お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

東北の山を行く  その6  秋田駒ケ岳

                   (ふ~っ、やっと東北の山、最終日です)

早池峰山をご一緒した仲間とはお別れし、翌日の秋田駒ケ岳に備え、麓近くへ移動します。
     秋田竿燈まつりの為、宿はとり辛く、フクシアさんの活躍で、宿を確保し、
             翌日に備える事が出来ました。

    朝一番のバスに乗って8合目まで移動ですので、楽チン観察になります。
数年前は相方と歩いた道を行きます。 やはり東北のお花の時期には少し遅いよう
        ですが、それでもまだまだ楽しむ事が出来ます。

    DSC00596.jpg    DSC00631.jpg    DSC00692.jpg
     八合目登山口         ノウゴウイチゴ       ミヤマウスユキソウ

  片倉展望台まで来ましたが、白いガスの中で、展望はありません。 お花畑をさらに
   ゆっくり登ります。 阿弥陀池に着きました。相変わらずのガスの中です。
  さて、この後どうしよう? 二人ともまだ登っていない男岳を目指す事にしました。

    DSC00706.jpg    DSC00732.jpg    DSC00705.jpg
    ミヤマアキノキリンソウ      ミヤマコウゾリナ          お花畑

  男岳頂上に立った後は、関東からの二人連れから情報を頂いた 「ムーミン谷」へ
                  向かう事にします。

    DSC00738_201308282242073b8.jpg    DSC00763.jpg    DSC00740.jpg
        男岳頂上        ガスに浮かぶニッコウキスゲ     タテヤマウツボグサ

  さて、これから急斜面を下って行きます。 この斜面もお花が賑わっていました。
エゾツツジ・ハクサンフウロ・ハクサンチドリ・・・ミヤマダイコンソウも少し残っていました。
この風景は・・・・・やっぱり! 以前、相方と訪れて、思わず息をのんだチングルマ
   の谷でした。 「ここがムーミン谷かあ・・・」 とても素敵なネーミングです。

    DSC00813.jpg    DSC00816.jpg    DSC00831.jpg
   エゾツツジ&ミヤマダイコンソウ      ミヤマダイコンソウ      一面のチングルマ

 木道の上から、アッチを見てもコッチを見ても見飽きる事はありません。 ふ~っと
思わずため息がもれます。 チングルマを中心にエゾツツジ・ウサギギク・トキソウ・・・
            幸せ気分満喫    いいねえ~    

    DSC00870_201308282307328e2.jpg    DSC00888.jpg    DSC00896.jpg
       馬場の小路        チングルマ&イワカガミ     チングルマ&アオノツガザクラ

       木道脇にはムシトリスミレの団体さんが待っていてくれました。 
  「うわっ、これいいねえ~」 とカメラを向けていたら、その先にも、更に先にも・・・
       こんなに沢山のムシトリスミレを見たのは初めての事でした。 

    DSC00872.jpg    DSC00938_201309010136060d0.jpg    DSC00942_20130901013604f29.jpg
       ムシトリスミレ       エゾツツジとチングルマ    チングルマに埋まるフクシアさん

          少し休憩をし、目を閉じると瞼にも一面のお花たち・・・ 
 いつの間にか天候も回復傾向にありました。 馬場の小道を終え、ちょっとした笹原
            を抜けると、景色は一変します! 

    DSC00924.jpg    DSC00960.jpg    DSC00986.jpg
       エゾツツジ           チングルマ         マルバキンレイカ 

 ザラザラと滑りやすい火山砂礫地の中を進む事になります。 懐かしい・・・富士山を
思い浮かべながら歩きました。 ここには少し遅い感じですが、コマクサが多く咲き、
     たった1輪だけでしたが、タカネスミレに逢う事が出来ました。      

    DSC00970.jpg    DSC01008.jpg    DSC01012.jpg    
        大焼砂           ムーミン谷とコマクサ        タカネスミレ

   横岳から阿弥陀池方面に下り、雪渓の残る浄土平で再度、新鮮なお花に出会い、
              またまたお花にウットリ。 

    DSC01057.jpg    DSC01024.jpg    DSC01097.jpg
     避難小屋と雪渓        ウゴアザミに蝶など       ヒナザクラ 

   下山道は、そのまま進み、噴火跡がまざまざと残るコースを行く事にしました。
 大きく伸びた草をかき分けながら、火山灰の中を少し気をつけながら下りて行きます。

    DSC01170.jpg    DSC01151.jpg    DSC01174.jpg
      ヤマブキショウマ?      オニシモツケ 

 所々、地面の上が黄色くなっています。 近寄って見ると硫黄の小さな塊でした。
                
 ザレた斜面の色が違っていたので、双眼鏡で確認すると、イワブクロがたくさん 
      咲いていました。 先程チョッピリ見ていたのですが・・・・・ 
      近くで見たいけれど、残念ながら近づく事は出来ません。 

           そろそろ八合目も近いようです。           

    DSC01178.jpg    DSC01199.jpg    DSC01214.jpg
         硫黄           イワブクロ          オニアザミ

     朝登った道の途中に下り立ち、バスの時間を気にしながら少し急ぎます。

             おっ・・・丁度いい時間のようでした。
  

     東北の山旅もこれで終了です。 たくさんのお花に出会え、とても楽しい
    時間を過ごす事が出来ました。 フクシアさん、ありがとうございました! 

         (お花の名前については、馴染みのない花も多く、間違いもあるかと思います)
               (お気づきの際は、ご指摘いただければ嬉しいです。)


        

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

再び感動しました♪

あれから一ヶ月近くの時間が流れましたが、とても懐かしい気分で拝見致しました。
あちらはすっかり秋の佇まいなんでしょうねぇ。この記事を拝見して再び感動の渦に巻かれました。本当に有難うございました。

フクシア | URL | 2013/09/05 (Thu) 10:07 [編集]


フクシアさま

 こんばんは!
ほんとにもうカビの生えるような話の報告となってしまいました。
その節は大変お世話になり、ありがとうございました。
天気には今一つ恵まれませんでしたが、とても楽しかったですね。
またよろしくお願い致します。

キレンゲショウマ | URL | 2013/09/05 (Thu) 22:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)