FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

キランソウとタチキランソウ

2020/04/29 00:44 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 キランソウは、ごく身近なところで目にする事ができます。濃い紫色の花が
 印象的で、別名「ジゴクノカマノフタ」とか「医者殺し」と呼ばれるようです。
   これは、どちらも色々な薬効があるところに由来しているようです。

         今年もたくさんのキランソウに出会いました。
場所場所により、少しずつ色の濃淡や顔つきが違っているようにも見えます。

P4120409.jpg  P4120408.jpg

        すっきりとしたなかなか素敵なお花ですよね?
父が、畑の隅に出ていた苗を鉢植えにして、「綺麗じゃろ?」 と目を細めていたのを
      思い出します。 ダイモンジソウもお気に入りでした。

 もう随分昔に、育てていた蚕が繭になる前に体が透き通って来るのですが、
  それを手のひらに乗せ光に透かせ、「綺麗だなあ・・・」 と呟いていた
                  その時と同じ目でした。

P4270335.jpg  P4170318.jpg

   モモイロキランソウと言うのもあるらしいのですが、まだ出会ったことは
ありません。 でも、この子・・・ちょっと無理をすれば、そう見えなくもない??

       P4120473.jpg

 そして、もう少し自然度の高い場所へ行くと・・・上唇がしっかりと耳のように
           なっているタチキランソウが見られます。

P4300464.jpg  P4300466.jpg

    アレレ・・・この子は上唇が1枚しかありません。 付け忘れ?

       P4300465.jpg

      少し場所が変わると・・・ちょっとだけ雰囲気が違う気もする。

P4250033.jpg  P4250035.jpg

      そして、会いたかったピンク色をしたタチキランソウです。
昔は紫色の子も同居していたのですが、今回はみんなピンク色になっていた!
         でも、このあと育ってくるのかも知れない・・・

P4250123.jpg  P4250118.jpg

  カメラが変わると色が違うように見えますが、この子らもピンク色です!

P4250130.jpg  P4250132.jpg

           この日は3人の方と 「こんにちは!」 でした。

       DSC09963_20200430235540fcf.jpg

         今年の連休・・・いつものようにみんなで集まれません。

                  そうだ、手紙でも書こう・・・





スミレ

2020/04/19 10:46 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

   昨年、階段の両脇に咲くタチツボスミレとマルバスミレに目を見張りました。
      今年もチョット覗いてきました。 少し早かったかな?

  普通に見られるスミレたちですが、まとまるとなかなか見応えがありますね。

P4080001.jpg  P4080020.jpg
               タチツボスミレ

      マルバスミレも2ケ所で見られ、それぞれとても元気です。

P4080036.jpg  P4080007.jpg
 マルバスミレ&エイザンスミレ    マルバスミレ&タチツボスミレ

              斜面にたくさん咲いていました。

P4080038.jpg  P4080041.jpg
                マルバスミレ

    エイザンスミレは咲き始めで、見られた数はまだ少なめでした。

P4080023.jpg  P4080024.jpg
                エイザンスミレ

   ツボスミレもこれからのようですね。 葉っぱはた~くさん見られます。

P4080013.jpg  P4080016.jpg
                  ツボスミレ

                アカネスミレもまだわずか・・・

P4080063.jpg  P4080082.jpg
                  アカネスミレ

        ヒナスミレ・・・この子は咲いてから時間が経ったのだろうか?
          側弁が内側にカールしていた。 可愛い~!

          P4080045.jpg
                  ヒナスミレ

                   イカリソウや・・・

P4080067.jpg  P4080066.jpg
                  イカリソウ

   チゴユリも咲き始め、色々な林内を賑わしてくれるのも、もうすぐですね。

        P4080076.jpg
                   チゴユリ

        ムラサキケマンもアチコチで見られるようになってきました。

        P4080021.jpg
                  ムラサキケマン





雑木林の中では・・・

2020/04/15 12:11 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 富士山麓では、ワチガイソウは地面から樹木に着生しているものまで、数多く
目にすることができます。 一方名前の元となったワダソウは地元で昨年初めて
      出会いました。たった3株でしたが・・・

        そして今年、待ちに待って探しに出かけてきました。
   (見つけられるかなあ?・・・)去年より少し早いし・・・ と心配しつつ。
まだかな?と諦めかけたその時、小さな白いものが視界に入りました。

                 ”ワダソウです!”

P4090215.jpg  P4090201.jpg

   花弁がサクラの花びらのように窪んでいます。 間違いありません。
こうなると元気が出てきます。 目をワダソウモードに切り替えて、丁寧に探すと
3~4ケ所で見つかりました。 このモードで同時に枯葉に隠れたエイザンスミレも
                 結構目に止まりました。

P4090212.jpg  P4090211.jpg

 ワダソウの”ワダ”は、長野県の和田峠から来ています。 最初にここで見つかった
ようですね。 和田峠と言えば、”黒曜石や”満ばん柘榴石(スペサルチン)の産地。
 ここの柘榴石は、黒っぽく見えますが、光にかざすと深い赤がとても綺麗です!

P4080122.jpg  P4080106.jpg

 思った以上の個体数に、ホッとすると同時に、このまま咲き続けて欲しい・・
            と思いながら現地を後にしました。

P4080123.jpg P4080112.jpg

   N先生に伺うと、東部でも過去に1ケ所で確認されているとのことでした。

隣接県では群生地に出会いましたが、地元で見られるのはとても嬉しいことです。




ミツガシワが咲いてきた!

2020/04/14 10:24 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 11日は総会が予定されていました。 がっ、市内でもコロナの発症者も出て、
        市関連の行事はことごとく、中止となっています。
          総会も当分の行事も・・・中止となりました。 

   少しだけ、気になっていた園内のミツガシワの様子を見てきました。
        3株だけですが、見頃のお花が迎えてくれました。

P4110395.jpg P4110396.jpg

   氷河期の生き残り植物です。 信州方面へ行けば多く見られるのですが、
         海抜0mに近いこの地で見られるのは珍しい・・・

  開花の時期も圧倒的に早い浮島ケ原自然公園のミツガシワです。

P4110397.jpg P4110398.jpg

        花に近づいてみると、フリフリがとっても可愛いです。

        P4110399.jpg

         ヨシに囲まれたこんな水辺で花を咲かせています。
 今年は開花株がとても少ないようですが、頑張って生き残って欲しいものです。

        P4110400.jpg

    園内では終盤になりつつありますが、ヒキノカサ・ノウルシが楽しめます。

 5月の連休頃には、公園整備のきっかけとなった白い花を付ける 「サワトラノオ」 が
     見頃になりますが、今年の 「サワトラノオまつり」 も中止となりました。

  花は変わらず咲いてくれると思います。 人の少ない時間にソッと出かけてみよう・・・




標高の少し高い地にも春が来た!

2020/04/13 17:31 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

          外へ出たついでに、少し山へ向かいました。
 この辺りにも春の知らせが届いたようです。 森の中に入ってみると・・・わ~!

DSC09247_2020041318272424c.jpg  DSC09272_202004131827244e0.jpg
                コガネネコノメソウ

 林床一面に、空から黄色い星が一斉に降ってきたような光景が広がっていました。
          暫くその鮮やかな黄色に目が釘付けになりました。

        DSC09275_202004131827232df.jpg
           コガネネコノメソウとバイケイソウの芽出し

         ここでは一番いい時期に訪問できたようです。

        DSC09229_20200413182725d3a.jpg
                 コガネネコノメソウ

  ブルー系やピンク系のヤマエンゴサクも丁度いい頃のようで、アチコチで独特の
                   姿を見せてくれます。 

        DSC09237_20200413182722cab.jpg
                  ヤマエンゴサク

 低地では、ジロボウエンゴサクが咲きますが、山地では花の付け根に付く小さな苞
        にギザギザがあるヤマエンゴサクが咲きます。
 ジロボウエンゴサクには切れ込みがなく小さな葉っぱのような苞が付いています。

        DSC09242_20200413183105762.jpg
                  ヤマエンゴサク

     ミヤマハコベも咲いてきました。ハコベの中でも1番華やか?

DSC09244_20200413183104627.jpg  DSC09265_20200413183311cb9.jpg
                   ミヤマハコベ

  低地ではもう店じまいをしたユリワサビですが、ここでは丁度見頃でした。

DSC09246_202004131831048fb.jpg  DSC09261.jpg
          ユリワサビ                イワボタン

            セントウソウも今が丁度良さそうですね!

DSC09288.jpg  DSC09289_20200413184405106.jpg
                    セントウソウ

   夕方近くでしたので、トウゴクサバノオはもうみんな花を閉じていました。
 沢山見られるのですが・・・残念!  天気のいい昼間に出会えるといいなあ~。

        DSC09273_202004131844054bc.jpg
                   トウゴクサバノオ

            ナガバノスミレサイシンも咲いています。

        DSC09270_2020041318440433a.jpg
            コガネネコノメソウとナガバノスミレサイシン

            小さな白いセントウソウの花と共に・・・

        DSC09262_20200413194201ac3.jpg
                 ナガバノスミレサイシン

  本日のイチオシは、ヒナスミレです。 斜面にずず~っと、優しいピンク色の
花がいっぱいです。 誰が名付けたか、まさにその花にピッタリの名前ですね?

DSC09282_20200413194200d36.jpg  DSC09259_20200413184403647.jpg
                     ヒナスミレ

         葉っぱも通常のものも、斑入りのものもあります。
      花も可愛くて、スミレの中でも美人さんの部類にはいります。

        DSC09284_20200413194200989.jpg
                     ヒナスミレ

    どれも花付きがいいですね! 咲いたばかりで新鮮な子たちです。

        DSC09283_20200413194159f32.jpg
                     ヒナスミレ

         少しですが、エイザンスミレも咲き始めていました。

P4100393.jpg P4100394.jpg
                   エイザンスミレ

   嬉しかったのは、キバナノアマナです。 今年は出会えないかな?と
      思っていたのですが、数株花が咲いていて、ヨカッタ~・・・

P4100392.jpg  DSC09290_202004131945480f9.jpg
                   キバナノアマナ

               少しグリーンを帯びた花色です。

        DSC09300_2020041319454671e.jpg  
                   キバナノアマナ

       葉っぱはたくさんあるけど、花がつくのは、少ないねえ~・・・

        DSC09298_20200413194547047.jpg

                   キバナノアマナ

    日が進むにつれてこれらの子たちは、標高が高い所で出会えます。






春の花たちが次々と・・・

2020/04/12 14:09 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

            久しぶりに訪ねた自然豊かな地です。
 まず目に入ったのが、キクザキイチゲです。 以前はアズマイチゲも咲いていた
           のですが、今回は出会えませんでした。

DSC09177_20200413143509dbe.jpg  DSC09175_2020041314350992b.jpg
                 キクザキイチゲ

  いつもより少し早い訪問だったようで、沢山のキクザキイチゲに出会えました。
         エンレイソウも斜面に多くの花を付けていました。

DSC09186_202004131435073af.jpg  DSC09180_2020041314350804b.jpg
      エンレイソウ           ニリンソウとキクザイイチゲ
   
             大きな葉っぱに小さな花・・・

         DSC09183_2020041314350603a.jpg
               エンレイソウ

   ツルカノコソウも名前の通り、ツルをグングン伸ばしていました。
      こんなに小さな時からちゃんと蕾を付けているんだね?

P4100326.jpg  DSC09199_20200413143934f80.jpg
                 ツルカノコソウ

     濃い色合いの素敵な花を付けているのは、エイザンスミレです。
              わ~、どの子も可愛いねえ~・・・

         DSC09195_20200413143933ced.jpg
               エイザンスミレ

         P4100306.jpg
               エイザンスミレ

    今が見頃のナガバノスミレサイシンですが、ここではちょっと少なめ・・・

DSC09200_20200413145712e9a.jpg  DSC09197_20200413145713693.jpg
                ナガバノスミレサイシン

        定番のニリンソウやユリワサビも花を付け・・・

DSC09192_202004131505309c9.jpg  P4100300.jpg
              ユリワサビとニリンソウ

      オウギカズラとフタバアオイの見頃はもう少し先のようです。

 P4100283.jpg P4100288.jpg
           ユリワサビ・オウギカズラ・フタバアオイ

             タニギキョウも咲き始めていましたよ。

        P4100333.jpg
                タニギキョウ

       水の流れや、小鳥のさえずりを耳にしながらの独り歩きです。

        P4100302.jpg
                ヨゴレネコノメ

  目線を上げると、キブシやクロモジ・コクサギの小さな花も目に入ります。

P4100337.jpg P4100341.jpg
       キブシ              クロモジ

       今の季節、どこを歩いてもサクラやミツバツツジの花盛り。
        
          ただ、思いっきり楽しめないのは悲しいね・・・

DSC09211_20200413150958fe0.jpg  DSC09210_20200413150957676.jpg
       フジザクラ                 ミツバツツジ

    


スミレの花咲くころ

2020/04/11 22:04 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(2) [Edit]

         この時期、賑わっているのは・・・スミレの仲間です!
          これはスミレの中のスミレだと思うのですが・・・

DSC08967_20200409001517a8d.jpg  DSC08963_2020040900151805e.jpg
                  スミレ

        葉柄に翼があるので間違いないかな?と思うのだけど・・・
     自分の思っていたスミレとはちょっと違う感じがして、?マークが
         とれません。 でもやっぱりスミレですよね?

P4040237.jpg  P4040241.jpg

  ちょっと変わった距の無い子も居たりで、益々??が増えてしまいます。
   丸っこい花弁を持った子もいました。 個性的と言えば個性的・・・

P4040233.jpg P4040244.jpg

             こちらはニオイタチツボスミレのようです。 
 花の中央が白く抜けて美しい子です。 同じエリアでも、場所を変えて時期を
 ずらして咲いてくれるのが嬉しい・・・前回出会ったのはもう1ケ月も前のこと。

DSC08975_20200409001515a8c.jpg  DSC08970_202004090015168ba.jpg
               ニオイタチツボスミレ

         すっきりと、綺麗な子たちの多いこと・・・

        DSC08969_20200409001515758.jpg
               ニオイタチツボスミレ

   こちらは、すこし距に紫色が残っているからオトメスミレでしょうか? 
    おまけして・・・距まで白いシロバナタチツボスミレでも大丈夫?

 DSC08982_2020040900295582a.jpg DSC08983_202004090029549a7.jpg
                 オトメスミレ

  白いフワフワの毛に包まれたのは、アカネスミレです。 点々と咲いていました。
            中には花柄に毛の無いオカスミレも・・・

P4040259.jpg  DSC08986_202004090050461b6.jpg
                アカネスミレ

         少し進むと、咲いているスミレも違ってくる。
大きな葉っぱに大きな花! これはコスミレだね・・・と現地では思っていたものの、
           写真をとり込んでみると・・・え~、そうかなあ?

DSC08996_20200409005846205.jpg  DSC08997_20200409005845033.jpg
                    コスミレ?

       他の産地の子と比べてみると・・・雰囲気が違います。

DSC09009_202004090058444a1.jpg  DSC09004_2020040901090651b.jpg
                    コスミ?レ

  これら濃い色の子たちは、同じ場所で見かけました。 色々なスミレの仲間がいた
          けれど、ここではほぼ住み分けているような気がしました。

        DSC09012_20200409005843998.jpg
                    コスミレ?
こちらは別の場所(2ケ所目)ですが、2月後半に咲き始めていたのですが、
          まだ次々と咲いていてビックリでした!
      個体数も多いのですが・・・いつまで咲くのだろう?
       
P4040321.jpg  P4040323.jpg
                     コスミレ

  ここも別の場所(3ケ所目)になりますが、なかなかの美人さん揃いです!

P4020143.jpg  DSC08924_20200409014212af6.jpg
                 コスミレ

      ここだけ葉の色が深い緑色で、葉裏は紫色をしていました。

P4020147.jpg  P4020158.jpg
                 コスミレ

     こちらは今年初めてのたった1株のゲンジスミレです。(別場所)

P4020169.jpg  P4020171.jpg
                  ゲンジスミレ

  なかなか素敵なスミレですが・・・我が家の近くで見ることは出来ません。

P4020172.jpg  P4020170.jpg
               ゲンジスミレ

  ご近所で出会った子、ゲンジさんに少し似ている雰囲気はありましたが、
               やっぱり他人のそら似・・・

P4040263.jpg  P4040264.jpg
                    ?

       葉っぱは裏も少し紫色を帯びて、丸い形も似ているけれど・・・ 

P4040266.jpg  P4040265.jpg
                     ?

    アカネスミレやオカスミレ?に納得いかないし・・・ 困ったものだ。

           P4040262.jpg

       いつになったら基本的なスミレが分かるようになるのだろう?         

               何とも悩ましいスミレたちなのです!
  

 * コスミレ?と表記しているものは、教えて頂き、どうやらアカネスミレ或いはオカスミレ
       だったようです。 個体差もあり、お花の同定はホントに難しいですね。
             教えて下さった○○さま、有難うございました。


色々なスミレが咲いてきた!

2020/04/05 22:25 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

     ブログの更新をしないまま、もう1ケ月も経ってしまった・・・

     あちらこちらで桜が満開になり、風に乗って花びらが舞っていく。
いつの間にか、道端のコンクリートの割れ目からスミレやヒメスミレが顔を出している。

 5日、気になっていた沢を歩いてみた。 誰とも出会わないノンビリとした時間。
 進んだり戻ったり、珠には沢から逸れてみたり・・・足の向くまま気のむくままに。

      林の中で一番賑やかなのは、ナガバノスミレサイシンです。 

DSC09088_20200407003203a67.jpg  DSC09073_20200407003203459.jpg
             ナガバノスミレサイシン

       この辺りで多いのは、少し薄めの紫色を子たちです。

DSC09098.jpg  DSC09090_2020040700320260e.jpg
              ナガバノスミレサイシン

  でも、中には濃いめの花色の子たちもいて・・・ 一部ではそんな子たちが
                   多く生息していました。

        DSC09116_20200407003533764.jpg
               ナガバノスミレサイシン

      やけに毛深いな・・・と思っていたら、毛虫が隠れていました。

        DSC09100_2020040700353430b.jpg
              ナガバノスミレサイシン(少し濃いめ)

  時々、くっきりとした白いお花をつけている子もいて、ここでは隣り合わせ。

        P4050093.jpg

どの位白いかとカメラを寄せてみると・・・唇弁のすじもほぼ白で目立ちません。

P4050090.jpg P4050089.jpg
            シロバナナガバノスミレサイシン

  他には、優しい色合いが素敵なヒナスミレ、この子も富士山麓に多いです。

P4050081.jpg P4050029.jpg
                ヒナスミレ

  エイザンスミレも咲き始めていました。 ここでは少し白っぽいお花でした。

P4050096.jpg  P4050078_20200407010959a4a.jpg
                 エイザンスミレ

      こんな所にも居た! 葉っぱが茶色っぽいタカオスミレです。
葉っぱが土と同化して目に入りにくい。湿気てるなあ・・・と目を懲らしていたら
       視界に入ってきました。 花はこれからのようです。

P4050066.jpg P4050067.jpg
                   タカオスミレ

   そして、ナガバノスミレサイシンと競うように咲いていたのは、
              カントウミヤマカタバミです。

P4050024_20200407011229066.jpg  P4050025.jpg
                 カントウミヤマカタバミ

    天気が悪いとうな垂れていますが、本日はこの通り青空です!
             誇らしげに花開いていました。

        DSC09108_20200407011229397.jpg
                 カントウミヤマカタバミ

 いつもは、標高1000m辺りから見られるのですが、こんな所でも咲いていた。

        DSC09093_20200407013926a71.jpg
                 ツルシロカネソウ

            これから暫く咲き続けてくれるお花です。

        P4050008.jpg
                 ツルシロカネソウ

 葉っぱが対生に付き、萼裂片が直立か斜開しているので、ムカゴネコノメソウ。

P4050051.jpg  P4050050.jpg
                 ムカゴネコノメソウ

   比較的近い所に住んでいるのですが、こちらは葉っぱが互生に付いて
   いるツルネコノメソウです! コガネネコノメソウも咲き初めてきました。

P4050046.jpg  P4050021.jpg
      ツルネコノメソウ             コガネネコノメソウ

           ヨゴレネコノメも赤い葯が目立ちます。

        P4050073.jpg
                 ヨゴレネコノメ

   ヤブレガサも一部では開いていましたが、ここでは傘が閉じたまま・・・

        DSC09110_202004070139262ba.jpg
                    ヤブレガサ

  途中で、こんな頭骨に出会いました。 まだ幼いシカのものと思われます。

DSC09069_20200407020815ea6.jpg  DSC09068.jpg
                   シカの子供?

      3時間弱のノンビリ歩きでしたが、充分な気分転換となりました。




プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム