FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

探し求めて山の中をウロウロ

2019/06/29 11:14 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

     どうしても、もう一度逢いたいお花があり、出掛けて来ました。
             なかなか手強い相手です。 

目をこらして、落っこちないように気をつけながら、斜面を登っては下り、下っては登り、
   隣の尾根へ、更に隣へと・・・ かなり念入りに探したつもりですが・・・

                あえなく敗退!                        

                 まあこれも縁ですから・・・

          でも、お陰さまで色々なものが目に入ってきました。

一番嬉しかったのは、こんな子に出逢ったことです。 ブルーの色がいいです!
調べてみると、「ミドリババヤスデ」でした。 ヤスデは時々見かけますが、こんな
   色の子は初めてでした。 山の中でこんな色の子に出逢うなんてね。

          でも、どっちが前? 少し突っついてみます。

DSC08442.jpg  DSC08444.jpg
                ミドリババヤスデ

      慌てて逃げ出しました。  あ~、コッチが前だったか~・・・ 

        DSC08447_20190628112942a11.jpg
                 ミドリババヤスデ

         そろそろキノコが目立つ季節となりました。

DSC08431.jpg  DSC08432_20190628140015f0a.jpg
    シロキツネノサカズキモドキ?

        
早くもホウキタケの仲間が出てきました。まだ二度しか出逢ったことがありませんが
  紫色のホウキタケの仲間はとっても魅力的でした。 また逢いたいものです。

DSC08422.jpg  DSC08423.jpg
                ホウキタケの仲間

 カワラタケの仲間も良いですね。 もう少しチャンと名前を覚えたい・・・

DSC08435.jpg  DSC08436.jpg
                  カワラタケの仲間

           時々で逢う菌に菌? 凄い世界だね!

        DSC08420_20190628135852913.jpg
              キノコに菌糸?

   コチラもよく見かける子ですが、不明です。 菌類なのかな?

        DSC08416_2019062813585287e.jpg
                ?

   う~ん、わからないものだらけ・・・  シメジの仲間かな??

        DSC08470_20190629025619d76.jpg
                ?

  ポツポツとウメガサソウも咲いていました。 でも撮したのはこの子だけ。

DSC08406_20190629191941136.jpg  DSC08407_201906291919413d9.jpg
                  ウメガサソウ

  里山では既に終ってしまったウツギですが、ここでは今が盛りでした。
      ギンリョウソウの花は終え、目玉おやじに変身~!

DSC08461_20190629192120ebe.jpg  DSC08426_201906291921210d5.jpg
    ウツギ                ギンリョウソウの花後

    沢沿いではカツラの巨木も見られ、気持ちのいい森です。
 見上げると緑がとても眩しく感じます。 森の中に溶け込んだよう・・

DSC08457_20190629192121a1e.jpg  DSC08455_20190629192120b4b.jpg
     カツラの巨木                気持ちのいい森の中

  沢すじには長くこんな景色が広がっていました。 これは岩脈?とも思った
     のですが、ちょっと違うかな? それにしても見応えがあるね!

        DSC08415_201906291919403a5.jpg
                     沢すじの地層

   こんな景色、南アルプスでも見たことあるなあ・・・ お見事です!

        DSC08424_201906291919405ff.jpg
                   ナイスキャッチ!

   探し物はこの子じゃないよね? それにしても何処にいるのやら?

     また来シーズン、最後の追っかけをしようと思います。 

        P6250185.jpg
                   キヨスミウツボ



ヤワタソウが咲きました!

2019/06/27 09:41 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

  昨年は見逃してしまったヤワタソウに今年はご挨拶が出来ました。
       優しい色合い、ベージュ色をしたお花が大好きです。

  花に似合わずとても大きな葉っぱを付けているのは何故でしょう?

DSC08499_20190628100628ddd.jpg  DSC08498.jpg
                   ヤワタソウ

  花付きのいい大きな株は見られなくなっていましたが、数は以前より増えて
 いるような気がします。 このお花に出逢うと気持ちが優しくなるよう・・(希望)

DSC08500.jpg  P6250206.jpg
                   ヤワタソウ

          可愛いお花にもう少し近づいてみよう・・・・・

        P6250207.jpg
                   ヤワタソウ

                   同じような写真ですが・・・

 DSC08506_20190628100625a2f.jpg DSC08510_20190628101117880.jpg
                 ヤワタソウ

              やっぱり可愛いお花だなあ~・・・

 P6250205.jpg DSC08517_20190628101115cef.jpg
                  ヤワタソウ

      優しいお花と言えばササユリ・・・・・(別の場所ですが)

    こちらも負けてはいません。 今年は多くの子たちに出逢えました。
 子供たちが数えてくれましたが・・・この日歩いた場所で見かけたのは19本!

 私が見逃した倒れているもの、小さな蕾まで・・・なかなかの観察力ですね!
       (残念ながら、この日は撮していなかった。 

 DSC08065_20190628103350658.jpg  DSC08062_201906281033490d1.jpg
                   ササユリ

   白っぽい子から、薄いピンク・濃いピンクの子まで、それぞれに素敵です!

 DSC08179_201906281033499a3.jpg DSC08182_201906281033489d6.jpg
                   ササユリ

   梅雨ですが・・・こんな子たちに出逢えるこの季節もナカナカいいものです。




富士山麓で出逢ったお花

2019/06/21 11:12 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

この所、「ついで&チョコッと」 観察が多い中、どうしても逢いたい・・と寄り道です。
沢山のコアツモリソウに挨拶がしたかったのですが、昨年見つけたホンの数輪の
       子たちです。 ゆったり・・・はまた来シーズンだね。 

P5290004.jpg  P5290006.jpg
                 コアツモリソウ

    ヒトツボクロやクモキリソウは、まだ蕾や葉っぱが出たばかりでした。
        もう随分日にちも進んだので、今頃が見頃でしょうか?

P5290001.jpg  DSC07035_201906211052439b3.jpg
    ヒトツボクロ             クモキリソウ

    ミツバウツギも花開き、針葉樹の芽生えも何だか可愛い姿です。

DSC07130_20190621105242c03.jpg  P5290005.jpg
   ミツバウツギ             針葉樹の芽生え

     車を走らせていると、白いお花が目に飛び込んで来ました。
    下りて近づくと・・・ツマトリソウが道端一面に広がっていました。

DSC07051_20190621105416cef.jpg  DSC07053.jpg
                ツマトリソウ

  結構広い範囲で見られ、何処を撮そうか迷いながらカメラを向けました。
        褄をとるようなピンク色は残念ながら見られません。

DSC07043.jpg  DSC07054.jpg
                ツマトリソウ

  クワガタソウも花盛りでした。 曲がったモジャモジャの毛がよく目立ちます。

DSC07062_201906211057359ed.jpg  DSC07061.jpg
   クワガタソウ            マルバスミレ

    この辺りで見られるキランソウも、耳の立ったタチキランソウでした。

DSC07074_20190621105827708.jpg  DSC07117_2019062110582626a.jpg
     タチキランソウ          フデリンドウ

  道ばた観察も面白いですね。 誰が植えたか、園芸のオダマキが我物顔で
          立っていました。 余り似つかわしくないね。
          ニョイスミレはスラリと伸びた姿が素敵です。

DSC07082_2019062110573390d.jpg  DSC07085_201906211058275c6.jpg
    ニョイスミレ             ツクバネソウ

 ここでは黄色いレンゲツツジも逢ったはずですが、本日は見つかりません。
近くでは苗も沢山出ていますので、オレンジ色のレンゲツツジは安泰かな?

DSC07112.jpg  DSC07109.jpg
                 レンゲツツジ

外来種のコテングクワガタがこの所よく目に付きます。 朝霧で10年ほど前に出逢い
     花は素敵ですので、チョッピリ楽しみでもあったのですが・・・
  今年になって新たに3ヶ所での出逢いです。 外来種は強いねえ~。

DSC07127_20190621110450423.jpg  DSC07126_20190621110451931.jpg
                コテングクワガタ

   気になった場所ではチョコチョコと覗いてみます。 ホップのような
          カラハナソウもグングン伸びてきましたよ。

DSC07106.jpg  DSC07132_20190621110450edd.jpg
   ヒトツバカエデ             カラハナソウ 

   6月間近というのに、草付きの間では、点々とスミレの姿がありました。
         これはマンジュリカ? スミレでいいでしょうか? 

DSC07110.jpg  DSC07119_20190621110451631.jpg
              スミレかな?

     そして、出逢いたかったのはこの子でした。 でも・・・遠すぎる!
               もう少し近くで愛でたいものです。

DSC07094_201906211106434b0.jpg  DSC07092.jpg
                  ベニカヤラン

    今年この子はどの位花芽が付くのでしょうね? 楽しみです。

         DSC07089_2019062111064240b.jpg
                  ツリシュスラン
        
                   さ~て、そろそろ退散の時間です。

 



天母山(あんもやま)で観察会

2019/06/20 01:26 ジャンル: Category:観察会
TB(0) | CM(0) [Edit]

                ちょっと古い話になりますが・・・

 5月19日、富士宮市にある天母山(あんもやま)で奇石博物館主催の観察会が
行われました。過去4年間に亘り、夏のイベントとして行われた蝶・鳥・虫・植物の
  写真展が1冊の本に仕上がり、コレを使って観察会を行うというものでした。

 大きなこだわり写真・撮影者のコメント・コラム・・・素敵に編集されています。

DSC06659_20190615143459161.jpg  DSC06661_2019061514345852a.jpg
  
         我々の仲間も講師や参加者として加わってくれました。

早めの下見時にはスミレも多く咲いていたのですが、今はその時を終え新しい
植物と入れ替わっていました。 黄色く艶のあるキンポウゲもよく咲いています。

DSC06400.jpg  DSC06083.jpg
   駐車場にて開始                 キンポウゲ

 ノアザミも満開です! 花の下の総苞がベタベタと粘ることでそれとわかります。
  図鑑で調べたり、寝っ転がってカメラを構えたり、この花?と指さしたり・・・
     それぞれに自由に楽しんでいます。 いいなあ~、この雰囲気。

DSC06074.jpg  DSC06405_20190615203535fa8.jpg
    ノアザミなど・・・            花を指さすK副館長

   ヘビイチゴやクサイチゴも赤く色づいていました。 クサイチゴは美味です!

DSC06071_20190615203631c04.jpg  DSC06070.jpg
       ヘビイチゴ             マユミ  

             ナツトウダイ・ニワゼキショウ・コナスビ・・・

DSC06098_2019061520434558d.jpg  DSC06417.jpg
    ナツトウダイ              ニワゼキショウ

 樹木には地衣類の仲間、ウメノキゴケやマツゲゴケ・ロウソクゴケも見られます。

DSC06449_20190615203531dc7.jpg  DSC06075_201906152045259e7.jpg
     ロウソクゴケ             桜の仲間

虫の名前は忘れてしまいましたが・・・ウスバシロチョウも結構出逢うことが多く
                  なった気がします。

P5150597.jpg  DSC06072_20190615203630968.jpg
        ?            ウスバシロチョウ

            ツツジの葉っぱはモチ病になっています。
周りが透明の羽根を持ったようなハムシの仲間は下見時に確認しました。 

DSC06090.jpg  P5150619.jpg
      ツツジのモチ病           イチモンジカメノコハムシ?

      少し淡い色のピンク色をしたノアザミもなかなか可愛い・・・ 

P5150603.jpg  P5150606.jpg
                  ノアザミ

         アリノトウグサは秋の紅葉が綺麗ですね。 

P5150601.jpg  P5150602.jpg
    ニガナ               アりノトウグサ

    タツナミソウやヤマツツジの鮮やかな色合いのお花もいいですね!
公園の敷地は既に草刈りが行われていましたが、天母山道場の広場はご厚意で
           草刈りを先に延ばして下さったようです。

DSC06437_201906210236174e8.jpg  DSC06103.jpg
   タツナミソウ                 ヤマツツジ

  天母山道場境内では、この周辺の溶岩を上手く組み合わせたオブジェ?が
          多く見られます。 七福神?を思わせるものや・・・
            
DSC06463_20190621025337cc3.jpg  DSC06427.jpg
    カラスビシャク              溶岩オブジェ1?

    コチラの衣装の裾の模様は、縄状溶岩を使っているようです。
  ずっと前に作られたと思うのですが、一体どなたが作られたのやら??

DSC06419_2019062102533957b.jpg  DSC06424_20190621025339a1a.jpg
    溶岩オブジェ2?          溶岩オブジェ3?

             見事な縄状溶岩も庭園で見られました。

        DSC06087_20190621025705956.jpg
                 縄状溶岩

    富士山の溶岩は玄武岩です。 そしてその中をルーペで覗くと・・・
  少しオレンジ色がかったコロッとした結晶が見えます。 コレは宝石!
8月の誕生石、橄欖石(ペリドット)です。 この天母山溶岩にはペリドットが多く
        含まれている・・・とK副館長に教えて頂きました。

        P5190052.jpg
       天母山溶岩に多く含まれるペリドット(中央右にあります)

   ちょっと心配だった雨も殆ど濡れること無く、無事観察会の終了となりました。

                     お疲れさまでした~~





エンシュウムヨウラン&ウスキムヨウラン?

2019/06/14 01:20 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 少し前の写真になってしまいましたが、ムヨウランのお花を何カ所かで確認
                    出来ました。 

  5月後半中部で見られたムヨウランは、エンシュウムヨウランのようです。

P5270139.jpg  P5270142.jpg

      急ぎ足で訪ねた先には結構多くの花が見られました。

DSC06916_2019061421524060a.jpg  DSC06921.jpg

     天気も良かったので、しっかりお花が咲いている子もいました。
         周辺も、もう少しじっくり探したかったのですが・・・

P5270135.jpg  P5270144.jpg

今年は住まいのすぐ近くでも見られることがわかりました。 カメラも持たず、
     花も終りに近かったので、来シーズンのお楽しみとなります。

  と思っていたら・・・写真が出てきました。 撮していたんだね~・・・ 
   個体数は多くありませんが、開花の確認が容易に出来そうです。
         この子もエンシュウムヨウランだと思います。

DSC06994.jpg  DSC06993.jpg

   そして、そうそうここでも見られました。 でもよく見ると蕾の感じもチョット
 違っていて、唇弁には赤紫色が見えています。  コレってウスキムヨウラン?

P6080018.jpg  P6080022.jpg

       キットそうだよね! 思わぬ出逢いは嬉しいものです。 

P6080027.jpg  P6080029.jpg

  まだ見ぬムヨウランの仲間にも、またいつの日か逢ってみたいものです。

 P6080034_20190614222419264.jpg P6080035.jpg
 

キョウチクトウ科の花

2019/06/13 02:21 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   この所、嬉しい忙しさに紛れ、ブログからもスッカリ遠ざかっていました。
   折角訪ねて下さった方にも、更新無しの日々が続き、失礼致しました。
またボチボチ綴って行こうと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。 

        昨年出逢ったクサナギオゴケ、今年はどうでしょうね?
 なかなか時間がとれませんが、この機会を逃せば出逢うことが出来ません。
      今年分の調査のついでにちょっと覗いてきました。

少し早めかな?と思ったのですが、咲き始めでとても新鮮な子たちに会うことが
                     出来ました。

      エンジ色の濃い子や、中央にエンジ色が残る子・・・

クサナギオゴケ1 クサナギオゴケ3
                  クサナギオゴケ

           それから少し薄めのエンジ色をした子・・・

       クサナギオゴケ10
                  クサナギオゴケ

      白い花を付けた子もいます。 色は連続しているようですね!

           クサナギオオケ2
                  クサナギオゴケ

    余りにも新鮮で可愛いので、ついついカメラを向けてしまいます。

クサナギオゴケ4  クサナギオゴケ5
                  クサナギオゴケ

    茎は細く、伸びている上に花を沢山付けるので、重さで弓なりです。

クサナギオゴケ8  クサナギオゴケ9
                   クサナギオゴケ

   エンジ色もシックでいいけれど・・・ヤッパリ白い子に軍配が上がります。

クサナギオゴケ7  クサナギオゴケ6
                  クサナギオゴケ

   そして、嬉しい事に今年は他の場所でも仲間が見つけてくれました。
よく歩いている場所ですが、時期がズレると見られないし、1人の目では限りが
          ありますね。 仲間に感謝です! 
      
 この日見られたのはこんな子でした。 場所によって葉っぱの感じも違いますね。

  それにしてもクサナギオゴケって変な名前ですね。 どこから来たんだろう?
    探していたら・・・「そよ風にふかれて」さんのページにありました!

 それよると、クサナギは発見地である愛知県熱田神宮の「草薙の剣」に由来。
 オゴケは袋果が麻糸を積みためる容器の苧小笥(おごけ)に似ていることから
   とありました。 う~ん、容器の「おごけ」も知らないし、悩ましい・・・

コトバンクによると・・・績麻(うみお)(紡いだ麻糸)を入れる麻笥(おけ)の意で、古くは、
  ヒノキの薄板を曲げてサクラ、カバの皮でとじ、底板をつけた桶(わげおけ)

      古い道具や仏具から付いた名前など・・・難しいですね。 

P6100080.jpg P6100081.jpg
                  クサナギオゴケ

    フナバラソウも咲いていると伺っていたのでとても楽しみな日でした。

 今まで出逢ったのは、県外でした。 それが県内でも咲いていることに小躍り
    するほど嬉しかったです。 あの辺りかな~?・・・ 心が逸ります。 

     予想より少しズレはありましたが・・・ わ~、ホントにここに居たんだね!

P6100093.jpg  P6100095.jpg
                  フナバラソウ

            この子も長~く伸びて・・・弓なりです。

        P6100097.jpg
                  フナバラソウ

      葉っぱだけの子や、早くも大きな種を抱えた子もいましたよ。
           
            P6100047.jpg
                  フナバラソウ

  木に絡まっているのはテイカカズラです。 記録用に撮っただけなので・・・
            まともな写真はありません。 

            P6100070_2019061301330723e.jpg
                  テイカカズラ

    それからスズサイコです。 この子も細い茎の先に花を付けています。
               立ち姿がナカナカ素敵な子です。

P6100059.jpg P6100060.jpg
                    スズサイコ

       雨の中でしたが、ちゃんと咲いていてくれました。
     少し歩けそうになったらまた訪ねてみたいと思います。

P6100054_20190613013306747.jpg P6100055_20190613013305c7c.jpg
                    スズサイコ

       さて、次はどんなキョウチクトウ科の仲間に出逢えるでしょうか?
  




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム