お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ナカガワノギク

      逢いたかったお花に出会え、ルンルン気分で次に向かいます。
 八十八か所巡りをする相方に途中で車から下ろして貰い河原へ下りて行きます。
適当に川沿いを歩けば見られるだろう・・・と下りたのですが、シカ柵がぐるっと
張り巡らされているので、一旦よじ登って車道に出ました。 適当な所からまた
        下りて行きます。 うん、今度は大丈夫! 

 お~、咲いていました! これが 「ナカガワノギクかあ・・・」 (大きな花!) これが
 私の第一印象でした。 リュウノウギクと少し似ていますが、葉っぱが違っているし、
   香りが余りしません。 花弁の数が多く、数えてみると20~25枚位あります。

  DSC09792.jpg  DSC09813_20131118220242c6a.jpg

 お花も終盤になるとピンク色を帯びてくるとネット検索に出ていましたが、現役でも
こんな元気な子に出会えました。葉っぱは流線型でこれは渓流型の特徴だそうです。 
    リュウノウギクとは共通の祖先を持つようです。 似ている筈だ・・・ 

  DSC09805.jpg  DSC09796.jpg

      川が増水して水を被るような所の岩にしっかりと根を下ろしています。
    ワジキギクと言う (シマカンギク+ナカガワノギク) お花もあるようですが、
           残念ながら短い時間では出逢えずじまいでした。

  DSC09794.jpg   DSC09855.jpg
 
 場所が変わればお花の様子も違うのですね。 ノコンギクそのものもあれば、近いけど
   違うんじゃないかな~? 思えるものまであり・・・ 難しいなあ~

    DSC09833.jpg   DSC09836.jpg
          ノコンギク風?

 ツリガネニンジン風なのは、ホソバシャジンのようです。 何故か川原にクチナシの
   木が何本も・・・・・ どこかの家から逃げ出して来たのでしょうか?

  DSC09807.jpg  DSC09849.jpg
    ナガバシャジン                     クチナシ

   アキノキリソウ風なのは、アオヤギバナだそうです。 ネットで調べなければ
 私には絶対わからないお花でした。 地域限定のお花は難しい~。 

  DSC09824.jpg  DSC09819_201311182210061c5.jpg
          アオヤギバナとリンドウ                 アオヤギバナ

   今頃? こんな所に? こんなに沢山? ウメバチソウがいっぱいです!
      まだ蕾も多く・・・・・ 不思議いっぱいの川沿いでした。

  DSC09877.jpg  DSC09861.jpg
              ウ   メ   バ   チ   ソ   ウ

     1時間余りを楽しませてくれたのは、こんな素敵な流れの川沿いです。
もっとゆっくりノンビリ出来れば最高でしたが・・・贅沢を言えば限りがありません。

  DSC09830.jpg  DSC09888.jpg
              那賀川の流れ                 地層

       ほぼ満足のいく散策でしたので、連絡を取り合い、一緒に 

          「20番札所 宝珠院 鶴林寺」 へ向かいます。


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)