハナネコノメ

  今年は会いに来られないかな?と思っていたのですが・・・ 良かった~!

P4020989.jpg  P4020972.jpg
                   キバナハナネコノメ

  もっといい状態の所で会いたかったのですが、何しろ孫連れですので

                   ちょっとだけ。 

        P4021000.jpg
                   キバナハナネコノメ

 ここではキバナハナネコノメの白花にも会うことが出来ました。 白花が少しだけ

    早く咲くのでしょうか? 葯の取れている子が多かったように思います。

DSC03058_20190406184011335.jpg  DSC03059_20190406184435ae1.jpg
                キバナハナネコノメの白花

       白花は以前より少しだけ多くなったような気がします。
   
P4021005.jpg  P4021007.jpg
                キバナハナネコノメの白花

    狭い範囲なのですが、黄色と白が隣り合わせで見られるのもいいですね!

        P4020965.jpg
                     黄色と白

      もう少し散策したいところですが、本日は欲張らずに・・・

        でも、気の早いヒカゲツツジが咲き始めていました。

        DSC03074_201904061844325ce.jpg
                    ヒカゲツツジ

      アセビがまだ見頃だったのは、やはり山あいゆえでしょうね?

        DSC03075.jpg
                      アセビ

   さあ、温泉に向けて出発~・・・と駆けていたら、雪が舞い始めていました。

        木々の緑の前に点々と白い雪、見えますか?

DSC03070.jpg  DSC03071_20190406183918d55.jpg
                 さあ帰ろう~・・・雪が降ってきた!!

              帰りは温泉で暖まって・・・ お休みなさい!



四国で出逢ったお花たち

2019/04/02 01:16 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  田舎から帰り、バタバタしている内に時間ばかりが過ぎて行きます。 

四国で西へと車を走らせ、お花に出逢ったのは3月22日の事ですから、もう2週間
    近くも経つのですね?  折角ですので、遅まきながらのアップです。
   
余り期待もせず、でももしかすると出逢えるかな?と歩き始めて目に飛び込んで来た
 のは、トサコバイモでした。 自然の中で出逢ったのは初めてのことです! 

DSC02219_2019040422471260f.jpg  P3220232.jpg
                 トサコバイモ

    細身の姿がいいですね! 足元に点々と咲いている様子が可愛いです!

P3220262.jpg  P3220240.jpg
                 トサコバイモ

   やっと見つかりました、複数本がまとまった子たち。 3人姉妹も
             それぞれ個性的です。

        DSC02229_2019040422471055b.jpg
               トサコバイモ

  こんなに窮屈そうにしている子がいましたので、落ち葉を取り除きました。
       うわ~、ヤレヤレ・・・とでも言っているのでしょうか?
         少し時間が経ったら形も通常に戻ったかな?

DSC02250_20190404224921b15.jpg DSC02254.jpg
                  トサコバイモ

   下から覗いてみると・・・葯は薄紫色を帯びています。 いい色ですね・・・

DSC02267_201904042249198ad.jpg  P3220313.jpg
                 トサコバイモ

        ユキワリイチゲと共に咲いている子もいましたよ。 

        DSC02117_201904042304266f8.jpg
             トサコバイモとユキワリイチゲ

ユキワリイチゲが花開くには、太陽の力が必要そうです。 開くにはもう少し・・・

DSC02116_201904042309343ba.jpg  DSC02111_20190404230933cbb.jpg
                ユキワリイチゲ

             帰る頃には、すこ~し開いてきたようです。

       DSC02278.jpg
                ユキワリイチゲ

   初めて出逢う子も・・・ 西日本でしか見られないシロバナネコノメソウです。
 ハナネコノメソウと似ていますが、葯のエンジ色がしっかりと濃く、毛深いようです。

DSC02172_20190404232142ed6.jpg  P3220215.jpg
                  シロバナネコノメソウ

          アチラコチラで見られました。 可愛いな~・・・

P3220272_20190404232139553.jpg  DSC02177_20190404232141d61.jpg
                 シロバナネコノメソウ

      まだ開いたばかりのようで、新鮮な子たちが多かったです。

P3220296.jpg  P3220301.jpg
                 シロバナネコノメソウ

                   横から・・・

        P3220273.jpg
                 シロバナネコノメソウ

                  斜めから・・・

        DSC02172_20190404232142ed6.jpg
                 シロバナネコノメソウ
    
           次に会えるかどうか? と名残惜しそうに・・・

        P3220212.jpg
                 シロバナネコノメソウ

  あれ?このネコノメソウの仲間は何だろう? 検索表で確認するも・・・
ヨゴレネコノメが近いようだが、いつも見るものとは大分違っているような?

P3220220.jpg  P3220222.jpg
               ネコノメソウの仲間

           これはツルネコノメソウだろうか?・・・

DSC02103.jpg  DSC02104.jpg
               ツルネコノメソウ?

    葉っぱが互生に付くこのタイプは・・・ヤマネコノメソウでしょうか?
               ネコノメソウの仲間も難しい

 P3220204.jpg P3220205.jpg
               ヤマネコノメソウ

 ユリワサビでも無いし・・・頭に浮かんだのは、図鑑で見たスズシロソウでした。
この子にも初めての出逢いです。 まだ咲き始めのようでしたが、早咲きの子が
                いてくれて、ラッキーでした。

DSC02187.jpg  DSC02183_201904042342401a2.jpg
                 スズシロソウ

               オレンジ色の葯がよく目立ちます。

        P3220308_20190404235702998.jpg
                スズシロソウ

        目覚め始めたばかりのハルトラノオにも出逢えました。

DSC02190_2019040423423979d.jpg  DSC02189.jpg
                 ハルトラノオ

チャルメルソウの仲間も地域性があるとは言え、見比べるのは素人には難しい。

DSC02136_20190404235807abb.jpg  P3220194.jpg
                 チャルメルソウの仲間

 イチリンソウやカタクリも蕾を持って・・・ 今頃はきっとまた違った風景を
              見せてくれていることでしょう。

P3220269.jpg  DSC02286.jpg
        イチリンソウ             カタクリ




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム