お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

八紘嶺~山伏の秋を歩く

 「もし都合が合えば山伏へ行く?」 とのお誘いに、一つ返事で乗ってしまった。
安倍奥の八紘嶺 (はっこうれい)は、チビらが小学校低学年や幼稚園の冬に
    相方の友達と峠から目指し、時間切れで撤退して以来の事だ。

フクシアさんsoshinroubaiさん彩さん と共に、27日梅が島温泉奥から八紘嶺→大谷嶺
   →新窪乗越→山伏→新窪乗越→幸田文文学碑下 を紅葉の中、歩いた。

山伏

 幸田文さんの文学碑のある広場下方に1台を駐車し、梅が島温泉方面へ向かった。
   途中にある水量豊富な恋ケ滝(恋仇)はなかなか見応えのある滝だ。

 DSC09278.jpg  DSC09285.jpg
            大谷崩れ直下                      恋ケ滝

  登り始めると全山紅葉とはいかないが、優しく色づいた木々が目に眩しい。
 着生種に気をつけていると、ヤシャビシャク・キリンソウの仲間・ハタザオ・シダ・
苔の仲間が多く見られた。 黄色いカベンタケ(モドキかも?)やブナハリタケなど
              キノコの仲間も少し見られた。

    DSC09293.jpg    DSC09309.jpg    DSC09296.jpg
      カベンタケ?          ヤシャビシャク          優しい紅葉

 黄色や赤に色づいた木々に目をやりながら、いくつかのピークを越えて八紘嶺を
  目指します。途中の景色も素晴らしく立ち止り写真を撮りながら進みます。

皆さん笊ケ岳や鋸岳を日帰りで登ると言う健脚の持ち主ですから、アッチへフラフラ
 コッチへフラフラの私ですので、少々イエ大いに足を引っ張ってしまいました。 

 DSC09335.jpg  DSC09317.jpg
    ブナハリタケ                   カエデ類の紅葉

 う~ん、いい眺めです。 途中からダケカンバもまだ小さめながらたくさんの木が
育って来ていました。 ちゃんと確認はしませんでしたが、コミネカエデ・ハウチワカエデ
・イタヤカエデ・ネコシデなども見られるようです。 ナナカマドは葉を落とし、赤い実が
              青空に映えていました。            

 DSC09322.jpg  DSC09349.jpg
              大光山・十枚山方面?            ツツジ系紅葉

   もうお花は無いだろう・・と思っていましたが、私達を元気づけるように
リンドウが 「これでもか!」と言う程、花を大きく咲かせて待っていてくれました。    

 DSC09367.jpg  DSC09385.jpg
  オオイタヤメイゲツ                  富士山もどっしりと・・

少し遅れながらも、八紘嶺に到着です。 正面に笊ケ岳が、左には布引山がド~ンと
鎮座していました。右手には、七面山へと続く道があります。ここも歩いてみたい・・
       景色を楽しみ、山を確認した後大谷嶺へ向かいます。
 (天候に恵まれず来年に延期した笊ケ岳です。  来年行くから待っていて~)

    DSC09411.jpg    DSC09413.jpg    DSC09422.jpg
     八紘嶺           笊ケ岳方面           大谷嶺へ向かう

木々の間から、南アルプス方面の山が見えています。 北岳・鳳凰三山・遠くは八ケ岳
             でしょうか・・・目視できました。

入口近くの笹は富士山と同じように枯れが進んでいましたが、尾根周辺のダケカンバ
          の下には青々とした笹が密集していました。
この辺りに来ると、コメツガ・ウラジロモミ?・トウヒなど針葉樹も見られます。
                
    DSC09440.jpg    DSC09443.jpg    DSC09504.jpg
      北岳方面          鳳凰(中央にオベリスク)        大谷嶺

   大谷嶺(行田山)に到着です。 (んっ? 行田山? 何か聞いた事あるぞ)
後で思い出したのですが・・・2000年に仲間と雨畑ダム奥の林道経由でお手軽登山を
        したお山でした。 すっかり忘れておりました。 

    DSC09502.jpg
                右端に大谷嶺(行田山)

 山伏方面へ向かいながら斜面を覗くと・・・大きな崩れが眼下にありました。
(凄いなあ・・・) 不謹慎ですが、決してこう言う荒々しい所が嫌いではありません。
   山もごつごつとした岩山が好きです。 思わず見入ってしまう光景です。

    DSC09496.jpg    DSC09530.jpg    DSC09548.jpg
     大谷崩れ           イワシャジン           リンドウ

 新窪乗越までやって来ました。 そのまま山伏を目指します。 ここからもいくつかの
 ピークを越えていきます。 途中にはゆったりと広がってる空間もあり、何だかお気に
入りに入れたい雰囲気です。 ハート形のヤハズハンノキの葉っぱも落ちています。
そうこうしている内に、山伏に到着です。 平日にも拘らず結構な人に出会いました。 

  同行の3名は山梨100名山を目指していて、フクシアさんはここが99座目です。
      後のお二人も残りわずか!   頑張ってね!   

    DSC09573.jpg    DSC09623.jpg    DSC09610.jpg
    ここを越えて山伏へ        剥がれる石            山伏

ここで昼食を済ませ、元来た道を辿ります。 健脚お二人の体が冷える頃、新窪乗越
     に到着しました。 何人かが休んでいると・・・「あっ、カモシカ!」 
     皆さんで撮影タイムです。 少し止まった後悠々と歩いて行きます。
      靴の紐を結び直し、これから大谷崩れに沿って下って行きます。          
        
    DSC09629.jpg    DSC09562.jpg    DSC09549.jpg
       カモシカ             新窪乗越        ドライのヤマハハコ

  荒々しい崩れを時々眺めながら後に続きます。 下りはちゃんと付いていけますよ。
 こんなガレ場なのに・・・・・ 咲き残りのシナノナデシコ・リンドウ・イワシャジン
         が点々と咲いています。  フジアザミもあります。

    DSC09644.jpg    DSC09639.jpg    DSC09646.jpg
     大谷崩れを下る           崩れ面          シナノナデシコ 

      崩れをほぼ下り切った頃見上げると・・・・・ 紅葉にスポットライトが
         当たっていました。 登らせてくれてありがとうね!  

    DSC09675.jpg    DSC09650.jpg    DSC09710.jpg
   リンドウとリュウノウギク        崩れ面           スポットライト

                 何だかドキドキする斜面です。 
            車を回収し、それぞれの家に向かいます。
        新東名が通って、静岡山間部はほんとに近くなりました。 
               またこの山域訪ねたいものです。

 DSC09723.jpg  DSC09728.jpg
                大谷崩れ                   幸田文記念碑

    同行戴いた皆さま、有難うございました。 楽しい山歩きが出来ました。

     またよろしくお願い致します。 万歩計は・・・31385歩でした。

    

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

大谷崩れ 初めて聞きました、
すっごい迫力です。
この崩れた斜面に沿って降りるなんて、
私、絶対グズル。。。
怖いけど、惹きこまれる風景です、地球だ~~~。

ガスのかかった巨木で遊ぶ子供達が、
あまりに幻想的で、妖精のように見えましたよ^^

ぼやっち | URL | 2013/11/01 (Fri) 19:59 [編集]


 こんにちは!
大谷崩れ・鳶山崩れ(富山県)・稗田山崩れ(長野県小谷村)が
日本3大崩れと言われているようです。 
下から何度か見上げた事がありますが、なかなかの迫力です。 
下山した道は、石はゴロゴロしていますが、気をつけて下りれば大丈夫ですよ。 白っぽい結晶した鉱物が見られましたが水晶とは違うなあ?
と思いながら帰って来ました。

 子供たちは元気です。 何かを見つけては夢中になり・・・
霧の中の妖精たちの姿は大人を元気づけてくれます。

キレンゲショウマ | URL | 2013/11/02 (Sat) 09:31 [編集]


お世話になりました。

お陰様で山梨百名山もあと一座になりました。
安倍奥エリアは春と秋と冬、三度程歩きましたが、どの季節も素晴しいです。又都合を調整して、是非ご一緒しましょう。宜しくお願い致します。

フクシア | URL | 2013/11/04 (Mon) 23:07 [編集]


こんばんは。

お天気が良いと、紅葉も青空に映えてすばらしいですね!
やっぱり晴天の山は楽しいですね!
わたしたちは、キノコと秋のお花で忙しく、
なかなか紅葉の山登りまでは手がまわりません。
ブログ拝見していると、紅葉の山に行きたくなってきました!
でも、もう紅葉は遅いかな~

ピテカン&カッパ | URL | 2013/11/07 (Thu) 00:14 [編集]


         フクシアさま

 こんばんは!
今回もお世話になりました。
山梨100名山もあと1座になりましたね。 
残りは楽勝のお山で、ゆったりと素敵なお祝いが出来そうですね!

 また色々な山をご一緒して下さいね。 
お礼のコメントが遅くなり申し訳ありません。

キレンゲショウマ | URL | 2013/11/07 (Thu) 02:09 [編集]


        ピテカン&カッパさま

 こんばんは!
たくさんのキノコと美味しそうなお料理に喉をゴクッとさせながら
ブログを拝見しました。 堪りませんねえ~。
私ももう少し食べられるキノコが解るようになりたいものです。

 まだアップできずにいますが、紅葉の中歩いて来ました。
標高1100~1400m位がいい感じでしたので、まだ大丈夫だと思いますよ。
お花の季節もいよいよお終いですね。
来シーズンの花の季節が待遠しいですね。

キレンゲショウマ | URL | 2013/11/07 (Thu) 02:18 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)