FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山スバルライン お庭遊歩道周辺散策

2020/08/31 00:37 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

 今年はコロナの影響で、残念ながら富士山は見るだけの山となっています。

   静岡県側は3ルート共にゲートが設置され、立ち入りが出来ません。
唯一、山梨県側では色々な規制を設けた上で登山口手前までと、奥庭周辺・
    五合目バス停からのお中道コースの散策は可能となっています。

奥庭駐車場から、第2火口列周辺を回って来よう・・・(地図の右側短い周回コース)

        P8110544.jpg

 お花の時期は過ぎていますが、フジアザミ・ヤハズヒゴタは富士山の定番です。

DSC00041_20200901013457206.jpg  DSC00045_20200901013456c6e.jpg
      フジアザミ             ヤハズヒゴタイ 

 林内では余りお花も期待できなく、道沿いで色々な植物が顔を出しています。
   タチコゴメグサ・・・だったかな?アカバナの仲間も多く見られました。

DSC00059_2020090101345587a.jpg  DSC00068_20200901013454f19.jpg
  タチコゴメグサ              アカバナの仲間

 ツツジ科のイチャクソウ仲間も咲き残っていました。 富士山にはこの仲間が
他にも住んでいるのですが、目についたのはベニバナイチヤクソウの花後のみ。

DSC00071_202009010134529fa.jpgDSC00200_20200901013841193.jpg
     コバノイチヤクソウ              コイチヤクソウ

イワツメクサは残念ながらもう終わり。 コケモモが僅かに色を付け始めていました。

DSC00092_2020090101384063a.jpg  DSC00112_20200901013839063.jpg
     イワツメクサ             コケモモ

  ここのギンリョウソウはなかなか豪華です! それにしてもまだ咲いているのに
       ビックリ! そっと木々の間をのぞき込んで気づきました。

        DSC00117_202009010138372fd.jpg
                 ギンリョウソウ

       樹木の足元には小さなシャクジョウソウも咲いています。
         昨年のドラフラワーも残っていて、ラッキーです。

        DSC00127_20200901013836899.jpg
                シャクジョウソウ

 この辺りでは樹木も大きくなりませんので、目線でマツボックリが観察会出来ます。
        カラマツは、昨年のマツボックリも沢山残っています。

高所に生きるコメツガですが、低地ではツガが育っています。 葉っぱの違いも
ありますが、マツボックリの付け根が曲がっていればツガ、真っ直ぐならコメツガ、
         真っ直ぐに付いているのが確認できました。

DSC00154_2020090102235714f.jpg  DSC00119_2020090102235553a.jpg
     カラマツ               コメツガ

  先程まで雲が流れては見え隠れしていた山頂もクッキリと見えてきました。

        DSC00153_202009010223556dc.jpg
                    富士山頂を・・・

 足元ではハナゴケの仲間が広がっています。 風雪に耐えたカラマツもしっかり
           根を下ろしています。 逞しい根元です。

DSC00122_2020090102522183f.jpg  DSC00140_20200901025220e9b.jpg
      ハナゴケ(地衣類)           カラマツ

              ちょっと寂しく見える富士山です。 

        DSC00162_202009010252195c1.jpg
                  頂上を・・・

昔、観察会で訪ねた事を思い出しました。 火口列はこの下部に繋がっています。

        DSC00171_202009010252175d3.jpg
                火口列周辺

      ここから下ると、丁寧な解説案内板が設置されていました。

        DSC00191_20200901025216613.jpg
               第2火口列の案内板

 お花も終盤とは言え、車道沿いも含め色々な花が目を楽しませてくれました。

P8240022.jpg  P8240034.jpg
       ヤマハハコ               キンレイカ

      みんな富士山五合目周辺を飾ってくれるお花たちです。

P8240036.jpg  P8240021.jpg
   ミヤマアキノキリンソウ             ハナイカリ

        まだまだ他にもいましたが・・・ 来シーズンに期待です。

P8240006.jpg  P8240016.jpg
    ミヤマフタバラン            トリカブトの仲間

         この子たちも富士山南麓・北麓ともに定番・・・

P8240023.jpg  P8240011.jpg
      トモエシオガマ              イワオウギ

   何だか動くものが気になり覗き込むと・・・富士山のカモシカでした。
 オートにしていますので、周りの木にピントが合ってしまいました。 取り直
      そうとすると、残念! 森の奥へ行ってしまいました。

        DSC00205_20200901110902e59.jpg
                富士山のカモシカ

今年から山梨県でも外来種除去マットが設置され、富士山が守られています。

        P8110539.jpg
                 外来種除去マット

 丁度散策を終える頃、ポツポツと雨が振り出し、更に雨脚は強くなりました。

               わ~、濡れなくて良かったよ・・・

               来年はまた登りに来なければ・・・




カモメヅル仲間の??解決!?

