FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

スハマソウにはちょっと早かった!

2020/03/09 12:22 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  「え~、スハマソウもう咲きはじめたの?」 3月7日、いそいそと出掛けて来ました。
         途中ではオドリコソウも4~5株が咲き始めていました。

DSC08325_202003091119129a7.jpg  DSC08323_20200309111912707.jpg
                 オドリコソウ

途中の斜面では、ヤマルリソウが賑わって来ました。 定番のタチツボスミレや
        キランソウも楽しみながら一人、の~んびりと・・・

DSC08329_20200309111911b73.jpg  DSC08326_202003091119118af.jpg
                    ヤマルリソウ

  これも楽しみにしていた子です。 昨年その存在を知り、教えて頂きました。
       もう少し赤味が増すと思うのですが、ちょっと早かった?
 イヌガシです。 カシと名前が付いていますが、クスノキ科の常緑樹です。

DSC08335.jpg  DSC08336_20200309112035db7.jpg
                    イヌガシ

  足元にはヤマアイが小さな花を付け、ヤブツバキは陽に輝いています。

DSC08348_20200309112034080.jpg  DSC08350_2020030911203479d.jpg
       ヤマアイ              ヤブツバキ

    これらも昔に植えられたものでしょうね? 多くが花盛りでした。

        DSC08360.jpg
                    ミツマタ

        生息地では、目をこらすと白い花が見えました。
     バイカオウレンです! 咲き始めたものもありましたが・・・

DSC08367_2020030911213754b.jpg  DSC08366_2020030911213758f.jpg
                バイカオウレン

       多くはまだ蕾でした。 気が急いてしまったようです・・・
            もう一度見に来られるかなあ?・・・

P3070332.jpg  P3070339_202003091150099f3.jpg
                バイカオウレン

  そして楽しみにしていたスハマソウですが・・・ こちらもちょっと早いですね。
   開花していた子を撮った筈ですが、ボケボケの写真が残るのみでした。

こんな可愛い葉っぱを付けるのですね? そして真ん中には軟毛に包まれた
   小さな蕾が顔を覗かせていました。 そんな様子がポツポツと・・・

        DSC08369_2020030911482533e.jpg
                  スハマソウ

          あと一息で開花ですね。 品のあるお花です。 

P3070337.jpg  P3070343.jpg
                 スハマソウ

    更に進んで陽当たりのいい場所では、ハナネコノメが咲いていました。
       所々でヨゴレネコノメも・・・ただ、まだ固い蕾みを付けるのみ。

P3070351.jpg  P3070352.jpg
                 ハナネコノメ

      比較的多く咲いていたのは、ムカゴネコノメのようです。
    こちらではこのタイプでは、ツルネコノメも生息しているのです。

茎に付く葉っぱを確認すると対生でした。 マルバネコノメソウも対生ですが、
  萼裂片が平開するとマルバ・・、直角から斜開するとムカゴネコノメ・・・
         やはり、ムカゴネコノメで良さそうですね!

P3070357.jpg  P3070318.jpg
                 ムカゴネコノメソウ

             結構沢山見られてラッキーでした。

        P3070320.jpg
                 ムカゴネコノメソウ

    崩れ防止のネットからカンアオイの仲間が顔を出していました。
        オトメアオイでしょうか? 素敵な名前です。

P3070311.jpg  P3070312.jpg
                  オトメアオイ?

キランソウもアチラコチラで目につくようになりました。 父が好きだった花です!

P3070361.jpg  P3070363.jpg
                  キランソウ

   この先を歩くのはいつ以来だろう? もう10数年前になるだろうか?・・・

        DSC08399_20200309115416693.jpg
                柱状節理の一部?

        もう一度歩いてみたいけれど、もう無理かなあ?・・・

DSC08385_20200309120958158.jpg  DSC08392_202003091209589ca.jpg
                貫入岩ぽく見えるが?・・・

             乾燥気味のタマゴケも相変わらず美しい・・・

         P3070358.jpg
                     タマゴケ

               こんな可愛いコケの仲間もいましたよ。

         P3070360.jpg
                     ?


春の花の目覚め  その2

2020/03/07 01:12 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   年の初め、七草の頃には田んぼにベッタリとくっついていたタビラコ
  (七草名:ホトケノザ) も、今では黄色い花を優しく咲かせています。 

DSC08281.jpg  DSC08280_20200309023506d22.jpg
                  タビラコ

  こちらは、群生すると一面にピンクのお花畑になってしまうホトケノザです。
      植物名はホトケノザですが、七草のホトケノザではありません。
              何だか、ややこしいですね。

P3060291.jpg  P3060290.jpg
                 ホトケノザ

 こちらは、「ノミノフスマ」です。  ふすま・・は、昔の掛け布団のことだそうです。
     小さな葉っぱをノミの掛け布団に例えるネーミングは面白い!
  でも・・・今の子供たちで 「ノミ」 を知っている子はどの位いるのだろう?
    花弁は5枚ですが、深く切れ込んでいるので10枚に見えます。

 似たもので 「ノミノツヅリ」 もありますが、同じ人が名付けたのだろうか?・・・
      因みにツヅリとは粗末な着物という意味だそうです。
花弁は見た目も実際も5枚です。 とは言え「どっちだったかな?」と迷ってしまう・・

P3060278.jpg  P3060279.jpg
                 ノミノフスマ

 毛深くて、小さな薄いブルーの花が咲くフラサバソウも道端を埋めています。

P3060282.jpg  P3060284.jpg
                フラサバソウ

          ヒメウズも、小さいながら何となく存在感のある子です。
          じっくり眺めるとなかなか可愛い顔をしているのです。

 P3060287.jpg  P3060286.jpg
                  ヒメウズ 

  葉っぱを大きく広げているのは、キジムシロのようです。 雉の筵(むしろ)・・・
時代も変わり、言葉も変わっていくけれど・・・こういう形で残っていくのもいいかも?

DSC08307_20200309024158005.jpg  P3060295.jpg
                  キジムシロ

                  コナスビや・・・

        P3060293.jpg
                   コナスビ

    ハナイバナ(葉内花、葉と葉の内に花がつく)も咲き始めました。
           ここは、標高50m以下だと思います。 

   ナント、2000mを越えた富士山でも見られたのにはビックリでした! 
  複数年見ていますので、厳しい冬もこえる根性ある植物のようです。

 似た子に 「キュウリグサ」 がいます。 揉むとキュウリの匂いがする?かな・・

        P3060297.jpg
                  ハナイバナ

       穏やかな日差しに包まれて菜の花が大きく育っています。

        DSC08285_202003090241599fc.jpg
                   菜の花
 
   わ~、お花ではありませんが、こんな子に出会ってビックリです!
タカサゴユリの帯状化現象だという事です。 遺伝的なものや細菌・虫などにより
            成長点に異常が起こってなるのだとか・・・

 今までヤマユリ・キク科植物で目にしていますが、ドライフラワー状態での
  出会いは初めてでした。 幅9㎝近い帯幅?です。 花は30数個?・・・

          DSC08287_20200309034943730.jpg
              タカサゴユリの帯状化

                本来はこんな感じなのですが・・・

        DSC08292_20200309034942d55.jpg
                    タカサゴユリ




スミレの仲間もポツポツと・・・

2020/03/04 21:53 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

  相方と目的地までは同じです。 それぞれに歩くコースも距離も違うので、
 別々に歩き始めます。 まだ数えるほどですが、サクラの花が咲いていました。
       
P3030194.jpg  P3030195.jpg
                  何ザクラだろう?

    キブシの花も咲き始めていました。 髪飾りのようにブラリと・・・

P3030200.jpg  P3030199.jpg
                   キブシ

クロモジも花芽が膨らんできました。 まん丸は花芽で細長いのは葉芽のようです。
           アケビの雄花も開花の準備中でした。

P3030198.jpg  P3030203.jpg
       クロモジ                アケビ

まだ残っていたテイカカズラの種子です。 少し風が吹くとふ~わりと飛んで行きそう
      ですね。 右側は同じテイカカズラですが・・・虫こぶです。

P3030242.jpg  P3030241.jpg
     (種子)            テイカカズラ         (虫コブ)

          P3030243.jpg
                  テイカカズラ

   まだ葉っぱが開ききらないハナイカダもしっかり蕾を付けていました。
          モミジイチゴも次々と花を咲かせています。

P3030238.jpg  P3030229.jpg
        ハナイカダ                モミジイチゴ

     ドライフラワー、似たものどうしですが・・・タムラソウとオケラです!

P3030213.jpg P3030228.jpg
       タムラソウ               オケラ

春の早い内は在来のタンポポを多く目にします。 この辺りではトウカイタンポポ
                  がよく見られます。

P3030205.jpg  P3030206.jpg
                 トウカイタンポポ

   春と言えばスミレですよね? 一番よく目にするのはタチツボスミレです。

P3030207.jpg  P3030208.jpg
                    タチツボスミレ

  でも、今日はニオイタチツボスミレの方が多かった!花色も濃く、茎に毛が
               あるタイプが多いようです。

P3030210.jpg  P3030222.jpg
                  ニオイタチツボスミレ

仲間は「いい匂いがするよ」 と言うのですが、私の鼻には草の香りしか届きません。
  近くにいたご家族に 「香りしますか?」 と聞くと小学生が地べたに鼻をつけ
「うん、匂う!ブドウのような・・・マスカットの匂いがする」 と目を輝かせました。
      お母様は・・・ 「う~ん、草の匂いしかしない」 と。

        P3030217.jpg
                  ニオイタチツボスミレ

   さて、今日は以前一度だけ歩いたシカ道を少しやぶ漕ぎしながら下り、
 隣の尾根を登って来ようと思います。 やぶこぎを終えると突き通しただけの
      新しい道が出来ていました。 こんな道あったかなあ?

P3030249 (2)  P3030256.jpg
                   オカスミレ

    いつの間に道が出来たんだろう・・・などと思って歩いていると
目の端に何かが入って来ました。 綺麗な色をしたスミレでした。 毛が認められ
   ないのでオカスミレのようです。 こんな場所が好きなのかなあ・・・

P3030259.jpg  P3030258.jpg
                   オカスミレ

 山際にはとても綺麗な土柱が出来ていました。 田舎には 「世界三大奇勝」と
  言われる 「阿波の土柱」 があり、上から眺めるととなかなかの景色です。
       そのミニミニミニ・・・版が、こういう斜面で見られます。

  P3030262.jpg P3030261.jpg
                   ミニ土柱

   アッチヘ行っては行き止まり、コッチヘ行っても行き止まり・・を繰り返して
いる内に、葉の付き方の特徴的なカギカズラを見つけ斜面を登って確認しました。
             今年はここで花を楽しみたいなあ・・・

DSC08261_2020030521383594d.jpg DSC08262_20200305213834d33.jpg
                     カギカズラ

   相方も待ちくたびれてる事でしょう! そろそろ帰らなければ・・・



春の花の目覚め  その1

2020/03/04 02:22 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

    今シーズンは、冬らしい冬も余り感じず春を迎えた感があります。
           身近な自然は、いまどんな風でしょうか?

   暖かい日差しに誘われてから、セントウソウが咲き始めていました。
       白く小さな花と細かく切れた葉っぱが特徴的です。

P3030181.jpg  DSC08216_20200304103159619.jpg
                  セントウソウ

  水辺近くでは、ニリンソウが群生しています。 その中の数輪が花を付けて
       いました。一斉に咲きそろうと心が浮きたつでしょうね?

       ジロボウエンゴサクも早くに野原を賑わしてくれます。

P3030188.jpg P3030177.jpg
      ニリンソウ                  ジロボウエンゴサク

 ネコノメソウの仲間も目覚めて来たようです。 ちょっと遠くてしっかり確認できて
いません。 なら近くでは分かるの?と言われると今度は自信がありません・・・

P3030187.jpg  DSC08224_20200304103157271.jpg
    ?ネコノメ             ヨゴレネコノメ?

       セキショウの花が沢山咲いていました。 見事です!
 小さな苗も育ってきて、ここではグングン増えているようです。 あっ、足元にも・・・

DSC08229.jpg P3030185.jpg
                     セキショウ

         水も豊かで、相方も 「いい所だなあ・・・」 と。

        DSC08231 (2)
                    セキショウの群生

 岩から沢山のシダが下がっていました。 覚えるにはこんなに特徴のある子から
始めると良さそうです。 自分で図鑑と照らし合わせながら・・・  ヘラシダでした!
    よく似た雰囲気のサジランやイワヤナギシダとの違いも確認します。

    問題は・・・「いつまでこれが頭に残っていてくれるか?」ですが・・・
        
DSC08218_20200304103338fd3.jpg  P3030182.jpg
                      ヘラシダ

     分かりやすい子たちばかりです。 エビゴケはやっとどうにか?
ジュウモンジシダも沢山見られました。 この時期、新葉が伸びて来るのですね?
           写真撮るのをウッカリ忘れていました。 

P3030191.jpg  DSC08228_20200304105403181.jpg
       エビゴケ                ジュウモンジシダ

アチコチで見られるイノモトソウです。 オオバノイノモトソウとの交雑であるセフリ
            イノモトソウにも出会いたいものです。

        DSC08234.jpg
                   イノモトソウ


 

ミスミソウの季節

2020/03/03 01:16 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 少し前にミスミソウが見頃とのことで、少し時間は経ってしまいましたが先月29日に
 出掛けて来ました。 もう遅いだろうか?と心配でしたが、まだ元気の良い子に
                出会うことができました。 

DSC08165_20200303220336bc6.jpg  DSC08169_20200303220335149.jpg
                 ミスミソウ

 そろそろ終盤で、白い花弁状のものが反っている子もいましたが、
             まだまだ初々しい子もいて・・・

DSC08172.jpg  DSC08168_20200303220334f95.jpg
                ミスミソウ

    清楚なその姿を楽しむことができました。 優しいお花です。

P2290237.jpg  DSC08185_20200303220445f0b.jpg
                 ミスミソウ

            ホンノリピンク色を帯びた子もいました。

        P2290233.jpg
                 ミスミソウ

    チョウジザクラもポツポツ咲いてきて、目を楽しませてくれます。

DSC08146.jpg  DSC08145_20200303220444a39.jpg
                 チョウジザクラ

   以前教わったマンサクも丁度良い状態で出会うことができました。
もう10年近く前になるでしょうか・・・何気に言葉を交わし、色々お話を伺った
     のは、いつまでも学ぶ姿勢を持っておられた方でした。 

       この花を目にする度に懐かしく思い出されます。

        DSC08157_20200303220834d6a.jpg
                    マンサク

                 出会えてよかった・・・

        DSC08159.jpg
                    マンサク

  これはダンコウバイだと思うのですが・・・しっかり確認していませんでした。

        DSC08162_20200303220833088.jpg
                  ダンコウバイ?

   ちょっと確認したいお花もあって目をこらしながら進んでいると・・・
     「あっ、ツクバネだ!」 この時期まだ残っているのですね?

DSC08149_20200303220832741.jpg  DSC08163_20200303220833465.jpg 
       ツクバネ            (見えにくいけど・・)ヤマカマス

        急ぎ足の訪問でしたが、やっぱり出掛けてよかった!



カイコバイモが咲いた! まだ少しですが・・・

2020/03/01 03:07 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

    「カイコバイモが咲き始めたよ!」 と教えて頂き、様子見です。
 「ホントだ!」 まだ数は少ないものの、確実に季節に反応しています。

             本日の一番の美人さんです!
          伸びやかで、一際大きく感じました。 

DSC08104_202003010259556c5.jpg  DSC08102.jpg
                   カイコバイモ

       まだ蕾の子もいます。  近くでよりそっている子たちも・・・

DSC08114_2020030102595418a.jpg  DSC08111_202003010259535c4.jpg
                  カイコバイモ

 花も広鐘形で優しい雰囲気があり素敵です。 中にはチョッピリ角張っている子も
      いたり、色も少しづつ変化があり、それぞれ個性があって面白い。

DSC08123.jpg  P2280220.jpg
                   カイコバイモ

     葉っぱは小さな笹などと紛らわしく、探すにちょっと苦労する。
     でも目が慣れてくると 「あっ、ここにもいた!」 「あそこにも・・・」
         そんな風になるのはもう少し経ってからかな?

       DSC08098.jpg
                   カイコバイモ

ここは自然のカイコバイモ生息地ですが、静岡県では「指定希少野生動植物」として
大切に守られています。 草刈りされた後には、カシワバハグマのドライが見えます。

DSC08115.jpg DSC08119.jpg
      カシワバハグマ                シュンラン

  ついでにちょっとブラついてみると、1輪だけ花が咲いていました。

DSC08121.jpg  P2280217.jpg
    コクランのドライ                 ニリンソウ

    ヤマルリソウはまだかな? ホンの少しですがこれも開花準備中!

P2280225.jpg  DSC08131_20200301184932cf4.jpg
                    ヤマルリソウ 

          立派なフキノトウも目を楽しませてくれました。            

DSC08136_2020030118493146a.jpg  DSC08134_20200301184944c62.jpg
                    フキノトウ

         春の足音・・・耳を澄ませば聞こえてきそうですね! 





エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム