お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

竜ケ岳

  ウィークデー観察会で本栖湖湖畔の竜ケ岳(1485m)を訪ねました。
 帰りに寄りたい所もあり、直接登山道入口で待ち合わせます。 がっ! 寄り道が
高じて遅れてしまいました。 先に登って貰う事にし、「違うコースだよ」 との
        話でしたが、勘違いをし通常の道を進みました。

  DSC09888_20131213001341809.jpg  DSC09886.jpg
            ガマズミ                 ミヤマシキミ

 ウラジロモミ・ヒノキなどの針葉樹を抜けると、木々の間から富士山が顔を出しました。
まもなく本栖湖が見下ろせる展望台です。 真面目に歩いているのに 「おかしいなあ?」
なかなか追いつきません。 下って行くペアの方に尋ねると、グループには逢わなかった
        との事なので、やはりコースが違っていたようです。
Yさんから電話があり、決定的となりました。 このまま進んで上で合流する事にしました。

  DSC09892.jpg   DSC09895.jpg
  シモバシラの登山道            本栖湖を見下ろす

            富士山もすっきりと姿を見せてくれます。
 周辺の山並も青空に映えています。 時折り足を止めて、景色を眺めまた進みます。             

  DSC09898.jpg   DSC09903.jpg
          富士山            鬼ケ岳・十二ケ岳方面

   赤いアセビの蕾が目立ちます。 石仏の立っている東屋に到着しました。
 ここからはササ藪と小さな灌木の世界です。 タンナサワフタギ・アブラチャン・
              ナツツバキ辺りでしょうか?

  DSC09921.jpg  DSC09912.jpg
    アセビ               東屋・石仏・頂上

       つづら折りに登って行くと、グングン高度が上がって行きます。
 陽の当たった道は霜が解けてビシャついています。 気をつけながら、景色も
 楽しんで進むと、湖脇からの道に合流しました。 ここへ登って来る筈です。
半分を越えた辺りを登っていると言う話でしたので、迎えに下る事にしました。
      観察しながらですので、ゆっくり登って来ていると思います。
ここはブナやミズナラなどの大木も多いお気に入りのコースですので、いつも下りで
                 使っている道です。 

  DSC09923.jpg   DSC09938.jpg
             富士山                    ブナ林

  富士山から左にカメラを流すと、富士五湖の周辺を取り巻く御坂山塊の山並が
   続いています。 まだ歩いていない部分もあるので、歩き通したいなあ・・・・・

  DSC09937_2013121322554109c.jpg

  落ち葉の積もった道を下りて行きます。 暫く進むと下から声が聞こえて来ました。
   今日はいつもより少ない人数ですが、懐かしいお顔も拝見しホッとしました。
コケやシダに詳しいY先生から教わりながら観察をしますが、なかなか覚えられない・・

  DSC09948_2013121322553797e.jpg  DSC09949.jpg
      シシガシラ                 ホコリタケの仲間

  先程の分岐まで登ると頂上はもう少しです。 なだらかな斜面を進むと・・・
到着で~す! 残念ながら南アルプスは雲の中ですが、前衛の笊ケ岳の山並は
   歓迎してくれました。 風をよけながら昼食を済ませ、下ります。

  DSC09958.jpg  DSC09961.jpg
  雨ケ岳を眺めながら・・・(Y先生は一足先に帰宅されたので6名)   7段シモバシラ

  西湖の向こうには三つ峠が見えています。 右手には来月 「シモバシラの花?」 
   を予定している三湖台方面も・・・     ノイバラは赤い実が目立ちます。 

DSC09960_201312132300522d4.jpg  DSC09966_20131213230050205.jpg

     東屋まで下りて来ました。 ぬかるんだ登山道はここまでです。 
        少しゆっくり休憩してから駐車場を目指します。 
      それにしても、今日はとても気持ちの良い登山日和です・・・

  DSC09968_20131213230050f37.jpg  DSC09969.jpg
   東屋でひと休み            お月さまも見えます

        無事、下山しました。 帰り道もちょっと寄り道をして・・・

                遅くならない内に帰宅です。

      有難うございました。  それから・・・遅れてごめんなさい。 


  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

こんばんは。

竜ヶ岳は、何年か前の大晦日に、ダイヤモンド富士を見るために、
まだ暗いうちから登ったことがあります。
その時は真っ暗なうえ、とても寒くて~・・
まわりの景色は目にはいりませんでしたが、
目の前にぐんぐん迫ってくる富士山の印象だけが鮮明でした。

青空の下の富士山もすっきりと素敵ですね!
花の季節は終わってしまいましたが、冬は空気が澄んでいて、遠くまで展望が楽しめるのがうれしいですね。

お仲間と合流できて、楽しく昼食とのこと、良かったですね。

ピテカン&カッパ | URL | 2013/12/15 (Sun) 22:50 [編集]


Re: Re: No title

            ピテカン&カッパさま

 竜ケ岳は2000年に整備され、仲間と登ったのが最初でした。
最近はダイヤモンド富士でバスツアーが出るほど賑わっていますね。
私も寒さに震えながら思わず出始めた太陽に手をかざして暖をとろう
とした(気持ちだけです)のが懐かしいです。
 もう1度はモルゲンロートに輝く南アルプス・八ケ岳方面が印象的でした。  
 富士山をずっと正面に見ながらの下りも気持ちがいいですね!

 少し時間があると、車を止めてウロウロするので結局ギリギリ
だったり、遅れてしまい・・・迷惑を掛けてしまいました。(反省・・)
寒かったのですが、風を避けての皆での昼食・・・ホッとしました。

 お花はありませんが、雪の掛かったこの山の歩きも楽しいですネ。

キレンゲショウマ | URL | 2013/12/16 (Mon) 00:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)