2020/08/28 00:08 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   この所・・・カモメヅルの仲間がわからず、頭を悩ませていました。 

     図鑑を捲り、ネットでアチコチ検索しても益々悩ましいばかり。
オオカモメヅル・コカモメヅルどっちなんだろう? メジャー片手に出掛けましたが、
     花序の付き方と葉の大きさが当てはまらない! う~ん・・・

    濃いエンジ色の部分は副花冠と言うそうですが、大きく張っているのは
   オオカモメヅルの特徴のようです。 コカモメヅルはもう少し小さめらしい。

P8191324.jpg  P8191338.jpg

 色合いも様々で、毛も多いようです。 葉っぱの大きさも4・5㎝~12㎝と色々です。

P8191357.jpg  P8191330.jpg

  花序の付き方は根元の葉っぱより少し小さめだったり、大きかったり・・・

P8211393.jpg  P8210009.jpg

                虫こぶ付きの子もいました。  

P8210003.jpg  P8210001.jpg

       別の場所も覗いてみると・・・ 余り変わりないか・・・

P8260091.jpg  P8260093.jpg

                  やっぱり毛深い・・・

        P8260103.jpg

            こちらもほぼ水平に種を付けています。

        P8260116.jpg

       アレ?穴があいてる。 葉っぱを裏返そうとすると・・・ムニュッ!

           DSC00347_20200829021510dc3.jpg

          わ~、ゴメンゴメン。 お互いにビックリ!

    つぶさなくて良かった・・・ 大好きなアサギマダラの幼虫です。
キジョランではよく見ますが、カモメヅルの仲間では初めての出会いでした。
この子は3㎝位、あと2匹が1㎝程でした。 無事に羽ばたけますように・・・

P8260082.jpg  P8260085.jpg

  そう言えば・・・この仲間、昨年別の場所で見ているのを思い出しました。 

   写真を見てビックリ!これこそが、本物のオオカモメヅルなのでした。
      *花序が付け根の葉よりも短い  葉は7~12㎝など・・・ 

DSC09323_2020082901521521e.jpg  DSC09322_20200829015214e22.jpg

     今年見たものより花序が極端に短く、大いに納得しました。

 P7120838_2020082901521348d.jpg P7120841_20200829015212e17.jpg

     では、今年出会った子は一体誰なんだろう? と思ったら・・・

神奈川県・静岡県内で確認されている 「ナガエオオカモメヅル」 がありました!
       そうだそうだ! きっとこの子に違いない。 ヤレヤレ・・・

               じゃあ、 「コカモメヅルは?」

               まだ出会っていなかった!

       今年出会うのは難しいかな? でも・・会いたいなあ・・・

   * ひとり納得しているだけで間違っているかも知れません。その時はご免なさい。 
  

浮島ケ原自然公園

2020/08/24 01:00 ジャンル: Category:浮島自然公園
TB(0) | CM(0) [Edit]

      長雨が終わったあとは、照りつける暑さに辟易しています。
 本日の夕立でどうやら区切りついたようですね。 焼きつけるような暑さからは
              やっと解放されそうです。

  浮島ケ原自然公園も昼間はうだるような暑さでした。 ザリガニ釣りの子供たちも
            いなくて、静か過ぎる時間が流れて行きます。

        DSC00001_2020082300250306a.jpg
 
       園内を歩いてみると、季節の移り変わりが実感出来ます。
       丘部分は草刈りがされていました。 10日程前のようです。

        DSC00003_20200823002502995.jpg

      今年は、コバノカモメヅルが随分増えてきたように思います。
   花色の濃い子、薄い子、アズマカモメヅルとの中間型のような子・・・

   白い花を付けたアズマカモメヅルも何カ所かで復活してきたようです。

        P8100434.jpg
                 コバノカモメヅル

   手裏剣のような・・・見方によっては手足をくねらせ踊っているようにも・・・

        P8100445.jpg
                 コバノカモメヅル

 アチコチでヨシやタデの仲間に絡んだり、逞しく生きていますが、そろそろ後半に
                 入っているようですね。

 P8100431.jpg P8100433.jpg
    アズマカモメヅル              色の薄い子

 輪っか入りの子はボケボケですが、まあこういう子もいると言うことで・・・

P8021364.jpg  DSC00016_20200823002500b69.jpg
    エンジの輪っか入り           後半に入っています

  増えているこのミズオトギリは、3時のお花です。 午後の3時前後から
花が咲き出します。 まだ2時半か~・・・と思っていると、わ~、咲いてるよ!

P8021340.jpg P8021343.jpg
                   ミズオトギリ

             優しいピンク色のお花が咲きます。

       P8021345.jpg
                      ミズオトギリ

 優しい色合いのヒメハッカも細い茎を懸命に伸ばしてその先に花を付けています。
        公園内で一番お気に入りの子かも知れません。

P8021362.jpg P8021328.jpg
                   ヒメハッカ  

  この子たちも増えてきて、園内のアチコチで見られるようになってきました。
            見頃は既に過ぎているのですが・・・               

        P8021326.jpg
                  エゾミソハギ

   似たものどうしの仲間たちですが、まだまだ元気なシロバナサクラタデと
              咲き残りのヌマトラノオです。

P8100440.jpg  P8100436.jpg
     シロバナサクラタデ          ヌマトラノオ

    ゴキヅルの花は沢山出ていますが、面白い形の実はもう少し・・・

P8100428.jpg  P8021337.jpg
                   ゴキヅル

        ミゾソバも綺麗な花を咲かせます。 別名「牛の額」 

P8220046.jpg  P8220044.jpg
                   ミゾソバ

     タコノアシも蕾を付けて来ましたが、イマイチ元気がありません。
                     大きくなあれ!

P8220059.jpg  P8220060.jpg
    タコノアシ・シロバナサクラタデ         タコノアシ

   繁殖力旺盛なツルマメはダイズの原種、もう少し先にはアズキの原種
               ヤブツルアズキと競合です。

P8220034_202008260405096da.jpg  P8220032_2020082604050781f.jpg
                 ツルマメ

   コシロネもポツポツ見られるのですが、その存在にどれだけの方が気づいて
                     下さるのか・・・ 

        P8220021.jpg
                   コシロネ

            ヨメナ・ヘクソカズ・ガガイモなども顔を出し・・・

P8100462.jpg  P8220064.jpg
         ヨメナ               ヘクソカズラ

  最近多く目にするようになったシンテッポウユリもなかなか清楚な姿です。

        DSC00023_202008230058347bf.jpg
                  シンテッポウユリ

   トゲトゲのムカゴを持つニガガシュウ始め、ツル植物は元気いっぱい!

                過ぎて・・・ 

        DSC00021_202008230058331c7.jpg
                   ヤマガシュウ

  1本のエノキを土台に高くまで上ったその先には、ブドウが成っています。

        DSC00027_202008230058328de.jpg
                 エノキに巻きつくエビヅル

 公園脇のススキの根元をかきわけると・・・ナンバンギセルが開花準備中。
          もう咲き始めているかもわかりません。

        DSC00012_20200826042451545.jpg
                   ナンバンギセル

   色々な生き物も顔を見せてくれるのですが、名前がわからず・・・
           ゴメンネ! その内、少しずつ・・・?

   P8100471_20200826041552049.jpg  P8100466.jpg  P8220070.jpg
   カメムシの仲間     カタツムリの仲間      クロベンケイガニ

          DSC00007_2020082604251074a.jpg  DSC00013_202008260433134d3.jpg
           蝶               ナガコガネグモ

        
             (* 写真は少し前のものも含まれています)

              


少し前のお花たち・・・

2020/08/21 23:15 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

   今年は逢いに行けなかったなあ・・・と諦めていたシロテンマですがっ!
      新しい場所で、まだ状態のいい子が待っていてくれました。

         15㎝程の小さな子でしたが、とても新鮮です。

  P8140899_20200818231332f16.jpg P8140903_20200818231330bc7.jpg
                    シロテンマ

      他にもいないかな?・・・ と探したのですが、残念!
 そして、諦めた頃種子になっている3株の子にも会うことが出来ました。

           来シーズンが楽しみです。 

P8140911_202008182313295d5.jpg  P8140920_20200818231328c9a.jpg
                シロテンマ

         今年はハクウンランにもよく出会いました。
 小さな白い花ですが、結構目に入って来ます。 アチコチに住んでいるようですね。

 P8120669.jpg P8120675.jpg
                 ハクウンラン

                場所が変わっても・・・・・

 P8041764.jpg P8041780.jpg
                 ハクウンラン

             ちゃんと咲いてくれています。

        P8041793.jpg
                 ハクウンラン

よく似たヤクシマヒメアリドオシランは結構まとまって咲いている事も多いようです。

P8041707.jpg  P8041752.jpg
                ヤクシマヒメアリドオシラン

       何だか、昔折り紙で作った奴さんのようにも見えます。

 P8041753.jpg P8041762.jpg
                ヤクシマヒメアリドオシラン

      こんな風に咲いてくれると、なかなか絵になる景色です。

        P8041742.jpg
                ヤクシマヒメアリドオシラン

場所によっては、数は少ないものの、こんな子も一緒に育っていたりもします。

 P8041765.jpg P8041767.jpg
                 アオフタバラン

        ポツポツ・・・ですが、出会えるとウレシイものですね!

 P8041774.jpg P8041776.jpg
                 アフタバラン

             少し前に出会った子たちでしたが・・・・・

    夏の暑さもやっと峠を越したようですね。 あとは・・・コロナですか・・・



クモランとムカデラン

2020/08/18 18:43 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

 植物名も色々です。 それに見合ったいい名前なら言うことないのですが・・・
      余り好まれない名前を頂戴した気の毒な花もいます。
  ヘクソカズラ・ハキダメギク・ママコノシリヌグイ・オオイヌノフグリ・・・

        これらとはちょっと違うかも知れませんが・・・

私の周りにもこれら (ムカデ・クモ) を苦手としている方がいらっしゃいます。

 図鑑を眺めながら、 「この子に会いたいなあ・・・」 とずっと思っていました。
    名前とは対照的に、小さく可愛いお花なのです。 念願叶い・・・

           出会えました! ムカデランです。

P7240720.jpg  P7240723.jpg
                  ムカデラン

    折角の機会でしたのに、残念ながらまともな写真がありません。

P7240750.jpg  P7240727.jpg
                  ムカデラン

 名前から来るイメージとはまったく違って、ムカデランの花は手放しで可愛い!

        P7240754.jpg
                  ムカデラン

        そうだ、まだ今年はクモランに会っていなかった・・・

数は少ないけれど、昨年出会った場所を訪ねると・・・ どうにか間に合った。

P7270940.jpg  P7270935.jpg
                  クモラン

    ではついでに・・・と移動してみると、咲き残りが少しと

 花は既に終了し、若い緑色の種子を付けた子たちです。 ちょっと遅かった・・・

P7270953.jpg P7270951.jpg
                クモラン

     来シーズンは、もう少しいい状態の時に訪ねなければ・・・

P7270965.jpg  P7270957.jpg
                 クモラン


          ちょっと時間が経ち過ぎたお花たちでした。 




富士山麓を歩いてみれば・・・

2020/08/16 16:55 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

       この季節、お花はちょっと少ないように感じますが・・・
     それでもブラブラ歩いていると、小さなお花が目につきます。

  P8140904.jpg  P8140905.jpg
        オトギリソウ         ミヤマトウバナ? 

        いつの間にかツリフネソウが咲き始めていました。  

P8140940.jpg  P8141041.jpg
                 ツリフネソウ

      ちょっとした木陰では、今ツルニガクサが賑やかです。
  木陰に咲くものとばかり思っていたら、日当りのよい道端にも群生!

       小さな花ですが、その作りはナカナカ可愛い・・・

P8140927.jpg  P8140926.jpg
                ツルニガクサ

   ヤマジオウはそろそろ終盤ですが、咲き残りもポツポツ見られます

P8140922.jpg  P8140925.jpg
                 ヤマジオウ

   ヤマジオウと少し似ているマネキグサ、まだかな~?と覗いてみると、
        やっぱりいました! あわてん坊さんが・・・

P8140987.jpg  P8140985.jpg
                 マネキグサ

    花火が広がったような可愛いお花は、ハコネクサアジサイです。
葉っぱの付き方は、対生だったり、互生だったり・・・ お隣同士で色々です。

 P8140958.jpg P8140969.jpg
              ハコネクサアジサイ

  場所は同じではありませんが、タテヤマギクも綺麗に咲いていました。
          葉っぱの形に変異の多い子たちです。

P8140884.jpg  P8140894.jpg
                タテヤマギク

     白い米粒のようなオトコエシもこれからが本番のようです。
ホタルブクロもヤマが付くのかな?と、確かめてたら・・・ちょっと変わった子です。

ヤマホタルブクロのように萼片の湾入部が膨らんでもいないし、ホタルブクロのように
反り返った付属帯もなく、のっぺらぼうです。 ホント? クリックすればわかるかな?

P8140941.jpg  P8140946.jpg
       オトコエシ               ホタルブクロ

    コバノギボウシの花色は素敵ですね! シュロソウはなかなか渋い!

 P8140997.jpg P8140999.jpg
        コバノギボウシ           シュロソウ

   フシグロセンノウも、周辺をパ~ッと明るくしてくれるお花です。

P8141006.jpg  P8141004.jpg
                  フシグロセンノウ

      ツルカノコソウも、アチコチで花火を打ちあげているようです。

P8141038.jpg  P8141039.jpg
               ツルカノコソウ

トチバニンジンに黒い目玉が付いているのは、ソウシシヨウニンジンだそうですが、
  どう違うのだろう? 分ける必要があるのかなあ?・・・と思ってしまいます。

 P8141011.jpg  P8141021.jpg
     ソウシシヨウニンジン          ハクウンラン

 今年はオオカモメヅルに会えなかった・・・と思っていたら、ここにも居ました!

P8141029.jpg  P8141026.jpg
                  オオカモメヅル

    そして、フト目に止まったのは・・・花後の実を付けたギボウシラン!
           こちらは、来シーズンのお楽しみです。

 P8141017.jpg P8141020.jpg
                ギボウシランの果実


    欲を持って森に入るとガッカリすることが多く、ちょっと寄ってみよう・・・と

         覗くと嬉しい出会いがある。 凡人の欲を捨てよう!

                 やっぱり無理かなあ・・・?




里山をノ~ンビリと・・・

2020/08/15 03:21 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]

       富士山麓上部へは今年はなかなか入りにくい・・・
 少し高度の下がったちょっとお気に入りの場所を歩くことにしました。

       ここで目に付いたのは、トンボソウでした。
 我家の近くではもう既に果実期なのですが、ここではまだまだ新鮮です。

P8130780.jpg  P8130786.jpg
                 トンボソウ

  オオバノトンボソウより少し遅れて道端で、また林の中で咲いています。
    しゃがみこんで、じっくり観察すると、なかなか可愛いですね!

        P8130796.jpg
                 トンボソウ

   ヤマホトトギスも咲き始めていました。 ドンドン季節は巡っていますね。

P8130771.jpg  P8130770.jpg
                ヤマホトトギス

  シロバナイナモリソウはそろそろ終盤のようです。 この辺りでは、シロバナばかり
  です。 結構群生するのですが、花が小さいのでピンク色のイナモリソウのような
      華やかさはありません。 でも、白く星のような形の花は愛らしい・・・

        P8130762.jpg
              シロバナイナモリソウ

            黄色いお花はキンミズヒキです。

        P8130768.jpg
              キンミズヒキ

        よく似たミズヒキ・ギンミズヒキはすぐ近くで交差!

        P8130799.jpg
       ギンミズヒキ           ミズヒキ

  ユウガギクも咲き始めると・・・秋の気配? まだまだ暑いのですが・・・

P8130772.jpg P8130804.jpg
       ユウガギク           ハグロソウ

    これで開花いっぱいいっぱい? モミジガサが群生していました。

P8130820.jpg  P8130815.jpg
        モミジガサ           ホタルブクロ

  ミズタマソウのようですが、こんな小さなお花はルーペでマクロモードにすると・・・
      ホラ、こんなに可愛いのです。 小さなアリも・・デカッ!!

P8130836.jpg P8130842.jpg
                ミズタマソウ

      おまけに、ピンク色を帯びている子でした。 何だかいい感じ・・・

        P8130840.jpg
              ミズタマソウ

   オニドコロの花は少し黄色味を帯びています。 雄花は葉腋から上向きに出し、
          雌花は垂れ下がる、 これは女の子ですね!
   立ち上がっている花のヤマノイモは・・・ どうやら男の子のようです。 残念!

P8130811.jpg  P8130809.jpg
       オニドコロ           ヤマノイモ

       キツネノカミソリもこの時期よく目につきますね。

P8130831.jpg  P8130833.jpg
               キツネノカミソリ

      紫色の濃いコバノギボウシも道脇を賑わしてくれます。
トチバニンジンは実が付くと重そうですね。 この子は負担軽そうですが・・・

P8130834.jpg  P8130830.jpg
         コバノギボウシ          トチバニンジン

 何だか園芸種っぽい感じさえするフシグロセンノウですが、・・・野の花です。 

        P8130829.jpg
                フシグロセンノウ

      今年初めてこの葉っぱを目にし、何度か通ったのですが・・・
   8月終わりか9月初旬にはお花に出会えるでしょうか? 楽しみです。

 ミヤマコウモリソウは別名モミジタマブキ。環境省1B、静岡県N-Ⅲだそうです。

P8130847.jpg P8130849.jpg
               ミヤマコウモリソウ

           ウスゲタマブキと同じ頃に咲きそうな・・・

        P8130850.jpg
               ミヤマコウモリソウ

 ソロでしたが・・・お花は沢山付いていたのにソーセージのような果実はこれだけ!

  ツチアケビですが、近くにも居ました。  お花の頃は気づかなかった・・・

P8130764.jpg P8130788.jpg
                 ツチアケビ

       森の空気を感じながらのゆったり散策は楽しいものです。



草原を彩るお花たち  その2

2020/08/03 01:26 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(0) [Edit]


       先日とはちょっと違う場所の草原を歩いて来ました。

 ススキの間からチダケサシのピンクやオオバギボウシの薄紫色が目につきます。

P8031408.jpg  P8031403.jpg
      チダケサシ            オオバギボウシ

         ここではフシグロが可愛い口を開けていました。
       ノハナショウブはもうそろそろ店じまいのようですね。

P8031397.jpg  P8031400.jpg
      フシグロ             ノハナショウブ

       小さな風船をたくさん見つけて、周辺を探していると・・・

                    見えた見えた!

  IMG_20200803_141136.jpg
          バアソブ

              バアソブが咲き始めました。

          IMG_20200803_141142.jpg
                      バアソブ

             オレンジ色はよく目立つ!

  IMG_20200803_141758.jpg
           コオニユリ

         ニキビ面のコオニユリですが、存在感は大!

          IMG_20200803_141521.jpg
                   コオニユリ

         あっちにも・・・       こっちにも・・・

  IMG_20200803_141447.jpg
          カワラナデシコ

   カワラナデシコがいっぱいです! こんなに沢山目にしたのは久し振り・・・
              いいタイミングだったみたい。

          IMG_20200803_142050.jpg
                        カワラナデシコ

                 オミナエシも咲いてきました。

  IMG_20200803_142544.jpg
       オミナエシ

   ここでヒキヨモギを見たのは初めてです。 結構見られてヤレヤレ・・・
           残念ながらもう終わりでしたが!
  
          IMG_20200803_142627.jpg
                        ヒキヨモギ

    外来種ですが、少しの風でも揺れるさまは可愛いものです。

  IMG_20200803_142003.jpg
      キバナノマツバニンジン

 葉っぱの感じから、ボタンヅルのようです。 近くでコボタンヅルも見た気が
      するのですが、それとわかるような写真がありません。 

 センニンソウも含め、木を覆い一面に白い花を付ける姿は中々のものです。

          IMG_20200803_141724.jpg
                         ボタンヅル

 ヒメトラノオもアチラコチラで咲き始めました。 花色がとても素敵です。
     これからもっと色づいて草原を賑わしてくれそうです。

  IMG_20200803_141811.jpg
         ヒメトラノオ

  マツムシソウにはまだ早いよね?・・・などと思っている歩を進めていると・・・
  もう咲き始めていました。 こうなると、草原はもう秋に入ったようですね?

      そこかしこに蕾が見えますので、これからが楽しみです

          IMG_20200803_143101.jpg
                            マツムシソウ

       カセンソウでしょうか? しっかり確認しなかった・・・
     タチフウロも咲き始め・・・ 本格的な秋に向け、楽しみです。

P8031383.jpg P8031394.jpg
      カセンソウ?               タチフウロ

  オオアワダチソウも咲き始めています。 セイタカアワダチソウより1ケ月ほど
       花期が早いようです。 どちらも外来種なのですが・・・・・

        P8031420.jpg
              オオアワダチソウ

    ユウスゲが懍と立つ姿は見事です!爽やかな色合いも素敵ですね!
        花がちゃんと咲き始める時間帯に訪ねたいものです。

        P8031414.jpg
                ユウスゲ




夜叉神峠まで・・・

2020/08/02 01:29 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(0) [Edit]

  果物を買い出しがてら、涼しさを求めて夜叉神峠方面へ車を走らせた。

        懐かしい幼なじみ登山で訪ねて以来のこと。
そうそう、ここのペンションでお世話になったなあ、ここにカモシカがいたよね?
          色々な思い出が頭の中を駆けめぐる・・・

        8年続いていた仲間との歩きも今年は凍結・・・

   広河原への道も今年はゲートが閉じられ、バスも人も通行できない。
歩く予定はなかったのだが、時間もあるし 「行ってくれば?」 の声に押される
                  ように歩き始めた。

 手前では、ギンバイソウが咲いていた。 ちょっと変わった葉っぱを付けている。

P7220146.jpg  P7220147.jpg
               ギンバイソウ

      丁度咲き始めたばかりの、とても新鮮な子たちです。 

        P7220148.jpg
               ギンバイソウ 

          何ザクラだろう? 実が赤くなり始めています。

        P7220149.jpg

      歩きやすい登山道です。 この時期お花は・・・ありません。
         オシダのようなシダが大きく葉を広げています。

        P7220153.jpg

            イケマはこれからもっと賑わうようです。 

P7220195.jpg  P7220156.jpg
                 イケマ

  ミヤマタニタデかなんかだろう・・・とカメラを向けたがちょっと違う。 なんだろう?

P7220161.jpg  P7220170.jpg
            ?         ヤマホタルブクロ

   小さなヒナノウスツボが目の端に止まりました。 地味なお花です。

        P7220163.jpg

    1時間弱で夜叉神峠に到着です。 ちょっと期待してたのですが、残念!
                白峰三山は雲の中でした。

P7220173.jpg  P7220169.jpg

                  う~ん、ざんねん・・・

        P7220168.jpg

      15分ほど休憩し、下っていきます。 直下の分岐ですが・・・
右に下るとトンネルの広河原寄りの出口近くです。 今回はトンネル歩きも出来ません。
        まっすぐ進み、久しぶりに高谷山へ向かう事にします。

        P7220171.jpg

   かつては笹が胸丈近くまであり、ササ漕ぎして歩いた記憶があるのですが、
   今は精々膝までくらいです。 足が伸びた訳ではないと思うのですが・・・?

        P7220174.jpg

              などと思っている内に、到着です。 

P7220181.jpg  P7220183.jpg
         高谷山            サルオガセ

        P7220185.jpg
              ギンリョウソウ

        まだホンの少ししか咲いていませんでしたが・・・
ママコナの仲間です。 シコクママコナ?と思いましたが、分布域が・・?
         タカネママコナ? でも、花色がちょっと・・・

P7220197.jpg P7220192.jpg
              ママコナの仲間

           今回もお花の名前が怪しいものばかり・・・
     今頃はこの辺りママコナの仲間で埋め尽くされているかも???

        P7220188.jpg
              ママコナの仲間

         品よく立っていたのは、キバナノヤマオダマキでした。 

    芦安のペンション近くで美味しい水を汲んで、我が家へ向かいます。

           P7220198.jpg
                キバナノヤマオダマキ




プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム