FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山麓群生とプチ群生

2019/08/30 15:33 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(4) [Edit]

    8月後半になり、富士山麓でもマネキグサがたくさん咲き始めました。
今年の春に、ここにもあったのか・・・と葉っぱを見つけていた林に入ってみると・・
     一面のマネキグサ畑となっていました。 わ~、こんなに・・・

DSC02598_201908301515086c5.jpg  DSC02594_20190830151507765.jpg
                  マネキグサ

  花が小さめなのでそれ程目立ちませんが、ずっと向こうまで続いています。
   静岡県では準絶滅危惧(NT)なのですが、在る所にはあるものですね!

DSC02599_20190830151506f46.jpg  DSC02601_20190830151506abd.jpg
                  マネキグサ

      花の姿が編み笠被った人形のようで、なかなかユニークです。
初めての出会いは、友人とフラフラしていた十数年前のたった一つの咲き残りの
  花でした。 其の頃からここではひっそりと仲間を広げていたのかなあ・・・

DSC02604.jpg  DSC02606.jpg
                  マネキグサ

  花の在りかは虫が一番知っています。 周辺ではマルハナバチがブンブン
飛び回っていました。 これだけ多く住んでいれば、白いお花も咲いているのでは?
  と密かに期待しているのです。 様子を見てもう一度訪ねてみよう・・・

         DSC02607_20190830151530b14.jpg
                  マネキグサ

                場所が変わって・・・・・

   ミヤマウズラです。。今年はどうかな?・・ (昨年は70株がプチ群生!)
               わ~、咲き始めていました。

DSC02612_2019083105442019a.jpg  DSC02609_201908310544208d1.jpg
                  ミヤマウズラ

   みんなで 「右向け~右!」 白に優しいオレンジピンク?が素敵です。
今年はどのくらい咲いてるだろう? 数えてみると・・74個位? 雑な数え方です。
        葉っぱは地面を覆い隠す程に密集しています。

DSC02613_20190831054419b57.jpg  P8280001.jpg
                  ミヤマウズラ

    並んで飛んでいくような姿がナントも可愛いミヤマウズラです。

      アレ? 笑っている子が多いような・・・ 気がします。

            P8280004.jpg
                  ミヤマウズラ

 来年もここで可愛い姿を見せてくれると嬉しいなあ・・・ じゃあまたね!




7月の富士山麓、草原・湿原をブラブラ・・・

2019/08/16 15:24 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

   以前見られた植物がまだあるかどうか様子を見に出掛けて来ました。
          途中、寄り道をしながらお花を楽しみます。

まだ2ケ所で確認のみのアワダチソウが途中でも咲いていて、カメラに収めます。
  大繁殖しているセイタカアワダチソウより、1ケ月近く開花が早いようです。

DSC00667_20190816135555de3.jpg  DSC00668.jpg
                アワダチソウ

     昨年は消えていたツチアケビ、今年は咲いたようです。

 DSC00679.jpg DSC00680_20190816135553b7f.jpg
              ツチアケビ

   ボタンクサギは誰かが持ち込んだものでしょうか? 小さな木々が蕾を
付けていました。 みんな開くとなかなか見ごたえがあるのではないでしょうか?
             個体数も結構多いです。

DSC00689_20190816135644817.jpg  DSC00681_20190816135552bcf.jpg
      イヌゴマ           ボタンクサギ

  昨年は立派な群生地となっていたミヤマウズラ・・・ 今年も見られるかな?

DSC00675.jpg  DSC00672_20190816135646b89.jpg
       ミヤマウズラ             ヤブカンゾウ

    林の中では、優しいピンク色をした花が点々と咲いていました。
  日本産のヌスビトハギです。 ちょっと地味目ですが、心惹かれます。

DSC00684_201908161356457fc.jpg  DSC00687_20190816135644282.jpg
    ヌスビトハギ            リョウブ

 草原ではアラゲハンゴンソウが花盛りでした。 コマツナギ・クマヤナギ・・・
   ネジバナはそろそろ終了でしたが、今年もいっぱい咲いたようです。

DSC00701_201908161400347a7.jpg  DSC00700_20190816140033ab4.jpg
   アラゲハンゴンソウ             クマヤナギ

     アケビやサルナシなど、山の幸も期待できそうな雰囲気でした。

DSC00707_20190816140032d74.jpg  DSC00706_201908161400327fd.jpg
    ツルフジバカマ?          サルナシ

    キリンソウ・チダケサシ・・・ 変わらぬ風景を楽しませていただきました

DSC00738_201908161400318b1.jpg  DSC00724_2019081614014127a.jpg
      キリンソウ            チダケサシ 

          ここで見られるのは、確かコシロネだったような・・・

DSC00732_201908161401407e3.jpg  DSC00743_201908161401395bf.jpg
     コシロネ             ホタルブクロ

 ノハナショウブ・トモエソウもチョッピリ咲き残り、もう少し早ければよかったね。

 DSC00746_20190816140139736.jpg DSC00800_20190816140538489.jpg
     ノハナショウブ             トモエソウ

      このアザミは何だろう? 私にはチョット難しい・・・

DSC00808_20190816140536904.jpg  DSC00740_2019081614053752a.jpg
     ?アザミ               ボタンヅル

     この時は咲き始めだけど、今はシシウドの全盛時代です。 
  富士山麓の 「夢ロード」 は今や「シシウドロード」と化しています。

DSC00789_20190816140919d6c.jpg  DSC00809_20190816140919707.jpg
    ヤマオダマキ              シシウド

   咲き残りのネジバナ、巻き方が反対同士が隣りあわせで住んでいました。
           ユウスゲのレモンイエローはいい感じです。

 P7300100.jpg DSC00806_20190816140918c39.jpg
      ネジバナ              ユウスゲ

         ユウガギクがもう咲き始めててびっくりしました。

DSC00797_20190816140539ee4.jpg  P7300106.jpg
       ユウガギク              テリハノイバラ

 ススキの間で小さなキバナノカワラマツバが花火のような花を咲かせていました。
              ちょっと楽しみな光景なのです。

P7300120.jpg  P7300103.jpg
   オトギリソウ          キバナノカワラマツバ

 草原の定番タチフウロもポツポツ出てきました。 ヒメトラノオもいいですね!    

 P7300180.jpg P7300182.jpg
     タチフウロ              ヒメトラノオ

P7300196.jpg  P7300197.jpg
                ミズタマソウ

確認したかったのはこの子です。 数年前に2ケ所で写真に撮った記憶があります。
       探してみると思った以上にたくさんの子がいました。

全体を見ると木本のように見えますが、実は草本です。 漢字で書くと ”眩草” 
 根を噛むとクラクラするほど苦いので、クララと呼ばれるようになったとか・・・
   ただし、全草毒草だそうです。 ご用心! でも薬になるようですが・・・ 

P7300221.jpg  P7300169.jpg
                  クララ

       場所を変えて同じような所には無いかと探してみると・・・
 な~んだ、こんな所にも住んでいたんだね? まだ小さい苗や、もう種子を作った
             ものまでたくさんの子に出会えましたよ。

         P7300193.jpg
                  クララ
 
      場所を変えて良かったのはこれだけではありませんでした。
           探しているうちにこんな子に出会いました。

P7300207.jpg  P7300202.jpg
                 シナノナデシコ

南アルプスや木曽方面では珍しくないシナノナデシコですが、県東部で見たのは
         初めてでした。 付録の見つけものの方が大当たり!

         P7300205.jpg
                 シナノナデシコ

             丁度見ごろのシナノナデシコでした!! 



富士山麓に咲くお花たち

2019/08/15 18:22 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

富士山麓も季節が進んでいます。 少し時間が経ってしまった子もいますが・・・
   また、場所も色々ですが折角撮りためたのでアップしようと思います。

コウリンカ2  コウリンカ1
                  コウリンカ

   少し遅いかな? と思いつつも草原へ立ち寄ってみたのですが・・・・・
           例年に比べてナントさみしい風景か! 
一番見やすい場所でさえ、数えるほどしかコウリンカが咲いていませんでした。

    草刈りの時期によるものか、それとも他に原因があるのだろうか?
             来シーズンに期待したいと思います。

コウリンカ3  コウリンカ4
               コウリンカ

     オオナンバンギセルもポツポツとしか見られません。 う~ん・・・

オオナンバンギセル2  オオナンバンギセル1
              オオナンバンギセル

         ゲンノショウコやアキノタムラソウは元気そうですね。

ゲンノショウコ  アキノタムラソウ1
    ゲンノショウコ          アキノタムラソウ

少し湿ったところでは、富士山麓ではたくさんのシロバナイナモリソウに出会えます。
          サワヒヨドリもこれから開花が始まりそうです。

シロバナイナモリソウ  サワヒヨドリ
       シロバナイナモリソウ             サワヒヨドリ

            コバノギボウシは今が全盛のようです。

 DSC01451.jpg DSC01452_20190816095907336.jpg
    ハグロソウ               コバノギボウシ

    綺麗に開花しているカンアオイの仲間はオトメアオイでしょうか?
 それぞれの地域に特化した種とはいうけれど、なかなか同定できません。

P8080549.jpg  P8080561.jpg
                 オトメアオイ?

  タンザワイケマも富士山麓ではたくさん見られます。 丁度今頃が花盛り
         ですかね? アサギマダラの食草というけれど・・・

タンザワイケマ  タンザワイケマ2
                タンザワイケマ

          トンボソウも小さな花を彼方此方で咲かせていました。
         アップで見ると、なかなかユニークな顔をしていますね。

  昨年はこの子の様子を見たくて入った森で図鑑から飛び出したようなラン科の
                 花に会うことができました。

 トンボソウ トンボソウ1
                 トンボソウ

タマアジサイ  オオバギボウシ
   タマアジサイ             オオバギボウシ

    お花の時期は全く区別がつきませんが、実がつくとそれと分かる。
  トチバニンジンとソウシシヨウニンジン・・・どこでスイッチが入れ替わる?

ソウシシヨウニンジン  トチバニンジン
   ソウシシヨウニンジン        トチバニンジン

  クサギも真っ盛り! 普通にあるものは、意外と写真は写していないものですね。
    色々な蝶がこの花の周辺を飛び回っているのをよく見かけます。
              花の作りもなかなか素敵です!

         クサギ
                    クサギ






ヤクシマヒメアリドウシラン・ハクウンランなど

2019/08/15 16:43 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 ヤクシマヒメアリドウシランを初めて目にしてから、アチラコチラで目にすることが
 多くなったように思います。 そして今年は新しく3ケ所での出会いがありました。 
               1ケ所目は、こんな様子でした。

 P7310232.jpg P7310246.jpg
              ヤクシマヒメアリドウシラン

       そう多くはないのですが、林の中に点々と見られました。

 P7310246.jpg P7310250.jpg
              ヤクシマヒメアリドウシラン

         花の感じも少しづつ違っていてなかなか面白い。

           P7310237.jpg
              ヤクシマヒメアリドウシラン

       アブかな? 花の周囲を飛び回っていました。

P7310268.jpg  P7310252.jpg
              ヤクシマヒメアリドウシラン

  ヤクシマヒメアリドウシランの住む所には、ヒナノシャクジョウがいることも多く
         この場所も少ないながら咲き始めていました。
    時間があったら、ホンゴウソウもいないか確認したいものです。

 P7310256.jpg P7310259.jpg
                ヒナノシャクジョウ

         そして2ケ所目は以前見た場所から近いところなのですが・・・

 ヤクシマヒメアリドウシラン1 ヤクシマヒメアリドウシラン4
                 ヤクシマヒメアリドウシラン

   こんなにふっくらとした子も居たり、場所によって、また個体によって随分
                  個性的ですね!  

ヤクシマヒメアリドウシラン3  ヤクシマヒメアリドウシラン5
                 ヤクシマヒメアリドウシラン

                たっぷりと堪能出来ました。 

 P7310252.jpg ヤクシマヒメアリドウシラン6
               ヤクシマヒメアリドウシラン
 
             ここにもいました、ヒナノシャクジョウ! 

ヒナノシャクジョウ1  ヒナノシャクジョウ2
                ヒナノシャクジョウ

           3ケ所目はほかの産地とは、そこそこ離れています。

     だいぶ前にフラッと入った杉林の中に見たことのある小さな葉っぱ発見!
            もしかして、ヤクシマヒメアリドウシラン?
    そろそろ出ているのではないかと、お決まりの「ついで観察」です。

ヤクシマヒメアリドウシラン2  ヤクシマヒメアリドウシラン1
               ヤクシマヒメアリドウシラン

   あれれっ? ヤクシマアリドウシランよりハクウンランの方が多そうです。

ハクウンラン1  ハクウンラン2
                ハクウンラン

       アッチにも、コッチにも・・・ 点々と散らばっている感じです。
           みんな合わせると、かなりの数になりそうです。

ハクウンラン4  ハクウンラン3
                 ハクウンラン

                数株ずつ咲いているものも・・・・・

ハクウンラン6  ハクウンラン5
                 ハクウンラン

             ベニシュスランも住んでいたり・・・

ベニシュスラン4  ベニシュスラン3
                 ベニシュスラン

                     ミヤマウズラも・・・

ミヤマウズラ1  ミヤマウズラ2
                 ミヤマウズラ

     そうそう、アオフタバランの葉っぱも見つけていましたっけ・・・

 アオフタバラン1 アオフタバラン2
                 アオフタバラン

      最盛期は過ぎていましたが、手近にみられるアオフタバランでした

 アオフタバラン2  アオフタバラン3
                 アオフタバラン

    ヤクシマヒメアリドウシランもこれからドンドン増えていくのかな~?

                 恐るべし・・・杉林でした!!
 


オニノヤガラとヒメノヤガラ

2019/08/14 20:15 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

      今年はオニノヤガラを見逃してしまったなあ・・・と思っていたら
    昨日、嬉しい出会いとなりました。 それも、開花株9本&食害?3本。
         丁度見頃の子が多く、新鮮な子たちばかりです。

 DSC01898_201908150114174a0.jpg DSC01901_20190815011416148.jpg
                オニノヤガラ

                少し曲がり気味の子や・・・

 DSC01904_20190815011415804.jpg  P8130976.jpg
                オニノヤガラ

  これから咲き始める子もいるようです。 でも・・・ちょっと遅すぎないかい?

            すくすくと育ち・・・身長は1m越えです!

 P8130982.jpg  P8131013.jpg
                オニノヤガラ

    ジックリ花を見せて頂きましたよ。 今日はラッキーな日でした!  

 P8130974.jpg P8131007.jpg
                オニノヤガラ

そして8月初め、「いま咲いてるよ~」 と教えて頂き出会ったのがこの小さな子です。

P8020381.jpg  DSC00929_201908150122090a5.jpg
                ヒメノヤガラ

 10㎝前後の身長ですが、小さな割にその色合いから結構目立つ存在の
                  ヒメノヤガラです。  

P8020380.jpg  DSC00931_20190815012208648.jpg
                ヒメノヤガラ

       とは言え、やはり小さな子ですから見逃すことも多い・・・

P8020406.jpg  P8020407.jpg

         沢山写真を貼りましたが ・・・ 4本の姫さまたちでした。 

          すぐには行けなくて・・・ちょっと遅かったかな? 




久しぶりの剣山 その2

2019/08/14 01:04 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

                  (その1から続きます。)

     ずっと気になっていた ”次郎笈”歩き! やっと念願叶いました。 

          ”次郎笈”を後に、懐深い剣山をめざします。  

 DSC01172.jpg DSC01183_20190815110202d33.jpg
   チズゴケ(地衣類)            変成岩の層

  行きに通った分岐からだいぶ上ってきました。  次郎笈が随分遠くに見える・・・
                剣山頂上はもう目の前です。

DSC01186_20190815110202c43.jpg  DSC01191_201908151102010ca.jpg
     頂上近く、遥かに見える ”次郎笈”       ミヤマアキノキリンソウ

   頂上に着きました。 ここでも大勢の登山者たちがそれぞれに楽しんでいました。
        亡き父や姉夫婦・相方と ここに立って ← から丁度10年になります。
              懐かしい思いで胸があつくなりました。

         DSC01193_20190815110200d20.jpg
                剣山頂上

  今では広い平家の馬場は深山クマザサに覆われ、縦横に木道が多く設置され
        植物が保護されています。 一息ついたら下って行きます。

         DSC01210_20190815110734176.jpg 
          宝蔵石(ソロモンの秘宝の一部が埋まっている?)  

  小屋前では、お花盛り! 白花のナンゴククガイソウとは初対面です。

         DSC01216_2019081511073332c.jpg
          小屋前のお花畑

住まい近くではセキヤノアキチョウジが見られますが、四国ではアキチョウジです。
             早いなあ・・・もう咲き始めていました。

DSC01235_20190815110732cbf.jpg  DSC01219_201908151107338d5.jpg
    小屋前のお花畑 (アキチョウジ・ナンゴククガイソウ白花も)

    直下から右にルートをとり、行者コースを降りていくことにします。
ここを歩くのもきっと最後になるでしょう。 石灰岩のツルツルした岩に鎖が
          掛かっています。 慎重に・・・一歩一歩!

DSC01236_20190815110731d33.jpg  DSC01248_2019081511095769c.jpg
               行者コース

   途中ではピンクやブルーのヤマアジサイが見ごたえがあります。

  行者コースを下りてくると、そこはキレンゲショウマの群生地でした。
    少し早めのようですが、一面の黄色い花が迎えてくれました。 
       ギンバイソウの蕾もピンク色で可愛い~・・・

DSC01252_20190815110957c55.jpg  DSC01259_20190815110956eaa.jpg
    ヤマアジサイ       ギンバイソウ・キレンゲショウマ

               アップで横顔を・・・

         DSC01301_201908151109555d4.jpg
             キレンゲショウマ

         一斉に同じ方向を向いて咲くキレンゲショウマ・・・

DSC01307_20190815111921d13.jpg  DSC01308_2019081511192034e.jpg
       キレンゲショウマ          ミゾホオズキ

               なかなか見ごたえがあります。
こんなキレンゲショウマの群生地は2ケ所で広く見られます。 道は一方通行です。

         P8040463.jpg
               キレンゲショウマ群生地

     折角なので、清流 ”穴吹川” の源流へ足を延ばしました。
          ここで川風に身を預け、暫し休憩です。

         P8040438.jpg
            四国一の清流 ”穴吹川の源流”

         P8040443.jpg
           穴吹川の源流に咲く ヒナノウスツボ

 ここの石灰岩地では小さなヒメフウロが見られます。 小さくピンク色の
              筋がなかなか素敵です。

住まい近くでは、このところ外来種と思われるヒメフウロが彼方此方ではびこって
  います。 特に川沿いではその流れに乗り、分布を広げているようです。

P8040447.jpg  P8040453.jpg
              貴重なヒメフウロ(徳島県絶滅危惧種1類)

         P8040459.jpg
                 ヤマアジサイ

お花畑の入り口、刀掛けの松まで帰ってきました。 相方は既に下山終了!

         DSC01316_20190815111919751.jpg
                 刀掛けの松

今回はアオベンケイの咲き始め、そしてウナズキギボウシにもご挨拶できました。

DSC01325.jpg  DSC01326_201908151119183fa.jpg
     アオベンケイ            ウナズキギボウシ

 さ~て、今回は大急ぎの四国詣ででした。 台風も接近してるし、本日中に本州を
 脱出します。 温泉で汗を流す前に何故か寄ってしまうのが 「シャングリラ」です。

  「こんにちは~!」 と声をかけると、オーナーがにこやかに迎えてくれました。
 一日中やってるモーニングが我々の定番。 何故か美味しくお腹に納まります。

地元の皆さんのたまり場にもなっているのでしょうか? 楽しく時間を過ごし・・・
    神山温泉・姉の家を経由し、車中泊をしながら自宅へ向かいます。




久しぶりの剣山 その1

2019/08/13 00:25 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

     8月初め、叔父の法要のため四国へ向かいました。
翌日は実家のお墓参りを済ませたあと、久しぶりに剣山へ登る事にしました。

        DSC00982_20190810001733e61.jpg
             マルミノヤマゴボウ

  行く途中で出会った子たちですが、相方が運転なので 「アッ!」 と言っても
         サ~ッと車は走り抜けてしまいます。 (仕方ない・・・)

      でも時々は止まってくれますので、こんなお花をパチリ!

DSC00985_2019081000173265a.jpg  DSC00983_2019081000173235f.jpg
             オオキツネノカミソリ

     涼やかな滝や象徴的な大岩と、そこに生きる松の木や草たち・・・

 DSC00991_20190810001731f7e.jpg DSC00997_20190810001731590.jpg

国道492号線、川上・垢離(こり)とりを過ぎ、クネクネ道をグングン上っていきます。 
 見ノ越に到着し、ここから頂上へ向かいます。 向かって右手に剣神社、
        そしてその左隣には剣山円福寺があります。

         神社で手をあわせ、いよいよ出発です。

DSC01000_20190810002147875.jpg  DSC01014_20190810002146cb2.jpg
  円福寺        剣神社             宮尾登美子さんの碑

植栽ですが、神社前にはキンロバイ・ギンロバイ(ハクロバイ)が咲き残っています。
「花かおる剣山」という書籍によると、ギンロバイは1901年剣山で初めて採取された
                   とありました。

 DSC01011_20190810002145c73.jpg DSC01010_201908100021458f7.jpg
     キンロバイ               ギンロバイ

   剣山も他の山と同様、シカ害などにより随分お花が寂しくなってきました。
お花などには無頓着な相方でさえ、「この花が無くなったなあ・・・」とシコクフウロに
 目をやってからもう数年経ちます。 キレンゲショウマ・ギンバイソウなど一部
シカ対策が行われている場所では網の中で健気に咲く花々がみられますが・・・

DSC01035.jpg  DSC01030_201908100025061b6.jpg
    タカネオトギリ              トゲアザミ

大好きなハガクレツリフネも登山道脇で見られましたが、今年は見られません。
   花期には少し早めなので気がつかなかったかも知れませんが・・・
           
DSC01097_201908140843314c3.jpg  DSC01061_20190810002504a41.jpg
          シコクフウロ          シコクフウロ白花

 リフト駅の西島まで登ってきました。 相方はここまでリフト、そして”刀掛けの松”へ
  向かっているらしい。 今回はいつも眺めているだけだった”次郎笈”へ足を
伸ばす事にしました。 剣山は”太郎笈” それに対しての”次郎笈”なのでしょうね?

DSC01058_201908100025043a0.jpg  DSC01065_201908100025033a6.jpg
         リフト乗り場の ナンゴククガイソウ・ニッコウキスゲなど

 ”次郎笈”への道は2コースあります。 大剣神社経由のチョッピリ短縮コースに
             決め、この鳥居をくぐります。

        DSC01051_201908100025052d2.jpg
                  リフト西島駅横の鳥居

    お花は少ないものの、陽を遮る木々の緑に癒され登っていきます。

DSC01068.jpg  DSC01070_20190814215400845.jpg
     イワアカバナ              ナガエノコナスビ

   角を曲がると・・・小鳥たちが水浴び風の土浴び??の真っ最中。
    こんな様子、初めて目にしました。 何をしてるのでしょうね?

DSC01078_20190814215359a39.jpg
                 カラの仲間

  眺めている内に、ミソサザイも仲間入りしてきました。 熱くないのかな?

      DSC01082.jpg
              ミソサザイも加わって・・・ 何してる?

 さてさて、立ち止まってばかりでは前に進めません。 驚かさないようユックリ
                  進むことにしました。

           DSC01084.jpg

  すぐに大剣神社に到着しました。 神社裏には御神体で高さ50mもある
              という石灰岩が聳え立っています。

  神社前面両脇には 「天地一切の悪縁を絶ち、現生最高の良縁を結ぶ」とあり、
                何とも頼もしい神社です。

DSC01107_20190814215947047.jpg  DSC01120_20190814215946a63.jpg
            大剣神社と御神体(石灰岩)  ツルギハナウド

 少し下ると、名水百選に選ばれた 「剣山御神水」 がご神体の大岩の足元から
 湧き出しています。これは実際に飲める湧水で、「病気が治る若返りの水」
       ともいわれる名水です。 勿論ありがたく戴きました。

DSC01125_20190814215946e2c.jpg  DSC01139_20190814215945685.jpg
    大剣神社御神体              ナンゴクミネカエデ?

ダケカンバの林を抜けると、緩やかな尾根の先に次郎笈が大きく見えてきました。
          ここからは日差しが容赦なく照りつけます。

         DSC01141_20190814215944e1b.jpg
           たおやかな佇まいの次郎笈(じろうぎゅう)

  さて、いよいよ次郎笈の頂を目指します。 ゆったりとした尾根歩きなので
          目で見る距離感より近いと思います。

         振り返ると、剣山への一本道が続いています。

DSC01148_20190815000943fb1.jpg  DSC01156_20190815000943ed4.jpg
     次郎笈                  振り返ると・・剣山

   僅かに見られたコモノギクの薄紫色です。周辺はミヤマクマザサ一色です。

 そして・・・ 次郎笈に到着しました。 周りを見渡すとずっと続く山並みです。

DSC01157_20190815000942426.jpg  DSC01167_20190815000941ccb.jpg
   コモノギク               次郎笈頂上

   三嶺(みうね)方面も歩きたかったけど、ちょっと無理かな~・・・

   DSC01170_201908150009415f4.jpg
                 周辺は・・・

        色々な思いが頭の中を駆けめぐります。

   DSC01171_20190815001015d8f.jpg
              何処までも続く山並み

        ひと息ついて・・・剣山ピークへ向かいます。





地元のハコネクサアジサと四国で出会ったクサアジサイ

2019/08/08 10:41 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   9月に咲き残りのたった1株の 「ハコネクサアジサイ」 に出会って
もう何年になるでしょうか? 翌年、まだあるかな~?チョット早いかな~? と
  林に入ると・・・ そこにはハコネクサアジサイの群落がありました。 

     それ以来、可愛いハコネクサアジサイのファンとなりました。 

ということで、ちょっと覗いてみると・・・・・ あと一息でしたが、大分咲き進んで
                      来てました。

DSC00892_201908092241238a3.jpg  DSC00893_201908092241223e1.jpg
               ハコネクサアジサイ

     草丈は15㎝~20㎝位でしょうか・・・ほぼ揃った大きさです。

P8020350.jpg  P8020351.jpg
               ハコネクサアジサイ

 優しい色合いがたまらなく可愛い・・・ハコネクサアジサイは葉っぱが対生に
 付き(ときに互生)、クサアジサイは、互生すると図鑑にありますが、ここでは
        互生・対生のものが隣り合って咲いています。

        P8020354.jpg
               ハコネクサアジサイ

                 まるで花火のようなお花です。 

P8020355.jpg  P8020352.jpg
               ハコネクサアジサイ

         今頃はもっと賑やかなピンク色に染まっているでしょうね?

 P8020357.jpg DSC00896_2019080922423889d.jpg
               ハコネクサアジサイ

     ハコネクサアジサイを愛でた翌々日、私は四国の田舎にいました。
そこで、草丈40㎝以上のクサアジサイを目にしました。 以前にも出会った場所です。

 DSC01333.jpg DSC01334_20190809233730151.jpg
                  クサアジサイ

写真だけみると同じような感じですが、実際目にすると大きさ雰囲気が違います。

DSC01335_20190809233729ce2.jpg  DSC01337_201908092337289df.jpg
                  クサアジサイ

 葉っぱの鋸歯がクサアジサイは15~38、ハコネクサアジサイは7~12だそうです
               ので、今度数えてみよう。  

 以前、別の場所で出会ったクサアジサイは木質化してる?と思う程に大きく
              逞しく感じたものです。       

        DSC01336_20190809233729e87.jpg
                  クサアジサイ

              お花はどちらも可愛いね~・・・ 



オオキツネノカミソリが満開でした!

2019/08/08 03:37 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

           仲間たちと県中部の山を歩いて来ました。 

斑の入った葉っぱは目を引きます。 テイショウソウは我家近くでは見られません。

DSC00855_201908090331208f1.jpg  P8010310.jpg
      テイショウソウ              フイリコミヤマスミレ

       シロバナイナモリソウもポツポツと咲いていました。
              ギンレイカも咲くようですね。 

P8010289.jpg  P8010297.jpg
     シロバナイナモリソウ              ギンレイカ  

ここでは数多くのミツバテンナンショウが見られます。 分布域は四国・九州・近畿、
          そして何故か・・・静岡県となっています。   
        我家近くでは残念ながら出逢うことはできません。         

DSC01359_20190809092645cff.jpg  DSC01376_20190809092736361.jpg
                  ミツバテンナンショウ

まだ咲いていないだろう・・・と思っていたチャボホトトギスが、既に咲きはじめ!
        まだホンの少しでしたが、嬉しい予想違いでした。
 
P8010306.jpg  DSC00847_20190809090840ad9.jpg
                    チャボホトトギス

 ヤマジオウも地味ながら、踊り子のような可愛い姿を見せてくれました。

DSC01432_201908090933545d4.jpg  P8010344.jpg
                  ヤマジオウ

  沢沿いでは濃い紫色のイワタバコが見頃です。どの子を撮そうか・・・
                 迷ってしまいます。

DSC01372.jpg  DSC00859_2019080909360175e.jpg
                 イワタバコ

     沢から見上げると・・・みどりが優しく、とってもいい雰囲気です。

        DSC00866_201908090933538cf.jpg
               イワタバコ咲く谷

  しっとりとした谷あいを越えていくので、苔やシダの仲間も目に入ります。
        ヒノキゴケは新しい葉?が出てきているようです。

P8010307.jpg  DSC00845_201908090938512a6.jpg
   オオシラガゴケなど            ヒノキゴケ

そんな観察をしながら歩いているうちにオオキツネノカミソリ群生地に到着です。
          わ~、一面にオレンジ色が広がっています!

DSC01383_2019080909412661b.jpg  P8010334.jpg
               オオキツネノカミソリ

  2~3度訪ねているのですが、いつも四国行きと重なり、寂しい景色しか
      見たことがありませんでした。 今回はまさに最盛期!

P8060482.jpg  DSC01386_20190809094125f85.jpg
                 オオキツネノカミソリ
 
   こんなに賑やかになるのですね? お昼をいただきながらたっぷりと
      お花を堪能できました。 それにしても・・・凄いな~  

DSC01390_20190809094217d7b.jpg  P8060490.jpg
                オオキツネノカミソリ

   何処までも続くオオキツネノカミソリ・・・・・ しっかりと目に焼きつけます。

        P8060485.jpg
                オオキツネノカミソリ

       帰りもありますので、ソロソロ引き返すことにします。

       DSC01384_201908090942178d6.jpg
                オオキツネノカミソリ

              天気にも恵まれ、今日でヨカッタネ!  




エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム