お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

富士川の観察会

     9月29日、抜けるような青空の元、所属の会の観察会が行われました。
 奇石博物館のK副館長・Sさんを講師に迎え、富士川で石ころ観察と溶岩など見所を
      解説して頂きました。 (36名の参加者で賑わいました。)

 当日、用事を済ませ少し遅れて参加した所、楽しそうな石探し風景が目に入りました。
丸い石探し、平べったい石探し、そして自慢の石探しに大人も子供も夢中になりました。
    これぞ!と思う石を1つ2つ、また両手に抱えてやって来る人もいます。
    青いシートに並べ、みんなで 「これが一番!」 を決めて行きます。

    DSC07621.jpg    DSC07625.jpg    DSC07627.jpg
             並  べ  ら  れ  た  石  た  ち

  和やかな雰囲気の中で、進められます。 形で分けた石達が実は共通するものを
持っていると言うのに気付かされます。 平たい石は、黒っぽい色をしているものが多く、
これは博物館で 「まっくろくろすけ」 と呼んでいる堆積岩の一つ 「泥岩」 です。

 次にそれぞれに自慢の石を発表して行きます。 うん、みんな説得力があります。
ただの石ころが段々お宝に見えて来ました。 そして、運営委員のメンバーでとても
     器用なSさんが、河原に庭園を築いてくれました。 流石です!!

  石に親しんだ所で、石ころパネル作りです。 石は大きく3つに分けられる事、
    それを噛み砕いた表現で、ユーモアを交え説明してくれます。
 その後、パネルを埋める石探しです。 火成岩・堆積岩は多く見つかるのですが、
                変成岩は少ないようです。

    DSC07630.jpg    DSC07631.jpg    img014.jpg
     笑顔がいいね!           庭園?         石ころパネル

 石ころパネルの後は、地層の観察です。 ここでは柱状節理や水蒸気で吹き抜けた
       スパイラクル(溶岩水蒸気噴気孔)?が見られます。
堆積した地層には木炭化石が存在し、年代は13,760年±300年前とされています。
    地層のでき方実験も合わせ・・・目の前で出来る地層にみんな納得!

    DSC07637.jpg    DSC07644.jpg    DSC07646.jpg
  判らないのは何でも質問          地層実験        スパイラクル?   

  楽しい時間は瞬く内に過ぎて行きます。 予定の11時半になってしまい、
一旦ここで終了です。 「まだ出来ていない人は残っているので完成させて下さい」
と言う講師の言葉に10人ほどが残りました。 さらに魚探しや石の水切り、お宝探し・・
   キラキラ光るものもホンの少し収穫し、楽しい一日が終了しました。

   時間を大幅にオーバーしながらも、気持ちよく応対して下さったKさん・Sさん、
                ありがとうございました!

   *******************************

       川の様子はホントに・・・行くたびに違った姿を見せてくれます。
      台風直後に訪ねた下見ではこ~んな様子を目にする事が出来ました。

    DSC06910.jpg    DSC06923.jpg    DSC07012.jpg
  波の化石の元(漣痕風?)      炭化木     鳥の足跡(将来の生痕化石)
 
    DSC06979.jpg    DSC06983.jpg    DSC06990.jpg
  ポットホール(中に丸い石)       濁流と雲         戯れる元少年たち

                  川も石も、また楽し!! 


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)