FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

私にとっては珍しいお花

2019/05/20 07:00 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

 地元で葉っぱを確認し、その後の蕾を確かめ、ウン多分間違いない!
と思っていたオウギカズラです。 ただ、思うように動けず、このままではお花が
   終ってしまう。    遅い時間ですが、頑張って出掛けて来ました。

          ちょっとドキドキしながら近づいてみると・・・・・

わ~良かった、間に合いました。 枯れている子も多い中、咲き誇っている子も
 いました。 個体数は少ないですが、ここに居てくれるだけで嬉しい・・・

        DSC06398_201905200112075af.jpg
               オウギカズラ

                葉っぱに特徴も有り・・・
 
        P5170013.jpg
               オウギカズラ

              顔つきもなかなかユニーク・・・

P5170015.jpg  P5170016.jpg
               オウギカズラ

          来シーズンはもう少し増えてくれると嬉しいな・・・

        P5170017.jpg
               オウギカズラ

         **********************

 そして、昨年その存在を知り、中部地区まで探しに行きましたが、開花していな
          ければ出逢うには難しく、寂しく帰ってきました。

  地元でアリノトウグサを観察していると、黄色い小さな花が目に留まりました。

         これって、もしかしてコキンバイザサ?

        わ~い、やっと出逢えました。 それも地元で!
 周辺を探すとアチラにもコチラにも・・・ こんなに沢山住んでいたんだね?
       黄色い6弁の花をいっぱいに広げて咲いています。
 
DSC06408_2019052006452590b.jpg  P5190057.jpg

       細い葉っぱの間から顔を出す黄色いお花が可愛い・・・

P5190048.jpg  P5190046.jpg

           蕾も花も葉っぱも・・・み~んな毛深いんだね!

 DSC06441.jpg P5190059.jpg

        顔を見せてくれた沢山のコキンバイザサに拍手です!

 P5190062.jpg P5190057_2019052006482238a.jpg





富士山で見られるグランドキャニオン?

2019/05/17 23:31 ジャンル: Category:岩石・鉱物・砂金・地学
TB(0) | CM(0) [Edit]

         7日、午後から富士山須走口へ向いました。
 久しぶりにグランドキャニオンと呼ばれている景観を見に出掛けます。

10年以上も前に、小富士からグランドキャニオンまで下ったことが思い
  出されます。 数年前にも、この地層を見上げた記憶があります。

でもでも・・・昨年3月の大崩落で、小富士からの下山道も、グランドキャニオンの谷へ
     下りることも不可能になったようです。 残念・・・ 

    仕方ない・・・下りるのは諦め、その谷に沿って歩くことにしました。

        P5070301.jpg

勿論、谷底から見上げる方が迫力がありますが、横からでもナカナカの景観です。
   ただ、上部からの崩れで地層が見えにくくなっている場所もあり残念!
       縦に白いものが見えますが・・・雪になってきました。

P5070314.jpg  P5070321.jpg

 これはいつの時代の溶岩で、どのようにしてこの中に閉じ込められて
   いたのでしょうか? そんな推理が紐解ければ楽しいでしょうね?

      大小の溶岩が地層の間から顔を出していました

P5070322.jpg  P5070328.jpg

    この辺りでは宝永の噴出物が5~6mほど堆積しているそうです。
 最初に白い噴出物が出たそうなので、探してみました。 白い層が見える
     所がありましたが、これがホントにそうなんだろうか? 

P5070364.jpg  P5070366.jpg

   富士山麓ではワチガイソウが多く見られます。 ここでも何カ所かで
      確認できました。 ただ雨に打たれてちょっと可哀想・・・

P5070396.jpg  P5070392.jpg

           カテンソウやマムシグサの仲間もいます。

P5070403.jpg  P5070401.jpg

    富士山に多いミヤマスミレです。 タチツボスミレもポツポツと・・

P5070311.jpg  P5070312.jpg

     所々の倒木では、樹皮が剥がれていました。 その原因は・・・

DSC05575_201905190259045e9.jpg  DSC05576_20190519030308282.jpg

  この子達の仲間の仕業だったようです。 しっかりと残る歯形が証拠です!

        DSC05581.jpg

      出来れば小富士まで歩きたい・・・と五合目を目指しますが・・・

        DSC05560_20190519030308dcc.jpg

   駐車場まで来ると、もう真っ白! ノーマルタイヤでは帰れなくなります。
   諦めて慎重にハンドルを握り家へ向います。 小富士はまた後日・・・

        DSC05562_20190519032919efa.jpg
        
     今年は4月後半に、また5月に入ってからも2度雪が降りました。 

 山のお花たちもソロソロかな? イヤまだかな?と、悩ましい春でしょうね?    



孫たちと遊ぶ  その2

2019/05/12 12:17 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(0) [Edit]

         孫たちとの時間はあっと言う間に過ぎて行きます。
 5日の朝、来られなかった孫から電話がありました。 「元気になったよ!」
        とのこと。 じゃあみんなで少し遊べるね! 
 前日に収穫して来たゼンマイやワラビを下処理し、イタドリは孫のMちゃんが
          ジャムを作ります。 皮をむいてトントン・・・

        DSC05206_20190514122317cb4.jpg

  みんなでお蕎麦昼食を終えた後、麻機遊水池で遊ぶことにしました。

野鳥観察地に登った後、園内に入ります。 写真は撮りませんでしたが、
   日溜まりで岩穴からノンビリ顔を出すヘビさんがいました。 
           すぐ近くには脱皮した皮まで・・・
  きっとこの子のだよね?と思われるほど、新鮮、シットリとしています。

次々と見つけ・・結局3匹のヘビさんとの出逢いでした。アオダイショウかな?

DSC05222_20190514122317a8e.jpg  DSC05223.jpg

  ユウゲショウ・シロツメクサ・ヘビイチゴ・スイバ・・・草花がいっぱいです!

             ウの仲間もおすまし顔です。

DSC05225_201905141223150d0.jpg  DSC05227_20190514122315035.jpg

 草花遊びや追いかけっこをしながら遊べなかった分の時間を取り戻しています。

DSC05230.jpg  DSC05245_20190514122810245.jpg

チガヤが一面に広がっていました。 私は懐かしく若めのチガヤを口にしました。
 子どもの頃、若いチガヤはホンノリ甘く感じガムのように咬んだ覚えが
   あります。 ただ・・・ちょっと遅すぎた。 うえっとなる感覚でした。

           孫たちはそれを丸めて遊んでいます。

DSC05241.jpg  DSC05242_2019051412280884d.jpg

   広い野原は気持ちいいですね。 自由に遊ぶ姿に幸せを感じます。

   親たちも日頃の子育てを暫し忘れて、ノ~ンビリしているようです。

DSC05253_2019051412280855c.jpg  DSC05252.jpg

  草むらに入った次男はお兄ちゃんらしく、妹を抱っこして草むらから脱出!

        DSC05254_20190514122855d1a.jpg

     セイタカアワダチソウを引き抜いてやり投げに精を出します。

        DSC05257_201905141228545ec.jpg

   豊富なシロツメクサを使って冠つくりです。 Mちゃんは自分で作り
小さなRには私が作ります。 周りではシロツメクサを摘んでくれる応援隊も。
    Rもユウゲショウやヘビイチゴのはなを付けて・・・と手渡します。

DSC05260_20190514122854f24.jpg  DSC05262.jpg

   グルッと1周した後、K太たちの家へ向かい、またまたひと遊び・・・

DSC05268_2019051412331694d.jpg  P5050094.jpg

    充分遊んで満足したのか、涙は見られませんでした。 良かったね・・・ 

        DSC05271_20190514123315cf4.jpg

         次は夏休みだね! 長野でまた一緒に遊ぶ予定です。


孫たちと遊ぶ  その1

2019/05/11 01:04 ジャンル: Category:孫と一緒に
TB(0) | CM(2) [Edit]

 お正月・5月の連休・8月のお休みは、孫たちが勢揃いする楽しみな行事です。
   令和になって初めての5月連休! とても賑やかになる筈でした。

がっ! 3日に娘から電話があり、昨夜から一番元気な次男が体調が悪く
 来られなくなったとのこと。 あれだけ待ちに待っていたのに・・・ 
             可哀想だけど仕方有りません。

予定通りの3日、西の方から孫がやって来ました。 ガッカリするだろうな・・
                     案の定・・・

     気を取り直し、4日は富士山富士宮口五合目へ向いました。
         まずは西臼塚でおむすびを食べて出発です!

DSC05117_201905120049390c8.jpg  DSC05120_20190512004938097.jpg
      妹のIちゃん              長女のMちゃん・Iちゃん

     4月27日に開通したスカイラインですが、直後に雪がありました。
        そしてこの日も・・・五合目に着くと、霰・雪・雨・雷・・・

        DSC05124_20190512004936ac5.jpg

              こんな風に霰のつぶつぶが・・・

DSC05136_201905120050269a6.jpg  DSC05123_201905120050252e9.jpg

       とりあえず写真を撮って、レストハウスへ駆け込みます。

        DSC05134.jpg

       標高2400mの五合目は、まだ春の息吹は感じられません。

        DSC05126_20190512005024006.jpg

          先程来の霰で、宝永山もまた白く雪化粧です。

        DSC05150_2019051200502419e.jpg 

        帰りは、西臼塚で気持ちのいい春の森を楽しみます。
     子供たちに人気のくぐり穴?です。 木の本体はキハダです。

  数年以上前の2月、森の中は鮮やかな黄色い木肌でいっぱいでした。
        胃の薬でもあるこの木がシカさんは好きなようです。
 
 DSC05161_20190512005633af1.jpg DSC05168.jpg

     その足元には・・・ ニョキニョキと伸びたヤマウツボがありました。
             エイザンスミレも咲き残っています。

DSC05165_2019051200563109b.jpg  P5040082.jpg
       ヤマウツボ                エイザンスミレ

  シコクスミレやニリンソウ・・・ 数は多くありませんが、春がここにもいました。
  
P5040086.jpg  DSC05191.jpg
       シコクスミレ               ニリンソウ

   今の季節、富士山麓にはバイケイソウの葉っぱがいっぱいです!
でも、花が咲くのはごく一部。 多くは倒れて溶けるように無くなってしまいます。

        DSC05187_20190512005925d5a.jpg
               バイケイソウ

     この木は一体何人の子や親を楽しませてくれたことでしょう。
      多く触れるところでは、木肌がツルツルに磨かれています。

        DSC05179_20190512005631a7d.jpg

              思わずニッコリしてしまいますよね?

        DSC05180.jpg


         さ~て、少し遠回りをして、もう少し森をたのしみましょう。




出逢えたスミレたち その1

2019/05/06 23:27 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

         そろそろ 「スミレ便り」 も終盤となりそうですね。
 ブログ更新もままならず・・・埋もれてしまいそうなスミレたちを引き出してみます。

   県内ではなかなか見られないスミレもあり・・・県外へお邪魔してきました。
      小さめながらシャキッとして品があるのはマキノスミレです。
    今年も出逢えました。 どの子がいいか迷ってしまいます。

DSC03725_20190507104855b37.jpg  DSC03653_20190507104856c9c.jpg
                マキノスミレ

  花の色・しっかりとした葉・フリル感のある花弁がとても可愛いです。

DSC03728_201905071048538e3.jpg  DSC03707_20190507104854daa.jpg
                マキノスミレ

           カメラによって大分色合いが違って見えます。

P4120220.jpg P4120218.jpg
                 マキノスミレ

                 4月12日のことでした。

P4120227.jpg  P4120245.jpg
                 マキノスミレ

     その後、チョッピリですが、今年もゲンジスミレにご挨拶できました。

P4240854.jpg  P4240852.jpg
                 ゲンジスミレ

    葉っぱも出ていたので撮らなくちゃ・・・と思いながら、忘れてしまった!

        P4240848.jpg
                 ゲンジスミレ

               県内で出逢った子たちです。

 距に紫色が残るオトメスミレにはよく出逢いますが、距まで白いシロバナタチツボ
          スミレに出逢うのは、私にはなかなか難しい。

 P4240858.jpg P4240859.jpg
                シロバナタチツボスミレ

     ここ暫く出会えていなかった子です。 この葉っぱ好きなんですよ。

 DSC04998_201905072116545d0.jpg DSC04999_201905072116533f4.jpg
                  コミヤマスミレ

    んっ?何だかおかしいぞ!・・・ 真上から見るとスミレだけれど・・・

 向上心のあるスミレだね! ネット検索している時の 「ソラムキタチツボスミレ」
         を思い出した。 問い合わせてくれたら
    「ミドリタチツボスミレ」 だそうな。 変わった子がいるものだ・・・

P4230780.jpg  DSC04489.jpg
        ミドリタチツボスミレ(ソラムキタチツボスミレ)

        横から見ると・・・花弁がみんなバンザイしている!

        P4230782.jpg
                ミドリタチツボスミレ

    ここで見かけるヒゴスミレは、こんなフリフリ花弁の子ばかりです。

DSC04555_20190507213053089.jpg  P4230796.jpg
                  ヒゴスミレ

          でも、とっても綺麗な子たちばかりでした。

P4230797.jpg  P4230798.jpg
                  ヒゴスミレ

            たくさんのヒカゲスミレも住んでいました。

DSC04549.jpg  DSC04959.jpg
                 ヒカゲスミレ

         と言う事は・・・こんな子たちもいましたよ。 
              ヒゴスミレ×ヒカゲスミレかな?

P4291101.jpg  DSC04923.jpg
 
           ほんのりピンクがとっても素敵なお姫さまでした。                    

DSC04534.jpg  P4230816.jpg

             残りのスミレは その2 へ続きます。


富士山麓の自然  その1

2019/05/06 23:20 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

 いつもはそろそろ半袖に切り替わる頃ですが・・・いつまでも温かさを感じない
                    5月初旬です。

         富士山麓を下見がてら何カ所か巡ってきました。
  まず最初に入った森には、狭い範囲に多くのタチガシワが見られました。

DSC05307_2019050800010233d.jpg  DSC05311_201905080001015a3.jpg
                   タチガシワ

         花色も濃いエンジ色、そして薄く緑っぽいもの・・・

DSC05313_2019050800010149c.jpg  DSC05312_20190508000100f4b.jpg
                   タチガシワ

   見難いですが、後ろのツンツンと立っているのはみ~んなタチガシワです。

        DSC05308_20190508000059c72.jpg
                   タチガシワ

   そして次の森では、ニリンソウが真っ盛りでした。 ただ天気がねえ~・・・
ガスの掛かった森はし~んと静まり、ちょっと心細い・・・歩いているとすぐにそんな
  ことは忘れてしまいますが!  バイケイソウがグングン成長していました。

DSC05324_20190508000204136.jpg  DSC05328.jpg
                  ニリンソウ

      そして、行けども行けども? マネキグサの葉っぱがいっぱい!
            今年はここでマネキグサを楽しみましょう!

        DSC05338.jpg
                  マネキグサ

           秋にはキバナアキギリも咲きそうですね!

 シコクスミレ、咲き残りのエイザンスミレやヒナスミレも所々で出逢えます。

DSC05391_20190508000723762.jpg  DSC05335_20190508000203309.jpg
     キバナアキギリ           シコクスミレ

     枝でチョコンとポーズをとってくれたのはジョウビタキのようです。
 湿度の高い森の中は苔も豊かです。 コケに覆われ貫禄のある樹木です。

DSC05365_20190508000725a42.jpg  DSC05368_20190508000723e29.jpg
      ジョウビタキ

           ミヤマハコベもこの周辺には多いですね。
 この辺りに多かったのはこのスミレです。 ナガバノタチツボスミレほど葉っぱは
           長く無いけれど、チョット気になる子です!
 (ナガバノタチツボスミレでは?と教えて頂き、訂正しました。 富士山麓在住!)

DSC05367_201905080007253ca.jpg  DSC05388.jpg
     ミヤマハコベ             ナガバノタチツボスミレ

      コガネネコノメ・ヨゴレネコノメ・ツルネコノメソウなども見られます。

DSC05428.jpg  DSC05432_20190508001144576.jpg
    コガネネコノメ             ヨゴレネコノメ

    タニギキョウも咲き残り、森の縁ではタチツボスミレが賑やかです。

DSC05347.jpg  DSC05411_2019050800114383d.jpg
       タニギキョウ              タチツボスミレ

    小雨で、しっかり咲いている子にはなかなか出逢えずにいました。
        やっと見つけたツルシロカネソウの一輪でした。

      ヤマトグサは、これから次々と花かんざしを垂らします。

DSC05462_201905080014439ae.jpg  DSC05434_20190508001443f12.jpg
     ツルシロカネソウ               ヤマトグサ

      そして、少し高度を上げた樹木に着生していたザリコミです。
     1本の木に4本もの着生ザリコミ! 家主は、気のいい木です。

 DSC05445.jpg DSC05446_201905080014412e4.jpg
                     ザリコミ




有度山の三角点

2019/05/04 20:08 ジャンル: Category:岩石・鉱物・砂金・地学
TB(0) | CM(0) [Edit]

 4月27日 「有度山の三角点を触ろう!」 という企画を立てて下さったので、
          出掛けて来ました。 が、生憎の小雨・・・ 

集合時間を勘違いして早々に到着した為、誰もいなくて・・・さてどうしよう?
  暫くする内に、本日の案内人Sさんが声を掛けて下さり、  !  

集合場所は、新しく出来た 「日本平夢テラス」 天望回廊を出た所の「吟望台」
です。ここは徳富蘇峰氏により、富士山の展望場所として選定された4箇所
      (吟望台・鐘秀台・超然台・望嶽台)のひとつだとか。 

        DSC04756.jpg

  三角点ってどこにあるのだろう? 地図を印刷していたのに入れ忘れ・・
  Sさんから頂いた地図で確認。 夢テラスを左に見た吟望台の奥の山、
              どうやらここにあるらしい。

        DSC04766_201905052139293e8.jpg
              吟望台と三角点のある山

    展望台からは、地球深部探査船 「地球号」 が見下ろせました。
 昨年、孫たちと一緒に見学させて頂き、その大きさと施設にビックリした事が
                  思い出されました。

        DSC04760.jpg
              地球深部探査船 「地球号」 

          集合場所への途中でちょっと自然観察??            

DSC04755_20190505213928994.jpg  DSC04763_20190505214348dcd.jpg
      ベニウツギ             ベニシダ?

 皆さん揃ったところでSさんからこの周辺の地質のお話しを伺い、出発します。

        DSC04767_20190505214013084.jpg
             日本平の地質に耳を傾けた後、出発~!

  車道歩きをした後、アオキの生い茂る薄暗い斜面を登りフワッと汗ばんだ頃
   「ここに三角点があります」 の声がしました。 (もう着いたんだ~・・・)

  注目すると、位置情報を埋め込んだ二等三角点が目の前にありました。

DSC04775.jpg  DSC04776_2019050521401284e.jpg

  先程、吟望台から眺めた通り、また地図からも読み取れるように海側は
    急峻な崖地です。 ちょっと気をつけながら、下を覗きこみます。

        DSC04781.jpg
                下は崖地

そのすぐ近くには、四つの展望地の一つ 「超然台」 がひっそりと佇んでいました。
          昔はとても展望の良かった地のようです。 

  今ではヤブの中! ここを訪ねるのはホンの一握りの人なのでしょうね?

            DSC04777_20190505214011b4d.jpg
                  超然台

      三角点近くの笹にオレンジ色の樹液が付いていました。 

何らかの原因で出来た傷口に根から吸い上げられた水分(樹木中の糖分
も含む)がしみ出してくるのだとか・・・バクテリア・酵母・糸状菌などの微生物
がとりついているとのこと。  以前、広葉樹の切り口で初めて目にしました。

 DSC04783_20190505224416825.jpg DSC04785_201905052244154d4.jpg
        樹液               帰りの急斜面

   雨ですので、下りは特に慎重に・・・ 皆さん無事に斜面を通過です。
こんな道、昔は車も通っていたようですね。 木々に埋もれるように廃棄車が。

 無事斜面を下りきったところで、周辺の円礫についてのお話しを伺い、
        質問にも答えて下さった後、戻ります。

DSC04786.jpg  DSC04787_2019050522441458f.jpg

        DSC04789_2019050522441333c.jpg

ウラジロの新芽が広がっているのを確認したり、マルバウツギの白い花を
        眺めたりしながら進みます。 あと少し・・・               

DSC04792_2019050522450016a.jpg  DSC04791_20190505224501977.jpg
        ウラジロ              マルバウツギ

 最近のマンホールの蓋はカラフルで地域感があってとてもいいですね!

        1時間で往復の三角点のお楽しみでした。 
Sさんは山岳部の顧問もされていた山男です。まさに計画通りの時間です。

        DSC04794_20190505224500b87.jpg
              静岡市の消火栓マンホールのふた

     本日の雨は富士山に4月2度目の雪をもたらしました。
  愛鷹の峰々も頂上付近は真っ白です。 少し赤くなった富士山・
        愛鷹の峰を横目に・・・家路に向います。

        DSC04797_20190505224459432.jpg

               大分下まで雪が下りてるなあ~・・・

        DSC04798.jpg

ちょっと嬉しい出逢いです!

2019/05/02 18:35 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   富士山麓では、木に登った?ワチガイソウを見ることも多いです。
        勿論、地面でも多くのこの子たちに出逢います。

広葉樹の林をブラブラしていると・・・ 「おっ、ワチガイソウ! この位の標高でも
    見られるんだな・・・」 などと、3枚ほど軽く写真を撮っていました。

            お花はそろそろお終いのようです。

DSC04407.jpg  DSC04408_2019050202331174b.jpg
                  ワダソウ

   帰宅後、パソコンに画像を取り込んでみると・・・ あれっ? 花弁が凹んでる。

     ワチガイソウだと思っていたのは、間違いで、「ワダソウ」 だったようです。

   DSC04409_2019050202432786b.jpg
                     ワダソウ

     まだ県内では出逢ったことが無かったので、喜びも一入です。
           もっと丁寧に撮しておけば良かった。 

           以前、お隣の県で見られたのはこんな子たちでした!

   DSC04248_201905020306252d0.jpg
                        ワダソウ

     場所によって顔つきが大分違いますね? これも個性・・・

DSC04306.jpg  DSC04304_2019050203134441c.jpg
                         ワダソウ

 少し前に (何の葉っぱだろう? もしかしてオウギカズラ?) と、気になるが子
    いました。 そろそろかな?と覗いてみると・・・ヤッパリそうだったか・・・

              ただ残念ながら・・・ まだ蕾でした!

DSC05026_20190502032804c2f.jpg  P5010010.jpg
                    オウギカズラ

        あと1週間ほどすれば可愛いお花に出逢えるでしょうか?

            この子も市内では初めて出逢う子なのでした。

        P5010009.jpg
                    オウギカズラ


                  独特の葉っぱが可愛いですね!



浮島ケ原自然公園のいま

2019/05/01 21:46 ジャンル: Category:浮島自然公園
TB(0) | CM(0) [Edit]

       本日、5月1日から新しい元号 「令和」 が始まりました。
みんなが幸せをいっぱい感じられる、そして平和な世の中が続くといいですね。
 
      先月29日、久しぶりに浮島自然公園へ行ってきました。 
気になりながらも、なかなか出掛けられずにいました。 13日の総会以来です。

前日、静岡からの帰りに富士山は随分下まで雪が下り、愛鷹の峰も頂上付近は
   真っ白に雪を被っていました。 わ~、雪の中を歩きたいなあ・・・
   連休初日に開通したスカイラインはどうなっているんだろう?・・・

        DSC04799_2019050117445076e.jpg
              浮島からの富士山

ところがところが ・・・ 翌朝には愛鷹の峰はご覧の通り、薄ら雪のみです。
まあ、これではね・・・と諦めも付くというもの。 今年は4月2度目の雪でした。

        DSC04802.jpg
              浮島からの愛鷹の峰々

そして、園内では・・・ ミツガシワがもうそろそろ終了を迎えようとしていました。
      間に合ってよかった~。 昨年よりちょっと寂しそうです。

DSC04801.jpg P4280921.jpg
                  ミツガシワ

  浮島公園を代表するサワトラノオも随分伸びてきました。 今年も調査が行われ
       個体数はまずまずのようです。 「少し咲き始めたよ」 の声に
                  木道脇を歩いていると・・・

        P4280904.jpg
                 サワトラノオ

    ホントだ! たった1株でしたが、小さな白い花が開き始めました。

        DSC04811_20190501174447856.jpg
                 サワトラノオ

         タコノアシもゆっくりですが、成長して来ています。

DSC04820_201905011848084af.jpg  P4280896.jpg
                  タコノアシ

3月~4月の初めに掛けて賑わっていたノウルシは黄色みが消え、緑色の葉っぱは
 他の植物と区別付きにくくなっています。 ヒキノカサは少し咲き残っていました。

        P4280945.jpg
                   ノウルシ

   今はこんな姿が多いです。 ノウルシの種子部分にはトゲトゲがあります。

        P4280943.jpg
                  ノウルシの種子

 同じ仲間のトウダイグサの種子部分はトゲトゲは無く、ツルッとしています。
           まだこのお花では確認できませんが・・・

             P4280913.jpg
                   トウダイグサ

 私の大好きなヒメハッカです。 葉にソッと触れると・・・とてもいい香りです。

        DSC04822_201905011921356b3.jpg
                    ヒメハッカ

 そして、何故か浮島周辺に多いナヨナヨワスレナグサも咲き始めました。
 これから他の植物と競争するように伸びて葦などに寄りかかる感じが
 ナヨナヨ・・・の雰囲気ありなのですが、今はまだしゃんとしていますね。              

P4280928.jpg  P4280924.jpg
                ナヨナヨワスレナグサ

  エゾミソハギも大分目立ってきました。 公園内で多くなっている気がします。
        
        P4280900.jpg
                  エゾミソハギ

              オニナルコスゲなども目に付きます。

P4280933.jpg  P4280934.jpg
        カサスゲ             オニナルコスゲ

 早くもミゾソバに花が咲いていました。 本番はまだまだこれからの子です。

P4280929.jpg  P4280936.jpg
      ミズオトギリ                 ミゾソバ

    暑い夏には、木道の唯一の木陰となるエノキです。 昨年は外来の
         アカボシゴマダラが数頭この周辺で遊んでいました。

DSC04813_20190501194114382.jpg  P4280906.jpg
         エノキ                 ウキヤガラ

   わ~、いつのまにかコウヤワラビが繁茂しています。 大丈夫かなあ?

        P4280907.jpg
                  コウヤワラビ

                 ハンゲショウも出てきましたよ。 

        P4280939.jpg
                      ハンゲショウ

       丘ではムラサキサギゴケやシロツメクサ・ユウゲショウ・・・

DSC04803_2019050120305124c.jpg  DSC04805_20190501203050582.jpg
     ムラサキサギゴケ             ユウゲショウ

    カラスノエンドウ・カスマグサ・スズメノエンドウ・・・春の野の花で賑わって
                    きた浮島です。

 P4280912.jpg P4280910.jpg
      カラスノエンドウ(白)        ブタナ

          小さな生き物たちの息づかいも聞こえてきます。

P4280894.jpg  P4280905.jpg
      オケラ               テントウムシ

  そして・・・帯状化したブタナも見つかりました。 茎も花もぺしゃんこです!
   以前、ヤマユリの帯状化を見ました。 異様に花数が多かったです。

P4280948.jpg  P4280952.jpg
                  帯状化したブタナ

このブタナも頭花が7個?も付いていました。  こんな現象、時々見られるそうです。

        P4280953.jpg
                  状帯化したブタナ
  

春になったと思ったら、思わぬ雪やいつまでも残る寒さで花の開花が遅れたり ・・・  
   
           お花の訪問時期が読みづらい本年・・・です。





エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム