FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山五合目、お花が賑わい始めました!

2019/07/30 09:57 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  須走口・富士宮口の5合目を訪ねました。 標高2000m・2400mにも花の
シーズンが始まったようです。 余り時間はありませんが、少しお花散策です。

     クルマユリは、石垣・草むら・低木の下で開花し始めました。
まだ蕾も多いのですが、オレンジ色の鮮やかな花がクルリンと外巻きです。

P7290005.jpg  DSC00573_20190730190911b5c.jpg
                 クルマユリ

        開き始めたばかりの、とびっきり新鮮な子たちです。

DSC00598_2019073019091192e.jpg  DSC00596_20190730190910891.jpg
                 クルマユリ

             まだまだ賑やかになりそうですね!  

        DSC00595_20190730190909f76.jpg
                 クルマユリ

  タカネグンナイフウロは大分前から咲き始めていました。 フジハタザオと同じく
                 開花が早いようですね。

DSC00569.jpg  P7290090.jpg
                タカネグンナイフウロ

            ガスに包まれて、何だかいい雰囲気です。

          DSC00560_2019073019105424a.jpg
               タカネグンナイフウロ

       石垣では、イワシモツケと思われる花も咲き始めていました。

DSC00563_201907301910526e5.jpg  DSC00562.jpg
                イワシモツケ

       これってニッコウキスゲ? 前からあったのでしょうか?
                今年初めて気付きました。

DSC00582_20190730191523c44.jpg  DSC00583_20190730191648502.jpg
               ニッコウキスゲ?

   シロバナヘビイチゴは赤い実を付けていました。 美味しそう・・・

DSC00581_2019073019164817c.jpg  DSC00626_2019073019164729a.jpg
  シロバナヘビイチゴ       ヤマオダマキ 

ミヤマオトコヨモギはこれからが本番。 登山道沿いでも多く出逢えます。 
      スカイライン沿いがキオンで黄色く見えるのもあと少し・・・            

DSC00566_20190730191524b6f.jpg  DSC00565_20190730191525807.jpg
    ミヤマオトコヨモギ           キオン

       タイツリオウギやイワオウギがやっと咲き始めました。
     もうすぐこれらのお花で登山道脇も賑やかになりそうです。

P7290002.jpg  DSC00578_20190730191647a41.jpg
   イワオウギ           タイツリオウギ

  イタドリの仲間も花が咲いてきました。この子達もこれから・・・ですね!

DSC00577_20190801233256c8a.jpg  DSC00574_201907301916463fc.jpg
        メイゲツソウ?           オンタデ 

   少し下った道端の草むらでは、ホソバノキソチドリが咲いていました。
           陽当たりの良い場所で元気そうです。

 P7290011.jpg P7290026.jpg
              ホソバノキソチドリ

              アオヤギソウも開花が始まりました。 

P7290028.jpg  DSC00638_20190731203651fc5.jpg         
   アオヤギソウ          ヨツバヒヨドリ

  背の低いタカネニガナも点々と咲いています。 ミヤマハンショウヅルとは
           久しぶりの出逢いのような気がします。

P7290041.jpg  P7290047.jpg
     タカネニガナ              ミヤマハンショウヅル

 何処かに咲いている子はいない?・・ と探していたら、一輪だけ花を
  咲かせてくれていました。 みんな咲いたら豪華なことでしょうね?

どっちかな? 近づいてみると、萼片に鋸歯があるので、この子はヒメシャジン!

P7290059.jpg  P7290060.jpg
                   ヒメシャジン

          こんな所に? 地衣類の仲間がいたり・・・

P7290081.jpg  P7290075.jpg
      ハナゴケの仲間            ヤグラゴケ?

          キノコの仲間も何種類か確認できました。

P7290096.jpg  P7290077.jpg
      アカミゴケ

    ヤマブキショウマだと思うのですが、ナントモ豪華な花束でした。

         P7290064.jpg
                ヤマブキショウマ

   こちらはイワニンジン? 小さな葉っぱを付けたセリ科はシラネニンジン。
              これからいっぱい花を咲かせます。

         P7290088.jpg
                 イワニンジン?

   ムラサキモメンヅルも咲いていましたが、写真を撮っていなかった!!



フガクスズムシ&シテンクモキリなど

2019/07/27 13:50 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 確かここにも居たはず・・・おかしいなあ? そこそこ咲いてはいるのですが、
    いつも咲いていた場所で見られなくなるのはとても寂しいことです。

DSC09091_201907231357173d3.jpg  DSC09081_201907231357181b8.jpg
               シテンクモキリ

     緑色っぽい子と、普通の子が並んで住んでいるようですが・・・

DSC09087_20190723135716168.jpg  DSC09097_20190723135717440.jpg
                シテンクモキリ

            今回は丁度いい頃に訪ねられたようです。

           DSC09102_2019072313571654c.jpg
                シテンクモキリ

  右の子は、目線で咲いていたものです。 他はチョット遠いかな~?

DSC08941_20190727182250454.jpg  DSC08930_201907271822500a8.jpg
               フガクスズムシソウ

        でも、たくさん咲いていてとても賑やかな木でした。

         DSC09361_201907271830127a0.jpg
               フガクスズムシソウ

               おっ、ここにも居ましたか・・・

         DSC09350_201907271830127fd.jpg
               フガクスズムシソウ

  今年もクモランが気になっていました。 好きな住まいは年数の経った
      梅の木でした。 どうやら開花に間に合ったようです。

DSC09645_201907271822491ea.jpg DSC09642_20190727183512500.jpg
                クモラン

      ただ、花が小さいのでなかなかピントが上手く合いません。

         P7170901.jpg
                クモラン

            仕方ない、これ位でいいことにしよう・・・

  P7170887.jpg  P7170883.jpg  P7170886.jpg
                クモラン

    ギボウシラン、今年も元気でした。 綺麗に花を咲かせています。

P7170858.jpg  DSC09630_20190727184714e1d.jpg
                   ギボウシラン

   図鑑を捲っていて気になっていた子の内の一つがギボウシランでした。
昨年は思わぬ場所で出逢ってしまった! 今年もホンの少し新しい子との出逢い・・
               出逢いは嬉しいものです。

 P7120799.jpg P7120808.jpg
                   ギボウシラン




 

森の中を歩いてみれば・・・

2019/07/26 05:41 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  アチコチ移動しながら、ゆっくり森を楽しんで来てから、早いもので
             もう2週間も経ってしまいました。

 ガスの中を・・・巨木があれば立ち止まり、そっと肌に手を当て見上げます。
時間を気にすること無く、こんな気まま歩きをしたのはホントに久しぶりのこと。
    巨木には目に見えない大きな力が潜んでいるような気がします。

     里山近くでは、ハコネクサアジサイの蕾も少し膨らんできました。

DSC09256_20190727054232797.jpg  DSC09257_20190727054232c76.jpg
     ハコネクサアジサイ             アカショウマ

 少し上ってくると、キヨスミウツボが顔を出していました。 出たばかりで清々しい・・

        DSC09297_201907271445160ca.jpg
                キヨスミウツボ

  開花は進んでいないのに、動物に荒らされたものが周りに散らばっています。
       これじゃ虫の訪れも期待できず、種子は作れないですね。
   香りがするとの事で匂ってみると・・・、ホントだ! 優しい香りがします。

DSC09302_201907271445157f7.jpg  DSC09300_20190727144515d2e.jpg
                キヨスミウツボ

 樹上にも色々なものがくっついています。 黒っぽい子は、ゴムタケでしょうか?
アカショウマやアオダモ、シダ・キノコ・コケ・地衣類、随分賑わっている子もいます。

DSC09284_2019072714451481d.jpg  DSC09283_20190727144514d25.jpg
      ゴムタケ            アカショウマが着生

 本日出逢った一番さんはこのミズナラでした。 ドッシリと立派でしょう?
           森の精霊の声が聞こえてきそうです。

            DSC09348_2019072715292975e.jpg
            ミズナラの巨木

 グルッと一周回ってみると、アオダモとマツノハマンネングサが着生していました。
             お花の咲く頃に行ってみよう・・・  

        DSC09349_20190727171222181.jpg
              着生するマツノハマンネングサなど

  苔むした倒木の上にブナの芽生えが見られました。 上手く育つかな?       
 
DSC09318_201907271448015d2.jpg  DSC09332_201907271528344a0.jpg
       ミヤマイボタ          ブナの芽生え

           他にも色々な種類の巨木が枝を伸ばしていました。

DSC09274_201907271644379f3.jpg P7120822.jpg
          ブナ              ケヤキ?

            ガスが濃くなって幻想的な森の中です。

         DSC09316_2019072716443688a.jpg
               サワフタギ?

         苔むした倒木には、色々なキノコが見られます。

DSC09270_20190727165053e3b.jpg  DSC09338_2019072716505441e.jpg
        ラッシタケの仲間          シロニカワタケ
         
  サワルリソウはそろそろ店じまい・・・という所でしょうが、薄いピンクを帯びた
            花・白い花が少し残っていました。

P7120811.jpg  P7120814.jpg
               サワルリソウ

               もう少し早く訪ねたかったなあ・・・

DSC09276_20190727172519dc8.jpg  P7120817.jpg
               サワルリソウ

フウリンウメモドキの、柄が長くユラユラ揺れる真っ赤な実を目にしてから
    何年も経ちました。 今回はお花を見ることが出来て嬉しい・・・
           それにしても小さな花だこと。
 
P7120833_2019072717022035d.jpg  P7120832.jpg
              フウリンウメモドキ

 オオカモメヅルも花を咲かせていました。 でも、蔓を任せる枝が少ないので
          多くはコケの上で横たわっています。

       オオカモメヅルと言いながら、このお花の小ささは何??

P7120838_20190727172809e53.jpg  P7120841_20190727172822cb3.jpg
              オオカモメヅル

  ヒトツバイチヤクソウは開花までにはもう少し・・・今は終っているかな?

P7120826.jpg  P7120827.jpg
               ヒトツバイチャクソウ

   キバナノショウキラン、今年は少ないなあ・・・と思っていたけれど、
歩くのが少なかったから? ヒョッコリ目の前に出てくれたのは嬉しい事でした。

P7120824.jpg  P7120823.jpg
               キバナノショウキラン

       元気をいっぱい貰った森の中でした。 またその内・・・ 
 


今年であったラン科植物たち  その3

2019/07/23 02:22 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 7月、日にちも場所も違いますが、幾つかのランの仲間との出逢いがありました。
富士・箱根に多いハコネランです。 小さな花で自然の中に溶け込んで見えにくそう
     ですが、花が咲いていれば、目の端に何となく姿が残ります。

P7050447.jpg P7100757.jpg
             ハコネラン

  ハコネランより少し高度が上がると、コイチヨウランが見られるようになります。
     唇弁にギザギザの切れ込みがあるのが、ハコネランの証拠です。

P7100767.jpg  P7100761.jpg
                 ハコネラン

               今年のキソチドリも元気です!

 P7090711.jpg P7090710.jpg
                 キソチドリ

  チョット歩きの散策なので、出逢った個体数は少ないものの、今年も出逢えて
                     良かった・・・

P7090704.jpg  P7090705.jpg
                コフタバラン

            こんな子たちにも出逢えてニッコリです。

 P7020398.jpg P7090714.jpg
      キンセイラン             イチヨウラン 

 地元のホザキイチヨウランは蕾でしたが、ここでは綺麗に咲き始めていました。  

 DSC09819_201907231317410e7.jpg P7180911.jpg
                ホザキイチヨウラン

  食害のため、近くで見ることは出来なくなってしまいましたが、場所が変われば
              こんなにスクスク育っている子もいます。

DSC09985_20190723131739424.jpg  P7180922.jpg
                ニョホウチドリ

              なかなか華のあるランですね!

DSC09974_201907231319510e3.jpg DSC09987_20190723131950514.jpg
                ニョホウチドリ

   2年ぶり?にご挨拶が出来ました。 なかなか渋みを持った子です。

P7090680.jpg  P7090681.jpg
                コハクラン(同じ個体)

   しゃがんで探さなければ見つからない子も、可哀想に思ったのか
         顔を見せてくれました。 ありがとう・・・ 

 P7090682.jpg P7090683.jpg
                 ミスズラン(同じ個体)




今年出逢ったラン科のお花たち  その2

2019/07/21 00:57 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   オオバノトンボソウは、何故か虫による傷みが多く、チャンと開花するのを
 見るのは少ない感じがします。 でも、ここではいい感じに咲き進んでいました。

P7010263.jpg  DSC08716_201907200155451b9.jpg
               オオバノトンボソウ

 整った4株仕立てのものは、度々草刈りの被害にあって花を見ることは難しい。
          コチラの草むらの中なら安心ですね。  

 DSC08723_201907200155458e3.jpg DSC08721_20190720015544092.jpg
               オオバノトンボソウ

   スッキリと伸びやかに育っているのは、オオヤマサギソウでしょうか?
花が咲くと、草むらの中でも小さな凜とした姿は目の端に残り見つかります。

P7210951_20190722234348879.jpg P7210954_201907222343479ed.jpg
              オオバナオオヤマサギソウ

      山間ではコクランも見かけることが多いラン科のお花です。 

 P7010266.jpg P7010269.jpg
            コクラン

  久しぶりにクロジクコクランに逢いに行ったのですが・・・残念! もう種子が!

P7110779.jpg  P7110787.jpg
            コクラン

    ベニシュスランに逢いに行ったてから暫く経ってしまいました。 
       この時は咲き始め、ポツポツ、点々と咲く場所でした。

DSC09209_201907200215111b1.jpg  DSC09243_20190720021659813.jpg
              ベニシュスラン

  苔むした岩の上からチョコンと顔を出していました。 あと一息・・・

DSC09213_2019072002151056f.jpg  DSC09246_20190720021509cee.jpg
              ベニシュスラン

  今年のツチアケビはこんなに寂しくなっていました。 豪華な花を見せて
             貰い続け、5年?ほどになりますが・・・ 

DSC08638_20190720013722a32.jpg  DS8639_20190720013721015.jpg
            ツチアケビ
 
 一体何年ここで咲き続けてくれるのだろう? と期待していたのですが・・・

とんでもないことが起こっていました。 上部で行われている工事で、ドロドロの
     土砂が大量流入し、窪地にある生息地はグチャグチャです。
         その訳あり工事は今も続いています・・・ 

        DSC08642_20190720013721688.jpg
            ツチアケビ

 2~3日ぶりに立ち寄ってみると目を覆うばかりの変わりようです。下部の他人の
   畑も危うい。 窪地は完全にツチアケビと共に水没し池になっています。
         廃土による被害、早くどうにかして欲しいものです。

           DSC_0190.jpg  

   少し離れた場所ではその被害は無いと思っていましたが・・・
 もうすぐここもダメになるかも?ささやかに花を付けてはいましたが。

DSC08644_20190720013720a1f.jpg  DSC08645_201907200137205f1.jpg
              ツチアケビ

     3年前にはこんな姿が見られ、大いに驚かされたものですが・・・
           来シーズンは・・・ 寂しさが募るばかりです。

        DSC07138_201907230453334d1.jpg
            3年前のツチアケビ

               こんな姿は勿論・・・

  来シーズンは、たった1本のこの子に出逢うのも難しいことでしょうね。

DSC07130_20190723045334a8b.jpg  DSC07131_20190723045334d3b.jpg
            3年前のツチアケビ





富士山麓ゆったり歩き

2019/07/18 04:17 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

     小雨の中でしたが、富士山麓を仲間5人で歩いて来ました。
    主に林道歩きですが、う~ん、あんまり花は期待できないねえ・・・

 でもオカトラノオの咲き始めを目にし・・・1週間先はこれが丁度見頃だね! 
      
DSC09499_201907190316573d6.jpg  DSC09505_20190719031657393.jpg
             オカトラノオ

   Iさんが気付いてくれたモリアオガエルの卵です。 ただ、卵塊の下には水が
          ありません。 どうなるんだろう?   

        DSC09497_20190719031656c0f.jpg
           モリアオガエルのたまご

 道端ではヤマホタルブクロが綺麗に咲いていました。 山間部のホタルブクロは
     色が濃くて綺麗な子が多いようです。 勿論、色白の子もいましたよ。

DSC09517_20190719031656174.jpg  DSC09598_2019071903165562e.jpg
               ホタルブクロ

見頃は過ぎていましたが、ヤマボウシの花がまだ残っていました。 ピンク色を
       帯びた子もいます。 アレ?早くもイヌゴマ登場です。

DSC09503_201907190324454a2.jpg  DSC09530_20190719032445aa7.jpg
    ヤマボウシ               イヌゴマ

    オトギリソウも少し咲き始め、ヤマオダマキも花を付けていました。

DSC09532_20190719032444417.jpg  DSC09516_201907190324442fa.jpg
     オトギリソウ             ヤマオダマキ

         お花が少し小さめなので、ヒメシャラかな?

         DSC09520_20190719032443b01.jpg
               ヒメシャラ

  ヤマアジサイも少し雨に打たれていますが、負けずにシャンとしていました。
これは何の木だっただろう? 忘れてしまいましたが、虫コブだらけで、頂上部には
       エゴノネコアシに似た虫コブまで付けていましたよ。

DSC09521_201907190327377b6.jpg  DSC09525_2019071903273613c.jpg
     ヤマアジサイ                虫コブ

  オニシバリの実は真っ赤に色づき、エビガライチゴの存在感は大きい!
      た~~くさん見られました。 イチゴは美味しいかな?

DSC09549_201907190327365ed.jpg  DSC09539_20190719032735f7e.jpg
    オニシバリ               エビガライチゴ

  ノリウツギも咲き始めています。 ガスで煙る森の中では、巨木もド~~ン!!
        巨木を見上げると、チョッピリ嫌なことも忘れてしまう・・・

DSC09546_201907190327354dd.jpg  DSC09542_20190719033253d44.jpg
     ノリウツギ               ミズナラの巨木

 ダイコンソウ・ヤマキツネノボタンに加え、ミツモトソウも花を付けていました。
わ~、サルナシにもう実がなっています。 熟すと、とても美味しい山の幸です。
           キュウイそっくりの姿に大感動!

DSC09554_201907190332527a1.jpg  DSC09553_20190719033252163.jpg
     ミツモトソウ              サルナシ

  枝の上にチョコンと座っている赤い実は、ミヤマザクラのサクランボです。

        DSC09564_201907190332521f4.jpg
             ミヤマザクラ

  何処かで見られないかな~・・・と思っていたキヨスミウツボがやっと顔を出して
           くれました。 富士山麓では多く見られます。

DSC09535_201907190337496f5.jpg  DSC09571_20190719033748134.jpg
             キヨスミウツボ

    そして、この子も待ち人?でした。 キバナノショウキランです。
ただ・・・こんな風にポツンポツンとしか見られません。今年は不作なのでしょうか? 

DSC09578_201907190337488e5.jpg  DSC09556_20190719033747b23.jpg
            キバナノショウキラン

      せっかく4株あったのですが、どの子ももう終わりに近い・・・

DSC09565_20190719033747743.jpg  DSC09579_20190719033858283.jpg
            キバナノショウキラン

 几帳面に張ったクモの巣にチョッピリみとれ、ツノハシバミの実探し・・・
         ひとつふたつしか付いていません。

DSC09570_20190719033858878.jpg  DSC09576_20190719033858d10.jpg
    蜘蛛の巣                ツノハシバミ

   そして、たった1本のツチアケビ。 今日はお一人様ばかり・・・・・

          DSC09581_20190719033857bb2.jpg
                  ツチアケビ

     心配された天候でしたが、困る程でも無く・・無事終了です。




ちょっと怪しい子たち?

2019/07/13 01:18 ジャンル: Category:菌類
TB(0) | CM(0) [Edit]

 梅雨に入りジトッとしてくると、どこからともなく?出てくる子たちが居ます。
 菌類であったり、変形菌の仲間であったり、頭をひねるような子もいて
      ナントモ 悩ましい・・・ この子は一体誰でしょう?

        P7020278.jpg

    とても華奢な子です。風も無いのにユラユラ揺れて定まりません。
  10㎝程の子に近づきカメラが思わず触れてしまったら・・・ごめんなさい。
              お辞儀をしてしまいました。

P7020303.jpg  P7020308.jpg

   変形菌の近くにいる子も同じかな? キノコのようにも見えるし・・・??

          P7020334.jpg

   このピンク色をした先がちょっと尖り気味の子はクダホコリかな?
             まだ未熟の変形体のようです。

        P7020314.jpg

 こちらは少し成熟しかけているようですが、何の仲間かわからない変形菌です。

        P7020315.jpg

   一番よく見かけるのはツノホコリの仲間です。 少し枝分かれしてる?

        P7020332.jpg
               ツノホコリ?

こちらは枝分かれしていないパイプ状の子です。エダナシツノホコリでいいのかな?

        P7020309.jpg
               エダナシツノホコリ?

 一瞬、キノコに見えたのですが、こんなトロトロになるのは変形菌ですよね?

        P7020362.jpg

   コレは別の場所で出逢ったツノホコリ? 結構沢山見られました。

P7100729.jpg  P7100728.jpg
                  ツノホコリ?

 ツノホコリに似ているけど、2種とはちょっと違って網状になっていました。
         写真集をめくるとタマツノホコリに似ています。 

P7100746.jpg  P7100744.jpg

  イクラに似たプチプチの粒が集まったのはクダホコリでいいでしょうか?
  最初に見たのは少し尖り気味でしたが、こちらはま~るいプチプチです。
仲間とは思うけれど、違っているかも知れない。 今は判断の術はありません。

P7100749.jpg  P7100748.jpg

   上のイクラ状の近くで見られて、少し成長したクダホコリの未熟な子かな? 
      ワオ! ナントナント・・・ハート型をしているではありませんか。

P7100750.jpg  P7100751.jpg

   今年、今までで出逢った変形菌はまだこれだけです。 もっともっと色々な子に
                     出逢いたいものです。

   出逢いたい筆頭は 「アオウツボホコリ」、そして「ウルワシモジホコリ」
      更には「ルリホコリ」 です。 いつか何処かで・・・ 




今年出逢ったラン科のお花たち  その1 

2019/07/12 18:12 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

             少し前の話になりますが・・・

 バタバタ・・モタモタ・・している内に、早や今年も折り返しを過ぎてしまい
   ました。 年をとるにつれ、日々過ぎるのが早く感じるものです。

        今年もジガバチソウの様子を見に行ってきました。
 昨年と同じように樹上のコケの中で咲き誇っている様子に安堵しました。

DSC08002.jpg DSC08004.jpg
                ジガバチソウ

そして、今年倒木上で見られたのが、この子です! えっ、お花がスカート型?
    またもや早合点! この子もクモイさんでは無かったようです。

P6200138.jpg P6200136.jpg
               ジガバチソウ

        この子はちょっと斜に構えて・・・ヤンキーっぽい?

        P6200170.jpg
               ジガバチソウ

コケの森に住むこの子らにとって、ここは気持ち良さそうな住まいのようです。

DSC08128_201907130002522e4.jpg  DSC08133_201907130002518a3.jpg
                ジガバチソウ

  伸びやかに花を咲かせていたのは、もう20日以上も前のことになります。

P6200159.jpg  P6200158.jpg
              ジガバチソウ

小さな子を探すのはナカナカ大変です。 でも目をこらすとポツリポツリと
                見つかります。

P6200164.jpg  P6200142.jpg
              ジガバチソウ

          今年も花を咲かせてくれて、ありがとう・・・

        DSC08134.jpg
                 ジガバチソウ

      この仲間で一番見つかりやすいのは、クモキリソウです。
 今年も沢山の子たちと出逢うことが出来ました。 ただ、時期がねえ~・・・

DSC08746_20190713003936228.jpg  DSC08742_20190713003936f73.jpg
                 クモキリソウ

  花期には早かったり遅かったり・・・ それもまあ自然相手ですからネ!

DSC08744_20190713003935ee8.jpg  DSC08752_201907130039341d4.jpg
                 クモキリソウ

        セイタカスズムシは丁度いい頃に出逢えたようです。
             伸びやかに花を咲かせていました。

DSC08793_20190713004405efd.jpg  DSC08791_20190713004406f47.jpg
               セイタカスズムシ

   南麓に咲くスズムシソウとは2ヶ月近くも花期に差があるのですね?

DSC08796_20190713004404c84.jpg  DSC08801_201907130044052ca.jpg
               セイタカスズムシ



数日前に・・・カキラン、ラン・・・

2019/07/11 02:49 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

数日前に、(もうカキランは終ってしまっただろうな・・・) とチョット残念な気持ちを
  抱えながら、それでも咲き残りの子でもいいから逢いたい・・・と出掛けます。

             本日が今年最後のチャンスです。

      歩き始めて暫くすると・・・ うわっ、ホントにまだ咲いている!
大喜びしたのは言うまでもありません。 おまけに以前見た場所ではなく・・・

P7070613.jpg  P7070611.jpg
               カキラン

    こうなれば元気モリモリです! 更にズンズン進んでいきます。

P7070623.jpg  P7070621.jpg
                カキラン

   更に進むと、草の間からオレンジ色の花が目に飛び込んで来ました。

   P7070626.jpg   P7070635.jpg   P7070638.jpg
                 カキラン

            驚いたのはこんな光景でした! 凄~~~い
残念ながら見頃は過ぎていましたが。 最盛期はどんなに素敵だった事でしょう!

P7070655.jpg  P7070656.jpg
                 カキラン

  種子になっているものもあり、まだまだ見頃の子も居て・・・良かった~。

P7070659.jpg  P7070658.jpg
                 カキラン

 最後に目にしたのは、しっかりと背中に花粉塊を付けたハナアブ?の姿でした。

         まんまとカキランの作戦に乗せられてしまったね。

        P7070672.jpg
                カキラン

       花粉塊は2つで1セットなのですね? チョッピリハート型!

        P7070673.jpg
                 カキラン

             近くでは、ネジバナも咲いていましたよ。

   P7070652.jpg   P7070653.jpg   P7070603.jpg
                  ネジバナ

                       本日もいい一日でした。





エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム